以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-44617.htmlより取得しました。


読者投稿:ぶっちゃけ、チベット人はチベット独立をどう思ってるの?

目次 国際的な小咄

6876 : ◆ANdJvAgMik : 2020/08/26(水) 21:14:54 ID:ytdb3pDA




     \`゛¨ '' ‐- ...r――――  、
       \::::::::::::,.:'´:::::::::::::::::}::::::::::::::\
        \::::/:::::::::::::::::/ハヘ:::|:::::::::∧
         /:::::/:::::/:/:::{::::} \ヽ:::::::|
        /:::::{::/:::::/:/{:::::{;/_、‐''゛ヽ::ミ |         二度目まして
         {::::八, '" ̄ 乂/  r芯^ヾ|::}
        乂{::∧γ芯h    V:ソ ∧:}        前回チベット仏教の高僧について投稿した者です
           〈:∧ ゞ゚'’ L     / /:}
             \' ,   r―‐┐ ,.イ::::|        大学が夏休みだしコロナで暇なのでまた作ってみました
            |:::: \  乂__ノ /::::!:::::|
            |:::::::::::≧s。.._/|::::::::|::::::|        題して、「ぶっちゃけ、チベット人はチベット独立をどう思ってるの?」
            |::::|:::::/| >< }≧s。.::::|
           _,,.、丶´:.:. |∧:i:i∧!:.:.:.|:.:.:≧s。._     チベットについては全然情報が入らないので疑問に思っている方もいるのでは?
          /:.:.:.:.:.:./:.:.:.:| |:i:i| |:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
         ./:.:.:.:.:.:.:.:>:.:.| |:i:i| |:.:.\:.:.:.:.:.:.:.: ∧    ちょっと危険そうな話題ですが、いってみましょう!
        /:.:.:.:./:.:.:∧:.:.:.| |:i:i| |:.:.:.:.|:.:.:.:.∨:.:.:.:|
         ∨:. .′:.:. ∧ .:| |:i:i| /:.:.:.:/:.:.:.:.: }:.:.:.:/
         |:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.\\:i:i/:.: /:.:.:.:.:.:.八:.:.}
         |: 八:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\V:./:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:./
         |:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./





6877 : ◆ANdJvAgMik : 2020/08/26(水) 21:15:22 ID:ytdb3pDA





        【大前提!注意!】

              _
             i:::::∧      . -‐――― - 、
          _  |:::::::::}  .r≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::≧ュ. ___
          \::v::::::://:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`´::::::::::::::::::::::::>
           \ヽ/::::::::::::,、:::/::::::::/}:::::::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::、:::<
             〉:::::::/::::/ }:/:::::/::::/ }:::::::::::::::/_V:::::、:::::::::::::\:::::\
             ,':::::::/::////-{:::/ /::::::::::::://   V::ハ:::::::::::::::::\::::::',
            .i::::::///_レ___l:/ /:::::::::://___ V:}__V::::::::::::::::} \::}
            .|:::// ――   V::::::::/ /  r 二 V、 V::::ト、::::i  リ
          ._|レ / / ⌒ハ <:::::/― |   /⌒ハ  }  i::::l }::::/
          ./ .|:{ /  ト_ノイ   ̄ } ̄ ̄、   し ソ   r⌒}レ
          i ト,∧  ` 一 ´    /    \  `ー´   ,' / /
          ヽ ヽ >、        /   '   \____/レ ./
            \\ >―――    _         / /    そもそも中国国内でチベット人にそんな質問していいの~?
             \_)          /   ヽ        /ノ
              >::\     /      i      /
             ./:::::/\    、      ノ    /
               ̄    >           <
               ___/::::| _>---<_|::\____
           .r≦::::::::/:::::∧////∧_∧////::::::::ヽ::::::::::\
         /|::::::::::::::::::::,':::::::::::∧〉///{//}////〈:::::::::::::',::::::::::::::::、



          \
           >
          /                从          \
         /                |  |          |
        (           从     |   |            |
        |   |      从 ノ  ノ   |    |          |
        |   |  |  ノ  ) ノ  ノ八  |     \ \    )  駄目です!絶対にやめましょう
        |   |  |  ( ------′   | ー-----\ \ ノ
        .|  |  |  ヽ/T(/ ̄Tヽ ノノ T( ̄/Тヽ \ /    中国国内でチベット人に政治的な話題を振ってはいけません 特に独立問題なんてやべぇ
         \|\ |\/|    ー-        ー-′ |    \.
           \\/ y|                 |\ \/   自分たちは大丈夫でも、相手に迷惑がかかる場合があります
             / く |       ο    〃  | \  \
             \イ \_|               |_/|\/   チベットを旅行する際、代理店からあらかじめ「そういう話は振るな」という注意があることも
               |    |     (_)     |   |
              ノ     \         /    |      政治的な話題の展開になってしまったら?成り行きに任せましょう
             ノ        \      /     |
           ノ          | \ /  |     ノ
         ノ            |       |    ノ

                                                     仮にこのスレを見ている中国政府の方がいましたら、

                                                     「チベット人の証言」ではなく「投稿主の判断」がメインですのでご安心を

                                                     まあ大丈夫だとは思いますが(笑)


6878 : ◆ANdJvAgMik : 2020/08/26(水) 21:15:43 ID:ytdb3pDA




 【チベット人の気持ちbefore】




   ∧_∧
   ( ・ω・)   =─[>    ソ連の助けを借りてでも独立してやるぜ!
   (っ  ─O─ =─[>
   /   )    =─[>
   ( / ̄∪ バババ





 【チベット人の気持ちafter】




        Λ_Λ
       (´・ω・`)       もう…無理かな…
       ( _ )
        U U         しょうがない


6879 : ◆ANdJvAgMik : 2020/08/26(水) 21:16:06 ID:ytdb3pDA




               /""'''丶、          _ _ ,, .. -
              /      `ヽ--' ' ' ' " "     /
            /                    /
           /                     /
         /                     /
        /           /          `ヽ、
       く           /    ,,.へ/        `ヽ、     この気持ちの変化はやっぱり2008年のラサ暴動が大きいですね
       i          //  _,、‐'" /  /`ヽ      /
        i       / /_,、‐' _,、‐'__,、‐'"ノ  |    /
        i      /  /"    ""/,、‐'"__,, /    i        ①国際世論が中国の前には無意味だった
         i     /  /,`,"''丶、 ""   "  ヽ    i
         i   /  i !..,,,`i        ..  /    丿       ②ラサ暴動後、締め付けが強化された
       /  /i   ヽ、.;;;ノ       /、`ソ   /
       |  /ヽ-ヽ            i;;;/ /ヽ  /
       \ \ \|              / i  ノ           ラサ暴動前は、チベット自治区内でダライ・ラマの写真を普通に買うことができました
        /  \  \          、 / //
        /    \__,ヽ         ⊿ /              今は厳禁されていますが
       i       | \   <  ̄/  //i
       i        |  \    ̄ /' "  i
      i      / `丶、, \_/  \  |
      |      / !     `''-''i     \ i
     i      / ヽ             i ヽ|






