以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-44523.htmlより取得しました。


読者投稿:サリン事件と自己啓発セミナーのお話

目次 国際的な小咄

1269 : ◆sYFOiuOuow : 2020/08/21(金) 21:06:49 ID:PmYlz7TA

それでは、サリン事件と自己啓発セミナーのお話を投稿します。
一部、気分が悪くなる内容があるので注意してください。


1270 : ◆sYFOiuOuow : 2020/08/21(金) 21:07:28 ID:PmYlz7TA




.    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /:::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::',      日本でも流行した感受性訓練(ST)と自己啓発セミナーについて、
  /:::::::::::::::::::::!::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
. {:::::;::::::::::;:::;イ;:::;ハ;:::::::i::::::::::::::::::::::::;}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',     その歴史のおおまかな流れを紹介します。
. !:;/i:::::::::::!::{=|::!ニi;:::::|'!:;::::::::::::::::::;!:::::::;:::::::::::;::::::::::::::::::ト、;',
 |::{{|::::::::::::トてyラミ!:::;| |イ::::::::::::;イ::::;イ::::::::;/:::::::::::;:::::::::! ヽ'、
. !;`|:::::::::::::!ゞニ'__ノヾ::! ! !:::::::::;/フ:;/=};:::::;/::::::::::::::|:::::::::|  ``   これらの基盤は、精神科医フロイトの提唱した
  |:::!:::::::::;:::i   `` `!  |::::::;/イy'メミ/:::;/::;::::::::::::;i::::::::::;!
.  !ハ!;:::::::ト;::!    .:::: , i::;/ ゞニ'_,/;/:::/::::::::::/:::::;i::::;i      「精神病の根源は無意識にある抑圧されたネガティブなもの」でした。
.  ' !;!;::::::| ヾ!   .::::   y    '´/:;/:::::::::イ:::::;ハ;:::;!
  /´i:::|、   .,   '        イ:::::::::;ィ:/ }::;/ !::|
-‐'   ヽ! ヽ   ``''-..,,     ,.イ:::::ィ:::;//´ i;/  ヾ!       そこから、心理学者クルト・レヴィンが1946年に開催した、
     }  ヽ  `゙`   _,..-‐'7::::/|;/   /'    '
      ',   ヽ、,,..-‐''フ  ', //  !'              後に「Tグループ」と呼ばれる集団精神療法
      ',   //   /  ヽ'´
    _,,,r┐',  〉〉  /    |ト、_                      (セラピー、心理療法など)のワークショップが
  ニ-‐'"  ', | | /<\   } | `'‐、
        ', /  \\  | |    ``ヽ、            感受性訓練(ST)と自己啓発セミナーの源流となりました。
       ,r'´      \\ | ト、     ``ヽ、
     ,r‐'´         ヽ>| |  ``ヽ、





1271 : ◆sYFOiuOuow : 2020/08/21(金) 21:07:52 ID:PmYlz7TA




  i, |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. :::::::::. ::::::..::::\::::::::\
  iヽj::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::\、::::::\     その集団精神療法は、集団での個と個の関係性
 |::、::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::i、::::::i::::::::::::::::::i!::::::::|::::::::::::::::::::',` ‐--\
.  ';:::::::::::::::::::::::::::::::::ト、::::::::iヽ:::i、::::::::::::::八::::/!::i::::::::::: .::::::',         「今ここの経験」(集団内での相互作用・表現・省察)による
.  ';:::::::::::::::\::::::i、::|´\::::! ヽ|丶::::::::/-zV=}/}::::::::: /、:::::'、
.   ';::::::::::::::::::::ト、{rV==ヽi   |::::::/.イ_ノ:::{`}::::::../:::::ト、:::ヽ      心の動きを利用して、個人の精神的な抑圧や心残りを
.   ';:::;i::::::::::::::V  {__r'´::}     l:::/ ┴―‐ィ::::/:::::::::', \:ヽ
.    ';:{ト;::::::::::::::\┴一'"´    l/      //|::::::、:::::::',  ヽi     解放して治療を行う精神療法でした。
    'i'、ヘ::::::::::ヽ、:\        '    /´  i::::::::ト、:::::',
     i::ヽi::::::::::::::ヽ`゙`               /::::::::| ヽ:::',
     i八::::::::::::::::::::\         ..' _,    /:::::::::::|  ヽi      そのワークショップから数多くの手法が生み出され、
      i:i、:::::::::::::\-\   ` ̄_´    /|ヽ::ト、::|―-、`
      `i `ト、:ト、::::::ヽ {        イ::i:::| `゙ ゙l  /        その一つに個人の感受性を高めることを目的とした
        'i ` 丶、:ヽ|` ‐-  __/|ハ::!      /
         i,     `゙ヽ         {' l/      /         感受性訓練(ST)が開発されました。
         }        |        ヽ.、   ∠.........__
        _.ノ ヽ    {       / }   /       ̄  ―- 、__
    _ - ´        ヽ、    /: : ト、_/                ̄
_.. -‐ ´            〉.\ / : : /  \
                /. . ゙'、: : /    丶


