以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-44526.htmlより取得しました。


読者投稿:心理学(人間性心理学) 自己実現の欲求

目次 国際的な小咄

1546 : 自己実現者 ◆sYFOiuOuow : 2020/08/22(土) 10:35:00 ID:ct/UZe/Y


◇読者投稿:心理学(人間性心理学) 自己実現の欲求



                     _____
               _ -  ´::::::::::::::::::::` 丶、
             , .:::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\       基本的欲求の高次にあたる自己実現の欲求について、
            /イ . .::: . .:::::::::. ::::: .:::::::::::::::::: :::::::::`、
           /.::: . .:::: .: .::::: .: : .: : : :: : ::. : . :: . :: ハ     説明と解説、および反論を始めさせて頂きます。
          /./:/.:::::: : .::::: i:::: .:::: .:: ::: .:::: .::: :::::. ::.'.
        ///.:/::::::::: .::|:::::::l::::.::::::: .::::i:::.:::::::::::: .:::::::.::::}
        ′/:イ::::::/:::ト:::ト、::ム::|!:::::::::::/:::/::/:::::/:::::::::::::l     自己実現の欲求は、その人が潜在的に持っているものを開花させて、
         l:/ l::::/::::::::l!:にリ、|l l::::::://イ:ム::::イ:::/:::::::::;'
         '  l::/l::::ト::::l_辷z!` ヘ::// イ_う|ム//:::::::::;イ     自分がなり得るすべてのものになろうとする動機づけと言えるでしょう。
            リ j:/::::ト、!     `  弋シ/:/::::::::/j|
            /’}ハ::l      ′::     /:::::::::/
             |!刈ト、  __'      //::::::/        それは、人格の成長であり、性格の表現であり、成熟であり、発展であり、
             r.>!Ⅵ 、  、``   ///::;イ_)
             | `¨¨¨ヽ\__ - ´イ////j          つまり、より一層自分であろうとする動機づけが自己実現の欲求です。
             |      ゝ───ノ 7  {
        __ -‐ '´  \、    \>∨   ., '‐- _
   _ -  ´         \        /     ` - 、..._
 ´ `ヽ            `丶、__  -'          \ヽ 、
      \                             l   \
  \    ヽ、__                         _ノ    ,イ





1548 : 自己実現者 ◆sYFOiuOuow : 2020/08/22(土) 10:35:35 ID:ct/UZe/Y




                   _ -'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               , -':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ        自己実現の欲求と基本的欲求の違いは、
             /イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
                イ:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ      行動を動機づける条件が異なります。
               /:::ィ:::/::::::::::::::::::::/:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            /:://:イ::::::l:::::::::::::ムi:イ::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::l
             // ///:::::::|:::::/::/ リ1::::::::/:::::::::::イ::/|::::/:::::::::::::::::::::|     基本的欲求は、欲求が満たされなくて欠乏したとき、
            /' 〃,':::::::::i:::i::/テ≡ミ|::::::ィ:::::::/=|/=|::イ:::i:::::::::::/:::::|
             / ハ::::ィ::ヘ!' 辷イj |:::/ |:/ rテ≠メ、}::::!:::::::::/:::::ハ     何かしらの欲求を満たして不満を解消しようとします。
              |::::/ |{{ | ``ー'-'|/  ′  辷'´ j !イ::::::::/、::/
               |::/ リゞl    .::: ;    `ーニ´‐'/:::::イ/ヽ}
                |/   !ハ     i           /:::/'_, ノ        自己実現の欲求は、自分が望むことを見つけたとき、
                ′    ヽ   t=- .._     //イニイ{
                     >、 `‐-‐'´     /' イ/i' `        それを実現するために自己の成長と表現を行ないます。
                    /  ヽ `~  _, ‐ '´ /  ヘ
                __ --7     {、二´--‐=‐'´      ヘ
          __ - ¨ ̄.:.:.:.:/     lヽ--‐フ'´       / ヽ、       前者が受動的かつ固定的な態度であり、
 r==- .._   , ' ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./      > -‐'´        /i.:.:.:.:.`ヽ、
 ∨‐- .._  ̄¨ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:./     ∠ --、            {.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:\    後者は能動的かつ成長的な態度です。
  ∨ r‐ニ ‐-∧.:.:.:.:.:.:./     , ‐'´.:.:.:.:.:.:.ヽ            l.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
. __∨{   ヽ ∧.:.:.:/  _ ‐´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ          !.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
/´  ̄`ヽ、 ノ  ∧ ' , ‐'´{  {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\       |..:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:


