以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-39754.htmlより取得しました。


女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 12

目次

50 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/02/29(土) 22:20:46 ID:T6H05yHU



::|批i i |:|/i i i /ミメメヒ此批批妣妣豼豼豼批狄爻爻爻爻爻ミミ  ,、,xXx ´':;.:,ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ミ;ミ;ミ;ミ;:゙|:|:;.:
::|批批|:|此ヒ/ //'7メミ狄⌒ ,xX爻Xx  ,妣此狄父爻爻爻ミ ,::;.:,ミヾ;:ミ:ヾ ´':;.:,ヾ;:ミ:ヾ;:ミ;ミ;ミ;ミ; ; ;}; ;|:|: :
i:|批批|:|,,/ // j{, ,   xX此批批批豼豼批XX⌒   :;.:,ヾ;:ミ:ミ;ミ;ミ;ミ;ミ; :;.:,ヾ;:ミ:ミ;ミ;ミ:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙ノ.:ミ|:|ミ
ii|批ヒ/:,辿批妣批批批xく, , ,/ ´'小批豼豼批く ;';' ; ,  . : :;.:,:;.:,ヾ;:ミ:{ミ  \;:ミ:// . . : : :ヾ;:ミ:ヾ;:|:|ミ
i:i|此/:/批批妣妣批批批此此此此,妣批批豼ミ  ⌒X爻爻爻Xxミヾ;:ミ:;  ,ミ\|/ . : : xXミ;ミ;ミ;ミ;ミ;|:|ミ
i:iレ',ィ紕此7厶:゙:゙:゙/⌒刈批紕批ヒ此ツ⌒'亥豼ツ,、,、,、xX爻;';';';:;::;.:,:;.:,ヾ;:ミ:\ヾ;:ミ:\,、xヾ;:ミ:ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;'|:|ミ
i:i:ノ;7厶ミ//ミ; ; ;/: :  ⌒刈狄′ //   . . : :;';';';';';';'ミ爻爻;';';';':;.:,:;.:,:;.:,ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;く^|:|
i:i批'厶ヒ7厶ヒ沚/; ; ; , ,   | |  //     . . . ::;.:,;';';'´  /;';';';';';';':;.:,:;.:,:;.:,.:.ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;/厶く⌒ ,|:|,、
i:i:|//妣7厶ィ紕紕批此批vi| |  //     . . : ::;.:,;';';';';'/; ,,/: : ::, '´  . : :.:.:;';';';'ミ;ミ;ヾ;:ミヾ//ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ミ;ミ
i:i:i/;';';'//刈批批批此北北| |; //       . . ::;.:,;';';';';';';';/;';';';/:;.:, ; ; ; : : : ::|: : //ヾ;:ミ:∨/ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;
i:i:i|批批此此比比ン⌒メ⌒ | |//        . : :.:;:;:;';';';';';|| ´/;';';';爻; ; ; : : ::|: //: //: : | |ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;
i:!:i|批批此く⌒  / /爻 /:::/: .         . :.:;:/:;./ミ||:./ ⌒刈い; ; ; : |//.:.//: : ::| |ミ;ミ;ミ;ミ;ミ; |::|
i:i:i:|小ヒ从く⌒_// ̄ /:::/: : :.         .://:;.:,ミjj/、: : : : :|i: : ::;.:,:;.//:;.://.: : ://⌒爻⌒ .:|::|x   【嘆きの胎 第4層圏】
i:i:i:|ミ:/::/ミ / ̄: : : :/:::/: : : : :.          ′.:.::;.:,://;';'ミく⌒||:;.:,:;.:,:://: ://.:.: :.//  ,、xX爻水爻
i:i:i:|:;/::/:;:::/、; ; ; /:::/.:.: : : : : : :.           . : :.:.//:;.:,:;.゙ミ ⌒||: : : ://;';'//;';'.: //、xX爻水メ狄狄
i:i:i:|/::/ /;';';';'>'゙,、<.:.:.:.: : : : : : : :.         . : //:;.:,:;,,ノ  .||: : ;//;';'//, ;xxX爻水爻水狄狄狄
i:i:i:kxX---=彡く爻爻:;.:,.:.:.: : : : : : : :.         '//.::;.:,:'´ ,、ヾ;ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;メメ乂爻乂爻水爻水メ狄狄
㍊※ヾ;:ミ:i:i:゙;゙;゙; ; ; , : 爻x:;.:,.:.:.:.: : : : ::.         . . ::.ノミ:;.:,ヾ;:ミ:||ミ;ミム/メメいハいハハ乂メ乂爻爻狄
淡㍊※ヾ;:ミ:i:i:゙;゙;゙; ; ; , : ´'ミx.:.:.: : : : .:.:.         . . :.::;.:,;:;:ヾ;:ミ:||//ミ//:;.:,乂いハいハい乂爻爻狄
淡淡㍊※ヾ;:ミ:i:i:゙;゙;゙; ; ; ,   ´~"'  ,_: :.          . . :.::;.:,;:;:;;メメ|: |ミ//ヾメメミ;う~いハいハいハいハ乂
慫淡淡㍊※ヾ;:ミ:i:i:゙;゙;゙; ; ; , ,   . : : : ´"          . : .:.::;.:,:;.:刈: |// //メヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ン,いハい乂爻爻
慫慫淡淡㍊※ミ;ミ;:i:i:i:゙;゙;゙; ; ; ; ; : : : : . .           .,_  . : : :|::::/ //幺ヾ;:ミ:ミ;ミ;ミ;ミン;';';';';';';'|刈メメ
戀慫慫淡淡㍊※ミミi:i:i:゙;゙;゙; ; ; ; ; ; : : : : . . .          . . : ´~"|::::|//⌒ミミ;ミ;ミ;ミ;ン;';';';';';';';'ミ|::::|;';'




51 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/02/29(土) 22:25:39 ID:T6H05yHU



           { ̄`丶、       ,、丶` ̄}}
           {      \    /     }}
            ヘ.      ヽ/.       ∥
.            >''´  ̄ ̄ ̄ ̄ `''<.〃`''<
.           /   〃          `丶、 ヽ
           '    /            \   ヽ\',
.          '      |/           ヽ  ',-=)h、
       ,      |      \       ヽ  ',⌒l⌒
.      /         | |         \         l  }}!
.      /         | |.      l            }三}}!
     ,      l |.  ハ.|.       |      |     }/}}
     |     |__/_ハ     _ト、_  |     } ∥    ジョージ、これは、やはり……。
     |     ∨ _ハ     | ',ハ   | |    リ 从
     |イ. |   ヽ≪芯ミ ヘ.   ィf芯≫ | | } } iノ ,イ
     | |   乂 ヽ     ` 、|   ノ| | |///'´
.     Ⅵ  ヽ Y⌒`    '   -=彡 | |//(
     _圦   ヽ}:::}h、  __   ,ィi{::::| |//:}h、
    {::::::::::ヘ   ヽ:::{≧s。._ ..ィ(::::/::::|. 八::::::::::心、
    {:::::::::::::: : h、  \:/{_/)h、,,/:::::::|/ :::::::::::::::::: }!
.     l:::::::::::::::::::::: 〕h、 }::::亡ア:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
      l :::\ ::::::::::::::::::::::::: |i:i:i| :::::::::::::::::::::::::::: /:::::::l
     l::::::::::>''´::::::::::::::: :|i:i:i|:::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::l
.     l:::::ア:::::::::::::::::::: \|i:i:i:|:/::::::::::::::::::::::::::ヘ:: l
     ∨:::::::::::::::::::::::::::: |i:i:i:i|:::::::::::::::::::::::::::::::::: }!l


52 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/02/29(土) 22:31:42 ID:T6H05yHU



                   _,. .,____
             ,. -==ニ≦≡≡≡彡
             ヒ彡彡   ノ::::..../:::Y
             l}彡彡.ノノ:::::::::::{:::::}       間違いない、バディ。
             ミ三彡イ:::::::::::::::l:::::}
                ...::::::::::::::::::l::::7
              寸:::::::::::::::::::::l::7
                寸::::::::::::::::Y

──────────────────────────────────
                      _,,,,,,, - =。ト ,,,_
                    f:゚,:::::::::::~:::::::::::::::|:::::::日`::.i
                    i!:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::~~:::::i!
                      ii:::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::|
                      ii:::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::|    これは、私達に必要なモノだ。
                       ii:::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::|
                        ii::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|    『未来』を……『選択』を、変えられるかもしれないもの。
                        ii::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
                    i.i::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|―――――― 、   変えるのに、必要かもしれないものだ。
        //> ,,__      |.|:::::::::::::::::::::::::::::::.|:::::_, <´ ∨゚.:::::,::-、::::゚:::::::::∨
         //:::::::::::::/ `7z、,_  | | 。::::::::::::::::::。 斗''',::::::::::::::::∨ i!::マ,:::}:::::::::::::∨   しかし、こんな所に”も”あるとはな……。
      //:::::::_,,、イ  //、_,,,ニ=-マト,::::::::::::::::::::,∧:::::::',,,__:::::::::::∨ `Yイi!:::::::::::::∨


53 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/02/29(土) 22:33:52 ID:T6H05yHU



