以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-48231.htmlより取得しました。


読者投稿:ゲーム紹介 バトルテック世界にはどんな勢力がある?前編

目次 国際的な小咄

5427 : ◆rKyWzZfFqg : 2020/12/21(月) 16:00:15 ID:mnP09PGQ


1/24

読者投稿ゲーム紹介 バトルテック世界にはどんな勢力がある?前編
                        _,.,_-___
                ,,,,,r━,   .,-ェ三=ニ]三l≧ミ、、  ,,,,,,,,,,,,,,,,
               ,,j㌻′  ゚'''r ,,/'     ||  `\ミ\ ¨¨¨  ~'¨~'《,,    /\_
 ▅▅▄    ▅  ▅▅▅▅▅▅▅▅▅▅ ▅    ▅▅▅▅ ▅▅▅▅▅ ▅▅▅▅   ▅▅  ▅  ▅
 █ ▐▌  █▀█   █    █   █    █      █   █    ▅▀  ▀ █  █
 █▀▀▅ ▅█▅█▅  █    █   █    █▀▀    █   █▀▀  █     █▀▀█ ――――┐
 █▅▅▀ █   █  █    █   █▅▅▅ █▅▅▅   █   █▅▅▅  ▀▅▅▀ █  █ 二 ̄ ̄ :| |
    ,,jjj′           ||]|]|   ∨、_,-'′ `ー-,/  |||     /   __,,ニ ̄ ̄-¨,ト   \     | | |
    :jj{′           | |||    ゙}         { |||  {¨¨'′ ,´'´       ``\  `¨^| | | |
    j|||             | | ト、、__ / __  | |  _  |_|,ノ  ,ノ   ,/´      ''      \  \ |、||_|
   j{j{            | |||  ``'  ``'ー| '-''´′,ノ / _,, ,/,|    ,--‐…''ー--|    |\ _、\ \
   {||′           |_|[||   |_、-‐′     ,/  :|  | l|| |_,,{|    |       ,|     ||、} `|`| |   \
   《ii              Ⅵ{|   | ``¨,     ,// | |  | |_〔{| }____ |  __   |  ___| ]|〕 :|| | l|\ \
   《|             Ⅵ]| | ,l,,:、   /_/__,ノ :|  | || 〈||'' ̄ ̄]^ト_i ノ | ,/ ̄二=_`〔]′||| ∟__\ミ\
    ‘%,,,       ,,,,,,,,,,,,,,,,rf'~ Ⅵ{ミ, ||    〈、_ く(ミミ_  |:o | | r\ `ー‐__r'''`l|  | ̄\ーー'' r'|ミ| || | | __,,,ニ-'´ ,`
     `'''仏x━━'¨'¨¨¨    \ミii \  |  `\\  | |  | |__|、_,l ̄ ̄ \  | | ,/ | ̄ ̄ ノ  | | | {  , ''_/
      ,ィ{{'              `Ⅵ|||  | |   \ \ | | {|` `ー''T弋_,ノ  {  {、,ll{|'''ー‐┴' _| || | |''' ,/
      ,《,                 ` ー│ |  |  \、 |、 \、、   \''「|  `'|   }'`-'''   //l,_,|  ,/′
      i{|!                  {{′ || |ii}i   i〉、 \ \\___l_| |   l_ _ | ,,,,二_ミ/´ / ,,,l,,、
     《{_                《   | ||i |  |   | }   l  \    ‘r_辷_'ミ=′   /  '{  ||:|
      '''i,,,,,,,               %i{  | | | | illii,,, | |   =-‐、  \__,| `'''¨¨¨''  |__/ ,,‐‐-|  :| ||
       ¨'~廴i,,,_             |i |'|| |  '~'' | 〈|  __ \            /  __| ||
          `¨'マ━'''i          i}|   || | '''i',   | |二二―-ミ__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ ,_,l┴─――┘|
              '''''''~'',,        ||    | | '''''',,  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `、、 '' ̄`ll 厂 ̄' _r'′ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 ~''抖━━''''l||,,,,,,,,,, | | ,,,,,,,,㌻''''         \ \,}V_,/,/
                            | |                \` ''',,''´
                           V                 `ー´



     _
 ┌―._[_o]へ __    前回の投稿への感想、支援ありがとうございます。
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       今回は3025年の中心領域に存在する国家や、それ以外の重要勢力をざっくりと紹介していきます。
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      ……すみません。一回では終わりませんでした。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄




     _
 ┌―._[_o]へ __    前提条件として、バトルテック世界には「正義と悪」のような区分はありません。
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       どの勢力にもそれぞれの目標や欲望があり、相容れない相手は敵とみなして、
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      身内の利益のために敵から資源を奪い取るのがあたりまえの価値観です。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄

.





5428 : ◆rKyWzZfFqg : 2020/12/21(月) 16:00:55 ID:mnP09PGQ


2/24

     _
 ┌―._[_o]へ __    継承国家の観点はシンプルでわかりやすく、自国以外は全て敵か、敵の敵です。
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       敵の敵は味方ではありませんが、主敵を弱体化させるため「利用できる」ものとして扱います。
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      継承国家にとっての傭兵も「信用ならないが、自国勝利に必要な駒」です。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄




                                             ,,,,, _
                 ______           ,,,,,r━,      ,,,jァ~升'''''''x,,,,,  ,,,,,,,,,,,,,,,,
             ,.-''''´´´       ̄`ー-、__   ,,j㌻′  ゚'''rrェ,,,,x升′     ~¨''¨¨¨¨  ~'¨~'《,,
          ..''´ __,,,rz≦二三二二ニ‐‐、_ ``ヽ、        '{{iij,                    \;,
         ''´ ,,xx㌻~ ̄,´]|/^|l/[,,-‐,_二``ミix,_ `\        廴                    %,_
         ,,,r㌻'^     |  「  `  `  ` └'''| |゚`ミ、  \      ''l{||x                  ‘%,
     ,,,′,j㌻´ ,,,''  {`¨     _,,.-、      ``、| `\l,_ \     ヒ|i,       【ドラコ連合】       ''}}i
    /  _刈´ ,//   〔}  ,,,      }_,,\     、、 Ⅵ,  \    f{''~                    ,ji}|
   /′,,{刈 ,//′   く,  {''| ,     {   ``¨'<    \ 弋i  ゙、  ⅱ        ☆             fji{''′
   /  ,《》 /' /′    ,}  ,/`ー、   |、     `r┘  ∨ ∨|  }   :扞}'''     主星ルシエン      ,{{{
  ,|  〔|| / /     /   {    \  `'L__,_    V ,  ∨ |ト|  } ,,jj炒               ,,,,rrァ''゙''{',,,
   |  ,|||| | ,|     _,′ {′   廴  ,,,''''     |`´   }| ||||  | 《{{          {扞━━━¨'´    '''━ェ,,,,,,,,,,━'f},,
 |  | | |  |     \_ニニ'    `--''´        ,_ ,   |,、|| |  |  'l}ii       ,,,rj,チ'′                 '%{
 | || | |  {   ___.--‐、、,_              || '''′  | || |  | ,,,,,i||''扞扞¨~¨¨¨                      《|
  { || |   |_  ''´      ``ミ、_        ,,,,_{     :| | ||  |   i{{''' ''{''''''i{,                       _j}
  |  〔乂|  `′ ,,ァ        `'ー、、     ,,,′-    __{ ||||  |  ‘廴,,,  ffil|                       ,,,i《゙
    }  〈从{    / /′ __,ハ_、      l⌒¨T'¨¨¨    , |  |]]′ |     ,,j}' ''''{{|′                    fjj″
   ∨ 〈[込   | |  f,,_}   `、、_              |¨′,(|′ /   ,j,'゙    {j,                     ,j}
    ∨ 《||》、 | {   `V    `''て_,,-      ,,、  「|_,|y'_,{{ミ  /′   {{′     ii}i                    ,jj{′
     \ 〈》ミ  |  ミ,       └‐^l_ノ |/〔斗,_厂,j,'》'  /′   《     '''仏|                   ,j}'′
      \ `ーミ__\  `て,、          _,,x彡='r{厂 /      %i{   ,r,,ffillii,,,                ,jjii'′
        \ `Ⅵ込ix、_  --、___,--‐‐ニ彡彡㌻´ /         |i   Ⅵ~'~''′            ,,,,,,j㌻'′
         `ー、 ``ミl{{{lll=辷--─―二=ヒ=㌻'''  ,,.'''´           i}|    ゚'''i',         ,,,,,,,,,,,,,,,,,,rx≦~''′
           ``ー、_ ```'└ ̄ ̄ ̄-'''¨¨ _,,,..'‐´   '''''''~'',,        ||     '''''',,,,,,,,,,,抖x升¨~¨¨¨
              `¨`ー---二二二--‐'''¨´         ~''抖━━''''l||,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,㌻''''





     _
 ┌―._[_o]へ __    そのような継承国家のひとつ、ドラコ連合(Draconis Combine)を最初に解説していきます。
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       支配王家はクリタ家。3025年の統治者はタカシ・クリタ大統領。
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      国章は「日の丸に黒い竜紋」で、日本イメージの国家です。ただし……
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄

.