1549 : 自己実現者 ◆sYFOiuOuow : 2020/08/22(土) 10:35:56 ID:ct/UZe/Y




/:::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
r:::::::::::::::::::;|!::::::ハ:::::ハ:::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
{:::イ:|::::::::::::|=|:/=|;:/=!::ハ:::::::::::::::/::::;イ:::::::::::::::::::::::ヾ 、::::ヽ       この自己実現の欲求は、全ての基本的欲求が充分に満たされたとき、
|::{:r'|:::::::::::|rィ='うミy'  !::::::::::;イ::::/=}:::::::::::::::::::::::::::\ヽ、ヽ
.!:::{{ |::::::::::|、ゞ-'´,.ノ    |::::::/_/∠ !::/::::::|::::::::::::::::::::ヽ ヾヽ    それらを基盤にしてはっきりした形で出現します。
..|::ヽ |:::::::ト、`゙='‐'    |:::/k"´うヾy'::::/:i::::::::::::::::ト、:::ヽ  `ヽ
. !ハヽ|::::::|      ..::::: ,リ' ゞニ'ノ イ::/:::イ::::::::::ト:::::| ヽ::ヽ
. ! }::::;!:::::|      ::::::: !  ` ̄´ノ;イ::::;ハ:::::::::| i::::i   ヾヽ     その内、自己の精神的な核心(自分自身の本性・人間の本質・生命)が
.  ル、|::::ト、     ___ .. '     '/ノ:::;:::| |:::::::::! |::!    ``
.  | !::|``\    `‐-`'   ,/}:;イイ::! !::::::|  y            自他ともに健全かつ根本的に受け容れられ、愛され、尊重されることが
.  } i::! ``ヽ \  ゙゙゙ , ‐' ´y' !' !/ル'  |::::!
.  /  !'    ```'‐<´ォ        ′    リ             愛と承認の欲求を充足させる条件となります。
-へ       ヾ| ///7'
   `ヽ     メト////
     `ヽ  ゝ'////、
       ``'‐、{_{_{_ゝ``'‐-.._                    自己実現者とは、自分自身の能力を発達・成長させ、
 ´ ̄´ヽ、     /ヽ      ``'‐-.._
      \   /  ヽ  /``'‐-、   ``'‐-.._            自分に可能な最も完全な自分へ成長した人間です。
      ,..‐'ヽ  /   ヽ /     ``ヽ    }
    〈´   ∨    ∨        `',   !
    ヽ   ',      ┌-- ..__    ',  〈


1550 : 自己実現者 ◆sYFOiuOuow : 2020/08/22(土) 10:36:15 ID:ct/UZe/Y




                  ______
           ,  ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶、
          /. .: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:.:.ヽ
       /.:.:.:. .:. .:.: .:.: :.: : :.:.:.:.: :.: . :. :.:',          彼らは、自分自身の人間の可能性を実現する者であり、
       /.:.:.:.: .:.: i: .:/. :/. : :.:.:/.:/i:.:.:.:.:.:.:.:i
      /イ.:.:.:.:.:.:.::l:./i:.:/|:. .:.::/::厶lィ:./:.:.:.:!          自己が完全に働く「完全なる人間」であるので、自分の意志で
       l:./.:.:.:.::::トl土ミ}:.:.::/|/云F|イ:.:::::::|
        l/l.:i:.l、.:::!´{r‐:fl:::/ ´{r‐:}^ソ:::::i:::}         自らが望む役割(自分の姿)を自由に表現する(振舞う)ことができます。
         l∧:::ヽ| ` ̄ |/ }    ̄´/::/:::!/
          |ハ:ヘ    _  _   /-イ:/´
           ヽV>、 `三´  イl:/l/
            / 、}>‐、_ ´{ア\                 その根源は、精神的に深い自己、すなわち無意識の中にあり、
        _   -‐ァ'   / r─`ー'、   >、____
     , ´: : : /   ∠Lノ┌ ニ ヽ  { : : : : : : `丶、       その中にある潜在的な能力や可能性を実現することが必要です。
   /: : : : /-─ '´└‐、`<} rヘ   \}: : : : : : : : : : \
  〈 : : : : : : : : : : : {\_: /\ソ 、   |、: rヘ : : : : :_:_:、:>、    具体的には、自分の衝動や自分が真に望んでいること、
   ヽ: : : /ヽ : :{\:_>Fく : : : : ヽ、\ |\\\/_L.二厶、
 rr‐ヘ:_/ /〈: :`>ヘ´ヘrヘ : : : : : `¨ト、 | : : :\Fr<´ : : : : : : i   愛、承認、心理学、教育学、科学などを知ることで達成されるでしょう。
 {ヘ  /ヘ/ : : Y´ ト、} : ∨: : : : : : : :l `l: : : : : :ヽ、」: : : : : : : |
 |: `7L./` ー-|: : i : : : : : : : : : : : : l   l: : : : : : : : `丶、: : : :ト、
 |/ /` ー-、]: : i: : : : : : : : : : : : :l   l: : : : : : : : : : : : \ : : : }
 く_/} : : : : : /l: : i: : : : : : : : : : : : :l   l: : : : : : : : : : : : : : :`ー└:、


