以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-35547.htmlより取得しました。


我が敗北 「お前のことが……好きだったんだよ!!」ホットドック編。

目次

5764 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 15:27:12 ID:qa0Bl6sO


            トウソウ
───── 我が 敗北 シリーズ 「お前のことが……好きだったんだよ!!」ホットドック編。



      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN    「唐突だが、私はホットドッグなる物が大好物だ。
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i     どのぐらい好きかっていうと、たとえ満腹であっても
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ     ホットドッグのある映画館では100%(ガチ)でホットドッグを買って食うぐらい好きだ。」
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"
   `i, `r、    ..__`_  ,リ       ホットドッグを要求する!!!(店員さんに向けて)
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /                                 お飲み物はー?>
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i      コーラのLで。
             ト  ヾぃ  )  L,,_




5765 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 15:29:57 ID:qa0Bl6sO



    !i゙ ;'   ,i  ,! ,/!,i,iハト, i, !! |i', ゙i; i;;;';';,,_ミ:: ;;, リ
    lv',ィ' ,;;;i 〃;/ リ.リl| !l゙:,ト,゙:、li;'、 i:.゙i;..;;;;;;;,ヾ ;;:〈   「でもこれだけではどのぐらい好きかは伝わらないであろう。
   ,ィ,ィ/ ,,;;:;;イ,/シノン' ノ ゙l! ゙'いミ`ミゝミゝ、゙';;;;;;;;;;;;;'v;;;i
  '" / ,;;-''シr--=、∠,,__゙、 ゙ゝ,;≧-─ミーi;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   ではどのぐらい好きなのか、という例をもう一つ見せたい。」
   i゙i゙  ;;ヘ | ーt‐:ァミ:`、` ' '<"t::ラー- |;;;ハ;;;;;;;;;;i゙
   ゙;゙、 ( ハ,!  `""´'  ゙:   `' ` ´   ノ;リ ,i;;;;;;ノ
    ゙:,゙:、.ヽ,ミト:       ,  :.      ケノ./;;ャ'′   休憩中にまた出前が……!!
      `:、`ー;      ,'.  :::,     '゙フー';;l゙
       ノ,;;;;゙ト     `ー-‐'゙     /};;;;;;;l、      「私の家には、休憩中にも出前の電話がかかることは少なくない。
      ,ィ'ス、;;;|`、   -‐ - ─-   /,.};;;;;;;;;;「
      _」 ゝ、;;;l ;゙:、   '''''''   ,ィ゙ 'ク;;;:;:;;;;」       電話してくる方のパターンも決まっている。
  _//   `:'、 ゙; ゙' 、      ,ィ'゙ ;'ク:::::::::::;`;、_
 '"/  l    r‐`i゙:,  `ー---‐''゙  「..:::::::::;ィ^!;;;;;;;;;;;;    私は器が小さいから、休憩中に出前が入ると少々不機嫌になる。ちっせぇなぁ!?
     ゙!   |:::::P"⌒`ヽr~''⌒`く! ::::::::i゚_ノ,;;;;;;;;;;;;
      |   ,l:::::::|   / バ    ,l :::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;    で、行く場所も大概決まっている。」
      ゙: /:::::::::゙i    ヽノ    l ::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


5766 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 15:33:32 ID:qa0Bl6sO



  | | :|    |  _、<>''"   ||_, ‐ ¨          _ -ニ⌒.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:___/.:.:.:.:.:.:.:.|
  | | :|  _、<>''"|| x===ミ''"__    _  -  ¨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_  -= ¨.:.:.:. |.:.:.:.:.: .:.:.|
  | | :|<>|    /.:.:.:.:.:.:.:. \.:.:.:.:.:. ̄/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,. -= ~.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.: |.:.:.:.:.:. :.:.|
  | | :|'"   | -ァ゚.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、.:.:.:/.:.:.:.:_,. -= ~.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_⊥_.:.:.:.:.:..:|
  | |_」 ‐ ¨  ,:゙.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Y-‐ '"~.:.:.:.軽食.:.:.:.:.:.:.:.:__   -=ニ二二ニ=- \.:.:.:|
  | |     _,,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|喫茶.:.:.:.:..:.:_,.  -=ニ二ニ=- T ¨”: : : : : : : : : :|\|
  |-‐  "~.:.:′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._」  -==ニ二ニ=-  "~ : : : : : :.::|: : : : : : : : : : :.::|
 ノ_ ニ=-.:.:'"|.:.:.:.:.:.:.:.:._,,  -=ニ二二ニ=-幵”:.:|: : : : : : : : : : : : :∧ : : : : : : : : : :.:.:|
「.:.:.:.:.: .:.:_  -=ニ二二ニ=-' ¨ ||   | |  | |: : :∧: : : : : : : : : : : :/ ‘,  : : : : : : : |   「近所の喫茶店だ。
L-=ニ二二l丁|丁 ̄   |_,、 -||   | |_|_l: :/ ‘, : : : : : : : : :`¨¨¨´ : : : : : : : : :.::|
| |─r… ニ||||| ̄ ゙̄|   __|| ̄_| l__ | : :`¨¨´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:|    喫茶店に、私は出前に行くのだ。
| |ニi|i 丁丁||||   :| | ̄.:.:||| | | | |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:|
| | |:|i ||||||   :| |.:.: .: ||| | | | |: | ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : : :|¨¨¨¨¨¨¨¨|    あるお客様は、その喫茶店にほぼ毎日通ってらっしゃる。
| | |:|i ||||||   匚]|.:.: .: ||| | | | |: : ̄ ̄_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:|匚]┌┐ |
| | |:|i |||||└─‐┘_|__.:.:.:||| | l ̄ ̄|  _⊂⊃⊂⊃⊂⊃⊂⊃ l |⊂⊃⊂⊃|     そのお客様が、私達の休憩時間、あるいは我が家の準備中の
| | |:|i |||||  ./ ̄l   |─||| | |:  | |二二二二丁二二二二丁⊂⊃⊂~|
| | |:| | ̄ ̄||| /   ̄/ ̄___,||| | |.  | |_⊆⊇⊆⊇__⊆⊇..⊆⊇|=======┥    10時ぐらいに電話をしてくるのだ。
| | |:| | ̄ ̄|||:/    /ミ彡~¨||| | |____|  |⊂⊃⊂⊃| |_  |⊂⊃|(⌒) (⌒|
|_|___,| |二二||/____/ ≦≧.__||| | |     ̄ ̄””¨¨    ─ ̄二⊥ ̄ ̄~~゙丁¨¨¨ そして、そのお客様から電話がかかってくる我が家の開店前、あるいは休憩時間
ニ=- |_|    |┴| |¨了| ̄|  |  ||└Τ ''..┬ 弌v     v%%x       ̄ ̄””|
    斗f七Iて_~ └=ニ_`¨´ ̄-二_ニ=-⊥ _| ̄ ー┬丁 'ー┬ュ w※※v,  |   に注文の物を持って行っていた。今日もそうだ、開店時間の11時、
          ニ=-  _~^'' |     ~"'' ー-=二_ニ=-∟|___   | | | ̄  ¨゙丁:!  |
       <::::::::::::::::::::::_ - ⌒ニ=-  _      ~"' ┬-=ニ三ニ┴ ..,,_  |_,| |   その直前に持って行った。」
         >-=ニ⌒        ⌒ニ=-  _    |     ~"'' ー-=ニ王,_  |
                             ̄二ニ=‐   __       ”^''|