         |  人    ノノ 从    ノノ 从  从ノ
         |  リ  人 从     ν从 ノ 从 人 ノ
         | | λ /ノヘノノノ    へ\ \ |  |
          | |  ´  「  |      |  | `  |  |       行動が失敗して締め付けが強化されたら、
          < /|   、 L/ノ      L/ノ  | L >
          l L |              ′ | |  |       「やらなきゃよかった」になるのも仕方ないですよね
          | L|       ヮ        レ   |
          |   |             /  || |        それに、チベットが自力で独立するのは難しいので、国際世論に頼る必要がある
          |  |  |      へ      /  | |  |
         | |  |   \    ´   /   |  |  |      しかしその国際世論も、中国の前には役に立たないことが明白となってしまいました





              . .   .  . . .. .: . . .  .
             .  . .: .:.: .:. .: . .: .: .:. . : .: .:.. : . . .
          . . ..:..:.:.::;:;;';:;';';.: '"´    '  ;.:.. : . .
         . . ..:.:.:;:;';;';'.''´                ;.:. . .
        . . ..:.::;';':''                    :.:. : .
         . . ..::;'′                      ,:.:.. .
         . . .:.;'                      :.:. .
         . ..:.;                           ;.: . .   それに、ダライ・ラマ法王ご自身がもう独立を強硬に主張されていません
          . ..:;                       :.:. . .
         ..:.:;                       ;.: : .   基本的に中道(対話・和解)路線です  中国における高度な自治を求めています
         . .:.:,                     .:.:. . .
           . .::,                       ,:.: . .   これ以上この問題でチベット人に傷ついてほしくないのだと思います
           . . :.,                   ,.:.: : .
            . . .:...                    ,..: .: . .
             . .: :': . ..             ,. .:.: . : .
              . . : .: ' : . ...,. .,... . : ' :. : . .
                 . : . .: . . : . : .


6881 : ◆ANdJvAgMik : 2020/08/26(水) 21:16:25 ID:ytdb3pDA



                           ______                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                              |iiiiiiii|lllllllllllllllllllllll|      __ ____ |++++++++++++|
                              |iiiiiiii|lllllllllllllllllllllll|     |≠≠| lココココココ | |++++++++++++|
             _____       |iiiiiiii|lllllllllllllllllllllll|     |≠≠| lココココココ | |++++++++++++|    | ̄ ̄ ̄ ̄|
               |三三三三三|       |iiiiiiii|lllllllllllllllllllllll|     |≠≠| lココココココ | |++++++++++++|    |日日日日|
          _ _j[]j_三三三三:|   __ _jiiiiiiii|lllllllllllllllllll{[]}    |≠≠| lコココココ r──┬─t ++__|    |日日日日|
 L         |iiiiii|llllllllllll|三三三三|_,.|llllllll|iii|_iiiii|lllllllllllli丁 ̄丁i   H|≠≠| lコココココ |i i i i i |i i i |++「iiiiiii|i | ̄ ̄ ̄ ̄|日|
 ⊥._      |iiiiii|llllllllllll|三三三::| ̄ ̄|llllllll|iii| ̄||llllllllllll|├─┤| ̄|H|≠≠| lコココココ | ̄ ̄`| ̄`|++|iiiiiiii|kz| ロロロロロロ |日|
 iiiiiiii| 「三三 |iiiiii|llllllllllll|zL..L| ̄:|++|llllllll|iii|+||llllllllllll|├─┤|≡|H|≠≠| lコココココ |iiiiiiiiiiiii|iiiiiiii| ̄ ̄|iii|:::::| ロロロロロロ |_|_ __
 iiiiii⊥.」三:r──────ー | ロ |++|llllllll|iii|+||llllllllllll|├─| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|j |iiiiiiiiiiiii|iiiiiiii|====|iii|:::::| ロロロロロロ |llllllll|iiii|
 fエ| lユユ |/| lコココココココココココ | ロ |++|llllllll|iii|+||llllllllllll|├─|三三三三三三|≡≡|j |iiiiiiiiiiiii|iiiiiiii|====|iii| ̄ ̄| ロロロ ,.rfニマiii|
 7ミ| 「厂厂| lコココココココココココ | ロ |++|llllllll|iii|+||llllllllllll|├─|三三三三三三|≡≡|j |iiiiiiiiiiiii|iiiiiiii|====|iii|==| ロロ xzk㌍ミHiii|


また、中国はチベット地域にもの凄い投資をしました

諸外国がアフリカ全体に投資した金額を軽々上回るそうです
(厳密な比較資料が大学図書館にあるのにコロナでいけねえ!違ったらごめんね)

チベットに関しては、「中世からいきなり現代になった」と言われます  チベットには近世や近代がなく、中国が来るまで中世だったという訳ですね

物理的には一気に豊かになったものですから、「自分たちは中国なしでやっていけないかも」と思うのは当然でしょう


6882 : ◆ANdJvAgMik : 2020/08/26(水) 21:16:45 ID:ytdb3pDA





         //::,r'"// 〃:::::::::::/,rヾ,、:::::ゝヾ゙ _,,r '"~´
        ./::`::〃/::::.、:::::,〃/〃::::/l::::lヽ l l lヽゞヽヽ
       /::::/`'::::://::::/リ///l::::/ i /l___.リlゝ',l、'、\\'、
       '、ゞ:::/::/l/i,r'',、// .i / //.リ, 、 リ /,' l '、 lゞゞ'i
        、l:::::::/ イう::ハ   ,ト、///んハ //::::}::::l i  `'
        /::/// 込zク:ノ  //  弋汐 `i/ゞ/     でも、チベット人はダライ・ラマと中国国内にいる人々だけではありませんよね
       〈 ゝ./lゞ'         , r,   lゞ::::/
        '、//、` 、        `'   //         亡命チベット人がいます  彼らの意見はどうでしょうか
        ,':::::``、'"'、    ー‐--   /l l
        ,' /l:::::::::'"~'lヽ、       ./ .lリl          (亡命チベット人にはこちらから政治の話題を振っても大丈夫ですよ!答えてくれます)
       ///l:::::::::::/}  ヽ 、  /:::::::/::l
      ,r'///:::::/ /\    ` '´l:::::::::::/::.!






