以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-38008.htmlより取得しました。


新月の夜の幻葬読書会 88

目次

2974 : できない食堂 ◆jiPnTb1M/w : 2019/12/06(金) 19:24:47 ID:8bJ9VzED


次、行きますねー
(あとピースケの方、使って欲しいAA使えずスマンカッタ)


     __       _   / /  ___
      lハ}    {:::::::::::\V{--´-- 、 `ヽ____
      |:::|    }::> ´       `ヽ、:::---::::::::}
      |:::|, --、 {:/   /       \  \:::::::::::ノ
      |:::|    ∨    /       \  ∧_-={
      |:::{    | / /  /    、   \ ハ\:}                   ________
     _|::ハ    V   l∧ |    ∧ 、   \}:::::`ー- 、_                》《》《》《》《》《》《》《》《
    { / }     { l| ||-从、  | } ∧ \   \::::::::::::::>__ ̄ ̄\  /}     .. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ノ {V/    V| {ィ=ミ\  | ---\ ∨   ∨:::/\   ̄\  \/      .『聖剣の守護獣人』
      V::〈 /    || 从vツ  \ イ笊ミ, ハ V   V::)、 ` ___>、  }        .________
      |:/V    ||、  \       ゞ' / ノ}l }    }'    ̄\ ̄ ̄ } /        .》《》《》《》《》《》《》《》《
      / / |   ||ノ  「⌒_ ´     ム'::::|∧   |   \   ` ー-<        . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ,..-<{V{ 八   lリ } 从   `  イ ` ̄/ }  /-- \ \-、     \
< , --、〈}}、   ,   /|ハ l}>-=≦   ` ̄\ | /- <⌒\ }   ̄\. /               `:::...、
_/   |V乂___/ | }/ ̄V  ̄}、___    / ̄ ̄ \  /   ../  /           /-―…====…ー―一ァ
      | VV | }  :  | \ ∧   /  /¨ ヽ、          // /             〃             /
      | i| |! | |  .::  | r--'----'-,  /    '.           // / /       /  //               /
      | i| |! |人 /  V      |、/                // / /         /  //               /
      | i| |! |  }/ ,< `---rr-- ' >、  l'   |        / / /  /   /   /  l/         _, イハ
      | i| |! | / /     ll|     \'.        / /      /   / / //| /j      ,. <.ハ |!l ハ
      | i| |! | {-{     /⌒\       ハ   l...ー=≠彡      /   / /</ !/     _,// ///i  | | |
      | i| |! | | }ー-- /    ∧-----'| }---'- './  /      /   / /: : : :`|> 、    l /  , | ,' ′|
      | i| |! | 人 |   |    :  |    / |-----.'  〃      '   / /: : : : : :!: : : : :`> 、|′ |! l! / / /
      | i| |! |  、 、 〈      〉   , ノ    /         /    / /::::::::: : : : : : : : : : : : : :\   ゞj/ / / |
      | i| |! |   }\   \   /   /7 |   ./  /         //  ,′/:::::::::::::::::: : : : : : : : : : : /   //∧ハ|
      | i| |! |  /  \  /` ー '、_,/ ,' |  l /  /      〃  /| ,'::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : /     ///  ,
      | i| |! | r-{   |:|`´     |:|   j 乂 :.,'  /            /:::| |:::::::::::::::::::::::::: : : : : : : :/    /イ    ',
-- 、  | i| |! |/V    |:|       |:|   |、.   l /,         |  /:::::| |::::::::::::___: : : : : :/         ',
   \ | i| |!/\\_,|:|       |:|_/ノ\ |i//       |  /::::::ハ V ´////////>x:: /\  ヽ      ハ
     >-/|  `ー /〉、_____〈∨- ´  }-.l((    /   |/ :::::/', V////////////\   \__\_   ノ;ノ
   / /   \   // ` ----- VV   / 八\  /   /l|::::::///∧ ∨/////////////,\      ` ̄´
  /  |    \ {{>  ___, <VV /. //     /   /::::::::///////ヽ.V/´ ̄ ̄ ̄` 丶 //\




2975 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/06(金) 19:38:09 ID:dIrxRFrQ
剣術強いし槍も弓も魔法も扱えるというやべースペックしてる旧・不滅の勇者、現・聖剣を守る謎の獣人
じゃあ武器奪って魔法封じの呪いかけたらええやん!ってするやろ?