1272 : ◆sYFOiuOuow : 2020/08/21(金) 21:08:21 ID:PmYlz7TA




.  /|/::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.: :.:.:.:. :.:.:.:ヽ:.:.:\       ただし、この感受性訓練(ST)は、
 l!|::::::::::::::::.:.:.:.:.:. :.:.:. :.:. :.:.:.:.:.:.:.:.: :.:.:.:.: :.:. . :.: . :.:.:. :.. :.:.:ヾ`ヽ:ヽ、
 |l!:::::::::::::::.:.:.: :. :. :.: :.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:  :.:.:. :.:.:. :.:.:.:.:. :.:.:.ヽ `ヽヽ、  「自分の対人関係スタイル」を振り返って「個」を変えるものであり、
 }l::::::::::::::::.:.:. :. :.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:|::.:.:.:. :.: .:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.ヽ  `ヾ
 l:::::::::::::::::.:.:. :.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:j:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:ヽ     「集団における個と個の関係」を変えるTグループとは
 l::::::::l::::::::.:.:.::.:.:.:.:.:.:|::.:.:.:.:.|:.:.:.:!:::.:.:.:.:.: .:.:.:.:./:.:.:j:.:.:.:::/:.:.:.:.ハ:.:.ヾ、:ハ
. ',::::::ヘ:::::::.:.:.:.i:.:|::.:.:|:::.:.:.:.ム:.::.|::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:ム:.:./:.:.:,ィ:.:.j:.:.:.:ハ、:.:ヽヽハ   その方針が大きく異なっていました。
  ;:::::::|:::::::.::.:.:|:.|、:.:ト、::.:.:.lヘ:.:.|!::::.:.:.:.:.:.:./ |:.ム:/z_|:.:/:.:.:.:.:.ハヽ:.:'、ヽ:'、
  ∨:ハ::::::::::::.:.l:.l_,弍,ヘイ伐ヘト、::::.:.:.:./ ,イ_,rf-j _l!|/::.:/::.:i:.:ハ ヽ:.', ヾ
   ∨ l::::::::::::::.:l:.:{ __辷に_L  ∨::./  ┴ ^ ̄ イ::::/:::.:.:|:.:ハ ヽハ    そうして、集団での人間関係トレーニングを学んだ人々が
    }:ヽl::::::::::::::.:.トヽ        ∨       /::/::::::.:.:ト、:.:|  ヽハ
   V:Y::::::::::::::::ハ\         i      ,イ/::i::::::.:. | ヘ::|  ヽi  セミナー会社を設立し、企業の営業マンの教育や
    ':::l!:::i::::::::::::::ハ          ,       /:!:|l:::::.:. |. |:!
.     |;ハ:::ト、:::::::::i::ハ          ;'__     /:ハ:|.l:::.:.:.j   リ     一般人向け集団セミナーを開催されました。
.    リ .|::l!ハ::::::::ト、ヽ、     ー=-'′ /トく l! |::.:./
       |:ハ ヽ:::::「ハ`ヽ`  、    ̄´ /:::::|  \ |::.;′        それらは1960年頃に日本へ伝わり、1960-1970年代に
       || .∨ ヽ! .ハ     ヽ、  /|:ハ::::|    / .|:j
       |!  V    ハ       ¨´  l/ ∨   /  リ            日本流ST(スパルタ社員研修、モーレツ社員、企業戦士)
     ___.. ノ     ハ         ヘ      /─‐-  ...__
  _ ‐ ´        ハ           ヽ   /        `     による組織開発(OD)という形で大流行しました。