1551 : 自己実現者 ◆sYFOiuOuow : 2020/08/22(土) 10:36:31 ID:ct/UZe/Y




.      /.:.:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.:. .:. .:.:.:!:.:.:.:.:.:/.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.      ここからは、欲求階層説に対する反論となります。
   /‐/.:.:.:./.: .:.:.:.:.:.:.:./ .:.:.:.:.:!:.:.:/:A:.:.:/}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
     /.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.i:.:/{:.:.:.:.:.、i:.:イF气V゙7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'!    マスローの欲求階層説は、
    l'.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:{:.:l厶ヘ.:.:.:.:∧/弋^t少!:.:.:./.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.l
    l:.:.:,i'.:.:.:.:.:.:.:..:Vv汽iヘ:.:.:!  ´ ̄´  !:.:/.:.:.:.:.:.:.:.L.:.:.:.:.:.:!    多くの人々によって議論がなされた結果、
    |:./ |:.:.:.:.:.:、:.:.:Lt少′ヽ|        |イ: :.:.:.:.:.:.:.:l` ヘ:.:.:.:!
    |'  |:.i:.:.:.:.:.\| 、             l: .:.:.:.:.:.:.:.:!〕 }:.:.:.l     現代の人間性心理学では否定されています。
.        |:.|:.:.:.:.:.:.:.{` \           l:.:.:.:.:/.:.:.:.l _ノ.:.:!:.!
.        |∧:.:.:.:.:.:∧  、-_─       l:.:.:./l:.:/イ「:.:/}八(
          ヽ:.:.:i'.:.:.:ヽ、         |:.:/_」厶斗‐ ¬      簡単に言えば、マスローの「健康と成長の心理学」と「人格論」は、
         ヽ:lイ:./l/ヘ         _|/´        |
              `|/  __ .>‐  ¬    !           |      あまりにも限定的で、革新的で、飛躍的で、理想的に過ぎました。
              \       l   l         |
                   ヽ    l   }           {_
               ____}    ノ / ̄            ̄     ‐-
            {      /´  /
           _ .. -‐ヘ    {_  i'
        .  ´       ヽ   l   |
     /          \  l   |


