以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-48797.htmlより取得しました。


読者投稿:国家の正当性から見る2020年米大統領選挙不正疑惑における最大の問題点

目次 国際的な小咄

1749 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/11(月) 18:55:12 ID:ZR.Jlpjk


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  読者投稿:国家の正当性から見る2020年米大統領選挙不正疑惑における最大の問題点
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   7990 新年特別投稿 昨年の振り返りアメリカ編 にある通り
   アメリカ合衆国の正義は今絶賛迷子中になっていることはスレ民にとっては明らかである

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                            _-‐ 、
                         , -.::''.::::::::::..`ー-.、
                        /::::::/:::;::::::,::::::::::::..ヽ.
                      イ/::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::.ヽ,
                       /::::i::::/.:ハ:::,iヽ:::::::i:::::::::l
                      /;ィ::{:/  _::ハ:;∧:::::l::::::::l
                    '⌒)  ´ Y・ ̄ ) !,rー。i i:::::/
                     l´   i  ̄,    `ー‐'l! l:::::i  ⌒)
                     ゚  /入 ヽー -,   ノ' |'lノリ   l´
                      /   ー- ̄lj-‐'"  ヽ    ゚
                       /  /ヽ         i
                     l  /    \      l  i |
                     | /      \     } i l
                     | i    ,..----'  / /  \
                     | |  / _.... -ーァ' /--、 ヽ
                     ,r' ヽ i  / _...--' /   / ,r'
                    l rrr「`.| i  フ_ッ r'    / cら_
                    ゙"゙'゙ ゙ | .|   ´ 'フノ     (_ ュェ三)
                        |__l           ̄ ̄
                      cゅっ )
                     /∧ /
                     (__.ェ="

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   そしてこのキョン氏の発言、何の気なしに言われているが
   国家において「 正義=正当性 」の問題とは普段意識する以上に重大なのだ…ということを今から語ろう

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


1750 : 尋常な名無しさん : 2021/01/11(月) 18:55:58 ID:KSOfT/YI

国家が溶けたような顔してる





1751 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/11(月) 18:56:12 ID:ZR.Jlpjk



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   人は正義を確信すれば躊躇なく人を殺せるが
   正義を確信できなければ人殺しを躊躇う

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

              _,,.、--‐─‐‐-、.
            //´i    i`ヽ、\
       _   / /    l   l   \ ヽ        _
      ,r´i .i `ヽ l /     }-‐-{、    ヾi       ,r´i .i `ヽ
      if ,}‐{ __ノ,l ,l  _,/ ゚ ゚ ゚ l__ ノ l       if ,}‐{ __ノ,
     ,ゞlコ ,iコ ,!|`゙;} ̄__    _  `|´ |      ,ゞlコ ,iコ ,!、__
   ,fソ´`トl li l ノ ! ,l i´:://)   i´::/:`i | ,!    ,fソ´`トl li l ノi l ヾヽ
 ,/´i ヾ、、`ー-‐' ,.〉fソ、`ー‐' i⌒i ゙ー‐' ,/ソ`ー'´`、 ヾ、、,`ー‐' ,./ / ,〉、
   |  フ   _.,、イ | ! ゞ , 、.'二' , 、 ,f | ヽ、ヽ! ヾ`ー‐-、、   ./::|ノ'゙_,ゞ,
 ⌒ ;,、-─'゙´ i   ヾ | i;;ソ ・ .・ヾ;;!  !  l  ヽ  iー─-f ゙:、イ::::|;レ'゙,r-i、
 、イ、   \  ヽ、.  `''! ゙  ・ .・  ゙ /  ,!    i  |   |  ヽ、::|;;;ソ  ,!
    ヽ、  ヾ、     \  ・ ・  ,ィ'  /    |  !   |  ー゙:、l/ヽ、,,.|
 ヽ、-一\   ヽ     ヾ、``ー-‐'"   /.     ,'   ,'   ,!  ー‐-゙:ヾー、g))
   ヽ,   \,   \    `     /     ,'  /   ,./     i  ,ゝ´
    f    \  \      /      ,'  /   il/        |  ヽ,
     |i     \  `ヽ、  ` 、     /  /    /       |   !
    |,l     / \             /    /        /  ソ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   前者の例は数多の戦争が挙げられるだろう、
   米国に限ったとしても、世界大戦での戦争行為を例示できる
   BLMの攻撃性も彼らが「正義」を抱いていると考えれば分かりやすい

   そして米国における後者の例はベトナム戦争だろう

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


1754 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/11(月) 18:57:15 ID:ZR.Jlpjk



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   国家の正当性の重さについて、まず日本国を例にしよう
   この国の正当性の根源を1000年を超える連続性に求める場合
   この連続性を担保する最大の存在は皇室である

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
   i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i
   i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.(])(゚ヽd" ゚lrヾ゚l]]i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.
   i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.".ヽ(  ]!  」  .l(''^i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.
   i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i..l(、 .\ 〈 | ./゛  ],,,,i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.
   i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.[  ^-、_ \|」./ ./" ^)i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.
   i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.][うh。.。,,_.\r)0g0(xr'"__,,.。xH(,,i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.
   i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.    __^,,ll][_^)[l.,,,,_    ^)i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.
   i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.](]ll─^^^`、r^)゚l0((\,,^^^'ーt[.li.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.
   i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.[_ __/゛ ./゜」 ]!.\ .\。  _i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.
   i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.](^ll゛  /゜ [ ]、.\  ゚l(^]i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.
   i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.llg,,,,メ゛ ^)  (  ゚l,,.。gi;i;i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.
   i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.g]k,,./、 _)n,,,,g(gi.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.
   i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.gi.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   異なる言い方をすれば、日本人の大抵は「 日本は昔からあった 」という見解で一致するが
   それは「 日本は昔からあったから今の日本がある 」という一種の建国神話を共有する状態である
   そしてその神話の一番分かりやすい証拠が皇室であることは皇室否定論者でない限り肯定できる