1274 : ◆sYFOiuOuow : 2020/08/21(金) 21:09:10 ID:PmYlz7TA




                _ -───-  ._
              , ィ.:::::::::::::::::::::::::::::ト、、` - 、           しかし、この日本流STには様々な問題点がありました。
             / /イ:::::M:::ト、:::::::ヽトヽヽヽヾ-\
            , ィ7 /.:::::/ハ l! l::::::::::::\トト、ヽヽ:\         まず、STには免許制といった質の維持や監視の仕組みがないため、
           /.::::::∨::::::/:::::\!:::::::::::::i::::::i::\l::ヽト、ハ
           |:::::::::::::::::::l:::::::|::::::l::::::::::::l::::::l:::::::::::::::ハ ヾ       質の低いトレーナーやファシリテーターが数多く生まれました。
           |:::::|:::::l::::::ム::::ハ::::!::::::::::lヽ:::ト、::::::i::ト:::l
           |::::ハ::::l::::::|ニV≦ヽト、:::::lィ_ヘ!ニ}::::l::l .l::!
           ∨ |::::ト、:::|{rッ:j` `ヘ::::lイrッj/j::::::l:::l l:!         加えて、彼らはTグループの基本的な倫理(民主主義や人権尊重、
            ト.l::N ト、:「 ̄´   .: ∨  ̄´7イv:ト::! .リ
            |ハ::ヘ」:l `     !    イ:l ハ:::!           集団と個人の位置づけを組織にすること)や
               リ }:::ト、    __..::._  /ll:| l l::!
              ト_ト-゙ヽ    ー , '|::/ l::7 .リ            目的(参加者の自由なコミュニケーションによる人間的な成長)を
              / ヽ  ` ヽ .../}ヽ|/ |/
            ,ィ    \   | /  ヽ、             もっておらず、STを営利目的に使用しました。
         __ - ´ | |     ヽ.  l , r 、  l l` ‐- .__
    _ - ´: : :_. - ´l |   /7  \/ \ヽムヽ- ._: : :` 丶 .._
 _ - ´: _: - ´   _ ノ 」 r'_/´   /   `¨´L`- _ ` - ._: : : }    その結果、質の低いSTや倫理的に問題のある実践が横行し、
 ト、: : ヽ   _ - ´r‐ ´       /        `ヽ` - _ |: :l !
 l ヽ: : ヽ <__└- ..__     /         _ -'_/  l: :j }    それらが暴走して様々な事故や参加者のメンタルダウンを引き起こし、
 ヽ ヽ: : :'.     ̄ ─ = ─7      __ - ニ- ´  i j: :l/
  {  ヽ: : '.           ̄7_.. - ニ -_二-ニ^!   |/: :/     刑事事件(マルチ商法、ネズミ講など)に発展しました。
  |二! l: : ハ           /r-‐ ´   ├‐´_ - '  ,/. : イ
  |   |: : : ヽ         l l′      `´     /. : : l |
  |   |: : : :|:\        l l              //: : : l |     その内容は、暴力的、強制的、虐待的、人格改造と破壊、
  l   l: : : :ハ: : :丶、     l l           /:/: : : : l |
  l   l: : : l V: : : :ヽ       l l         , ': : l: : : : :l l     恐怖体験、マインドコントロール、人間関係の破壊などの
  l  /: : : !  V: : : : :\     l l        /. : : :|: : : : :l ',
  ,  /. : : : l  l: : : : : : : :ヽ  l l         /. : : : :|: : : : :ハ .,     人間の性格を瞬時に変える教育訓練であり、
 , /. : : : : :!  |: : : : : : : : : \ } j      /. : : : : : }: : : : : ヽl
 lノ: : : : : : l   ` - _: : : : : : : :Y {        l. : : : : _/}: : : : : : : l    基本的な倫理や目的に反し、参加者に甚大な悪影響が残しました。
. l : : : : : : : !     `T ──-┼l───‐┼ ・ ´ 7 l: : : : : : : :l
. |: : : : : : : :|     /` ──--r{───・┼  ̄´\! : : : : : : : l
. |: : : : : : : :|    「. : : : : : : : : : :} }       !: : : : : : :ハ : : : : : : : l   やがて、流行は一気に冷め、日本流STは無かったことにされました。
. |: : : : : : : :|    |: : : : : : : : : : : | |     |: : : : : : : :}: : : : : : : : l