1552 : 自己実現者 ◆sYFOiuOuow : 2020/08/22(土) 10:36:47 ID:ct/UZe/Y




       ,.-''"´ ̄ ` ''‐ 、         その幾つかの理由を挙げると、
      /::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ'、
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
      l::::::::::::::::ト;トト;ト、:ト、::ト、l        ①主観的情報は科学的検証が困難であり、現状では誤りや限界がある。
      ゙!:::r!::::::ヽゞ'  、l:lリ `
      ';l:ヾ;:::::::::'、  イ:ll
       >lヽlヾヾー 'ユゝ          ②大人の1%にも満たない「自己実現者」を対象としているので、現実性が乏しい。
       ス  j  」   '、
    _,.-''´r'' /、 「     `''‐..,,_
   f´    ヽ l  !    r、   `!     ③各欲求が十分に発達した人間は、各欲求の間に明確な優先度が無くなる。
  くニ{}    ヾ! /    ェ''    ,;ヽ
  ヽrロ、_  Y´     ロ   、;'ヽ
    ! ゙l--ニlー ――- 、l   l`´     ④自己実現の強調は、基本的欲求(欠乏欲求)の否定的側面から目を背けさせる。
   ,'  !ニニ 7ニ ニ ニ_ l   !
.   l  ! ⊂ロつ     / !   l
.  /  !∩ |   ,、  /  ! ,  ',     ⑤基本的欲求(欠乏欲求)と自己実現の欲求の関係性が不明瞭であり、
  !   !lロニlー- イfr- l  γ   ヽ
  /   f┴-、'、ニ_TT  ̄l   l   |      心理的不健康な自己実現が実際に起こっている。
 /  「ヽ、___   ニ´T_ |   l
 l   l`  |  ̄ ̄  ̄| l   !
 !  /    !       ! j   l


1554 : 自己実現者 ◆sYFOiuOuow : 2020/08/22(土) 10:37:06 ID:ct/UZe/Y




         /´/:::::: .::  .:::.: ::..::::::::::::::::::::: :::. : ::: : :: :.:::.: ::..::::',
         ´ ,:'/゙7:::::.:::::: .::::: .::::::::::::::::::::: .:   .: :::: : :: ::::::::: :::::::!      よって、普段使いで欲求を用いる場合、
           〃 /:::::;::::::: .:/::: :::/:::::/::::::/:::.::: . .:::: ::::.::: :::: :::::::::::i:::::!
           /' ..':::::::i::::|:::::i::::::.:;イ:::/::::::;イ::;::::::: :/::: ::::::; ;:::::i:::::::::::|:::::l      欲求の優先度を定めていないグラッサー博士の
.          /  l:::::::::|::::|:::::|:::::/|:::/|::::/:::/::::::::;イ::;イ::::/l::i!:::|:::::::::::|:::::|
          l:::::::::::l::::i:::::|::/゙ レ'=|:/l::;イ:::::::///=|∠=レ1::i!:::::::::l::::::l      包括的かつ人間的な基本的欲求を推奨します。
          l::::;ィ::::i::::',:::::i〃z;=ミ゙、 リ |::::/ /' イ7弋゙;ミレ'|::::::::/;イ::l
          |:::i |ト、i::::|、:::| {::::ヽ、}   レ'    {::::::`} ´l::::;イ:::l l:l              「生存の欲求」
          |:::i i! !::ヾト、::l ` ̄ ̄ .::::l       ̄ ̄´ i::/ノ::/ リ
          ∨  .',:::|`ァ'、i_    :::::::,         〃7:/|/               「所属と愛の欲求」
             ヽ| `:ト、      ,       ,イi::/
                 ヽト、, -r' ´ ̄ ̄`ヽ   ,イ//'                   「力の欲求」
                    , -‐'-<`|      | / |'l!
               /__,r'、 `|      |´   ,|j ',                  「自由の欲求」
             」} ___`}´|      |     / |-、
         , -‐ '´ ̄| i     `jヽ-‐===‐ノ   /  :| l ` ‐- 、              「楽しみの欲求」
      /      | ` ー ' ̄`<  ` ̄ ̄ ´   /   レ'     ` ‐- 、
     /           |     , -< ,r'ー 、   _   '7   |          ` ‐- 、
.     /         |    ヽ´|ヽ  ヽ-'´  /     :|              ヽ
   /      ヽ  丿     } | ``ーー--‐ '7─-、  |               ',
   /     |  | /      ,ノ, |        |   ,∧ !                i
  l      ヽ 〉゙     // |        }    ヽl                    |
  /        〉゙     / ヽ |       /     `               !


