以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-46720.htmlより取得しました。


読者投稿:自分の宗教について~ミジュニキの個人的な価値観~

目次 国際的な小咄

8288 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2020/11/02(月) 22:02:45 ID:r4bIzcBg


自分の宗教について~ミジュニキの個人的な価値観~


              ,  -――- 、 _
            ,  ´       ヽ::::::::}        今日はおれの宗教的価値観についてだ。
         r‐:::/ /⌒丶      \::j
         |::::/  {: : : : : ノ  丶-‐'  ヽ 
            V、__ノ 丶-‐' , ィ1  ,  '    ',       人によると、自分の宗教は御山信仰らしい。
          i  , rv‐ '´ V|   ,    }
          { ' ,  V/´ ̄  |         /       だが、御山信仰については何もしらないのだ(震え声)
          、    \    ,'      / 
          \     ー'/⌒ヽ-‐く
           //⌒>ー┴- 、 )  }
           い (       \ ノ
           / \       } `',
            {   ノ`>  _,ノ |
           /`T ´{   {_ ノ       }    __    というわけで、どんな考えを持っていて、
           {   ー〈___〉       /-‐ '´::::::::::::ヽ
           ヽ           /:::::::::::::::::::::::/   どういう経緯でそんな価値観になったのかを
            \        /\-――='´
           /:::::` ァー―r.::::l::::丶::〉         少しだけひも解いてみよう。
           //:::/:::/    丶---‐'´
         丶----‐'

.





8291 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2020/11/02(月) 22:03:23 ID:r4bIzcBg




               ...::::ヽ
          />≦´ ̄ ̄``丶.
        //::( ノ       \            まず、おれは
       / , ゞ-‐' 、         ヽ
        / , ' {////∧           ',          『人は死ねば近くの山に帰って、
      ,    ヽ ///ノ         」
        {   /l>、`¨´    ,ィ= 、    /:::\           神様か幽霊かになって、見守っている。
      ',   ' / \_    /:::し:/   ,:::::::::::}
         、 {    l/フ , ゞ-‐'    {::::::/          だから無闇に山に立ち寄ってはいけない。』
         ヽヽ _./    ,     `フ´
           \ , -‐-、 ' , -‐- 、  /}           みたいな価値観で生きている。
       く´ ̄ ̄`丶   V     }'´ ノ
       \     \       ヽ
           \    }        ヽ              だから、おれは神様とか、そういう以前に
            /{丶 _/             ',
         { ハ              }           山という場所そのものに対して
         ヽ∧             ;  -― 、
           `ヘ           __ノ::::::::::.ー}     畏怖やら愛着を持っていて、あとから神様を信じている感じだ。
             \      r 、 {:::::.. ̄ ̄ ̄¨フ



             _ ,  -―-  ..,,_
           /::; '′        `丶-  、
             {〃               {::::::::i       この思想の源流は
          /  ‐' , -―- 、ヽ-   ヽ::::j
          ,' /⌒', {: : : : : : : ', /~ヽ  j| `{       なんとな~く親が持っていたであろう宗教観と個人的な体験だろうなぁ
           { ,     ゝ : : : : :ノ   ,   U }
          ', , '  、   ̄´ _,   , '   '、        と今思い返している。
          >'⌒!    ̄ ̄         /
         /   |⌒ヽ  , -‐-、, -‐ 、/
           {     ノ   'ー'      _ }             じゃあどんな体験でそうなったのかというと、
         '、   ノ   __     {  `ヽ
          `¨/   //  /\  ヽ   }          幼いなりに死について考えた結果だ。
              {   〈 l   l  〉   )_ノ  ̄ `丶
            ',    >  r‐'     /::::::::::::::::::::ノ
                >、 ` ー‐'    /:::::::::::::::::/
          /::::::丶..,,___,,..  く ¨ ̄ ̄´       おれが幼稚園くらいの頃、爺ちゃんが死んだんだが、
            /::::/:::::/    ヽ:::::::::::\
         丶--‐'       ヽ:ヽ::ヽ:〉         一緒の家で暮らしていて、ある部屋にいつもいたんだ。
                        `¨¨´

.