               /,/  /  /   / /       V \ニニ/
.    ----― / /      /     /            |\ \/ /ニ
       ̄ /   / /          /=/            |     ∨ニニ
      ///  /イ      、」\ /ニ/          | \  ∨ニニ
 _ --彡/ /    |   |    /`丶 /     /      |    \ ∨ニ
   ̄ ̄ ̄// /   __八  |  /)\ニニ.|`ヽ   /      j     `、∨ニ
     / (.,/  |  ̄\| /ニニ气\ニ|   /      /  \   `、}ニ    でも、これがあればアイツを、坂本を殺せる!!
.      乂__ノ   |      ヘニニ^乂沙,|   /      / \  \  } }ニ
     /    |          ̄-=ニニ八 /      /   \  \jニニ   未来も変わる!!
    /     | ト.、    u   ノ  /       /      >― ニニ
  ー‐''/    /| {(_}  __ ̄彡 イ|/      /´"''   ., _  Λニ   だけど……アイツらが、邪魔よ。
.    /    / / |  ´   >   ̄ ̄          Λ      ,.  ''八 \
   /  /    - .,   ⌒ ''―         / Λ/>-- ''"´// / {      何なの、アイツら……私を狙ってくるなんて……!!
  {  /      /,三≧=-/        // ノ      //   {\
   \{       ___--ニニ/        // /     //{ {   {


54 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/02/29(土) 22:37:07 ID:T6H05yHU



                      _,,,,,,, - =。ト ,,,_
                    f:゚,:::::::::::~:::::::::::::::|:::::::日`::.i
                    i!:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::~~:::::i!
                      ii:::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::|         そのことなんだが……彼らの特定が、できた。
                      ii:::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::|
                       ii:::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::|          バディ、君の邪魔をしてきたやつらのことだ。
                        ii::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
                        ii::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|          ……ここにいるハズのない者達だった。
                    i.i::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|―――――― 、
        //> ,,__      |.|:::::::::::::::::::::::::::::::.|:::::_, <´ ∨゚.:::::,::-、::::゚:::::::::∨
         //:::::::::::::/ `7z、,_  | | 。::::::::::::::::::。 斗''',::::::::::::::::∨ i!::マ,:::}:::::::::::::∨
      //:::::::_,,、イ  //、_,,,ニ=-マト,::::::::::::::::::::,∧:::::::',,,__:::::::::::∨ `Yイi!:::::::::::::∨


55 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/02/29(土) 22:44:08 ID:T6H05yHU



                  _ _ _ _ _。。_ _
              ィ ´     ` ヽ > ´ `!
             〆          .ヘ   |
            /              ∧-メ
            .i i   ヘ  ヽ  ヽヽ/ .i.∨ヽ、
            { iヽ    ト 、 i   : : :/ .| i.κヘ    ……ここに居るハズのない者?
              }  ト‐YN. .| イエN!  /: : : 丿! N ヘi
           iヘ弋ツ.i ^    ./.ノ .: : :|ノ \      どういうことなの、ジョージ。
           .{ l   、   .ノ个 .: : : j  ャ ヘ
            l ヘ   --、  |  : : j ! /i.|jヽ}     彼……いえ、彼らは何者?
             ! y.ヽ、    ∠! .: : : y.リ
            |i .ソ y^ク .<   !| ハj><|
             ヘ .|///ム | ./ リi .{ ^.//ム
            ヽ/N////ィイニニ{匕{/////ム
             }/////Yjニニニニ.|匆///."、O.、
           r≦>ニ、 _ 二ニ‐≦//////.ヽ .ヽ、
           /rニニニ./ニ///ニニニ|///////i/ヽ、ム
──────────────────────────────────────────
                      _,,,,,,, - =。ト ,,,_
                    f:゚,:::::::::::~:::::::::::::::|:::::::日`::.i
                    i!:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::~~:::::i!
                      ii:::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::|       ……『”第二次”シュバルツバース合同計画。』
                      ii:::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::|
                       ii:::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::|       その人員達だ。
                        ii::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
                        ii::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|            最初のヤツと、その次の赤いヤツは記録に残っていない装備だったが……。
                    i.i::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|―――――― 、
        //> ,,__      |.|:::::::::::::::::::::::::::::::.|:::::_, <´ ∨゚.:::::,::-、::::゚:::::::::∨  赤いヤツの増援、アモンと戦う前に戦った、彼らの装備が、記録と合致した。
         //:::::::::::::/ `7z、,_  | | 。::::::::::::::::::。 斗''',::::::::::::::::∨ i!::マ,:::}:::::::::::::∨
      //:::::::_,,、イ  //、_,,,ニ=-マト,::::::::::::::::::::,∧:::::::',,,__:::::::::::∨ `Yイi!:::::::::::::∨


56 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/02/29(土) 22:48:36 ID:T6H05yHU



        | l     |. /  l       |.  ',  |     |ハ. ', `ヽ}
.        l{ l     |/   ',       |   ', i|    |.   l
          ハ l.     |-匕´ ヘ ト.     |`ー‐-丶|    .|  ! |
       /  ',     ,彡芋芋ミ{ \   ,ィセ芋芋ミ.    | 八 |
     /イヘ ',ハ  从 乂ツ    \ |. 乂ツ イ    |./  ヽ     ”第二次”って……”第一次”の、『100年後』じゃない!?
        ヘハ! ',   ヘ´¨¨`   ,  ヽ ´¨¨`从   j/
          マ7777ハ   ハ  u            /     ,'77777     なんでそんな時の奴らがここに!?
        マ////ハ    }h    c‐っ    ..イイ}.   //////
          マ////∧  {/)h。     ,ィ(///}  //////       私達の時とは、技術が……というか、私だって私と貴方しか
.       ,ィzzzzxマ////∧. {<::::::::≧≦::::::::::Y/ } イ./////-、、
.      lニニニニニマ////∧ {::::::::::::::::∨::::::::::::::}//'////アニ二心     『時間移動』は出来ない───────!!
     lニニニニニ=-……-=ミ:::::::/¨¨¨¨¨ヽ:::::>‐……‐<アニ二}!
      lニニア´:::::::::::::::::::::::::::::::`寸:i:i:i:i:i:ア'´::::::::::::::::::::::::::::::`''寸ニ|!
      l{ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ:i:i:i:i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ}l
.       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::マ:i:i/:::::,、丶`:::::::::::::::::::::::::::::::::∨
─────────────────────────────────────────────────────
                      _,,,,,,, - =。ト ,,,_
                    f:゚,:::::::::::~:::::::::::::::|:::::::日`::.i
                    i!:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::~~:::::i!
                      ii:::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::|       そうだとも、バディ。
                      ii:::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::|
                       ii:::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::|        『我々の時代で、命懸けでようやくできる移動技術』だ。
                        ii::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
                        ii::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|        時間移動というのは。
                    i.i::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|―――――― 、
        //> ,,__      |.|:::::::::::::::::::::::::::::::.|:::::_, <´ ∨゚.:::::,::-、::::゚:::::::::∨  しかし、それでも”出来る”ことは他ならない我々が証明している。
         //:::::::::::::/ `7z、,_  | | 。::::::::::::::::::。 斗''',::::::::::::::::∨ i!::マ,:::}:::::::::::::∨
      //:::::::_,,、イ  //、_,,,ニ=-マト,::::::::::::::::::::,∧:::::::',,,__:::::::::::∨ `Yイi!:::::::::::::∨  彼らも……今からみて、『未来』から来たんだ。おそらく、部隊部隊ごと。


57 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/02/29(土) 22:53:45 ID:T6H05yHU



                  __
          _,斗==,f≦斗-t''i!
           !::i!{:::::::::::::::::::::|:::::::i!     それに、バディ。
          i:::::i:::::::::::::::::::::!:::::::i
              |:::::i:::::::::::::::::::::!:::::::|      これは、我々から見れば『好機』、いや。
         __i!::::.!:::::::::::::::::::::!:::::::!
     fー=ニ,,_≧i!:::::!::::::::::::::::::::i!:::::::|_,斗t> マ  『真に倒すべき相手への対処』が出来る可能性を秘めている。
     |(i!) |:::::::::}`i!,_i!::::::::::::::::::。!k''〈´:::::∨マ)∨
      ! i!::::!:::::i´::::,!_,7ト,゚:::::::::::{んム::::`',::::.∨i!} ∨



                      _,,,,,,, - =。ト ,,,_
                    f:゚,:::::::::::~:::::::::::::::|:::::::日`::.i
                    i!:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::~~:::::i!
                      ii:::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::|        彼らは今よりも未来……。
                      ii:::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::|
                       ii:::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::|        より『我々に近い時間から』来たんだ。
                        ii::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
                        ii::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|       そう……我々の世界が悪魔にあふれたのは『最初』に
                    i.i::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|――
        //> ,,__      |.|:::::::::::::::::::::::::::::::.|:::::_, <´ ∨゚.:::    原因があったかもしれないという仮説が、違う可能性を見せてきた。
         //:::::::::::::/ `7z、,_  | | 。::::::::::::::::::。 斗''',::::::::::::::::∨
      //:::::::_,,、イ  //、_,,,ニ=-マト,::::::::::::::::::::,∧:::::::',,,__:::::::::::∨    『彼ら第二次組』こそ、我々の時代がシュバルツバースと悪魔に敗北した原因かも、とな。