1555 : 自己実現者 ◆sYFOiuOuow : 2020/08/22(土) 10:37:20 ID:ct/UZe/Y




                 /   _, -ニ=-‐
               / イ -‐ ' ´ ∠ -‐‐‐- - 、_
             /":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ヽ、         しかし、マスローの欲求階層説は、
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、_二ニ=-‐
          ,-'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、           以下のような「心理的健康に成長する人格論」や
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::\
        イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::\       「人間の本質を示す生命(Being)」を
         i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::ヘ:::::ヾ 、::\
         |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::i:::::::::\`ヾ、     究明する重大な手がかりと言えます。
        |::::::::::::|::::::::::::::::::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::::|::::;イ:;イ:::/::ト、::::::ヾ、 ヽ
           i::::::::::::|::::::::::::::ヽ:::::ト、:{\:::ヽ:::::::::|:::j≠、j/:::::ハ \:ハ ヽ
         リ:::::::::_|::::::::::::::::ヾ、Xキうヾ`\:::||/fイ }イ:::::::::ハ ヽ:ハ      ①人格は、欲求の階層組織を中心として形成されること。
         |:ト、/r'|::::::::::::::::::仆_ゝイ_j,  ヾl' 、ー'´ |::::::::::::|  ヾi
         リ ト、 ヽ::::::::::::::::::ヽ ̄´    .::: ヽ .j:::::::ハ:|   ヽ     ②人格における欲求の強い動機づけを明確にし、
             レゝ、ヾ、:::::::::::::ト、ヽ         ' /|::i!:| リ
           r'<仝ハヽ::::::::ヽ ヾ、   ー…'", ' |:ハ:|            低次欲求の満足・充足が高次欲求の成立条件と示したこと。
           /   `\`ヽ、::ヽ      ¨ /  ′ !
          /      `ヽ、ヾ、`` ┬- - ヘ _                ③満たされるべき欲求や欠乏状態のない、
            >ー-、       ``==j     \ `ヽ
         /   ヽ         `ヽ、   r、ヽ  \            満ち足りた人間の究明を提唱していること。
          /     ヽ         r‐、`〉 /  `ヽ  ',
       /       ヽ       /   /イ    ヘ   }
     /           ∨     /  /  \    ヘ j         具体例として、「幼少期の子供が健全に発達するとき」
     , '             ∨    /  /     \  ハ<
   , '               |     / /       \ ト、\       「思春期以降の大人が新しいことを学んだり、
  /             <|   ∠´          ヽl 〉、ヽ
 /                    | ∠{{_}}ヽ、            j /\〉     自己(他者)を鍛えて育てるとき」などが挙げられます。
./             __<ヽ|/___,二\_>            //
< ̄`ー-、_       / / `ヽ、_{{_}}ヽ、          〈'´
 ``ー、  } `` ‐- ._   / /       ̄\__>         }
  _. --`┤     ``/_/- ...__  }ヽ            / ト、
 ヽ ̄ ¨¨ー-- ..._//7〉___>‐'            /  l ヽ
  ',         <ニ/   /               /    l   \
   ',        / /     /            /      |     \