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


1758 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/11(月) 18:58:12 ID:ZR.Jlpjk



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   つまり国民の支持の下で天皇陛下が宣言すれば
   日本国が日本人民共和国になろうが銀河日本帝国になろうが
   大部分の人間にとって日本であることに変わりないだろう

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
         ◯                  _____
        //           ____/       \_________
        // |\_____/                    /
       // │                              /
       // │         ,.. -─-. . 、                  /
      //  │      /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\            /
      //  /        /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`、            /
     //  /       l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l           /
     //  /        l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l         │
    //  /          ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.;./           /     大日本帝国旗( -1945 )
    //  /           \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/          /.      日本国旗( 1945-2200 )
   // /              ` ー-  .-‐´             (..      スペースジャパン( 2200- )
   //<                         _____>
  //  \__            ______/
  //       \________/
. //
.//






╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   …逆に例えば男系の近い子孫が存在するにも関わらず女系天皇が成立し
   男系子孫が外国などの勢力に確保された場合、
   「 こちらが正統日本国である 」と宣言されてしまうと
   相手勢力がいくら弱小であっても日本国の正当性は唯一から相対的な物へと弱体化される

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                 , -―――-、
                /;;;;;;--、;;;;;;;;;;;;ヾ;、
                !;;;;;;      f;;;;;;;|    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                 ト、l;;;;;;        !;;;;;;|    |  某宮の率いる正統日本政府を後援し、クリル諸島を譲渡する
               lヲl〈 、___ ,   V;;;;|〉   .乂___________________________ ノ
                Y\刄斗 ,ャ‐ッ/ /
           ,-――'´ ヘ   / |l `¨ .イ`ヽ、___
       r'´ ̄::::::::::::::|:::::::ム   ヽ、ノ  /::::::::::|::::::::::::::|:ハ
      /::::::::::::::::::::::::::/::::::::|\ マニァ /::::::::::::ヽ:::::::::::::|::::}
       l:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::!  >-< l::::::::::::::::::::l:::::::::::|:::::\
     /::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::|/ヽ,','/ リ::::::::::::::::::::l:::::::::::|::::::::::ヽ
    /:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::|  /,','V/::::::::::::::::::::/:::::::::/:::::::::::::::\
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::::::::::| /,',',',',|:::::::::::::::::::/::::::::::/::::::::::::::::::::::.....        ∩00  ∩
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::レ,',',',',','|:::::::::::::::/:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::      ⊂ニニ ⊃ ⊂ ニ )-- 、
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::|,',',',',',',|::::::::::::/::::::::::::::::ト、:::::::::::::::::::::....      ,. ---ゝ )   | レ'/⌒ヽヽ
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::,-―、ヘ:::::::|',',',',',','|:::::::::/::::::::::::::,― 、\_:::::::::..       ( (´ ̄ ̄   / /     ノ.ノ ○ ○
   :::::::::::::/ ̄/リ/  \\V::|,',',',',',',|::::::/::::::::::::::/ //スヽ \::......      ヾニニ⊃ `'∪ ⊂ニ-‐'
   :::::::::::\__|ソ、_\〉/_/ム:.|,',',',',',',!::/:::::::::::::::::レ_//-'`一―'


1760 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/11(月) 18:59:22 ID:ZR.Jlpjk



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   次に韓国を例に挙げてみよう、この国は日本より分かりやすい
   なぜなら韓国の正当性とは「 韓民族による抗日闘争により独立を勝ち取った 」という建国神話にあるからだ
   …実情と甚だ乖離しているが、歴史のない大韓民国にとってコレが憲法に前置きされている事実は重い

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                 ___| ̄|__ | ̄| | ̄| ___| ̄|___  | ̄ ̄ ̄|
                 |  __  | | .| |  | |___  ___| | ̄ ̄ ̄ ̄|
                 |___|  ./ | |_| |  |   | |     ̄ ̄|  / //
                \  __/ /\  _/ |  ___/ |    __/  / //
                \\|_/\  |___/  |___/ // |____////
                <     /)__∧    Λ_Λ    ∧__(\     >
                <     | |`∀´〉 ◯< `∀´ >◯ 〈`∀´| |     >
                <     (    )  \    /   (    )    >
                <   / /> >    |⌒I │   く く\ \   >
                <  <__フ〈__フ   (_) ノ    <__,,〉<__〉  >
                 /______      レ    _| ̄|___\\\\
                / |____  | | ̄|  / ̄|  |_  __  | ___
                    |\_/  /   ̄ / /    |  |  /_ / |___|
                    \  / | ̄|/ /      | |__| |
                      \|  \  /       |____|
                            ̄





╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   この建国神話と、神話に基づいた国父李承晩や朴正煕が刻んだ前例によって
   かの国は反日政策の歯止めが効かないようになってしまった
   最大限努力して「 良い日本を受け入れよう 」という克日にまでペースダウンするが
   それすら根本に日本を追い越そうとする欲求のある破滅的思考である