58 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/02/29(土) 23:00:45 ID:T6H05yHU



             ノ   /    l|        |   V/ |          ./ /,
            /        l|        人   V/ |   '.    l ィ
              /  ′  .\          _ -‐== V/       i|  /    ヽ(
      _ ‐=ニ __ /   l     / \     '"´ l   \ v     l   i| ./    l   )
        ⌒¨¨¨¨¨¨7   |   ′.人  、     ィ=====\       |   i|__    | /
                 |  x====ミ\(\   ノV"ソ_アノ     人    }   人(
            l    人  ( vシ )´  \  ¨¨⌒ /   /          、 ⌒\       {ll}rf(⌒}lk
            |   ⌒ヽ  Y   〈    \( _ ィ      ´    .∥ .′   \          {l} ヾl) ,ノシ′
            |   l  圦_(            ⌒¨¨¨ア        .∥ノ  l  )\         .lj   lj´
            |   |   :.               ′     ∥     |  ⌒¨\       O   O
            |   |   人    v 、       l        ∥   .人   l
            |   |   ⌒ヽ          u    |      ∥    ⌒ヽ 人(
            |    ハ   l(  \           r‐|          ノ  lV(⌒
             j{ ._/ ∧  ノ V             <{i:i|      八  /(   |」⌒v
               从V(i:i:i:∧V(i:i:i:V(  ぅ=‐   _____{i:i|、    .::i:i:\(⌒´  人  ノ)
           /⌒V/i:i:i:i:i:Vノi:i:i:从 「ニニ|   Vニニニニ〉从    .:i:i:i:i:i:i:\  (⌒¨¨´
───────────────────────────────────────────────
                      _,,,,,,, - =。ト ,,,_
                    f:゚,:::::::::::~:::::::::::::::|:::::::日`::.i
                    i!:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::~~:::::i!
                      ii:::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::|        事実、彼らは『何故か』君の邪魔をしている。
                      ii:::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::|
                       ii:::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::|        『未来から来た君の邪魔』を。
                        ii::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
                        ii::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|           ああ、確かに我々も『第一次のキーマンの殺害”も”』
                    i.i::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|―――――― 、
        //> ,,__      |.|:::::::::::::::::::::::::::::::.|:::::_, <´ ∨゚.:::::,::-、::::゚:::::::::∨   企ては居るが……それすらも知っている?
         //:::::::::::::/ `7z、,_  | | 。::::::::::::::::::。 斗''',::::::::::::::::∨ i!::マ,:::}:::::::::::::∨
      //:::::::_,,、イ  //、_,,,ニ=-マト,::::::::::::::::::::,∧:::::::',,,__:::::::::::∨ `Yイi!:::::::::::::∨   我々から見て、過去の人間がか?


59 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/02/29(土) 23:06:51 ID:T6H05yHU



                 /  : :      :      : : :`、 : ',     ∥ / /ニニ/
                  /   : :       : :   :    : : : ゙弌゙、    ∥,'/ニニニミt、
                ,′  : : :   :    : :、 : :   : : : :',: :゙、  _〈ノ丿ニニニ弍
                  ; :   : : i   :    : ',  : :   : : : :}ト、:`、`┬f{ 〉 ニニニニム
                   | :   : : :|、  : .    : ト、: : :  : : |:|:',ト、ヽ ノjヨ{ 》ニニニニム
                   | :   : : :|`、  :|、   : !ヽ: : :  : :jト|: ', ∧!{ ̄) {ニニニニニム    『未来の失敗』の原因を矯正しようとしている私達を、
                  | !:  : : :| \ :|\   イ_え: : : : リl }! 〈  | ,′ 寸:ニニニニニム
                 | !:  :i|: L_''''弌 |、 \ 代ソ〉:j: : :/:レ':|、 ',  |∥  ノニニニニニニj}   『邪魔』する……?
                   j :}:   .:i|:〔弋ツヾ! 、 ヽ′  ノ: :/ :| : | `ヽ !i{   /ニニニニニニ/
                 ノィ^、 : V` "~    :       /. ィ゙: : | : 「ニn | | ,:'ニニニニニニ/    『私達の未来』を変えさせず、確定させるために?
                  }、: : ト、     丶  u' ゛ j| : : |: :lニ∧ | |, 'ニニニニニニ/
        n           _,ィ!ハ: : | \         _   .イ: ', : :ト、:{ニ弍∠:ニニニニニニ/      過去の、”第二次”の者達がその為に動いている、と?
        Vヽ         「Eニ∧ : |`、:トミis。,_ ´   / !」j、: :|ニニE{{イニニニニニニ/!
    ∠三弌 ヽ       |j!}:ニ∧: |弌ヨー∟_` ー ゛.イニ》∧: !ニニニ》',{{ニニニニニ/ハ',       _
、   ,イニニニヨ |':,     ∥ニニニ'; :|ニ〈ニニニ≧<ニ<ク∥\:',ニニ/|ニ',{!ニニニニ/ニ∧_,,.、、xztニ斗
`丶jニニニニ/ク !∧、、、、、∥〉ニニニ} レ'::::.寸ニニアニニ寸ニ/.::::::::.ヽニ{ニ|E',{iニニニニ/ニニ弌"" ̄
─────────────────────────────────────────────────────────────
                      _,,,,,,, - =。ト ,,,_
                    f:゚,:::::::::::~:::::::::::::::|:::::::日`::.i
                    i!:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::~~:::::i!
                      ii:::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::|      可能性の話だ、バディ。
                      ii:::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::|
                       ii:::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::|      だが……その可能性、笑えるものではないと思うぞ。
                        ii::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
                        ii::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|      君を”先んじて”見つけ、対処してきたのだから。
                    i.i::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|―――――― 、
        //> ,,__      |.|:::::::::::::::::::::::::::::::.|:::::_, <´ ∨゚.:::::,::-、::::゚:::::::::∨  なら……そうかもしれない、と思うだろう?
         //:::::::::::::/ `7z、,_  | | 。::::::::::::::::::。 斗''',::::::::::::::::∨ i!::マ,:::}:::::::::::::∨
      //:::::::_,,、イ  //、_,,,ニ=-マト,::::::::::::::::::::,∧:::::::',,,__:::::::::::∨ `Yイi!:::::::::::::∨  ……となると、道を考えねばならない。選択の時だ、『都』。


60 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/02/29(土) 23:13:24 ID:T6H05yHU



                  __
          _,斗==,f≦斗-t''i!
           !::i!{:::::::::::::::::::::|:::::::i!         『今まで通り』、坂本隊員が最大の原因だという”来る前の”結論を信じ、
          i:::::i:::::::::::::::::::::!:::::::i
              |:::::i:::::::::::::::::::::!:::::::|         彼女の殺害……あるいは、『彼女に選択の変更』を迫り、
         __i!::::.!:::::::::::::::::::::!:::::::!
     fー=ニ,,_≧i!:::::!::::::::::::::::::::i!:::::::|_,斗t> マ   ”第一次の結果”を変えるか。
     |(i!) |:::::::::}`i!,_i!::::::::::::::::::。!k''〈´:::::∨マ)∨
      ! i!::::!:::::i´::::,!_,7ト,゚:::::::::::{んム::::`',::::.∨i!} ∨


61 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/02/29(土) 23:16:08 ID:T6H05yHU



                      _,,,,,,, - =。ト ,,,_
                    f:゚,:::::::::::~:::::::::::::::|:::::::日`::.i
                    i!:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::~~:::::i!
                      ii:::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::|       『ここに来ての仮説』、彼ら”第二次”の方にこそ原因があると信じ、
                      ii:::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::|
                       ii:::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::|        彼らの打倒に切り替えるか。
                        ii::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
                        ii::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|            前者は今まで通り、しかし彼らの邪魔が入る。
                    i.i::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|―――――― 、
        //> ,,__      |.|:::::::::::::::::::::::::::::::.|:::::_, <´ ∨゚.:::::,::-、::::゚:::::::::∨  だが、坂本隊員の殺害だけは出来るかもしれない。
         //:::::::::::::/ `7z、,_  | | 。::::::::::::::::::。 斗''',::::::::::::::::∨ i!::マ,:::}:::::::::::::∨
      //:::::::_,,、イ  //、_,,,ニ=-マト,::::::::::::::::::::,∧:::::::',,,__:::::::::::∨ `Yイi!:::::::::::::∨  一瞬の隙、それさえあれば、君は勝てる。


62 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/02/29(土) 23:25:04 ID:T6H05yHU