1556 : 自己実現者 ◆sYFOiuOuow : 2020/08/22(土) 10:37:57 ID:ct/UZe/Y




            _.. ¬  ̄ ̄ ‐- _
           /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. `  、             最後に、マズロー心理学の難解さについて、
         ,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::. :. :. : ヽ.. \ヽ、
        /:::::::::::::::::::::::::::::: : . : : :::i::i::i::::\:.:.ヽ `           個人的な意見を述べます。
       , :::: :: :: :::::::: :: : ::i:.:i ::::.:: :l::lリム::::::\::\
       l. : . :. :: ::: . .: ::/!:ハ:i::::::::jリキj::i::::::、ヾヽヽ
       {::.:.::.::!.:::::::i:::|!:/≠7イ:::::/ 代ハイ:::|::::ト\ `\       彼の自己実現に関する研究は、心理的健康な成長を遂げた
        V::::::|::i:::::l::Ⅳ≠テ、l::/  亠' 7:::l::!:l  `
        ヽ:::川::::l:::!{{ _V_シ l′ V  j/ハ::!               極一部の自己実現者が主役となります。
         V、{ヘ::ト从  ̄    _'_ /-ッ、|l
          リ \l:!、_,、     <ノ /j/  ヽ
            ヽ从ト::`ト -  __ノ'′   >― .、        一言で例えると、「自己実現者になる」とは
                V`!ヽ- >'     /:::::::::::::::::\
              _/  l /       ,':::::::::::::::::::::::::ヽ     「リンカーン」や「アインシュタイン」と同じステージに
            //  /       ,:::::::::::::::::::::::::::::::ハ
          _/::::/ ,くr―、     ,l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   並び立つということを意味します。
     _ - 三 - Vハ/くヽ>、:::::::ヽ    l::::,ヘ::::::::::::::::::::::::::/
   〈‐ ' ´     Vハ,イ、\ヘ__:::::ヽ   !:::ハ V::_ -― 二 -
     V       Vハー二,r≧ヘ:::ヽ  l:::::::::jヘ_, -‐ ´::::::::::::
     〉、       Vハ:.:.:{/へ:.:.ヽ::::\!、:::::fハ !::::::::::::::/::::     従って、「自己実現者」やその過程となる
.   /,-ヘ ,、__    Vハ:.:.V:.:.:ヾ:.:.ヽ::::::::\::::} }l:::::::∠::::::::::
 /, イ:.:.:.∧>- `ヽ、.__Vハ_:.:V、:.:.:ヽ:.:.\::::::::゙::V/:/.:_:::-―     「精神的に健康で自己を実現しつつある人間」でなければ、
く-く {__:/:./´ ̄,    `ヘ:::::::::::¬──…─---く:::∠::::__::::::::
 \\マ:./:.V´ノ      V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::ヽ:     彼の書籍を読み解くには非常に困難と言えます。
   ヽ/:.ム:.:.:ヽ く^ ー- ._ V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    ,:.:厂につ:.:`ハ    厂l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ,i:.:! /'、二つ:.:.:ハ  |  |::::::::__.  ァ´::::¬──…─r─ '"    そのため、人間性心理学を学ぶ場合は、マズローよりも、
   l:.:l l  /K´:.:.:.:.ハ___!   ̄   /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::{
   l:.:l //  l::::\:._{{fノ1  _ ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}       成長のプロセスと結果が具体的となっている
   {:.:!´   l::/rく7_  |/// \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
   ヽ:.\  l/ノ ̄ノ’  / /    ` ,、:::::::::::::::::::::::::_.. イ′      ロジャースの「カウンセリング」に関する知識をお勧めします。
    ` <二. = '"    ゝイ     l: :\::::::::_>'´: : : l
                /     /: : : :`¬: : : : : : : j
                 /. . ._   !. : : : : : : : : : : : : : {        ご清聴ありがとうございました。
              /  _:_:_:_:,l : : : : : : : : : : : : : /
                /   . . : : : : :〉、: : : : : : : : : : : /
.                /     : : : : : :/ } : : : : : : : : : :/


参考文献
『』
『完全なる人間〔第2版〕』
『人間性の心理学』


1557 : 尋常な名無しさん : 2020/08/22(土) 10:39:28 ID:TXUBUtVs

マズローのアレ、否定されてるのに今でもアチコチで見かけるのよねえ


1559 : 尋常な名無しさん : 2020/08/22(土) 10:44:24 ID:qGI5kO0.

大変勉強になりました
日々の生存や維持で精一杯の階級を無視は確かにいかんですね


1560 : 尋常な名無しさん : 2020/08/22(土) 10:45:07 ID:u5a7ZTr.

欲求階層説はネットワークのOSI参照モデルみたいに理解に必要な要素は揃ってるんだと思う
実際には分離融合されて存在するから段階の上下の持つ意味は薄くなる


1562 : 尋常な名無しさん : 2020/08/22(土) 10:48:32 ID:Rp/F5o7o

マズローのは社会的成功者に対する憧憬かな
社会的成功者でも本人が満足してるかは別だよな


1565 : 自己実現者 ◆sYFOiuOuow : 2020/08/22(土) 10:51:18 ID:ct/UZe/Y

マズローの自己実現が否定されるのは、ある意味で仕方ない。

「自己実現でない身体的もしくは心理的不健康な人」と「自己実現者」が分断されてて、
普通の人が自己実現へ到達できず、自分が自己実現者になれない不満が湧いて、
マズローを否定する行動が促されるのは自然な現象ですね。


1574 : 自己実現者 ◆sYFOiuOuow : 2020/08/22(土) 11:01:58 ID:ct/UZe/Y

あ、そうそう、あのピラミッド図は本人じゃなくて他人が書いたものです。

マズローはピラミッド型の図を用いたことはなく、構造化もしてないよ。
だから、ピラミッドという先入観で文献を読むと混乱するよ。


関連記事
[ 2020/08/25 20:35 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(1)



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-44526.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13