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                   _,. -===、
                ,. ≦三彡川川川}、
               / ミゝ、ニ='‐ー'ー'^ヘ ヽ
               ,' ≧ソ´        ',川
                { 彡テ          Ⅵ!   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
              ミソ彡   _,,. - 、   ,.- 、 V    |  良い日本を受け入れよう
              fヘミツ   _,. 。、  {ィ・^  l    乂____________ ノ
              ヽy}      ̄     、   |
                ヽ )i     ノ、_  ,ノ、 |
                  〕、    _,. -‐ ァ /
                /∧\    ̄二´ /
           _,. -‐ /:.:.l ト、 `  、_ _,ノ \_
      _,. -‐ '´:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.>  >:<  /:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.`''ー-、_
     /:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:./:.:.}/::::::::::::∨:.:.\:.:.:.:.:〉:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>、
.    /:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.|  〉ー〈 /:.:.:.:.:.:.\/:.:.:.:.:.┌──────────────┐
   /:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:∨:::::::::::リ:.:.:.:.:.:.:.:W.:7:.:....│ 金大中( 代理AA:李明博 )  ...│
.   {:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.|:::::::::::::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:. .└──────────────┘
   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:!:::::::::::::V:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉:.:.:.:.:.:.:.i


1761 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/11(月) 19:00:14 ID:ZR.Jlpjk



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   なぜ破滅的なのか?それは日本との国力差と韓国の文化背景が絡む
   国力差に関しては国土、人口、経済どれをとっても自明であるが
   その差に対して「 あるべき論 」の蔓延る韓国は我慢することができないのだ

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
       ::                .|ミ|
       ::                .|ミ|
        ::               .|ミ| /|          ::::::::
        |\:::::           |ミ|/ |         ::::
        |.. \ _______|ミ|ー 、|       ::
   ::     |   /              \、    ::
   ::     ,,.-'"_     ...  _        \、 ::
   ::   /    ヾ   ( " ,,.//    /(   . \
   ::   i ^\ _ ヽゝ=-'//      ⌒    .\
   ::   ./ \> ='''"  ̄                 .\
  ::   / .    ''"       ヽ            ...\
  ::   /    i   人_   ノ      /       \
  ::  /'     ' ,_,,ノエエエェェ了     /        /
   /       じエ='='='" ',    /        /   ギギギ…チョパーリ…
   \  \    (___,,..----U            / ::
     \  \    __,,.. --------------i-'"/
      \、_   __ -_'"--''"ニニニニニニニニヽ   ::
         `¨i三彡--''"´              ヽ  ::
          /                      ヽ ::
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   我慢ができないので、国民が団結して長期的な計画を実行するより
   無理をしてでも短期的かつ名目的に日本を追い越すことの方が求められる
   当然、そんな無理に継続性はない

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


1763 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/11(月) 19:01:49 ID:ZR.Jlpjk



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   閑話休題
   つまり正当性とは国家の根源に関わる問題であり
   どう確立するかで社会の動揺具合が大きく異なる重大事だと分かる
   ではアメリカ合衆国の正当性とは何だろうか?

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\__人_人从__人从/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
   ./ 7                                    _)             (__
   / /              / 7                      )  U ・ S ・ A  (
 ニ  ニ二7          / /                 / 7      ̄ ̄)           ( ̄ ̄
 / /      /二二二 ニニ  ニ二7           / /       /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒\   /
 .../            /// /      /二二二 ニニ  ニ二7                    _/ /
 /            // ./ /            /// /      , . /  ̄  ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄
           //  / /          // / /           ̄  ̄  ̄ ̄  ̄ ̄  ̄/ / ̄ ̄
         //  / /         //  / /                   .ニ 二二 ニ≡≡三三三
        //   ./ / _____ _ /   ./ /              ニ ≡ 二二 ≡三三三三三三三
             / / .|.:.:に__」」:::::::Y^^^`ヽ___   . :. :. :. :.: .: .:.|、  = ニ 二三 ≡三 三三 三三三三
  \__人_人从__人从/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ     |┘. : .:. :. :. :. :. :. .p'゙;;.:O . :q .: ;:;゙ ,゙,od .:'`;:; , ニ三三三三
  _)             (__ ̄ く       | .: .:. :. :./」二」p'゙;;.:O . :q .: ;:;゙ ,゙,o彡ミミヽ __.: ;: ;:; ;:;;:;:;;
 . :. :)  U ・ S ・ A  (. :. :. :.: .: .:.``ヽ  ,、、ノヽo b .〔」゙''' ''l〕.: :;:; p'゙;;.:O q .: .::.}-',ミミミ!「 -‐ ─ヽ; :; ;;;;;;
  ̄ ̄)           ( ̄ ̄d .:'`;:; ,.: ;oV"´   1  ..」ゝ‐/:`ー-、   「 ̄ |  L_ノシシ  , - ─ ミミヽ;:;:;;
 /  /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒\;;;;;、p o ..:.,,、、、、',     1 .::.:.:::〈瓜ノ:::::::::',〈⌒〕二二ニ‐.:::::::::ノ  - ─ ミミ _丿;:;;;
   .|. ム) p'゙;;.:O od .:'`;:; ノー`ミミ!   彡',',',',',',;',    l!.:.:::::::::::::::::.:...:: /ハ`ヽ-─-、.:::::::ノ.:.\  ノ    ニ三
 レ彡ミ |:::::l  ,;彡ミミヽ   },_, イ:::::::::ハ;;';';';'';';'';;;!   il!.:::::.:.:.:.:,r ‐く ノ ノ__/。:::.:.   /. :; :; :;: ;V . :. :ィイ三三
 l彡彡_ノ.::ノミyイ彡ミミミミ;:y.:.::::.:.::::::::::.:}‐、i;;:r ,;:;:;:;:;!   ll!;:;:;;:;:;;/jjjjjijijレ;:;:;;!  i!    /.: ;: ;: ;: ;:;ニ三 三 三三
 レ.:.:. ニ三三 〉彡ミミミミミノィイ彡 ミミヽ.〈  ソ;:;;;;;:;:;|   llll!;:;;;:/jjlijiijijiリ;:;:;:;:;! リ  ,..イ. :; ; ;;;;; ニニ 三 三三三三
 .:.:.:.:ニ三三ハ彡ミミミミ,'ィイ彡 ミミミミミ',ハ  ,r-─ノ    ノ;:;:;ヾ州州シ;:;:;:;;ノ  レ'´. :; :;:;;:;: ;;ニニ ニ 三 三三三三
 .:.二三三/  ヾ彡ミミミ{ィジ jijijijijijijiiiji! フ""´ ̄7    /iijiijijijijjijijjijijijijiijィイ; :; :; :;ニニ 二 三 三三 三三 三三
  iニ,r'"´    ゞ;:;:;:;:;{jijijijijijijiiijijijijijl!     /    .:;1ij1iji1ji1ji1ii1i1l1lj1i1j; :; :ニニ ニ三 三三 三三三三三
  |/    ,. .: :;:;;:;;;;;;;;;;;;:{jj州州州州州   /    .:;1jli1jkl1jlk1jil1j1kj1klj1li1jil1kj ニ 三 三三 三三 三 三
  |  .:ィイ.:;:;:;;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;{州州州州州!   /    .:;jl1jil1;k1;1kk1||1||1||1|1||1|1|1|||||三三 三三 三三三三
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   それは
  「 アメリカは圧政者を跳ね除け独立し、権威主義者や独裁者と対峙し続けた自由で民主的な国家だ 」という認識だ
   これは「建国神話」や「共同幻想」と表現する通り全てが事実に即したものではないが、
   本来のアメリカ合衆国においては上から下までこの幻想を意識している