                  _ _ _ _ _。。_ _
              ィ ´     ` ヽ > ´ `!
             〆          .ヘ   |
            /              ∧-メ
            .i i   ヘ  ヽ  ヽヽ/ .i.∨ヽ、
            { iヽ    ト 、 i   : : :/ .| i.κヘ               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
              }  ト‐YN. .| イエN!  /: : : 丿! N ヘi              |   だが後者、こちらは……君一人では不可能だろう。
           iヘ弋ツ.i ^    ./.ノ .: : :|ノ \                ヽ________________________乂_
           .{ l   、   .ノ个 .: : : j  ャ ヘ
            l ヘ   --、u |  : : j ! /i.|jヽ}       …………。
             ! y.ヽ、    ∠! .: : : y.リ                     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
            |i .ソ y^ク .<   !| ハj><|                     |    ”ヤツ”が問題だ、一番最初に戦った
             ヘ .|///ム | ./ リi .{ ^.//ム                     |    妙な機械を抱えた、非常に強いあの強い人間が。
            ヽ/N////ィイニニ{匕{/////ム                     ヽ________________________乂_
             }/////Yjニニニニ.|匆///."、O.、
           r≦>ニ、 _ 二ニ‐≦//////.ヽ .ヽ、               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
           /rニニニ./ニ///ニニニ|///////i/ヽ、ム                 |  第二次のメンバーを考えるに彼が……”サム”だろう。
         ! /ニ/rζニニ//// 幵 .|///////|///i  }                 |  合同計画参加艦、『ミレニアム号』に居た”最強の兵士”だ。
        .ム ./ニニ////.´ニニニ`ヽ.//////|///! /              ヽ_________________________乂_
       /.y´ニニニ.////ニニニニニニニム//////!//.|__|


63 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/02/29(土) 23:30:27 ID:T6H05yHU



        | l     |. /  l       |.  ',  |     |ハ. ', `ヽ}
.        l{ l     |/   ',       |   ', i|    |.   l
          ハ l.     |-匕´ ヘ ト.     |`ー‐-丶|    .|  ! |
       /  ',     ,彡芋芋ミ{ \   ,ィセ芋芋ミ.    | 八 |
     /イヘ ',ハ  从 乂ツ    \ |. 乂ツ イ    |./  ヽ
        ヘハ! ',   ヘ´¨¨`   ,  ヽ ´¨¨`从   j/         ……サム・ポーター・ブリッジス。
          マ7777ハ   ハ               /     ,'77777
        マ////ハ    }h    c‐っ   u.イイ}.   //////      第一次の”坂本隊員”と同じく、多くの悪魔を狩り、攻略に貢献していた
          マ////∧  {/)h。     ,ィ(///}  //////
.       ,ィzzzzxマ////∧. {<::::::::≧≦::::::::::Y/ } イ./////-、、     『第二次最強の悪魔使い』……。
.      lニニニニニマ////∧ {::::::::::::::::∨::::::::::::::}//'////アニ二心
     lニニニニニ=-……-=ミ:::::::/¨¨¨¨¨ヽ:::::>‐……‐<アニ二}!    だけで前、悪魔は使ってこなかった。
      lニニア´:::::::::::::::::::::::::::::::`寸:i:i:i:i:i:ア'´::::::::::::::::::::::::::::::`''寸ニ|!
      l{ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ:i:i:i:i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ}l    それでも……彼自身があれ程強かったなんて。
.       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::マ:i:i/:::::,、丶`:::::::::::::::::::::::::::::::::∨
      ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::|:i:i:|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'/   それに装備も……いえ、あれはもしかして、シュルツバースの技術で……?


64 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/02/29(土) 23:39:00 ID:T6H05yHU



                      _,,,,,,, - =。ト ,,,_
                    f:゚,:::::::::::~:::::::::::::::|:::::::日`::.i
                    i!:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::~~:::::i!
                      ii:::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::|           その検証は後だ。
                      ii:::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::|
                       ii:::::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::|          問題は、彼一人だって、我々だけでは勝てない、という事実だ。
                        ii::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
                        ii::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|           ……ともなれば、『協力』を要請せねばならない。
                    i.i::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|―――――― 、
        //> ,,__      |.|:::::::::::::::::::::::::::::::.|:::::_, <´ ∨゚.:::::,::-、::::゚:::::::::∨    そう……。
         //:::::::::::::/ `7z、,_  | | 。::::::::::::::::::。 斗''',::::::::::::::::∨ i!::マ,:::}:::::::::::::∨
      //:::::::_,,、イ  //、_,,,ニ=-マト,::::::::::::::::::::,∧:::::::',,,__:::::::::::∨ `Yイi!:::::::::::::∨


65 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/02/29(土) 23:43:49 ID:T6H05yHU



         __
        _\   >''"´ ̄ ~"''
        >「⌒ ア: :/        \
           / ∨/ : :/
        // // : :
        / 〈/ : : :        /       ',
        |: : | : : :゙         |        /  |
        |Λ: :. :.|        /|     /:  |     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
         |Λ: :.|     |,∠ヽ|   / / |        |
.   ノ     /  Λ:|   \.こノ | / |==ァ j |ト-\    |  ”第一次”の……彼らに、だ。
. // /(ヽ  /  八 |  ト \    (└′/ |      |
 {〈 〈 〈 ∨ 八| 小  | |u        / Λ|       ヽ______________乂_
 \ ⌒  |   「ニニ| | |ト   '' ヽ  イ//
   ヽ   }  |ニニ.| | ノ     <「 //
   }   {   /=ニ从|\   /ニニ.| ./
   「⌒冖7ニ/ニ/ニニニ/=ヤ二二 /|/Λ.\
   |ニニニ/://:::\:::::/ニ/∨二 /: |ニニニ\
.  「|ニニ/:::::::::::::::::::::∨ニ/::: ∨ /::::ニニニニニ\
  / `¨:::/:::::::::::::::::::::/ニ/::::::::::∨::::|ニニニニニニ
. /:::::::::/:::::::::::::::::::::::::/=/:::::fヨヨ::::: |ニニニニニニ/
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ニ/:::::::::::::::::::::: : |ニニニニニ/


66 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/02/29(土) 23:50:51 ID:T6H05yHU



ニニニア\ ̄  `ヾ 、   >''´    \
ニニア l{   ` 、    /           ヽ
寸,'  l{  ',  ` 、/   ,  /    }!  ∨
 ,′ l{  ヽ   /   / /   ,イl   ∨
. l{   l{    ヽ. / |.  |/  /  l.    !
.ハ   l{ `  ハ! /|.   |  /―=l|    l㍉,___ノ
.  l   ',    {.r{ V |  |/、  ./ l|    |!   ̄
  }   l.   乂!.  ', 从 `ミh'、 ハ   リ      ────────。
 ノ!   |    |   ゝ_>    <: :',   }
  |ハ  |   ', /|   l |.  _    /: : ',   !
.   ,、≦ニニニ心.  l |、   `ィ: : : : : :.} 八
  /ニニニニニム  l/.|≧彳: : : : :/: : }イ
 マニニニニニニニV/| |///} }: : : :乂ソ′
  マニ>''´二二ヽニニ| |//∧Vイ´ l{



                        /   l      ヽ       /, 、
            /       〃    |            /, \
             /        l{      |        .l       ⌒ヽ
                 ノ{      |        .|      j|乂__
           ′     i|  ``~、   .l        .|      j|(__
                l j| /_::::::人\     l     .|      j|乂__
         l     | j|〈{⌒≧s。  丶   |:、   .|     从(__
         |     |从杙 乂ソノ\    |ii\  | l    |(⌒
        ノ|     l  \:::¨¨´:::::‐\   |i:i:i:i:丶| |    |    …………決めました。
         `⌒| l  人 ___> ´   〈ノ\ ノ ¨¨¨´ノ 人    |ノ
         | |    ヽ圦         丶  //     .|
         | 人    ハ込     <::::>  ∠ィ( .}   i| |
         |(  ヽ   :.  >      ィ(  .⌒}   i| |
           乂___ ハ   l   Y廴ぅ‐<   __/  .}   i| l


67 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/02/29(土) 23:51:23 ID:T6H05yHU