【亡命チベット人の場合】







         / /  , .1 ii  >'               ̄ヽヽ
           i  /i .ii i∨                      iニi
           ヽ. .'i.i .ii ヽ.)    ¨゚ ‐ ._               i_.i
         ヽ . ヽii i. .i.i ,′  --- ァュ .゚z>、         i.i
          ヽ .i i.i .ヽ`i     .! i::....:::::::ハ' ¨     __ .i
           ハ i i .ハ i     ` ヽ:::::ノ      斥气彡,′
            iノ‐ ヽ`i           ̄     ,' i::::::リ/.,′          ダライ・ラマは観音菩薩(慈悲の菩薩)です
         i   i .i > 、 i                   ', ` =´´,′
         j  .∧  i ヽ.',                -  _>  .,′           だから中国をお許しになるでしょうし、それはもっともなことです
           / ゝ ヽ> ',           _  .゚    ,′
           ,′  /゚ ‐--.ヽ       .´ー ュノ     ,′
         . ,′ ., '  __ i.  \         ‐     /
         ..i  i_ヽ¨ ̄ i    ゚ x_          _ ‐゚
         _i>¨     .i       ゚‐ ._   _ -.゚
         フ  _ - ¨ i         7ー ゚>_
          // /i         i  - _ < ̄
          / i./ .i         i   \\  ゚ ≧‐
         .´,  .,'i  i         .ト   ヽヽ   <






                         ___., -' ニ  , リ         ヽ
                   _ - _ニ-‐ = ュ,¨ ‐ _¨‐./_  ゚̄ヽ       ヽ
                _ -_¨-ニ三‐゚ ̄/// i  `ヽ) ヽヽヽ        ヽ
               ./  _ニ--- 、‐゚ ゚ ./ /  .i .i ヽ i .ヽヽ
             //,  ゚       ミ /  .//  i.i .i ヽ ∨  ト ヽ
              i ゚         i   /./.  ,'.i .i  i .i  i .i ',
             i       z   !__ '  /  // .,′ i ii ,' .i  i
             .i     ./     `ミ   // /  .i i iノ i  i        z
   .            !    /___      ヽ 〃/ /   / /.,′,.′ i    ./      それ故に、人間の私たちが独立のために戦わねばならない
             ヽ >ィヽ .u.,′      ∨i/`ヽ / / //  /   ./ ./
              i. ′  ヽ/       レ.イ i i , ' ./'  /   , ′ .,′       (ダライ・ラマが嘆くので)ラマには秘密にして、闘い続ける
             ,′    ̄         i / / ./ イ  //  /   .ゝ._
             ‐ ;           /,' ¨/."Yi'  //    i      ゚
               `ヽ-─       / ` ´   .i ヽ ヽi     !、
                .`ヽ      ./_  _= .¨ ̄~ー.ニ‐ ._  .゚ ー- ._
                  ヽ _ .- ゚ , = ¨          \ ‐=、     ゛
                   ゚  _ -¨              ミ 、 i
                   _=.¨         _ --‐  ̄ .‐- _ ミ、 .i
                 ∠  z     _ -.¨         `ヽ).,′   .,
                ∠ ./       ,-¨   _          i'     /
               //彡     .i___二¨-‐ ゚          i   / i
              / 彡´   , - ¨                     i ./'   ',


6883 : ◆ANdJvAgMik : 2020/08/26(水) 21:17:04 ID:ytdb3pDA





      `ゞ´                   ゝ、
    ,- ' "            ゞヽ、 、__、ゝ    i
   / /, /  ,、    ゝヽヽ 、-、ゞゞヾ‐‐、  \   l
  /ン// / ,, l l 、. \ ,ヾ‐''",r'三"~`、ゝ,-―ゝ'`、lヽ
  !/./i´/i ll i_,,--ゝ  \  '/ トイi:iハ 丿`i  ソ∥| |
  !ノ l/ リ‐'"ィテ芥、`─ - `ヽ乂zノr'' /  /~~ ] /    でも中国国内のチベット人はもう何も望んでないの?
  リ   │ゝ〈弋:::r i  `、      _ノ’ ~i/ン/
      `i"l"l '‐- './    ^¬―‐'"´  ノ^_ノ'
       ヘゝヽ,,,ノ弋          ィ辷
        ^゙゙ゞi、   -―     .ノ^h ノ^`ーi,
            '''‐、, ' `、  , r '゙.:.:.:.:ノ'´  ィl
              l rゞ‐' '~.:.:.:.:.:.:/  ,r ' \







     //::,r'"// 〃:::::::::::/,rヾ,、:::::ゝヾ゙ _,,r '"~´
    ./::`::〃/::::.、:::::,〃/〃::::/l::::lヽ l l lヽゞヽヽ
   /::::/`'::::://::::/リ///l::::/ i /l___.リlゝ',l、'、\\'、
   '、ゞ:::/::/l/i,r'',、// .i / //.リ, 、 リ /,' l '、 lゞゞ'i
    、l:::::::/ イう::ハ   ,ト、///んハ //::::}::::l i  `'     今の彼らの願いは、とてもささやかなものだと思います
    /::/// 込zク:ノ  //  弋汐 `i/ゞ/
   〈 ゝ./lゞ'         , r,   lゞ::::/
    '、//、` 、        `'   //
    ,':::::``、'"'、    ー‐--   /l l
    ,' /l:::::::::'"~'lヽ、       ./ .lリl
   ///l:::::::::::/}  ヽ 、  /:::::::/::l
  ,r'///:::::/ /\    ` '´l:::::::::::/::.!





              ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..   ::::::::::::::::::::::::::::::::::);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
              ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ⌒ヽ;;;;;ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:....    :.:.:::.:::.:::.::.::(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
              ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,:.:-‐:::':::::::::::::....       :::.:::.::.::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
              ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r‐、;;;;;;;;;;;;;;):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(   ::::::::::::::::::::::::::....      :::::::::`'''‐‐--''''つ;;;;;;;;;;;;;;;
              ;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:. ̄´:.:.:.(;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.)    :::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:....      ::::.:::.:::.::(´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
              /⌒''''´: :.:.:.:.   :.:.:.`'「ダライ・ラマが堂々とラサにお戻りになること」です   :::::::ヽ、;;;;;;:::::-‐
              .  : : : :.:.:.:.   :.:.:.      :ノ.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:..      ::::::::::::::::::::::::::::::::....        :::.:::.::.:::.:::.:::.
               . .  : : :,:,:.   :,:,:.       :..:.:.:.:.:.:.. :.:.:::::::::..      ::::::::::::::::::::::::::::::::::....           ::.::.::.:(
               : . : : : : :.:.   :.:.:.       :.:.:.::::::::.. :::::::::::::..       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::....            :.
              : . . : : : : : :.   :.:.:.       ::::::::::::::.. :::::::::::::..       :.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::....
              .  : . : : : : : :.   :.:.:.         :.:.:.:.:.:..:.. :.:.:.:.:.:.::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
                  . : : : : : :.   :.:.:.         : : : : :::.. :::: : : : :..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::....
               .   . . : : :.   :.:.:.                           : : : : : : : : : : : : : : .
                :  . : : :                                    : . : : : : : : : : .
                                                           .  :  . . .