8294 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2020/11/02(月) 22:04:12 ID:r4bIzcBg




                 ,  -――-  ._
              . ´         `ヽ‐-  、
           -‐f´              ',:::::::::)     安芸門徒なんで、浄土真宗の葬式だったわけだが、
         (:::::::::::;               ヽ:ノ
          '、::::::/                 {      そのとき坊さんだったかが、
           Y    ,f^li         ,f^li     |
              |    |:しl| , -‐- 、 |:しl|   |     「爺ちゃんは天国という空の上にいるんですよー。」
              ',     ゞ_ノ {:.:.:.:.:.:.:.:} ゞ_ノ    '
               ヽ   ' , '  丶--- '  ' , '   /      みたいなことを言ったんだ。
            r\      _       /
       , - 、 人_ 丶. _  (__/⌒ヽ/⌒ヽ
       /^丶 ∨ /      ̄/        /        振り返ってみれば、それが疑わしいと
     /    \|_,/           /´ ̄`ヽ . _
     ,^ 丶.   └!            ヽ.    _):::::`ヽ    幼心に思っていたのかもしれん。
     |    \  ,|            /  ̄.:::::::::::::::ノ
    丶---‐'^{_/ ゝ            /------‐=彡
            /:::::::::`ァー----‐r.::´::::::::\
           く:(:::(::::::::/      ヽ:::::):::::)::ノ
           `⌒ ´        ` ⌒´


                   _,,..  ..,,_
             r::::::::ァ'"´      `丶:::::::┐
             l:::/           \:::l      そのあと、死んだ爺ちゃんの部屋で過ごしていたんだが、
             〃      ___         ヾ
             ' === /´: : :`ヽ === ',     そこにはやっぱ、その人が居た感覚っていうのがあるわけで、
            { ///     ゝ: : : : :ノ   /// }
                ',  ,   '    ` ̄´    '   , '     ”近くにいる感じ”がしたんだ。
             ヽ   '   /\    '  /
             / >/⌒\` ̄´/⌒ヽ<ヽ
               乂     'ー一'      乂      この”近くにいる感じ”っていうのがものすごく重要で、
                    V⌒\     /⌒V
             r― 八   ヽ ⌒ /   八        最初はこの家に魂としているんじゃないかと考えたわけだ。
               ヽ:::::{  丶 _ノ  、_  ´  }
                ヾ',    >   <   /
               ヽ、   ̄ ̄   〃        具体的には写真の中に魂がいるとかな。
                 /::::` ァー----‐r::::´\
              く/:::/:::/      ',:::',:::', >
                ` ̄´         ` ̄´

.


8295 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2020/11/02(月) 22:04:51 ID:r4bIzcBg




                  , -――- 、 _
              /         \::`',
             _∠           ヽ::|     でも実際に、爺ちゃんに出会えるわけじゃないので
           〈::::::::}           〈
            ハ_,ノ                |     「生きている人」と「死んでいる人」の隔たりという感覚
            {   /`l   , - 、Tハ ,
        へ、  '、__,/   /=ミ {;.;.;.;.;.}ヒノ /      つまり”遠くにいる感じ”はぬぐえなかった。
      〈::::::::::::',  (: /   l _  ノヽ´ /
       ヽ:::::::::'  /八  /: : ヽ ニ/⌒)〔
          \:::::V: : : :`¨: : : :_:_:_: : :/  )       だから”近くにあって”なおかつ”遠い場所”にこそ
          \{: : : : : : : /}   }ヽ|  ̄
              八: : : : : : :`7_ノ´/          死んだ人の魂が行くんだと考えたんだ。
           「:ゝ : :_: : : : : :_: ノ:`ヽ
           〈:/_/ノ  ̄ ̄  \}_}ノ