::|批i i |:|/i i i /ミメメヒ此批批妣妣豼豼豼批狄爻爻爻爻爻ミミ  ,、,xXx ´':;.:,ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ミ;ミ;ミ;ミ;:゙|:|:;.:
::|批批|:|此ヒ/ //'7メミ狄⌒ ,xX爻Xx  ,妣此狄父爻爻爻ミ ,::;.:,ミヾ;:ミ:ヾ ´':;.:,ヾ;:ミ:ヾ;:ミ;ミ;ミ;ミ; ; ;}; ;|:|: :
i:|批批|:|,,/ // j{, ,   xX此批批批豼豼批XX⌒   :;.:,ヾ;:ミ:ミ;ミ;ミ;ミ;ミ; :;.:,ヾ;:ミ:ミ;ミ;ミ:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙ノ.:ミ|:|ミ
ii|批ヒ/:,辿批妣批批批xく, , ,/ ´'小批豼豼批く ;';' ; ,  . : :;.:,:;.:,ヾ;:ミ:{ミ  \;:ミ:// . . : : :ヾ;:ミ:ヾ;:|:|ミ
i:i|此/:/批批妣妣批批批此此此此,妣批批豼ミ  ⌒X爻爻爻Xxミヾ;:ミ:;  ,ミ\|/ . : : xXミ;ミ;ミ;ミ;ミ;|:|ミ
i:iレ',ィ紕此7厶:゙:゙:゙/⌒刈批紕批ヒ此ツ⌒'亥豼ツ,、,、,、xX爻;';';';:;::;.:,:;.:,ヾ;:ミ:\ヾ;:ミ:\,、xヾ;:ミ:ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;'|:|ミ
i:i:ノ;7厶ミ//ミ; ; ;/: :  ⌒刈狄′ //   . . : :;';';';';';';'ミ爻爻;';';';':;.:,:;.:,:;.:,ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;く^|:|
i:i批'厶ヒ7厶ヒ沚/; ; ; , ,   | |  //     . . . ::;.:,;';';'´  /;';';';';';';':;.:,:;.:,:;.:,.:.ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;/厶く⌒ ,|:|,、   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
i:i:|//妣7厶ィ紕紕批此批vi| |  //     . . : ::;.:,;';';';';'/; ,,/: : ::, '´  . : :.:.:;';';';'ミ;ミ;ヾ;:ミヾ//ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ミ;ミ  |   私は─────────。    |
i:i:i/;';';'//刈批批批此北北| |; //       . . ::;.:,;';';';';';';';/;';';';/:;.:, ; ; ; : : : ::|: : //ヾ;:ミ:∨/ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;  乂______________ノ
i:i:i|批批此此比比ン⌒メ⌒ | |//        . : :.:;:;:;';';';';';|| ´/;';';';爻; ; ; : : ::|: //: //: : | |ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;
i:!:i|批批此く⌒  / /爻 /:::/: .         . :.:;:/:;./ミ||:./ ⌒刈い; ; ; : |//.:.//: : ::| |ミ;ミ;ミ;ミ;ミ; |::|
i:i:i:|小ヒ从く⌒_// ̄ /:::/: : :.         .://:;.:,ミjj/、: : : : :|i: : ::;.:,:;.//:;.://.: : ://⌒爻⌒ .:|::|x
i:i:i:|ミ:/::/ミ / ̄: : : :/:::/: : : : :.          ′.:.::;.:,://;';'ミく⌒||:;.:,:;.:,:://: ://.:.: :.//  ,、xX爻水爻
i:i:i:|:;/::/:;:::/、; ; ; /:::/.:.: : : : : : :.           . : :.:.//:;.:,:;.゙ミ ⌒||: : : ://;';'//;';'.: //、xX爻水メ狄狄
i:i:i:|/::/ /;';';';'>'゙,、<.:.:.:.: : : : : : : :.         . : //:;.:,:;,,ノ  .||: : ;//;';'//, ;xxX爻水爻水狄狄狄
i:i:i:kxX---=彡く爻爻:;.:,.:.:.: : : : : : : :.         '//.::;.:,:'´ ,、ヾ;ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;メメ乂爻乂爻水爻水メ狄狄     【続く】
㍊※ヾ;:ミ:i:i:゙;゙;゙; ; ; , : 爻x:;.:,.:.:.:.: : : : ::.         . . ::.ノミ:;.:,ヾ;:ミ:||ミ;ミム/メメいハいハハ乂メ乂爻爻狄
淡㍊※ヾ;:ミ:i:i:゙;゙;゙; ; ; , : ´'ミx.:.:.: : : : .:.:.         . . :.::;.:,;:;:ヾ;:ミ:||//ミ//:;.:,乂いハいハい乂爻爻狄
淡淡㍊※ヾ;:ミ:i:i:゙;゙;゙; ; ; ,   ´~"'  ,_: :.          . . :.::;.:,;:;:;;メメ|: |ミ//ヾメメミ;う~いハいハいハいハ乂
慫淡淡㍊※ヾ;:ミ:i:i:゙;゙;゙; ; ; , ,   . : : : ´"          . : .:.::;.:,:;.:刈: |// //メヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ン,いハい乂爻爻
慫慫淡淡㍊※ミ;ミ;:i:i:i:゙;゙;゙; ; ; ; ; : : : : . .           .,_  . : : :|::::/ //幺ヾ;:ミ:ミ;ミ;ミ;ミン;';';';';';';'|刈メメ
戀慫慫淡淡㍊※ミミi:i:i:゙;゙;゙; ; ; ; ; ; : : : : . . .          . . : ´~"|::::|//⌒ミミ;ミ;ミ;ミ;ン;';';';';';';';'ミ|::::|;';'


68 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/02/29(土) 23:52:39 ID:T6H05yHU
切りがいいし、偶には短めにね?
(なお昨日)

69 : 梱包済みのやる夫 : 2020/02/29(土) 23:56:31 ID:550ouNip
オツカレサマドスエ…偶にはいいんじゃないかな?


70 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/03/01(日) 00:01:23 ID:K0rCs+qU



         ./ ̄ ̄ ̄ \
       /       (・ .\
      / ________i
     l ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     l ,'::::::::::::::::::::::::::: /|:::l:::::::::::i
     ,':::::::::::::::::,'  / . ヽlー l::::l   しかしウチスレにDSJ、あるいはSJ既プレイ兄貴はどのくらいいるのだろう……。
     l:::::::::::/ ( ヒ_]   ヒ_〉) |^
     ヽ〃 l    .,__,   i    それかどちらか、両方の知識持ち兄貴とか。
      l::し .!    .丶_ン′ :
          ≧=‐---‐''.´


71 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/03/01(日) 00:04:45 ID:K0rCs+qU
その方から見ると私の考察とかは「その考えはなかった」なのか
「あ、その解釈わかるマン……」なのかとか聞いてみたいですねぇ!!

72 : 梱包済みのやる夫 : 2020/03/01(日) 00:07:34 ID:0Xt+E3ah



ただ、ターちゃんばりに阿呆なので何といえばよいのか分らんのです…


74 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/03/01(日) 00:14:08 ID:K0rCs+qU



                   _,. --  _
                     ,.-イ////////> 、
                 ,イ'///////////////ヽ
              ///////////////////ハ
                '////////////////////,ゝ
                 '/////////ハ//////////ハ
                 {///////_/_ヽ`丶_、////リ    >>72
              l'//ri//´ t:ァヽ  : t:ァ` }'//!
.                l//,!{,{!      {     '!/ノ     ワタシもソーナノ……。
                ' V,ヽl     _ ,   ,ィ'
                }//! 、   ,  ,  .小       私の『SJ』、および『DSJ』の悪魔考察は
               {/l.! ヽ   ー  //,l`
                    rニ=--、\    ' !ィi       『真・女神転生』シリーズの悪魔考察にも引っかかるからねぇ。
                ノニニ二lーr‐ニ-、-!二l
       ___-‐ニニニニニ二l_.l  l } l lニニニ=‐-__  『COMP、あるいはそれに該当する召喚機に悪魔”自体”は入っていない』っていうのが
   __-ニニニニニニニニニニ二ゝ__ ∪ _.ィニニニニニニニニヽ
  /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ   前提だし。


73 : 梱包済みのやる夫 : 2020/03/01(日) 00:12:13 ID:mHxzHq1Z
SJ触った事はあるけど森人=サンのはちょっと悪趣味要素が強くてちょっと・・・


冗談です。面白い解釈だなーとは思いました


75 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/03/01(日) 00:14:51 ID:K0rCs+qU
>>73 悲しくて苦しいなぁ!!!!(咽び泣き)

76 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/03/01(日) 00:19:16 ID:K0rCs+qU



                ,.'"´  ̄ ̄ ``ヽ
             ,、-''´           \
              /;:::.: . . .        _ _ ノ,
             /;;:;:;:;:;:.:.: . .<カ〕.  ,.' ´  ``ヾ
          !;:;;:;:;:.:.: .:. . :. . ,,、 '´      .:..::`,
          ゙、;:;: ;:.:.:.:.: .::,、‐'´;、ィイム、;、 .:.、;.;.;.;ヾ!
          ,イ>--‐''゙´.;,ィイノン'i'`ヾトヾ,,::.::::.ヾノ
          7;.;.;.;.;.;.;, ,ィシ'7_ ,,,、' ゙ 、_,,>トヾ、;::;:.リ
          _」;;;:;:;イ;;j"´,r-デ:;> ,イ^モ7 `i;;;;:;ソ        公式設定だったかどうだったかは忘れたんだけどね?
  _ , - ー'''´,ハ;;;;;;!/j;;;ト    ´ .  i ´  ,イ;イイ
.:.:. :.:. :.:. :.:. :.:.:./;:..ゞ仆ヾlリ      ,   ,!   jソ/′        メガテンにおける悪魔会話、それによって交わされる契約っていうのは基本的に
;;:.:;.,. -─一'/;;:.: .:.`゙ゞヘ_ト、      `ー'   / ヽ ̄``ー- 、
:.:.:.:;.:. :.. :.: . . i;;;;.: .:. .  Yj '、    -ー‐:- /  i   ー - 、_`ヽ、  『その悪魔の召喚できるパスワード』を教えてもらう、ってことらしいんだ。
:.:.:.:.:. :.:.:. :. :.. .\.:.: .. ,ヘ \ヽ __ ´ ̄ ,イ ハ _」;,      ¨``ヽ,
:.:.:.:.:.. .:.:. .: . .:. .:. \:./ -‐'"´    ``ーrァ'ー'-、_,::;:;          i   そう、ある意味『契約した悪魔のコピーを召喚できる権利を得る』
,. -‐ ─ ''''"´ ̄             ij||       ̄ ``ヽ     |
.:.: .:.: .: . . .:. :. . . . .           1||.   ¨` ー -、 、`,     ヽ  だとも解釈できるものだよね。
.:.:.:.:::. :. :. .:.: ..: : : : : : : . . . . .,     j i!         i i,1 /   j !