(そもそも、本来のSTにおいても、参加者の19%が脱落し、8%に重大な心理損傷が起きたほどの困難で慎重を要する訓練でした)


1275 : ◆sYFOiuOuow : 2020/08/21(金) 21:09:41 ID:PmYlz7TA




           / _,,.-‐ニ=‐
         /ィ‐'´  ´ ̄ ̄ ̄二ニ=─
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄``'‐- 、
.     γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``ヽ、           同時期に、アメリカではトレーナーたちが会社から独立して
     /´::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::=‐- ``ヽ、
    /7::::::::::::::::;/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ```ヽヽ、      自己啓発セミナーを個人で立ち上げました。
    /;:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::\   ``
   /:;:::::::::::::/;:::::::::::::::::::::::;:::::::::::;:::::::::::::::::::::|:::::::::;:::::ヾ、 ヽ
.  /イ::::::::;r'7;イ::::::::::::::::::::::ト:::ト:::::ハ::::::::::::::::::i::::::::::ヽ:::::::',`ヾ ヽ     その目的は、周囲の環境によって抑圧された自己の内面に
   i:::::;::{ /'r'|:::::::::::::::::::::::|ヽ|=|/ニ}::;:::::::::::::!::::::::::::::ヽ::::::',  `ヾ、
.   |:::;/::レ'  |:::::::::::::::::::::::! イ´{"スjリ!::::i:::::;イ::::::::::::::::::ト::::::',    ヽ   隠されている「素晴らしい可能性」や「輝く本質」を
.   !:/|::::ヽヽi::::::::::::::::::::;:::| ``ヾ‐ |;イ:::;/_!ハ::::::::i::::::::!ヽ:::!
   |/ !:::::::`T!:::::::::::::::::::ト::i      ' |::;イメゞ:::::::::|:::::::::i ヽ:|       自己啓発セミナーで開放して「本当の自分」を得て、
   '  |::;:::;::} !::::;::::::::::::::!ヾi     .::: !'ヾィ/::::::::::;ハ:::::::::! ヽ
     !ハト:::ト|:ハ:::::::::::::| ヽ     ::  `、:::::::::::;! ヽ::::::|  ヽ      人生をより良いものにすることでした。
.  γヾ_ ! ヾ ! !::::::::::::!    ー-.._ 、 -‐'゙::i|::::::|  ヽ:::::!
  , '   `ヽ、  ヽ:::::|:ト、    丶,`イ::ハ:::||:::::i   ヽ:::|
, <       ヽ、 ヽ::|リ`ヽ、、.,__,/   !' ヽ||::/    ヾ|         その内容は、STと同様に、個人の人格を外部から指示を出して
>、`ヽ、       \゙!   〉          ! |'       !
  \.\        ヽ、,く                          強制的に改変させる集中的グループ体験でした。
   _,>、,\        \`ヽ,
< ̄   \ \     /`>ヽ、 ヽ
. ヽ      \ ヽ <´ /    }  ',、                      それは、1960年代から70年代前半にかけてアメリカで
.  ヽ     \ ヽ `´     ヽ  ヾ`ヽ、
   ',  _,.-ニ-‐´        ' ,  `ヾ、`ヽ,              自己成長・自己実現を目指す形で大流行し、
   _,.-'´  \          ',    ヾ ヽ
',  `ヽ、_    \          }    `ヾ\              1980-1990年代に日本へ伝わって、大流行しました。
. ',   }  ``ヽ、   ヽ、         i      `} ヽ
. }  !     ``ヽ、 `ヽ、      |       / /
 ,'  ノ/       ``ヽ、`ヽ、    |      / /〉


