以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-45352.htmlより取得しました。


読者投稿:ルバイヤートな小咄 その1~そもそもルバイヤートって何よ~

目次 国際的な小咄

2928 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 11:23:37 ID:1l75ttVU



____________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ルバイヤートな小咄 その1~そもそもルバイヤートって何よ~
____________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


         「特に強い目的もないけど、今回ルバイヤートを紹介していきたいと思う。

               あえていえば布教目的か?」



                               「投稿者の自スレで解説役やってるので

                                   手になじんでるキャラとして俺が起用されたが」
             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)
           | U  (___人__)
            .|       __ノ__
            |     _/ ___\ヽ_
               人、   '-/____ ヽ  |            「もちろん農学のあの方とは別人だということを
            _,/( ヽ、  __'-〈 、 ヽ  |
   _, 、 -― ''" :l : :.\  ヽ,、.゙,/ヽノ}   ト、               まずはご承知おきいただきたいだろ」
  /. : : : : : : : : : :|_: :.ヽ、 ∧:::〈ヽト{   〈j)、
 丿: : : : : : : : : : : : /: : :.∨ |:::::', |: ゞニニ彡〉,
. i : : : : : : : : |: : : : : \ : : : `、|::::::|,|:〈: : : : : : : ∧
/. : : : : : : : : !: : : : : : : \ : : :.'、:::::| : 〈: : : : : : : ∧
: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : \: : :'.,:::|: ;∧: : : : : : : ∧
: : : : : : : : : 丿: : : : : : : : : : :.\: :V:./-∧: : : : : : : : v              「あちらはスーツ来てないからセーフ理論。
: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : レ : : : ∧: : : : : : : :}
                                               そしてきっと農学の人は怒らない(一方的な信頼)」



1/6

.





2930 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 11:25:07 ID:1l75ttVU




    / ̄ ̄\              「禊をすませたところで本題に移ろうか」
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃               「今回は”ルバイヤート”とはそもそも何か、
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉                    という話を簡単にしていきたい」
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|                     -------  ──       ──── ---──  -- ─
                              , '"´   元来の意味はペルシャ語の四行詩『ルバーイイ』の複数形、    ヽ
                             /                                              \
                            ′      それが『ルバイヤート』なのだが、ここでは特別な注釈がない限り    ヾ
                            i                                                  i
。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚. {.         セルジュク時代のペルシャ人オマル・ハイヤームが                 }
                            i                                                  i
                            丶      創ったと『される』四行詩の総称のことをさすと思ってほしい        /
                                   ─ ───  -- - ----  ──────  --   ───   ´
                 , ―==――--
ー――---、        / /                              '"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       \       l  /                             /                             \
ヽ 〉〉 〉ヽ λ ヽ      、 ヽ            <心               なお、ハイヤームの読み方として『ハイヤーミー』   ヾ
::t // /-/ /_| .|       > フ――――- 、    ヾ 〈            i                                 i
:::´::l |:::::ソ::::ヽリヽ     ´         \ \    | |.           i..゙『カイヤム』『カイヤーム』などのブレもあるが.     .i
::::::::`":::::::::::::::::::::::::ー-' __ i        、 \ \  | |.           i                                 i
_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   / _∧    ヽ ',ヾ ヽ | |            ここでは『ハイヤーム』とする                   /
  ≧ー- __ノ/ ̄  t--- '   ト .T二ヽ―-- l マムy/               ─ ───  -- - ----  ──────
/     `ー、ノ l  i  | ィ'´ヽヽ  | ', |ス tj Tヽ l | レ7/
          |  l / .,tォミ ヽ | ヾー=='-メ' | l | `|
          |  Y .V ヽツ   \ :::::::::::::::::V  イミ|
          ', i  .|\ー'::::::::::、:::      |  / |ヲ            『名前のほうもオウマだったりなんだったりする』
           ヽ\ヽ |`    r==、    // .|  __
             ',` ヾ     | ,-,‐ヽ //  /三三三三三
             _」  \   ∨  ノ  イ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ―
       _, ――‐ヽ  弋>、 ヽ_ノ__/ /  /|≦三≧ュ_
 ̄ ̄ ̄ ̄         \  \: :ヽ    l  / l: : :ヽ三三三≧
                 ヽ  ヽ: : ト、   | イ  ヽ4: ∧三≧、三
                  ',  ',: :ト、.   |  |    ∨∧≦三マ
               l   ∧  l: | ヽ |  | ----∨: :ゝ `
―――――――--   l  /: :| | .|:/    l ,、|     .K: :|
        ∨三/ヾ  | /:く´| || 〃    レ'リ     |: : \         【オマル・ハイヤーム】
          ヽ/,仼  /: : : ',ソ ソ     i      、|: : /
          ,仼//: : : : : :|/      |       ヾり          ※実際は男です。ただこいつ以上の適役がいなかった。
          `>': : : : : : :/        }        \

〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o ゚〇 o。o ゚〇 o。


~読んでも読まなくても特に問題のない注釈~

ハイヤームの本名はギヤース・ウッディーン・アブル・ファトフ・オマル・ビン・イブラーヒム。
『ハイヤーム』とは『天幕づくり』のことで、ハイヤームの父がこの仕事に従事していたためにこれを号した、とされる。


2/6

.


2932 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 11:26:36 ID:1l75ttVU



         「ハイヤームが創ったと『される』という言い方にはもちろん理由があるが

             ひとまずは脇においておくことにする。解説するとしたら続編でということになる」


                      ______
                       /    \-一ヽ、 __r‐- 、
                      /   __,ノ ヽ、_,7    7 } : : : :\__
                   |    ( ─)(─)/` ‐  / /: : : : : : : : : :` '' ‐-、_
                   | U  (___人__)‐-─≦/.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : :丶、
                   |     ` ⌒´ノ    └‐-、__:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : ヽ
                   |           |          `ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : :}
                   ト、       |       __,. -<`丶、.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : :/
                   ハ、.,ヽ., ___ ,__ノ--─一⌒V : : : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:r´
               _ ,.-=〈:.:'、`ヽ、___  ヘヽ:.\: : : : : 、: : i:: : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:/
            _< : : : : ∧ :ヽ   /:::ヽ  Vヽ:ハ : : : : :ヽ: : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:./
        , -‐ '´: : : : : : : : : : :∧、 ∧::::::∧ l: : <:_: : : : :i: : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:_r'´
         /: : : : : : : : : : : : : /: : l V  !::::{ `!: : : : : : l: : : i:: : : .:.:.:_、-‐''゙´
       f : : ヽ : : : : : : : / : : : : l   l::::::i  l: : : : : /. : : :!.:.:.:/
       ゝ: : : i: : : : : : :〈: : : : : : : l  {::::::i !: : : : /: : : : :l/
        j : : : : i: : : : : : : ヽ: : : : : : ゙、 !:::::::i l: : : :./ : : : : :!



             「で、ルバイヤートは、ペルシャ文学の中で

                 世界に最も知られている作品だ、といわれることが多い」



                    「実際、英語、日本語、ロシア語はいうに及ばず、

                         ラテン語、ギリシャ語、中国語エトセトラ、

                              



~読んでも読まなくても特に問題のない注釈~

ルバイヤートの翻訳が行われた言語は

英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、日本語、中国語、ラテン語、ギリシャ語、スペイン語、

ポルトガル語、カタロニア語、バスク語、オランダ語、デンマーク語、ノルウェー語、スウェーデン語、

チェコ語、ポーランド語、ハンガリー語、ロシア語、アルメニア語、ゲール語、ウェールズ語、ローマニ語、

ウェルシュローマニ語、アラビア語、トルコ語、ヒンディー語、ウルドゥ語、ベンガル語、オリッサ語、グジャラーティ語、

マラッタ語、ヴォラピュック語、エスペラント語、シンディー語、パンジャブ語、セイロン語、テルグー語、

ラムヤム語、マン島語、アイスランド語など、らしいですわよ奥様。


3/6

.