77 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/03/01(日) 00:22:46 ID:K0rCs+qU



      / ̄二ニ= 、     __, --―==ニ二≧.__
.      / /   、  \  // ス、   -=○≠‐ゝ,-‐ `ヽ
     レ'/   ヽ\\ `< .イ / -‐=≠ニ二_ / ̄ `   }
     レ'  , -‐  ハハ ト、 ':. |-‐ _,.=ァテ从:. (_、 ̄`  '.
     |  // //  |li ト、,(] |.ィ=彡'/ル'‐-ハト、ヽヽ    >―=ァ‐―--
     |/// /    | l 川ト、ソ ル'.:://(  行㍉ヽ ノハ_;ハ  _/  r‐'   ̄
     |//       | l' ムィ斗くハ:l八   `ニ=  (fハリ:j:;>く.{  ノl\
     |/      | ト、::::V人ゞ リ          _、〉/:イ   \ニ{ ヽ\    で、その理論を前提に『SJ世界』のフォルマ
     '         | |',ハ::::)ノノフ′     __ 、_ ´/人ゝ    `ヽヽ\\
     ,         | |'i 川'((.:/      ´ ¬` /         \ ー==ミヽ   を絡めてみたんだ。
     |        , リ/{/ ̄ ̄`ヽ\     /               ー=、 ヽ
     |       ,' //     //lト.\_ ..ィ_              \   『悪魔から”も”取れるその空間特有のモノ』。
     |       , //l\ー-=// | \_|_,ヘ ∧ー‐≠ニフ ̄ ̄ ̄ フ77ア广
     |        l l/ |ヽ \ //、__,l`ヽ   ノ}/ ハー-=ニ、     / // //  特に『悪魔から得る場合、倒したときに手に入る』もの、それがフォルマなんだ。
     |         l ; /|  \{{  ー-=二ニ=-く'_/_}ー-、  ヽ_/ /// /'
     |        /, |   ヽ   \\  爪     \ {  | /// /     しかもね、SJの作品で、悪魔が『フォルマ』に化ける明確な描写があるんだよね。
    |     l // |i    ',      \{ l,ハ      ';i  |'/// /
.      l     ///  ||     ',  l      \ヽ}     ハ |'// /     /  そう、プレイした方ならご存知、悪魔『バガブー』がそうなったんだ。


78 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/03/01(日) 00:25:47 ID:K0rCs+qU



                       ,ィ
              、          / !
              ヘ\       〈 {
                 }  !    __ヽ \
                ,'  { ,.ィ少'''¨¨ ̄ヾilヽ
                (  Y        Ⅵi,
                \ノ         Ⅵ!___
                     {    _    r ヽ Ⅶ羽フ     「彼はステージ3のボスに一度襲われてしまうんだけどね、
                 _,.ィハ  (_ )     ー'   Ⅶく
.              _,.イ㌍≦ミヘ       _  }こj}      その際、彼はヒメネスから『フォルマに戻っちまった』と言われているんだ。
.             r州|l' _,.ィラ゙'圦   rッw''Wⅵ ,:゙「´
             州洲/ミ7 {にjj:、 ヾ>''゙゙´/-''!    _ 、  そう、フォルマに『戻る』、ごめん、もしかしたら『成る』だったかもしれない。
             Ⅶ州洲、    ̄ i゙''ー-''゙´ , ィ|   圦|ミ、i、
.            ,寸州洲i:、_ _ノ` ̄ ̄ ̄´  ,/  爪}'/〉ミ:}|}  とにかく、ヒメネスを始めとする調査隊の人間は『悪魔がフォルマになる』
           / ゙寸l|洲圦| |  `寸=ー-ァ-''ヽ,ィ洲j//,彡'
             i、 /寸州l|j! |_  Ⅶ彡'゙ / ,イ州/,州㌢i>、  ことを知っていて、それも、そこからの復元方法も知っているみたいなんだ。
.           ,:' У ヽ `ヅ!  r-、ヽ_,У r=,ニ-寸州洲{´゙''┴、,>、
..        //'、  `,:'  |  j,./´  /  /゙Ⅶilili从/´ ヽ/,ヽ   3面時点で。で、そうなるとどうなるか、っていうとー……。」
       /゙{´   \/'--<_   /    /  ハ州洲ヘ___i//,ヘ
.    , ´!   \   ,.:'        ̄`''--、∠  /ヾⅦilil|illヘ、  |///,ハ


79 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/03/01(日) 00:28:06 ID:K0rCs+qU



                   _,. --  _
                     ,.-イ////////> 、
                 ,イ'///////////////ヽ
              ///////////////////ハ
                '////////////////////,ゝ
                 '/////////ハ//////////ハ
                 {///////_/_ヽ`丶_、////リ
              l'//ri//´ t:ァヽ  : t:ァ` }'//!   お前ら
.                l//,!{,{!      {     '!/ノ   『悪魔』の本体、その『フォルマ』じゃん、って……。
                ' V,ヽl     _ ,   ,ィ'
                }//! 、   ,  ,  .小     「そう考える人が出てもおかしくないよね、コレ。」
               {/l.! ヽ   ー  //,l`
                    rニ=--、\    ' !ィi     さらにこれまた真シリーズ系統の設定と言われている『悪魔の本体は”魔界”にいて、
                ノニニ二lーr‐ニ-、-!二l
       ___-‐ニニニニニ二l_.l  l } l lニニニ=‐-__  地上に降りているのはいわば”分霊なんだ”!』ってヤツ。
   __-ニニニニニニニニニニ二ゝ__ ∪ _.ィニニニニニニニニヽ
  /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ   この説も私は大好きだから私の物語には採用したんだ、その結果……。
  /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ二二二二二二二l
 /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニl
. lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ二二二二二l


81 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/03/01(日) 00:30:34 ID:K0rCs+qU



                                  ____
                                  i:::冖:::!
                             ,..!::⌒:::丶
                            //::lril::\\
                              /::/::::::::l| |l::;;/丶;゙〟
                          j:::l:::::::::::l| |l/////`ト、
                          ∧:j:::::::::::l| |l:::;;;::://l:::}
                            l:l:{:ヽ:::::::::l| |l::::://,|::ノ
                           !::l:i::/;\::l| |l;;;′//j/      ここからの理論を打ち出すことと相成りました。
                            \:l////l| |l/////、
                          /\///,||///,/:::::ハヽ     「【おやおや。】」
                         ィ〉::::)ー\/,lj//'゙:::::::圦}、            悪趣味
                       /_/:::}ノミ=x::::ー'::zニ彡::{::::ト、\_     それを、『実験』にも落とし込んでみました。
                   _r=T゛::/::::::::\>x二二x<;;;;;;l:::!::::ヽ}:|二‐-、_
                  /  {|::::l:::/::::::::::::∧/::::i:_:i::::T/::::|!::::::::::|:|:::::: ̄}  ̄`、    「【おやおやおやおや。】」
                 / /:::j:|::::{〈::::::::::::/:::::ヽ:/从ヽ{:::::::::/|:::::::::ノ:}:::::::::::: ̄圦 \
                    ノ ):::::l::|:::乂ヽ::::/i\/:::{、ヽ '/}!:::/:::|::/:ノ::::::::::::::::::〈 丶 〉
                //::::>゛:::/Xヽ{::!::::::ヾ:/..!  j::l!:::::::::ノ!:イ{.`ヽ:::::::::::::::::::>/ {ヽ
              />'゙´i:::l:::::/.X.....Xl::!\:::/.......ー.i....l!::/:::|::l:|.X./.}:::::::::::/::::/::.\}
            r‐_/z=三x{:::l:::圦.....X.ノリ::::/............ノ......l!::::::::::!:lj...X乂:::::::/:::::/::::/::::::::..-ヽ、 x..<´
==z..-―、   _.x<-‐′:::::::::::::::ヾ!ノ:j/77/i::i:∧......./...........ノ:::::::::!|::ヽ{ `、:::/::::/:::::::/x<:::::::::::/:::::::::_
:::::::::::::⌒ヽ≧≦:丶、::::::::::::::::::::::::::::::i}:::////::::l:::l:::::ヽ孑:⌒:ー:′:::::::j::l::::::{ }丶::::/::x<::::::::::::::::/⌒::: ̄:::::::
:::::::::::::::::::::::\:::::>x::`ヽ:::::::::::::::::::::i}:///,′:::l:::l:::z===z二z三⌒Y:::::l::::::iT::::::∨:/:::::::::::::::::::::ーァ――‐-:::::
:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::乂.j.j.j:::::::::l::::l:::::::::::::::::: ̄::::::::::::::!:::::::l:::::l:|::::::/:::{:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::


80 : 梱包済みのやる夫 : 2020/03/01(日) 00:29:56 ID:0Xt+E3ah
個人的な解釈としてはメガテン並びにSJ世界関連の悪魔は本体が何処かに存在して、
戦闘している(又は会話している)のは分霊(コピー)なイメージ

