以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-36374.htmlより取得しました。


正義の味方 左衛門 第参話「魔王を倒すまでがゲームです。なお人生。」

目次

290 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/01(金) 22:06:30 ID:3yeHlaf7



         ./ ̄ ̄ ̄ \
       /       (・ .\
      / ________i
     l ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     l ,'::::::::::::::::::::::::::: /|:::l:::::::::::i
     ,':::::::::::::::::,'  / . ヽlー l::::l    今回の左衛門は想定では【もとふくッ!】AAが入るから、
     l:::::::::::/ ( ヒ_]   ヒ_〉) |^
     ヽ〃 l    .,__,   i      大画面のスクリーンの前に大勢を集めてみることをお勧めします。(大虐殺)
      l::し .!    .丶_ン′ :
          ≧=‐---‐''.´        では準備して、イクゾー!


291 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/01(金) 22:06:44 ID:3yeHlaf7
(悪趣味では)ないです……。

292 : 梱包済みのやる夫 : 2019/11/01(金) 22:13:11 ID:LtrLjoWN
左衛門が元服・・・相手は一体・・・?(違


293 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/01(金) 22:18:59 ID:3yeHlaf7



                             __,>'´  ̄ ヽ、
                             {: : :.\     \
                              `zzy: :\__,..:   \
                                ヘ: : : : : ヘ_,../  ∧
                 /}    ___    ,. : ´>x,ヘ: : : : : ∨   /  ',
               / /    / ∠__,.イ  _,. -‐' ヘ: : : : :.廴z彳   ,
            / |  /       ,.>'´ ̄ ̄`ーヘ: : : : : : /     ,         正   義   の   味   方
              /   !  /       /         ヘ: : : : ∧    i
           /  ├‐'         /               ヘ-'y: : :',  ,..:' }
              }   |                        \: : :',///                   ■
      r、    }    l     { ヽ      } \              \::} ■                  ■  ■■■■  ■■■    ■■■■■  ■■■■■
      ! \__/        i   \   _,. -}  ヘ-、  ,. ------z_ ヾ  ■                ■■    ■                ■      ■  ■      ■
     V            i   ,. : ´   i    ', \    ■■■■■■■■■■■    ■  ■■■■■■          ■■■■■  ■■■■■
      V                j/     :'         ∨       ■■                  ■            ■■■    ■      ■  ■      ■
      V            , '     _,.ィ            } --、   r-  ■                    ■  ■■■■■  ■      ■■■■■  ■■■■■
       ``ヽ、ヽ      {! 、_,.xチ-'´             ,'    ヾ’ ■■■■■■■■      ■■  ■■■■■  ■      ■      ■  ■      ■
           V' ,   {`´ ヾ´_ ●         .イ _   _,.  ■      ■              ■  ■■■■■  ■      ■                  ■
          y'  > 、∧:i  ̄´r、ヽ      _,∠__r{:ハ<> ■        ■              ■  ■  ■      ■      ■                  ■
          ∨    `>- ヽ __ノ _,.、..... ィ´ / '、---:'ヾ}´ ■          ■              ■■■■■■■  ■      ■                  ■
             ヽ         ̄  _/  /   i           ■■■■■■■■■      ■      ■      ■      ■                  ■
            `ヽ、       ̄  _>'    ノ}                          ■            ■■      ■            ■■■■
               `ー── t: t、:::::::ー─:::':/
                     `ー' ``ー-、:::::{                   第参話「魔王を倒すまでがゲームです。なお人生。」
                              ヽ::i
                                 ∪




294 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/01(金) 22:23:06 ID:3yeHlaf7



/:::: ___|:::::.::.: : : : : : :|::::::_____::::\: : :|ニ||  |  |::::::/\:::::::\// ̄ ̄| ̄ ̄| ̄::\\::::::|: : |: : ::|: : : :
:::::/:::: |:::::.::.: : : : : : :|/__ ::::::\:::\|ニ||  |  |:::::|\::::::\//\:::::::::: |::::::::::|:::::::::::/\\|: : |: : ::|: : : :
::/;:::: ::: |:::::.::.: : : : : : :|/:::::::::::\:::::: \ :|ニ||\|  |:::::|  \//\::::::\/ ̄ ̄ ̄ ̄\::::::\|: : |: : ::|: : : :
::|;:;:::::::: |:::::.::.: : : : : : :|::::::::::::::  ハ::::::::::∨ ̄::::::\|:::::|   |::/\:::::::\/ : :/ ̄ ̄\: : \::::::|: : |: : ::|: : : :
::|;:;:::::::: |:::::.::.: : : : : : :|⌒\::::::::|/∧::::::::|:::::::/^\\|   |::|   |___/. . /|  | ̄|  |\: . \:|: : |: : ::|: : : :
::|;:;:::::::: |:::::.::.: : : : :  |:::::::::::::. :|//∧___j_/^\:::::∨:\ |::|   i: : : : /⌒|| ̄   ̄||⌒\: : :|: : |: : ::|: : : :
::|;:;:::::::: |::::::.:: : : : : : !:::::::::::|::::: ̄:::::| :.:.:::::|:|:::::∧::::| x=ミ」::|   |: : : :|    | ̄|_| ̄|    |:.:.:|: : |: : ::|: : : :    【妖精教教会総本山】
ニ=- ⊥:::: : : : :..  ’⌒\:|:::::::: :::: | :.:.:::::|:|/::::|: :|_/ヘ::::∨\_|: : : :|∩∩|       :|∩∩|:.:.:|: : |: : ::|: : : :
: :::::::::::::::|: : : : : :       \::::::::::::| :.:.:::::|:::::::::: |: ::.:|: ハ:::::|/ヘ: |: : : :|∪∪|/´⌒\|∪∪|:.:.:|: : |: : ::|: : : :
: :::::::::::::::|: : : :            . . :| :.:.:::::|:::::::::: |: ::.:|/:::|::::|ヘ:::|:|: : : :|芥芥|       :|芥芥|:.:.:|: : |: : ::|: : : :
_::::::::::::::::|: : :               ¦. ..:.::|:::::::::: |: ::.:|: :::|::::|:.:|::|:|: : : :|比比|       :|比比|:.:.:|: : |: : ::|: : : :
二ニ=‐┘: : ....    :           ¦.:.:.:.: |: ::.:|: :::|::::|:.:|::|:|: : : :|比比|       :|比比|:.:.:|: : |: : ::|: : : :
 ̄|/⌒Y: : : : : : ..  i:: : : : ..         ‘ . ..:! ..:|: :|::|「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「|: : |: : ::|: : : :
: : |: : :.::|:::::.::.: : : : :  |:: : :.:: :|:::...            ’ ¦: :|::├───────────ー‐:|: : |: : ::|: : : :
: : |: : :.:.|:::::.::.: : : : : : :|_.:.:. :|::::::::::....       :. ‘ ¦| /⌒Y「 ̄:|: : | ̄ ̄:|: : | ̄ ̄ ̄~|: : |: : ::|: : : :
: : |: : :.:.|:::::.::.: : : : : : :|_ ̄~|::::: ::: ::::i:..      :   ¦¦ i .:.:|:| : : |: : | :.::::::::|: : |: : : : :.:: ::|: : |: : ::|: : : :
: : |: : :.:.|:::::.::.: : : : : : :|.:.:.: ̄ |:::: ::: :::::|:::::....    ¦ :i ¦¦_i ..::|:|_:_:_|: : |_:_:_:::| ̄|二i_:_:_:,,ノ|_|: : ::|: : : :
: : |: : : :{二二二二二}-==辷爻_ノ(| :.:.:::::i::._   i....._i   ̄  . . : : :::::: ̄/::::: | ̄ |i i |:::111///7ァァ|: : : :
: : |: : : :{;:;:;:::::::::: : : : ::}三三 ̄二ニ:└ーー┘::::..: .: : : . .    . . . : : ::::::/_:_:_:_:_|冂_|/…::111////≧=‐
_|: : : :{;:;:;:::::::::: : : : ::};:;:;:;:;:;:─二二二二┘ ̄:;:;:;二二二-- : : : : ::/: : : : : :_‐二二‥…:::111///////
: : : :.: :.:{;:;:;:::::::::: : : : ::}二二二──;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ニ-  ̄: : : : . . . : /‐‐‐‐‐‐‐';:;/ ̄/─‥…:::111//////
く\二二二二二二二i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:二二--. . . . . : : : : : ... .     .:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:/_/二二‥…:::111/////
::\/:::/::/‐ ‐. . . : : : : ::::::::::::::二-. . : : : : : : : : : : : : : : : : /::::.......     ...;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:‥‥……:::111//


295 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/01(金) 22:26:55 ID:3yeHlaf7



                     __/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
                ∠二::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`~、__
                 /´::::::::::::::/:::::::::::/:/::::::::::}::::::::::::::f¨¨¨`
                 ,′::::::::::::/:::::/.:::/:/::::::::::|:}:::::::::::::::゚,
                .::::::::::{:::::::{::::/¨∨::{:::::::::::从:::|::::::‘,゚,
                ,′::::/{:::::::{_厶ミ、}:/{::::::::/{⌒i:ト、:::: }::::゚。
                 厶ィ}:/ :{:::::::l/爪;)` {:::/斧㍉ヘ}::::::}\:゚。    「一緒に来い」で勇者が率いてた軍人さんたちと一緒に
                {/:{r‐{ハ、{.乂ツ   {/  r{)} }/乂: }  `¨
                   乂{.八人{      i: `¨ {! {:::}┘       3日間も行軍するとか、聞いてないんすけど。(辛辣)
                      }\__、    r‐   、  .从}l┘
                 └ヘ:::::}\  \_ノ  / _
                  r‐=ニ ̄ ̄ ̄}        .イ{_/  \
             {-=ニ二二}  }     ̄{i:i:i:i:i:i:i{ rヘ、}
             ∨二二ニ}  }     /{i:i:i:i:i:i:i{ {二ニ{



           / /  /           '
       __彡 /  /  ___  __人 __
          _// ⌒/ /  ̄ ̄  /   /    / |
        ̄ 7    //-―――/  /  :/   '
      ―=ニ  _ /_  :\  // /  /.:/ /  /
          >―――=ミ  \ / /:/  / /  イ     こ、ここじゃないと左衛門の事を伝えるべきところに伝えられないから(目そらし)
         >―‐--ミ   \ /  // 彡' /、|
         '   ノ  ̄``丶、: : : :  / {  / / '    \   ほら、ウチからどころか、人類圏にとってナナシも左衛門も、最重要事項だから。
         -=========ミ、 \: :}^∨  _/i
       /-=ニニニニニニ\  /  {  /⌒´        ね?(肩を叩く)
.      /-=ニニニニニニニ=`:〈\  ,


297 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/01(金) 22:34:32 ID:3yeHlaf7



               \::::::::::::::::::::::::::::::\〉:::\:::\
                _,>―‐:::::::::::::::::::::::::::::::{\/゙ ̄\
                /..::::::::::::::/.::::::::::::::::::::::}:::::}:……\⌒
               /.:/ ::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::}:::::::::::}:::::::::::\
              /..:::// .::: :::::::::|:::::::::::::::::::::::/::::::::::::}:::::::::::::::::
            ̄ /;′::::::: {:::::|:::}::::::::::::::::∧:: |:::::::}:::::::::::::::::|
                /::i::::::::::::::{__∧:}: :::::/:: / ゚。:ト、:: }:::::::::::::::::|
            /.i:i{::::::: :::/{:/¨从::::/{:::メ'゙ ̄{ノ∧::}::::::::::::}j{:|     アッハイ。(迎合)
              /i:i:i:i{::|::::::/r{j…= ∨ .}/ r=…=∧}:::::::::/{i从
            ̄ ̄{jハ::/{ ゙ {}      {}  //:::::::/i:i:i:iト:〉
               {:{ {i{∧ `-=ニ  _   ニ=ー- /.:ィ/¨Yi:i:{
               {八i{::∧    {/     ./⌒(\ }\〉
               乂_∧            ト、_>く
                 }公。  r―::..   /:{
             r―‐=ニ二八}ト  ̄ ̄ .ィl:i人{ニ=-
             {`¨¨¨¨¨i二ニ}:..:.><:..:.|l/ ̄ ̄ ̄  `


                       /|                   _              -=
                  /                 / / ィ≦二 ミ=…ー      -= ¨     <////
                    /  |           〈y{::// -‐=<ミ¨¨‐=ミ  -= ¨       <//////////
                    /  |          _ ≦ Ⅳ/ ⌒  ̄¨¨≧ ー=≧    <////////////////
                   //  八        ⌒/,,イ rf:¨¨ ミ   -=<  ー=≧ー////////////////>
           {\∠        〉      /ィ Ⅵ ト iトミ、 \  ミ  ー=ミ∨///////////>
           Y/ ̄¨¨ヽ》  /      -=Ⅵ :}!:}へ`ト {トヽ<マ  ≧ミ  ゝ///////>        =‐
          {\{ __イ Y( /  -= ¨     }ハⅥrft刈ぇィf仗、V rヘ iト 仄//>        =‐       理解があって助かるな。(剣をしまう)
          Y/ ̄¨¨ヽ》夂ン )¨    <//////Ⅵト. '~] :^ヽ  )!}ij 人{Ⅳ^        =‐
          {    //, ∧/</////////////,小 `__     , j:ハ V^  =‐                さ、左衛門。
         r ㍉ __,,rfニ[  ],//////////////////∧  ̄`  /    Vハ
     r 「 「 { fi:i:i:i:i:i:i:[ i辷7////////////>    _ゝ__   イ_ ―ニ二寸_                そしてカズマとやら、話を聞こう。
   __,rfししゝと⌒ヽji斗[ { {///////>         <[F[ノ::f丘ニ二二二>=:::::::::::::>=―<
rfi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ji斗 '7¨ ノ  tニⅣ/>         <「::::::::::[圦V 仏ヘ―.. ̄:::::::::::::::::::/   :.:.:.:.:.:.:.ミ       奥にある私達の部屋でな。
i:i:i:ji斗 '' 斤      イ》 〃Y t圦      <[:/::::::::::::::::≧ ≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.   >=ニ 〉
'' ’   /人       /ハ{{ { Ⅷムヽ -=f夭:.:.:.:./::::::::::::<  个 ¨ '<:::::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.>'', イ<マ       懺悔室でやるような話でもあるまい。
    〈f  ト  /::::∧、 、Ⅶ j }  ハ 》.:.:./::イ:::「     {{     ¨ <::::::::::/r ):.:.:.//  ー=ニ_
     Ⅶ>=ー彡::::::::::::∧ y大ン r《 》  イ |::::i!     {{         /::::抖匕亥 〈      ー=ニ_     ここはひとつ、元勇者パーティーとして……。
     Ⅶ::::::::::::::::::::::::::::r   ∨勹/   {  |:::i      {{         /:::::/      Ⅳ        ∧


300 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/01(金) 22:46:36 ID:3yeHlaf7



           γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
           |     その前に……。          |
            乂______________ノ







          FY´¨ヽ、
           冫l: : : : : `ヽ、       /^ヽ、
         〈 ,| : : : :_: : : :`ヽ、  /: : : : :ヾ、
            Y |: : : :.:.:`:.:ヽ_ 上ヱ:_:.:.:.-: : :ヘヽ        __.00  __.00  __.00  __.00  __.00
         |l: : : :.、>''´::::::::::::::::::::``<: : l┤       └‐┐ |   └‐┐ |   └‐┐ |   └‐┐ |   └‐┐ |   ○ ○ ○
          广|: : :/::::::;:::::::::!:::::::::::::::::::::::::ヽト{       ┌‐┘ |   ┌‐┘ |   ┌‐┘ |   ┌‐┘ |   ┌‐┘ |
          辷l: :/::;'::;':::i:::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::Y          ̄ ̄     ̄ ̄     ̄ ̄     ̄ ̄     ̄ ̄
           }-i: l:::i:::::::::l::::;::::ト、:::::!:::::::::: N:::';::!    ttps://www.youtube.com/watch?v=psPT30-aX6k
          ト、`!:::i:::::::::|::::!::T卞、i::::l::::::ナト::ト|
            _」 !:.|:::::::!:::::仁|;rテト、ヽ::l:;ィ尓|:|::!
        ┌'/: :|::l::::i::::::|ー代_ノ:::::::`"::じ'ルレi     私にただいまの挨拶をするのが先じゃない?
         r'/: : :/'|::i::::i::::::|::::!     __ '  ,!|ニ|
      //: : :./r'!::!::::l::::::|::::lヽ、    .イ:::!:::|     ゼンガー。
      r'./: : :./ィ' |::!:::::i:::: |::::ト、 ` T´_:::i::::|:: !
    _ノ/: : :./r'  !:l::::::i::_,ム:::| ヽ  `Y^ヾ、:!:::|     【妖精教 託宣師】:霊夢 LV28
   ,」 /: : : /r'   i::!:::::「V/ヘ:|   \  !  Vi::::!
    | /: : : /r'   リ!::f´ヾV/'|!    \!   lN:!、
   f l : : : i ノ    |:::|  ヾ∨ム、   ,.z介r-弌リ_」


301 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/01(金) 22:49:31 ID:3yeHlaf7



                                                                         }
                                                                        ノ´   ィミ三ミヽ
      ―''''"ア.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.: ,ィ:.:.:./:.:.:.:.:.:.:. ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ                                   ー´   彡ッ⌒'ミ_
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.イ./:./ ,':.:.:.:.:.:.:. ,'.:.:.|.:.:.:.:.:. : ヘ                                       ィッ
.        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ  メ<_,,,|.:./:.:.:.:.:∧:.∧:.:.ヘ.:.:.:.:.',                                  '―ー´    _
.        ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |'" ,ィ===ミ、~ l/,'.:.:.:.x廴}:,' ∨:.:',:.:.:.:.',    ←何かの圧力を察知したカズマ君(平民)          ,ィミミ三ミ_
        /:.:/:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:| マ     ヾ ,':.:.,イ .ィ==x . ∨.:',ヽ.:.:',                                、_    、ッ    'ミ_
.     ,イ:イ:.:.:.:.:. l:.:.:.:.:.:.:.:|    {}   ムイ:::::::::'  `マ /.:. l ヽ.:|                                   ' ー´
    ''". ,':.:.:.:.:___l:.:.:.:.:.:.: |.   ゝ-:::::::::::::::::::::::::::::{}   }! ,'.:.:.:.}  ヾ                               、__  ,彡ニ三ミミ,
.       ,':. : :/ヘ ヽ:|、 .:.:.|               {:.` -  ,'.:.:.:.:.l                                      ̄´     ヾミ_
      ,.:.:.:. { ノハ ',! \:.|    _ ―==.、        ,'.:.:.:.:.:,'                                 、 __  _
.      ,.:.:.ハヘ 乂:}   ` u /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ     ハ.:.:.:.:.,'                                       ̄  'ミヽ
.     /イ  ',ヘ ___      ', : : : :`~''<:i:}    l }ハ:/                                ⌒\        'ミ_三ミ
           ',:ハ.:.:.',\__ ヽ: : : : : : : :)'′   ,'   i!                                    ' -=ニニヽ
            ',/,,zzzzx `Y ` ー‐ "     イ  __                                          ヾ、'ミミ
           //ニニニ| ト、.       / >" |                                   \        ミヽ
          </ニニニニニ| |  > 。__ イイ イ::::::| |                                     ヽ,__       'ミ_



心、  U:::::::: i ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
寸心、     |  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 ゙寸心.......... U    ,x≦三心 ::::::::::|
zx、寸心、:::::........::x≦ニニ≫''"” :::::::::|
三心 `ー':}::/:x≦≫''"´      :::::〈
三少   ::::::.`”´   __          ::::',     (あッ……確かここに初めて来たときからいた、
---ミ、       {三}        ::,
:::::::::::::\:::::::::::::::_        i     :}     ここの教会の偉い人……霊夢、だっけか……?
    ::::`ー'"´::::::: \       |     ;
 ィニハ  ::::::::     \    し  , '     今も偉い人で……ん?ゼンガーってこの宗派の……あッ(察し))
 `ー'’     {三心  ヽ      /
          マ三リ   }: : : : イ、
-‐''"´ ̄ ̄`ヽ、       ,ノ''"´:::::::::ヽ


302 : 梱包済みのやる夫 : 2019/11/01(金) 22:52:46 ID:W8hcEBxx
こんな苦労人のぶりぶり左衛門みたことねえ(真顔)


303 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/01(金) 22:53:30 ID:3yeHlaf7