徒手空拳が一番強いんだよなぁ。魔王シバいたのも徒手空拳でだし

2976 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/06(金) 19:43:16 ID:26mCK+cR
勇者なのに呪われてるせいで頻繁にモンスター扱いされるし、不滅の加護で再生力高いのも不気味がられるんだよなぁ
封印の聖剣と、封じられて岩と化した魔王、それぞれ相殺しあってるせいでフツーのお宝とその台座に見えるのも逆風という
せめてジャスチャーが上手ければ会話不可筆談不可(象形文字判定の略図不可含む)でも意思疎通できたのにな……

2977 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/06(金) 19:52:33 ID:8BxTr97I
そしてオカンぢから高い獣人
イケメンではあるがそれはそれとしてずっと一人だったからしょうがないんだけれども

2978 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/06(金) 22:24:44 ID:yAaSMzed
華奢な姫騎士とガツいケモノ男子とかさっそくエロ本がすっごい勢いで大量生産されとるんだが……
本編だと草食どころか絶食系なのにww>獣人クン

2979 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/06(金) 22:46:38 ID:C7bqUVmf
姫騎士は華奢で未熟な面が目立つけど、潜在能力はクソヤバいよな
獣人に勝った魔剣士に追い詰められて
いや絶対勝てないだろ、一度聖剣を奪われる流れか、と思わせておいてからの
一瞬の隙を見つけていた観察力と、土壇場で聖剣の力を引き出して逆転勝利は凄すぎた

2980 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/07(土) 01:49:55 ID:L+UIFCHh
チュートリアル用ザコポジションから歩くシナリオフックになった感ある三馬鹿トリオが地味に好き
「あの剣がケモノ野郎をここに縛り付けてるんだろう? アレさえ無くなっちまえばヤツはお宝の番人じゃなくなる!」
とかいう実態全然わかってないながらも一面の真実は突いてる美味しい行動方針よ

2981 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/07(土) 03:13:21 ID:IwJuJeMo
タイムボカンから連なる三悪構成とかいう王道よな、あの三馬鹿

2982 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/07(土) 22:40:18 ID:L+UIFCHh
魔剣士vs姫騎士戦はスゲェ熱かったけど、引き出した聖剣の力ってアレ明らかにやべーデバフ系だよな……
過去回想パッと見た感じ、魔王と勇者が痛み分けに近い感じでクロスカウンターしたんですよ的な書き方だけど
もしかして獣化も言語禁止も聖剣由来か? 使った勇者本人も巻き込む自爆特攻仕様なの?

2983 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/08(日) 07:43:01 ID:Ynysspj6
うーむ、でも確か言語系は聖剣仕様前からちょっと制限されてたしなんらかの教育がデバフによって変化したと考えるのが妥当じゃないか?


2987 : できない食堂 ◆jiPnTb1M/w : 2019/12/09(月) 20:04:00 ID:l30tIq17
次の架空図書ネタ募集する間、>>1の趣味前回の架空図書投げていいかなー?

2988 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/09(月) 20:04:45 ID:i7Dyp1jK
どうぞどうぞ


2989 : できない食堂 ◆jiPnTb1M/w : 2019/12/09(月) 20:08:38 ID:l30tIq17



               ,' : : /‐'/..:./:..:::/ : : : : : : :ヽ :ヽ: l
               ,' : : : :::/;::-'/://::イ :..::: :l :|::. : ',: :',:l
              ,' : : : :|/;';´‐´_二.ヽ、/:::://l :l、:  l、: l、'
              l : : : : :ヽ..._く∟}_` ///‐-|/_',::..::l::',.|:',
              l::::::::::::::::...‐=二 w ´ . ´{工ヽ,レ|::,':::レ,'
              >、:::::::::__::<´     '  w` ,'::::レ:/
            /::::::l´`_‐-` ̄   -‐-、   ,'::::..:ヽ、
           >::::::,. -'´ |',       `    ./:::::::::<
        ,. -'´_::/   l ',| ヽ、       , イ::',`‐---`‐
       ´  ̄∠-|     | ̄‐┐`丶、_,. -'´_└ : :ヽ
           _|__.   |   |ヽ-‐─、/_:: ̄ ̄:,'
      _.... -‐´丶、::::::`ヽ、l  .|: : ヽ : : : : : :.ヽ:::::::,'
   /´ ̄---- ..._  ヽ:::::::::::ヽ、 |: : : :| : : : : : : : 〉::,'ヽ、
  /::::::::::/ ヽ、  ヽ、  ヽ:::::::::::ヽ、l : : :l : : : : /: /:::,':::::::/
 /::::::::::/    ヽ、   ヽ、 ヽ:::::::::::ヽ: : : : : :/: /、:,'::::::/、
 ',::::::::〈      ヽ、  /ヽ  ヽ::::::::::::| : : : /: : /:::::',::::/ ヽ
  ',::::::::ヽ      ヽ、/  ヽ  ヽ、::::l`ヽ、_: /::::::::::',/   /ヽ、
  ',:::::::::::ヽ      /   ヽ、  ヽ|    ` ヽ、:::::::',  /::::::::',