んで、COMPから召喚する場合同じキャラが存在出来ないのは
データが重複するから出来ない(COMPのデータには1個しか書けない)って解釈っすね


82 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/03/01(日) 00:32:52 ID:K0rCs+qU
>>80 そうそう!!私もほぼ同じ!!!
重複も結構近いのよ!!あるいはデータ以前にそれは『神』だから1人に、あるいは
召喚器一つには1柱の悪魔(神)しか存在しないから、とかも一つの意見として持っていたり。

85 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/03/01(日) 00:36:53 ID:K0rCs+qU











                __       ____
              /_:::::i  - 二三――- ヽ、_
              i::/ _i::::|′/--   __ヽ:::丶::`ヽ
                j::jイア:::j_ /    .::::::::::::::: ̄ー::::}―┴‐-、
                /:::{/:::::: o`ヽ、 /o:::::::::-=二-――<::::ノ¨´
                ,::ィ::::i-―- 、 o\  /示ミヽ::x<二ノ´~二ヽ-‐
            j i:::j     ヽ  Y //ィiイム i二ニ/_斗/       ボス
             i |:::l     /.::::://={ i!ゝ/ィlニ_-イi::::::::j    あと、『敵』だった時の悪魔の方が、
              | |:::{     ,′:::j! {ニゝ=ニ=‐}二//:::::::′
              ! |:::l     /i:::::::乂_ー-ニ二二ニ¨ノ:::::::::′    仲魔に引き込んだ時の悪魔よりも強い理由も……
                {  !:::l  /:::乂_:::::::::: ̄ i{ ̄ ̄::::::::::::,斗      悪魔
            ‘,‘,::, {::::::.:.:.:.:.:.:. ̄} o l!-..― 77/ |     『分霊の芯であり本体の本体』である”核フォルマ”が
               ‘,‘,::,!:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l  l}::::::///′  .|
                 ‘,‘,:::,::::::.:.:.:.:.:.:.:ノο}ゝ'///  /.|     通常の召喚では付随しておらず、『構造上弱いから』
               \\:::\:::::.:.:./ /////  //.!
                \\:::\/  /////: // /|     ですかね。
                      \\::::} /////::: ノ/ /:.:.:.:l
                     ヾ〈>'入//::-二-‐′:.:.:.:',    「ボスと仲魔の素の力に差があることもこれで説明できちまうんだ!!!」
                        (ー-/:::/:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:∧
                         〉"::::::(.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.>   【便利ぃ!!!】


84 : 梱包済みのやる夫 : 2020/03/01(日) 00:36:12 ID:0Xt+E3ah
理屈的には

悪魔本体をAとして、召喚者BとCがいると仮定し

BがAを召喚するとAb

Cが召喚するとAc

とする。

ただ、Bが再度Aを召喚しようとしてもAbになってしまうのでデータが重複するので召喚は不可能…かな。(適当)


86 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/03/01(日) 00:38:40 ID:K0rCs+qU
>>84 そこで召喚器を交換してみてだな……!!(考察厨)

88 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/03/01(日) 00:45:13 ID:K0rCs+qU



     ト
     | \.         / 〉/〉
     '.   \       _/ /′/ 〉   .ト
      ` 、   \    / / 〉、/ / 〉   | ゚,
         \   \. V^/ ∧_ i / _   |  、_    / ̄/
         \/ ̄ム∨./ ∧__レ′〉 ̄      ̄   /   ∧
        __}_  / ̄∨^∧′∧       「」 「」   /   /  ,
 ______〈      / / ∧./_∧_{ ̄ ̄\._____   /   /   i
      \_'\__/| : _∧ ∨  ’}     \.  \/   /    \
             | | :./ _ 〉 廴__/!、/ ̄  ├─- .  /_ 「」 「」 \__         ./ ̄/
             | |⌒ヽ/       i| \  /ヘ___   \  `ヽ       /      /   .′
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\__.|.乂__/  ! ./ `ヽ ∧∨ .〉 .〉   `ヽ \   \    /       /    /   「私みたいなのは
             ∨  } i| /´ /ヽ.′{ .∨ ′      \/ ̄ ̄\  ヽ.  __ __ /    /
                 ∨、/  ′/   } i::、 i{_/ ,/′/   / :.   :.. ∧__f | | l V'i   /    『敵の時の方がコイツ強いじゃん!はーつっかえ!!』
               ∨\.| 乂{_/| {::::\ト/ {::..Vi{ ト / 〉    :../ ∧ / レ' '  }!:./
 三三三三三三三三\∨ i  ∧{ 廴|   、:::::| \。^U、:/ l ∨ ̄ ̄ \ / /:、_l∧/ / i^ 〉     では終わらず、否!”終われず”!!!
                 \.|  |/∧ / ̄〉 \_./⌒ヽ。 _/ /   /|  /{ー┬′ | ̄ト、/_/
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\__/ ̄`¨¨∨.∧_/ ̄、_./ ∧゚sノ\二フ.. イ′ |‐ く  :、 _L_/ / / / 〉      『これには理由がある筈だ。』
               |i   ̄ ̄\ ∨// 廴ノ_{/¨/ / / 〉 }──〈 ./⌒, i} └─〈 ̄ ̄|_/ /
            / ̄ ̄「i| ゚, >\ 〈廴|〈∨〉iト/^\   _{  } i{   }_/ :  !' ̄  ̄\    『この設定ならば説明がつく。』
            /    |l.  ∨^iト \、 /\__ノ}/⌒ヽ\/ ゚,_/    / 〉 〉.:: ,′:.      \
         /   , -‐/' ̄\  |f¨ 〉-くゝ-/ ノ \.ノ、__/\ 、__/    / ̄/ /  \ ̄\   〉 『やはり敵だった時は
           / /  /     \\i| 丶`Y / -‐ 廴////// 〉 /  /⌒ヽ/ \  \.、 \/
          .//  /\       / _}〉  ∧/ ̄ ̄/ \____._/ ‐‐-く 乂__ノ′   \ / \  ”容赦なく使えた”が、それができなくなったからか?』
        ./  /へ   \  / /〈  `¨「∧ニニ゙/ 〉 / \ \_____ >ヘ      \   /
     /  / /   \  \} /   \___/ }^\__/ /     \ 〉 { \    \     \′  などと考えることをも愉しむから救えないよなぁ!?(大興奮)」


87 : 梱包済みのやる夫 : 2020/03/01(日) 00:42:41 ID:0Xt+E3ah
ボス時が味方よりも強いのはデータの容量の大きさなイメージかな、
ボスの時はデカい容量で召喚できるからステータスが大きく、
味方の時だと召喚器の容量が足りず、サイズダウンして召喚みたいな


89 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/03/01(日) 00:46:52 ID:K0rCs+qU
>>87 そうそう、そういうのも欲しかったんだよ!!!
「至極単純に”サイズ差”っていうのも好き。だって奴らは自分に全てのリソースを裂けても、
こっちは大概出すのは3体!ストックは20近く抱えてるんだ!
そんなデカいサイズで扱えるか!!」っていうのもアリアリ全然アリ!!

90 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/03/01(日) 00:49:13 ID:K0rCs+qU
こう考えると私は結構穿って考えるタイプなのかもしれない。
単純……というのは違うかもだけど、横に逸れた感じの考察を出してそうだな。

91 : 梱包済みのやる夫 : 2020/03/01(日) 00:49:37 ID:0Xt+E3ah
リソースを一体に全ツッパも好きなのだ!(浪漫厨)

92 : 梱包済みのやる夫 : 2020/03/01(日) 00:50:10 ID:0Xt+E3ah
うんうんそれもメガテンだね(アイカツ脳)


93 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/03/01(日) 00:52:15 ID:K0rCs+qU
あ、思い出した。
COMP系統に悪魔自体は入ってない説、『デビルサマナー』の公式設定集の奴だ。
まぁ作品によってそもそも悪魔召喚プログラムの作り手も違うしね!!
数ある設定の中の一つってことで!

94 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/03/01(日) 00:53:56 ID:K0rCs+qU



       ,*' \\
      ;':    \\
    。      \\                 -‐<:⌒:ミ: .、〈`ーラ^》
    %       _\\          /: : : : : : \: : \:.V≦ 《
    %        。≪⌒∧ム       /: : ,: :, : : :ト.: : : 、: : : : ヾ¨¨^ヽ
   ,       《 ¨ ⌒\Ⅳ,     /:ィ : i: :ト、: :| ヽ: : :}: : :}: : :V: : :|
   {         》       Ⅵi.    ,'人: i:‐|‐-、|- ハ: :ハ: : i:. : :}.: : :|
                   Ⅵi   {i: : ∧:{f老ハ    )升トv|: : !: : : ト
   ゚。                Ⅵi   入: {: i :ゞ"   ,  f,泳ソ:リ: :八: : :i `…ー
    。            Ⅵi> ¨ \圦  r  、  ィ: :/: イ: : : :人
     ゚。              V       ):.)ト  ー ’, イ{: イ个: : :/: : :ヽニニ====ー _    「ある意味全リソース(合体素材、ドーピングアイテム、
      。          〈 ,V ___、,イ  r汯¨ 〉∨ル ノ:ル: : : ト: : : :)《      ¨¨ ̄7
       ゚ 。       r‐ 、  VⅣ⌒ V::レ仇ji^∨ ー=彡: : : :小}  ):仆%          %'    デビルソース等)を突っ込んだピクシー。」
__       =-   人  `ー冬’   Y:::〈__ノ|. ヽ ー寸=彡'' ノ j /   》       %'
⌒ヾ::: :¨¨:::::::=-.....≧=-≧,   `__ ∧:::::::ル^ン’   小               ,*'
;;;;;;;;ハ:::: :::::::::::::::::::::::::::::::ン  ,   ヽ、 `Y::::/ヾ、   /
;;;;;;;;;;;;、::: ::::::::::::::::::::::::/ /ソ y   }::/    >≦           _  =‐'
;;;;;;;;;;;;;;ゝ::.. :::::::::::::::::(_ .イ::::/ /i ト、 V    从.  ¨¨ -  _  =‐ ¨¨
;;;;;;;;;;;;;;;;;;ー=::::_   : ::::::: :::( ノ:::i }::::、 Y  イ:::::ネ、
  ''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;¨¨>ミ:::::: :::; ::::::し:::::;'ゝ' /.:::::::::::