                 /
            ノ/  ,,. /‐-
          / // /     ``丶、      て
      /(   '    /            ̄ >   そ
        ' ∨   '            \ >        ビクッ!
     人 {:   /_ -‐…・・・・…‐-  ミ   \\
   \ 、ー――<      ``丶、  \ \  `、ヽ
     >‐━   \  \\-――=ミ >――= \    お、おお!すまない、遅くなったな、霊夢!!
   '⌒ヽ八 、トミ /\  \\: :/: : ヽ: : : : /⌒
      i∧ \/>\ト { )\ : : : : : : /: /Y⌒      いや何、お前も忙しかろうとおもってな!
      八 ト  《ゞ'  \  Yノ: : : : :Y-―― -ミ
      / i、 { }\     ̄{: : /-=ニニニニニ\    暇になったであろう頃合いを見て、帰ったと伝えようと……!!
        ノ \ } _ヽ  u  , -=ニニニニニニニニニ 、
           ̄ゝr ''   /-=ニニニニニニニニニニ \___
             ハ /-=ニニニニニニニニニ=---- { 人    \
          -―‐<___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄____/ {       〉


          //;:;:;:;/;:;/;:;/:;://;:;:/;:|;:|;:;:;:;:;:!;:;:;:ハ::::::::::::::::ヽイ、
           /;:;//:;:;' ‐‐-/:/;:;/;:;:;!:|!;:;:;:;/;:;:!;:;:|::::::::::::::::::::\ゝ、
    __,.. ===''´|:://;:;:/ ,ィ ‐、/ !/|;:;://丶、':;:;/;:;:;:}::::ヽ:::::::::::::::::ヽ.ゝ
  __/ソ´::::::::__:::::::::|!:|':;:;:| /r':::: }   !ィ ‐-、/:`:/:;:;:;イ:::::::::〉:/::::::/´
∠./::::::::::::/ rソニ=!|:!:;:;:;! ゝ- '    r'::: /!/:/:;//::|:::::::://::/´      なるほどねー。
  ヽ::::/!´''´ //!|:;:;:;|:、    '  丶 ' /:':;/イ/、:::::::://i'´
   Yソ´  /;:;:;:;:'.|、;:;:!;:;\.  ー    ./;:;:/::::::} !:::::イ{;:;l        確かに私も最近忙しいわ。
        /:;:;:;:;__,、__ヽ:;ヽ:;:;:|ヽ.  r ''i´/:/、,.-、} /:::::ヾ:;:|
    /:;:;:;:;:/´  ',:l  !''!ヾー=、 ,ゝ''ヽ':;ヽ;:ヽ`ヾ∧::::::::ヾ',        なんせあなたと同じで、『予定通り』にこの立場を継いだからねー。
   /:;:;:;:;:;/:;{   '.|\ l=ソ / /`ヾ:!   )、_!:;:}:;:;:;:\ヽ:::::::\
   /:;:;:;:;:/!:;:;:'、___ ヽ::::`'|;:;!、/ヘr<二ト':ヽ !ヽ:;:;:;:;:;:;ヾ:、:::::::ヽ      ……で。
   !:;:;:;:;/ |,. ‐'   `丶、:/:;:|   |  !`\::::!,_| -- ..,,:;:;:ヾ:!______ゝ
  l:;:;:;:;:{<    r'' ̄| r‐/:;:/、__/: : : !: : : ` ー!:;ヽ/- 、}ヽ:;:;!|!、:;:l


304 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/01(金) 22:57:48 ID:3yeHlaf7













────────────────────────────────────────────────────────────────
    「~〉 イ   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ         ` ヽ、 /´〉,、     | ̄|rヘ
    ',_ ! え,  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
    i´ ! ヾ ,.イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
    '、_i く;/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::';::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
     く λ':;'::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::;::;'!:;::::';:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ '´              (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
      ゙! /:::::::::::::::::::::;'::::::::::::::/:::::::::::::::::::;イ::∥l!:::::';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、' r' ´ィ'゙                         `ー-、__,|    `"
     .〉::::;::::::::::::::::::;:::::::::::::/l!:::::::::::::://:/ i/ l::::::i';:::::::::::::::::::::';::::::::::::::',ノ, `iフ     ttps://www.youtube.com/watch?v=V5nb6Nxmb2I
    /:::::;l!::::::::::::::::;':::::::::;:::!l_l__厶 レ ノ ';:::::l ';::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'i'レ'゙
    /::::::::l:::::::::::::::::l::::::::;ムノ┴-、/       /ト、,;! ';:::::::::::l:::::::::::::::::::::::i!l ┌────────────────────────────────────┐
    ,'::::::::/l:';:::::::::::::l!::::/ 乂,,ん'::ノ`゙      ,...!l';:|`ヾ;::::::::!::::::;':::::::::::::;'i:! │ 【妖精教託宣師】【『特殊選抜戦士』”妖精王”妻” ”妖精女王”】:霊夢 が 現れた!  │
   ,':::::::/;;;ヾ';:::::::;:::l!レ'     ` ´:::::::::::::::::::::::::::千i゙゙i'ヽi:::::::/:::::/::::::::::::/ l!  └────────────────────────────────────┘
   l:::::::く,ィアトヾ::::i;:i~|          .     `ー' 、ノiヾ,i::::;イ;:i:::::::ノ:!  .    ヽ
   !:::::::::l  ヽ`ヾ!'、|          、:;        '゙ノ,/'f゙=!:::;ィミi    :.   ヽ
  .l:::::::::::',       iヽ、                 '゙/ /'゙'/'ヘィミ!` ,、 rゝ ,r、i 〉-ッ    まさかこの短い旅で、……”また”
  .l::::i:::i:::}      i'、       、_ -‐ 、        / ,イ!   、,!,r」 ゙;',ィ>''/`i'゙
   ';::l::::l::!      ';::゙i、      ``ー '゙`      /,,.ィ:;'     }:'、彡ri´ ジゝヘ/      『増えたり』してないわよね?
    ';:i:::ll:!      ';:| ヽ      `       , イ:::::::::l      !::ヽ  `´´
   ヾ!l| i、,-,イヾ〃V'';!  \        , ィ:::´::::::::::::::::l  ,、= 、 ,゙i:::::',
     ゙! ,},ィ'''彡-=-zミl    ゝ 、 ,, ィ i升::::::;:::::::::::::::::::l_,ィ-‐‐‐-、゙!::::l
     くィ::゙:::::::::::::::::::ヾ          |::::::::::l゙、::::::::::::l:;ir=^イ`゙⌒`ヾil
      l:::::;:::::::::::::::::::::'、            l`ヾミ:! ヾ::::::::ル !:::::::::::::::::::::::::;ヽ
────────────────────────────────────────────────────────────────



305 : 梱包済みのやる夫 : 2019/11/01(金) 23:01:49 ID:LtrLjoWN
今、何人・・・?


306 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/01(金) 23:02:50 ID:3yeHlaf7



 ___―===―__.      /.:::::::::/.:::; ' ..イ:::::::::::::::::::::::..\::::::::::::::::::::::';:::ヽ;、::::::::::::::::::::::::::::::l::ハ
 ̄――――    == ...   /.:::::::イ:: ..イ:::::::l::::::::::::、::::::::::::::';\::::::::::::::::::;:::::::::`:..、::::::::::、::::::::::::|::::ハ
 ___―===―___ 〃´  ,' .イ;':::::::::::::';\:::::/';::>:、:::';::::\:::::::::::::'::::::::::::::::.\:::::';\::::::|:::::::∧
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄――― {.;'::l|:i::::::::::::::::',  .メ、::ヽ;:、::\::;:ト、:.\::::';:::';::::::::::::::::::..\:';:::.\:!:Ⅳ::::
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―  ∨::|:|:ハ:::::::::::::';. / __` ハ.ヽ:::::::';、ヽi::\:'; l:::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::l ヽ::
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ∨l:l:! .';:::::::::::::/./,⌒';.\〉 \∧l Ⅳ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ ̄‐―    ないです(早口)
  ___―===―_―    ==ヾ:!|  \::::::: 〈:'ハ ::     ヽ〉.|.ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';:: l|
  ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ヾ〉  ` 、:::∧';} .:      U.:.:.:';:::ト、:::::::::::::::::::::::::::::::ハ:l|=                ほんとぉ?(儀仗構え)>
― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_-_ ̄ ̄― - l l` .、リ'       ::.:.:.:.:.';:|.:.リ、:::\;::<´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐――  乂  `       u  :.:.:.:.:.:.:l|.:.:.:У´― ̄ ̄___ ̄―==  ないです。(再同意)
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ∧          .:.:.:.:.:.:.:.:./ ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ―――― ヽ         ..:.:.:.:.:.:./  /― ̄___ ̄―              ほんとぉ?(【疑似妖精】展開)>
 ___―===―___   ――――     ゝ、ぐ>    ..:.:.:.:.:.〃  /― ___
 ̄――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄_――_━ ̄ ̄  人、    ..:.:.:.:.:.:/  ./ ̄―=‐―              ないです。(や○や越え)
 ___―===―___   ――――    ==ハ  ,.: ,: <V .〃      ,   ' ´  ̄ ̄ ̄_
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―    `¨¨´   /  /  __≦_____ ̄―               ほんとぉ?(【疑似妖精】審議中)>
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  __..,/-‐ '´ ̄ ___.二ニ=‐__ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄―  ==  ̄ ̄ ̄  ――/  _  ̄ ̄―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―     ないです。(コブラ越え)
  ___―===―_―    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―,'.ィ≦ニニ>..、― ___
  ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_ ,仁二二二二二>.、― ̄___ ̄―=


307 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/01(金) 23:07:41 ID:3yeHlaf7



辷─く`-v(: : : : | : : : : : : : |: : : /|: : |: |/: : :V: 〉
ニニ圦__从: : : :|: : : |: :|: ;斗-‐:| |: :八ハ L : : |V
ニニニニ/: : 、: : |: : : |: :|:´ハ:ノ: :」 L/   ィ夲レ从  クルッ
ニニニ/: : : : \|: : : |:_:|:/斗ャ孛     vソ'|ニ圦
ニニ/: : :|: :|: : :入ノ~_入 乂rソ    、  ハニノ、
ニニア: : : :|: :|: 圦 <ヾニト、      ′ / 〔彡イト、
j>'゙: : : : / : |: : : `'iー入ニ)、     ー '  '   |:ト、 : ヽ
: : /: : :/ : : |: : : : :|: : :| 弋Iく\ _ /     |:| V:.v〉
: /: : :/: : : ;′: : : : : :┼─\: :\\     ノ'|  |: |
/: : :/: : : .;′:/: : : : :ハ|    `'iト、\\    ノ ノノ
: : : : : : : :|i: :/: : /'/^|    ノ  ヽ:ヽ )
: : |: : |: : :|i:/: / /     -─-  レリ



     /: : : : : : :_.....----...._: : : : ∨
    /: : /: : ..-'        `‐、 ∨
  /: : : //   _...------.._   ` .、∨   ← 疑似妖精さん(霊夢の魔力製)
 /: : : : : r  ,  ´ ∧ ,、  ,__/ \  \
/: : : : : :|  /|  ̄  ` ー   ̄  |\ /
|: : : : _ーvl / 〇        〇 ∧/lム-    森羅万象に宿りし妖精に代わりお伝えいたす。
 ̄ ̄ヽ ̄`ヽ  ┌‐────‐‐┐ __/
     \ ヘ  |         | /ー‐ゝ    汝に偽りなし。
     /―‐\         ノ | //
      ̄7_,l 7 ――――‐' -<>---..........   妖精は汝を常に見ておる、今まで通り邁進すべし。
          /: \ /‐二 ̄-...._\_..-- ̄|
        /:l: : : :\:.|       .|    .|
        /∧: : : : : .`\      .|    .|


308 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/01(金) 23:10:20 ID:3yeHlaf7



                    r―ゝ   \ ノ ⌒ <´ ̄`\.:.       \:.. .:\
                   ∨  :.、   \    \   \ヽ      :\:.. .:\    キリッ!
                     〉   :.、    \    \   \\    :\:.. .:\
                 /∧   :.、  .:.、\\  \、   \\ヽ     :ヾ \ ヽ
                   i/:/:〉  ヽ:ヘ\  .:ヽ :\\ィへ\\ \ヾ` : 、   .:ヘ `ヽ
                   |/ / ヘ Vへ\\ 、__∠ヾイ__`ヽ\\ヽヾ\ :\ :\!
                   ′|: .:|!\ 代メヾ7 \  ヘ之 イ  \!:Y⌒ヾ\ヽ :\ ヘ      そうだろう!!
                  \!ヾiヽ\/\  `ヽ\     〈  :lと、Yヾ、、 :.ヽヽヘ
                   从, く               j  ,いソ八: : :\\\ヽ     わが身の潔白は妖精にて証明された!!!
                        ',  ヾ "            ,ヘ_ノ  ノ: : : . . . :ヾ!`ヽヽ
                         ミ、  -―― -      Ⅵ/´ |: :. 彡⌒ミヾ\       これにて終わり!閉廷!!以上!!
                          ヾ   __,,,,       イ/:   |: : : >―<⌒ヽ
                         ',           /  //   | /     ヽ       妖精様、解散!!!!!!!
                         ' 、     _ .イ    /    |′
                    r‐―――‐≧=≦才、_____,,r┴───‐ュ


                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          /             \
                 _______
          /     /           \|
          .′ j/  ,. -―――‐- .,   〉
       /   j|:..//-∠、. . . . . /--. \{      今回が潔白の無罪だっただけで、
        〈_/上|. / o  \/∨ o V/庁=、
         \ |/ ┌──── ┐ ∨ソ/     前科は消えないんだよなぁ……。(去り際)
           )、_;,. !         | ;_/
             ⌒ 介:. 、 ____,,ノイ{
              ⌒7⌒\/\/\'⌒


309 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/01(金) 23:13:11 ID:3yeHlaf7



寸心、     |  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 ゙寸心.......... U    ,x≦三心 ::::::::::|
zx、寸心、:::::........::x≦ニニ≫''"” :::::::::|
三心 `ー':}::/:x≦≫''"´      :::::〈
三少   ::::::.`”´   __          ::::',
---ミ、       {三}        ::,   ゼンガー君さぁ……。(呆れ)
:::::::::::::\:::::::::::::::_        i     :}
    ::::`ー'"´::::::: \       |     ;
 ィニハ  ::::::::     \    し  , '
 `ー'’     {三心  ヽ      /
          マ三リ   }: : : : イ、
-‐''"´ ̄ ̄`ヽ、       ,ノ''"´:::::::::ヽ
         `ー--‐''’   ::::::::::::i



                    /  |          _ ≦ Ⅳ/ ⌒  ̄¨¨≧ ー=≧    <////////////////
                   //  八        ⌒/,,イ rf:¨¨ ミ   -=<  ー=≧ー////////////////>
           {\∠        〉      /ィ Ⅵ ト iトミ、 \  ミ  ー=ミ∨///////////>
           Y/ ̄¨¨ヽ》  /      -=Ⅵ :}!:}へ`ト {トヽ<マ  ≧ミ  ゝ///////>        =‐
          {\{ __イ Y( /  -= ¨     }ハⅥrft刈ぇィf仗、V rヘ iト 仄//>        =‐    今でも若いけどあの頃はさらに若かったから(震え)
          Y/ ̄¨¨ヽ》夂ン )¨    <//////Ⅵト. '~] :^ヽ  )!}ij 人{Ⅳ^        =‐
          {    //, ∧/</////////////,小 `__     , j:ハ V^  =‐             魔王との戦いで生き残ったことの、
         r ㍉ __,,rfニ[  ],//////////////////∧  ̄`  /    Vハ
     r 「 「 { fi:i:i:i:i:i:i:[ i辷7////////////>    _ゝ__   イ_ ―ニ二寸_             生命の安らぎみたいな……ね?
   __,rfししゝと⌒ヽji斗[ { {///////>         <[F[ノ::f丘ニ二二二>=:::::::::::::>=―<
rfi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ji斗 '7¨ ノ  tニⅣ/>         <「::::::::::[圦V 仏ヘ―.. ̄:::::::::::::::::::/   :.:.:.:.:.:.:.ミ
i:i:i:ji斗 '' 斤      イ》 〃Y t圦      <[:/::::::::::::::::≧ ≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.   >=ニ 〉


310 : 梱包済みのやる夫 : 2019/11/01(金) 23:16:22 ID:LtrLjoWN
安らぎ(家庭板案件


311 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/01(金) 23:16:33 ID:3yeHlaf7



        r㍉   ⌒):〈  .: :: : : /:: :: :/:: :: :: : | : : |:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::i⌒:i:i:i:i:i:_ノ⌒刈
         ) >rH匕:i:i:∨|: :: ::./:: :: :/:: ::.|:: :: :| : : |:: :: :: ::./:: :: :: :: :: |:i:i:i:i:i:/⌒ン⌒
        ⌒しヘ乂:i:i:i:i:i:i〈:|:: :: :: :: ::./ ト : |:: :: :| : : |: |:: :: /:: ::.:|:: :: :: :|:i:i:/⌒ン⌒
             人ノ`刈:i:i:i:| :: : { : r‐ミ|::/ |:: :: :| : : |: |:: :/:: /::.:|:: :: :: :|/ )ン⌒
           ⌒乂ノ人;i;i;| :: ::.∨乂ツヽ:从 :: |\ |: ト/|::/|:: ::|:: :: :: :|- 匕
            ⌒乂ノ⌒:: :: ::.:{ ⌒ヽ:::::::::\| _|__/ / .: ::.:|:: :: ::i |        おとなしかったのはナナシが行方不明になってから
              /:: : |⌒|:: :: :: .     ⌒ヽ::::::::く_ツ> イ:: ::.:|:: ::.八|`丶、
                /:: : : |: 八:: ::.::∧  、   '  ⌒ヽ:::::: /ノ:: :: :|: :/:i:i:iヽ:i:i:i:\    半年くらいの間だったわよねぇ……?
             ⌒)从::〈:: :\:/ :: :.  V  _     イ匕:: ::.::/_|:/うぅ=T爪___〉
                \:: ::.∧:: ::/\_   -=:: :: /::.::./ 八~'⌒¨¨¨´     その後は……あゝ!!なんて人に嫁いでしまったの!!
              \「\ノ<⌒\ \  |:: :: :: ::/:: : : /⌒¨´
            _>'" ̄〈 〈⌒\⌒\ \\⌒\∧::.:/               いくらそれが許された立場だといえ、私が居ながらッ……!!
             ア     \⌒  ン:、 \ \〉__人__::/


   ,ィィ´ニ=|⌒`ヽ ``ヽ、  `ヽ、  `ヽ、`ヽ、 ヘ,
 /ィ// / ,代 l \:\::. `ヽ、  \   ヽミ\:l
  / ィ//l | ト l\ \ \::..、  \::. \\ `ヽミミ、
  i / ル' .::| :|::|ヘヘ::\ \ \\  \`ヽ\\ ヽミヘ
  |:l |!| ::| :レミト、、\ \ _ヘXィへ、 ヘミ、_ヽト`ヽ、:|ヽ|    左衛門、カズマ。
  !|  ', ::|l ::ト、ャtッ-、 X弋ィ‐ャッァ、ヾ:メ、ヘ`}_,,〉‐-ミ、
      ',:| ミ、ト ', ´ l \ヽ、 \::l ヽ}:::}lン/-=ミミ、      ちょっと話をする場を整えるために説得するから、
      '|  l::ト、  ノ    ヽ  \ ミ -r'ミ、ミミヽ、
        ヽヘ  ``_''__ ヽ   ノ |/\`ヽ       待っててくれる?
          \. ´ ─ `    ,ィ   |_
          _ェ-ヽ       /_,-─‐':::::: ̄7        明日までには何とかするから。
        f r─ュ::\_,./ |´-‐─i::厂 ̄::|
        _ト:|===|::|ヽ-‐‐'''├‐‐‐' .ト=r‐'|´|:ト-、      ゆっくりしていってね?あ、流石に左衛門は歩き回り過ぎるのはNGね?
    _,, -‐´ r| ===レ;;;;:::::::::::├‐‐‐' ト==‐''゙ 弋、|;;;``ヽ、


312 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/01(金) 23:18:58 ID:3yeHlaf7