5429 : ◆rKyWzZfFqg : 2020/12/21(月) 16:01:30 ID:mnP09PGQ


3/24                                                        _,.. - ..、

: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . . . . . . . . . . . . . .       ___                        //,.>彡゙、
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . . . . . . . . . .        _,ィ'゙i:i:i:i:i:i:i:i:i:\                    ,!r,.===,ヘミ!
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : . . . . . . . .            )i:i:_少'゙ーz:i:i:i:i:i{                __,/イ|i |! l! !i゙!;ゞヽ、
: : : : : : : : : : : : : : : : : . . . . . . . .             ヽi「_ _,,ノ廴i:i:i:}              〃7 ´ミ゙r-ド'_;.-!r、/゙`ヾ!
: : : : : : : : : : : : :, ‐ 、     //_ -  ̄        ィッj「 う'^]i:i:i:i:i)                  ,ヘ、ヾ、;,!    |! ゙!;.彡',ヘ、
: : : : : : : : : : : :l /  ゙l',   / /  _ ―  ̄     ー{L〕\{i:i:i:i〈{               ∧゙、ヽ;.イ!- 、  ,. - ,|!,ィ'´, /)
: : : : : : : : : : . . l lェォtァl,'_,//  _ ‐                 ヽ厶斗i}i:i:i从               ヽ、_ヾ_!i`ー   ー' !,,/ノイ
: : : : : : : : . . /l,l内務ゝ〉ヽフ'´_ ェ ニ ニ─ ―     ____V辷彡'イi〔ニ=─‐‐‐┐           `!|i!゙、  ;.   /|゙! ̄
: : : : : : : , ィ 、ヽ`二/// / ヽ        へヘ_,/⌒V)ノノ>ーr‐<辷=f⌒ ̄ ̄              ,' !|゙!ヽ, ー  ,イ; !|゙!
: : : : : / _ ィヽ\ //‐/,ヾ\ l      /ヘ〉 〉》辷彡'゙ /: : ∧   }i : }h、__           く ! |!| !ヽ:.- ''.. !|;;!゙リ
: : : :  /_// l  ヽーァ'' / ; ',`ーl     {_jI斗ノ }:.:.:.:.:.:.:i∧ : : ∧   }i : }: : : : : 〕iト、          ゙! ;|iノ::::. ..   ソ'/
: : : ./ / ,l  , 'ゝ' /  ,l, l  ヽ    [i:i:i:i:i:イ: : : : : : :∧ : : : }⌒`'<__j : : : : : : i}h、     ,ィヘ'"\''"__:::::. ..     `ゝ,.ヘ、、
: : . /l /   ll ' //,    /ヽ ヽ  l;   /{〕i:i:i:{: ',: : : : : : :∧: : ∧     `'寸 __,ィi⌒¨ハ   /:...  \ \.. :.`` ィ'´  ̄.:/ /´ \
: ./‐ 〉/ 〈、∠ __  , -‐‐ 、 l_,/_l  /{/i:i:i:ih: ', : : : : : Vハ、 ,,_jI斗-   `'マlj彡'ノノ\         _,,_       __ .::,..'     ,.ヘ
 l―‐K  /ー;‐ーニ イ´ `ー'ヽ  '、'、i:{i:i:i:i:i:i:iト、}: : : : :___jI斗-''' /爪〉    \ ー=ニ少 _,,...,,_,.ィi _ _}i    _/ _ _ヽ    /  ゙、        _,.
 l i i l  /,ヽl \ l lミ! ,;;;; ,;;;1 ー l l i{i:i:i:i:i:i:i}i:i}i:i-=ニ⌒/: : : :/ j/ \ .:.:i:i:i:iヽニニニi} /〉-、_,i}] ´ij`i)    {」.¨ム¨」} / .:   ゙!      _,.-''"_,
 l i i l ,/ ヽ/l ゝi, ヾ!   ー ! l  l l i{i:i:i:i:i:ノ ノ>、___/: : :/: : : / :.:.:.:. )>、i:i:i:i:i:i:V//i}(i゙ ~ij~リ:ハーく    __〕、今,〔__   ,.!::. .:. .゙!   __,.、''r,..-''"
. /―へ/ l  / //; ,  ハ、 ´ニ`j! l‐i‐ l :乂_,,.ィi「: : : : : : :くニ-i_: : : :/: :___,,..ィi{i:i:i:i:i:i:i:iV//ハヽ辷ノ: : ∨ /`ヽィ「Vハ`¨´Vハ}ih、  .:::. _,.>-''.,、 i ト,!|
 l´l"lヽク, ヽ//  __/.:::::: エエイ  //'l‐'l i:,ィ劣i⌒}ー‐‐ニ___ ゙'くニ-_:/: :_-=ニ⌒i:i:i:iト、i:i:i:i:i:V: : jハ /ih、: : ∨/: /⌒i@V//iVハニ∧ ;.-''" _,.-''゙!.i」 l !'
 ヽ- ツ l ,rr;;;;;;;;;;;;;;:.:.:.:::::L ノ::L_ 'ニー'     }込)─=ニ,__: : : : ゙'くニ-__-=ニニニ「 `iー‐''゙ : :ノ V/  i}: : :}:i:_/i  j/:/\%i:{ { : ∧ ,.-''"/ r'´  ,.'
    / /,;;;;.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:``ヽ    (し' ̄⌒i“''*、,,,__/ `'<_j辷彡' ,ィi{: : : : i: : : :イノ: :.i}:r=⌒  ______ \}__iV/∧ ィァ'‐'" /
.    j: ,';;;;;::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::i::::::::::i::ハ   イ : : : : : |i : : i: : : /.:厂i/ ̄i三三}  >─‐i┴ <:/:ニ-:i}|i「⌒` ヽ==☆= /  j:i:i:i:}__j  ,'  ./
    ,';;;;;:::::::::::i.::r ''二王:::::::::l::::::::::l:::::! / |i : : : : : |i : : l: : /.:/ニ/i:{ニ|三三i/:\   |  /ヽニニi{i   _∩( ・ω・)∩  チハタンばんじゃーい
    /,;;;.:.::::::::/:::L ィ=.:.:l::::::::::l::::::::::「 j!.{  |i : : : : : |i : : l: /.:/ニ/i:i:{ニ|三三|ハ〉 丶 :.:/ _i_,.ィハ   ヽ)=(ニ(=====)ニ)==))   .!i''" |
.    ,';;;;;.:.:.:.:.:/.:./  ニ}.:::l:::::::::l::::::::::L 」ミミヽ : : : : /|i : : l/.:/ニ/:i:i:i:{ニ|三三しf^z:ー..:o   厂  \ヽ` /二ヾヽ二ヽ//_ /ノ}  |!  ,!
:. . .〈 !;;;;;;.:.:.::::::::::L __ン.:::::;::::::::;:::::::::i::::::!‐'-'リ  : : : /: i:i: : :i∨ :/i:i:i:i:i:{ニ|三三|i人.:.} : /:| :\/人 ・ニニ/ ̄/志 :|:  l`r-┴──oー''"
:. . . . !;;;;;.:.:.:.:.:;;;;;:;:フ.:.:.::::::::::::::::::::::::::::!::::::l ニ/ \j/ Vi:i:i: : : }:i:}i:i:i:i:i:i:i{ニ|三三i{:.:. ___ _____/_/_____:|:__| l|-┬ゝィ ̄ _
l . . . ヾ;;;;;;;;;;:;イ.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::;;;::::::|__」:::`ヽ i) /i:i:i:i : : }:i:}i:i:i:i:i:i:i{ニ|三三l{: 〔(___((/__/_____/__ヘ_l三l | ̄( (ニニニ・___
i_: : : : Уi:i:   `1;;;;;;;;;j;j;j;jj;j;j;jj;j;j;j;j;;;:::::::|::::::::::::::!  }i:i:i:i:i : : }:i:}i:i:i:i:i:i:i{ニ|三三i{:.:.:,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-、--、 ヽ ̄ (O  厂、--、,.
|爻: : / : : : :  l. 77´     i  ``1;;;:::::::l::::::::::::「| /i:i:i:i:i:i: : :}:i:}i:i:i:i:i:i:i: ̄i:.:.:.:.:._ ,=´ (◎)) ̄ ̄ ̄◎) ̄ ̄ ̄(◎)r ⌒ヽ}三}'  ̄ ̄ ̄☆ ̄'\ヽ}三},
|爻_ '⌒7冖  //      j    l;;:::::::!::::::::::::Ll i:i:i:i:i:i:i:} : }:i:}i:i:i:i:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. {γ⌒,ヾ  =(ニニニニニニニニニニ(≒  | 〇 l}三} ̄ ̄ ̄ ∪ ̄ ̄ソノl}三}
|爻爻_,/辷/ : l/     孑´    「 ̄!.:::::::::::::::!:i:i:i:i:i:i:i:} : i:i:}i:i:i:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ | 0 |r´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`ヽ ゝ__,ノ}三/_______/ノ}三}'
i爻爻,/ニ/: : :!  `丶、 /      l ノ!  ̄ ` ::! i:i:i:i:i:i:i: } : :.:.:.:.i:i:.:.:.:.:.:i{:.:.:.:.:.:. ヾヽ__ ノゝ 人 人 .人 人 人 ノノ___,=/}三/ゝ 人 人 ノノ__,=/}三/
                                           `‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐'-'‐'‐'-´--´‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐'-'‐'‐'-´--´




     _
 ┌―._[;o]へ __     その日本イメージはおおよそ平安~江戸期の日本史をベースに、
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       時代劇(サムライ映画)、WW2題材の戦争映画、ヤクザ映画などの要素が混じり合っているのです。
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      いわゆる「勘違い日本文化」ですね。当然のようにニンジャやゲイシャもいます。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄




     _
 ┌―._[_o]へ __    ドラコ連合には、貴族に相当する【公家(クゲ)】、軍人である【武家(ブケ)】、
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       企業人や高度技能者で構成される【中産階級】、一般労働者の【平人(ヘイニン)】、
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      ドラコ社会のレールから外れたアウトロー枠の【非生産階級】、の五つの社会カーストが存在します。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄      ※ドラコ連合人は「五」という数を好む傾向がある

.


5430 : ◆rKyWzZfFqg : 2020/12/21(月) 16:02:02 ID:mnP09PGQ


4/24

                          ┃                               ____
          ∧仝,.,.              ┠           /⌒||                  | ∧_∧ |
        r'( ・∀・)             .||三o三i      ∠___\                |( ・∀・ )|
        | /::::::ハ:::i             .|| ´∀`,)      (´∀` ) ̄             _⊂ <V>_ )_|
        | `─、:::、::ヽ            ◯    )     ({:| |:} )             / 凸 圖   /|
        ||´ ̄||_)__)            .|:| | |       |/ |\,|            | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|
        ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|           |_|_)___)      (_(__)            |______|/
     【貴族(世襲政治家)】          【軍人(戦闘技能者)】        【商人(企業経営者など経済を動かす側)】




          /□○∧ ∧_∧∧_∧ _∧,,,○ □]ヽ            ∧∧ __∧∧ ∧∧     ∧∧
         (゚ー゚(゚Д゚(・∀・, ( ´∀` ) ´_ゝ`)゚Д゚ミ∀‘)            ( ;゚∀)|  | |'A` l( *゚ ー)' ̄ ̄||(゚Д゚;)_
         .(y[(|<v (<v> l( <V> ) <v> )v>l) : )          _| ̄| つ__||_c| ̄| つ__||  とヽ|
          |_ |_ |_:_||_:_||_:_| _| _ゝ          | |  | ^つ ̄|| ̄ ̄|_| ^ヽ ̄|| ̄ ̄ ̄| ̄
          ∪ U (_(_(__)_)_)_) U ___)           | | ̄| ̄| ,_||三三|  | ̄|J___,||      |
     【様々な分野の高度技能者(科学者、技術者含む)】       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 【一般労働者】  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



     ┌──────────────────────────────────────────┐
     │ヤクザやマフィア、その他の犯罪組織は、図示された一般社会の構成員から外れたアウトローの扱い │
     └──────────────────────────────────────────┘




     _
 ┌―._[_o]へ __    呼び方や分け方はさまざまですが、社会構造の大枠は他国もだいたいこのような形です。
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       ドラコ連合では【名誉格言(Dictum Honorium)】という規範で全カーストの行動様式を決めます。
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      現代日本の憲法と道徳意識が混じったようなもの=名誉格言だと考えてください。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄      多少の融通はききますが、おおっぴらにこの規範から外れると秘密警察ニンジャが来ます。





.     / ̄\
   /     \
.   〈  _____  〉
   V( ・ )жr・ァV  ドーモ、国家反逆者=サン、インターナルセキュリティフォースです。
.    {〔`内務´〕}   辞世の句を詠むがいい。                      ∧ ∧
    八\△/八                                      (゚Д゚;) アイエエエエ! ISF!? ISFナンデ!?
 r<ミ三三≧三彡>、





     _
 ┌―._[;o]へ __     ドラコ社会は軍人が重視され、資源は軍に優先配分されますが、民間の経済と産業がうまく回っておらず、
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       それでも国家予算を軍事に注ぎ込むせいで更に産業が発展しづらくなっている悪循環が常態です。
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      優遇されている国軍装備の質も、正直あまり良くはないのですが……
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄

.