2934 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 11:28:09 ID:1l75ttVU





           / ̄ ̄ \
           ⌒ `'⌒  \            「日本国内においては、最も早くルバイヤートを紹介したのは
             |(⌒.) (⌒ )   |
          |(__人___)    |                小泉八雲が行った帝大での講義において、ということになると思われる」
              |         |
              i          |
             ヽ  、    . {
         -≦'ト、ーー- ´ ハ、
      /: : : : √ヽ、∠´//. :ゝ、
     /i : : : : /「::::/\ /. : : : : : : :.>、
     iV: : : :/ /:::/  /. : : : : : : : : : : : .\
     i.| : : ,' /:::::,' .:´. : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
     ii: : : i/::::::::i /. : : : : : : : : : : : :/ : : : : :',
     ;.: : : r::::::::γ: : : : : : : : : : : :./ : : : : : : : :         「作品としての登場は、明治四十一年に蒲原有明が英訳に基づいて
     i : : : i::::::::/: : : : : : : : : : : : : : : : :ノ : : : :i
     i : : : i:::::/ : : : : : : : : : : : : :.l : : / : : : : :i            六篇を翻訳したことを嚆矢とする」
     ' : : : i:/: : : : : : : : : : : : : : :ハ :/. : : : : : :i
     | : : :./ : : : : : : : : : : : : :/ :Y.. : : : : : : :i
     | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.|: : : : : : : : :i





~読んでも読まなくても特に問題のない注釈~

※蒲原有明(かんばら-ありあけ)

明治八年(1875)~昭和二十七年(1952)生没。
詩人。
著作として『草わかば』『独絃哀歌』『春鳥集』『有明集』他。
本邦における象徴詩人の一頂点であるといわれる。


4/6
.


2936 : 尋常な名無しさん : 2020/09/20(日) 11:29:12 ID:xdKoBn4.

たしかアルスラーン戦記で単語としては出てきてたような>ルバイヤート


2937 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 11:30:07 ID:1l75ttVU




                    / ̄ ̄\
                  /   ,ノ ヽ、_
              |    ( ●)(●)
             |     (___人__)           「蒲原版を皮切りとして、日本語でのルバイヤート翻訳は
                  |        、'
                 |       |             竹友版、森版、堀井版、小林版、長谷川版、澤版、矢野版、蠣瀬版、田辺版
                }._\     , |
        .__ __ ,.〈\\>ニニァ´                 荒木版、大住版、黒柳版、徳沢版、赤木版など様々な人物によって
       /: : < : : : : : : \  /゙i ゙i、
      , ' .: : : : : : : : : : :l: : : .∨',:::::ト|゙i \_               度々繰り返されていく」
     .{ : : : : : : : :゙i : : :」 : : ::', Y´゙i. |: : : : .\
      |: : : : : : : : :\ : : :\ : ',|::::::i |: : : : ',: : `,
     ', : : : : : : : : : | : : : : : : :.',:::::゙i|: : : : . ',: : }
       (,:/:/ニ`ン---r : : : : : ',::::| : : : : : ',: : ',
        `: ´ : : : :V ,r'二ヽ_: : : : :',:|: : : : : : ',_,rー'、          「ただ、多くの翻訳は英国人エドワード・フィッツジェラルドによる
       {∨ : : :└」_,r' 二 ヽ: : : : ',|.: >< ̄\.: \
       {: ∨ : : : : :」.ゝ-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : ゙i ム: : : ' ,           ルバイヤートの英訳版を日本語化したものになり、
         l: : ∨: : : ./: : : : : : : : : : : : : : : : 、/: : : : : : }
        }: : : \ : : : : : : : : : : : : : : : /゛ ̄: : : : : : : :, '            原典であるペルシャ語からの日本語訳は、

                                             上記の中では小川版、荒木版、黒柳版くらいだ」


                                            「とはいっても、ペルシャ語の方でも

                                                  様々なバージョンがあるんでこれまたややこしい」


~読んでも読まなくても特に問題のない注釈~

※エドワード・フィッツジェラルド(Edward - FitzGerald)

1809年-1883年生没。
イギリスサフォーク出身の翻訳家。
もともと裕福な家柄なので必要に迫られての仕事はほぼなく、仕事上の業績は多いとは言えない。
好きなことしかやってない変人なので、翻訳家、詩人というよりもディレッタントと呼ぶのがふさわしいとも思われる。


5/6

.