       ,.xイ:::::ィ::/: :::/!::ハ:: :: ::ヘ7  ,.ヌj .\: : :: ::ハ: :: ::;
        ̄ ̄ ハ::i : ::/ 'レ  V: : ハ,x≦zzz。、 ハ: : : :: :}: :: ::;
            ム:::I!:::/ `ゝz、 'マ:::ハ i U  ソ {: : : : : ::}-、: ハ
         ;: : :|::/ .イ'灯ゞ   \ム ==- '  !: : : : : :jミ.ハ::::ヘ     アッハイ。
         ;: : :i/:V ゝ== ,..    ヾ     {: : : /!:/ .》./: :, ,,\
         ; : : : : }   .:::ゝ          I;;/ ン __V:::,.,:ヘ,  ̄   (説得でなんとかなるもんなのか?
            ;::::::/!::!    ゙゙'         U  ゙   ,/|: : ::7 `ヾ
          'マ/ リi       __,. --、      ,.;;゙::::!:: ::7        いや、まぁ任せればいいか……。
             ’  ヽ     ヽ---┘     ,,;;"::,_ユV,ユ__
                 \    '''     ,,。":::i¨ニ -----゙}       つーか俺もあんまり歩き回りたくない……。
                ゝ、       ,。イ:::::::::ⅵ三三三ヨ
                     ゝ,-- ":::::::::::::::::::i !:三三三ヨ       あるモン全部高そうだし……。壊したら怖い……怖くない?)
                ,xニ"イ´ ヘ:::::::::::::::::::::i !:三三三:ヨ


          |ヽ             /}
          | \,. -‐――‐--'  /
        /            ヽ.
.        {               }     本当に説得なんですかねぇ?(本音)
        '.           u /
.       ヽ..__  ___   <      (分かった。(建前))
.          /           ヽ、
        / .l         ヽ ヽ、
         /__/|_________)ヽ__`n


313 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/01(金) 23:19:16 ID:3yeHlaf7
はい、御察しのとおりです。入ります。


お手数ですがこちらからどうぞ


















































318 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/01(金) 23:36:31 ID:3yeHlaf7










       ∨∧          ,.イ//| ,ィニニ=―----‐ァ
       ∨∧            ヾ///////////////>'´
         .∨∧        /ミ三//////////////,≧ミ
           ∨∧       //ィ///////=ニニlニl=-`ヽ'/,ヘ
          ∨∧    .ノイ////////////Ⅳ//ハ'//ハ、.∧
           .∨∧      |l////,'_|'A'////,|_∨l_∨///i/lヾ〉
             ∨:∧_,...-、.l'////i ィ二ヽト、/| ィ=ミ、Ⅵ//l/|
          ノ'´   〉>' l///从.トイl. ヽヾ| lトイ 汁//lハ|
        r≦_,}ィ'´ , ´ ̄.Yノ' 从ハ ゞ┘     └゙'  i/リ/,|     戻ったゾ。(5時間ぶり)
        ゞ'´ 〉z彡' o _ノ  ノ.iヽ,    ′    ./ノ;ハ|
           ∨ィ‐ミ,.イ ',   从ヘ、  ' -`   .イ/リ'
              `∨.o.ハ∧  ,....-ー≧==rr==≦‐'-....、
                 ∨ .ハ∧〈::::::::::::::::::::::::||:::::::::::::::::::::::;'
               ∨o ∧ 〉ミ、:::::、_:::::::::::||::::::::::::;:::::::イl、
                r.∨_,ィ7//∧、_:::::`ー:||-‐:::´:::::::_:::;::〉、



          |ヽ             /}
          | \,. -‐――‐--'  /
        /            ヽ.    まーた見慣れた姿になってますね……。
.        {               }
        '.             /                            そんなことないゾ。成長した私は威厳ある妖精王だゾ。>
.       ヽ..__  ___   <
.          /           ヽ、   そうだね。
        / .l         ヽ ヽ、
         /__/|_________)ヽ__`n


319 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/01(金) 23:40:04 ID:3yeHlaf7



       ィ ,ィ,ィ_ ェ-‐ニニ ,,,__
      /| //´ /´ ィ´-==ニ`ミ`ヽ 、
     .| | |i // -‐─- _‐- 、 ``ヽ、\
   ,ィニニゝl | / r-──- 、  ``ヽ、`ヽ、 `ヽ\
   ,ィィ´ニ=|⌒`ヽ ``ヽ、  `ヽ、  `ヽ、`ヽ、 ヘ,
 /ィ// / ,代 l \:\::. `ヽ、  \   ヽミ\:l
  / ィ//l | ト l\ \ \::..、  \::. \\ `ヽミミ、
  i / ル' .::| :|::|ヘヘ::\ \ \\  \`ヽ\\ ヽミヘ
  |:l |!| ::| :レミト、、\ \ _ヘXィへ、 ヘミ、_ヽト`ヽ、:|ヽ|
  !|  ', ::|l ::ト、ャtッ-、 X弋ィ‐ャッァ、ヾ:メ、ヘ`}_,,〉‐-ミ、   で、話をしようじゃぁ無いか、左衛門。
      ',:| ミ、ト ', ´ l \ヽ、 \::l ヽ}:::}lン/-=ミミ、
      '|  l::ト、  ノ    ヽ  \ ミ -r'ミ、ミミヽ、    そしてカズマ。
        ヽヘ  ``_''__ ヽ   ノ |/\`ヽ
          \. ´ ─ `    ,ィ   |_       まずは……左衛門だな。
          _ェ-ヽ       /_,-─‐':::::: ̄7
        f r─ュ::\_,./ |´-‐─i::厂 ̄::|    時系列として考えても、恐らく左衛門の話を聞いてからの方がわかりやすいだろうしな。
        _ト:|===|::|ヽ-‐‐'''├‐‐‐' .ト=r‐'|´|:ト-、
    _,, -‐´ r| ===レ;;;;:::::::::::├‐‐‐' ト==‐''゙ 弋、|;;;``ヽ、



                     __/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
                ∠二::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`~、__
                 /´::::::::::::::/:::::::::::/:/::::::::::}::::::::::::::f¨¨¨`
                 ,′::::::::::::/:::::/.:::/:/::::::::::|:}:::::::::::::::゚,
                .::::::::::{:::::::{::::/¨∨::{:::::::::::从:::|::::::‘,゚,
                ,′::::/{:::::::{_厶ミ、}:/{::::::::/{⌒i:ト、:::: }::::゚。
                 厶ィ}:/ :{:::::::l/爪;)` {:::/斧㍉ヘ}::::::}\:゚。     (なんだろう……5時間前、いや、ここに着く前の
                {/:{r‐{ハ、{.乂ツ   {/  r{)} }/乂: }  `¨
                   乂{.八人{      i: `¨ {! {:::}┘        【妖精王】の威厳はない……。
                      }\__、    r‐   、  .从}l┘
                 └ヘ:::::}\  \_ノ  / _          今俺があっているのは、あの【勇者】、【妖精王】なんですかねぇ……?)
                  r‐=ニ ̄ ̄ ̄}        .イ{_/  \
             {-=ニ二二}  }     ̄{i:i:i:i:i:i:i{ rヘ、}        俺はただ左衛門を拾っただけなんで、はい、話せることあんまないんですけど。
             ∨二二ニ}  }     /{i:i:i:i:i:i:i{ {二ニ{
                _}=-ミニニ}  }_,  \乂i:i:i:i:i{ {ニニ{         左衛門の話だけで事足りるんじゃないっすか?


320 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/01(金) 23:42:23 ID:3yeHlaf7



      |ヽ           /|
      |  ヽ_ -────-'"  !、
      /  ̄`ヽ     ,ィ´ ̄ ̄ ヽ
      ,    ●      ●    ,    ゼンガーの要件でいえば、そうかもしれんな。
      !   , '  ̄`ー-‐‐'" ̄` ,   /
     ` 、 ! (::::)      O !__/     ……どこから話そうか。
        i`ー--‐'  ̄ `ー-‐'" l
       ! 、 `ー-、 ,,__/  ,' !      そうだな、君達【勇者】パーティーと別れた後、そこからの方がいいかもな。
        l  ` 、__,,x<___/  |



    /⌒',       \  \ \ \   \ \
  / '>' ∧ `、 \ \ \\``丶、 ヽ :\   \(    ああ、頼む。
  /イ ' 八 `、 /, \ \ イ⌒ヽ -―――<´
    | i| V{ヽ <rtッ\ {\  ハ 〉 〉   /ミ   ヽ
    |八 ヽ Y\\  ヽ __)ヽし/  / /⌒
    '  \ ノ  \    ーイ/   /∧ 〈_                    わかった。>
         ヽ' ´  _       八从, ⌒ V:-=ニ\
         \'      /: :   r―'-=ニニ }
           ヽ   /: : . ノ  /-=ニニニニ人
           ゝ-<: : : :∨  , -=ニニ=- :i:i:i:\


321 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/01(金) 23:47:17 ID:3yeHlaf7



          |ヽ             /}
          | \,. -‐――‐--'  /
        /            ヽ.
.        {               }    私がまだ動く前。
        '.             /
.       ヽ..__  ___   <     ナナシは自分のいた村に戻り、
.          /           ヽ、
        / .l         ヽ ヽ、   両親の墓参りと、ゼンガー、君に会う以前からやっていた魔物狩りをしていたんだ。
         /__/|_________)ヽ__`n
         W .| .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: } W.||ニニニニ⊃  村に害をなす魔物や獣を退治する狩りだ。
.          l′.: .: .: .: .: .: .: .: .: .:|   ″
         j.: .: .: .: .__.: .: .: .: .:|
         |.: .: .:/   `ヽ. .: .:ヽ、
        _,ノ .: .:/      ‘‐----'
        ‘ー―一


322 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/01(金) 23:51:29 ID:3yeHlaf7



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             /      ヽ ヽ  \
         //, '/ノノノ/ヽハ  、 ヽ
           イ'ノ,{_{ノノ乂 `ヽリ| l │ i|     「何分あの戦力だ。
       ∠レ!小l从ル川 ● 从 |、i|
         V|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃V|ノ│    村の者達も助けてもらえると思ったら、大分気が楽だろうよ。
        /⌒ヽ |ヘ7  ゝ._)   j /⌒i !
      \ /::::.| l>,7 __, イ 乂_/ |     当時の人類の最高戦力だからな。君達を入れても。」
        \::| |::::::≧≦::::::::::::::::/ │
          | |::::::::::::::::::::::::::::::::| │


323 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/01(金) 23:54:03 ID:3yeHlaf7



    /⌒',       \  \ \ \   \ \
  / '>' ∧ `、 \ \ \\``丶、 ヽ :\   \(
  /イ ' 八 `、 /, \ \ イ⌒ヽ -―――<´    我々が同じレベルになれば、加護も合わさり、我々の方が圧倒的に強いかもしれんが……。
    | i| V{ヽ <rtッ\ {\  ハ 〉 〉   /ミ   ヽ
    |八 ヽ Y\\  ヽ __)ヽし/  / /⌒       異常な程にレベルの上がりやすかったナナシの力は、
    '  \ ノ  \    ーイ/   /∧ 〈_
         ヽ' ´  _       八从, ⌒ V:-=ニ\      通常程度か、それよりほんの少し力が付きやすく、成長しやすい程度では……。
         \'      /: :   r―'-=ニニ }
           ヽ   /: : . ノ  /-=ニニニニ人     追いつけなかった。
           ゝ-<: : : :∨  , -=ニニ=- :i:i:i:\
         /-=ニニ} ハ: : {   i-=ニ/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i =‐----
         〈-=ニニニ|  : :人   ∨/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i \
          >-=ニ /       /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i \


                        ,ィ'/_ z ,_
                      ,>―″::´:::::::::::::::: ̄ニ>
                  ラ"´:::::::::::::::::::::ヘ:::::::::\
                    /::/::::::,::::::{:::ji::::::::::},::::::::::::\
                      /::∥:::::ii:/!/ !i:::::::}:ト,:::}:ヘ:::f=ゝ
                    ∠,,:::{::::::/.  ̄`リ!::::/リ-ミ,::::}:ヘ
                    /::r{::::!} ャ'行` ヘ;/ _,,_ ソ'VI::ム   (俺達普通の人間からすれば、その付きやすい力やら成長速度の「ほんちょっと」が、
                    レヘ V::! └'     灯゙i. /::::ハ,|
                      |ゞヘ!       、 ` /゙∨     越えられない壁を100枚くらい超えたさらにその先レベル何ですがそれは。)
                   W゙心_,  、_   ,"
               _, -'゙二´-t. }\   , イ ._
                  ヘニ´: : : : ::}. !   ` '7___/ ,ミ7


324 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/01(金) 23:58:59 ID:3yeHlaf7



                           / |
                          /  |
   r 、                  /     |
   | \_   _... -ー─……┘__   |
   !  ____       / /   ヽ
    ‘, └‐-=.._`¨ヽ    └ ' ●     '.
    /    ●  ̄     /⌒\       }/L    はじめはその力を恐れられるかと思い、
   ,′    /⌒ヽ   / ,. -- 、ヽ    厂7′
   {     /  ___  `¨´  {:::::::::::} |   / /     墓参り以外はあまり外に出ず、ひっそりと魔物を含む害獣駆除をやっていたのだが、
   ヽ   /  (:::::ノ     ` ー '′ノ_/   /
     \_{    _.∠^ニ=-‐…‐ '゙     /       思いのほか、村の人間はナナシを受け入れていた。英雄としてもそうだが、
     厂 `¨¨¨´               /
     /                 <^\/^!       元の……早くに親を亡くし、身寄りがなく、
   ∧_ ,イ                >' x<
   └z/ |               _..∠∠\ \      しかし一人で生きていた『子供』としても心配してくれていたみたいでな。
        仁三三三三三三三三三三三\_\


      |ヽ           /|
      |  ヽ_ -────-'"  !、
      /  ̄`ヽ     ,ィ´ ̄ ̄ ヽ
      ,    ●      ●    ,   それに気づかされて以来、ナナシは躊躇うことなく村を助けた。
      !   , '  ̄`ー-‐‐'" ̄` ,   /
     ` 、 ! (::::)      O !__/    その時も皆によくされていたし、昔である、冒険に出る前、一人の頃も強い『だけ』の
        i`ー--‐'  ̄ `ー-‐'" l
       ! 、 `ー-、 ,,__/  ,' !     自分を気にかけ、生活を助けてくれていた村の人たちだったからな。
        l  ` 、__,,x<___/  |
        !           くヽ-x    恩返しもしたかったんだろう。


326 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 00:02:57 ID:uYoUkIXF



          |ヽ             /}
          | \,. -‐――‐--'  /
        /            ヽ.
.        {               }    だが……その温かく優しかった時間は、
        '.             /
.       ヽ..__  ___   <     唐突に消えたんだ。
.          /           ヽ、
        / .l         ヽ ヽ、
         /__/|_________)ヽ__`n


      |ヽ           /|
      |  ヽ_ -────-'"  !、
      /  ̄`ヽ     ,ィ´ ̄ ̄ ヽ    ゼンガー、君達と再開する予定だった少し前。
      ,    ●      ●    ,
      !   , '  ̄`ー-‐‐'" ̄` ,   /   そう、あのナナシが『行方不明』になった日。
     ` 、 ! (::::)      O !__/
        i`ー--‐'  ̄ `ー-‐'" l      ナナシは……神々に、君を選んだ【妖精達】を含む、
       ! 、 `ー-、 ,,__/  ,' !
        l  ` 、__,,x<___/  |     【勇者を選んだ者達】に、呼ばれたんだ。
        !           くヽ-x


327 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 00:06:45 ID:uYoUkIXF



      ,,-ゝー-、,,,,__       ""'''-- ,,,,,,__   '-,,    ""''- 、__
    ∠,-'"  -,,_   "'--,,,___ /'''';;;;;ゝ   "-,"'-,,,,___'-, ,,,------ 二ニ=-
      /ヽ,,,,   ""'-,,,    / /__,,,. '--,,,,, '-,, ,--、      ""''-,,        ────────何ッ!?
     ./ /l ""'-,,   "-,,/__/;;) /`''-,,"-,l  l lヽ ヽ   ___,,,,,,,,,,,">
     l / l  /l  l"''-,,,__    ’-''"" "-- ニ=l  l 6 l _,-''"'''--,,,         あの時から今だ、姿も声も直接出さぬ、【妖精】達に!?
     レ  l  l l .l .|.i,;;;ソ "''''--,,,,,'=-     l  .レノ.lノ ,--''"""""'''-,
       ヽl ヽ.l .| '-/             l  l lヽ_/_/""''''-,,,                ナナシが!?
        i!  ヽl | く,,,...-        u  l  l l  ヽ/"""'''-         __--''""
           ヽ ヽ   _,,, ===,,,,       l l / __,,,,!--''""l     _,,..-''""   /
             .ヽ  ! ,,,   "      "',,,-','""   ,,..-'''ヽ、 _.-''     /  /
               ヽ          ,-''""   ,-'''、-'"ヽ ヽ//      /  /
                ヽ       ,..-'ヽ,,-''"l  ',""ヽ,.-'"'-"/      /  /
                 ヽ   ,.-'"   ヽ,.-'"   ヽ,-"  /       /  /



                  / ヽ
    r- 、     -- = _/___  }
    {   ヽ ≦ ´      // .〈
    〉 __u     //     ヽ
    ,' └ー-=_`ヽ  └' ●    }    私も君に会って初めて知った。
    {    ●  ̄    /⌒ヽ    !
.     ', u  /⌒ヽ  ノ ,.-- 、ヽ. u }    【妖精】に【女神】、【4大精霊】に【信仰神】……。
    ヘ __/_ ___ `¨´ {::::::::::} i  /
    ,r'´:::::/(::::::ノ     ` ー '′ノ/     それらが、あの時以来、こちらの全ての宣教師や巫女たちに神託を渡していない、と。
    /:::::::::/ _ ∠^ニ=--… ´ \
   ノ、:::::::::: ̄:::::ノ        /´ ̄`ヽ   それに、それらに声を掛けたい時、先ほど霊夢がやったように、『使いの者が代理で答えている』と。
 /  ヽ::;;=-イ        /     ハ
     /            {         }   ……今までは直接だったと聞いていたが、今では間接的なのだな。


328 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 00:12:53 ID:uYoUkIXF



心、  U:::::::: i ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
寸心、     |  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 ゙寸心.......... U    ,x≦三心 ::::::::::|
zx、寸心、:::::........::x≦ニニ≫''"” :::::::::|
三心 `ー':}::/:x≦≫''"´      :::::〈
三少   ::::::.`”´   __          ::::',   ……話を戻そう。
---ミ、       {三}        ::,
:::::::::::::\:::::::::::::::_        i     :}  そう、【勇者】としてすら選ばれなかったナナシが、それらの全てに呼び出されたんだ。
    ::::`ー'"´::::::: \       |     ;
 ィニハ  ::::::::     \    し  , '   村から少し離れたあの『山』に。
 `ー'’     {三心  ヽ      /
          マ三リ   }: : : : イ、     消失した、山に、な。
-‐''"´ ̄ ̄`ヽ、       ,ノ''"´:::::::::ヽ
         `ー--‐''’   ::::::::::::i



                   / /      /   ./i |V      `、  ',
                         /   __   !    __i{ .|∨       `、  i    「人形だった頃の私も。山について行った。
                ///   !   ` |    i八‐T=‐-         |
                // /    .!  |   |    |笊芋示マ.  !   i }  ;    いつも通り、ナナシの鞄に入れられていた。
                ー  ´   /ィ    !  |  Ⅳ   :| _).ij リ } V |  |リ ,'
                  / !     | 从N| \ | 乂__ノ イ  `、}、  ! ./i     私達はいつでも一緒だったからな。
                        |  /N∨    ,  ヽ!    ,.!  ./ }、 V i
                        l  / 八/|         / | | /イ  /  i     その時も、例外ではなった。」
            ,-、r┐      .|/ /  \7  r- 、   / :! !'  /  _ i
            ,イ_ l { .{      イ   / ,\       ィ/  | |/~ / Y´ }V    ヘ,
         <_,i / __,V',        |  izz{`ー`ニ斥‐./   , .l |,_ / .{ V ヽ ―<゙i  ゙i
          Yァ ´/=ミx      ,|   |`;;┘;;/ i{ニニ/ / ノl |_ミノ_  '  .、_}ヽ  ゙ッ  \
           \/二二ヾV    / 、 |;;ノ/  i{ニニ//イ 八|ニ`'<ヽ.ノ`‐'  ●″   '―r
              {ニニニニ‘,  ./ニ,\|;;/___ i{二/ニ/ .//ニニニニニ}_ヾ , ,r' \    \ ,r'
              |ニニニニ‘, /ニ∥二/└―'i{二'ニ/ /ニ/二二二二ニ}: l { O ` ⌒゙i’ {
            ',ニニニニニ/ニニii;ニニL..二二{二ニi |ニ,'二二二ニニ/,゛ l ン‐ ,  (,_) } }
              ∧ニニニニニ′ニ∥ニニニ/ ノニ二二ニ} {,'二二二二ニ// i__l´ |__| \,  ,. ー`
             `、二二iニニ∥ニ二! iニニニニニニ}, 'ニニニニニニニ// |W  W    ̄


329 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 00:17:11 ID:uYoUkIXF



                             ... ..::. .. . .. . .. .:::
                :: :: :. ... .::::: :... .
              .::::
          .. . .
                  ,,-‐''"´'':、,,                ,,_,__
_,,.--ー''''''"゙゙ ゙゙̄"'''''―--.,,,,,,-‐'゛.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:  _,,.;:--''"´`゙''ー、/ヽヾ\            「私とナナシが知る限り、あの山は別に
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"';,_,,.-ー'''"゙゙:,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,:゙',`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,~゙"'ー-:;、,"'.:
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: :;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :      『霊峰』や『聖地』ではなかった。
'' ;~ ; ::; : ;:; '',;''゚  ; ::; : ;:; ;~'',;'' ;~'',;''  ; ::; : ;:; ;~ ; ::; : ;:; '',;'' ; ; ::; : ;:; '',;''゚ ;~'',;
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;'' ;~'',;''  ; ::; : ;:; ;~ ; ::; : ;:; ': ;:; ;~'',;'' ;~'',;''゚  ; ::     ただの、人里離れた山だった。」
:::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... ....::::::::::
.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. . .. .::::: :: :. ... .::::: :...