タイトル【蒼穹のファフナー Reborn】

喫茶店で消えた羽佐間カノンは
気が付けば、エインヘリアル型に改良されたマークドライツェンに乗り
竜宮島のすぐ近くの海域に一人立っていた

困惑するカノンの耳に届く戦いの音
救援に向かったカノンが目にしたのは、カノンの目からすれば明らかに旧式のファフナー(ティターンモデル)で
必死の戦闘を繰り返すパイロットたちの姿……


これは本来の物語が始まる前に強大な力と共に舞い降りた羽佐間カノンと
“自身の死の記憶を思い出したファフナーのパイロット達の”
ハッピーエンドへと向けて必死に生き足掻く、戦いの物語である


2990 : できない食堂 ◆jiPnTb1M/w : 2019/12/09(月) 20:08:49 ID:l30tIq17
と言う訳でどうぞ

2991 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/09(月) 20:12:34 ID:1HFTjamk
「あの時食ったハンバーグ、美味かったよなぁ」
「その直後に死んじまって、2度と食えなくなっちまったよなぁ」
「……もう1度食いてぇなぁ」
「今度は食えるさ。1回と言わず、何回でも」

どこか哀愁が漂うモブたちの会話……

2992 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/09(月) 20:19:16 ID:ETxYe8Va
みんな知ったうえで足掻くからこそのかっこよさがあるよね
覚えてるんだよ…憶えてるんだ…

2993 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/09(月) 20:19:53 ID:l30tIq17
「真壁指令はいるか?」
「指令は私だが?」

って総士のオヤジさん出てくるの草
そうだよな、生きてるよな原作開始前だもんな……

2994 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/09(月) 20:23:05 ID:ORjW5kCV
マークドライツェンみて「なあにこれえ」ってなってる開発班は災難でしたね……

2995 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/09(月) 20:26:03 ID:l30tIq17
なんだお前は!ってなってる島の面子に
真壁指令式情報全ツッパのカノンと
それに援護射撃する、記憶を思い出した衛や広登、暉の援護は泣けるよね……
そりゃ全員の話が一致してるんだから、信じるしかないわ

2996 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/09(月) 20:34:38 ID:i7Dyp1jK
「案外、『あっ、俺死んだ』って思った次の瞬間にはそこじゃないどこかに居るかもしれないだろ?」
基本冗談で半ば軽口なんだろうけど、そうであってほしいのも本心だろうなって

2997 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/09(月) 23:12:02 ID:F1+UmYl0
まあ結局みんないなくなったんですけどね
その後次の話で「また…ここか」と第1話と全く同じ構図で何回もループしてることが発覚してゾワっときた

2998 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/09(月) 23:17:52 ID:jkpRUkZO
うぶちんと言いリボーン作者と言いアニメスタッフと言いファフナー関係者にはドSしかおらんのか

2999 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/09(月) 23:21:09 ID:an8mrAPM
ファフナーはポンポコメイン勢が死ぬ近年珍しいアニメだから生き残った訳で(震え声)

3000 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/10(火) 02:42:44 ID:+udv/+tU
翔子が生きてるから
カノンが容子に「母さん」って言おうとしたのを飲み込んで
自分のことを“カノン・メンフィス”って紹介するの
胸が痛くなるな……

3001 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/10(火) 10:59:31 ID:a6hQ6xIn
スパロボの期間限定イベで自分が死んだ時の記憶じゃなくて
平行世界の自分達の記憶流れ込む展開になってたね