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


1766 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/11(月) 19:02:38 ID:ZR.Jlpjk



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   よく独裁性を指摘されるルーズベルトですら
   一貫して「 自由で民主的な国家アメリカと国民に認められた大統領が独裁的な敵国を倒す 」
   という構図を保っている

   ベトナム戦争では諸々の事情から自由の守護者であるという前提が崩れた結果
   民主的なプロセスを踏んで撤退へと舵を切った

   しかし今回、その幻想の共有は、深い社会的分断によって冒頭の発言のように崩れかけている

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                                                 _,,..  -====- _
                                              /Ξ二二-─     ̄二-_
                                             //Ξ二─ァァ7アアミメ、    ̄\
                                             {_{二-.ニ._ ̄~"''メ☆、 \ _n :.
                                             Vグ/⌒) 辷__彡爻x\\ヘ( ) リ :}
                                              か{乂{ ⌒ソ`7うトkX,\\し乃
              ,. .. -─- 、 _                        //込_ノ    {. .ゞ': :}ル /\\ /
            ,.:;´‐:;.-;.:.:..:;:.. ;;i;:;. \        _ ‐‐‐、_   / ̄ `'く :′_ア     乂_:_:x㌦  }∧ ∨
          ,.:::;''""``゙"゙"`゙'' ;:.\;:..;\   、丶`   /⌒\ ̄\    Vニ {  /  _  └┐ .仏}i//∧ ‘,
         .;:.;'"            \;:ヾ:;:. ヽ / ̄ ̄ ̄ \  -二三沁,    V- ゝ{   `ヽ、 ニY: : :)///,} }
        .:;;:'     __       ゙:.;,、:. :.:,: .゜ ̄     \ ─二三/,    \ }\:.、  \,込イー彡//'ノ ノ
        :;.i                ;:.: `゙:.;|            ‐二三/, 圖]  \  \__/\\ `¨¨¨´
.         l   ̄  i   ̄      i:;,. :.:,;|              -二三/,    /〉/´     \\___
         l xr==ミ、; j, r===ミ、  i:.;:.i ト、         _ _  ー二三}  ///'^\     ハ ̄ ̄    ヽ
         | k'Тフ i  :.fТフ> :..   j:,.  }         Ξ  ‐ニ三レ'三〈 { / |    乂ノ______ノ
.          |  ー-‐/ ; :.i‐--‐     i; レ′        二   ‐ ‐‐二二Yレヘ、j
         |:,   / ;   、    ;/  ノ /              ─   ─ ‐ ‐‐二批^ヽノ
          |  ;:j'ー、_ -‐' \   :i  / .′           _ _  ‐ ‐ ‐二仆Ξ{
          |; / .__ _ _、. ヽ  j ./ {‐‐             _ _    ‐ ‐ ニi |ニニ乂
          l ;    -   \  ;     ト、            _     - -二|二ニ-}
         _、    ⌒      / //:\          _     ‐ ‐ ‐ 二|ニニ‐}
        ..´:::::::::\         / //:::::::::}\          _     ‐ ‐ ‐ニ二|三ニ-|
      //:::::::::/:::::::) ー-─ ´ // :::::::::::/:::::::\        Ξ     ‐‐ニ三|三三j
    /:::/::::::::::::::::::/`>、_ __ //::::::::::::::::/::::::::::::::::\      三    - -ニ(|三ニj
   /::::::/::::::::::::::::::/ ノ:.:.:.|    / ::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::\     二        ‐‐|ニニ{


1768 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/11(月) 19:03:22 ID:ZR.Jlpjk



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   今のアメリカ合衆国は自由な国家か?
   否!トランプ派を弾圧する、明確に言論が不自由な状態である