6885 : ◆ANdJvAgMik : 2020/08/26(水) 21:17:31 ID:ytdb3pDA




                                        _ノ⌒ゝ_
                                  ,  ・ ' ¨´  _皿_  `¨ ' ・ 、
                                / ,  ・ ' ¨´ : : : : : : : `¨ ' ・ 、 \
                              __〃 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \. ヾ;、_
                             { {O / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : V O} }
                             ヾ;、 {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : } 〃
                              } } !: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i :{ {
                              ( ( ゞ; : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /  ) )
                              Vハ. ∨ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /  //
                               VハΟ∨ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /Ο//
                               Vハ  i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i YY
            天皇には天皇のあるべき場所があるように、ダライ・ラマにはダライ・ラマのあるべき場所があります
                                l :l /!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.Ⅳ:Vハ
            今日も、チベット人がポタラ宮殿(観音菩薩の住む山に建つ)やノルブリンカ(ダライ・ラマ夏の離宮)の
                         fー、)_,z彳´/ .!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.| \ `ヾミx(, =ミi
                             空っぽの玉座に向かって五体投地しています   -┤
                        Y⌒Yヘ´    YY :!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i: YY    / Y⌒Y
                     ある人は泣きながら、ある人はダライ・ラマを思い浮かべて微笑みながら
                           | i   __// :/ : : __,,,,,........,,,,,__: : : Vハヘ_   i  |
                      それは、一心に戻ってきてほしいという願いで行われていることです
                         ./  .レ'´i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`ヽ!  ム
                         ,'   :|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|  ム
                        i'__:|─====≡二二三三 三三三二二≡====ー|____ム
                       <=--=〉彡三三三三三三三三三三三三三三三三三ミ:〈=--=>
                        }:Y⌒Y{彡三三三三三三三三三三三三三三三三三三ミ:}Y⌒Y:{
                        ム ゝ= 'ム ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ムゝ=:' ム
                        | ̄ ̄ ̄:|三三二二≡====ー ─====≡二二三三| ̄ ̄ ̄:|
                        | (三) :|__                        __| (三) :|
                        |___:| ̄ ̄冖¬≡====ー ─====≡¬冖 ̄ ̄|___:|
                         〉=-〈                                 〉-=〈
                         >=-<                                  >.-=<
                         マ三ラ                               マ三ラ
                         |  :|                              |  :|
                         |_:|                              |_:|
                         (__)                                 (__)






       、   ,.  -─-  、
     ∠ \/          \
       ̄7              ヽ
    .   i              `⌒ヽ.
      │     __,   ,.ィ  ,   、 ヽ
       v‐ 、 ,ィ(∠__,ィ'ノ} /リ_ ト、 i }
       { ,ゝ V`''v'¬ぅァ∠ィtチ;j/l } ル'     (ダライ・ラマに何かがあったら大変なことになるのが簡単に予想できるな)
       _,ゝ.て、 | ` ̄ _ノ ヾニ _ノ jノ
        `,>‐、 ` ̄   _''"/
    .  , < `i. l` l^L -‐っく
     /  ヽ L__「ソ ′ ア_」lヽ


6886 : ◆ANdJvAgMik : 2020/08/26(水) 21:17:51 ID:ytdb3pDA




     \`゛¨ '' ‐- ...r――――  、      チベット人の希望、ダライ・ラマ
       \::::::::::::,.:'´:::::::::::::::::}::::::::::::::\
        \::::/:::::::::::::::::/ハヘ:::|:::::::::∧    ダライ・ラマに何かがある時が彼らにとっても中国にとっても次の節目かもしれません
         /:::::/:::::/:/:::{::::} \ヽ:::::::|
        /:::::{::/:::::/:/{:::::{;/_、‐''゛ヽ::ミ |
         {::::八, '" ̄ 乂/  r芯^ヾ|::}
        乂{::∧γ芯h    V:ソ ∧:}
           〈:∧ ゞ゚'’ L     / /:}        以上のことは、私があくまでも「個人的に」
             \' ,   r―‐┐ ,.イ::::|
            |:::: \  乂__ノ /::::!:::::|        数々の資料とチベット人の態度(・証言)から推測したものです
            |:::::::::::≧s。.._/|::::::::|::::::|
            |::::|:::::/| >< }≧s。.::::|        これがチベット人の総意という訳ではないのであしからず
           _,,.、丶´:.:. |∧:i:i∧!:.:.:.|:.:.:≧s。._
          /:.:.:.:.:.:./:.:.:.:| |:i:i| |:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:∧    皆様のチベット理解の一端になれば幸いです
         ./:.:.:.:.:.:.:.:>:.:.| |:i:i| |:.:.\:.:.:.:.:.:.:.: ∧
        /:.:.:.:./:.:.:∧:.:.:.| |:i:i| |:.:.:.:.|:.:.:.:.∨:.:.:.:|
         ∨:. .′:.:. ∧ .:| |:i:i| /:.:.:.:/:.:.:.:.: }:.:.:.:/   ではでは
         |:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.\\:i:i/:.: /:.:.:.:.:.:.八:.:.}
         |: 八:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\V:./:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:./
         |:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./


                                                             ~~おわり~~


6888 : ◆ANdJvAgMik : 2020/08/26(水) 21:18:40 ID:ytdb3pDA

おわりです
ありがとうございました
ご意見ありましたらどうぞー!


6891 : 尋常な名無しさん : 2020/08/26(水) 21:20:31 ID:8lTYm0KQ

チベットの人乙でした

ダライ・ラマの位置づけが日本で言えば天皇陛下、というのは納得
そりゃ必死になるチベット人が居るわけだ、と。


6892 : 尋常な名無しさん : 2020/08/26(水) 21:22:37 ID:W9sO5kP6

投下乙でした

そういえばこないだ中印国境衝突で話題になったインドのラダック地方もチベット文化圏ですよね確か
ここら辺の現地の人にもダライ・ラマへの思いと言うのはあるのでしょうか?
もしかしたら前回の投下で触れてるかもしれませんが


6893 : 尋常な名無しさん : 2020/08/26(水) 21:23:24 ID:/FVOXo/k

乙!