               /‐7 /_,| | _ -==>iイk'‐_- 、 ⌒!!-_(   \ \
             /_ -/ 〃_,ィ |´   //,/  \ \\ ll  `ヽ、 ヽ ヽ
        /ヽ _ /'´ / 〃ァ'´ ! ! ,/  / 〃  i, ヽ、ヽ lト      〉  '、 ',    「そこに頭に響く声にナナシが従い、
     /⌒`ヽ、 Y_.-=/ .// /  !∨〃〃 ||    !', ヾヽ∨ヾ、   /    i .!
    /_ ==―_/7´, -| /'    !  ,ハ∨〃  ||   ! i   iィメ, ヽヽ  ,イ     ! |   登っていくと、見たこともない女性が話しかけてきたんだ。……【女神】だ。」
    /´   / ィ !ニ ̄| ト   l 〃ハ∨_ -_ニ!!=、  ヽl   ゲヽ ヽ ',〃   |l
    ',  /,イ/ヽトヽー| l_\  l !l/ ムT´__|!  ヽ    ',ィz、ヽ Y|     //
    ! //〃//! トヽ\l {=_-\l |/ /  メえイ'ト'       彷r' ハ リ   〃    ────直接会うのは初めてですね。
    Y/〃/ l l  l トヽ ヽ! ミ =Y! ハ ィ{弋リi八       ヾ-゙__|i ハ l   '´
    {'〃〃 l l  l liト、.\ ヽ`Y,-i ハl__ ヾ'- ゙ ヽ        `Y! ! l !        『ナナシ』。
    |/,〃 /| l ll! ヽヽ\X/r ! i| .iY゙     `   ,     ll i!| !
    /// / l   !il|  \\'ヽ(| l|  lii           _    イハll| !        ……それに、人形の『左衛門』も一緒ですか。
    !' i' / /!  l ll     >、ミ`! i|   il      ヾ´‐ ´  ,イ l| il/〃
    |/ /'  /.! |l!   ´/´(ヾヽヾ  ハ、        / !.i| lY/        【勇者】から聞いていましたわ。
    l 〃  / |.  l l|    {  r'ユ__ヾ、 ヘ` - ._   /    !i!_メi|
   ///  / !  .!.i!     ` )    ハ` ヾ- _ / `´-、    li!  li|         貴方達は、いつも一緒にいる『友達』で、『家族』なのですってね。
   ///  ./ i!   !l|     _レ⌒`   ヘ. ヘ   ̄/ 「/_    !!   !!


331 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 00:23:12 ID:uYoUkIXF



.  ! | |      !i        /.-ヽ¨    _ノ-―`‐ \ヽ v'/ // -┬、― 、 ヽ
   ! ! ',  ヽ.   ∥      //   \  /   .- ¨ ̄`_ヽ{' /イ'―- 、!__`L_ ヽ. ヽ
   ヽ \  ヽ _ノ'       /, ´        〈  /  , ィ´ ̄ , ,ムレイ \ヽ  `ヽ |  ヽ !
    ヽ  \            |i    .- = ‐‐  i、/__,/ / / '/! ||   \\   \  ||     ___
‐- ._ ヽ.  \       |! //      〈ノ / /_zニ./ ' ノ| lハ    ヽ ヽ   ヽ, /‐ ¨ ̄ ̄      ̄¨ ‐- 、
‐-- .__ ¨ \  ヽ      | ! {'       // ,.ィ/ ̄∠_`ヽ {ノ /, =ゝ、  ヽ !   //                 ヽ
__      ̄ ̄\ ` ー-- .__ヽ`ー―‐ '´/ /||ノ'vイ乙jiベ   / ァェ_ 、ヽ   i | /' \------ . ____      iヽ  「彼女はナナシにお礼をいい、
   ̄ ‐- .   ` ー‐--- .___`ー―‐/ /イ ハ-`,ゝ‐┘  / イ乙j,ハ_ヽ.  !|/´ノ\  ヽ、         ¨ヽ    ノ |
- ._     ̄  ‐- .__________/ ///,'/i l¨´     /    `ー'_^__ハ |/ \ ヽ   ̄¨  ―-----‐‐` ¨´ ノ  それまでの冒険を讃え、
      ¨ ‐- .               / ,'  l !/'ハノl   ー ´ ノl     ヽ.,イ┐! ! ヽ.  \、`ー ------------- ┬ ¨
__            ̄¨ ‐- .______/ /___、ヽ._/ハ   、__ ′  i{__,.┴j´|=‐|\ \  \ー- .__     ___ハ     そこにいる神々や妖精、精霊を代表し、
   ̄¨ ‐- ._                { /   / ー/||| ヽ   `ー`´ ,ゝ'_,ィく イ┴'´j  \ ヽ.  \、__  ̄ ̄ ̄ノ_lノ,ノ
         ¨>‐_== - 、       !{   /   ,' ¨  |\     ,rヘ  ー' |,」エニ 、  _ 、ヽ.  \    ̄ ̄ ̄ /       お礼を言ってくれたんだ。
.         / '´   ¨ ‐ -〉- .__ヽ__/   /-―_,7L___ ー‐ノ ヽ ヽ `¨_, ィr‐r'-イ  7ヽヽ\ _ー‐ァ‐ 、‐〈
.      //       ー ´   .ィ=. 、/   /-‐‐{_〈_,、__,、`¨/   ヽ_ ーノヽ リ L. ____/  ヽ. \ -‐' ̄   ヽ |         これが公になるだけでも、
.      ,'/           / ヽ/     /.-‐ ¨ / 〃'77イ     `/`¨フ   ', /     ヽ、_ー―‐---‐'ノ
      l {             / /    /  ` ̄/ '/ //ヘ ヽ.   /  ,ハ   Y        ヽ`ヽヽ‐ -‐'          君達教会側は、
      ! ヽ.         / ´     /\__    ー'/ /r〈 ヽ、 、_ノ、__,. く- ヘ   ヽ.         }、_ノノ
      ヽ `ー ---- ―/    /      ¨  ‐- ニ∧ ヽ `大'‐--―〈__  \  \      ,イ`¨´             ナナシの立場を考えねばいけない。」


332 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 00:23:20 ID:uYoUkIXF



   //     / ,,,,,,,--‐'''八、`ヽ、   `''ー 、   }  `、`、
   1i    /, -'",-'"~  /  `- \ `''ー-、,  `''ーイ`、 `、`、       「だが、それはナナシが望んでいないというのを察し、
   l l   〈 //  i   '     `、 メ    `''ー-、, 7`、 `、`、
   | |   / イ '  '   '      i / \      `フ `、 `、`、      彼女達もナナシに不要な立場と使命を与えるのを、
   ,i l  // ` /  '   '    i`、 _ _\     i   `、
   l1 //  〈   '   '    1|  一--一 ヽ、   l`、`、`、`、`、      避けてくれたのだろう。
   `v ,'    `、/   1, -'"      _,,.=―''〈》    | `、`、`、`、
    , i     〈    ' ,=-           ' `、 j  `、`、`、`、`、    『内密に』と言ってくれたよ。
    i l      i   l ャ            / _,,,.-―、 `、`、`、`、`、
    1 {     `、  `、    、    ,.‐'´‐'´     ` 、 `、`、      本当なら教会側で手厚くもてなし、由緒ある立場に置きたいが、
     ` l      `、   ヽ、   _.. ,.-'´ /    _,,,.-― ,\ `、`、`、`、
     1 {      1    `r''t-、, _ /  ,/   ,.‐'´     `ヽ `、`、`、`、  それぞれの宗教の問題が生じてはいけないだろう、ともね。」
      ,1    / |  / ̄ニ`''、 /  ,/   /         ` `、`、`、`、
       `、  /  l  //`,l,.‐'´` /  / |l  /           i `、`、`、`、


333 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 00:25:25 ID:uYoUkIXF



             ,ヘ
               /  />―- 、
             /  〃    ヽ_
       r―'   ″●     }  `丶、
       ヽ /    / ヽ ,ノ    n〉、       ……あぁ、当然これも内密にしてほしい。
           } ‘/⌒ ´ O } l  /にニ||ニニニニ⊃
        { { (_,)  , ‐く l  /´  ″ }       ナナシが今ここにいないとはいえない。
            `ー 、 ,/ |__| `l__/      ,′
                ̄   W  W| ヽ,   /
                      ノ /j /
                   ー┘ー┘



  / ィ//l | ト l\ \ \::..、  \::. \\ `ヽミミ、
  i / ル' .::| :|::|ヘヘ::\ \ \\  \`ヽ\\ ヽミヘ
  |:l |!| ::| :レミト、、\ \ _ヘXィへ、 ヘミ、_ヽト`ヽ、:|ヽ|    あ、ああ。
  !|  ', ::|l ::ト、ャtッ-、 X弋ィ‐ャッァ、ヾ:メ、ヘ`}_,,〉‐-ミ、
      ',:| ミ、ト ', ´ l \ヽ、 \::l ヽ}:::}lン/-=ミミ、     (立場上ほうっておけない話なのだが……ナナシの事を考えると、なぁ……。
      '|  l::ト、  ノ    ヽ  \ ミ -r'ミ、ミミヽ、
        ヽヘ  ``_''__ ヽ u ノ |/\`ヽ      立場上は放っておいてはいけないのだが。)
          \. ´ ─ `    ,ィ   |_
          _ェ-ヽ       /_,-─‐':::::: ̄7
        f r─ュ::\_,./ |´-‐─i::厂 ̄::|
        _ト:|===|::|ヽ-‐‐'''├‐‐‐' .ト=r‐'|´|:ト-、


334 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 00:27:52 ID:uYoUkIXF



          |ヽ             /}
          | \,. -‐――‐--'  /
        /            ヽ.
.        {               }
        '.             /      ─────で、その後だ。
.       ヽ..__  ___   <
.          /           ヽ、     【神々】は、ナナシにあるモノを見せたんだ。
        / .l         ヽ ヽ、
         /__/|_________)ヽ__`n   ナナシの今までの考えが揺らぐほどの、あるモノを。


336 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 00:28:46 ID:uYoUkIXF



    /⌒',       \  \ \ \   \ \
  / '>' ∧ `、 \ \ \\``丶、 ヽ :\   \(
  /イ ' 八 `、 /, \ \ イ⌒ヽ -―――<´
    | i| V{ヽ <rtッ\ {\  ハ 〉 〉   /ミ   ヽ     ………………もしや。
    |八 ヽ Y\\  ヽ __)ヽし/  / /⌒
    '  \ ノ  \    ーイ/   /∧ 〈_
         ヽ' ´  _   u   八从, ⌒ V:-=ニ\
         \'      /: :   r―'-=ニニ }
           ヽ   /: : . ノ  /-=ニニニニ人
           ゝ-<: : : :∨  , -=ニニ=- :i:i:i:\
         /-=ニニ} ハ: : {   i-=ニ/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i



                  / ヽ
    r- 、     -- = _/___  }
    {   ヽ ≦ ´      // .〈
    〉 __u     //     ヽ
    ,' └ー-=_`ヽ  └' ●    }    考えてる通りだ、ゼンガー。
    {    ●  ̄    /⌒ヽ    !
.     ', u  /⌒ヽ  ノ ,.-- 、ヽ. u }    ──────『外なる者』、その知識だ。
    ヘ __/_ ___ `¨´ {::::::::::} i  /
    ,r'´:::::/(::::::ノ     ` ー '′ノ/
    /:::::::::/ _ ∠^ニ=--… ´ \
   ノ、:::::::::: ̄:::::ノ        /´ ̄`ヽ


337 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 00:31:46 ID:uYoUkIXF



             ⌒7:::::::i:::::::::::::j__{_/ .{::::_:_:::::::::::::::::::/::}::::::::::::: }::::::::}:::::’
            /:::::/:{::::::::::::{::八:/⌒∨:{_,}::::::::::::::/{:::ハ:::::/::::::}::::::::}::::::}
              ̄´/:/{:::::::::: {i芹ミx 、_乂{|::::::::::メ、}厶}::/:::::::,’:::::::}::::::::
               /:/八::::::::::{l   {斤芹` :}:::::::/ /´〈/{::::::/::::::::::{::::::::}
             ⌒∨{∨::::::l{   乂ツ   }:/   斧ミz、}:::/::::::::::::ト、:::::{
                 乂`∨::{、〉         ´     〈:::ツ`癶:::::::::::::,′\}  なにその……『外なる者』っつーのは。
                   }:::{\〉                 ̄ .イ::::::/:::/
                     {ハ:∨   u     ′       j::/}::/       ん?なんか聞いたことが……。
                     }:::}〉             /ー厶{´ {/
          _   -=ニニニ从}l. \   <::ヽ    乂__          あ、もしかして、四天王のキル夫が……。
       r<二二二二二二二ニ}   \        .<二二二ニ>。、
       {、 `¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨ニ}      - < 八{二二二ニ=‐  }
      ∨二ニ=-  ___   }ノ           j二ニ/     __,,-=/



::::::::::::::::. i::::::::::::::::::::::....    ....::::::::::::::::::|
心、  U:::::::: i ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
寸心、     |  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 ゙寸心.......... U    ,x≦三心 ::::::::::|
zx、寸心、:::::........::x≦ニニ≫''"” :::::::::|
三心 `ー':}::/:x≦≫''"´      :::::〈
三少   ::::::.`”´   __          ::::',    それであっているぞ、カズマ。
---ミ、       {三}        ::,
:::::::::::::\:::::::::::::::_        i     :}    キル夫達【四天王】、そして【魔王】が警戒していたモノ。
    ::::`ー'"´::::::: \       |     ;
 ィニハ  ::::::::     \    し  , '    5年という短い間で目覚めた理由の全て……。
 `ー'’     {三心  ヽ      /
          マ三リ   }: : : : イ、      それが、『外なる者』だ。
-‐''"´ ̄ ̄`ヽ、       ,ノ''"´:::::::::ヽ
         `ー--‐''’   ::::::::::::i


338 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 00:35:16 ID:uYoUkIXF



.        ,ィ´ ̄≧、   ,.ィ´   ____    `  、 ヽヽ/ィ7二ニヽ ヽ
.       ム ィニ二ミ,-./-‐  ̄ ̄      ̄≧ 、-‐   ̄  ./K´ ̄ ̄ヽ. ',ヽ
       ,'/  ,ィ´/ ./≦三ニ=──- ミ ,ィ´       //ヽ ` 、.   ', }ヽ',
        /´ / ,イ f≦‐- _         i        / ,イヘ ',\. ヽ  }.| ',∨
.      /  /  /fゝト、\ヽ   ̄  ─- __!     / .,、' l. ヘ. }  マム l j  i !
     /  /  / .i .! ヘ ヽ ` 、    __.l     / ,ィzヘ、.l }ヘi.   マ.} /'   lj    ナナシ、これを見てください。
      { ./  /  ! {ヽ \  `  、ー / `|' ., イ /《 {:リ  ! j }.   ',i/′ /′
     | .,′ ./   |! ', ヘ \   /{ {⌒`|/ / フ ヽ′ { / ノ    .}|  ./′    我々と【魔王】の知る、『危機』を。
     |.,′ /   ||.  ',  ヽ  \ { ゞヽf/ / |`´     \     .i|   '′
     |′./   | !   i、   \  `7   〉´/ i  |       r´     .l|
     / ,     | !   | ヽ   \/   ,' / |  |  l      __ r′    /′     「【神々】はナナシに見せたんだ。
.     j /    | .!   |   マ.  /   {./ |  |  |     /      ./′
.    ム./     | |   |   マ./   {.′ |  |.  !      ;    _ノ′       恐らく【魔王】も知っているであろう、『外なる者』の情報。
    ム       .| .|   ! r─‐--- _l{  .|  |   |___   ノ
.    ム        |  |  | .|      ヘ、ー|  |  | | ̄               その危険性、この世界の危機その者の……『恐ろしさ』。」
    ム      |   ! | /ニ=-ミ、    ヘゝ__ |  | .!