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                     /     .|  |\
                                    /      |  |.  ヽ
                                  l , .:.::::::ニ=‐- 、」⌒ヽ|
                                  `<::r''"´ ー'´   1  |:|
                                   `1゙゙L 、  /  /l   リ
                                    ', _ ,,, l  /:::L_/
                                    ',    /_エL_ _
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\         `ー<.:::::::::::::::::::::::::::::.:.``ヽ
     | ドナルド・トランプは何処にいる?           r1 / ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
     | 大人しく出てこんと、貴様ら全員を           」::L_/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
     | 刑務所にぶち込むぞ!?             /.:.:.::::, O::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    \_________ _____/   /.:.::::::::ハ /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
                   l/              /.:.::::::::::::::V/.:::::::::::::::::::::::::::::レ       l
                                /.:::::「 /.::::::/1:::::::::::::::::::::::::::::::l       l
                              /.:::::::::l/.::::::/ !::::::::::::::::::::::::::::::::L __   l
                            /.::::::::::::L ‐'/ /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`` ノ
                     r,,,‐‐ 、    /.:.:::::::::::::::::::/ /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                      !,, ,、', 〉  /.:.::::::::::::::::::::/ /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                     l ´  X  〈.:.::::::::::::::::::::/ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
       r'⌒ヽ          _lニ「:::::.`ーヽ.::::::::::::::::/ /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
       `「ノ_L        /.:::::::::::::::::::::::::::.`ー</ /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿 ̄
      _ノ 」::::::::l         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::     ̄ヾ:::::::::::::::「 ニ二二二「 ̄ヽ
     /.:.::::::::::::::::|      i.:::::::::::::::::::::::::::「 ̄ヽ     i「    | |_。_ /|   ',
      /.:.:「/.:::::::L」      |:::::::::::::::::::::::::∧ -‐ !      |    | | i   |  |   i
     〈.:.::::::::::::::::::/       /.::::::::::::::::::::::/ |:::::::::!      |     | | i   |  |   |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   今のアメリカ合衆国は民主的な国か?
   否!当選した候補者に不正疑惑が存在する

   積極的に発言と裁判を行う米国の文化的背景から見るに
   釈明も全くの不十分であると認識されているだろう

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


1770 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/11(月) 19:04:07 ID:ZR.Jlpjk



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   もちろんこれを否定するアメリカ人もいるが、もはやそれは社会の分断の象徴でしかない

   彼らはそう考えるが、そう考えないアメリカ人も相応に存在することは明らかなのだ
   なぜなら敗北候補は歴代二位の得票数にも関わらず、不正疑惑がほとんど存在しないのだから

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                   ___
               , <ニニニニニ≧ 、
             /ニニニニニニニニニ\
            /ニニニニニニニニニニニニソ}
             /ニニニ/⌒\ニニニニニニニ/}
           ,ニニニ{         ー‐┬=ニ二ノ      何を言おうとバイデンが勝ったんだ
           {ニニニ{  rzzzzx.   ,ィ|zミ|ノ
            V⌒\ /  r─‐rュー  ノ_ ト、         裁判所も棄却したし、不正があっても合法だよ
            | ニニl   ー一'   (__心}、 \
            |  ,ハ|         |  }ミ}   }.       陰謀論?そんなものに踊らされるなんて
           人           )  |ソ  {
             }> ┐   /⌒ヽ_ /    {_, 、/> .       まったくバカバカしいね、反吐が出るぜ
___, 、, 、_/二二≧x_}ノ}ノ|\  {ニニニニ}{.     / /ニニニ> .
ニニニニニニニニニニ./   \ ̄ ̄`¨¨´ノ`__   / /ニニニニニニ>
ニニニニニニニニニ/ /    ≧ ---イニニヽ/_/ニニニニニニニニ\                     f´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
ニニニニニニニニニ/__ {      / /ニニニニニニニニニニニニニニハ                    |  ・・・ ・・・
ニニニニニニニニ∧. } { , ─一'   /ニニニニニニニニニニニニニニニ}                    ゝ____ 乂
ニニニニニニニニニ} | ∨ _入.   /ニニニニニニニニニニニニニニニ/







╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   このまま手続きに問題がなく、政権の交代が行われるなら、間違いなく今の共有幻想は崩れる
   そうなれば抑圧的な国家と対峙する際に今後も声高に叫ばれるであろう自由の名分は
   かつてのソ連の声明よろしく内外の誰も信じず、空しく響くことになるだろう