1276 : ◆sYFOiuOuow : 2020/08/21(金) 21:10:06 ID:PmYlz7TA




                . -‐‐‐‐‐-  .
             . ´ .:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、           自己啓発セミナーの論理と倫理の基本は、
            /   .: .:.::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            , .: .:: . . .:  .::::::::::::::::::::::::::::::::::::.          宗教学者の島薗進によると
         //.:/. .: .:::.:. . .: .:: .:::.:: .: :::.::::::::::::l
          /イ.:/.:::::::/.:/ .: ./. :: . .  :. .:::::::::::::}         「個人主義的な態度に基づいて厳しい現実を認め、
            lイ::i:::::/|イ::!:::/.::/イ:::/.:::/ .::::::::::::,′
            l:::|::,代」リ|/ |厶x|/!:::/.::::::,/.:::/          他人からの常に厳しい批評・評価に動揺せず、
          Vi::::}  }   ヒハ }イ,.:::::/ }::/
           Ⅵi、       /.::::/ィ:;く            効率的に人間関係をコントロールし、自己成長していく」ことでした。
          /. }l ヽ 、)    /7.:///: : :丶、
       .  ´   |   ヽ  -‐ '/イ /: : : : : : ヽ
     .  ´     ∟__ {    / \: : : : : :__: /       その手法は、「あるべき自己イメージ(本当の自分)」へ
   /          : :} ヽ、 イ  /. : : : /_/厶
  {`丶、. . .      . : {   ヽ l  /. : : : 厶,Vく         以下のようなメッセージを伝えて、個人が持っていた
  ,} . : \: :__; :       \ { } /. : : : :{{/, 、丶、
  厶 : : : : :{{__}}/        ヽV/. : : : ://   丶丶、   「セルフイメージ」や「ビリーフ」を洗い流すように書き換えさせて
   」 : : :/{{__}}ノ: .     . : : : {: : : v ‐≠===,ァ 丶}
 _ノ. : :/ /} : : : : . . . . : : : : : : : : : / / ̄ ̄ ̄ ̄/  /    本当の自分を取り戻させるものでした。
  ^} └'. : :', : : : : : : : : : : : : : : : : :/ /       / . イ
  {     ハ_: : : : : : : : : : : : , -‐ァ      /厂 ノ
  ′   { }: : : : : : : : : : :/ く /      /ヽ、_ノ      「自己責任(実存主義:自由と人間中心主義)」
  ′   ノ}斗- ‐─‐‐ ¬'    ` ̄_ ..二7/`¨´
 }   /         ` ̄/   ̄/ ̄ ´          「人生は選択である(実存主義:真理と原則中心主義)」
 ヽ、____        /‐-‐ ´{
        |: : : ̄ ̄ ̄ ̄: : : : : : :l               「あなたがあなたの現実を作る(現象学的還元:認識と世界観)」
        |: : : : : : : : : : : : : : : : : }
        |: : : : : : : : : : : : : : : : /


1277 : ◆sYFOiuOuow : 2020/08/21(金) 21:10:17 ID:PmYlz7TA




゛`:::‐-、、
:::::::::::::::::::::ヽ.、                            しかし、自己啓発セミナーのプロセスは、
、、::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  \::::::::::::::::::::::::::::::-、.,-‐''"::::::::::::::::::.....             宗教への入信・回心とよく似た機能があり、
    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,〟-'"
     ヽ___________,::::::::::::::::,:::::,/'"                1990年代にはカルトなどの様々な社会問題や
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"`ヽ ヽ        ',
ヽ                  ', .',        ',     刑事事件(地下鉄サリン事件、ミイラ事件など)を生み出しました。
 \_                 ', .',       .,>
、..,_  `ー-、__             ', .',ヽ  ,.〟'"
   ̄゛`ー‐----==、..、、:-..、_    _,.i、-゛'"  i         具体的には、「プライバシー(個人情報)の侵害、
,--,,-,-..-.-、,,._=_=_,、゛、_ _,.〟,_ー'"/i::::::i::i .i
 < 、.、::::::::::ヽi i,:・::,i .,` リi:::::/i/.、 ̄ '.i:i、i i         高額な料金や悪質な勧誘による生活の破綻、
、 .\\.、:::::::,\--‐'"  ' i::/   \、 i:i リ i
...\_ ヽ、``=-、\`     .リ    ./  /::i i./::ヽ,--‐‐-、、  思考誘導や洗脳、観念崩壊セミナー」などによって、
    ̄゛'ー-、゛ー-\,   ._,.〟-‐'_'/ ./;ヽ|./::::::::ヽ
、        ̄\ヽ\ゝi",.〟,. -‐"/ .i /:::::::::::::::',       「人格(自分らしさ・個性・主体性)が成長しない」
、'‐-、...,__     .\ヽ\ー‐'"::::",..'-",〟ii::::::::::::::::::'
ヽ`_-、..、,.`゛-、   \\ヽ-‐'",.〟,"-, .i.ヽ-‐'" ̄        「本人の問題ではなく指導者が決めた問題を解決させる」
   `ー-、__`‐-\   \ヽ,-'" i、'"  ,.>'i i::::::::::::
、、      ̄`ー.\   i .i  i ``i"' .| i i::::::::          「対人関係を人生の目的として重視しすぎている」
  ヽ、、       |`ー-、__i.i_,../  ,i.i  |ヽ、i:::
ヽ.、  \     |       .\.i_i,./   i          「うつ病や統合失調病の発症」などが挙げられます。
:::::::::::ヽ、__\   .|          __,..〟
:::::::::::::::/::::\\ /       ,..〟‐'"
::::::::::/::::::::::::\`/     /