¨¨¨¨¨¨''==- .,           ,, ┐
  ......................   `` 、   ,,''"´:::::::::|
::::::::::::::::. i::::::::::::::::::::::....    ....::::::::::::::::::|
心、  U:::::::: i ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
寸心、     |  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 ゙寸心.......... U    ,x≦三心 ::::::::::|
zx、寸心、:::::........::x≦ニニ≫''"” :::::::::|
三心 `ー':}::/:x≦≫''"´      :::::〈     ─────私はその時に直接視たわけではない。
三少   ::::::.`”´   __          ::::',
---ミ、       {三}        ::,    今知っているのは、ナナシがその記憶を『分けて』くれたからだ。
:::::::::::::\:::::::::::::::_        i     :}
    ::::`ー'"´::::::: \       |     ;    だがなんと表現しようか。
 ィニハ  ::::::::     \    し  , '
 `ー'’     {三心  ヽ      /     ただただ……『恐ろしい』。
          マ三リ   }: : : : イ、
-‐''"´ ̄ ̄`ヽ、       ,ノ''"´:::::::::ヽ
         `ー--‐''’   ::::::::::::i


339 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 00:37:26 ID:uYoUkIXF



.                  -─‐-
              /        \                ト、
            /            :.         {\       | }
.           /  ___       ト.、      \{⌒Y⌒{{⌒ヽ
             / }| | /∧       | |          \ノ'⌒廴__ノ
.           トY{⌒}ヽ ハ     / 厂`丶       ′ {C}|  ,./  /
         { {_{ニ(_)ニ}ニ}   // ___\___,/   {C}| ////       「我々が知っている者ではない。
          , V乂|_l_ノ、V   // /__    `\ _____/ /  /
.           ′ \\ /  /  /⌒(_)}       /         /  /         魔物でも人でも、錬金術によるゴーレムや、
           '.  |  |   / / :::::::/  \ __  /         /  /     |\
            , :|  |:  /_/ :::::::: /    (_)} /  _____/  /      」:  ,    私のような『魔法人形』でもない。
           ′|  | /  \:::::::|   /:::::::V  //⌒V/:{_/∧   「(}  ′
.           、|  |:/   [__\|。   |:::::: / / /   }{    {⌒ヽ   | |  |   きっと生物なんだろう。だが、『生物』として感じられるものが、ない。
.          /|  |  |′    V∧ 。   |:::::/ /  {   /\ |\   \| |  |
        /  」_        ∨∧ 。 /:::::{/{   \/   /{/   \  ,} }   |   機械?違う。もっと異質な……『何か』だ。」
.     / ,// :}_ト、        { ̄ \{:::::::::::::::\_,人   「{_{_     :|_ノ]_∧ :|
      /   / /廴ノ]  \   /⌒>⌒l\ :::::::::::::::::::: /| _:|   \   :| ̄  | |
.     /   / /  ̄\    `<厂} /   | /\::::::::: / |/{,ノ   :|   |    | |


340 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 00:41:15 ID:uYoUkIXF



              / !     | 从N| \ | 乂__ノ イ  `、}、  ! ./i:
                    |  /N∨:::::::::::,:::::ヽ!:::::::::::::::,.!  ./ }、 V i::    「ナナシが純粋に恐れていた。
                    l  / 八/|       u / | | /イ  /  i:
        ,-、r┐      .|/ /  \7u r- 、   / :! !'  /  _ i::    私を思いっきり抱きしめ、震えていた。
        ,イ_ l { .{      イ   / ,\       ィ/  | |/~ / Y´ }V
     <_,i / __,V',        |  izz{`ー`ニ斥‐./   , .l |,_ / .{ V ヽ:    あの時あの瞬間、この世界の何よりも強かったナナシが、恐れていた。
.       Yァ ´/=ミx      ,|   |`;;┘;;/ i{ニニ/ / ノl |_ミノ_  '  .、_}ヽ::
       \/二二ヾV    / 、 |;;ノ/  i{ニニ//イ 八|ニ`'<ヽ.ノ`‐'     『勝てない』と思えるそれらが、大量にいるのを見たんだ。」
          {ニニニニ‘,  ./ニ,\|;;/___ i{二/ニ/ .//ニニニニニ}_ヾ\`  <
          |ニニニニ‘, /ニ∥二/└―'i{二'ニ/ /ニ/二二二二ニ}:  \    ヽ::
        ',ニニニニニ/ニニii;ニニL..二二{二ニi |ニ,'二二二ニニ/,゛    \


           ,.ィ ´ヘ |二ニ ミ.、ヽ| |´ >´‐--} /` 、
         , イ, ィ ´.ヘ', -‐ニ≧,ヘ./´、 ´ ̄`// ≧ 、 ` 、
        / /イ   ヘ', / ,イ/    ',lヽ. /,' ヽ  ヽ\ ∨
.       / ./ 〈    / ヾ //   A  .l! .ヽ' ヽ ',  .7 .ヽ ∨
.        / ./   }  ./ / /  |!. ,,{::}.、 .|!  マ  .', .} /   ', ',
.      i ,′   { .,'イ /__zzzi!‐'' ∨ .ゞzl!zz__',  ヘi / }    ', }   「それを見せ終わったときに、【女神】が言ったんだ。」
       | {    ヽ/   / ィf芋ミ     ィ芹ミ、.マ  ヘ. ノ     }.!
.        { !.     {.  /. 《 {:ij:}      {:ij:} 》 マ  ム    //
.      ', 、     .l ∧.  ` ̄         ̄´  ∧   ',  ./´    ─────ナナシ、お願いします。
        ヾ、    ! .i ム      .:i       .ム .i   | _ノ′
             | |  ム     r ─ュ  u  /  |   !       どうか……。
         ,.ィニニl |   ヘ      ̄    ., く |  |  ,'ニニミ、
       //:.:.:.:.:', .l  |´  ヽ      イ   |   .| ./:.:.:.:.:.:} ヘ     「『お願いします』、と。
.      / f:.:./´ ', !  .|    ≧ ≦      |  ./,イ ̄ヽ:.リ ム
.       /   ゞ    iヘ',  |                 | /,イ     y   ム    何かをお願いしようとしたんだ。
     /     ≧s。!. ヾ | __             __ | /´ | .。s≦    ム
      /       |   |    ̄ヽ     ィ ̄  ',  |           ム   ……その時だったんだよ。」


341 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 00:44:13 ID:uYoUkIXF



          |ヽ             /}:
          | \,. -‐――‐--'  /
        /            ヽ.::     ある【精霊】が、後ろに振り向いたんだよ。
.        {               }:
        '.             /:      ナナシの視界の中にいた、4大精霊の内の一人が。
.       ヽ..__  ___   <::
.          /           ヽ、:    突然にな。
        / .l         ヽ ヽ、
         /__/|_________)ヽ__`n: そして、そこに──────。





                 __
            _ <´ ̄`ー=-彡`丶、
          / , -‐、.........._ -‐、::_ノヘ
        _ノl 弋(  ノ}__/γ⌒ヽ  /ヘ
        l ヘ  `ー-ノ__ゝ、乂__ノ__ イ  ヘ
        lヘ .ヘ    //      _ -‐  ̄ ヽ
        l ヘ ヘ   //     / /__  ',     「小さい、人形だった私くらいのサイズの、
  _     /ヽヘ .ヘ (○)   / / ´   ヽ /
 ゝ\_ィ-‐イ ヽ ',ヘ ヘ  l l   / ./   _  l/      『外なる者』が、いたんだ。」
 ⊂⊃ l  l  \.',ヘ |l l l   / /   / _ ヽ/__
  {ノ`ーゝーゝー ̄ヽ| | l l   l ./  / /´  ヽノソ
            `ー、l l.  ',.乂 弋 l l/{ニ `ノ
               ̄ ̄ ̄  ̄`ー-ニゝ-l l
                         弋〉


342 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 00:46:16 ID:uYoUkIXF



.            /:/ /:  小ヽ:.ヽ\ \ \  \ ヽヾ\
            ′ //: /ハ∧ヽ:.\\ \_\   ヽヽヽ\
                /// /ハ |二ゝ_ヽ:.\\_\_\  \ヾ
           //イN∨ヘ  ー゚‐′|\\゚‐へ/ Υミヾ     ─────────!?
                _,ゝ:ヘ      !:  `\ ム,ノ⌒
               ⌒ゞ小    ^'^   u /ミヘ
                   r‐| ヽ  ´  ̄ `  イ |-ュ
                    |=iト、 \ `´ /_,,イ=|
               /ヽ=「三ミ_ー‐_イ三 i:|=ヘ、
             _//ヽノi:| 三ミ!:::::::::イ三 :|:iく.:.ヘゝ、_
       ___ ,,, .:-.:.:.´:.:ヽ/ : :_ノ:.ーュ |:::::: : j  r‐:.ヽ、: : /.:.:.:.



  "゙´    j: : : !: : : : : ::! : : :/|: ::/  ,!: ::7: : : : : : :} : 7 ヘ: : :j.; : : ::! : : : : ::| : : : : :',
         !: : ::! : : : : : |:: ::/、.!::/  ,|:::7|: : : : : : :I:::,'  ゙; : j,ヘ: : :I : : : : ::| : : : : : :',
         !: : : !: : : : : :|: /  .i/ヽ、  !7 .!: : : : : :7:;" ,,.ィ'マ:| ヘ: I: : : : : :j : :: :;, : : ヘ
         |:: :: :',: : : : : :!,'  ______ `゙ ’ !: :: :: ::/:/‐''´   マ   ゙ !: : : : ::j: : : : ! `ヽミン
         |: : ;.;ハ: : : : : i ィ"¨!芋芋行  j:: :: ::/ィ ''芹芋芋!ミ;ッ !: : : : ::jマ: : : !
        !:::/ j .'; : : : ::{. ヽ {ノ:::::::! i  l: : /    i !ノ:::::::! イ j: : : : ::j .jヘ: ::}      いた、って……待てよ、いつからよ。
        i/ ヘ !;ハ; : :゙!   乂:::ノ    .レ'       乂:::ノ    !: : :,、7 /  ヘ!
               \ \:::、     ¨¨         ¨¨     l;/ ./         どこにいたんだよ。
              !\___ゞ ∪       .::j              7__/:!
               l:: :ハ: ::ヘ            `'          /:::ハ; :::j          その、多分神様とかって、強いんだろ?
               レ' .ヘ:: ::ヽ          __         ,イ:::/  `"
             ____,,,ヾ/,,,,,ヽ     ∠:::::ヽ      /_ヘ/_____            気づくだろ、もっと早くに。多分……。
          ,,,。=≡¨iiiiiiiiiiiiiiiiiiiij  ` 、           , イ .|iiiiiiiiiiiiiiiiiii


344 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 00:49:07 ID:uYoUkIXF



寸心、     |  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 ゙寸心.......... U    ,x≦三心 ::::::::::|
zx、寸心、:::::........::x≦ニニ≫''"” :::::::::|
三心 `ー':}::/:x≦≫''"´      :::::〈     ……『解らなかった』。
三少   ::::::.`”´   __          ::::',
---ミ、       {三}        ::,    少なくとも、ナナシには。
:::::::::::::\:::::::::::::::_        i     :}
    ::::`ー'"´::::::: \       |     ;    近くにいた精霊一人が気づいたんだ。
 ィニハ  ::::::::     \    し  , '
 `ー'’     {三心  ヽ      /     …………なぁ、カズマ。『外なる者』とは、どこにいると思う?
          マ三リ   }: : : : イ、
-‐''"´ ̄ ̄`ヽ、       ,ノ''"´:::::::::ヽ
         `ー--‐''’   ::::::::::::i



           ∠: : : : : i: : :: : ::ヘ::::I \:ハ\: : : : : ::ヘ::`ヽ
       ,.xイ:::::ィ::/: :::/!::ハ:: :: ::ヘ7  ,.ヌj .\: : :: ::ハ: :: ::;
        ̄ ̄ ハ::i : ::/ 'レ  V: : ハ,x≦zzz。、 ハ: : : :: :}: :: ::;
            ム:::I!:::/ `ゝz、 'マ:::ハ i U  ソ {: : : : : ::}-、: ハ      は?
         ;: : :|::/ .イ'灯ゞ   \ム ==- '  !: : : : : :jミ.ハ::::ヘ
         ;: : :i/:V ゝ== ,..    ヾ     {: : : /!:/ .》./: :, ,,\  いや、外っつーんだから……どこだろ?
         ; : : : : }   .:::ゝ          I;;/ ン __V:::,.,:ヘ,  ̄
            ;::::::/!::!    ゙゙'         U  ゙   ,/|: : ::7 `ヾ    どっかの島とか?
          'マ/ リi       __,. --、      ,.;;゙::::!:: ::7
             ’  ヽ     ヽ---┘     ,,;;"::,_ユV,ユ__      ほら、俺達が知らない外……だから、『”外”なる者』じゃねぇの?
                 \    '''     ,,。":::i¨ニ -----゙}
                ゝ、       ,。イ:::::::::ⅵ三三三ヨ
                     ゝ,-- ":::::::::::::::::::i !:三三三ヨ


345 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 00:50:55 ID:uYoUkIXF



                  / ヽ
    r- 、     -- = _/___  }
    {   ヽ ≦ ´      // .〈
    〉 __u     //     ヽ
    ,' └ー-=_`ヽ  └' ●    }
    {    ●  ̄    /⌒ヽ    !    …………【神々】の話を信じるなら……『異世界』だ。
.     ', u  /⌒ヽ  ノ ,.-- 、ヽ. u }
    ヘ __/_ ___ `¨´ {::::::::::} i  /
    ,r'´:::::/(::::::ノ     ` ー '′ノ/
    /:::::::::/ _ ∠^ニ=--… ´ \
   ノ、:::::::::: ̄:::::ノ        /´ ̄`ヽ
 /  ヽ::;;=-イ        /     ハ
     /            {         }



              /..:::// .::: :::::::::|:::::::::::::::::::::::/::::::::::::}:::::::::::::::::
            ̄ /;′::::::: {:::::|:::}::::::::::::::::∧:: |:::::::}:::::::::::::::::|
                /::i::::::::::::::{__∧:}: :::::/:: / ゚。:ト、:: }:::::::::::::::::|
            /.i:i{::::::: :::/{:/¨从::::/{:::メ'゙ ̄{ノ∧::}::::::::::::}j{:|
              /i:i:i:i{::|::::::/r{j…= ∨ .}/ r=…=∧}:::::::::/{i从
            ̄ ̄{jハ::/{ ゙ {}      {}  //:::::::/i:i:i:iト:〉    は?
               {:{ {i{∧ `-=ニ  _   ニ=ー- /.:ィ/¨Yi:i:{
               {八i{::∧    {/     ./⌒(\ }\〉
               乂_∧         u  ト、_>く
                 }公。  r―::..   /:{
             r―‐=ニ二八}ト  ̄ ̄ .ィl:i人{ニ=-
             {`¨¨¨¨¨i二ニ}:..:.><:..:.|l/ ̄ ̄ ̄  `
             ∨I:I:I:I {ニニ}: : : : : : : :.|l{ /I:I:I:I:I:I:I:I:I}


346 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 00:53:50 ID:uYoUkIXF



心、  U:::::::: i ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
寸心、     |  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 ゙寸心.......... U    ,x≦三心 ::::::::::|
zx、寸心、:::::........::x≦ニニ≫''"” :::::::::|     海の底や地平の果て、空の頂”天”のその先でもない、『別の場所』らしい。
三心 `ー':}::/:x≦≫''"´      :::::〈
三少   ::::::.`”´   __          ::::',     もっともっと、『遠い場所』。
---ミ、       {三}        ::,
:::::::::::::\:::::::::::::::_        i     :}    そして、『ありえない程近い場所』、らしい。
    ::::`ー'"´::::::: \       |     ;
 ィニハ  ::::::::     \    し  , '
 `ー'’     {三心  ヽ      /
          マ三リ   }: : : : イ、
-‐''"´ ̄ ̄`ヽ、       ,ノ''"´:::::::::ヽ



    /.::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::〈\:::::::::::::::::::::::::::::::::゚。::\ :::∧
  ./.:/::::::::::::/|::::/.:::::::::::::::::::::::::::\:::::::.. \::::::::::::::::::::::::::::::゚。‐=ミ、∧
 〃::,′::::::::::::l|::,′::::}::::::::::::::::::::::::: \ ‘, /\::::::::::::::::::::::::::┌ 、∨∧
.厶イ:::::::::::::::{::l|:′::::::}::::::::::::::::: ::::::::::::}\}i,′ ‐=ミ:::::::::::::::::::}__ノ V::∧       -=ニ二二
  .,′:::::::::::::|::l|!:::::::::::}::::::::::{、:::::::::::::::::}   {/     \:::::::::::::}_  }-=ミ、 _ ./二=-
 .,′:::::::::: :::|::::::゚,::::::}\:::::} \::::::::::::}、_乂 f¨_¨}  }l∧:::::f{ }::::::j`ノ_ニ=} ト、_ノ`ヽ/  x<二    ん?んん!?
. /.::::::::: :::: :::|:::::::::゚,:::T~゙ヽ:}、 \:::::::}!八 `ゝ-' 乂 ∧::{∨ ̄ /、,\/_乂_    \/:/\二
/.::::::{:::::::::::::::l::::::::::::゚,:|f'¨¨¨¨}ミ、}l\::l|  \_./  u 乂}  rく:乂    \ 〕ト、.   \{  乂
::::::::::{::::::::::::::::。::::゚,:{ヽ|    r_┐  `┘    ̄´       _{、 ∨>。、.  \i:i:\  \     ちょっとまって!?
/´~{:::::::::{::::::゚,:::゚。{ 乂   ゞ  /}  _            {、 \}二ニ∧.   ∨/i}.   ト、
    {:::::::::}::::::::゚。::::゚{\ \__/:/  |::.\   / ̄`ト、 。 \  \ニニ∧.   ∨i}   .乂    それって、近いの!?遠いの!?どっち!?
   ::::::::::{\:::::゚。:∧ \        ̄         /丿 r‐く \/: \ニ∧.   ∨
   乂:::::}  \::゚:,:\_`\u     _,                }_ノ ∨ \  \∧             行ける場所なのか行けない場所なのか教えてくんね!?
      \}    \:\〈ニ{ニ\    {、_        __    /}  ∨二\  `ヽ
           }―k〉‐{二ニ\  乂__/  ∠::ノ   /八   \ニ=\
      f¨¨\ { ,,}∨{二二ニ〕o。、__     /   \   `゙'-=ニ〉


347 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 00:56:28 ID:uYoUkIXF



                         / ァ= |i iミ   -―――=ミ    |从 /|
                     /⌒ヽ|i | ∨   --‐…━━━‐=ミ∨/
              _    「``丶、 /|i | / / /'"  ̄ ̄      \
             ノ-=ニ=- :|:::::::::::::\ 从 /  /   >'"    _    <
           /-=ニニニ 人:::::::::::::::::\ } /_彡'  >_,,.  -‐ / /ミ
           /-=ニ=-‐≦ニニ\:::::::::::::::::\'  ̄ ̄     ゞ》 '  /\/⌒ヽ  ……我々では『絶対にいけない場所』、という認識でいいか?
.        /-===- -=ニニニニニ\:::::::::::::::::\ u    ―=≦ _/   ' \
       ,-=ニニニニニニニニニニニ\::::::::::::::/    、    / / /} /       左衛門。
.      /-ニ//-=ニニ/ ̄ ̄ \-=ニ \:::: ∧   __ ゝ'⌒ '/ ´  /
     /=/ /-=ニニ:/       \-=ニ ヽ{/ ゝ_ノ    /



                  / ヽ
    r- 、     -- = _/___  }
    {   ヽ ≦ ´      // .〈
    〉 __u     //     ヽ
    ,' └ー-=_`ヽ  └' ●    }
    {    ●  ̄    /⌒ヽ    !    ああ、そうだ。
.     ', u  /⌒ヽ  ノ ,.-- 、ヽ. u }
    ヘ __/_ ___ `¨´ {::::::::::} i  /   そこから、『音も気配も魔力も無く』現れた。
    ,r'´:::::/(::::::ノ     ` ー '′ノ/
    /:::::::::/ _ ∠^ニ=--… ´ \   一つだけが。
   ノ、:::::::::: ̄:::::ノ        /´ ̄`ヽ
 /  ヽ::;;=-イ        /     ハ   神と並ぶ精霊、しかも、その現れた場所に一番近い者しか、気づけない程に、感じられなかった。
     /            {         }


348 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 00:57:44 ID:uYoUkIXF



心、  U:::::::: i ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
寸心、     |  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 ゙寸心.......... U    ,x≦三心 ::::::::::|
zx、寸心、:::::........::x≦ニニ≫''"” :::::::::|
三心 `ー':}::/:x≦≫''"´      :::::〈
三少   ::::::.`”´   __          ::::',
---ミ、       {三}        ::,    そして……その現れた小さな、ほんの1体と、戦ったんだ。
:::::::::::::\:::::::::::::::_        i     :}
    ::::`ー'"´::::::: \       |     ;    【神々】とナナシは。
 ィニハ  ::::::::     \    し  , '
 `ー'’     {三心  ヽ      /      …………凄まじい物だった。
          マ三リ   }: : : : イ、
-‐''"´ ̄ ̄`ヽ、       ,ノ''"´:::::::::ヽ