う~ん、わかりみが深い・・・
チベット人とダライ・ラマを天皇と日本人に置き換えると、すごく理解出来る気がする。



6976 : 尋常な名無しさん : 2020/08/26(水) 22:17:15 ID:DLphA9rU

チベットの件が気になってググったら、
1953年統計のチベット人口127万人のうち、1950年から1976年の二十数年間だけで120万以上が中国に殺され、
それ以降も更に過激なジェノサイドが続いて今では人口約600万人に達っしてるとかいう謎生命体チベット人……
その生命力を生かして漢民族を追い出せば良いんじゃ無いかな?


6977 : 尋常な名無しさん : 2020/08/26(水) 22:18:22 ID:YVjmRuhw

>>6976
混血が進んでるというか
漢民族と強制結婚とかの浄化が多いのでは?


6978 : 尋常な名無しさん : 2020/08/26(水) 22:18:32 ID:zqbg81Rk

>>6976
減った分以上に漢民族が移住してきているので…


6982 : 尋常な名無しさん : 2020/08/26(水) 22:26:14 ID:DLphA9rU

>>6977
>>6978
チベット地区の人口じゃ無くてチベット民族の人口を調べたら中国侵入以前は127万、今は中国領内540万って出たんだけどね
チベット亡命政府から見て混血のチベット人、例えば漢とチベット両方の文化と血を持つ中国側の人間はどういう存在なんかな?


7021 : ◆ANdJvAgMik : 2020/08/26(水) 23:18:36 ID:ytdb3pDA

>>6982
ttp://japanese.china.org.cn/japanese/234044.htm
もしかして出典はこれでしょうか?
1953年時点で人口127万人とありますね
中国のチベット侵入は1949-51年なので、侵入以前の記録ではないかも
というか、昔のチベット政府が人口統計を取っていた気がしない…(「中世」的だったもので)
そして、これはチベット自治区…つまり、ウ・ツァン地方ののみの人口統計かもしれません
チベット人自体は、他にもカム(四川省などに含まれる)、アムド(青海省など)地方にも沢山住んでいます
実はチベット自治区というのは元のチベット地域の一部でしかありません
中国がそのような行政区分にしました
また、出典元が上記のURLの場合、「チベットの人口総数」と誤解を招くような表記になっていると思われます
127万人はウ・ツァン地方の人口、540万は中国領内のチベット人口の総数と予想されます
もしかしたら、その辺りが難解なので混同されているかもしれません


7050 : ◆ANdJvAgMik : 2020/08/26(水) 23:31:41 ID:ytdb3pDA

>>7021
補足
また、チベット人というか中国少数民族の人口は増えています
理由として、少数民族には一人っ子政策が実施されなかったこと、また少数民族優遇政策が挙げられます
チベット人に限定しますと、殆どの場合妻帯禁止の僧侶の数が減ったことも関係しています
ただ、後者の優遇政策に関しては、漢人側と少数民族側で主張が違ったりして、よくわからない…
ただ一定の優遇があるのは間違いなさそうです
代わりに政治的な意見を表明するのは漢人よりも難しい
この辺りもいつかAAにできたらいいのかな?


7072 : 尋常な名無しさん : 2020/08/26(水) 23:48:14 ID:DLphA9rU

>>7021
当時のチベット人口は120万より遥かに多いって事かな?
単純に100万単位のジェノサイドを数十年間実行してきた割にチベット民族の人口が増えてますって言うと
もし混血によるチベット民族人口の底上げの結果として、少数民族相手に100万単位で消して混血で薄めて来ると、今現在のチベット人って本当は漢民族の血の方が濃いだろうかね


7102 : ◆ANdJvAgMik : 2020/08/27(木) 01:14:19 ID:mai3.Nc2

>>7072
即興でAAを書きましたのでよろしければご覧ください
コメントとさして内容がかわりませんが…
見にくくても即興なのでセーフということで!


7104 : ◆ANdJvAgMik : 2020/08/27(木) 01:17:11 ID:mai3.Nc2




   6982:尋常な名無しさん 2020/08/26(水) 22:26:14 ID:DLphA9rU
   >>6977
   >>6978
   チベット地区の人口じゃ無くてチベット民族の人口を調べたら
   中国侵入以前は127万、今は中国領内540万って出たんだけどね
   チベット亡命政府から見て混血のチベット人、
   例えば漢とチベット両方の文化と血を持つ
   中国側の人間はどういう存在なんかな?


   \`゛¨ '' ‐- ...r――――  、
     \::::::::::::,.:'´:::::::::::::::::}::::::::::::::\
      \::::/:::::::::::::::::/ハヘ:::|:::::::::∧
       /:::::/:::::/:/:::{::::} \ヽ:::::::|         この方のご意見を見て気づきました
      /:::::{::/:::::/:/{:::::{;/_、‐''゛ヽ::ミ |
       {::::八, '" ̄ 乂/  r芯^ヾ|::}         そういえば、「チベット自治区」と「チベット文化圏」の違いについて何もお話ししていませんでした
      乂{::∧γ芯h    V:ソ ∧:}
         〈:∧ ゞ゚'’ L     / /:}        スレに意見という形で投稿させていただきましたが、自分の文がわかりにくかったので
          \' ,   r―‐┐ ,.イ::::|
          |:::: \  乂__ノ /::::!:::::|        AAにしてお話ししたいと思います
          |:::::::::::≧s。.._/|::::::::|::::::|
          |::::|:::::/| >< }≧s。.::::|
         _,,.、丶´:.:. |∧:i:i∧!:.:.:.|:.:.:≧s。._
        /:.:.:.:.:.:./:.:.:.:| |:i:i| |:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
       ./:.:.:.:.:.:.:.:>:.:.| |:i:i| |:.:.\:.:.:.:.:.:.:.: ∧
      /:.:.:.:./:.:.:∧:.:.:.| |:i:i| |:.:.:.:.|:.:.:.:.∨:.:.:.:|
       ∨:. .′:.:. ∧ .:| |:i:i| /:.:.:.:/:.:.:.:.: }:.:.:.:/
       |:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.\\:i:i/:.: /:.:.:.:.:.:.八:.:.}
       |: 八:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\V:./:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:./
       |:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./