5431 : ◆rKyWzZfFqg : 2020/12/21(月) 16:02:40 ID:mnP09PGQ


5/24

》  }/                     }ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=‐.   メ  す  い  い  い  こ  こ  い
      い  い  だ  な  こ  お     -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=‐     ッ  ぐ  ち . い  ち  の れ  い
      い  ち  か  い .れ .れ      -=ニニニニニニニニニニニニニニ=-       .ク  れ  ば .メ.  ば  世 は  か
      ん  ば  ら  ん  し  に        >‐=ニニニニニニニニニニニニニ=-    .な  た  ん . ッ  ん  界  、  、
      だ  ん   、 だ  か .は     -=ニニニニニニニニニニニニニニニニ=‐       ん        ク     . で
    !!    こ  !      、  -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニ=‐  -=ニ7 .だ       だ          __/
              れ             >‐=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ{.!!       !          }ニニ
   __        が            -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ7    -=ニニ{  _____  _____  /ニ\}ニニ
-=ニニ{  ィニ7/ニニニニニ=- -=ニニニニニニニニニニニニニニ ,,,,,,,z,,ュ,,,,,,,,,,,-,,,x、  ニニ7   /ニニニニ{/ニニニ{/ニニニニVニニニニニニ
ニニニ7イニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ  _,,.,'''´  ,,,,イ,'彡'''' ,ノ  ニニ7 /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ _j''=,,,r,≦彡彡,_,,う_)_ /  ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ ,,.,ィ'''=ア'㌻/ _{匕づう彡'''乃','f彡 _,r''ニ━ァ━=━三l_ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ  /,/,,,,__/_{,''{ il¨¨¨¨\/彡,イ 》''¨ ̄三,r辷,//,_  ,,'- ̄ミ\ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ / 7¨ア¨¨{{》},, 〉》辷辷少''r‐'''''{{  ,,,  ̄~ ̄7{{ ̄| {′  Vxヘ }  ニニニニニニニニニニニニニニニニニ
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ ヽ{    /,リ'《_,《'三三=彡,,,ィ''''''゚', ||    从,rr从    ∨'¨′ ニニニニニニニニニニニニニニニニ
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ |、___,,{l{ /''  ̄ ̄ ̄'''     ,》廴___,,,,''八 ヘ(, 。  ,,,゙(  ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ {|__,,,'l},/ ,_,  ,,_  j|_,,,,,,,,━''''《'二/示〉_,_   .. ゝーx彡'ヘ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ ,{''"´ {く´マ二¨,~マ{¨´   / ,从{》苧苧}`¨¨ミミミ'¨'゚(》 ∨  ニニニニニニニニニニニニニニニニニ
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ ,,,,,ミx__ |{ \《 ) 《 )《     / ///''lll''三》〉゚゙_ニ 乂>..,_____,ノ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
ニニニニニニニニニニニニニニニニニ  ,,,,彡,,乃`ミミミ!  ∨iんrミミi、∨__,厶,《〈__,,廴,///ニ ,彡'''´ ,/  '《ミ,x,,, ニニニニニニニニニニニニニニニニ
ニニニニニニニニニニニニニニニ ,r,彡 ("彡ノ,i}i》'^' i,。' 《 ) 《 )ミミ} |||  '{'''  {_゚∨/ニ/  ,, ,/  ,,,{ '''/}ニニニニニニニニニニニニニニニニ
ニニニニニニニニニニニニニニ {{,''^ミミ辷彡゚゚゙{i  ‘ 〈.ニ}~¨¨¨゚r'ヘ}{{^¨¨j|¨ ̄}}r}''ニ,,彡彡ミ′  {、,,//ニニニニニニニニニニニニニニニニ
ニニニニニニニニニニニニニ  _, '    /, ゚》㌻  ゙∨   _,,_(_,辷==三廴x,,,l廴_{く′,/ /´/ \ ` ,},/'′  ニニニニニニニニニニニニニニニ
ニニニニニニニニニニニニ,ィ(({,,__,_,,,/彡''~   }ー/´''ア'´ ̄ ̄ ̄ ̄'l|¨¨¨¨]}¨},/ イX》、_,/  )>/〉'′ ニニニニニニニニニニニニニニニニニ
ニニニニニニニニニ ,,r''' 《苧_^}}x{{,,,,,う,,xイ。  / ,,,,=/___ /:  /  },,,,,,孑孑{゚荻人ミミ′ // ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
ニニニニニニニ  /´ /,''弋彡'荻({゚´ニニニニ ,,,rイ'´{   {   '≧l{-x,,,i,''´f{x,,{{ 癶、  `》}xイ′ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
ニニニニニ ,/   ({_::弐彡う}}}}‐.ニニニ /  ̄7 〈ミ  《|《{]]||]| ̄}}゙xイ{_=_くく,,rヘ、、,,》 ´|  ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
ニニニ /^\-   Ⅵ,´Ⅵ:x,'゙ノ. ニニニ /   /  \ {| | ||||||iii,,{| ,/´`、_,,,,ノミ,,r,)廴 :|  ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
ニ  _/     \ /゚'ー弋''''´ ニニニ 〈、  ,,′   \ll}抖{_弐 {__,′  <うxく´ `'',''′ ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        ↑35トン級のパンサーで55トン級や65トン級と戦わされるドラコ連合メック戦士




     _
 ┌―._[#o]へ __     その分、現場が「頑張らされる」事で帳尻が合わせられます。ドラコ連合の道徳規範では、
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       調和のとれた社会を作るために、上は上の、下は下の役割を果たす必要があると説きます。
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      しかし負担を押し付けられる下っ端の立場は31世紀でもたいして変わりません。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄




     _
 ┌―._[_o]へ __    上級軍人も安泰ではありません。軍人が尊ぶ武士道では、名誉が命よりも重要だからです。
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       武士道を(硬直的に)遵守する将兵にとって、軍事作戦に敗北して貴重な資源を無駄にするのは「恥」です。
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      失敗の恥をすすぎ親族に累を及ぼさないための切腹作法までもが定められています。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄

.


5432 : ◆rKyWzZfFqg : 2020/12/21(月) 16:03:10 ID:mnP09PGQ


6/24
                           ,,,,
ー-,,,,,   ,,,,,,,,,,、          ,-''''',  .,''ヽ、                   ,,,--''''''''''''''''''''---、
====`''';''  :::. `=;‐-,,,,,,,,     |.  / ̄///ヽ          / ̄ ̄ ̄ヽ,,,/
   /,--''''-、 '''''‐-''''''''''-、∠.   / ,  |        /
__ヽ_| ,,-''ヽ、 --、''''ー、ヽ |   /|  )      /
  ヽ::::  .Y   ''ヽ  ヽ  .i .|  ヽ、   ,,ノ       /    守  ┐     す 遂  ┐
::::: '' ヽ  ヽ ,,,,- ::|、  |  .| .|__  ̄ ̄         |     る .武      る 行 任
:::::   |   `:::   ヽ  i  | |::::::,,'''''''''''ヽ、       |    └  士     └     務
ヽ    >.---'    ::|, :: :: |::::/,,-‐''''''''''''''''''''ヽ,,,,  ヽ、     .道           は
_ヽ__,-':::  .|    :|: :: :: |:::::'''::::::,---::::::::::::-,,,,,. '''ヽ、 ┐    も
  |::   |  |    ''| .:  : .|::::::::'''',,,,,  ''''''''''''  ,`ヽ、'':::...\
,,,, i:::,, ,,>.--',、   ノ '  .: l:::::::::::,,,,,,,-========、,, ヽ::`ヽ、|//ヽ_   ,,,/\__
''/:| ''''7 ./::::ヽ,,,-┴-,,,,、 |:::'''''' ,,--,-.__--=====;;;;;;;,,,,,,__ ' ̄|   '''''''''     '''''---------'''
::::::::|,,-/-/ヽ::::::/  ;::::::: ,,,,ヽ.|,,;;;;;;;/ / イ-|‐‐‐. 、   , _'''';;;;;;,,,i,
  `ー'ー',-'''''''/ :;''' :::::::::::::''  .|''''i ,|  l ν |  ,,ヽヽ:: /' ),,,,)''__';;;;;;;;ヽ、      / ̄ ̄''''ヽ
   /''',,,,,,/ ,-‐'''':::::::::....  /,/.|     '''''';;;;'' 'ヽi__;;;;''''',,,:::::::::ヽ::::::ヽ、 ./ ̄
  /,,,--‐‐‐‐--;;;;:::::::: 、::./:::|  |ヽ     ::::   , ,,,;;;:::ヽ::::::::ヽ ヽ::ヽ:/''
..//        ヽ--,,,,,;:: .i  |l. ヽ     :::''',...::::.::::::ヽ::ヽ :ヽヽ:::::ヽ..::|
/              '''<|,,,;;; ::::::. ヽ、   ∠、l:::::::::ヽ:::ヽ ::::::ヽ:::::::::::ノ   な や  ┐
                 ヽ:::..::ヽ::.. ヽ  i└'/:::ヽ::::: ヽ ヽ::::::::::ヽ::|     ら ら 両
                  ヽ '':::ヽ:ヽ ヽ,,. !/ .::::::ヽ::::::::::ヽ :ヽ::::ヽ|     な な 方
                   ヽ..._::::ヽ:::ヽ.... ' ::ヽ::i、:::ヽ::::::ヽ ヽ:::::|.     い く└
   で オ い 覚        .,,,-'':::::、:::ヽ::::::'''::::: | ヽ/ ̄ ̄ ̄ヽ     っ っ
   き レ い 悟        .(::::::、:::::::::::::::-:::::::::/              て ち
   て は か は         ヽ::::、:::::::-:::::::::/  だ つ  ┐      の ゃ
   る    ?           ./:::'''::::::::::::: -::/    な ら 士      .が あ
                   i' ::: ' ''':::: -:::/      .い .官
                    )...:::....'''':....''''|       .と└
                  /:::::::::/'    |       .こ の
                 ./::::::::::/     .|       .ろ




     _
 ┌―._[_o]へ __    勝てているうちはまだいいのですが、負けたり膠着状態になると「失敗したら責任者ハラキリ」文化は
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       軍内部の抗争の道具として使われる事になります。
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      気に入らない士官を負け確定の無謀な作戦に割り当てるとか、わざと補給を回さない、などなど……。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄




     _
 ┌―._[;o]へ __     3025年のドラコ連合指導者、タカシ・クリタ大統領さえもこの手法を黙認しています。
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       というよりも、大統領に叛旗を翻す恐れがある各軍管区の司令官達を統制・粛清するために、
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      このやり方を活用せざるをえないのが現状です。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄

.


5433 : ◆rKyWzZfFqg : 2020/12/21(月) 16:03:40 ID:mnP09PGQ


7/24

     _
 ┌―._[_o]へ __    そんなグダグダな状態でよく二正面作戦やってられるな、と思われるでしょうが、
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       他の国家も内部に問題を抱えているのは似たり寄ったりです。
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      ドラコ連合は皆が名誉格言に一律で従うためこれでも「ちゃんと国がまとまってる方」だったりします。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄




                            ,,,,, _
                ,,,,,r━,      ,,,jァ~升'''''''x,,,,,  ,,,,,,,,,,,,,,,,
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  ゚'''rrェ,,,,x升′     ~¨''¨¨¨¨  ~'¨~'《,,
     , / x=三三三三.==_,、\、 {{iij,                    \;,
     |  r《= ̄]]  |  |   》、| ┌────────────────────────┐
      | | { ̄¨Ⅵ  ,.|  ,,| ,,| | | │ライラ共和国は贅沢な装備持ってるにも関わらず惰弱。  │
     |  ∨ ,,' ̄ ̄/ ̄ ̄ / .|│                                    │
    ,,jj |   マ    __   /  |│こいつらは軍人というより商人なのではないか?      │
    :jj{ \\ ,三三 ̄ ̄三く / └────────────────────────┘
    j|||  \l《==\   /三=く/     :扞}'''                 ,{{{
   j{j{  || o 〉ー=〈'' o | 〕     ,,jj炒               ,,,,rrァ''゙''{',,,
   {||′  ` ̄---、___,,,ァ----' ̄     《{{          {扞━━━¨'´    '''━ェ,,,,,,,,,,━'f},,
   《ii       \/          'l}ii       ,,,rj,チ'′    ∧             '%{
   《|             ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,i||''扞扞¨~¨¨¨   ,,...,.,ニl||||||==ミ、、           《|
    ‘%,,,       ,,,,,,,,,,,,,,,,rf'~¨¨  '  i{{''' ''{''''''i{,    ,/'く´ 〔. | ||||/}  ┌──────────────────────────┐
     `'''仏x━━'¨'¨¨¨        ‘廴,,,  ffil|  //《____\|l|| ||||||,,  │恒星連邦は精強で戦いがいがある。                  │
      ,ィ{{'                   ,,j}' ''''{{|  ///___三ミY''|||||||\  │                                       │
      ,《,                 ,j,'゙    {j,  :| ̄ ̄彡:〔_|| ||||| ,} │ただし連中が宣う人権と自由はドラコ人に適用されないし     │
      i{|!                  {{′     ii}i | |_,,,彡孑彡'|| |||||ミ │                                       │
     《{_                《     '''仏| {{{  ,,,///|||||| ミミ │捕虜の扱いも酷いので切腹の用意を忘れるべきではない。   │
      '''i,,,,,,,               %i{   ,r,,ffillii \/''  //  | | 》}└──────────────────────────┘
       ¨'~廴i,,,_             |i   Ⅵ~'~'' \.、 /《lll_|ll|||_',八  ,/'′ '′
          `¨'マ━'''i          i}|    ゚'''i',   \xく__\[[辷__ノ彡''  ~''′
              '''''''~'',,        ||     '''''',,,,,,,,,,, ``ー-匚||-""´
                 ~''抖━━''''l||,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,㌻''''    〈う〉




     _
 ┌―._[_o]へ __    ドラコ連合視点では、長年の主敵であるライラと恒星連邦をおおむねこのように見ています。
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       見方はどうあれ簡単に倒せる相手ではないので、この二国の反対側の戦線で傭兵を雇って
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      襲撃を行わせたり火種を煽ることで自国への圧力を軽減するといった間接的な手法も使います。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄      ※同じような事を全国家がやっているので、たとえばカペラ大連邦国の国境沿いで
                 ライラとドラコの傭兵雇用エージェントが依頼を出したりする

.