349 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 01:04:00 ID:uYoUkIXF



                                            r'´ ̄ `ヽ、ノ          ,. ‐-、         ./ ,'-‐''^"'ー;ァ''"
 ]  :::.          :::‐ ̄       ,        ・‘  :, ;     Y" ̄ >、)         / ,r‐、.ヽ       / /    /
 ‐_  :::.             :::      : : :               ヽ.     l,r ' ´  .|         | ./   ',. |     ./ /   /    ,. ‐''
  ‐_  :::.            :::    / : : . . .              \    |    .|         | .|    l, !    ノ /  /    ,. '´
   ‐_   :::.         ::: __/: : : :/: : :             \ ヽ、 .|    .|    ., - 、,-‐| .!__,. ‐ !|‐''"´ ̄ ヽ,/    /
    ‐_   :::           <:i/: : : :/    : : : .          _  \.\j     |  ,r'⌒.ヽ、 \| |`ァ'゙ ,.-‐リ‐t;ク´ ̄入 \  /
       ‐_   ::: .      :}{: : :/_ -‐     /i〉:、      :  \ ``'ヾヽ,.\   l/ l, l´゙ゝ、 \ ,! レ'/      | ,/ _,.入 Y゙     ,. ‐'"´
         ‐_    :::. .    }i}/         V: : }  、    {`````\``ヽ, \\,ノ´ ̄ ヽ,V⌒'\ ゙i| ∠,_,. -―- ⊥;r''"   ヽ, ヽ,_,. ‐'´
         ‐ _    ::.:.  州   : :/    /: : ::}  / \  {  : : : :\〈/, .,r'7´ ̄ ̄ ヾ、,r',`゙Y j'r<´ ̄``ヽ、`ヽ_,,.、 ‐'! |
              ‐ _: : : _ィ彡'゙: : : ┌───────────────────────┐  /  u`r=ー、_  ``ヾ、    | |
               ,ィiア´i{]: : : ::  │ 「ナナシの攻撃の一切が、かすり傷で済まされた。    │  .(\  ,ィ'iヾヾヽ、  \  | /
     ′          l  ,  ! l. │                                  │  ' ヽ」.  li;ン'<! \\  \.j/
.    i             |  ,l .A  │  【神々】の明確な攻撃も、致命傷にはならなかった。  │ /,ィ,i`:::::::::::::::  lヽ ゙.、ヽ  \
.    | !    !     /  | 、/! /u ',.│                                  │ 《;il:レ'.    ┐ .l \,! ト、.  ヽ
    l !   .|    l ,'   .l /`l/ゝ__}| │  ダメ―ジは与えられても、『すぐには倒せなかった。』  │   `′u  _,.ィ ./   ,!.├-ヽ.   l;ー‐--
    | ,   .| .! .l.|   l/ ''r≠≧} │                                  │  ⊿    `´/\ ,ハ./ ̄`゙ヽ  ヾ ̄ ̄``
.    |. ,   .| |  !.l、  /u  (;;'';;)  │  【神々】と『人類最強』をもってしても。」           │ , \,__ ,,...::'ミ三彡'′     ヽ ヽ
.     | ',   ', .l  |/.ヽ/:::::::::` ̄´ └───────────────────────┘ \  \.;/ \r‐<,        ',  |
.     | , .', ', .ヘ.|ヽ !           .|   .l/ / i|八_/         ,/   /:::::::::::::::::::|   .ノ ``ヽ l,--\  \  ヽ   |        |  |
.     |∧ ', l, |`/|          u |  ,1 /.  i|二ニ=━‐‐  ‐‐  ‐‐━/:::::::::::::::::::::::::゙'ト、,     ヾ;、  \   `'┴、┴‐‐ェ‐┐  j  l
.    '' ',. ヽ|、 |ゝu7   r_っ   。s´l  / l/   i|/           /,Z:::::::::::::::::::::::::::::'ー:ト、     \、  ` ‐ 、,__ ``'ー゙- 、'__ ,ノ ノ
      ヽ| ヘ|ヽ{ >s   __。s´ u{.| ./ '′.  i|             |. _Z..... -―ーー--- !|_\      \_    V::``:‐- 、.,__``'゙ー-- 、
         |i  `  __rr|    /|/ ヽ    i| ___           ̄           ノ―,小、         /:::::::<´ ./    ̄ ̄`゙ヽヽ
          |i._, ィ´//./rrr/  ''} /: :≧-、 i|     ̄ …‐‐‐…  ̄         /  /:└-\       /:::::::::< /\       )|
         /: :i! ./ ,ィ /,,==\  /7' /: : : : : ',|‐‐ ―…・・・・・・・・・…― ‐‐ --  ,.イ   ∧ハ;ヘ::::::::`::':::ー--::'::::ト、;ト:┘/ 、.|        ノ ノ
.         ,{: :.l! , / .レ {! ; ;/' ヽ' } /: : : :,ィ≦}|                  ,r '´ |   └―--ゝヘ、..,_   ト、ド‐;__,ノ    \  ヾ=;彡'゙
      .: : : : : : :_/  : :      _‐                                    ‐_             \'=‐ : : : : : : :


350 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 01:07:31 ID:uYoUkIXF



      /ヽ,,,,   ""'-,,,    / /__,,,. '--,,,,, '-,, ,--、      ""''-,,
     ./ /l ""'-,,   "-,,/__/;;) /`''-,,"-,l  l lヽ ヽ   ___,,,,,,,,,,,">
     l / l  /l  l"''-,,,__    ’-''"" "-- ニ=l  l 6 l _,-''"'''--,,,
     レ  l  l l .l .|.i,;;;ソ "''''--,,,,,'=-     l  .レノ.lノ ,--''"""""'''-,
       ヽl ヽ.l .| '-/             l  l lヽ_/_/""''''-,,,
        i!  ヽl | く,,,...-        u  l  l l  ヽ/"""'''-     ナナシが撃つ技が、掠り傷程度?
           ヽ ヽ   _,,, ===,,,,       l l / __,,,,!--''""l
             .ヽ  ! ,,,   "      "',,,-','""   ,,..-'''ヽ     いや、今の我々ならナナシの奥義を越えられているだろう。
               ヽ          ,-''""   ,-'''、-'"ヽ ヽ/
                ヽ       ,..-'ヽ,,-''"l  ',""ヽ,.-'"'-"/     だが……それでも、傷をつけるのが精いっぱい、だと?
                 ヽ   ,.-'"   ヽ,.-'"   ヽ,-"  /
                  ゙-''''"--..,, _,.-ヽ-'""l   ヽ  /         あげくには……神までもが?



                  乂:::::::::::::〈/:::::{/:::::}:::∧:::}:::::::::::}::∨∧ヽ\
              厶イ:::::::::::/::::::::::___/_/ 人{:::::::::::{::: ∨∧::\\__
                /::::::::::::::::::::::::;{:/}:/ `ヽ:ト、::::{八:::::}::/〈`ー―'´
                 /::::::/:::::::::::::f¨¨芹ミ  }`∨{__ ∨}::::::{
              〈イ;/-く/:::::/ 〈;ツ      芯、`{人:::∧
                    ⌒}:::厶イ    ⌒    /;ツ/ /::::{\:乂   無茶苦茶すぎんだろ……。
                   ⌒}_j}∧  u    `〉`´.ィト、:::::ト〉 `ヽ〉
               rf{二二{ l}i。    _     ∧l{ `ヽ〉
                {lニ二ニ∧ { \  ヽン’ / `
             _}l二二二} }  \_ <二>。


351 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 01:11:24 ID:uYoUkIXF



                  / ヽ
    r- 、     -- = _/___  }
    {   ヽ ≦ ´      // .〈
    〉 __u     //     ヽ
    ,' └ー-=_`ヽ  └' ●    }   素早く、攻撃が当たらなかったことを考慮しても、堅すぎた。
    {    ●  ̄    /⌒ヽ    !
.     ', u  /⌒ヽ  ノ ,.-- 、ヽ. u }   だが、その一つには辛くも勝利したんだ。
    ヘ __/_ ___ `¨´ {::::::::::} i  /
    ,r'´:::::/(::::::ノ     ` ー '′ノ/    神々攻撃をし、傷を開き、ナナシが、最後の最後のトドメを刺した。
    /:::::::::/ _ ∠^ニ=--… ´ \
   ノ、:::::::::: ̄:::::ノ        /´ ̄`ヽ  君達と魔王の戦いのように。
 /  ヽ::;;=-イ        /     ハ
     /            {         }



.    i             |  ,l .A l  |    .l
.    | !    !     /  | 、/! /u ',.}  .|      |
      l !   .|    l ,'   .l /`l/ゝ__}|   '     |
      | ,   .| .! .l.|   l/ ''r≠≧}  /      .!    「そしてその瞬間、今までとは違うレベルアップの仕方をした。
.    |. ,   .| |  !.l、  /u  (;;'';;) | ./ l .}  .| .|
.     | ',   ', .l  |/.ヽ/   ` ̄´ l/  .l ,  ∧i|    とてつもない程にレベルが上がったんだ。
.     | , .', ', .ヘ.|ヽ !           .|   .l/ / i|
.     |∧ ', l, |`/|          u |  ,1 /.  i|    LVが90を超えた頃、大型龍などを倒してようやく1つ上がっていたレベルが、
.    '' ',. ヽ|、 |ゝu7   r_っ   。s´l  / l/   i|
       ヽ| ヘ|ヽ{ >s   __。s´ u{.| ./ '′.  i|    一気に……上がった。そして、その戦いで、『外なる者』への『攻撃手段』が手に入ったんだ。」
          |i  `  __rr|    /|/ ヽ    i|
          |i._, ィ´//./rrr/  ''} /: :≧-、 i|
         /: :i! ./ ,ィ /,,==\  /7' /: : : : : ',|


352 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 01:14:39 ID:uYoUkIXF



                           ,、
                        / ヽ
            i:\ _  ‐ =  ニ    ゝ
           い        _zzi     `ヽ
          γ r、     , ,,.≠rッ、       ∨
         /   ヾ≡ソ ノ   .ゞ ⌒ヽ  u  }     私の持つ、この『剣』だ。
         ム=- 、 `゙’_ , <´       ',   i
        i  r==,         rn     i  ./     これは、奴ら『外なる物』の小さき一体。
        |. i!i!i!i!i;〉         `’   y <
        ヽ ー /  ̄  ≧ 、 _ γ   l      その『コア』と思われるモノだ。ナナシが神々と共闘し、二つに割ったコアの一つ。
         `,=,´           丿    .|
.        /./     ,r≦三三三≧ 、    |     それを神々の協力を得て、その場で加工したものだ。
.       /γ       κΞ三三三三三ミ 、  j
.      / .::/   _ _ ∧三三彡 == 、三三ミ;;,ノ     2振りの、ナナシからしたらナイフに当たるほどの長さの『剣』。
..   /( :::::l _ ≦: : :i三三ミ/     ヘ三三ミz;
    `7´ヽ:::,|:´: : : : : :i三ミミ:/      ',三三ミ;i     これこそが、ナナシと神々が得た『一番つよい攻撃手段』だ。
.    i_,. ァ ソ: : : : : : : :∨彡'         i三三ミ/カチャッ……
..        / : : : : : : : : :v;           i三ミⅣ
.       /: : : : : : : : : : /          .i彡゙´i
      /: : : : : : : : : : /           | : : : ∨
     i: : : : : : : : : : :/, - = z ,,     | : : : : |
      i : : : : : : : : : ム.         `ヽ  | : : : : |
.     i: : : : : : : : : ,'           ' .|: : : : l
.     | : : : : : : : : {                }:i: : : : : l
.     ヾ: : : : : : : :.',               ,ii: : : : : ノ
       >: : : : : :人          ノ: : : : :<
   ,, =≦: : : : : : ハ  > =  _  - <: , ― 、ハ
   | : : : : : : : : : : !            iV: : : : : :Vi
     ̄ ̄ ̄ ̄                  ̄ ̄ ̄


353 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 01:18:58 ID:uYoUkIXF



               ///: : :>イ: : : : : : 三ミ7: : /: : : :Vハ: : /: : /:了ヘ
           __〃´.イ /: : <: : : ̄: : : : : 〃/≧、\、}:|: /:./: : : |∨ハ
         /辷ニニ7/ユ': :≠: :く: : : :Z/: ==----7: ∧──≧少≦ニニニミ、ナ: !
       ノ≠: : : : : :j|K=7: :/} !: : : ≠: : : : :>イ: /≦シ≧彳∨、: \: : :!ミ、|: ト: .、
      厂≦/: : :彡K: ∨: /: : リ: : : : : :>’: : : : |: !: : : /〃 , !、:∨丶、jへj: . ヽ: .、
      レイ: :ィ彳: : :7:|/: :,: : : : :;レ': :>’: : : : : : : :!: レイ / /::! .|!ヘ: ∨ヘ: : :Xリ   丶:、
     ,イ//: : /: : KV: ∧ゝ:rv'>:’: : : : : : : : : ム::{   {!/::::| |!Vヘ:∨:.∨ノ∧    、:.。
     }: /: : /: :/}!: ∧:/-ノ': : : /: : : : ≦==ミ、:ト、  |!::/ iハ:∨ヘ: ノヘ.V    ゚。:.
     イ: : : /: :/:/: |レへ〈 /〃: /: : /`ゝ んダヘ 丶 i ' ,_ノ |ハ: : :乂:/      }:i   「その場でまさしく神の速度で加工し、
    /: : : /: :./: :/: : j|: \:/: . /: イl: |!:::::>`ー‥'  ヽ  〃ィナミ、: :!: : ∨       |:i!
    !: : :/: :/: : : /: : /|:、: :./:/イ:|: ! ゝ!´       :::::::::::::::::::::',んダ.ノ!:∧: : :リ          !:    ナナシが最後に外なる物の外装で柄を付け、
    !: :/: 彡': : /: :〃弋ヘイ: : /| !:、:、  `          ! `‥' ./: : :,;;;}!: ::ト.       .:ノ
    !:/:/: : : : /: :/|   X: : んj: !: |ゝ、           〉   r、': : :ノ;;;,イ: ::|;;;、     〃     急場で創ったナイフ。
   j/:/: : : : /: :/::j  /: : /ゝノ!:|: !  u    r‐‐-.._ '  ー=彡'//;;;;ノj: : :!;;/     /
   /:/: : : : :/: :/: :|  /: : 个 .l |!:|: |\      ` 、ン´    ノ|: //ヽ/|: : レ'    /      それを持ち、神々とナナシは……『次』に備えたのだ。」
  ,:./: : : : :/: :/: : :! ,イ: : 乂L!Lj: V|   、      `    /)イ/_イ_j: : |〉 _ イ
  /: : : : :/: :/: : : :|__j: :/─==! |: : |    \     .  ' ゝ彡'__  V:リ| `
  ,: : : : : :,: : ,: : : : :||: : /   ノ j: : :|≧=...___>--<    ゝ──、 ソヘ|ノ !


                   ____
           >――V.: ´         ` :. 、
         / -=≦   /  / /       ≧=-:
.        /  ./   /   /  /          \:
        /  ,イ   //  /  /    .:イ     V ` 、
.        / ./  -=彡イ   l: ____ /  |     /  l ヘ ̄:
      / ./ /  ,ィ:_::イ   |  ,ハ/`>/ :/   /V  ', ハ
.      {  ; / : ̄ :ハ    ヘ: /ィzzzzx / :/   /、 } ヘ.l:     「あの現れ方だ、『もう一ついてもおかしくない』と考えていた。
      .|  |/|:l    ,ヘ    ト{  _)刈` ',イ  /_  } /:八
      .|   /イ  / V:\ .ヘ  ゞ_ノ / }/ .斧ミx: / ゝ乂:    全ての神々が警戒し、ナナシがナイフを2本取り、
      .|    ゝ ヘ ゝ|  :下ミx::::::::::::::::::::::::::::マソ/イ /:从 ̄
.      |    .ヾヽ. `|.   |   u       '  ノイ:イ:       『迎撃』する構えを取っていた。
      .|        |..ヽ|.   |/|         ,: |:
      .|        |. .|.   ト 、 7    っ    人 l          そして、その想定通り、来たんだ。」
      .|    ___|. ,'l   |  ` 、     .イ  l
      .|   /  < ./ l   |    /_≧≦ |   l::


354 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 01:21:57 ID:uYoUkIXF



         /l
        //.l                           ∧
       /// l          _               / ∧
      /////l   _,r≦三三三ー‐"≧x、.          /.//∧
     //////.l  /\ 三三三三三三三 ≧i.        /////∧
    /////// l  <┘ 丶、三三三三三三三/ __.    ///////∧
   //////// i≧xl    丶、三三三三>": :´: :`'''´`丶、/////////∧
  //////// / lニニニ≧x、 /`丶、三ニニl≧x、.: : : : : :. :. :. :.i≦三三ヽ /∧
. /`l.//.__.///lニニニニニニ〉⊂⊃ ー|ニニ≧x ト、__ ,,-''/ 三三||i /∧   「今度は先に戦ったモノよりも明らかに大きい。
   〉 ̄   ̄´` ̄ ̄ _-=i=─--__二/   iゝノ⌒ヽ/_ ̄ ̄ ̄〉l/
  l ┌-、 ○_   i-‐ニニニ/////////// i   (0) ノー〈) ニニニ‐-l/丶、  小さなドラゴン程のサイズを持つものが。」
  |ー'  `''´ `ヽ iニニニ/∨//////// .i    ヽ/ヽl ニニニニ/ ///
  ∨ /////// |i iニニ/  ∨//////  i       ∨_} ニニニニ/ ///
    ∨ ////// |iニニ/i 16/∨///∧  i__      ヽiヽニニニ/.////
.    ∨//////.|i/_.i   / / ∨/  ゙、 i./       i ゝニ イ.////
     ∨///// |i  \i   /  || ゙、  /        .i.//////////


355 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 01:25:04 ID:uYoUkIXF



心、  U:::::::: i ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
寸心、     |  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 ゙寸心.......... U    ,x≦三心 ::::::::::|
zx、寸心、:::::........::x≦ニニ≫''"” :::::::::|
三心 `ー':}::/:x≦≫''"´      :::::〈
三少   ::::::.`”´   __          ::::',        最初と違い、ナナシが明確にダメ―ジを与えられる力が付き、
---ミ、       {三}        ::,
:::::::::::::\:::::::::::::::_        i     :}       戦い自体は多少楽になったものの、『地力』が違う。
    ::::`ー'"´::::::: \       |     ;
 ィニハ  ::::::::     \    し  , '        神々も倒れる者が出て、実体化を解き、残ったのは、ほんの少数。
 `ー'’     {三心  ヽ      /
          マ三リ   }: : : : イ、          ナナシも、攻撃よりも生存に徹し、少しずつ削り、ようやく『弱ってきた』頃。
-‐''"´ ̄ ̄`ヽ、       ,ノ''"´:::::::::ヽ
         `ー--‐''’   ::::::::::::i          ……『アレ』を起こした。
               ,     ::::::|


356 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 01:25:52 ID:uYoUkIXF



  \                          _, - ― … - - 、_                  /
    丶                    ,.:: '´:: ::::::   ____    :::::: ¨丶_          , '
     丶              /:::::_ --' ´ ̄      ̄ 'ー 、 ::::::: ヽ     , '
        丶          /::_;; -'-―== ------ ―-- ゝ- --'- 、_
          _,. --:::' ::: ̄ ̄:::::::: :: 二三三二二二:::.___三二 :::::::::::::: ¨'--、__
      ,.:::'´::::::  丶_:::, -- ー-'´ ̄: : : : : : : : : : : : : : : ̄ ̄´¨丶- 、::::::::::  :::: ::::::::::::::::  ̄::丶
   , イ::::::::, -‐'´/:. :. :. :. :., '´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ': ; ̄´¨¨:.丶、 ̄ヽ:: :::::i    「山を消滅させるほどの大爆発。
  /:::;:: ィ´{   ,.:':. :. :. :. :, :': : : : : :                        : : : : : :丶:. :. :. :. :. ヽ  ¨ヽ::ヘ
 /::i  ´丶´` - -_:. ; ':_:_ :-:-― - -  _                     : : : : : : 丶:. :. :. :. :. ヽ / 丶:}   『自爆』とも違う、奴を中心とした『エネルギーの破裂』。
 丶::.、   _,  -- '´ ̄-―   ̄                            : : : : : : ヽ:. :. :._:. ノ '´ /
    ¨丶,r'´ ̄:. ; ': : :                                  ー --  _ : : : : ヽ:._;: -ー:t '´    それに、神々もナナシも巻き込まれた。」
      /:. :. :. :./: :                 _   _     _               ̄冖¬=-、_:. :.',-‐'
   /:. :. :. :./: :                                            :丶!
  」:. :. :. :./: :                                             : !
  /:. :. :. :./: :                                             : ! !
  l::. :. :. :./: :                                             : ! !
_ヽ________                            ________:__
:::: : : : : :  :  :    ::  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       :::    :::::::: ::
:::: : : : : :  :  :    ::    :::            ::::::::::::::::::::          ::   ::::         :::    :::::::: ::


357 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 01:28:16 ID:uYoUkIXF



                         / ァ= |i iミ   -―――=ミ    |从 /|
                     /⌒ヽ|i | ∨   --‐…━━━‐=ミ∨/
              _    「``丶、 /|i | / / /'"  ̄ ̄      \
             ノ-=ニ=- :|:::::::::::::\ 从 /  /   >'"    _    <
           /-=ニニニ 人:::::::::::::::::\ } /_彡'  >_,,.  -‐ / /ミ
           /-=ニ=-‐≦ニニ\:::::::::::::::::\'  ̄ ̄   :::::ゞ》 '  /\/⌒ヽ    それに、ナナシが……。
.        /-===- -=ニニニニニ\:::::::::::::::::\  u   ―=≦ _/   ' \
       ,-=ニニニニニニニニニニニ\::::::::::::::/    、 :::::::::/ / /} /
.      /-ニ//-=ニニ/ ̄ ̄ \-=ニ \:::: ∧   __ ゝ'⌒ '/ ´  /
     /=/ /-=ニニ:/       \-=ニ ヽ{/ ゝ_ノ    /
.    / ''   \-=:/         }-=ニニ∧