1278 : ◆sYFOiuOuow : 2020/08/21(金) 21:10:29 ID:PmYlz7TA




    /i                  \ \
.   / :|/ /, /l         ト、   、ヽトヽ. ヽ
   イ /// /, ハハ    |\. | ヽ  ヽ ヽ`  ヽ      なぜ、これらが日本やアメリカで流行したかについて、
   |/〃 |/ |ハ_∧ハ   :!ト、、 ハ ヘ   \!  ヘ、ヽ
     |   i i  | ヽ.     `i: ゙Y       ヘヽ}    私の推測になりますが、
     |   i |  |、 ヘ    i  |    i   、 ヘ
     |   ム ト、 l ヽ i    l  l  i   |  i ト、 l     日本やアメリカが成熟した文化であったことが理由の一つになるでしょう。
     { /=リ=、 l__ ', l   ,! /  l :i ! :| | ヽ!
    i  |ィ≠弌三ミ.l ̄Ⅵ   /j /1 ム i |  | j
    i  |、{ーゝぃ}  `   | / ,ィう|/`Yイ ! ,' .,'
    |、 :| ` ̄ ̄´     |/  辷ソ }/ / ハ/       文化の本質は、「個の抑圧」による共同体の存続です。
    '. ヽ!          i     // i: /
   、ヘ `          、    /´   j/          その抑圧は、成熟した文化であるほど強烈になることでしょう。
   、ヽ}、         /   ,. イ |  /
    \ヽ     - ──  /  | ハ /          だからこそ、抑圧された自分を解放したいと、
      ` ヽ     ´ /    |j j/
        / /`  、__ イ       ′             多くの人々が熱狂的に追い求めたのでしょう。
       { {   / l |
       l l、  {  | {、


1279 : ◆sYFOiuOuow : 2020/08/21(金) 21:10:47 ID:PmYlz7TA




    /:; ィ.:::::.: :::::: : ::::::: :: : ::. : ::::: : .::.::::::: :: :. :.: : .::::. : ::::::::::::!
  /-'´/::::::: : . :: : :::: .: : .::::::: : :: .: ::::::::::::::i::::.: ::::. :::::::.:::.:::::::::::'、
  '´  /:::::::::::::.:: : .:::: :: .:::: .::::i:::::::| : :: :::::::::l::::|:::|::::l::: ::i:::::.::::::::::::::::',      最後に、人間の成長は
   /:::::::::::::::;:: .: .::::: .::::::i.::::::|::::::| :::::::::::::::l:::イ::i:::::|:::::::i:::::::::::::::i::::::::i
   ,'::::::/:::::::::l:::::::::::i: .::::::l:::::::|;:::::|::::::::::::::;イ::l|::イ;::::l:::::::|::::}:::::::::l:::::::::|    簡単で楽な安易なものではありません。
.  i::::;イ:::::::::::|::::::::i::l:::i::::i|:i:::::|_';:::li:::::::::::/ l/1l´|::::ハ::::il:::/::::::::::l::::::::|
  l:::/l::::::::::::::l::::::::l::l;::l::::|ト、:::| ';::l|:::::::/ /' リ,zレ'`!:::!1/:::.::::::::l::::i:::|
  |/ l:::::i::::;::::';::::::::';::lヽ:::l=ヽ;!ミヽ!;::::/    イ、ノ´|/} ,|:::.::::::::l::::::|;:|     個人を変えるのは多大なリスクを伴うプロセスであるため、
  !' .l:::::|::::i:::::ヽ::::::::ヾ{゙ヽ!ノ´:::}  ∨     _ゞ― ''´ l::::::::::/:::::::|!'
.    l:::;イ::::|:::::::::ヽ::::::',` _ゞ― ''´     ::::.       j:::::;イ::::::イ|      人間を成長させていくには覚悟を決めて、
   l::/l:::::|i:::::::::::::\:::ヽ        i :::::::::      /;::/ l:.:::::::|!'
   |/ |::::lヘ:::::::::::::::::丶ヽ.        ::::::     〃/' ,/: :::;イ!        真剣な態度で望まなければ上手くいかないでしょう。
   !' |::l ヘ::::::i::::;:::::::',`ヽ       !        , イ:::.::::∧|
.     |l   ';::::|:::i、::::::!`ヽ      ー'''二´~     / .l:::/::;イ_.!'
     !    ';::l!:::| ';::::|ヽ:;::`ヽ、   ´      / _|/ノ´:::.l       しかし、質の低い心理学の手法が一般化した
         ,..ヽハ| ∨ ∧ト、:::::',`ヽ、    /  「:::.:::.:::.:::.:::.l
        i  `ヽ.  /   ヽ::∧  ` ー ´    |:::.:::.:::.:::.:::.:l        現代の日本社会では、人間の内面と向き合うには、
        ヽ    \!     リ ',         |:::.:::.:::.:::.:::.l
         ヽ    ヽ.        l     ∧ |:::.:::.:::.:::.:::j        より一層の確かな理論と倫理が肝要と言えるでしょう。
          ´ヽ    i      ノ __./:::.:ヽ!:::.:::.:::.:::./` ‐-
        _.. -‐  ̄ ̄~` - _ / ''´ ̄ ̄``` ヽj:::.:::.//:::.:::.:::.:::.:
     , '           `ヽ!.         ノ:::.:/:::.:::.:::.:::.:::.:::.    ご清聴ありがとうございました。
    /         iii      ヽー―‐ァ'´:::.::/:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::
    ,'            iii     ',   /:::.:::/:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.