5434 : ◆rKyWzZfFqg : 2020/12/21(月) 16:04:09 ID:mnP09PGQ


8/24

     _
 ┌―._[_o]へ __    傭兵の扱いについて、ドラコ連合では「カネで雇い主を変える流れ者」扱いで基本蔑まれます。
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       カースト最上位の軍人が「身命を賭して国を守る忠義のサムライ」として尊敬される一方、名誉を理解せず、
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      ドラコ連合の規範と文化に同化しない傭兵はアウトローよりややマシな程度の異物とみなされています。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄




                                      /                 ',
                                     ,               良   l
          ',                           l.   あ  器. 腹    か   l
.   あ  将    .l                              |    ら  に  召          l
    ら  器   .l          /,.-/-――-=二=-____l.   ず     .す           '
.   ず .に     l            {/ヽ'///////////> 、二二ニ',           人       /
   ! !       /.    ∧  ,ィ=/////////////////\二二二ヽ        /  ` ー '"
        /    /ニ', /ニ////////////////////,∧二ニニ=〉 _ ,...ィニニニ\
` ー―- 、.  |     /ニニV=/l/////////////////////∧ニニニ//二二二二二二二>、
      \|     /ニニニ/:::::Vl////!∨l/V//l/////////∧二二二二二二二二二ニニニニ\
            ,ニニニ/:::::::::::!l{.ヾ/! 込ヽ V/|,V!V///////! ̄´  ``"'マ二二二二二二二ニ',
           ,ニ二/:::::::::::::{:lヽi `  ̄´ .::V! `"l/l////!V}           `"''乍二二二二二二>、
           lニニ/:::::::::::::::!::', ,     .::' `  イlV//:::i ソ             {ニニ二/lニニニトニ二ヽ
ニ=‐-__       .lニニ,::::::::::::::::::ヽ:ヽ ,  _ ヽ '  ,.イニ!::ヾ!:::::l               }ニ二/='二/二',  マニゝ
二二二二二=-__!ニ;:/:::::::::::::::::ヾ:::\、   "/ニニl:::::::';::::l                 マニ{"{=ニハニム   ``"′
二二二二二二二二ニ!::/::::::::::::::::!::::::\:\=ニニ二ト―-:::{                マア `ー゙  \ニ)
-=ニ二二二二二二二l:::::::::::::::::::/:::::::::::::ヽ:::::`マニニ二l::::}::::::::l
     ̄ ̄-ニニニニ/:/::/:;::':::::::::::::::::::::\:::::`マ=ニ!:::!::::{::::、       _ ,  -‐ ヽ_
            ̄ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::\ニ‐'ニニ';::!:::::l::::::\.  ,. '"_,./  ; ,. '" ノ
            {::/:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::}ニニニ\:::::';::::::::::::///_ ,. / ;./,ノ
             ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::';:::::::!:l=ー/l_}'!ニ\::::::::>_-イ   `ヽ,./ ,/ノ
              l::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:/l::lニニ/,'ニ!!ニニ/;;;;;;;,, \    ', //二=-__
              ヽ::::::::::::::::::::::::::::::/  .l::{ニ/,'ニ!!>‐' /‐、;;;ヽ. V   }./二二二二二ニニ=-___
               l\:::::::::::::::::::::/   .ヽ!二ニ=-'" ./   ヽ;;;;! l , -'"    ̄ ̄-ニ二二二二二/ `,::7
                \::::::::::::::::::::::〉   /  _.> '"      .}};;;}./'         _,. -‐、 ̄ ‐=ニ/ /:/
                 l::::::::::::::::::::::{  ,.' ,. '"            /ー"     __-=ニ{/{  l:::l     `ー'
                  {::::::::::::::::::::::!-、 /.{         /ヽ_,...,.-―=ニニニニニマ∧,. -'
                 ';::::::::::::::::::::::::::}ハ ',       >'" !.} '<ニニニニニ-― ̄ ̄
               , <ゝ、::::::::::::::r‐" } .!   >'"} ヽ/ ノノ  / ` <" ̄
             ,.<   \ヽ:::::::::;!/  //>'"リ !'" ,  ヽ、   ` <   〉、
            / 、     \ ::::/_ /‐" `/,! lー' l } ', ‐ 、    ヽ  \
↑「ドラコ連合の文化的にみっともない戦い方」をした敵国兵や傭兵に対する、よくある反応




     _
 ┌―._[;o]へ __     ドラコ連合的に「真面目に戦わず報酬だけは要求してくる」傭兵にはできれば頼りたくないのですが、
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       傭兵を使う他国に戦力で後れを取りたくないので仕方なく雇っています。
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      また、契約違反ではないものの部隊をじわじわ借金漬けにする「直営店化」手法でメックを没収する事があり、
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄      傭兵側にも警戒されています。

.


5435 : ◆rKyWzZfFqg : 2020/12/21(月) 16:04:34 ID:mnP09PGQ


9/24

     _
 ┌―._[_o]へ __    ドラコ連合の解説は以上です。3025年の時点では名誉規範と武士道の縛りがかなり強く、
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       よそに通じないローカルルールに拘る宇宙薩摩的なイメージが近いかもしれません。
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄




                               ,,,,, _
                    ,,,,,r━,      ,,,jァ~升'''''''x,,,,,  ,,,,,,,,,,,,,,,,
                  ,,j㌻′  ゚'''rrェ,,,,x升′     ~¨''¨¨¨¨  ~'¨~'《,,
           ,,,,,,,,,,,,,,,,xx,f㌻      '{{iij,           /二二二二 ̄ ̄ ̄二 ̄二 ̄二`\
          ,ji{'''~¨¨             廴         / /                   \ \
          ,jj}                ''l{||x     / /  _,,――r、r――r|__r―‐┐ ,__  \ \
         jjj{                 ヒ|i,    i| , ´  ,}=lll=l=三三三 ̄l]|' ̄ ̄ミ、]二二]o,  `| i|
        ,,jjj′   【ライラ共和国】      f{''~    ||  ,,,くl'''' ̄ ̄  }    |     |     ,|}|   | |
        :jj{′                 ⅱ     || {二--___,,,x彳     |     |     |^ミ、  | |
        j|||          ☆         :扞}'''   || {'¨'''`ー''`ミ{_ |      |      |     ,|   | :| |
       j{j{        主星ターカッド   ,,jj炒   ||  |     Ⅵ]|   ,/|   /|  ,,_,']   |  | |
       {||′                 《{{     ||  {     ,,j|' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨ ̄ ̄ ̄´  /  :| |
       《ii                   'l}ii     ||   V  _,,彡      /′         /  | :|
        《|             ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,i||''扞 ||    Ⅵ¨          |        ,/    | |
        ‘%,,,       ,,,,,,,,,,,,,,,,rf'~¨¨  '  i{{''' ''{'' ||    ∨     _,_,|___     ,,j′    | |
         `'''仏x━━'¨'¨¨¨        ‘廴,,,  f 〔、\    }'='‐'¨ ̄ ̄      ̄`ー-r''′   , :| |
          ,ィ{{'                   ,,j}' ''''{{| \\   ,,r]二二二二二二二二二⊃'__  / /
          ,《,                 ,j,'゙    {j,  \ \二二二-、       ,二二 ̄ニl|'´/
          i{|!                  {{′     ii}i   ,,'「|'' ̄ ̄ ̄、}、      / ,/―――'个、
         《{_                《     '''仏|   | |  _、  ∨___,__/  ,,┐  | `|
          '''i,,,,,,,               %i{   ,r,,ffillii,,, | |  ー’            `'    | |
           ¨'~廴i,,,_             |i   Ⅵ~'~''   ̄ |_                  _厂¨
              `¨'マ━'''i          i}|    ゚'''i',      ̄ ̄ ̄ ̄l ̄] ̄ア¨¨厂 ̄ ̄ ̄´
                  '''''''~'',,        ||     '''''',,,,,,,,,,,抖x升¨~¨  \\ /
                     ~''抖━━''''l||,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,㌻''''          `'''





     _
 ┌―._[;o]へ __     次に解説するのはライラ共和国(Lyran Commonwealth)。
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       支配王家はシュタイナー家。3025年の統治者はカトリーナ・シュタイナー執政官。
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      ドイツ風の国ですが、この継承国家は元設定と日本で昔翻訳紹介されたイメージが乖離しています。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄

.


5436 : ◆rKyWzZfFqg : 2020/12/21(月) 16:05:01 ID:mnP09PGQ


10/24

          ( (   /    /  \___          \
           )ノ  /     {{ \       ̄ ̄¨¨¨⌒ー==ミ、
           /(   {    人  ミ.....  ___彡'⌒ー-=ミ  Y
           Y   /    {    ` ー――==ニ二"⌒ヽ   人 ノ)
         {   {  {  人   、        ___彡'⌒ ̄ミヽ  < く
           \   \ \ 、、 ゞ. \\` ー―- 、       \`ー=ミ、
             /\   ヽ. \\ \ \\ ` ー─―- 、     }}  } } \
            { { ` ー 、\\\ \ \\\` ー─―- 、  ノ } ノノ
             \\   } }仄>ミメ、} }} 厶斗七才`ヾ   ) ノ'´
               } } } /ハ癶戈心`ヾ\八/戈心癶`刈,   ((     /
              ノノノ / ∧  ``ー"   :   ``ー'" ∧八   `ミ辷彡′
        ⌒ヾ辷彡  {{八∧          :       厶イ  ) <く
.        //{.  八 / ∧        .:.      / ハ /     ))
       / { \.     / ∧      `´       ∧/,   {   ((
           `)) `Y 彡ヘ ヽ   ⌒こ⌒    ,仏乂  人    八\
    ___  ..... -=彡 ノ八  /( \      / )Y     \   ___彡'⌒
   ´     ̄ ¨¨≠彡    }  |' \ \    / / |`Y `` ー=彡'⌒ ̄`ヽ
――-、ィ777ヘ´ ̄/ 丿,ノ _,|     ミ `¨¨´ 彡    !ノ八     `ヾ`ヽ __, へ、
 (( o }////∧  ////イ  \ 、 `i | i´  /  人   `ー―ミ、 ノ) //////>──
     ///´ ̄ // /  人    \ | | |    /  )  ̄`ヾ   )ィ/////r<⌒>
   //       /  {     \   ミ | | | ー彡   /       )(( ̄ ̄\/∧ ヽ    /
ー一=升=、   ` ー―==ミ、    `\,, | | |   ,厶イ    ___彡小`\   ////\\彡′
//////|\\     \ \    \,,Y} | {    x彡'⌒ ̄         //////,\\_
//////|::::::\\ `ヽ ̄ ̄`ヽ\\  ノ,| | |ヽ/   イ¨¨¨¨ ̄ ̄ ̄ //::::::|//////` ー
       ↑日本の創作物における典型的な「ドイツ風軍人貴族」のイメージ



     _
 ┌―._[;o]へ __     かつて翻訳された日本語バトルテックもその雰囲気に乗っていましたが、
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       日本国内のミリタリー界隈では「ドイツは格好良くて有能、精強」イメージが長年主流でした。
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      創作物のドイツ風国家もたいていその方向で設定や描写がされています。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄



            ヽ
    い 私 .ミ.   |           _,,.. - 、
     い は  ッ.   |        ,,;〃´―-ニ`ヽ、
    ! レ. タ   |       ,' ;      ミミ、ヽ
       |  |    |         l/_   _,,_  `ミ 、 .|
       ル マ   |       (| 沁,・泛=   〉^i |
       ・. イ   |       || _(_,    _〆、 |
       キ ヤ    |      从 ~~-~~    ,'  i |_
      .ャ   |    ゝ     _r' ゝ、_   _,. -='´ ̄ /^三三
      . ノ .少.   |三三三┐; \ニコ ̄>i\lニ /
      . ン 将.   !     | ノ  \/ .|.・|・|`´
.        が     /      /        | | .|
           /      ノ       | | .|
              ↑「バトルテックのライラ軍人貴族」に近いイメージ



     _
 ┌―._[;o]へ __     ところがアメリカで設定されたドイツ風国家であるライラ共和国は、日本で形成された雰囲気とは別物の
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       「金儲けのビジネスには血道を上げるが、上級軍人がとんでもなく無能で負けまくる国」なのです。
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]
  f ̄r | [ ̄、ヽ      ※ついでに言うと「敵より重いメックを使っているのに軽いメック相手に敗北する」人達
   ̄ ̄   ̄ ̄

.