7105 : ◆ANdJvAgMik : 2020/08/27(木) 01:17:36 ID:mai3.Nc2





         `ゞ´                   ゝ、
       ,- ' "            ゞヽ、 、__、ゝ    i
      / /, /  ,、    ゝヽヽ 、-、ゞゞヾ‐‐、  \   l
     /ン// / ,, l l 、. \ ,ヾ‐''",r'三"~`、ゝ,-―ゝ'`、lヽ
     !/./i´/i ll i_,,--ゝ  \  '/ トイi:iハ 丿`i  ソ∥| |
     !ノ l/ リ‐'"ィテ芥、`─ - `ヽ乂zノr'' /  /~~ ] /     「チベット」って…「チベット自治区」のことじゃないの?
     リ   │ゝ〈弋:::r i  `、      _ノ’ ~i/ン/
         `i"l"l '‐- './    ^¬―‐'"´  ノ^_ノ'       そこだけにチベット人が住んでいるんじゃない?
          ヘゝヽ,,,ノ弋          ィ辷
           ^゙゙ゞi、   -―     .ノ^h ノ^`ーi,
               '''‐、, ' `、  , r '゙.:.:.:.:ノ'´  ィl
                 l rゞ‐' '~.:.:.:.:.:.:/  ,r ' \




         //::,r'"// 〃:::::::::::/,rヾ,、:::::ゝヾ゙ _,,r '"~´
        ./::`::〃/::::.、:::::,〃/〃::::/l::::lヽ l l lヽゞヽヽ
       /::::/`'::::://::::/リ///l::::/ i /l___.リlゝ',l、'、\\'、
       '、ゞ:::/::/l/i,r'',、// .i / //.リ, 、 リ /,' l '、 lゞゞ'i
        、l:::::::/ イう::ハ   ,ト、///んハ //::::}::::l i  `'
        /::/// 込zク:ノ  //  弋汐 `i/ゞ/
       〈 ゝ./lゞ'         , r,   lゞ::::/  実は「チベット自治区」はチベットの一部でしかありません
        '、//、` 、        `'   //
        ,':::::``、'"'、    ー‐--   /l l      元々のチベットからいうと、ウ・ツァン地方(中央チベット)とンガリ地方(西チベット)のみになります
        ,' /l:::::::::'"~'lヽ、       ./ .lリl
       ///l:::::::::::/}  ヽ 、  /:::::::/::l     実はこの地域に住んでいるチベット人は、全体の3分の1程度だけだったりします
      ,r'///:::::/ /\    ` '´l:::::::::::/::.!


7106 : ◆ANdJvAgMik : 2020/08/27(木) 01:17:56 ID:mai3.Nc2




                     ___
             ト::V/:::::::::::::::::\/}/}
             /:::::::::::::::、:::::::;:::::::::::<
               i::::::::イ:::{:::{ヽ::::l::::::\:::::\          じゃあチベットって何さ!
       ____ ヽ:::ハ_V_}:::l__V_V::V}
     f フ|___、V ̄{    }-{    }リ            他のチベット人どこに住んでるんだよ
            \ヽ_ヽー一 ノ ー一〈
             `} >  r二フ/ ; Vニヽ
            _,' l l{ニ()コ´  へ {イレ
              /  lヽ ヽ V    /}  `ー'
              i  l  >o / ,.ィ >、
            ',   / ̄/  ̄ \ノ
              ヽ_/l.   |__  \      ____
                  {    {   介   \__ / /   }
                \  ヽ  / \  { /\/   /
                }>一´     ヽ{_/ /    /                  他には、中国領内ですと
                / /         V    ./
                  ハ__/          ヽ_/
              {  ソ                                ・カム地方
             / ▽ }
             i三Yニ}                                 ・アムド地方
             .V  V
              `ー´
                                                 今の青海省・四川省・雲南省・甘粛省あたりに分割されています


                                                 領外では、
                        _,-、
        _        _      _/ j: :゙、
        / 〉ヽ    // ヽ  _,,,r' /: : : \    ,.-ー、                ・ブータン
      / く: : : \ ,,;' ,'゙"''ヾ:、r' __,,/: : : : : :゙ 、_,,r'"  ゙i、
    ,.‐'´   ヽ: : : / /   /,r'  }: : : : : : : :i \   ,': :\      _       ・ネパールの一部
     i!     ,r' , '    ,;' i!   /\: : : : : :〈: : :}、,,_ ,': :: : : ゙ 、  // ヽ
    ,ri;|!、,i!        / ,ri;|!、 i!   ヽ: : : : : : : : : .,': : : : : : : : ,,;' ,'゙   ゙:、    ・インドのラダック地方など
    ;;゙,:゙゚''ri;|! ,i!      ,,;i;;゙,:゙i;|!ri;|!、   i!: :_:,.:_:..:;.:_:_:_: : : : : : : : : :
    ''"´'r-゙"''" ̄⌒゙゚゙゚''"´゙"''゙"!''''"´'゙"''゙゚"''"゙` 、   ,r'゙゚゙゚''''" ̄''''" ̄⌒゙"´'゙"''゙
                             ゙:、, '゙゚     ,r=-‐''"´ ̄```     ここに沢山のチベット人・チベット系住民が住んでいます




                                                     思い浮かべにくかったら「チベット文化圏」でググってね!!


7107 : ◆ANdJvAgMik : 2020/08/27(木) 01:18:30 ID:mai3.Nc2





   中国国内のチベット人、地方によっても全然違う!



                 -_  -―ミ-  _
                 ´  ´      /      \
          /  /        i       ミ    \
            /       , |        \   丶
        /          / |        ,     ,    ウ・ツァン地方
        .′ /         /    !    |      ',   '
            ′/    /  ―-  _ 、   ト、        |
          i     | /     `\  | ヽ   |    |
       i、  | |    | |r'竹万卞ミ  \|  -‐- !     |  チベットの中心、ラサがあったこともあり、貴族的な文化が特徴です
       |`、 | !    { |  f rえ}     r==ミV从  | |
       、\|从    {V   乂_ソ       rえ} }/' / l |  ラサ方言には敬語表現が多く、物腰も丁寧です
        `、 l八\ \ \             乂ソ // 八/
      /´入   \\|\|`          '  彡//     都会民らしく結構クールと言われます
        ′/   ヽ          `ー-   ,′
       乂(   从  | \          ノ         他の地方出身者は、ラサの敬語表現が扱えないとここに馴染めないなんてことも
        {   ′ )く |  \       ´
          乂__,     ,|    ``┌rァ'´            敢えて例えるなら京都っぽいと言われましたが、どうなんだろう
           `ーァ爻ミ     {ア
           _に..、   \   {、
        _ - 二二ニ\   \ ヽ\
      _-二二二二二二`、   \ | `、、
    _-二二二二二二二ニ`、 /¨圦ーヽ\