そのせいで原作カノンの混乱が凄いことに


3002 : できない食堂 ◆jiPnTb1M/w : 2019/12/10(火) 18:01:18 ID:+udv/+tU
そういえばうちの二次創作貰いました




3003 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/10(火) 18:26:13 ID:Z9ksxTyO
しゅごい…

3004 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/10(火) 18:34:45 ID:EceicXEk
>>3002
ええ話や…
こういうの読むと嬉しい気分になるわ


3005 : できない食堂 ◆jiPnTb1M/w : 2019/12/10(火) 21:13:57 ID:+udv/+tU
『 魔 王 川 柳 』

なあ勇者 世界の半分 管理して(懇願)
文官が 増えねば我は 死ぬのでは?
おかしいぞ こんなはずでは なかったのに

AA:ハドラ―(ダイの大冒険)

3006 : できない食堂 ◆jiPnTb1M/w : 2019/12/10(火) 21:14:20 ID:+udv/+tU



      >      ̄ ̄ ̄ ̄  <
V   ./                 > 、
 V/                       \
  .V                        ハ      ィ
|',  .V                         .,   / /
|::',  V     ハミx                  / / /
| ',  .V   /    \           //レイ }/  / /
| .ハ  .V  /  U   \         /   | ./  / /
| /:::ヘ  V /      u  \      /,ィ  .|/  / /
. l  ∧ .州      .ヽ、   \   / .}:}  | // /  > <         〓〓〓〓〓〓〓〓〓
. { /::ヘ 州  、     \   ヽ/  .}::}  」/ / //     V      『 魔 王 川 柳 』...
. { {::::::ヘ.州   T 、 u  .\    / リ::}   Y /   .ハ             〓〓〓〓〓〓〓〓〓
八 .{:::::::( 从.u  .|  \    ヽ  /  /:::ノ  _ノ ./.{   ア    .}  ハ
  `ヽ:::) j    .ヽ、 {ヽ、   Y    ム フ´// / }   :    〈 ./__
\/  ̄ `ヽ    `ー―\__人_ ィア ィ ./シ /.V         Y_
//      \         }:::::::::T::´::::} } /--{         }
/    ハ         く  .‐イ   レヘ:::},ィ<  八      __ .ノ \
{    ア    }   u  \__/   .K//////\ .\  _ ノ//∧
ヘ    .:    .リ  ,イ ニニニニニニヽ  .ハ \/////∧ ヽ  ヽ  V//∧
/\      イ i ー--------彡  /i:} ∧/////∧ .',  ',  .V//∧
//ハ     _人 `   ――-   ./.,イ  ∧/////∧ ',  .',  .V//∧
/// \_ .ノ   ` i      u  / /   .}//////}  .',  ',  V//∧
\///ハ      \      /   /    }/////ハ  .',  .',  .}////


3007 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/10(火) 21:17:37 ID:k1roI5zX
ゴブリンの 食費で減った 我が給料

3008 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/10(火) 21:23:31 ID:Rjh6h4Lb
成し遂げた 魔界統一 即デスマ

3009 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/10(火) 21:25:08 ID:+udv/+tU
知ってたら 魔王なんぞに ならねえわ
逃げた先代 今はいずこに?

3011 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/10(火) 21:27:05 ID:k1roI5zX
>>3009
辺境で 農夫やってる 大魔王
俺にぶん投げ 逃げたなアイツ

3010 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/10(火) 21:26:23 ID:fAFVeCjr
勇者より
憎き仇ぞ
大魔王

3012 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/10(火) 21:28:17 ID:a6hQ6xIn
働けど 書類減らぬ 執務室

3013 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/10(火) 21:28:28 ID:Rjh6h4Lb
魔物ども 次の戦い? 我泣くぞ???