5437 : ◆rKyWzZfFqg : 2020/12/21(月) 16:05:26 ID:mnP09PGQ


11/24

     _
 ┌―._[_o]へ __    ライラ共和国は経済繁栄を追求する国家運営を行うため、継承国家の中で最も裕福です。
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       国内の惑星に対しては「儲かるなら好きにして構わない」方針で、惑星政府はさまざまな形態を持ちます。
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      ただしライラ社会は非常に拝金主義的で、住民の貧富の格差が大きい事でも有名です。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄




                          ┃                               ____
          ∧仝,.,.              ┠           /⌒||                  | ∧_∧ |
        r'( ・∀・)             .||三o三i      ∠___\                |( ・∀・ )|
        | /::::::ハ:::i             .|| ´∀`,)      (´∀` ) ̄             _⊂ <V>_ )_|
        | `─、:::、::ヽ            ◯    )     ({:| |:} )             / 凸 圖   /|
        ||´ ̄||_)__)            .|:| | |       |/ |\,|            | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|
        ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|           |_|_)___)      (_(__)            |______|/
     【貴族(世襲政治家)】          【軍人(戦闘技能者)】        【商人(企業経営者など経済を動かす側)】




          /□○∧ ∧_∧∧_∧ _∧,,,○ □]ヽ            ∧∧ __∧∧ ∧∧     ∧∧
         (゚ー゚(゚Д゚(・∀・, ( ´∀` ) ´_ゝ`)゚Д゚ミ∀‘)            ( ;゚∀)|  | |'A` l( *゚ ー)' ̄ ̄||(゚Д゚;)_
         .(y[(|<v (<v> l( <V> ) <v> )v>l) : )          _| ̄| つ__||_c| ̄| つ__||  とヽ|
          |_ |_ |_:_||_:_||_:_| _| _ゝ          | |  | ^つ ̄|| ̄ ̄|_| ^ヽ ̄|| ̄ ̄ ̄| ̄
          ∪ U (_(_(__)_)_)_) U ___)           | | ̄| ̄| ,_||三三|  | ̄|J___,||      |
     【様々な分野の高度技能者(科学者、技術者含む)】       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 【一般労働者】  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



     ┌──────────────────────────────────────────┐
     │ヤクザやマフィア、その他の犯罪組織は、図示された一般社会の構成員から外れたアウトローの扱い │
     └──────────────────────────────────────────┘




     _
 ┌―._[;o]へ __     軍人が最優先されるドラコ連合とは異なり、ライラ社会は「カネを稼げる商人」が最も強力です。
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       とはいえカネで靡いた貴族や軍人が派閥をつくって利益誘導を目論んだり衝突したりするため、
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      ライラ共和国の内部政治は一枚岩とは言い難い面があります。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄

.


5438 : ◆rKyWzZfFqg : 2020/12/21(月) 16:05:50 ID:mnP09PGQ


12/24

     _
 ┌―._[_o]へ __    ライラ共和国はカネとコネの扱いに長けた人間が出世しさらに富む仕組みになっており、
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       その二つが揃っていた場合、どれほど破滅的な無能でも排除することができません。
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      典型例が、ライラ共和国軍の【社交界将軍(Social General)】と呼ばれる無能な上級軍人達です。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄




          ▂▬◢◤━━▪▬▂
       ▄▀           ◥◣▂
      ▄█▅◤                ◥◣
     ▇█■      ◥◣          ▍
    ▄█▼▆█■◤ ◥◣           ┃
   ▅▀ ▋  █▌                 ◥◣
    █▍  ██▄                 ▂▆
    ██◣ █▊ ▃         ▂▀▄▂▄▅█■      カーネル・サンダース(Colonel Sanders)
    ▐█▄ █▄▅▆▆▅▄ ▄▆█■▀■▌ █▼▎
    ▀█▆▇██▅■▀▊  ▼▊▀▀◣▎▼ ◢▎      この人のカーネル(Colonel)は陸軍大佐(Colonel)ではなく
     ██▅█▌▀   ▲         ▍ ┃
     ████   ▆▀▋▂▃◢▀▅       ┃       「ケンタッキー州に貢献した人物に与えられる名誉称号」のカーネル
      ███▇▄▆▼▀■▀   ▀█◣   ┃
      ■███▀█ ▄ ▅▲▅◆▊    ┛       大佐ではないので、連隊の指揮権は持たない
        ■█▋ ███▆▬◢◤▼▀   ┃
         ▀█▊▼██◥▎        ◥◣
         ▅██▇▆██      ▲   ◥━▪▬▂‗ฺ
        ▅█■▀■█▊     ▆■◤          ━▪▪▬
     ▂▅█▀ ■   ▀▇▄▲▆▀▂▃
  ▄▆▀▀■    ■  ▅▆▇█▇███■
  ▀        ▉  ■▀▀██™               ▂®
            ▋     ██▊        ▂▄▬▅ ◢▆▀▼
           ▼      █▊█▌ ▂▄ ▅◤ ▐ ▊▀▀ ▐ ▊
                  █▊ █▊ ▐ ▊◢▀.  ▐ ▊〓▀ ◥▀▅▲
                 █▊ ▼▐ ▊ ▀▇◣▐ ▊
                  ■    ▐ ▊




     _
 ┌―._[_o]へ __    初期のライラ共和国は「自国に貢献した民間人」に、カーネル・サンダースと似たような仕組みで
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       社交界将軍(Social General)の名誉称号を与えていました。
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]
  f ̄r | [ ̄、ヽ      ※この場合の「貢献」はもちろんコネとカネ
   ̄ ̄   ̄ ̄





     _
 ┌―._[;o]へ __     この「将軍」達と関わるようになった本物の軍人はある事に気が付きました。
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       「真面目に戦術を学んだり功績を挙げるよりも、社交界将軍のようにパーティーで有力者とのコネをつくり、
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      メックを派手な色に塗ってスポンサー受けの良いパレードをやらせた方が良い装備が支給される」のです。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄

.


5439 : ◆rKyWzZfFqg : 2020/12/21(月) 16:06:16 ID:mnP09PGQ


13/24

                                      ____    、ミ川川川彡
                                    /:::::::::::::::::::::::::""'''-ミ       彡
                                   .//, -‐―、:::::::::::::::::::::三  ギ  そ  三
             __,                    巛/    \::::::::::::::::三.  ャ  れ  三
           /   ヽ        _-=三三三ミミ、.//!       l、:::::::::::::三  グ  は  三
         ,/:: : : : : : : : :\    ==三= ̄      《|ll|ニヽ l∠三,,`\\::三  で       三
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : \    /              |||"''》 ''"└┴‐` `ヽ三   言  ひ  三
       ,ノ'''=',_⌒ヽ::;,:;,:;,:;,:;,:;,:;:;:\  !             | /          三   っ  ょ  三
       /  ニ__, ヽ::::::::::::::::::::::::::::ヽ|‐-、:::、∠三"`    | ヽ=     U   三.  て   っ  三
       k_,-' L'-'ノ  ヽ:::::U:::::::::::::::: |"''》 ''"└┴`       | ゝ―-        三  る  と  三
      ノ><ニ,) ̄   ヽ::::::::::::::::::::::::: | /           ヽ ""        ,. 三   の   し  三
      | Y   ヽ    '!::::::::::::::::::::::::: | ヽ=   、    U    lヽ、___,,,...-‐''"  三   か  て  三
      |ノ'Y''yェ、 \   :|:::::::::::::::::::::::: | ゝ―-'′          |  |::::::::::::_,,,...-‐'"三  !?     三
      {_.ニニ,_\__>/:::::::::::::::::::::::::: ヽ ""        ,.    | | ̄ ̄ ̄      彡      ミ
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ、___,,,...-‐''"  ,,..-'''~             彡川川川ミ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 厂|  厂‐'''~      〇
  /:::/⌒''i、_,ii''''''''⌒'''''''\::::::::::::::::::::::: | ̄\| /




     _
 ┌―._[#o]へ __     しかも社交界将軍のやり方だと上の覚えが良くなるため、まっとうな軍人よりも素早く昇進できます。
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       たとえ軍事作戦で大失敗を繰り返したとしても、コネを張り巡らせれば排除される事はありません。
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      結局「社交界将軍の称号」は廃止されたものの、その時既にライラ軍人は「利口なやり方」を学んでいました。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄




      {i}      .;   .〈〉  ;   〈〉 .;. 〈〉  ...;  〈〉   .;      {i}
       ;      .◇   ◇ .{i}  .◇ 《》 ◇   {i}  ◇   ◇    ;
      ◇            .;.    .;     ;            ◇
                  .◇     ◇    ◇
  ー┴ー[__] ─┴||─┴─:[__]─┴─┴─┴[__] ─┴||─┴─:[__]─┴─┴─┴[__] ─┴||─┴
   ̄ ̄ ̄||: | :|l  ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ||: | :||:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||: | :|l  ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ||: | :||:. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||: | :||::: ̄ ̄|| ̄ ̄
       ||: | :||: {}={}个{}.={}   ||: | :||:         ||: | :||: {}={}个{}.={}   ||: | :||:         ||: | :||: {}={}个{}.={}
       ||: | :||:  `{}={}={}´   ||: | :||:         ||: | :||:  `{}={}={}´   ||: | :||:         ||: | :||::. `{}={}={}´
       ||: | :||::.         ||: | :||:         ||: | :||::.         ||: | :||:         ||: | :||
       ||: | :||::.         ||: | ,_- 、         ||: | :||::.         ||: | :||::.    ,_- 、   ||: | :||
       _ _| :||::.         ||: | {, ゙b!_          ||: | ,,-,,、        ||: | :||::.    {, Yi} _.. ||: | :||      _
    ィ久{;;;;;i! ||:,_- 、        ,γ^ハ7 ,久>、     ィ久{;;;;;i!'  ,,-,、     ||: | :||::.  tr^ハ7 ,久>、...| :||:    ィ久{;;;;;i!  , - 、
   〈≦≧='-、{_ソ {.       )ソ>'-'i-'//- ''     〈≦≧='-、{''''jli!_.    ||: | :||::.  >'-'rr'//- ''.|: | :||:   〈≦≧='-、{~7 >
  __ ̄ヽ///iヾャニ∋____.,ンとや/´ (..______ ̄ヽ///iヾャニj}_〉__||: | :||:._とやノ´ (___||: | :||:__ ̄ヽ///iヾャニ}⊃
  ΤΤ.. }'//,| ゝ'y' {.ΤΤΤ.そ' ノしヘゞ,ヘ_ ΤΤΤΤ||: |..}'//,| ゝ'y'il . ΤΤ||: | :||::Τ |/~~Vi^iヘΤ||: | :||::ΤΤΤ. }'//,| t,vy'
  || |,////|/~ヘル'.||||||゙Y/リ|. lV>_、||||| : ////|/~ヘlli! ||||: | :||::. // ', \!V>,_、 ||::|||.////|/~~ヘ
  ⊥..//,ヘ//| ゚。,ヘ. ⊥⊥⊥⊥| ノi ,イ|. ト'  ゙̄⊥⊥⊥//,ヘ//|Wヘ^\⊥⊥||: | :||<.ノ^i /^ゝ_> ̄` ||::⊥ . //,ヘ//|んん@
  <// | | |'イ /゚。,ヘ,―──_/ }' スi__!イ.───.<// | | |'イノλ \.}.─l 二二 /  }'  {  \l二二二 <// | | |'イ イ 。゚ハ
  .     |/ レ'/ /@.   そ_ん^ふ'´          |/ レ'ν ソv’.     ,そんんんんんふ            |/ レ' ゚ 。 ゚  \
      / /!  / / *ヘ,      `’               / /! } ;  ハ      そんんんんんんふ         / /!んんんん-’
  .   /__(-,`^~ー~’                   /__(-,んんん-'                        /__(-, ノス!`’
      ー'                             ー'                              ー'  ´
     ↑戦場で戦う事よりも、貴族や商人が集まりコネを作れるパーティー出席を優先する「社交界将軍」達

.


