以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-45664.htmlより取得しました。


読者投稿:対話篇 饗宴(ホモ)

目次 国際的な小咄

1778 : ◆XksB4AwhxU : 2020/09/29(火) 21:38:12 ID:lZw3By3A


対話篇 饗宴(ホモ)



          , -――一ァー―‐-  .
            /: : : : : : /        `丶
         {: : : : /               `丶 
       /⌒ヽ‐'´   /´ ̄`ヽ         \- 、
        /    ヽ  "      l    , -―- 、  ',: :}
        /       V ・           /: : : : : : :\  ∨      今日は哲学史上もっとも腐女子から人気な哲学書。
      ,'       V      ・    {:: : : : : : : : :}- 、l
      |          ',  ・       ヽ::::::::: : : : /   l|
      |           l      /\   丶--‐'´・  |       プラトンの対話編の一つ。
      |           |        |  丶 _       ・;
     ‘.        jー- 、    l     >     /
    / ∧         '    ヽ   ヽ _,/     ・/        『 饗 宴 』 について見ていこう。
     {  ハ      /    |             /
    ヽ、  \   /     j         _,. イノ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `)
      `T  `¨¨´       /ー---‐=ニ´  /\       /
       |                   _/     \    /
       |                           \‐'´




               _,.  -――-=、¬ー- 、    r㍗/ / /
              .   ´         丶 :::::::::l  r㌢ / / /
          /              `丶| r㌻/ / / /    アテナイのとある二人の若者が
            '                   r=、  r㌘ / / / /
        /                ト-'ハ  ㌣ / / / /     昔行われた宴の様子について話してたんだ。 
         /         , -―-、   V//}  ㌦/ / / /
      イ           ,      ヽ  Vン , _㌶ / / /
     /::::|   r=、    l       /  '   ㌫/ / /       ぶっちゃけこの部分は要らないが、なぜかそこから始まる。
    ,:::::: |    ト-'ハ   ヽ、   _/     ' ㌧ / / /
    ヽ::: |   V//}      ̄ , ―‐ャ┬ r㌍ / / /
      ヽ!    Vン   ,     /!     / _㍑/ / / /
       八     ,      /^__./_㌘ / / / / /        宴というのはディオニュシア祭でのアガトンの勝利を
        \      ,  _r㌣冖㌢/ / / / / / / /
          丶 _r㍉_r㍗/ / / / / / / / / / /           みんなで祝おうということで
          r㌻/ / / / / / / / / / / / / /
         _㍍/ / / / / / / / / / / / / /             ソクラテス含めた色んな人が集まったパーティだったんだ。
        r㌘/ / / / / / / / / / / / / /





1781 : ◆XksB4AwhxU : 2020/09/29(火) 21:39:06 ID:lZw3By3A




                , -‐ァ'' " ̄ ̄ ̄`丶、
            {:/          \_
           〃, -、 , -―- 、     {: :`ヽ    参加者たちは大いに酒を飲んで、
           / /   {: : : : : : } , -‐、 ヽ: :ノ
             { ' ,  '  丶---‐'    |   〈     ほどよく酔いが回ってきた頃、ある人がこう言った。
             |    \_     _,  ,      |
           「`‘.       ̄ ̄   , '   /
           |  \             /      「これまで色んな神様の讃美歌を聞いてきたが、
            ヽ  { ⌒ヽ  , -‐ 、  _,/
          \ 〉    ̄    ⌒ヽ         エロス(キューピッド)の讃美歌を聞いたことないな。」
               / , -―-、   {´ ̄ `丶、
           / //  / ヽ  ヽ __ ノ
            |  V   {   }    |          みんな確かにそうだ、と納得して、
           ',  >  r--‐'    /-―…= 、
           ヽ   ̄      /: : : : : : : : :)    エロスへの讃美歌を歌おうという話になる。
           /丶 . __,.  く  ̄ ̄ ̄ ̄
              /: : : : /   ヽ: : : : \
          /:/: :/:/      ゝ:_):_:)ノ
         丶-‐='′