          │  \\「\   |      \\   `
          │    `V''"´\  |\_|\´  ∨\ │
          │    │    |/ ___ `ト │  \|             カム地方(東チベット)
          |/  八_ |    |/ ィ)不刀│∨    `ヽ
         /    /|/\     ∨ツ/          \
         /    ∧レ‐=ミ      /  /         |   \
.          /    (ト∧    '   _ ⌒ア          人           勇猛果敢で直情的な人が多い
        |   {  ´ ̄ ̄)  マ  }/          /\ )  )
.         八   \〉  />  ..__/ |      /\  ー<        喧嘩っ早いし喧嘩も強いです
.         ∨\     /┴‐ァァ ´_レ|人       {____>─=ミ
       〈/  ∨  ∧| / /\「ノ r<⌒ト、   \     | \      その分(?)非常に熱心に仏教を信仰しています
        \_人  l /   | /[∨__(__丿    \\     |
        / /\|_ \_/L厂【:::::】  ∨     ノ}ノ     |




            //: : : :/ : : : : : : : : l: : : : : : : : : : : : : :ヽ
            /: : : : / : : : : / : : : j|:| : : : : : : : : : : : : : :.
           .' : : : : ' : : : : / : : /:l゙|:|: : : : : : : : : : :|: : : :.         アムド地方(東北チベット)
           l : : : : l: : : : / : : /: | |:|l: : : :l: : : l : : | : : : |
           | : : : : |:l: _:l/-─ハ:| l八__|: : : | : : | : : : |
           | : : : : |:l´: :j: : : :l lj   ヾ: :lヽ`7ー: :l : : : l        アムドの人は粘り強く真面目です
           | : : : : Yl: ,ィ尤圷ヽ    '尤圷、ハ : / : : : '
           |: :l: : : ‘,〈{ fィルl}     fィルl}ヾ〉/: : : : '        あと強い
           lヽ|、: : ト‘, 乂こソ    弋こソ  /: : /:./
           j:/|:ヽ: |、ヾ、     ,        イ7:,イ: /          沢山の偉人・高僧を輩出したことから、
             |:l: :ヾ: T、               /イ/ : /、
             |:l: : : : :l:l丶   ⊂ ⊃   ィ |介.: :/l }         「私たちこそチベット文化の源流」と誇りを持っています
            ノlj\: : :lリ ヽ> _ <l    |: :/ .l |
            '-、-_-\j   \ -、 / |   ノl/ / |
           /  \ -_-_     \─彡'|  _- /  /




                        地域によって方言が全然違うので、同じチベット人同士でも言葉が通じないことがあるそうです


7108 : ◆ANdJvAgMik : 2020/08/27(木) 01:19:46 ID:mai3.Nc2




              /: : : : |_
         _ -: : ̄: : : : : : : : : \
       /:::: : : : : : : : : rヘl: : : :lヽ l
       /:::::: / 1x::l彡/|l_メ+l:lヽV
       l:::::::/-イコl_/ノ らli l/              ここで、6982さんの疑問にお答えしたいと思います
       ヽ::::ゝ l kり  ,  ¨ l         ノi./77
       (:::L/|、   r-ァ /        r、l | //.ク   出典がttp://japanese.china.org.cn/japanese/234044.htmだとすると、
        l:::::::::::::::r 、 __/::|  _      ヽヽ. 'イ
  .     l::::::::l:::::::|   ヾriゝ,-  \    | |  |    確かに1953年時の人口は127万人とあります
       ||::::::::|;;- ' __ -_= "      >   |   ノ
       ||l:::_:イ┴ニ- "    l  ,-ヘ'    / /     しかし、それは恐らく中国侵入後の統計です
  .     | |l /  { o      レ"  丶 /  /
        V {   人       \   V  /       中国侵入自体は1949-51年にありました
        ゝ\ /  丶、      l\ /  /
          | l/       丶 iー- } \ /         中国侵入以前の人口はわかりません(と、ダライラマ側は主張)
          |/ }        |、_ノ    ´
  .       l "'l         \             個人的には、当時のチベット政府には人口統計を取る能力がなかったと思います
          l /          \
  .       | /            ヽ




                               また、6982さんは127万人を「チベット民族の人口」とおっしゃいました
   |  人    ノノ 从    ノノ 从  从ノ
   |  リ  人 从     ν从 ノ 从 人 ノ      しかし、これは ttp://japanese.china.org.cn/japanese/234044.htmの表記が悪いです
   | | λ /ノヘノノノ    へ\ \ |  |
    | |  ´  「  |      |  | `  |  |       そこには、「チベット人口の総数」と書かれています
    < /|   、 L/ノ      L/ノ  | L >
    l L |              ′ | |  |       多分、これはチベット自治区(ウ・ツァン地方)の人口です
    | L|       ヮ        レ   |
    |   |             /  || |        上記のサイトの2004年時点の「チベット人口総数」の人口を見ると273万人、
    |  |  |      へ      /  | |  |
   | |  |   \    ´   /   |  |  |      しかし2014年で他サイトの「チベット自治区(ウ・ツァン地方)」の人口を見ると318万人です

                               このことから、上記のサイトの「チベット人口の総数」は「チベット自治区」の人口を

                               指していると類推できます


7109 : ◆ANdJvAgMik : 2020/08/27(木) 01:20:54 ID:mai3.Nc2






   //::,r'"// 〃:::::::::::/,rヾ,、:::::ゝヾ゙ _,,r '"~´
  ./::`::〃/::::.、:::::,〃/〃::::/l::::lヽ l l lヽゞヽヽ    また、上記のサイトはダライ・ラマのことを「ダライ」と呼んでいることから、
 /::::/`'::::://::::/リ///l::::/ i /l___.リlゝ',l、'、\\'、
 '、ゞ:::/::/l/i,r'',、// .i / //.リ, 、 リ /,' l '、 lゞゞ'i  中国側の主張が反映されていると思われます
  、l:::::::/ イう::ハ   ,ト、///んハ //::::}::::l i  `'
  /::/// 込zク:ノ  //  弋汐 `i/ゞ/    また、亡命政府側はチベット侵攻の際127万人が殺された、
 〈 ゝ./lゞ'         , r,   lゞ::::/
  '、//、` 、        `'   //        中国側は1951年当時チベット人は総数で115万人しかいなかったのだからありえないと主張しています
  ,':::::``、'"'、    ー‐--   /l l
  ,' /l:::::::::'"~'lヽ、       ./ .lリl         どちらが正しいかはわかりません
 ///l:::::::::::/}  ヽ 、  /:::::::/::l
,r'///:::::/ /\    ` '´l:::::::::::/::.!        ただ、上記のサイトは中国側を擁護していると思われます