                  / ヽ
    r- 、     -- = _/___  }
    {   ヽ ≦ ´      // .〈
    〉 __u     //     ヽ
    ,' └ー-=_`ヽ  └' ●    }    だが、他の神々もナナシも、直ぐに消滅したり死んだ訳では無かった。
    {    ●  ̄    /⌒ヽ    !
.     ', u  /⌒ヽ  ノ ,.-- 、ヽ. u }   レベルの所為か、この剣の『性質』による吸収のおかげか……。
    ヘ __/_ ___ `¨´ {::::::::::} i  /
    ,r'´:::::/(::::::ノ     ` ー '′ノ/    少しの間、無事だったんだ。
    /:::::::::/ _ ∠^ニ=--… ´ \
   ノ、:::::::::: ̄:::::ノ        /´ ̄`ヽ  無事と言っても……『生きている』程度だったがな。
 /  ヽ::;;=-イ        /     ハ
     /            {         }


358 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 01:33:15 ID:uYoUkIXF





.      |    .ヾヽ. `|.   |           '  ノイ:イ
      .|        |..ヽ|.   |/|         ,: |     「その間に、ナナシは私を動かすことを決めた。
      .|        |. .|.   ト 、 7    っ    人 l
      .|    ___|. ,'l   |  ` 、     .イ  l      私には元々、ナナシが『触媒』を用意していたんだ。
      .|   /  < ./ l   |    /_≧≦ |   l
      .|__{、、-=〈  ヽ.l   :',    |\}    |   l.      ただ『友達』として過ごしてきたからか、子供ながら、
.    /¨¨¨¨¨ヽ ̄/マ   ',   ', 、   y >  |   l
    / ////////',//\  V  ', __/   :、 l   l      私に『心臓』を用意していたんだ。」
.   l /////h、///',////\ ヾ. l^  ////マ l  ,'、
   {///////ム///</////\\ト', 只Vヘ //从 ./} }



                          /  |
   r 、                  /     |
   | \_   _... -ー─……┘__   |
   !  ____       / /   ヽ
    ‘, └‐-=.._`¨ヽ    └ ' ●     '.
    /    ●  ̄     /⌒\    u  }/L   ゼンガー、私を縫ってくれていた時、胸に硬いものが入っていただろう?
   ,′    /⌒ヽ   / ,. -- 、ヽ    厂7′
   {     /  ___  `¨´  {:::::::::::} |   / /     アレは、ナナシが仕込んだ『心臓』だったんだ。
   ヽ   /  (:::::ノ     ` ー '′ノ_/   /
     \_{    _.∠^ニ=-‐…‐ '゙     /      ……といっても、私に当時入れていたのは、ただ近所の友達から貰った偽物のルビー。
     厂 `¨¨¨´               /
     /                 <^\/^!       赤い『ガラス』でしかなかった。それに魔力を少し込めただけの『簡易魔石』だったわけだ。
   ∧_ ,イ                >' x<
   └z/ |               _..∠∠\ \      ……それに、手を加えた。
        仁三三三三三三三三三三三\_\


359 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 01:38:03 ID:uYoUkIXF



:                     : }  : | / ̄\    | ̄  |       :
                     :, |  : |/      .\  }     |       :
                   / .!  : |         ヽノ     |       :
                     /  |  : |    ¨ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ }       :    「最早人知を超えた力を持っていたナナシは、
                   : /:::::::|  : .|::::,ィf竓芹芋芋芋芋ミ:       :
                :/:::::::.│  : .}   { {      }  } }         :    その短い時間でその場にあった『外なる物』の残骸をもう一度、
                /:::::::::::::}   :./:::::人 ゚。      / / ,ノ        :
               , ′:::::::::::|  :/:::::::::::::\ヽ===イ./〃}       :    今度は私に使うために素材として用い、機構を作り、
∧                ,彡      | /      ヾ≡≡彳彡'.||        /
 :゚             /         i /                  ||     ∧    たった2本の『ナイフ』の1本を渡した。
  ゚。         ∠__      {                  人      /
    \     /   /                  u / }     /      そして、この世界のどこかに無事で置くように、ランダムに『飛ばした』。
     ヽ   / >  ∠_                   ) .!     /
      }/  (  ヽ /     ― ―         .イ   /ヽ│  /       そして、あの場所に私は落ちたんだ。
       /  \    >               <      /  .|   /
     /     \           __          /    |  / \      込められた魔力を使い、自分を『保護』し続けてな。」


361 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 01:44:19 ID:uYoUkIXF



                  / ヽ
    r- 、     -- = _/___  }
    {   ヽ ≦ ´      // .〈
    〉 __u     //     ヽ    ……私が込められた心臓の魔力を使い、減る度ナナシに充填されていた、
    ,' └ー-=_`ヽ  └' ●    }
    {    ●  ̄    /⌒ヽ    !   『偽物のルビー』に魔法を使って蓄積した『記録』と、
.     ', u  /⌒ヽ  ノ ,.-- 、ヽ. u }
    ヘ __/_ ___ `¨´ {::::::::::} i  /   『今の核』に、ナナシによって込められた『記憶』の限りで知ることは、ここまでだ。
    ,r'´:::::/(::::::ノ     ` ー '′ノ/
    /:::::::::/ _ ∠^ニ=--… ´ \     そう、その後だ、その後に、私はカズマに見つけてもらえた。
   ノ、:::::::::: ̄:::::ノ        /´ ̄`ヽ
 /  ヽ::;;=-イ        /     ハ
     /            {         }



  "゙´    j: : : !: : : : : ::! : : :/|: ::/  ,!: ::7: : : : : : :} : 7 ヘ: : :j.; : : ::! : : : : ::| : : : : :',
         !: : ::! : : : : : |:: ::/、.!::/  ,|:::7|: : : : : : :I:::,'  ゙; : j,ヘ: : :I : : : : ::| : : : : : :',
         !: : : !: : : : : :|: /  .i/ヽ、  !7 .!: : : : : :7:;" ,,.ィ'マ:| ヘ: I: : : : : :j : :: :;, : : ヘ
         |:: :: :',: : : : : :!,'  ______ `゙ ’ !: :: :: ::/:/‐''´   マ   ゙ !: : : : ::j: : : : ! `ヽミン
         |: : ;.;ハ: : : : : i ィ"¨!芋芋行  j:: :: ::/ィ ''芹芋芋!ミ;ッ !: : : : ::jマ: : : !
        !:::/ j .'; : : : ::{. ヽ {ノ:::::::! i  l: : /    i !ノ:::::::! イ j: : : : ::j .jヘ: ::} γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
        i/ ヘ !;ハ; : :゙!   乂:::ノ    .レ'       乂:::ノ    !: : :,、7 /  ヘ! | 5年で消耗していしまった魔力を補充するため動くのに最低限の分を貰い、 |
               \ \:::、     ¨¨         ¨¨     l;/ ./     ゝ________________________________,乂
              !\___ゞ ∪       .::j              7__/:!
               l:: :ハ: ::ヘ            `'          /:::ハ; :::j γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
               レ' .ヘ:: ::ヽ          __         ,イ:::/  `"  | それ以降はこの『剣』で魔物を倒し、彼らの体を魔力に変え、魔力を充填した。  |
             ____,,,ヾ/,,,,,ヽ     ∠:::::ヽ      /_ヘ/_____   ゝ__________________________________,乂
          ,,,。=≡¨iiiiiiiiiiiiiiiiiiiij  ` 、           , イ .|iiiiiiiiiiiiiiiiiii`¨''''=-、__
         j‐----------===}.___  ` 、    ィ"  ____,!三三≡==‐‐‐'''¨7
          !            I       ̄      !            /


362 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 01:51:00 ID:uYoUkIXF



           /  ____
       / //' / --――=ミ
        ' { / / /         \__      γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      /  {  //   -――――=ミ: \⌒     |   神々の発言を考えるに    |
      _〈__\  ̄``丶、`丶、 丶、 ミ    \ \     ゝ______________,乂
    /⌒',       \  \ \ \   \ \          γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  / '>' ∧ `、 \ \ \\``丶、 ヽ :\   \(          | 『外なる者』が動いたことを察知した魔王が動いていると想い、 |
  /イ ' 八 `、 /, \ \ イ⌒ヽ -―――<´          ゝ___________________________,乂
    | i| V{ヽ <rtッ\ {\  ハ 〉 〉   /ミ   ヽγ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    |八 ヽ Y\\  ヽ __)ヽし/  / /⌒    |  5年しか経っていないなら、魔王の軍勢がいるところに君達がいると考え  |
    '  \ ノ  \    ーイ/   /∧ 〈_    ゝ________________________________,乂
         ヽ' ´  _    u  八从, ⌒ V:-=ニ\                      γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
         \'      /: :   r―'-=ニニ }                      | 君の近くまで案内してもらった。 |
           ヽ   /: : . ノ  /-=ニニニニ人                      ゝ______________,乂
           ゝ-<: : : :∨  , -=ニニ=- :i:i:i:\
         /-=ニニ} ハ: : {   i-=ニ/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i



   | \_   _... -ー─……┘__   |
   !  ____       / /   ヽ
    ‘, └‐-=.._`¨ヽ    └ ' ●     '.
    /    ●  ̄     /⌒\       }/L
   ,′    /⌒ヽ   / ,. -- 、ヽ u  厂7′   これが……今に至るすべてだ。
   {     /  ___  `¨´  {:::::::::::} |   / /
   ヽ   /  (:::::ノ     ` ー '′ノ_/   /     私とナナシが誤解していない限り、このはずだ。
     \_{    _.∠^ニ=-‐…‐ '゙     /
     厂 `¨¨¨´               /      魔王の動いている理由も、コレのハズだが……どうだ?
     /                 <^\/^!
   ∧_ ,イ                >' x<       キル夫はどういっていた?


363 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 01:54:18 ID:uYoUkIXF



                     /⌒ヽ|i | ∨   --‐…━━━‐=ミ∨/
              _    「``丶、 /|i | / / /'"  ̄ ̄      \
             ノ-=ニ=- :|:::::::::::::\ 从 /  /   >'"    _    <
           /-=ニニニ 人:::::::::::::::::\ } /_彡'  >_,,.  -‐ / /ミ
           /-=ニ=-‐≦ニニ\:::::::::::::::::\'  ̄ ̄     ゞ》 '  /\/⌒ヽ  『外なる者』が来ると。
.        /-===- -=ニニニニニ\:::::::::::::::::\ u    ―=≦ _/   ' \
       ,-=ニニニニニニニニニニニ\::::::::::::::/    、    / / /} /      その『警鐘を鳴らされた』と言っていた。
.      /-ニ//-=ニニ/ ̄ ̄ \-=ニ \:::: ∧   __ ゝ'⌒ '/ ´  /
     /=/ /-=ニニ:/       \-=ニ ヽ{/ ゝ_ノ    /            故に目覚め、今までと同じく、『今まで以上の強さ』で
.    / ''   \-=:/         }-=ニニ∧
.     //      ) ' | `、          |-=|-=ニ'∧                   我々の世界を鍛えるためだと。鍛えるのが無理なら、自分達がやる、と。
   //     /  i|  `、      八/-=ニ /∧


                  / ヽ
    r- 、     -- = _/___  }
    {   ヽ ≦ ´      // .〈
    〉 __u     //     ヽ
    ,' └ー-=_`ヽ  └' ●    }    筋が通るな。
    {    ●  ̄    /⌒ヽ    !
.     ', u  /⌒ヽ  ノ ,.-- 、ヽ. u }    警鐘を鳴らしたのが【神々】なら……筋が通る。
    ヘ __/_ ___ `¨´ {::::::::::} i  /
    ,r'´:::::/(::::::ノ     ` ー '′ノ/     そして、その神々はあの戦闘で傷つき、まだその傷を癒しているなら……そうだろう。
    /:::::::::/ _ ∠^ニ=--… ´ \
   ノ、:::::::::: ̄:::::ノ        /´ ̄`ヽ   天変地異が起きていないということは、神々はほぼ生きている。
 /  ヽ::;;=-イ        /     ハ
     /            {         }   だが、傷が深い故に、直接は降りてこれなくなった……といったところか?


364 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 01:56:05 ID:uYoUkIXF



    /⌒',       \  \ \ \   \ \
  / '>' ∧ `、 \ \ \\``丶、 ヽ :\   \(
  /イ ' 八 `、 /, \ \ イ⌒ヽ -―――<´
    | i| V{ヽ <rtッ\ {\  ハ 〉 〉   /ミ   ヽ    時期も、合ってしまう。
    |八 ヽ Y\\  ヽ __)ヽし/  / /⌒
    '  \ ノ  \    ーイ/   /∧ 〈_        神々が降りてこなくなった時期がな。
         ヽ' ´  _   u   八从, ⌒ V:-=ニ\
         \'      /: :   r―'-=ニニ }     ともすれば……それが真実か。
           ヽ   /: : . ノ  /-=ニニニニ人
           ゝ-<: : : :∨  , -=ニニ=- :i:i:i:\  …………左衛門。
         /-=ニニ} ハ: : {   i-=ニ/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i =‐----
         〈-=ニニニ|  : :人   ∨/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i \
          >-=ニ /       /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i \


      |ヽ           /|
      |  ヽ_ -────-'"  !、
      /  ̄`ヽ     ,ィ´ ̄ ̄ ヽ
      ,    ●      ●    ,
      !   , '  ̄`ー-‐‐'" ̄` ,   /    なんだね?ゼンガー。
     ` 、 ! (::::)      O !__/
        i`ー--‐'  ̄ `ー-‐'" l
       ! 、 `ー-、 ,,__/  ,' !
        l  ` 、__,,x<___/  |


365 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 01:58:48 ID:uYoUkIXF



          _// ⌒/ /  ̄ ̄  /   /    / |
        ̄ 7    //-―――/  /  :/   '
      ―=ニ  _ /_  :\  // /  /.:/ /  /
          >―――=ミ  \ / /:/  / /  イ
         >―‐--ミ   \ /  // 彡' /、|     ナナシは……生きていると、思うか?
         '   ノ  ̄``丶、: : : :  / {  / / '    \
         -=========ミ、 \: :}^∨  _/i          まだ、生きていると。
       /-=ニニニニニニ\  /  {  /⌒´
.      /-=ニニニニニニニ=`:〈\  ,
     / ̄ ̄-=ニニニニニニニ \`¨
    /-= /-=ニニニニニニニニニニ=- _


      |ヽ           /|
      |  ヽ_ -────-'"  !、
      /  ̄`ヽ     ,ィ´ ̄ ̄ ヽ
      ,    ─      ─    ,
      !   , '  ̄`ー-‐‐'" ̄` , u /   ……わからん。
     ` 、 ! (::::)      O !__/
        i`ー--‐'  ̄ `ー-‐'" l    私は『接続』されているわけではなく、『独立』している。
       ! 、 `ー-、 ,,__/  ,' !
        l  ` 、__,,x<___/  |    だから、私が生きていて、動いているのは、ナナシの生存の証左にはならない。
        !           くヽ-x
        ト---------------(_ノ、  仮にアレを食らいきり、生きていたとしても深手を負っているとおもうし……もしも。


366 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 02:01:03 ID:uYoUkIXF



          |ヽ             /}
          | \,. -‐――‐--'  /
        /            ヽ.
.        {               }    こちらにいないだけで、『あちら』に連れていかれてただけだとしても……。
        '.             /
.       ヽ..__  ___   <      そこから5年も生存していけている確立は、絶望的だ。
.          /           ヽ、
        / .l         ヽ ヽ、



                              ---=ミ )\
                           \ ̄ ̄ ̄   \  \
                      _-=ニ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``丶、 `、
                      -=ミ\ \―――      \ハ
                    /⌒>ヽ 从:  \        }   ヽ i |i
                         / ァ= |i iミ   -―――=ミ    |从 /|     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                     /⌒ヽ|i | ∨   --‐…━━━‐=ミ∨/     |    ─────だが。     |
              _    「``丶、 /|i | / / /'"  ̄ ̄      \     ゝ______________,乂
             ノ-=ニ=- :|:::::::::::::\ 从 /  /   >'"    _    <
           /-=ニニニ 人:::::::::::::::::\ } /_彡'  >_,,.  -‐ / /ミ
           /-=ニ=-‐≦ニニ\:::::::::::::::::\'  ̄ ̄     ゞ》 '  /\/⌒ヽ
.        /-===- -=ニニニニニ\:::::::::::::::::\  u   ―=≦ _/   ' \
       ,-=ニニニニニニニニニニニ\::::::::::::::/    、    / / /} /
.      /-ニ//-=ニニ/ ̄ ̄ \-=ニ \:::: ∧   __ ゝ'⌒ '/ ´  /


369 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 02:09:07 ID:uYoUkIXF



                           ,、
                        / ヽ
            i:\ _  ‐ =  ニ    ゝ
           い        _zzi     `ヽ
          γ r、     , ,,.≠rッ、       ∨
         /   ヾ≡ソ ノ   .ゞ ⌒ヽ     }    私は信じている。
         ム=- 、 `゙’_ , <´       ',   i
        i  r==,         rn     i  ./    いつかまた会えると。
        |. i!i!i!i!i;〉         `’   y <
        ヽ ー /  ̄  ≧ 、 _ γ   l     私とナナシは、ナナシのお父さんとお母さんが私を買ってきてくれた時から一緒だったのだ。
         `,=,´           丿    .|
.        /./     ,r≦三三三≧ 、    |    今、『たった5年』離れているだけだ。
.       /γ       κΞ三三三三三ミ 、  j
.      / .::/   _ _ ∧三三彡 == 、三三ミ;;,ノ    これまでの、君達との冒険を合わせても『13年』は、一緒だったのだ。
..   /( :::::l _ ≦: : :i三三ミ/     ヘ三三ミz;
    `7´ヽ:::,|:´: : : : : :i三ミミ:/      ',三三ミ;i    ならば、まだ離れている時の方が短い。
.    i_,. ァ ソ: : : : : : : :∨彡'         i三三ミ/
..        / : : : : : : : : :v;           i三ミⅣ     たとえ離れている時の方が長くなろうとも、私は会えると信じ続ける。
.       /: : : : : : : : : : /          .i彡゙´i
      /: : : : : : : : : : /           | : : : ∨


370 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 02:12:39 ID:uYoUkIXF



      r、    }    l     { ヽ      } \              \::} /,
      ! \__/        i   \   _,. -}  ヘ-、  ,. ------z_ ヾ   }
     V            i   ,. : ´   i    ', \       \  /     私とナナシは家族で、最初の友達だ。
      V                j/     :'         ∨       } |
      V            , '     _,.ィ            } --、   r--:'__ノ __    私がナナシを信じないで、誰が信じるのだ。
       ``ヽ、ヽ      {! 、_,.xチ-'´             ,'    ヾ’_ノ _,. <> ´
           V' ,   {`´ ヾ´_ ●         .イ _   _,. <> ´       ナナシのお父さんが言っていた、ナナシも言っていた。
          y'  > 、∧:i  ̄´r、ヽ      _,∠__r{:ハ<> ´
          ∨    `>- ヽ __ノ _,.、..... ィ´ / '、---:'ヾ}´             「借りたモノは返さねばいけない」と。
             ヽ         ̄  _/  /   i
            `ヽ、       ̄  _>'    ノ}                  ならば、私はナナシに会い、この剣を返さねばならない。
               `ー── t: t、:::::::ー─:::':/
                     `ー' ``ー-、:::::{                    だから、会うまで諦めないし、お父さんとお母さんの墓前にも、
                              ヽ::i
                                 ∪                   『ナナシ』の話は聞きに行かない。


371 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 02:14:39 ID:uYoUkIXF



                    {〉ニ=-  _   _    ,__    ハ
                  V〉     ≦          //∧
                 V〉               くハ
                  引    __           V,
                 /     《/心.,           ,ィ笊
                  /       `'≦ミヘ,__,.   ,ィ≦'" ‘,
                   /          ●_,彡 ソ八V ●》   ‘,     私の『人類最強の友達』は生きている。
            {ヾ                =‐ミ     彡ミ  /
          Vハ   ヽ      /     `¨¨¨´  ヽ/__       ナナシ以外で生きられなくても、ナナシなら生きていられている。
           Vハ      ≧=-  ‘, (  ノ     ○/__/ ヽ
.              Vハ      /  ゝ=ニニニ=--=ニ彡/  /      それだけだ。
            Vハ     / //  .    .ニ, 〈___/
             Vハ   / / /         ニ,
              Vハ/ /   /          ニ,
.              とつ/    ,ニ=-  .,_   ____彡=ニ,
                 ゚。゚。    /ニニニニニニニニニニニニニ;