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


                              ,.um㎜ⅷⅷ f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                         ィ忌介介ⅹ寸弍,|  アメリカの主張する自由はアメリカには存在しないが
                        _:点厂i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i乂________________________ ノ
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: i:i:i:i:i:i:i:i:忽∟
|  少なくとも○○には                          :.:.:.:.: 介忽尨、
|  救出すべきロシア人少数派が実在する    .:.   :.:.:.:.:.:.i:i.寸弍炎廴
ゝ __________________乂.:.    :.:.:.:.:.i:i:i:i:忽忽蚶;
                        肓害峅匕厶山厶i:i:i人i:i:i厶厶、:川弍憫鐺,
                        ⅵ靏濳灑憫磚靃靏介惴灑嬲焉噸尚濳蟷廴
                        壙鯏介閂x代gッx潤}广忌雫筏gッ藤盻弍置尹
                        勺塹介   父三彡:介゜寸宀父三彡. 寸泡印′            _/ \
      xヘ _           廿歯i儿i:    ,;i:!′ :!li:,.       、:弍弍ⅴ            i/ ...,∠、
   、幺,   \i             寸慣尨介    ,;ij:!.   介i:i:   :厶惶叫Γ            /... _ィ广_上x
.  含%八%。   \             `屯杉l介i:i:  廴;廴。厶;:}  ;j:i:寸濳㌢′           /.   ⅴ~_g醴夢゜
  ゚菴靤匚%、   \           肓谿ⅱ:丶...勺靏霻夢'  :i:i:i弐消$             ./.   ⅴ_ィ醴暈″
    ゚旬醴心%,.   \.           肓祿片:i:i:.    寸介   :i:i:弍判』             /   / _j醴庁゜
      ゚゚囀畠_:\    \.       寸固涜宍儉㎞㎜㎜灣灣弍尚夕          /    / ,g?贇㌢゚`
        `鴫蠱。,\   \_       可湾介川箪㎜㎜大山弐表曽        /   /._g躪㌢゜
.         ~菴亀、\    \    _ノ壘凾乙i:i:i:     ,:i:i:i:表霻}∟、   /   /..._盧㌢′
            `菴亀,.\     \ , :寸}{靏靏魁jj儿山jj仙醴靏靏$ⅶ恠,_/   / _上广′
.             了奄L \    \$f$广囀靏靏靏醴醴醴靏靏仁介轄介   / .._貞㎜%心
           厶%・:礪廴 \     マ必弍醴靏靏靏靏靏靏鸛溢滷仁寸厶、┘.....;農贒鬮購$′
          ,.x(弋乂厶刀巉。...\厶寸沙灑灑靏靏靏靏靏靏靏欟玳沁弌介ⅹ$。尹廿靏闕少=‐- u.,_
  _,u=-‐  ⌒弍俗洟醴益試廴酎介弌介广弋欄靏靏靏靏靏靏搴°..`'寸勹尢忽匸#靏釀父代弍介介厶心zx
主尚負負尚尚尚尚嵬瀰靏齷憫虹忌广ぐ..........卞靏靏靏靏靏鬱癶〟.._/....電唹忽韆醴轤霻轄惶惶鑪靏鑪鬻$
醴盛慚醴醴惶轄綱縊忽嬲葡峅瀰靏″...^__主广嚶靏靏靏匝㎜l醴蝿ァ......_丞主羔羔l醴靏靏巴醴靏劯綱隔縮
襴摘恚偈醴靏鑾神繝靏尚介弍弍醴〟....寸靏弐欄醴靏靏靃介消靏0゚_、e岔綱濳欒逗濳醴醴靏靏弍弍憫綱曽
恚沁沁溢忽嚶靏騙益益昏含沁浹繝靏㎜心塹介忽瀰靏欝尢弐霻厂嚶截偈奇綱膕醴醴靏嬲醴蛄尚鐇瘟瘟i$
醴靏麹瀧綱輌艦鴿暈靏靏匝尢弍涜嚶靏靏靏介介灘靏艷八忌靏㎜外弍忽尚綱鑪醴齷醴醴靏塹霙醴靏靏i$
靏讐泡靏轄嵯嬲靏醴靏靏靏胸浹炎忽::::::::::::::::The hero returns::::::::::::::湾害刻惶醴醴靏靏靏靏陬憫體靏靏鬮


1771 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/11(月) 19:05:23 ID:ZR.Jlpjk



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   もちろん正当性が崩れたとしても、必ず民衆の多数が今すぐに蜂起を行うわけではない
   今回の話の焦点はそこではない
   ではなぜ正当性が崩れることが問題なのか?
   それは国家とは異なる正義を心に抱く人間が急増するからだ

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

              _,,.、--‐─‐‐-、.
            //´i    i`ヽ、\
       _   / /    l   l   \ ヽ        _
      ,r´i .i `ヽ l /     }-‐-{、    ヾi       ,r´i .i `ヽ
      if ,}‐{ __ノ,l ,l  _,/ ゚ ゚ ゚ l__ ノ l       if ,}‐{ __ノ,
     ,ゞlコ ,iコ ,!|`゙;} ̄__    _  `|´ |      ,ゞlコ ,iコ ,!、__
   ,fソ´`トl li l ノ ! ,l i´:://)   i´::/:`i | ,!    ,fソ´`トl li l ノi l ヾヽ
 ,/´i ヾ、、`ー-‐' ,.〉fソ、`ー‐' i⌒i ゙ー‐' ,/ソ`ー'´`、 ヾ、、,`ー‐' ,./ / ,〉、
   |  フ   _.,、イ | ! ゞ , 、.'二' , 、 ,f | ヽ、ヽ! ヾ`ー‐-、、   ./::|ノ'゙_,ゞ,
 ⌒ ;,、-─'゙´ i   ヾ | i;;ソ ・ .・ヾ;;!  !  l  ヽ  iー─-f ゙:、イ::::|;レ'゙,r-i、
 、イ、   \  ヽ、.  `''! ゙  ・ .・  ゙ /  ,!    i  |   |  ヽ、::|;;;ソ  ,!
    ヽ、  ヾ、     \  ・ ・  ,ィ'  /    |  !   |  ー゙:、l/ヽ、,,.|
 ヽ、-一\   ヽ     ヾ、``ー-‐'"   /.     ,'   ,'   ,!  ー‐-゙:ヾー、g))
   ヽ,   \,   \    `     /     ,'  /   ,./     i  ,ゝ´
    f    \  \      /      ,'  /   il/        |  ヽ,
     |i     \  `ヽ、  ` 、     /  /    /       |   !
    |,l     / \             /    /        /  ソ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   冒頭に示した通り、人間は正義を心に抱く限り、人殺しにも躊躇がなくなる
   そんな体制側から見ると危険人物が量産される

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


1773 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/11(月) 19:06:14 ID:ZR.Jlpjk



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   それでも彼らの多くは自分の生活が一番大事だ、蜂起せずに「正義」は燻る可能性も十分に存在する
   が、彼らの幾許かは理想に殉じる人間だろうし、守るべきものが無い無敵の人間も存在するだろう