2938 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 11:31:17 ID:1l75ttVU



          「……といったところで、ルバイヤートとはなんぞや、

              と簡単に紹介してきたが、今回はこれくらいにしておきたいと思う」


                                              / ̄ ̄ \
                                              __ノ `⌒   \
                                                (●).(● )    |
                                             (__人___)    |
                                                 , =二ニニヽ、   |
                                               /  二 ヽ、`,┘   ト、_____
                                               /   -、 }、j┘  イ// : : : .`' ー- 、
                                          /    /{_/ニニ,´>/ : : : : : : : : : : :ヽ
                                             _/___ ノ : 「r{::::ヘ  / : : : : : : : : : : : : : : '、
                                            / : : : : :ヾミ : :.i r:::', y : : : : : : : : : :/ : : : : : :'
                                            : : : : : : : :/ : : i .i:::::i ,i : : : : : : : : : r : : : : : : : :i
                                          ,' : : : : : : : / : : : :i i::::::ii: : : : : : : : : : :| : : : : : : : :|
                                          ,' : : : : : : : ハ : : : :',i::::::ii : : : : : : : : : :.| : : : : : :/|
                                    ,' : : : : : : : /. :ハ : : : :',:::::|: : : : : : : : : : :| : : : : : : : :|
                                        / : : : : : : :./ :/ V: : : : ',:::|: : : : : : : : : : :| : : : : : : : :|


                  「次回のテーマは『ルバイヤートの世界』を扱いたいと思う。

                        それに先駆けてルバイヤートの中から小川版より一篇紹介しておこう」



  ┏━                                          ━┓
┏┛| ̄                                             ̄|┗┓
┃| ̄            恋するものと酒呑みは地獄に行くという               ̄|┃
┃|                                                    |┃
┃|              根も葉もない囈(うわごと)にしかすぎぬ                |┃
┃|                                                    |┃
┃|              恋するものや酒呑みが地獄に落ちたら               |┃
┃|                                                    |┃
┃|_            天国は人影もなくさびれよう!                    _|┃
┗┓|_                                            _|┏┛
  ┗━                                          ━┛


6/6

.


2939 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 11:32:27 ID:1l75ttVU

ありがとうございました。
続きは内容をチェックして正午ごろに投下する予定です。


2942 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 11:35:25 ID:1l75ttVU


とりあえずテンプレに従って
都道府県:香川県
指定駅:観音寺駅

青春デンデケデケデケ好きなんで


2940 : 尋常な名無しさん : 2020/09/20(日) 11:32:50 ID:URrijS9o

おつ。
ペルシャの文学といえばアラジンと魔法のランプだと思っていたから、
ルバイヤートが一位っていうのは違和感ある。


2941 : 尋常な名無しさん : 2020/09/20(日) 11:33:27 ID:.qWgxN2o

導入投稿乙
ハイヤームさんは超一流の詩人なんかな


2943 : 尋常な名無しさん : 2020/09/20(日) 11:36:29 ID:5K3Wid.Y


小説の翻訳家は大変なのはわかる、詩の翻訳はよくやれるな


2944 : 尋常な名無しさん : 2020/09/20(日) 11:40:09 ID:ju29kdcQ

投稿乙
ルバイヤートはハイヤームさんの4行詩集でいろんな言語に翻訳されてるベルシャ文学で一番有名な詩集なんやなー(脳死的反応)


2945 : 尋常な名無しさん : 2020/09/20(日) 11:40:30 ID:RRQ1I1vc

ペルシャで飲酒者を持ち上げるのはいいのか…と思うが
飲酒に厳しくなった革命以降(1978年)のイランの印象が強いせいか?


2946 : 尋常な名無しさん : 2020/09/20(日) 11:45:37 ID:xdKoBn4.

>>2936で書いたけどアルスラーン戦記だと四行詩って書いてルビがルバイヤートだったから
てっきり「俳句」とか「短歌」みたいな作品の形式を指す単語だと思ってたわ
特定作者の作品集だったのか


2948 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 11:53:40 ID:1l75ttVU

>>2946
いえ、四行詩ルバーイイの複数形がルバイヤートです。
ですので四行詩とかいてルバイヤートでももちろん(単数複数を除けば)あってるんですが
文学の歴史上ルバイヤートといったらやはりハイヤームのこれになると思います。
そのあたりは個人的な認識をそれぞれ持って全然かまわない部分かと。


2953 : 尋常な名無しさん : 2020/09/20(日) 11:58:02 ID:ju29kdcQ

4行詩(ルバイーイ)
4行詩集(ルバイヤート)
ルバイヤート(ハイヤーム氏の詩集を指す)

こうなのか


2955 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 12:00:40 ID:1l75ttVU

>>2953
四行詩集を意味するルバイヤートという言葉の代名詞がハイヤームの詩集、って感じですかね。

反応ないので続き投下します。
よろしくお願いします。


関連記事
[ 2020/09/21 23:39 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(3)



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-45352.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13