3014 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/10(火) 21:37:38 ID:+udv/+tU
魔王城 何故か周囲が 毒の沼

3015 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/10(火) 21:38:55 ID:2xUQjh67
魔内閣 総理を任命 魔王様
勇者と闘う 防衛大臣

3016 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/10(火) 21:39:39 ID:YVY6IirF
夢を見た 勇者ハーレム 子だくさん

ゆくゆく末路 あいつが魔王

3018 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/10(火) 22:06:33 ID:xCG+kmfD
王女様 どうして素直に 捕らわれた 実はあの人 ドチャクソ強いの

3019 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/10(火) 22:12:05 ID:twBaYuZS
最近は 教皇 国王 お知り合い 彼も我もと 苦労自慢

3020 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/10(火) 22:32:48 ID:O2TtkIdg
部下たちが どいつもこいつも めんどくさい

3021 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/10(火) 22:35:54 ID:mdkvU09k
四天王 五人いる上 かぶってる

3022 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/11(水) 09:10:38 ID:OFBizOXR
転生者 テンプレートと 口うるさい

3024 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/11(水) 19:55:43 ID:yLpiLLPr
気が付けば 利権盗られた めくら判 借りた文官 他国の手先だ

3025 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/11(水) 20:05:45 ID:HO03Cwfm
嗚呼無情 側近過労死 嗚呼無情

3026 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/11(水) 20:10:32 ID:Td7gybwk
嗚呼無情 休みはないぞ 不死族に たとえ死んでも 病欠扱い

3027 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/11(水) 20:12:48 ID:jMof2ryD
無限蘇生 させてるあっちの 死霊王

3029 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/12(木) 11:06:24 ID:YvlIkfgK
魔王城 ラスダン故に ギミックが 多くて通勤 めっちゃ大変


3030 : できない食堂 ◆jiPnTb1M/w : 2019/12/12(木) 21:18:59 ID:jVCl8Skh



                    __ _
               __...::.:´:.:.:.:.:.ハ:.:`:.....、                    ,ノ
              _,rォ':/:.:;ォ=ミ:.:.:.:.:| ¦:.:.:.:.:.:.:`:.<ヽ.   ___ ____ _..l { ,r        、
           _j:〃/:.:.ィ仍  l|}:.:.:.:| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`=≦////{!////{i/.', ゞ、 __ 、   }ヽ
.           ノイ:.:.イ/:伐リ_,彡 :.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ人:.`ヾ ̄`:.:</{l/..ヽ、、_   ヽヽ、ノノ_,,...,,_ヽ、‐、
           f/:/:.:.:.:.:.:.:.` ̄:.:.:.:.:.:.:| l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.y':./:.:.:.}:.:.:.:l:.:.:.:.:l}:.:.:\//...`ヽ、‐‐ `y/  ..::::::::`゙ヾッ ヽ
        〃´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:! ゚。:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.':.:.:./:.:.:.∧:.:.:.:.!:.:.:.:.:.: __,,,....>-- 4ゝ、 , r ':::::::::::::::く、
        .:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ ヾオ:.:.:.:. イ:.:.:.:.: /:.:.:.:/:.:l}:. /:ヽ:.:.:.:.(  <,r' 冖 ̄ {ヾ./′ ..: :::::::::::;::;__、
          {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,x≦スフ´丁イ:.:.:. ̄:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:/:.:. リ:/:.:.:.l}:.:.:}:.\ \て ̄ k'__.::'' .::::::::; :::};::lヾ';-- 、.._
          乂スフ又乂r‐y'フ´ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〃:.:.:.:.: /:.:.:.:/:.:.:./:.':.:.:.〃:.:/:.:.:..( ニ,ミェ、\f ゙Y ,._':‐<7.::::/ォ::;'レ ノ,'   ,  `゙ッ
             { ̄ ̄´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:イ:.:. 〃:.:./:.:.:.:.:./:.:.ィ:.:.:.:.:..`゙/  ,...ニ=ミ、.`('ヒメ゙ j ,ィ'fフノ'i.r- '冖フ__ /___
             乂:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-===彡':.:.:.:./:.:.:./:.}:.:イ:.:.:.:.:.:′:.:.:.:.:/:.: / ,r,..-‐'  ::.ミヾzく 、 _' ,/ ヽ}.   f:::::::::;スF/|'゙
              ` <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:ィ:.:,,r.-=‐'´    ノフ''´ メ-イ ̄ `'' ‐--トiヘ:::::;ィヘl_
                ̄ ̄ ̄ `ヾ≧==≠=彡:.:./:.:.:.:.:/:.:./`ヾ':.:.:.{ /::`ヾヽ  .:::r'入_/    _,,,,,..-‐、゙´ 'y'、タ冖'
                     /:.:イ:.;.:.:.:.:/:.:.:/` <二ニ彡'    .,r-八;;;;;;;', ';:.::::::/;/:::|:::/:::::::::::::::::::::::::/;;;;   `゙`''
                      .':.:.:/:.:{!:.:.:.{!:.:.′   `Y´    、、,f;;;;;/ ヽ、ハ,_ニコ/::;ノ::::::::::::::::::::::::::::::|`゙'ヽ|
                       /:.:./:.:.:.ヾ:.:.:. /          rヽ、ノ::::) ヽ、__/  /;:、;;;i::::::::::::::::::::::::::::::::ノ    ヽ、
                                        `ヾ―(    /  /ノ:::::::::::::::::::::::::;;;;::::::(____    ゙i
                                            ゝ-rイ   : l::  ..:;rメ‐''゙゙弋'::.. ̄ ̄  (_` ヽ   |
                                             |/.;.  : 厂 .:゙:./    \ゝ:::: ̄マ‐-≡'-‐ '′
        __________________     ._    ,'   /:::: .: /.ヽ    `ヾ''::::::::::)
        》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《    .f |::::::`ヽ、/  ./::::::. :: / :::::、ziiiillll!!!!!'゙'''冖''‐-
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    .トヽ:::::::::::/  ./::::::. ../::オ冖;i'´~
        『きっと明日へと続く道、僕は亀と旅をする』.      .| |:::ヽ;;'   /:::r 、___ノ′ ';:::/
        __________________     .| |::::::/  / ;'  ',. /   K
        》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《    ....ヒゝ/:::..、_{ヽ;ト、 〉、   ||lii、.__              , r
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      .ゝメ::::_  'ヒ≡ii'|lメ 、   /||||||||||llliizza,,,....,,,,,,,,,,,,,,,,rzrii'´
                                        _,,/、___7 ..:':、ヽl|/|||li、'‐='キェ!!!||||||||||l!!!!!!!!!!!シ''''゙゙~
                                        |ゥ、,_::: .:r-;r'く|/||||||||Y|||||||||||||||||||||||||lllliiy、
                                      ‐==| / rf‐f'llll||lゝェ'|||llr||||||||||lr‐''~,,rzzzzzy、 `゙''キ、
                                      |//サ 厂 ̄ ̄    ゼロ(   !l||||||||||lシ     `
                                        ゙''´ ‐'         `゙'ヤ=-