        ̄ 7    //-―――/  /  :/   '
      ―=ニ  _ /_  :\  // /  /.:/ /  /
          >―――=ミ  \ / /:/  / /  イ
         >―‐--ミ   \ /  // 彡' /、|
         '   ノ  ̄``丶、: : : :  / {  / / '    \
         -=========ミ、 \: :}^∨  _/i
       /-=ニニニニニニ\  /  {  /⌒´
.      /-=ニニニニニニニ=`:〈\  ,
     / ̄ ̄-=ニニニニニニニ \`¨


372 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 02:18:57 ID:uYoUkIXF



                 >   、      \  :\    \
                /   :、  \  \ /、  \    \
                i /   {\--\  ィセッフ\へ ―<⌒
                |ハ  从:rtッ' ハ\ ー   } しV⌒>     ……そうだな。
                |  V ∧    { _     ミV / /
                   V ∧    ^    >  ミイ /        【女神】も【精霊】も、【妖精】も、【神々】までもが
                   \彡  -  こ     八:|''
                     \ji、        /:. :.|          『力を貸さずとも私達と旅をしてくれる』と思った人間だ。
                      ヽ:\      ノ: } ハ_  -―‐
                       } 个ー< : : : /-=ニニニニ\    そうそうくたばらん。
                ___ /_  へ⌒ヽ-=/-=ニニニニニニ=\
        ____/-=ニニ /  ̄ \  \ \{-=ニニニニニニニニヽ  私達よりも強かった……否、今も成長しているならば、
      /   /-=ニニニニニニニ \ノ>- '-=ニニニニニニニニニニ }
      {     /-=ニニニニニニニニニニニニニニニニ/-=ニニニニニ:  私よりも強いのだ。
     人 \_,/-=ニニニニニニニニニニニニニニニ /-=ニニニニニニ:|
    /-‐≦三≧ -=ニニニニニニニニニニニニニ:/-=ニニニニニニニ ,  生きているに決まっている。
   /-=ニ=/-=ニニ=- -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ /|


          |ヽ             /}
          | \,. -‐――‐--'  /
        /            ヽ.
.        {               }    生きていたならば、お前に、最初に説教をしてもらいたいものだな。
        '.             /
.       ヽ..__  ___   <                               !?>
.          /           ヽ、
        / .l         ヽ ヽ、   幼いながら、ナナシもお前の周りに女の子が大量にいることを
         /__/|_________)ヽ__`
         W .| .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: } W   少々恐れていたぞ……。
.          l′.: .: .: .: .: .: .: .: .: .:|


373 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 02:22:25 ID:uYoUkIXF



'///,|'/////イ'/,/ />' ∨//////////l/ハ'///〉//〉
//_l'//// ,'/    ,イ¨i   //////////イ|//li//////
l' / l/// 〃     .l | |  //>‐ イ// l|//,|!'/l//〈
..、 .ハ'/          乂丿      .〃 _  从'/////,{/{  クワッ!!
 ヽヽ                       / } /リ.l////人/∧
/ゝ、 '                  し'/' ,':/:/〃. ヾ∧
'////〉     u                ,' ./:/      `
////ハ         ,ィ=-.、       i                   ナナシだって女の子にモテてたじゃん!!
//// ∧         /'/////>..、  :'
 ̄ ̄ ̄:::`ー-..、     `' <'///,/  /                    年上の女の子にさぁ!!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>.、    `¨,...<
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー≦ ´                        俺の事いえねぇだろ!?
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉rヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://.:::::ヽ



寸心、     |  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 ゙寸心.......... U    ,x≦三心 ::::::::::|
zx、寸心、:::::........::x≦ニニ≫''"” :::::::::|
三心 `ー':}::/:x≦≫''"´      :::::〈     だからもっとこう、【妖精王】としての威厳をさぁ……。
三少   ::::::.`”´   __          ::::',
---ミ、       {三}        ::,
:::::::::::::\:::::::::::::::_        i     :}    それにナナシはまだそういうことはわからなかったから、ナナシなりに断ってたし……。
    ::::`ー'"´::::::: \       |     ;
 ィニハ  ::::::::     \    し  , '     周りもこう、うん、一部怖いのがいたが、うん、『子供』として扱ってたし……。
 `ー'’     {三心  ヽ      /
          マ三リ   }: : : : イ、      あと流石に奥さんがいて数人掛け持ちはちょっと……。
-‐''"´ ̄ ̄`ヽ、       ,ノ''"´:::::::::ヽ
         `ー--‐''’   ::::::::::::i      子供は何人いるんですかねぇ……?(震え)


374 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 02:25:58 ID:uYoUkIXF



       ∨∧          ,.イ.::::| ,ィニニ=―----‐ァ
       ∨∧            ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>'´
         .∨∧        /ミ三::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧ミ
           ∨∧      /.::ィ:::::::::::/:::::=ニニlニl=-`ヽ:::::ヘ
          ∨∧    .ノイ::::::::::::/.::::::::::::::::Ⅳ:::ハ:::::::..ハ、∧
           .∨∧      |l/::::::::;'_|:A:::::::::::l|_∨l_∨::::::::i::lヾ〉
             ∨:∧_,...-、.l|::::::::::i ィ二ヽト、/| ィ=ミ、Ⅵ:::::l:l|    霊夢との間に4才の長男と2才の次男。
          ノ'´   〉>' l|:ハ/从lトイl. ヽヾ| lトイ 汁:::::lハ|
        r≦_,}ィ'´ , ´ ̄.Yノ' 从ハ ゞ┘     └゙'  i/リ/,|    1才の長女が居ます。
        ゞ'´ 〉z彡' o _ノ  ノ.iヽ,    ′    ./ノ;ハ|
           ∨ィ‐ミ,.イ ',   从ヘ、  ' -`   .イ/リ'      あとの子達とは2才と3才の子が1人いる子といない子がいるくらいだが?
              `∨.o.ハ∧  ,....-ー≧==rr==≦‐'-....、
                 ∨ .ハ∧〈::::::::::::::::::::::::||:::::::::::::::::::::::;'
               ∨o ∧ 〉ミ、:::::、_:::::::::::||::::::::::::;:::::::イl、
                r.∨_,ィ7//∧、_:::::`ー:||-‐:::´:::::::_:::;::〉、
              >〈//////∧ `ヽ、:::||::::;:: ' ´     > 、



¨¨¨¨¨¨''==- .,           ,, ┐
  ......................   `` 、   ,,''"´:::::::::|
::::::::::::::::. i::::::::::::::::::::::....    ....::::::::::::::::::|
心、  U:::::::: i ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
寸心、     |  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 ゙寸心.......... U    ,x≦三心 ::::::::::|
zx、寸心、:::::........::x≦ニニ≫''"” :::::::::|
三心 `ー':}::/:x≦≫''"´      :::::〈     よーしやめやめ、この話やめー。
三少   ::::::.`”´   __          ::::',
---ミ、       {三}        ::,    教会の所属の最高戦力の女性関係が大変とか嫌すぎるからねー。
:::::::::::::\:::::::::::::::_        i     :}
    ::::`ー'"´::::::: \       |     ;                     許されてるし、霊夢との子を最初にしたから……。>
 ィニハ  ::::::::     \    し  , '
 `ー'’     {三心  ヽ      /     そこさえ守ればルール的にいいだろうが倫理的にアウトだろって言ってんだよ。(半ギレ)
          マ三リ   }: : : : イ、
-‐''"´ ̄ ̄`ヽ、       ,ノ''"´:::::::::ヽ
         `ー--‐''’   ::::::::::::i


375 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 02:29:48 ID:uYoUkIXF



                .::::::::::{:::::::{::::/¨∨::{:::::::::::从:::|::::::‘,゚,
                ,′::::/{:::::::{_厶ミ、}:/{::::::::/{⌒i:ト、:::: }::::゚。
                 厶ィ}:/ :{:::::::l/爪;)` {:::/斧㍉ヘ}::::::}\:゚。    (改宗を視野に入れよう。
                {/:{r‐{ハ、{.乂ツ   {/  r{)} }/乂: }  `¨
                   乂{.八人{      i: `¨ {! {:::}┘       逆に旅について行ってそうなるようなら敬虔な信徒になろう(決意))
                      }\__、    r‐   、  .从}l┘
                 └ヘ:::::}\  \_ノ  / _         で、この後はどうするんです?
                  r‐=ニ ̄ ̄ ̄}        .イ{_/  \
             {-=ニ二二}  }     ̄{i:i:i:i:i:i:i{ rヘ、}       僕はここでゆっくりできますか?
             ∨二二ニ}  }     /{i:i:i:i:i:i:i{ {二ニ{
                _}=-ミニニ}  }_,  \乂i:i:i:i:i{ {ニニ{
            /二ニニニ\ニ{=<\\_   〉⌒i{r┴ =く
         /二二二二二二二ニニ}< ><::>{ニニニニ゚,


                     〉   :.、    \    \   \\    :\:.. .:\
                 /∧   :.、  .:.、\\  \、   \\ヽ     :ヾ \ ヽ
                   i/:/:〉  ヽ:ヘ\  .:ヽ :\\ィへ\\ \ヾ` : 、   .:ヘ `ヽ
                   |/ / ヘ Vへ\\ 、__∠ヾイ__`ヽ\\ヽヾ\ :\ :\!        できるわけないだろ。
                   ′|: .:|!\ 代メヾ7 \  ヘ之 イ  \!:Y⌒ヾ\ヽ :\ ヘ
                  \!ヾiヽ\/\  `ヽ\     〈  :lと、Yヾ、、 :.ヽヽヘ                       ですよねー……。>
                   从, く               j  ,いソ八: : :\\\ヽ
                        ',  ヾ "            ,ヘ_ノ  ノ: : : . . . :ヾ!`ヽヽ   四天王の経験値を得てしまってかつ、一定のレベル、
                         ミ、  -―― -      Ⅵ/´ |: :. 彡⌒ミヾ\
                          ヾ   __,,,,       イ/:   |: : : >―<⌒ヽ     才能を持っているなら逃がすわけないだろ。
                         ',           /  //   | /     ヽ
                         ' 、     _ .イ    /    |′            君には第2のナナシになってもらう。
                    r‐―――‐≧=≦才、_____,,r┴───‐ュ
                  V___「 ̄ ̄ ̄ ̄:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:::::::::::::::::」 ̄〔        ナナシ程強さが無くても、そう扱わせてもらう。(決定)
                    }、r:、__:j_ :::::| [ ̄ ̄|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| ̄ ̄]::|:FニニY


376 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 02:32:26 ID:uYoUkIXF



        \        {:乂{:::::::::/::::::{i /           乂乂`ヽ、  {┐./:::::::::_/i〉::::}::::::::ん':/
         \__    ∨:l{:::{::::{:::::/{l:::{ __ -く \       `ヽ、  / /::: //i/::::::’::::::::::::/
          ⌒ヽ-=ニ∨乂}:::::::/ jl/(/  `\\}   /⌒ヽ    \_/ /}/:::/i/::::::,′::::::::/
           ∧∨: : :.∨i:i:}::::/ ,′        } ::    └=ニニ=ーヘ、/ ’{┐:/i:/: :: /:::::::::::/
           ∧∨ :_:_乂i:i}:;′{          /.::   /       (\\/ `∨i/.:::: /:::::::::::/
                ∧∨ニニニV}{ノ┴= 、    /..:::   {      `¨  }i   /i/:::::::/:::::::::::
                }く二ニニ/     `~´ ̄¨´ /\  〉、         }l  ク′::::/::::::::::
                {\ニニ{    / ̄ `ヽ_/´\:::〉 ヽj\_     /  /:/{_/:::::::::/
              {: :{\l{、  / ∠二>.、\:ヘ、         `ニ=<  厶l/...::::: /〉
            \: ::{:l{ .八  |/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iト、\〉                /⌒Y{ ̄_/
         二>o.\{l{   :∧  {i:i:i:i:i:i:i:/¨゙\i:i:i\          / }   /i{ ノ_/
          二二\{l{   :∧  {i:i:i:i:i:i/    \i:i:i\ \       _,ノ_/  /_〈_/_/
              二二从   ∧ ∨i:i:/       ∨i:i:i\ }     ├'’ /二二二
                二二h、  /\乂i:{       }i:i:i:i:i:i:} }i  乂__/二二二
                   二二\   /\`~¨¨¨¨¨¨\_,}i:i:i:i:i:/.八/二二二二二
                    二二\   /\ ―‐ `ー>ーく.//二二二二
                     二二\   /〕Oo。。。。oO〔/´二二二
                      二二ヽ  \_    /二二二



        ' { / / /         \__
      /  {  //   -――――=ミ: \⌒
      _〈__\  ̄``丶、`丶、 丶、 ミ    \ \
    /⌒',       \  \ \ \   \ \
  / '>' ∧ `、 \ \ \\``丶、 ヽ :\   \(     ナナシと違うところは、我々が君を鍛えるところだ。
  /イ ' 八 `、 /, \ \ イ⌒ヽ -―――<´
    | i| V{ヽ <rtッ\ {\  ハ 〉 〉   /ミ   ヽ   それを行いながら、四天王を倒し、魔王を倒し、
    |八 ヽ Y\\  ヽ __)ヽし/  / /⌒
    '  \ ノ  \    ーイ/   /∧ 〈_        『外なる者』に備える。
         ヽ' ´  _       八从, ⌒ V:-=ニ\
         \'      /: :   r―'-=ニニ }     ……そのために、【勇者】パーティーをもう一度、結成する。
           ヽ   /: : . ノ  /-=ニニニニ人
           ゝ-<: : : :∨  , -=ニニ=- :i:i:i:\   あの時のメンバーであり、現時点の、人類の最高戦力である、他の3人を連れてな。
         /-=ニニ} ハ: : {   i-=ニ/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i =‐----


377 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 02:33:52 ID:uYoUkIXF



      |ヽ           /|
      |  ヽ_ -────-'"  !、
      /  ̄`ヽ     ,ィ´ ̄ ̄ ヽ
      ,    ●      ●    ,    そうなるな。
      !   , '  ̄`ー-‐‐'" ̄` ,   /
     ` 、 ! (::::)      O !__/     ……で、最初はどこに向かう?
        i`ー--‐'  ̄ `ー-‐'" l
       ! 、 `ー-、 ,,__/  ,' !
        l  ` 、__,,x<___/  |
        !           くヽ-x



                /   :、  \  \ /、  \    \
                i /   {\--\  ィセッフ\へ ―<⌒
                |ハ  从:rtッ' ハ\ ー   } しV⌒>
                |  V ∧    { _     ミV / /         順番はもう決まっている。
                   V ∧    ^    >  ミイ /
                   \彡  -  こ     八:|''           ある意味、昔の道筋をたどることになるぞ?左衛門。
                     \ji、        /:. :.|
                      ヽ:\      ノ: } ハ_  -―‐      ナナシとの旅の道筋をな。
                       } 个ー< : : : /-=ニニニニ\
                ___ /_  へ⌒ヽ-=/-=ニニニニニニ=\
        ____/-=ニニ /  ̄ \  \ \{-=ニニニニニニニニヽ
      /   /-=ニニニニニニニ \ノ>- '-=ニニニニニニニニニニ }


378 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 02:37:48 ID:uYoUkIXF



        |\___/|
       / ヽ    / \
      /   ●    ●  丶    ともすれば、
      |  / ̄\__,. ─ 、  |
      ヽ | (⌒)   ○  | /    最初に向かうのは……。
       ` \_, ─、__/´
      /        \
      \ イ   ゚    ゚ ヽノ
        W______|
       /          〉



            /' -―━━-
        // /  /  ̄ ̄``丶、
        { i i{ /_――――  \
      -=∨ ミ ̄ ̄ ̄ `丶、       \
      / / 「\ ``丶、  `  \ \ \^ヽ
     // 从: \   `   \ \ \ `、
    /  ' / | i|   \    \   \ \ i    【大女神教】。
      i i |八: \  \_  \ヽ-=ミ ハ
      | ∧ i伐ッ 、 \<\ \⌒ヽ_ \ ノ    聖地『ミレニア』。
      {  、{ ∧\ ゞ'\:トY^ヽ__\⌒
          V_   \  ミ ノしノ\-=ミv     そこの現大司教。
      __  ム`  -   ミ/⌒Y⌒ヽ
     //i/i/i/i/i八    イ ///八__       『大女神教指定【勇者】』、最高のヒーラー。
.    //i/i/i/i/i | 个-<_r――,  /\\
   //i/i/i/i/iハ}= | 〉   |====|≦/ /i/i\    カズマの魔法の回復や補助適性が高いコトを考慮すれば、一番教練に向いている者。
   i i/i/i/i/i/L_|==|{ _/====il/ /i/i/i/i \


379 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 02:44:31 ID:uYoUkIXF



__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
               ,. -‐-、--- '⌒ヽ
                 /,.ィ ,    ヽ.  ト\
                , ' ,イ / /  { ! |ム  |  ',
            / /' |ィ|' |!  |T| ヽ |  |  ,
              ,:' ,ハ |イ- 、  リ|ム」_:!  !、 .}         セイント
            ./ /_,.- 代_:ハ/ 弋_:}イ  j、_{\       「”聖”の古代文字を名前として持たされた者。」
             { /!   ハ` ''   ` '' j ,ハ `ー-r- ミ、, -─- 、
              | /ヽヽ/ /:::、 マ )_ィ| ∧  \ \___    ̄ ヽ )
          ヽ上│1ノ, >`こイ│lン´マムl゙く、 ゝ \ヽ
           ./7ノ ム´./フl^l''ll介'丿  マ/ム ヽ-ゝ  }
          /‐丿 .l> ! ゙介i┌` >、   .マ/ム、 ゙--_ /}
      __l  / _ノ__/ l /ンン--ミ_.│ニ\__  ヾム -  \,- 、
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
               /::/::::::/::::Y⌒::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::/:::::::/:::::::::::Y::::\:::::::::ヽ
            /:::::::::::/:::::::::::/::::::::.:l:.:.}:.:.:.:.:.Y:.:.:.:.:.:、
          /:.:.:./.:/:.:.:.:.:.:.:.;:.:.:.:.:.:.}:.:.ト:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.ト、
         /:.:.:.:/:.{:.:j.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:斗‐ヽ‐:.:.:}.:.:.:.:ノ:.:.ヽ
           //:.:./:.:.:.:.:{:./:.:.:/:.:.:i.:.:/.:.:./ノ  }:.:}:.{八/:{: :/
        {/{.:.:.{:.:/:.:.:.:{:.ィ7フ{/ヽi:.:/r_,,斗=j/ :{: : : : ゙、{
        ゝ 、: : :{: : :λ: :{ _ {(   "  ノ { : : : : : : : \
            ノ) i: : : : : i\l''"~`     / : :乂: : \: : : : :`ヽ    「白蓮だ。」
        / :ノ人 {: : : {`ー-.、   '' __ { (: : : : ̄`ヽ : : : : : :}
        / : : : /: : \トミゝ: : :}   < ノ  ̄癶 } : : } :} : }: : /
      {: : : :∥{: : :/ :ノ: : } :}: :ノ> ..__     /l⌒ノ  ノ ノ ノ /        【続く】
     人: : :j : い: { /_:ノノ / 辷 、}__ ̄   iノ{  / \ 廴__
       Y {  ヽ/:::::/  ハ(ー〈::) __  ̄ ̄   乂_(:::⌒\ `ー-    ̄ヽ
       人   /::::::::::乂_(_::::::::::)〕  ̄   _/::::::::::::::::::::\ー--、   }
  >-‐彡    /::::::::::::::::::/:::::::::::::::{三三三ニニ气::::::::::::ヽ:::::::}   ヽ) /
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━



380 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/11/02(土) 02:45:47 ID:uYoUkIXF
筆が(予定通りの道筋だとはいえ)滑ると長くなるな!!
では寝ます!!オタッシャデー!!

381 : 梱包済みのやる夫 : 2019/11/02(土) 07:08:19 ID:ym6uM8fr

こうして一人の若者が地獄に落ちていくのか。

382 : 梱包済みのやる夫 : 2019/11/02(土) 09:01:20 ID:P5PTFs6E
乙でした

383 : 梱包済みのやる夫 : 2019/11/02(土) 09:26:28 ID:rNpdMzVz
乙でしたー
ナナシ君は生きてるかな

384 : 梱包済みのやる夫 : 2019/11/02(土) 16:48:33 ID:hryKiPdg

座衛門がいい男すぎるな。
ナナシにはぜひ悪趣味とかなく無事であってほしい。

385 : 梱包済みのやる夫 : 2019/11/02(土) 19:16:01 ID:ul30wVTE
乙ー
やっぱり面白いな

関連記事



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-36374.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13