|  __
|/::::::::>-―‐- 、
|:::/        丶          そこで ”人間” と ”そうでもないもの” を隔てる境界が
|' 、_             \
| /:し>             ヽ       神社という場所であり、
|八:::ノ , -‐- 、       ',\
| ,    {: : : : : :ヽ  、   |::::::〉    その奥に位置する山にこそ”人ならざるもの”が生きていると思ったんだ。
| /l>、 \: : : : : ノ /し:7  ,:/
|ヽ\ \_丶-‐' {:::ノ  /
| l  \  l>、  '  ,  〃
|ー---=、⌒ヽノ  '  /        おれが住んでいるところは丁度、山と平地の境目あたりの地域だったのもあって、
|、     \ )ーァ '´
|/\_   丿 _/_           山はめっちゃ”近い”んだけど、
|   / } ̄  }:::::::::::::ヽ
|\ァ'ー'     /:::::::::::/         同時にイノシシが出て危険だから”近づけない”
|      /  ̄ ̄
|ー-r― く                だからそんな山にこそご先祖様がいるんだと考えたわけだな。
|  乂_)_)_)


豆知識 広島県は高知県に次いで二番目に山地面積が大きい。
      なので名古屋や東京といった山のない景色を初めて見たとき、恐怖しかなかった。

.


8297 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2020/11/02(月) 22:05:28 ID:r4bIzcBg




           _,. -―- .,_
       ,.::ァ'´         `「::::::¬
        {:/          ヽ :::::/        だから、おれは山に行こうとしたが、
       /              u `¨!
       ,' 、_   __  _ ノ     |           イノシシや転落などの死の危険がある山は
       |  |:J! /::::::::::ヽ lJ:|    l
        _」.ニゞ'_ヽ __ノ ゞ' u  /         近寄るべきじゃないと思って、
      //   / \ へ /⌒\ /^(
    〈  {   {   >-――- 、  ノ
     \}   } xく         } 〈          ご先祖さまがいる場所には近づいちゃいけない。
     く ___>  丶 ___,ノ  ヽ  __
        /            |/::::::::::::\   そこに行くと、神隠しに逢いますよー。
         |             |::::::::::::::::::::/
         ヽ              /:::::::::::::::/    …みたいな感じで謎が解けて満足したんだ。



       . -――- 、
  , -‐/         r┴‐- 、
  /::::/          \::::::::::|         いやー、我ながら、このときの頭の良さを
  l::::' u              \::::!
  ∨  _ノ, -―- 、u      V          超えられる気がしねーわ…。
  | T廿T{:::::::::::::::} T廿T u |
  l ・  ・ ヽ--- '  ・  ・   /
  ヽ ・ , ―-----―、・, ‐く           とまぁ、こんな感じで独自の死生観を
    \(/⌒ヽ _ /⌒ヽ/   )
    {    └┘      ヽ    __    得ている人もいて、こんなんでもある種合理的な
     `T|         /⌒ヽ   V´::::::::::::::ノ
       l |  /l⌒l\/    |  |::::::::::::/    考えでもあるんだよ。ってことだな。
       | l   ヽ〉 V |    /  j::::::/
      しヽ 丶--' 、__/   ノ/
        >、       .xく´ 
       く(_(_>――<_)_)_〉                         ~~~おわり~~~

.


8298 : ◆B5MqDypZqU : 2020/11/02(月) 22:06:52 ID:8LU64IyA

乙でした

うーん、なんというか神聖なる不可侵の領域みたいな言葉が思い浮かびますねぇ


8299 : 尋常な名無しさん : 2020/11/02(月) 22:07:17 ID:BnVwUho.

乙でした
信仰の萌芽やねぇ。正確には形を与えたと言うべきかもだけど


8301 : 提督 ◆clDIOx66pY : 2020/11/02(月) 22:07:41 ID:e2Rk4G3.

乙でした

確かに、一度広島に行ったとき感じたイメージの一つが「景色の狭さ」だったなぁ
新幹線でも延々と山をぶち抜いて進んでたから尚更かも
駅の南側をウロウロしただけなので、景色については原爆関連の予備知識に引っ張られた恐れもありますが……


8302 : 尋常な名無しさん : 2020/11/02(月) 22:07:46 ID:Btg/oTJg

海と大地の間にある魂の楽園みたいな話だな
平地と山を行き来するモノノケってあるしね


8303 : 尋常な名無しさん : 2020/11/02(月) 22:08:30 ID:KYy.gTKQ

乙です
修験者っぽいね


関連記事
[ 2020/11/05 22:48 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(2)



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-46720.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13