                   _,,..  ..,,_
             r::::::::ァ'"´      `丶:::::::┐
             l:::/           \:::l     順番にみんな歌を発表していくんだが、
             〃      ___         ヾ
             ' === /´: : :`ヽ === ',    今回のテーマでいうと
            { ///     ゝ: : : : :ノ   /// }
                ',  ,   '    ` ̄´    '   , '    パウサニアスの作った歌が”やばかったんだ”。
             ヽ   '   /\    '  /
             / >/⌒\` ̄´/⌒ヽ<ヽ
               乂     'ー一'      乂     男同士の愛の在り方を何ページにも渡って書き連ね、
                    V⌒\     /⌒V
             r― 八   ヽ ⌒ /   八       肉体同士の快楽や本能に基づかない
               ヽ:::::{  丶 _ノ  、_  ´  }
                ヾ',    >   <   /       心の底から愛し合う、そんな愛の在り方が良いのだ。と
               ヽ、   ̄ ̄   〃
                 /::::` ァー----‐r::::´\       そんな感じの主張をしたわけだ。
              く/:::/:::/      ',:::',:::', >
                ` ̄´         ` ̄´


*エロスへの讃美ではないとツッコミがあるかもしれないが、ギリシャ人の感覚ではエロスと愛は同じ。


1783 : ◆XksB4AwhxU : 2020/09/29(火) 21:39:49 ID:lZw3By3A




             _ ,  -―-  ..,,_
           /::; '′        `丶-  、
             {〃               {::::::::i     そのあとも色んな人が色んな讃美歌を作ったんだが、
          /  ‐' , -―- 、ヽ-   ヽ::::j
          ,' /⌒', {: : : : : : : ', /~ヽ  j| `{      とうとう最後にソクラテスの番がやってきた。
           { ,     ゝ : : : : :ノ   ,   U }
          ', , '  、   ̄´ _,   , '   '
          >'⌒!    ̄ ̄         /      実はソクラテスは以前からエロスについて気になっていて、
         /   |⌒ヽ  , -‐-、, -‐ 、/
           {     ノ   'ー'      _ }        宴会の前に巫女ディオティマにエロスについて聞いており、
         '、   ノ   __     {  `ヽ
          `¨/   //  /\  ヽ   }    
              {   〈 l   l  〉   )_ノ  ̄ `丶  それを基にエロスへの賛美を始めるわけだ。
            ',    >  r‐'     /::::::::::::::::::::ノ
                >、 ` ー‐'    /:::::::::::::::::/
          /::::::丶..,,___,,..  く ¨ ̄ ̄´
            /::::/:::::/    ヽ:::::::::::\        これから大体の内容を書こうと思う。
         丶--‐'       ヽ:ヽ::ヽ:〉
                        `¨¨´




               ...::::ヽ
          />≦´ ̄ ̄``丶.            まずエロスは不完全な存在なんだ。
        //::( ノ       \
       / , ゞ-‐' 、         ヽ         というのも私たちは自分が持ってないものを求めて
        / , ' {////∧           ',
      ,    ヽ ///ノ         」        恋に落ちてしまうからだ。
        {   /l>、`¨´    ,ィ= 、    /:::\
      ',   ' / \_    /:::し:/   ,:::::::::::}
         、 {    l/フ , ゞ-‐'    {::::::/       喉の渇きから水を欲するように、
         ヽヽ _./    ,     `フ´
           \ , -‐-、 ' , -‐- 、  /}         愛の渇きから、私たちは愛を求めてしまうのだ。
       く´ ̄ ̄`丶   V     }'´ ノ
       \     \       ヽ
           \    }        ヽ        だからエロスとは神というよりむしろ、
            /{丶 _/             ',
         { ハ              }       不完全にも愛を求めてしまう精霊なのだ。
         ヽ∧             ;  -― 、
           `ヘ           __ノ::::::::::.ー}
             \      r 、 {:::::.. ̄ ̄ ̄¨フ