5440 : ◆rKyWzZfFqg : 2020/12/21(月) 16:06:47 ID:mnP09PGQ


14/24

     _
 ┌―._[_o]へ __    3025年現在のライラ軍上層部に蔓延る社交界将軍は、外面が良く身内同士で儲かる利権を回し合い、
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       功績は自分のもの、失敗の責任は他人や部下のもの、なクソ上司テンプレです。
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      これらの男女は思考が硬直しており「重いメックの大軍で押し潰す」以外の発想をしようとしません。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄
                                           _
                                     ,、     |
                                     ‘、     ||
                                      ‘、     l|
                                       `、   |_!
                                        `iy==三[ニ
                                         i||ミ三 「^\          _,...,z、
                                       __乂三ミ||荻介ミ、      ,r ''´'  | l,'、
                             -=ミ__、__    ___壬==xxう||〉/=う}≧=-‐f㌻!     」 | 》}
                          /     ''''===ニニ'ァ㌻¨^荻| '〉{{,| l   /i===´刈||,,.=´´ ̄|'| ト{_i|,
                         ,'`=ー==x_/'―三7'//  ,,,, j|||〉| ,_ニ,/{{,,===‐|= l| .´´_ ..__.|  iⅥ
                         「 ̄=_7''r,'|――==| ([{==x{{{刈|| ,ィf{三|| '____,,__八 ||'´´´´_____ |i゚゚_ミ|
                         |  ̄= l|  l_____,,‐=辷[{´rlliiミミ='''' ̄''l,,ニ_,l ___、ミミ|く三¨ ̄ |  厂|
               _,____       | ̄ ̄ |  {  ,´7  ヽ{ミ|__り'        〔_ (三j刈\,、,,,_ -ュ、{∨},
          _,,z -‐-f√ ,,厂ミミ__z、__ l,_--l、  ̄Y /   アフ  __     ,,ノ_ミ辷='、ヘ、 ,ll  マ¨´`い]`|′
        ,ィ'~弋jy --《气゚'(    |}}「l}``、  ̄| `'`[]|. lト___lll[=―‐='^ ^ 'y/__云ミミ辷___' く`   y\| ]、:| |
         {  _}{^l' ̄,,x i}i',,____`_ー|{刈  /____| | :  |l| `l_ ̄|||]]Hl ||_  l,  ||《《|{]|l  \ ̄  \   厂||\l]l|| |
         |iiyxミ〉-`、ミ^}}| ```'==| ̄|=、代ミ フ¨^\|[ミ,i、||,_└llll刈||ミ`´ /  l三l__,_,|| \_   ,, ′ || |八V
         ``-‐、  iミ,,厶__/'"ミ__ミ __| || 「゚l}_, ({`辷㌻’'辷三ミ__]\  |`ーll ̄┬== ||=  ll三ミ゙l  "| l:,'   }
           =l込く_  / ,y㌻ ``] ,||_.|,/  ,〉x }'´   \ :li\ \‐ll_,||__|_]_||   l|   ,   ,,{[ニl__||l
             `¨¨¨ミミ込     ,厶  { {,_, イ     ̄ー┴…‐┴――――三ミ 、___]===‐''-'く {ミ|:_|l′
                  ```ー' ‐'《ミ辷ミミx_ _´   , ‐ r厂l ̄'''| 三三_ ̄三三三_ `¨三三二=zzミ辷′
                         ¨`' '' ´   (__/ 「'「 '  |  ´ |    ̄ ̄ ̄ ̄Y  ̄ニ ̄ ̄ ̄¨¨'´
                                /xx、{__rl__ ノ, -┴ニ_|      |, {   ̄l'`
                               , '゙´^' `][ ̄l≧iト-、 =lll|___,,__,.ニニ‐-、:: |
                              /, , ,    《   从 `  l|   l|l :| |  '` 'l=ljl
       ┌───────────────────────────────────────┐
       │社交界将軍は重いメックに乗る事がステータスなので、中軽量級メックを蔑視する傾向も強く、 │
       │彼等の感覚で「みっともなく見えない最低限の格式のメック」が80トン強襲級のゼウス       │
       └───────────────────────────────────────┘




     _
 ┌―._[;o]へ __     元々ライラの工場は重いメックや戦車製造に偏っていましたが、見栄で重強襲メックを好む社交界将軍が
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       増えた事で、数少ない軽量高速メックの生産ラインがさらに減らされて重メック用に転換されていきました。
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      その結果、ライラ共和国軍は高速展開や機動戦が行えない鈍重な軍隊になっていったのです。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄

.


5441 : ◆rKyWzZfFqg : 2020/12/21(月) 16:07:12 ID:mnP09PGQ


15/24

     _
 ┌―._[_o]へ __    ライラ共和国は豊かで工業力も随一なのですが「無能な上級軍人」に足を引っ張られ続けています。
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       3020年代に恒星連邦と秘密同盟を結んだ事で、軍の一部が先進的な戦術と運用を学びつつありますが、
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      硬直化した重メック平押しに拘る社交界将軍はまだまだ大量に残っています。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄



                              _....――--___
                           ,,,,, /,,,rィァテテミ=ミx,ュ\
                ,,,,,r━,      ,,,jァ /,/, rノ ′_く ^ ¨マミく\
              ,,j㌻′  ゚'''rrェ,,,,x升 / ,/// 〈 ∠   〉ー、、 \\\
       ,,,,,,,,,,,,,,,,xx,f㌻      '{{iij,    / ///′ / /^\ \_ \ \ ┌───────────────────────┐
      ,ji{'''~¨¨             廴  | |||| |   乂(,  ≧/  ト  :|  │ドラコのサムライ共など正面から戦えば屁でもないが、  │
      ,jj}                ''l{||x | |||| | ,, ''''''`ー、_    ,_{`′|  │                                  │
     jjj{                 ヒ|i, | ||{ ゚ /, _,,  ^ヽ、,. ィ゙{  /   │あの卑怯者たちは背後を狙ってくる。           │
    ,,jjj′                 f{''~  \\/{ V `\,_,,   ,j ,j,,}》/゙ └───────────────────────┘
    :jj{′                 ⅱ   \\人 ミ   `^'''''レ少/'/ fji{''′
    j|||                  :扞}'''   \\辷辷===≦彡彡/  ,{{{
   j{j{                   ,,jj炒     `ヾ`二三三彡''''´,,rrァ''゙''{',,,
   {||′                 《{{          {扞━━━¨'´    '''━ェ,,,,,,,,,,━'f},,
   《ii                   'l}ii       ,,,rj,チ'′                 '%{
    《|             ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,i||''扞扞¨~¨¨¨                      《|
    ‘%,,,       ,,,,,,,,,,,,,,,,rf'~¨¨  '  i{{''' ''{''''''i{,                       _j}
     `'''仏x━━'¨'¨¨¨        ‘廴,,,  ffil|                       ,,,i《゙
      ,ィ{{'       ,、、            ,,j}' ''''{{|′                    fjj″
 . -、.._      //\、     __.,......, ゙    {j,                     ,j}
  \_‐--ー‐-<´/ ̄_フ》,-‐‐'"´-__T  ┌──────────────────────────────┐
    ``r ̄二   ′  ‘′  .二¨r´ │しょせん烏合の衆の自由世界同盟がいくらナイフを鋭く研いだところで、  │
     `r―‐ _        ー‐rく     │                                             │
     〈く(ニ二㍉     ,,_二ア´>〉   │我々の鉄壁の装甲を貫く事はできない。                    │
      \三ニ彡      \三三/     │                                             │
       \\<´/  \/ ./      │ただ自由世界同盟は戦後交渉もいちいちバラバラなので面倒だ。     │
         \\ | ノ//  ━━''' └──────────────────────────────┘
           \\//
            \/



     _
 ┌―._[_o]へ __    ライラ共和国視点の隣国評価はこのようなものになっています。
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       だいたい想像は付くと思いますが、財力と工業力頼みで今までなんとかできてしまっていたので、
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      「自国軍人が戦術と運用面で劣っている」事に危機感を持っていません。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄      ※カトリーナ・シュタイナー執政官はこれを危惧して恒星連邦と同盟を結んだ

.


5442 : ◆rKyWzZfFqg : 2020/12/21(月) 16:07:47 ID:mnP09PGQ


16/24

     _
 ┌―._[_o]へ __    自国軍がグダグダなので、必然的にライラ共和国は国防を外注業者、つまり傭兵によく頼ります。
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       ライラでは傭兵部隊をビジネスパートナーとみなして比較的まともに扱い、
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      その上で良い報酬を出す傾向があります。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄




                          /.:.:/ヽ.:.:.ヽv'´.:.;ヘ:.:.\
                        /.:.:.:.:////\:.:.:.:.://∧ヽへ
                      //)/〉//////\////∧レヘ∧
                     ,ィヘ/∧/)「^¨´ ̄ ̄ ̄ ̄`¨¨ミ:.:.:.:.:`、
                    /レヘメ:.:.:.:.:.:i| __           ミ:.:.:.:.:.:.:.、
                    ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:i「 ̄ ̄`ヽ   /⌒ヽ〉:.:.:.:.ト、:!
                   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|i|i ===ミ_   _ィ==ミy:.:i|i:.:.| i}
                  .:.:.:_」⊥」:.:.:.:.|i|i 匸二二「⌒<匸二}:.:ii||i.:i! i}
                   '.:.:.Yy=ミl::i:、:.:.| ii         `、  〈川|り
ヽ                   i.:.:.:.|  〈トト、:| lj       'ー /   / レ’
  ` ー-  __            乂ヘ  (_> )i  < 、‐-  _____ ,′
         ̄ ̄ミ 、      ⌒\         \ `¨¨¨ア ,′       戦力が足りない? それなら雇えばいいのです。
⌒ーヘ             \       `丁i        `¨ニニ  ,′
    }r‐ミ__         ヽ          | 、             ,         ライラ共和国には有り余るカネがある!!
    へvル’         丶       | //> 、        .:'
  ∠__ y'⌒ヽ、          \      |'//////> 、   j′         カネ! まさにこれこそ力の証!
ィ⌒ヽjレ゙     /⌒ヽ ¨´    ハ    rヘ '///////,`ー‐t´
ミtv/  /⌒Y     〉      } /  V\          ト、_          ……あ、契約書の内容チェックはご勘弁を。
 レ゙ ⌒7   /    /      ,'"    V/\      〉ヘ\__
⌒ヽ  /   ,'    /         /「k     V//`ヽ、   _/  V,\`丶、
  / /    「l   ,〈       / 「k、      V////≧=∧\  V,' \  `丶
__ ィ(      }    ヽ   /'.:.:|  「k     V/,   《: : : : 〉、 l    \
    へ __ /⌒弋ー====彡'/ .:.:|  「k、     V/,   ,V: : /   |    /
/, /    \\`¨¨¨¨¨¨7.:.:.:.:|i  「k       V  / 「f爪   |   く<
  /        \\    /:.:.:.:.:.|i   「kkkkkky、 \/   |: : :.`、 !    \、




     _
 ┌―._[_o]へ __    条件は良いものの、実際に傭兵の上司になるのはライラの軍人なので当たり外れがあります。
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       運悪く無能な社交界将軍タイプに当たってしまった場合は、無意味な命令、政治的駆け引きの道具にされる、
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      撤退時に殿をやらされる等がありえるため、ライラと契約する傭兵は条項に細心の注意を払っています。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄

.