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
             ,,,、、、、、、,,,,
     ̄  ̄ ̄ ̄ ,r,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄
    ニニニニニニニ f;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,`,ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
             ノ;,;,;,;〃;,;,;,;,;,;,;,;,;r乍;',   .:~: ..: .:  .:~:  ゜ 。.. : .: ゜:~:  ゜ 。.. : .: .::  .:~:  ゜ 。:  .:~: 。
          {;ハ〃r'´``シシノ  N     .:~: ..: .:  .:~:  ゜ 。.. : .: ゜:~:  ゜ 。.. : .: .::  .:~:  ゜ 。
          {.:いリ  >;:;;;''  ,,,,, リ!        .:~: ..: .:  .:~:  ゜ 。.. : .: ゜:~:  ゜ 。.. : .: .::  .:~:  ゜ 。
             ルシ'', `;. ´~  ノ‐'r'′,,、、、、、,,         .:~: ..: .:  .:~:  ゜ 。.. : .: ゜:~:  ゜ 。.. : .: .::
           7   '、:;  _ ー'  / ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、   ,,、、、、、,,,   .:~: ..: .:  :  ゜ 。.. : .: ゜:~:  ゜ 。.. : .: .:
      _,.- イ〈   `、  ``/,r.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`Yィイ彡ニニミミヽ  .:~: ..: .:   ゜ 。.. : .: ゜:~:  ゜ 。.. : .: .:
     .::::::',::::::::i \    `ーく  ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヾ.:.:.!ィイ彡ヲ ⌒ヾ!   .:~: ..: .:  . ゜ 。.. : .: ゜:~:  ゜ 。.. : .: .:
     .::::::::i::::::::l   \ /l:::::ト、{.:.:.:.:.シシシノノ  ヾ.:.:.:', r、  } --、 !      :  ゜ 。.. : .: ゜:~::  ゜ 。.. : .: ゜:~:
     :::::::::l:::::::::ト、  /:ヽ |::::|:::.\.::{ ,rュ  `rュ 1.:.:ノiい リ  "´〈   _ _   ゜ 。.. : .: ゜:~::  ゜ 。.. : .: ゜:~:
     :::::::::|:::::::::l ヽ〈.:.:.::Vi::::|:::::::::l.:.i   ,、、  ,!,;,;(.:.:.ノ 、  _r‐','´   ``ヽ ゜ 。.. : .: ゜:~::  ゜ 。.. : .: ゜:~:
     ::::::::::\:::::|   〉::〈 !::」:::::::::|::ハ r'_ __ヽ ノ.:.ノく   ヽ__,」 !      }  ゜ 。.. : .: ゜:~::  ゜ 。.. : .: ゜:~:
     ::::::::::::::./|   |:::::| |\::::::::|  ト.、_, イル'.:::ヽ\  厂  ゙、   uVシ  ゜ 。.. : .: ゜:~::  ゜ 。.. : .: ゜:~:
     :::::::::/.:::::|   |:::::| |:::::|:::::::ト、 \  ハ.::::::::::::ヽ Vトト、   },,,,,,,,ィ  }  ゜ 。.. : .: ゜:~::  ゜ 。.. : .: ゜:~:
     :::::::::i.:.::::::::|   !:::::! |::::|:::::::| ``⌒´ヽ_ノ``ヽ、:::::レ⌒!::::', 〒、  、_/   。. .^:^゜ 。.^ .: ゜。^ . ^  .:
     ::::::::::l.:.:::::::|   !:::::! |::::|:::::::|          ト、|  ',:::::i ',:: V爪 二二二二二二二二二二二二二二
     :::::::::::l.:.::::::|   !:::::! |::::|:::::::|          V:l   i:::::|  !   ! `ヽ
     ::::::::::::l.:.:::::|   !:::::! |::::!:::::::|              '、   l::::l  |   |l /!
     :::::::::::::l.::::::|   !:::::! |:::l::::::::|            i   l::::l  |   |. /.:|
     ::::::::::::::l.:::::|   ヾ/  !::!::::::::|               ノ  」:::l  |   |/.:.:.|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   そして彼らの割合はアフガニスタンにおけるムスリムの穏健派と過激派の割合並みに意味をなさない
   アフガニスタンではムスリムの母数が大きいので
   一部だとしても過激派ムスリムは行動を起こすことが可能な程度存在する

   同じく今後のアメリカにも潜在的反体制派が大きな母数で生じるだろう
   故に一部であっても過激派は行動を起こすことが可能な程度になると考えられる

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


1774 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/11(月) 19:07:07 ID:ZR.Jlpjk



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   加えてアメリカでは銃が非常に入手しやく、抵抗権がアメリカ憲法に保障されている
   一部だとしても過激派が行動することは容易なのだ、抱く正義も名分も力も彼らは持っている
   燻る潜在的反体制派は果たしてどちらに味方するだろうか?