1786 : ◆XksB4AwhxU : 2020/09/29(火) 21:40:27 ID:lZw3By3A




           _ ,  -―…-- ..
       /´: : :/ 、       u `丶
       /: : / x==\_,         \- 、    ここでエロスへの賛美は終わるが、
       {: :/  {{   }} /´ ̄`丶 イ==、 ヽ: }
       j:/    ≧=彡 {: : : : : : : : :}ハ  }} V    ディオティマは更にソクラテスにこう言っていた。
       /'' U  ,   ' 丶 : : : : :.:ノ ゞ=='  l|
       {  u   ,   _,,. 二二 .._  '  , u|
         ',      /l/      l/ヽ '    ,'    愛とは最初に肉体美から『美』を求める衝動で
         ヽ    / -――- 、    }    /
       〈⌒ヽ, -‐- 、     \  /  /      この先に精神的な『美』や『美』そのものがある。
        \      ヽ---- 、 _)/ /
        /ヘ、    }ー-/´ ̄`ヽ'         だからまずは肉体的に愛しなさい
      //⌒\          / 
     /  {    ヽ      /⌒ヽ
     /  |     |     /     }          どう考えてもBL本で 「思いを伝えたほうが後悔しないからry(」
___l    ヽ     |    ,'     /
: : : : : : {      \_,ノ    {   /l           とか忠告する女キャラだ…(BL本に対する偏見)
: : : : : : :ヽ             丶-'´ ノ




                  _,,..   ..,,_
             , -‐ ァ'"´       `丶ー- 、
                {:::/            {::::::::ヽ      こうやってソクラテスの歌が終わって宴会が終了…
            〃                 \:::::}
                /                `(        と思いきや、ここで参戦したのが
               ,'  >、         _ ノ      ', 
           | {:::しl /´ ̄`ヽ  lJ:::}     }
               '、 乂::ノ {: : : : : : : }  乂::ノ     /
            ヽ ' , ' 丶----‐'―v、 ' , ' __ ノ       みんなのアイドル ア ル キ ビ ア デ ス だ。
              i\ 〈v     /⌒Y´ /´ ̄`)
                 ゝ ⌒ヽニニ (       /    /― 、
             \\ /⌒\           ヽ __/::::::::::::/
                \ {    ヽ          |::::::::::/   最後に締めくくるのはアルキビアデスの
       /二ニyヘ    丶 __ノ          ,':::::/
    丶  |     } /    入            /"´       エロスへの賛美になったのだが、
      \ヽ -―rJ // /:::::ゝ. _       _ /\
         ヽ-'   "  ヽ:::::::::::/ ` ̄ ̄´{:::::::::::::::}       ここはアルキビアデス、燃料を投下する。
                    ̄´       丶---‐'


1788 : ◆XksB4AwhxU : 2020/09/29(火) 21:41:19 ID:lZw3By3A




              _,.  -――- .、_
           , ´         {: : : :`ヽ
            _/            \: : : : |      自分の愛という感情はソクラテス以外の誰にも
        //           ___    \;_ノ
         |:/   /´ ̄`ヽ  〃⌒ヾ      ヽ     感じることができない。
         / , =、 /     ノ  ゞ==彡       |
       l li  liゝ  __/   '   ,      |
       | ミ='",    ーァ―- 、 ,      '       だからエロスへの賛美ではなく、
         ,  ' ,  //    |         /
       丶    V     , -― 、 _ /       私のソクラテスへの愛情を歌わせてくれ。
   r― 、  /\/⌒\ ___/      \  `ヽ
   ヽ     { /     }  {     , ´ ̄ ̄ ̄ ̄`}
     \  ゝ            /       /
      \/            {       /    なんて発言するが、ここで終わるわけがないのがアルキビアデス。
       / . ィ  ̄ `> 、        \    /
     / /  |   /  }        `T´        歌の中でもっとすごいことを言う。