95 : 梱包済みのやる夫 : 2020/03/01(日) 00:55:43 ID:mHxzHq1Z
召喚システムもスタンドアローン方式とクライアントサーバ方式とかがあったりしますしねー
十全に使える情報量の差ってのは確かに良い設定だと思います

96 : 梱包済みのやる夫 : 2020/03/01(日) 00:55:47 ID:0Xt+E3ah
あるある(メギドラオン覚えたピクシー)


97 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/03/01(日) 00:59:39 ID:K0rCs+qU
>>95 メガテンの奥深さよ……!

98 : 梱包済みのやる夫 : 2020/03/01(日) 01:02:10 ID:mHxzHq1Z
上位神性は元々の規格サイズが大きいから耐性も強力なものをデフォルトで搭載出来て、
下位の悪魔は同格の耐性を得るためにスキル分のリソースを圧迫しないといけないとかそういう設定

アリだと思います


99 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/03/01(日) 01:02:43 ID:K0rCs+qU



  }      `ヽ、
  .Ⅵ       \
   Ⅵ      r    、
   .Ⅵ      .|、_       :、            .,.ィ ⌒ ̄ミ:、
    マ:、    ` ̄ー―,ニニ:ミx、        { _ _ミx, リ :}
      `  _     /  ⌒ヽ,\ 、   ../ ヽ  )}i{/ ,:´ム
         ⌒ ー 、{{_,ィ{  ){   :\  l{  }  ̄彡 ,ィァ  ン,    >>97
――-   _     /i}  ̄` ー-=、._  \ 乂, /ハミ:、_,ィ  _ノ
       ̄ ̄  ≠ ==' 、__   ⌒ 、 .:ヽ/ル'ー=彡:/__/
           / r ´     ̄ ̄ ーュ_ミx >、,  , ')/}/-:/    「『SJ』系統は特に”好きな悪魔を最強の悪魔に出来る”
:、        /   j、. ____,.ィ ⌒ー‐, r―、⌒ , ̄示ミx   {
 \    /  ,ィー '   ̄ ̄  {l   ゝ'   .ノ―‐ ′ ´  ;     からねぇ、そういうコトがままありますよね。
   .ヽ、__ /  /       ,.  \_ ノ _ ./ ,  {   . /  l}
 ` 、   /   {ー---‐ ' ´  ィ'/: : :/ ̄_  ノ     /   .ノ     私はメガテンは4から入って4F、そっから過去作とかSJ、DSJに触れた
:、  \ '         _,.ィ ´ ./: : : : :ゝ.. ___   /  ,
 ヽ、 /   /  ,.:ィ´    ,   ⌒ヾ、: : : : :/ ̄    /       人間(ペルソナはノータッチなのユルシテ……)
   /  ノー―    ̄ {      \:, ' .   ,   .′
    {  :´                   ノ    ,  ./         だからか、そう思ってる。」
    .\_          _..  :イ     ,  /
       ̄   ̄ ̄                 ノ ./
                        / ./
                        ノ{/ {
                        // '


101 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/03/01(日) 01:08:05 ID:K0rCs+qU



              ___
              />>98な\
           / lセンセイ 、
             |/ | ̄l `ヽヽ_ハ
               l:、 ,| ̄l、 ,..-:ハ 」     ……ってことだと思います。
             .∧::ヽ|_|/::::::r┤|
           {〈|\, --、 /´l./ ノ
              > L__」_ -≦>, 、__
            /<二二>、/__/::::::ヽ__ヽ_\
          /‐ァ'/   / |  | `ヽ/::/\  \
        イ |」 |   .|  |  |   ト|l    \  \
      //| .|」 |   .|  |  |   |:|、 o    |「、\



                        ┏━┓
                        _ -┻━┻-  _
                     /:i:i:-‐=∩=‐-:i:i:i:\
                       ..:i:i:i/:i:i:i:i:l} {l:i:i:i:i:i:i\:i:i:.
                     /:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:l} {l:i:i:i:i:i:i:i:i:iV∧
                       /:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:il} {l:i:i:i:i:i:i:i:i:i: V∧
                 .:i:i:i:i{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:il} {l:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}:i:i:i:
                 /}:i:i/〉´ ̄ ̄ ̄} { ̄ ̄ ̄\/:i:i:i{\    なるほど……!!
               {/}:/:::::{ ::::::::::::::::::l} {l:::::::::::::::::::::V、:八:ハ
               ∨∧:::::::l :::::::::::::::::l} {l:::::::::::::::::::::l:::/://    『元々の悪魔としての情報サイズが大きい』、
                     \∨::::l ::::::::::::::::l} {l::::::::::::::::::::l::,':゛/
                       `∨:::l::::::::::::::::l} {l:::::::::::::::::::l::' ゛       つまり私の理論で当てはめると、『核フォルマ自体の容量の差』……!!
                    }V::\ :::::::: l} {l:::::::::::::/ ∧
                  /::::\::::\ :: l} {l:::::::/:::/ ∧        核フォルマのバックアップともいえる外殻フォルマもそれに準じるわけですから、
                  /:√\:\::::\l} {l:/:::/:::::/::/\
                _ ‐ .::::::√ ::: \:\____/:::::/::: {::::::::::::...     後付けのスキル等で『克服』する必要もない……!正し、容量が大きい……!
          _ 7//:::::::::::::::√\:::::::\_____/ ::::::: {::::::::::::::::::}//i:....
        _ ///:::::///::::::::::::::::√:::::::\ ::::::::::::::::::::::::::::::::: /{:::::::::::::::::::'//,::::::::'//, _     素晴らしい理論、素晴らしい生態ですね、悪魔というのは……!!
  _ ‐ :::::::///:::::///:::::::::::::::: √:::::::::::: \______/::::::{::::::::::::::::::::'//,::::::: '//,::::::::::......
 /:::::::::::::::///:::::///:::::::::::::::::::::{\:::::::::::::::::V//////,V ::::::::: {:::::::::::::::::::::'//,:::::::: '//,::::::::::::::::\   「技術者系キャラをつくるとこういう会話を出来るからすこ。」


100 : 梱包済みのやる夫 : 2020/03/01(日) 01:04:35 ID:mHxzHq1Z
ペルソナ2は悪趣味の宝庫ですよ森人=サン(ボソッ)


102 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2020/03/01(日) 01:10:28 ID:K0rCs+qU



                |::::::::|::::/::/:::::::::::::::::: /   ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::|
              |:::::丶/:::::::::::::::::,:::/´     ヽ:::::::::::::::::::::::::::::|
               ゛:::::::,|::::::::::‐-´、            ヽ:::::::::::::::::::::::/
           、ゞ _丿::::::、:::/' {戒少ヽ      ,, -_-_^:::::::::::::::::/    >>100
           ヽ:::::::::::::|:::丶′  ` ´     / <老少 } ヽ:::::::::::'
            ゛、:::::::::、:::::|           /   ` ~ ´ /::::::::::::}
           ヾヽ_,>::丶_:::::、               ノ:::::::::}^||
            ヽ:::::::ヾ、:::ヾ_`.、      、  ,       ´Z::::::/  }  「罪と罰とか……そんな恐ろしい……!!
        , ^ヽ , ゞ=、_:,っ>:入``   __ `´ __   ,.z::"今/
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶/// Xヾ     ` ´     /,ゝ "      私のような無垢で清廉潔白な人間には、
      <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.く´   ` 、    "  , /////ヽ
       ヽ:.:.:.:.:..:... :.:.:.:.:.:.:.:.:.:` ゝ 、_ ` 、  __ , ´入///////>     耐えられないよ!!罪もなければ罰も受ける理由がないでしょッッッ!!
           `ヽ>:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:` ‐ ┐ / `y´:.:.:.:.:.:.:.:./
        /:. >`ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.........:.:.:.:.:.:.:.:.:.│   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ _      あ!!お兄さん免罪符買ってかない!?!?(宗教戦争)」
       ,.._"_:.://///ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:....   :.:.:.:.│  /:.:.:.:.:.:.:.:.:/ 、:.`
   /:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ /////ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..    |  /:.:.:.:.:.:.:.:.///゜、:.:.:.゙、

関連記事



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-39754.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13