5443 : ◆rKyWzZfFqg : 2020/12/21(月) 16:08:14 ID:mnP09PGQ


17/24

     _
 ┌―._[_o]へ __    ライラ共和国の解説は以上です。現代のEUにおけるドイツの経済的な一人勝ちと、
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       反比例したドイツ軍のていたらくを見ると「こういう事か」と納得できるかもしれません。
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      社交界将軍はライラの特徴的なキャラクター性としてどの時代にも存在します。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄


                                 ,,r‐,≦ ̄ ̄´
                               ,/''´,,,,㌻´
                              ,/ ,,/'''          ,,,,, _
                            ,,,'′ /´′  ,      ,,,jァ~升'''''''x,,,,,  ,,,,,,,,,,,,,,,,
                           ,,/'  ,/′ ′  ゚'''rrェ,,,,x升′     ~¨''¨¨¨¨  ~'¨~'《,,
                        ,,,,,,, ,,,/'′,/′       '{{iij,                    \;,
                       ,ji{'' ,//′,/゙´           廴                    %,_
                       ,jj} ,//'  /''′          ''l{||x                  ‘%,
                      jj //′,//              ヒ|i,                    ''}}i
       マ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'  ,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ア                     ,ji}|
       ‘、  マ ̄''''二二二二 ̄ ̄'′ /''''''''''''''''二二二'―'''\  /′                    fji{''′
        \ '、  r――――-、 /  ,,____,r―――‐,,   / ,/′}'''                 ,{{{
         ∨ ‘, \{ ̄ ̄]ミミ{   r-------- ̄ ̄ ̄ /′/′/,,jj炒               ,,,,rrァ''゙''{',,,
          ∨ ∨ \、 r`=、_`¨\__       _,/ / ,/ ,/′ {{          {扞━━━¨'´    '''━ェ,,,,,,,,,,━'f},,
           ∨ \ `l}'弋_'''''`ー-、|′     /,,-‐' /′/    'l}ii       ,,,rj,チ'′                 '%{
            ∨ \ ,,ト、l{辷,r‐  `      / /′ / /′ ,,,,,,,,,,,,i||''扞扞¨~¨¨¨                      《|
            ‘、 `{=、_``_|′  |    ,/ /′ /  / ¨  '  i{{''' ''{''''''i{,                       _j}
              \|r_二「´{    `,、__  //′ /′/       ‘廴,,,  ffil|                       ,,,i《゙
              r]\ l-__     / / ̄ ̄--.厶__,′         ,,j}' ''''{{|′                    fjj″
              |\_ ̄ミ、``ー__,/ /'|__,_r'"´ _,,,斗ミミ、       ,j,'゙    {j,                     ,j}
               ``^、 \ Ⅵ{、{{、 {  }-'‐|´ __,/´/}/     【カペラ大連邦国】                  ,jj{′
                  \ ∨ ∨V〉、|、 ||  |''´/_,//′     《     '''仏|                   ,j}'′
                   ∨ ∨ ∨,ノ 〉=|  |y′リ′        %i{ ☆  ,r,,ffillii,,,                ,jjii'′
                    ∨ 、  ̄ /′/ミミ{_,//         主星シーアン(西安)          ,,,,,,j㌻'′
                    ∨ `ー'‐′,/   `''′          i}|    ゚'''i',         ,,,,,,,,,,,,,,,,,,rx≦~''′
                     \   /′     '''''''~'',,        ||     '''''',,,,,,,,,,,抖x升¨~¨¨¨
                      \ /          ~''抖━━''''l||,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,㌻''''
                       `ー′




     _
 ┌―._[_o]へ __    三番目に解説するのはカペラ大連邦国(Capellan Confederation)。
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       支配王家はリャオ(遼)家。3025年の統治者はマクシミリアン・リャオ首相。
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      ドラコが日本ならこちらは中国風の国。継承権戦争で両側から削られ、現在最も小さい継承国家です。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄

.


5444 : ◆rKyWzZfFqg : 2020/12/21(月) 16:08:43 ID:mnP09PGQ


18/24

     _
 ┌―._[_o]へ __    名前を見ればわかるように中華系の文化が主流ですが、カンフー映画が混じっていて
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       スカウトした子供を師父がマンツーマンで精鋭兵士として鍛え上げる【武家(Warrior House)】が
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      少数精鋭の凄腕部隊として中心領域全体で有名です。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄





                -──‐-
              /: : : : : : : : : : : : : >...
            {: : : : : : :☆ : : : : : : : : : :.\
           人>:i:i:i:ヽ/:ヽ: : : : : : : : : : \           _,ィ一 、__
   ___   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧: : : : : : : : : : ム          //////////ヽ、
   | __ヽ\//:i:i/:i:/|/|:i:i:i:i:i:∧: : : : : : : : : : :ム         ////////////∧
   ∨: : :_:_:_:\/厶:i:i:i/:i|ー |:i:i:i:i:i:i:人\ー-: : : : : : ノ        |メ、__//////,〈
   |: :/: : : ヒニス/:|:i:i/トミ|   |:ハ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\:i:ム: :イ         Vtォ イrェ:V///∧!
  .八 {: : : : : (ム:i:i|:i:i找リ ー┼≦:i:i\:i\:i:i:\:i\           ',r'__;;:. :.: `Y´∨    (( 〈 ̄ \ クイッ クイッ
     \: : : \):乂八/  イ Vヅ:i:{:i:\:i\ ̄:i:i:i:\_  _     {r==、}::.. }‐// ̄ヽ  \厂:\
        Y Y \〉:i:∧ __      个:i\:i≧=ー:i:i:i:i:i:_:_/ニニ|     `ニニ//メ }、 : : : :.ム  }: : : : | ))
        .|_ノ   人: :∧__ />チ:≦三:i:i:i:i:i:i:i:i:iVニVニ7  _,. <_`ー ´::::/人 > 、  : : ∨: : : :./
          {  (:i:i)   )/lニ寸ー匕:_:>:⌒>:i::i:寸  / ..:.:/ :`:.: .:ヽ} '..::.::`:ヽ..::.:`ー、 : : : :./
           \ ¨乂:iY:i:i:iVニニ7___    ̄´ ̄ {ニ /    .....::.:.:.:.:.:.:.::、} ....::.:.:.::}.:`ー、:.‘, : : :/
        -‐: : : : : :/才: >寸ニニ≦          { 丿 r 、 : ....::.:.:.:.:.:.:} .....::.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.',  :丿
     /-========─- : : \∧八≦:i:i才   -─- } イ .:Y .:\ c....::.:.:.:.:} .:.:.:.: c.::/⌒:. }
    l: : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : |ニ>   / ./ ̄ / /  :}.:.:.:.:.:. ̄ ̄ ̄ ̄} ̄ ̄ ̄{ .: \:‘,
    |: : : : : : :|: : : : : : : : : : : : : :.||     '  /   / / ...::/\.: : 、`.:  ̄.::}:イ⌒..:.:/\.:.:.:ヽ:;,
    乂: : : : 人: : : : : : : : : : .          r‐、__/∨ :.::/  ヾ r‐、____}:」__}:.}  ヽ.:ー‐.:ヽ
        ̄/___: : : :.-=≦: : .|__≧= ∠ヽ_)ヽーミ .:.: /    〉┘:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i┤   ヾ.: .: \  r 、
.\      /: : : : : : : :.:斗v: : : : : : : : : : :斗 辷ニニメ√ ̄ :/      ]i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i]    ‘,   `ー/ノヽ、
  \: :/ハヽ:斗:≦: : : : :|: \: : : /    ` ー ' ̄ ̄ ̄    /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iト、    ` ー 、く ミ/
    V:.:.Y⌒><: : : : :|:\: :Y        }:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\_ ,イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i           `ー‐´
                     ↑厳しい訓練を行う武家戦士達の図





     _
 ┌―._[;o]へ __     カペラ大連邦国の社会はロシアと中国に強い影響を受けた社会主義風のシステムを採用しており、
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       国家に貢献して市民権を獲得した「市民」は良好な社会保障サービスを受ける事ができます。
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      ……なお「市民権を獲得できなかった」場合、二級市民として一生を奴隷労働に捧げることになります。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄

.


5445 : ◆rKyWzZfFqg : 2020/12/21(月) 16:09:13 ID:mnP09PGQ


19/24

     _
 ┌―._[;o]へ __     各種サービスを受ける権利を「自分の手で掴み取った」ため、市民権を持つカペラ人民は国家に忠実です。
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       反逆的な市民は、首相直属の秘密警察マスキロフカに連行されてどこかに消えるので
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      忠実な人民しか残らないというオチですが。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄




     _
 ┌―._[_o]へ __    またカペラ大連邦国はバトルメック誕生直後に登場した、
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       メック戦士を人類の守護者と説く【ロリックス教義(Lorix Order)】の本場でもあり、
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      おそらく最もメック戦士を重用する国家です。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄




           ,. '  ̄ ̄ヽ          【ロリックス教義】
        __ノ ___ /_r-、 ヽ
\       _,>  { ! ''´ _\'ヽリ    /    一:市民各々は、その命運を握る軍士官のプロフェッショナル性に最大の敬意を払うべきである。
  \    /r三三三ヽ    j |   /
   \ ´ ̄ ̄`\ヽ_}/´`i /  /        二:最高位の守護者にして戦士の座は永久にメック戦士のものである。
    / \       Yー-rイ  /
   /  ! \      }、ヽレ /          三:メック戦士は最高の賛辞を受け、それに応えて国家と人民を守護しなければならない。
  /  ヽ   \     .!  /       __ _
  /  \ヽ   \   /   {`i  r-、::':-'|_!   四:最も重大な務めを果たすためにメック戦士には最高の訓練が与えられなければならない。
. /     ヽ    ×  /`ヽ´--< \\::..:|
/      , へ  /  /\   |   | |_ノ´    五:技量の極みに達したメック戦士は、メック戦士によってのみ倒されなければならない。
|   r '´   / ,__/   \ _,.イ´ ̄         また、メック戦士は裏切りなどに対して無条件の復讐を許される。
|   .|    /   `ヽ/´  \ ヽ
   |,.../    ____     \         六:メック戦士の人生で最も気高く最も重要な目標は忠誠心である。
「::::::  / ヽミi|::::ヽ::::::::::::::....、  / \          その忠誠は守るべき市民、所属する国家、
r- /| ト、、:ミ|:::::::>-----、:::::V    \        そしてメック戦士の指揮官たる国家指導者に捧げられなければならない。
/  | |ミミミ|T7ー――、__7|      \
※カタカナの字面はともかく
 「生命礼賛者(□リコン)」の意味はない




     _
 ┌―._[_o]へ __    ロリックス教義はカペラ以外にも拡散しており、中心領域のあらゆる場所で
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       メック戦士を民と国家に忠誠を誓う誇り高い守護者として理想化しました。
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      メック戦士が他の兵科と区別された「現代の騎士」扱いになった大元はこの哲学思想です。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄      ※カペラ武家はこの教義を「カペラ首相の統治下にある人類への奉仕」と解釈している

.


5446 : ◆rKyWzZfFqg : 2020/12/21(月) 16:09:40 ID:mnP09PGQ


20/24

     _
 ┌―._[_o]へ __    カペラ大連邦国は継承権戦争の初期に大打撃を受け、31世紀現在もそこから復帰できていません。
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       同様に大損害から回復しきっていないカペラ国軍は、これ以上の国土失陥を避けるために
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      防衛戦特化の縦深防御(Elastic Defense)ドクトリンで再編成されました。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄





    敵国側
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━国境線━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    カペラ側        ,x≠'''' ̄                                 ◎
              ,//´        ◎                        惑星防衛戦力
             //      惑星防衛戦力         ◎          【1個連隊108機】
            /'/′      【1個連隊108機】     惑星防衛戦力
   、_____/'' /ニ____ ,,               【1個連隊108機】
   \〈 ̄ニ二__/ / ̄ ̄二ニ〉 /′
    \\三三ミ/ ̄ ̄ ̄////′                           ◎
     \\〉X/゙′  //'///              ◎            惑星防衛戦力
       \(\〈  〉_ // //′           惑星防衛戦力      【1個連隊108機】
       〈(ミミ\///,,>厶ミ_          【2個連隊216機】
         ̄\\〉{ |':'{乃/′
         \\ノ〉x_(//  ┌───────────────────────────┐
          \ー// `′ │国境線沿いの各惑星に部隊を貼り付ける既存の防衛ドクトリン  │
            ∨      │(激減したカペラ軍では事実上不可能)                 │
                  └───────────────────────────┘


                          ↓↓再編成↓↓



    敵国側
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━国境線━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    カペラ側        ,x≠'''' ̄                                   ○
              ,//´        ○                          占領妨害要員
             //      占領妨害要員          ○           【2個中隊24機】
            /'/′      【1個大隊36機】       占領妨害要員
   、_____/'' /ニ____ ,,                【1個中隊12機】
   \〈 ̄ニ二__/ / ̄ ̄二ニ〉 /′
    \\三三ミ/ ̄ ̄ ̄////′                            ○
     \\〉X/゙′  //'///              ◎             占領妨害要員
       \(\〈  〉_ // //′           惑星防衛戦力         【1個大隊36機】
       〈(ミミ\///,,>厶ミ_          【1個連隊108機】
         ̄\\〉{ |':'{乃/′              +
         \\ノ〉x_(//         機動展開可能な戦略予備
          \ー// `′           【2個連隊216機】
            ∨
                  ┌───────────────────────────┐
                  │少数の惑星に戦力と戦略予備を集めて、重要性が低い惑星には│
                  │占領を妨害する嫌がらせ要員だけを置き、              │
                  │侵攻されたら戦略予備を送って撃退する縦深防御ドクトリン    │
                  └───────────────────────────┘

.