                 /:>―-  .._
              /くこ) -- 、  `丶、
     , -―-、    〃' ,  /:.:.:.:.:.:.:.:ヽ   \       ある日、アルキビアデスはソクラテスと一緒に寝たんだ。
   /  \ /   / '   ゝ :.:.:.:.:.:.ノ /,ニヽ ヽ
  /--、   ⌒)  {   , - 、 ` ̄´  ー┘}  lヽ    アルキビアデスは唯一ソクラテスだけには
  {    ヽ  / /」_ くlj―-ヽ     ,       }:::::〉
  丶-‐'⌒ー'  { ´ `ヽ\   ハ       ,  //    その美しい身体を捧げてもよいと考え、一晩中待ったんだ。
      く´ ̄ >     L. \__,」    '    /´
        >'´       `" ̄`ヽ      /
       /              _ノ--r--‐'´           でもソクラテスは手を出してこない。
r―- 、 /             へ、 ノ
{二:::::::::::{           /   \               そんでソクラテスに問い詰めたら
ヽ ::::::::::::ヽ          {_     )
    ̄ ̄ \        ∠ ̄ ̄ ̄            「私の内面と君の美貌、交換などできようか?」
        丶  __/:::::::::: ̄`ヽ
           /::::::::::| ヽ :::::::::::::ノ             とはぐらかされた。
             /::::::::::: |    ̄ ̄
          {::::l:::::l:::j
          ヽ」__」ノ                     んでどうしても愛されたいアルキビアデスは次の行動へと移る。


1789 : ◆XksB4AwhxU : 2020/09/29(火) 21:42:01 ID:lZw3By3A




                , ‐- 、 __
            /::::::::/´     `> .
             , 'ー='´           丶        ソクラテスと一緒の布団に入り、
          /                 \
         ハ                   ',、 
        ,    __                  i:::.、   肌を密着させ、
        |  (  ・ )|  _           |:::::〉
        .  ,   ̄  /´.:.:.:.:`丶           |::/
        ∧  ,  '  { .:.:.:.:.:.:.:.:: } ノ__     !'     わざと荒い息をする。
         / 丶-- 、   丶 __ ノ (  ・ )  /
     /⌒ヽ      ', / |     '  ̄,   /
     {   ',    !  ̄  _   '    /
     ∧    |     ` ー'´   `ヽ-‐ァ<_        威力120で与ダメージの三分の一が跳ね返りそうな大技を
     | \__,ノ . -―- 、        /    丿
     |   /  ノ   ハ     r_≦ニ-‐ ´        仕掛けていたことを暴露した。
    、  \_,/   / }     ;:::/
   , ヘ、  く    ∠._ノ    /´
  /:::::::::::::>、  丶-'       /                  それでもソクラテスは手を出さなかったらしいが。
 (::::::::::::/   ` ー---rー=≦:\
   ̄´         丶 ::::::::::::)
                   ` ̄´




            -―-  .
         r::ァ'´       >‐ 、
       V         ヽ:::::::}      そのあとなんだかんだでソクラテスは凄いと結論が出て
          {          `¨}
        ', ー(::::::::) ー ' u /         アルキビアデスのソクラテスへの讃美歌は終わる
         ヽ∵ーv―vク∵ /
        (⌒>-=く⌒⌒) __
         `(_   /⌒`ヽV´::::::::}     これが哲学史上もっともホモホモしい『饗宴』の内容だ。
         / 〈_厂`ト┬―' |:::::::/
         {  〈_ノ ̄   ノ:/
          _ゝ. _     _ く´
        ((_(ノ  ̄ ̄ {_{__))                   ~~~終わり~~~


1796 : 尋常な名無しさん : 2020/09/29(火) 21:44:10 ID:4lgyxpzk

乙でした
アルキビアデスのはただの黒歴史暴露だったのでは・・・?(ボブ訝


1798 : 尋常な名無しさん : 2020/09/29(火) 21:44:35 ID:D0CSpYJk

投稿乙
う~ん、ホモホモしい…

> それでもソクラテスは手を出さなかったらしいが。
その時のソクラテスはホモではなかっただけでは…?


1801 : 尋常な名無しさん : 2020/09/29(火) 21:45:35 ID:9fsjYews

>>1796
古代ギリシャでは普通のことだから…(震え声)


関連記事
[ 2020/10/01 07:40 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(3)



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-45664.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13