参考文献
『』
『「組織開発」再考-理論的系譜と実践現場のリアルから考える』

参照HP
Wikipedia-自己啓発セミナー』『Wikipedia-組織開発』『Wikipedia-観念崩壊セミナー』『Wikipedia-ライフスペース
日本の調達部-自己啓発ビジネスの誕生と発展について


1281 : ◆sYFOiuOuow : 2020/08/21(金) 21:13:45 ID:PmYlz7TA

これで投稿は終わりです。
日本で、心理学や人の内面がタブー扱いされるのが非常に残念ですね。

それと、大きめのAAに長めの文章を貼ると見栄えが良いですね。


1282 : 尋常な名無しさん : 2020/08/21(金) 21:14:45 ID:lv8iggw6

この亜流が意識高い系のマルチまがいなアムウェイですね
洗脳セミナーで活動資格が必要になったりしてますし
環境、健康などを言葉巧みに使って勧誘してきます


1283 : 尋常な名無しさん : 2020/08/21(金) 21:15:31 ID:KSmKV1YU

乙です
自己啓発セミナーは怖くて怪しいイメージがある
ブラック企業の新人研修とか軍隊の初期訓練とかやりたくない…


1284 : 尋常な名無しさん : 2020/08/21(金) 21:16:05 ID:yAfgayMo

自己啓発セミナーに行くなら、体を鍛えつつ参禅でいいのではないかと思った(小並感)


1285 : 尋常な名無しさん : 2020/08/21(金) 21:17:17 ID:GzM.l6JY

乙です。
人間の成長は本当に一朝一夕では難しいですね。
中間管理職になってから本当にそう思う。


1288 : 尋常な名無しさん : 2020/08/21(金) 21:20:34 ID:FDgWWydM

サリン事件か
仕事の先輩に被害者がいるんだよな
トラウマのせいで、いまだにその手報道が見れないと言っていた


1291 : 尋常な名無しさん : 2020/08/21(金) 21:25:04 ID:F4yT5GfY

自己啓発って今の自分を壊すイメージがあるから関わりたくないなというのが本音ですよ
自分の内面なんて掘り下げれば掘り下げるほど精神的におかしくなるものですし
今の価値観を壊されて新しい価値観を植えつけられると、自分は真理を知ったと思っちゃうことも多いそうですね
宗教や左な人達のセミナーって、そういう体験をした私達凄い、体験してない人達かわいそうって考えになりがちで
だからどんなに心配して声をかけても、わかってない人が何か言っていると思ってしまうと聞きましたよ


関連記事
[ 2020/08/25 20:33 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(9)



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-44523.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13