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
            ◯                    ____
          //           _____/三三三三ミ\_____
         // |\_____/☆ ☆ ☆ i          ヽミミミミミミ/
        // │ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ /三三三三三三ミヽ      /
        // │ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ /           ヾミミミミミ/
       //  .│☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ i三三三三三三ミヽ       /
       //   /☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ /           ヾミミミミ/
      //   /☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ /三三三三三三ミヽ     ./
      //   /☆ ☆ ☆ ☆/ ̄ ̄ ̄ ̄           ヾ三三ミ/                      _
     //   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  三三三三三三三三三三ミヽ    /                     r≦  > 、
     //   /三三ミミ彡三彡´                ヾミミミミi                   _z≦>”入   >、
    //  /             三三三三三三三ミヽ      ./            rf ¨≧=-<≧.、<>、´_, -、   ム
    //  /三三ヽ    ノ 三三彡´             ヾミミミミ/           . z≦  _. z≦.    ≧、_У   `-=≦ソ
   // /    ヾ三三彡´      ノ 三三三三三ヽ      (            У<      _. <  ̄ ¨ ' ‐ z ,
   //<三三ヽ         三三三彡´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾ三三三三>         .<    ..'^´ミ<   rュ_    //
  //    ̄ ̄ヾ三三三彡´ ̄ ̄ ̄                      _ . <  .-´>、  __> ´` <¨' -- .._ "
  //                                     <   .  ´    ヤ_l  f >。.    >.
                                     メ    <        l_ '―'- 。  >     > 、_
                               r≦> -<   . <        _> ´      ` < >、> ¨ l|
                               マ/ `<         .> ´              `ヽ_ |!. > ´
                            .    入_  ヽ_    > ´                  `´
                              。<  .)   j > ´
                           .<  ´_> ' ¨^' ~   _____
                        .<  ´> "        /    `‐-、_
                     r<> ´>"         /:.        :.`:‐-、_
                     乂メ-'´            /:.:.:        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ____
                           _____    l:.:.:         :.:.:.:.:.:.:.:.::.. ヽ   `ヽ
                       _,-‐-'´..:.:.:.:.:.:.:.`‐-、_l:.:.:.:.           .:.:.:.:.:...  ヽ   ヽ
                ____,--'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.          .:.:.:.:.:.:.:.:.:... ヽ   ヽ
            ,イ ̄´´              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.        ...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ヽ   ヽ
          /i:l                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:.; ヽ   ヽ
          :i:i:i:l                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:..: ヽ   ヽ
          :i:i:i:l                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:           :.:.:.:.:.:.:.:.:.:  ヽ   ヽ
          l:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.           :.:.:.  :.:.:.:  ヽ   ヽ
          li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:          :.:.:.:.:  :.:.:.:.:.  ヽ   ヽ
          .li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.        :.:.:.:.:.:.:.  :.:.:.:.:..  ヽ   ヽ
          ..li:i:i:il                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:          ,-‐--、_ :.:.:.:.:.:.   ヽ   ヽ
          . li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:       /;,;,;,;,;,;,;,;,;,;`-‐--、___ヽ   ヽ
           li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.     ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三=ゝ
           .li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:   ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;__,--'´三三‐'´
            li:i:i:il                        ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.. /;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三 ‐-'´
            .li:i:i:il                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヾ´__,--'´三三-'´
            li:i:i:il                       ..:.__,-‐-'´ ̄=_/ ̄ヽ、三三-'´
            .li:i:i:il               _,-‐'´ ̄三三三三三,-'´___,-'´
             li:i:i:il            _,-‐'´三三三三三三-‐'´ ̄ "´
             .li:i:i:il        _,-‐'´三三三三三-‐'´ ̄
             li:i:i:il     _,-‐'´三三三三-‐'´ ̄
             .li:i:i:il _,-‐'´三三三三-‐'´
              li:i:l/三三三三-‐'´
              .li:/三_,-‐'´ ̄
              .`´ ̄


1776 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/11(月) 19:09:09 ID:ZR.Jlpjk



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   これまで語った私の予想はあくまで予想であり、過激派が存外表立って行動しないかもしれない
   しかし今までの内容で私が今回の選挙において大統領が続投すべきと確信しているわけでも、
   その反対でもないことは分かってもらえるはずだ

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
               _
             厂ヽ `ー┬r-  ____                           r‐┐
             人___/ {        | ̄ ̄ ̄ ̄|ーヘ___              }  \
        .     /      〉 フ        |       |   ∠/し~ァ      __ハ  _ノ
            i       〈  廴_rー──‐| ̄ ̄ ̄ ̄{   (  \r‐ク^{     〈  |_|__V
           ノー-- __/_   /     |        |__{   { { 〈ハ  r~'’  {‐ヵふ
           )   /    /  ̄ |      | ̄ ̄ ̄\|    廴____|ノ __/__,ィ ̄ ̄ ̄「jブ
           }   〈    /   └┬──┴┐     |____ノ  | ̄ |   |____ィU
            )  ‘,  |      |      |───┴ァ  {__  |  |___/  ノ\}ハ}
            ヽ   ‘, _」___/     │       |   (_ j__/   〉ー‐'’  \
        .    廴__   ∨      「 ̄ ̄ ̄匚 ̄ ̄ ̄ ̄ |──‐zノ‐'´ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄{
             。゚廴_〉     |      |   ̄|    |    /ー┬┬ ┴く ̄\_/
                 \    |      |    `⌒ーーヵ__「   |  {     \/
                   \__|__r┬─┘         |   〉   |  ヽ   /
                         \          }   └z__|_匚 ̄ ̄ ̄\
                          \/⌒i     __/⌒つノ     `'⌒ヽ   {
                              )_   /                 }  |
                               廴{                   \_ノ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   そしてその上で
   今回の大統領選挙において最高裁が受理しなかったにもかかわらず
   なぜ不正選挙「疑惑」をここまで危険視するかが分かってもらえたのではないだろうか?

   前代未聞の事態である現状において「ありえない」はありえないだろう
   私の予想が的中してしまうと、このまま進んだアメリカは
   新しい共有幻想を見つけるにせよ、見つけられずに反動が生じるにせよ
   最低一世代は一歩間違えばアフガンとなる危険な過渡期へと突入してしまうのだ、ヤバくね?

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━おわり
             読者投稿:国家の正当性から見る2020年米大統領選挙不正疑惑における最大の問題点 糸冬
            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1781 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/11(月) 19:10:11 ID:ZR.Jlpjk

今回のオハナシは真面目にやると論文書ける内容だと思うけど
そんな知識も時間もないので、手短に書きました

別にどうなってほしいとかはない、強いて言えば長期的に穏やかな推移をしてほしい



リリーフに関しては勢い落ちんかったら魔改造でやろうかなとか思ってる、ではまた


1777 : 尋常な名無しさん : 2021/01/11(月) 19:09:11 ID:AgIUfZA6

国の正当性が失われると言う事を論理的に記述していくとこうなるんですねえ


1782 : 尋常な名無しさん : 2021/01/11(月) 19:11:19 ID:wig.0ulo

投下乙!

アメリカがトライガンの舞台みたいに荒れ狂う事がない事を祈ろうか


関連記事
[ 2021/01/13 22:03 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(11)



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-48797.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13