5447 : ◆rKyWzZfFqg : 2020/12/21(月) 16:10:11 ID:mnP09PGQ


21/24

     _
 ┌―._[_o]へ __    防御が手薄な惑星は、相手が侵攻しても正面から戦わずいったん占領させた上で、
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       残した小部隊で戦略予備部隊が到着するまで時間を稼ぐのが縦深防御の骨子です。
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄



                                        ┃
                                  │   敵侵攻戦力   │
    敵国側                           │  【1個大隊36機】 │
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━国境線 ┥    ┃       ┝ ━━━━━━━━
    カペラ側        ,x≠'''' ̄              │    ↓       │          ○
              ,//´        ○         │           │      占領妨害要員
             //      占領妨害要員     │    ○       │      【2個中隊24機】
            /'/′      【1個大隊36機】     │12機で占領妨害 │
   、_____/'' /ニ____ ,,              │           │
   \〈 ̄ニ二__/ / ̄ ̄二ニ〉 /′              └──  ↑  ───┘
    \\三三ミ/ ̄ ̄ ̄////′                    ┃        ○
     \\〉X/゙′  //'///              ◎        ┃     占領妨害要員
       \(\〈  〉_ // //′           惑星防衛戦力   ┃      【1個大隊36機】
       〈(ミミ\///,,>厶ミ_          【1個連隊108機】   ┃
         ̄\\〉{ |':'{乃/′              +        ┃
         \\ノ〉x_(//             戦略予備     【1個連隊108機】
          \ー// `′           【1個連隊108機】 ━┛ を分派して救援に向かわせ、
            ∨                              嫌がらせに手こずっている敵を
                                          横から殴り付けて撃退する



     _
 ┌―._[;o]へ __     このドクトリンで国土はなんとか防衛できましたが、軍の士気と練度が犠牲になりました。
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       どうしても一度は自国惑星への侵攻と占領を許してしまうのと、戦略予備部隊がとにかく忙しく、
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      敵国への侵攻作戦立案や訓練など他の事をやっている暇がなくなるためです。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄

.


5448 : ◆rKyWzZfFqg : 2020/12/21(月) 16:10:34 ID:mnP09PGQ


22/24

     _
 ┌―._[_o]へ __    国軍が防衛特化なので、31世紀前半のカペラの基本方針は「搦め手」になっています。
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       各国にスパイを潜り込ませて重要情報を入手したり、敵国内で反乱を起こさせたり、
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      敵国指導者を替え玉とすり替える(最終的に失敗)といった陰謀と奇策に頼っている状態です。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄


                           ,,,,, _
                ,,,,,r━,      ,,,jァ~升'''''''x,,,,,  ,,,,,,,,,,,,,,,,
              ,,j㌻′  ゚'''rrェ,,,,x升′     ~¨''¨¨¨¨  ~'¨~'《,,
       ,,,,,,,,,,,,,,,,xx,f㌻      '{{iij,                    \;,
      ,ji{'''~¨¨             廴                    %,_
      ,jj}                ''l{||x                  ‘%,
     jjj{                 ヒ|i,              ┌───────────────────────────┐
    ,,jjj′                 f{''~             │戦争好きの恒星連邦に国土を蹂躙されるわけにはいかないが、  │
    :jj{′                 ⅱ              │                                        │
    j|||                  :扞}'''            │正攻法では勝ち目がない……。                    │
   j{j{                   ,,jj炒            └───────────────────────────┘
   {||′                 《{{          {扞━ ,,...,.,ニl||||||==ミ、、 ェ,,,,,,,,,,━'f},,
   《ii                   'l}ii       ,,,rj,チ' ,/'く´ 〔. | ||||/} `)ミ\、     '%{
    《|             ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,i||''扞扞¨~¨¨¨  //《____\|l|| ||||||,,/_,,,,X\      《|
    ‘%,,,       ,,,,,,,,,,,,,,,,rf'~¨¨  '  i{{''' ''{''''''i{,    ///___三ミY''|||||||\彡彡 込、   _j}
     `'''仏x━━' ,、、 ¨        ‘廴,,,  ffil|    :| ̄ ̄彡:〔_|| ||||| ,}ミ三 ̄ ̄ |   ,,,i《゙
. -、.._      //\、     __.,......, ,,j}' ''''{{|′  | |_,,,彡孑彡'|| |||||ミミミミミ、_|| fjj″
 \_‐--ー‐-<´/ ̄_フ》,-‐‐'"´-__T/ ,j,'゙    {j,   {{{  ,,,///|||||| ミミ\x   } / ,j}
   ``r ̄二   ′  ‘′  .二¨r´′ {{′     ii}i    \/''  //  | | 》}  \._// ,jj{′
    `r―‐ _        ー‐rく    《     '''仏|    \.、 /《lll_|ll|||_',八  ,/'′ }'′
    〈く(ニ二㍉     ,,_二ア´>〉  %i{   ,r,,ffillii,,,    \xく__\[[辷__ノ彡''  ,jjii'′
     \三ニ彡      \三三/     |i   Ⅵ~'~''′     ``ー-匚||-""´ ,,,,j㌻'′
      \\<´/  \/ ./       i}|    ゚'''i',         ,,,,,,,, 〈う〉 rx≦~''′
        \\ | ノ//         ||     '''''',,,,,,,,,,,抖x升¨~¨¨¨
┌──────────────────────────┐
│烏合の衆でしかない癖に我が国を蚕食する自由世界同盟め、 │
│                                       │
│今に見ていろ……。                          │
└──────────────────────────┘




     _
 ┌―._[_o]へ __    3025年時点のカペラ大連邦国の明るい材料としては、
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       自国産の部品を組み合わせた待望の新型重メック、カタフラクトの設計と試作が成功して
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      量産体勢が整えられつつある事でしょう。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄

.


5449 : ◆rKyWzZfFqg : 2020/12/21(月) 16:11:10 ID:mnP09PGQ


23/24

     _
 ┌―._[_o]へ __    好き嫌いにかかわらず、傭兵抜きではカペラの国家防衛が成り立ちません。
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       特に惑星への降下作戦が可能で、戦略予備として扱える傭兵バトルメック部隊を
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      カペラ大連邦国は死に物狂いで雇おうとします。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄




                  - ─── -
             ,  ' ´             `  、      求む傭兵。
           /    -‐              \                     ,,r‐,≦ ̄ ̄´
          /  /                  ヽ  至難の戦場、莫大な報酬、 ''´,,,,㌻´
.           i ..::/:: .   ., , -‐─‐‐-, , 、      i                 ,/ ,,/'''
          '、::::'、:::ィ //////\/∨///,'ヽ、   .,'  剣林弾雨の暗い日々。   /´′
.           \::::::i/////∧/\//////,',i   ノ               ,,/'  ,/′
.              ` ┤,x≦二二二二二≧.x├ ´     耐えざる危険、生還の保証なし。
.             [≦ 三三三三三三 ,≧]               ,//′,/゙´
              リ''´メ;≧匁八戈≦;弌゙'l|       生還の暁には寛大な鹵獲品を得る。
.                ,|′゙,ィ:e;ュ゙'メ !イィ;e:ゝ.'゙ i 、             //′,//
             { i '  ゙ " /  |`\ ." ` i, i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'  ,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ア
.               l ト 、    : ,,ト、     /l゙/  ''''二二二二 ̄ ̄'′ /''''''''''''''''二二二'―'''\  /′
.              /⌒ヽヽ   ,iи;N、   ,'  i !   r――――-、 /  ,,____,r―――‐,,   / ,/′
         , -┤ .ノ!  ./: : : : : :\、  /' ‘, \{ ̄ ̄]ミミ{   r-------- ̄ ̄ ̄ /′/′/
.         /    ベ::::::::',/: : : :.人: : : : ヽ,/ ∨ ∨ \、 r`=、_`¨\__       _,/ / ,/ ,/′
      ,イ 、  ∨ ヘ:::::∧: : 彡''二'ミ; : : : :`;ン   \ `l}'弋_'''''`ー-、|′     /,,-‐' /′/
    //、  ∨ ∨  Y  i ̄      ,)`^'ナ´    ∨ \ ,,ト、l{辷,r‐  `      / /′ / /′
    , '/イ ∨ ∨ ∨ ̄ ̄`ド -------‐,イ     ‘、 `{=、_``_|′  |    ,/ /′ /  /
.  ///!.K ∨ ∨ 乂__, ノ//////////,|       \|r_二「´{    `,、__  //′ /′/
  ////,! iミ _∨,ィ爻彡フ//////////////|        r]\ l-__     / / ̄ ̄--.厶__,′
. /////,! ト`‐ 三彡' //,!V////////////,!       |\_ ̄ミ、``ー__,/ /'|__,_r'"´ _,,,斗ミミ、
.,'/////,! ! ` ‐- ////,' .`</////////,ノ        ``^、 \ Ⅵ{、{{、 {  }-'‐|´ __,/´/}/
.V/////,!|乂. ///////     ‘‘ W A N T S         \ ∨ ∨V〉、|、 ||  |''´/_,//′
. V/////,レ,'////////[ ̄ ̄] [ ̄.], ' ̄ ̄ ヽ.[ ̄ ̄][ ̄ ̄]’’   ∨,ノ 〉=|  |y′リ′
. V/////////////./  V.∧ ./ /   .! ̄ i   .! !   !   ! ! ∨ 、  ̄ /′/ミミ{_,//
.  ∨/////////// '   .V V / |  |  |  | |   |   | |   ∨ `ー'‐′,/   `''′
   \////////,/    .Y   イ !  !  !  ! !   !   ! !   \   /′
     ` ‐--- ‐'  Alfred  |   ! |  |  |  | |   |   | |     \ /
            Leete |___| ヽ、   ̄  , ' ヽ、  ̄ , '      `ー′
                       ̄ ̄ ̄       ̄ ̄




     _
 ┌―._[;o]へ __     とはいえ全体として負け戦なので、傭兵に額面通りの報酬を出せない事もよくあり、
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       苦肉の策として「功績をあげるショーケース部隊」と「その他部隊」で待遇に格差を付けて
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      リソースを節約せざるをえません。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄      傭兵はライラと同様に、カペラの良好な契約条件には裏があるとみなしています。

.


5450 : ◆rKyWzZfFqg : 2020/12/21(月) 16:11:39 ID:mnP09PGQ


24/24

     _
 ┌―._[_o]へ __    カペラ大連邦国の解説は以上です。3025年時点で既にボロボロなのですが、
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       3028~3030年の第四次継承権戦争でさらに酷い目に遭います。
   「_l_ノ_ノ_)
  [|_|]  (|_]      しかしその後時間をかけて復活し、32世紀では相当な戦力を保持する侮れない国家に化けたりも。
  f ̄r | [ ̄、ヽ
   ̄ ̄   ̄ ̄




     _
 ┌―._[;o]へ __     ……というところで、3025年勢力解説の前編を終わらせていただきます。
  L「0L_ヽ ̄ヽ二にア
  <こlウ|_/_/       後編は残りの二国(自由世界同盟と恒星連邦)、加えてコムスターと傭兵の解説になる予定です。
   「_l_ノ_ノ_)       3030~3050年の経緯はもうしばらくお待ちください。
  [|_|]  (|_]
  f ̄r | [ ̄、ヽ      投稿は以上です。
   ̄ ̄   ̄ ̄

.


5452 : 尋常な名無しさん@規制強化中 : 2020/12/21(月) 16:14:38 ID:mnP09PGQ

投下終了です。


5451 : 尋常な名無しさん@規制強化中 : 2020/12/21(月) 16:12:12 ID:25rc78Kk

おお、大作
投稿乙でした


5453 : 尋常な名無しさん@規制強化中 : 2020/12/21(月) 16:21:25 ID:GE2lHLu.


ドラコは最初は悪役的な立ち位置だったけど、歴史が進むにつれて性格が変化していったのが面白い所
アメリカ国内での日本のイメージの変化と結びつけることができる、かもしれないので、誰か調べてくれないかなw


5454 : 尋常な名無しさん@規制強化中 : 2020/12/21(月) 16:21:40 ID:.W9lKym6

投下乙―


関連記事
[ 2020/12/24 23:41 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(3)



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-48231.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13