  \
   >
  /                从          \
 /                |  |          |
(           从     |   |            |
|   |      从 ノ  ノ   |    |          |    上記のサイトは、「チベット人口推移」で検索すると一番初めに、
|   |  |  ノ  ) ノ  ノ八  |     \ \    )
|   |  |  ( ------′   | ー-----\ \ ノ      「チベット人口」で検索しても1ページ目に出てきます
.|  |  |  ヽ/T(/ ̄Tヽ ノノ T( ̄/Тヽ \ /
 \|\ |\/|    ー-        ー-′ |    \.    つまりこのサイトが悪いんだよぉ!
   \\/ y|                 |\ \/
     / く |       ο    〃  | \  \     ……というのは冗談で
     \イ \_|               |_/|\/
       |    |     (_)     |   |
      ノ     \         /    |
     ノ        \      /     |
   ノ          | \ /  |     ノ
 ノ            |       |    ノ


7110 : ◆ANdJvAgMik : 2020/08/27(木) 01:21:18 ID:mai3.Nc2





        *``・*。
        |   `*。
       ,。∩    *     チベットについて混乱する原因の一つは、
      + (・ω・`)*+゚
      `*。 ヽ つ*゚*     亡命政府側と中国側の主張が全然違うためだったりします
       `・+。*・`゚⊃ +゚
       ☆ ∪~ 。*゚     どちらが正しいかは、わかりません
       `・+。*・ ゚




            /: : : : |_
       _ -: : ̄: : : : : : : : : \
     /:::: : : : : : : : : rヘl: : : :lヽ l
     /:::::: / 1x::l彡/|l_メ+l:lヽV
     l:::::::/-イコl_/ノ らli l/
     ヽ::::ゝ l kり  ,  ¨ l         ノi./77      また、チベット人の人口は凄く増えているのは間違いないです
     (:::L/|、   r-ァ /        r、l | //.ク
      l:::::::::::::::r 、 __/::|  _      ヽヽ. 'イ       それは中国の諸々の少数民族優遇政策だったり、
.     l::::::::l:::::::|   ヾriゝ,-  \    | |  |
     ||::::::::|;;- ' __ -_= "      >   |   ノ       文化的な要素、経済的発展などのためだと考えられます
     ||l:::_:イ┴ニ- "    l  ,-ヘ'    / /
.     | |l /  { o      レ"  丶 /  /         6976さんが別コメントで仰ったとおり、生命力はありますね(笑)
      V {   人       \   V  /
      ゝ\ /  丶、      l\ /  /           いつかこの辺りについてもお話しできたらいいかもしれません
        | l/       丶 iー- } \ /
        |/ }        |、_ノ    ´
.       l "'l         \
        l /          \
.       | /            ヽ




 \`゛¨ '' ‐- ...r――――  、
   \::::::::::::,.:'´:::::::::::::::::}::::::::::::::\
    \::::/:::::::::::::::::/ハヘ:::|:::::::::∧
     /:::::/:::::/:/:::{::::} \ヽ:::::::|
    /:::::{::/:::::/:/{:::::{;/_、‐''゛ヽ::ミ |            そういえば、チベット自治区以外にも「チベット」があると知った時、
     {::::八, '" ̄ 乂/  r芯^ヾ|::}
    乂{::∧γ芯h    V:ソ ∧:}           目から鱗だったなあ、ということを思い出して書きました
       〈:∧ ゞ゚'’ L     / /:}
        \' ,   r―‐┐ ,.イ::::|           6982さん、面白い疑問を掲示してくださってありがとうございます
        |:::: \  乂__ノ /::::!:::::|
        |:::::::::::≧s。.._/|::::::::|::::::|           スレに投稿した意見と重なるようなAA投稿すみません
        |::::|:::::/| >< }≧s。.::::|
       _,,.、丶´:.:. |∧:i:i∧!:.:.:.|:.:.:≧s。._        あれこれ述べましたが、私の意見が正しいかはわからないので、皆様で判断してください!
      /:.:.:.:.:.:./:.:.:.:| |:i:i| |:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
     ./:.:.:.:.:.:.:.:>:.:.| |:i:i| |:.:.\:.:.:.:.:.:.:.: ∧
    /:.:.:.:./:.:.:∧:.:.:.| |:i:i| |:.:.:.:.|:.:.:.:.∨:.:.:.:|       ではでは
     ∨:. .′:.:. ∧ .:| |:i:i| /:.:.:.:/:.:.:.:.: }:.:.:.:/
     |:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.\\:i:i/:.: /:.:.:.:.:.:.八:.:.}
     |: 八:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\V:./:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:./
     |:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./



                                                                         ~~おわり~~


7111 : ◆ANdJvAgMik : 2020/08/27(木) 01:22:25 ID:mai3.Nc2

自分のスレでもないのに何度も投稿してしまってすみません
寛大なイッチ氏に感謝
意外とチベットって広いなあというお話しでした


7112 : 尋常な名無しさん : 2020/08/27(木) 01:26:14 ID:fnih70X.

おつでした
地図に当てはめると範囲広い…広くない…?


7114 : 尋常な名無しさん : 2020/08/27(木) 01:31:59 ID:E7A4mmEQ

入植した中国人が含まれては無いのかな。「チベット人口」なら入るかも


7116 : 尋常な名無しさん : 2020/08/27(木) 01:43:51 ID:wro1YeFA

>>7110
なるほど情報がかなり錯綜してるようですね、絡んでる問題からして情報戦は当然なのでしょうけど
ここは亡命政府側の数字を信じて127万のチベット人が殺され、一方でチベットの人口が少数民族優遇、混血や移民などで増えたと認識して
亡命政府はチベットで増えた人口に対してはどんな態度なのでしょうか?
亡命政府からして当然チベット民族が優遇され、今もチベット地域の住民の大多数はチベット原住民だと認めるとは考え難いし
一方で大量の混血チベット人や一、二世代前からチベットに住み着いた移民が今や汎チベット地域人口の多数を占めているという認識なら
現地民自治呼びかけによるチベット独立という目標が不可能になるのでは?
亡命政府の現状認識と対応策が気になります


7118 : ◆ANdJvAgMik : 2020/08/27(木) 02:15:23 ID:mai3.Nc2

>>7116
tts://www.tibethouse.jp/cta/policy/umaylam/summary.html
亡命政府の公式見解はこちらです
要約すると、「中国の統一を脅かさない形のチベット真の自治」ですね
亡命政府が混血したチベット人について何を考えているかは資料が見つかりませんでした
ただ、チベットで重要なのは血というより「チベット文化を共有していること」だったりします
混血した人がダライ・ラマを信じていたら、それはOKだと思います
実は現在、混血児は少数民族として申請することが多いです
今は諸々の優遇政策があるためです(ただし、飴と鞭的)
とはいえ、中国は民族政策が激しく変遷するので正直追いつけない…
亡命政府としては、「チベット文化を共有しない漢族」が増えることを危惧していると思われます


関連記事
[ 2020/08/28 23:02 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(9)



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-44617.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13