以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-46374.htmlより取得しました。


読者投稿:「おとうさんがいっぱい」の感想

目次 国際的な小咄

4856 : Seed ◆sYFOiuOuow : 2020/10/24(土) 11:18:33 ID:6bEuh.CU


◇読者投稿 「おとうさんがいっぱい」の感想

読者投稿:おすすめの児童書「おとうさんがいっぱい」
ttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-46196.html


[1/5]

               _____
            , '"´.:.:.:.:.:.:.:.:.``丶、
.         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:. :ヽ.
.       ,.:'. .: . .:.:.:.:.:.:.: . : .:.:.: :.:.:.:.:.:.
      /./. .:.:. .:.:.:.:.:.:.: :. .:.:.:.:. :.:. :.:.:.:.:',         前スレでミミノアーレさんにお勧めされた
       |イ:. .:.:.:.:.:i:.:.:{:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:}
      l:.:./.:.:.斗-A:.:.:.:.:/l厶-Aj:.:.:!.:.:.:|        「書名:おとうさんがいっぱい」を読んできました。
      |:/|::.:.:.|」f汽ミ、:./〃こ刋i:.:.:ト、:.:!
.      _rfL |:.:.:.:{ _辷」 ′ ヒ少'}.:.:.} }ハ!        私は、この本からは不思議な感じを受けませんでしたね、
    / LV l∧∧    '_    /:i:.:リ'′
.    {  厶    ` .  V_ノ  .イ从リ          なぜなら
    V^` }     , -‐≧==≦ユ._
    { __」   / |:_厂゙丁`¨¨^!:.:.:.>、
      V.:.:.7^V^ |   | __ |// }
     \{    」   {└‐┘} {__j
       `ー '´ {_  _ノ r一:ハ  {

.





4857 : Seed ◆sYFOiuOuow : 2020/10/24(土) 11:18:52 ID:6bEuh.CU


[2/5]

            _ -ー―ー く
          /゛....    `~ ヽ、
        ./ ::::::::::::::        ヽ       この話の流れは、私にとって慣れ親しんだものでしたね。
        / :::::::::::::::::::::   iヽ、 iヽ
       l ::::::::::::::::::i::::: / ,ヾl ヽ、.l `       不思議ではなくて、懐かしい気分になりました。
       { ::::::::::::::::::::l::::: t .l i! {  ヽl
       |,!::::::::::::::::( |:::::::ハ   ヽ.            すっかり忘れていたものを思い出しました。
       '  |::::::::::::::::!::: イ   ._)
         !'ヽ:::::::: t ィ   (/         
           !/ヾ丿 !-- '
           /    \
          /::::::    ( \__
         / ::::::::::::   _ゝ     )_)

.


4858 : Seed ◆sYFOiuOuow : 2020/10/24(土) 11:19:12 ID:6bEuh.CU


[3/5]

          ____
       , ..:':´..:.:.:.:-=ニ´ __,          この本を一言で言うならば、
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:く
    /.:.:.:.:.i、:._:}ヽ.:\:.:.:ヽ:..:\       想像力が高い子どもが「不安から想像された悪夢」を見てしまった。
.     '.:.:i:.|:.:l'´ヽh \!ヽ:.:.}.:.`:、`
.   {:.:.:l:八!  }」  l〕 ∨.:t─ヽ
    |:.:.´\        }:.い        どちらかと言うと、ホラーだと思います。
     、:.:.:.トヽ   '⌒i   人:{
     \:.`≫'⌒r‐' ィヘ| `          詳しい感想を書くと、誰得な解説になりそうだから控えておきますね。
       )'´`丶_ノ工{_

.


4859 : Seed ◆sYFOiuOuow : 2020/10/24(土) 11:19:38 ID:6bEuh.CU


[4/5]

               _____
            , '"´.:.:.:.:.:.:.:.:.``丶、
.         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:. :ヽ.
.       ,.:'. .: . .:.:.:.:.:.:.: . : .:.:.: :.:.:.:.:.:.
      /./. .:.:. .:.:.:.:.:.:.: :. .:.:.:.:. :.:. :.:.:.:.:',
       |イ:. .:.:.:.:.:i:.:.:{:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:}        さて、私からもお勧め作品を紹介しますね。
      l:.:./.:.:.斗-A:.:.:.:.:/l厶-Aj:.:.:!.:.:.:|
      |:/|::.:.:.|」f汽ミ、:./〃こ刋i:.:.:ト、:.:!         書名:狂科学ハンターREI
      |' .|:.:.:.:{ _辷」 ′ ヒ少'}.:.:.} }ハ!
         l∧∧    '_    /:i:.:リ'′       作者:中里 融司
           ` .  V_ノ  .イ从リ
          , -‐≧==≦ユ._           絵:小畑 健
         ∠_V⌒く‐-.、  /.::`ヽ
          ,rヘく_::::::::::::::::::::\」::「]::::::}          出版社:メディアワークス
       /.::::::ヽ{:::::::::::::::::::::::::::::L{_∠
      {:::::::_/|:::::::::::::::::::::::::/^Lj:¬          ISBN-13 : 978-4073047636
        V.::::::∨.:::::::::::::::::::::〈  }::::::::}
         }::::::.イ'"´ ̄ト、::::::::/} !::::::::',
         |/ 」  \」ヽ `¨´| {::::::::::.、
       `¨¨{  \|、_、  |└、_:/\_
            |    i「],_   |    V⌒¨´

.


4860 : Seed ◆sYFOiuOuow : 2020/10/24(土) 11:20:12 ID:6bEuh.CU


[5/5]

          _ ─ ¬…─::: .._
         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::.、
        //.::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::.ヽ\       この本は現代科学を超える「超科学」を巡った争いを描いた作品です。
       ハ':: ::::、ヽ:::: ::::: ::i::::.i : :. ::. . ヽヽ、
       l::::::.、::::ト、\::. ::. ハ::::|!:::.:.::::::::::'. `\     オーパーツやオカルト的、オーバーテクノロジーな科学に
       {:::、:::::\ヽヘヽ:.::::!_Vヘ::::/::i::::::::}
       'l:::::\:::{,云:.、\j, ≠l:/:::::トヽ:::!      ロマンを感じさせてくれます。
       }ハ:ト::::Ⅳij:::l`  fij:j 7ハハ| ヘ:| 
        爪>fに〈__  `^小:::l    ′ 
    く> _/} ハr-く二´ -‐ ' `          そして、「裏の科学に翻弄される人々」から
      `> く厂ヽ   〉、 }::〉__
      ´ /:::!^:::::∨j::::\!/__ノ、ヽ          「科学の在り方」「人間の在り方」を考えさせてくれた本でした。
        \!::::::7ー―fく   ,イ     
           /::::\':::::::::__jフ ヽ二 八
        /::::::::::7\ ̄7二{,{     \       ライトノベルも真剣に誰かに話すことってないので紹介してみました。
        ` ー 」   У   lヽ     }、_
           `ー{    ! ヽ___ノ:.:.:}
             '、  __)    ̄ ̄´
              `く:.:.:.:.:}
               `¨¨´

以上で、投稿を終わりにします。


4861 : 尋常な名無しさん : 2020/10/24(土) 11:26:05 ID:mSU1tbcU

投稿乙です


関連記事
[ 2020/10/25 23:54 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(5)



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-46374.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13