3031 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/12(木) 21:21:05 ID:QCibkwba
亀くんの好物がインスタントコーヒーなのは何故なのか
カフェイン摂取して大丈夫なのかね? めっちゃグビグビ飲んでる割にはピンピンしてるけど

3032 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/12(木) 21:25:51 ID:2YQw+6GZ
サイとの会話が短いけど印象的

サイの角の如く進め、っていう言葉に対する返答が最高

3033 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/12(木) 21:38:12 ID:CLHViYg4
死に場所を求めてるけど死にたいわけじゃない2人ってのがなんかいいよね…

3034 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/12(木) 21:57:40 ID:Eufy/Qvt
かつて数十万人が住んでいた街の廃墟で
数千人の人が集まり、明るく元気いっぱいに街を復興しようと頑張っていたところを
再び災害で壊滅
辛うじて生き残った数十人が、何事もなかったかのように明るく元気いっぱいに街を復興しようと頑張っていく

それを見た主人公が泣きそうになってるのな

3035 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/12(木) 23:42:45 ID:CLHViYg4
「昔この土地で同じことが起きた時は絶望のあまり酷いことが起きたものだ」と昔を懐かしむ亀さんよ…
つーかあんたほんとに万年生きてんのかいと

3036 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/13(金) 00:17:18 ID:lLX7qO9I
色々な人や国と出会ってるが「これはもはや滅びた方がいいのでは?」なパターン結構多いよね
彼らの安住の地は一体どこにあるんだろうか…

3037 : 梱包済みのやる夫 : 2019/12/13(金) 07:04:06 ID:IKft/1iz
これ文明滅んだ理由が「超自然災害」じゃなくて「人為的自然災害による超現象」なんだよね…
動物側はそれを気にしてないけど人間側で当時の記録保存してる人たちは結構気にしてる感じ
生き残ることを余儀なくされた、と当人は語ってたけど結構現状に満足してるブラキオさん好き

関連記事



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-38008.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13