5767 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 15:37:42 ID:qa0Bl6sO



      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ     毎度ありがとうございまーす。
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"
   `i, `r、    ..__`_  ,リ       「私は正面から入る。正面からだ。
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /         喫茶店に寿司屋の白衣を着た人間が、正面から入ってくるのだ。
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i      商品を持って。異様な光景だが、この喫茶店ではもう当たり前のことだった。」
             ト  ヾぃ  )  L,,_



       , -=ーx  . -.、
    , -v′:::::::::`´::::::::ヽ
   γ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
  _.」::::::::::::::ト、_ノ>-rヘ::::::}
  /:::::::::::__メ´        `ア{
  ゝ:::_ノ   , -、   ⌒  {ル
  (::ハ、          リ    いつもごめんね?
   ^へ、 、、)  、_ァ   . ′
      `ー--ェェ< ̄                        いえいえ。>
       ,.,イ::::::::::|トx
      /:::|.  ̄ ̄ V:::ヽ    「ご注文をされるお客様は、その店の持ち主であるお母様とお友達なのだろう。
     ./::::::::|       V::::}
     .|:::::::::|      .{:::::|    両名とも、大変品の良い方である。」
     .|::::::::|!       .|:::::|


5768 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 15:40:27 ID:qa0Bl6sO



  .:l′                     . ̄ ̄^‐y
  .}      _    ,,v、              .\
  )、     .,,厂フ冖''へ,,\              {
  ,ノ  .,,、v-'″.'′    ″.¨''''''''エ゙〕         .|
 |′  |               .`゙'-、       .(}
 }  l^}      ._,v-u,        ^'<¬!     .¨'l    はい、これ。
 .\.ミ 〔      .'′  .′  ....,,,_    .| .}      }
   ゙'巛               .゙l.    ′\     .}
    ゙|        、、、,__     ″     _ノ  .,,v‐″    「そして、そのお客様がいつも出前を持って行くとくれるのが─────」
     (.       (,  ´ア    _,.  ._,,,. ¨゙} ノ
     .^\,_     ゙─‐'′  .r'″.,,,,ノ .〔v-^ ,ノ
        .^'‐v.,_        |  :l′  〕v-┘
           .⌒''ァー--v、、..,,,,,,,,,〕   ノ
          ,r‐'l^⌒'冖'''^-y,,_  .|   〕
        ,ノ|  .|     .ノ ゙ト-,厂¨¨゙).
       /′]  ~-vv、、ノ  :| .゙┐  )
      .ノ゙ z .〕         .}  .〕   ).



             / ‐_‐_‐_,∧+_+_/////\ =_=_=_=_=_=\ ‐_‐_‐_‐_‐|‐_‐_ ∧
            / ‐_‐_‐_‐_,∧+_+_+/////\=_=_=_=_=_=_\ ‐_‐_‐_ |‐_‐_‐_/ヽ
.           / ‐_‐_‐_‐_‐_ ∧+_+_+_/////>─-- ..,,____ > ´ ̄ヽ|ー_ー_,/+*|
           / ‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_|+_+_+/\/γ⌒>~r''"´.: .: .: .: .:.:.:j|‐_‐ /+*+|
.          / -_-_-_-_-_-_-_-|+_+_+レ'⌒ヽxX爻⌒⌒>、.: .: .: .: .: .:/:|_‐,/+*+*i|
         / ‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_>─<xX爻爻⌒'<⌒ヽ⌒'<⌒ヽ/\|/+*+*+ |\
         ノ ‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐γ⌒><⌒水⌒ヽ_ノ⌒><⌒\/__,∧+*+*+*+i|  ヽ
       / ‐_‐_‐_‐_‐_‐_/〈  /^丶 )へ爻⌒.:.:.:√ ̄〈《》<⌒\/.:.:∨+_+_+_+|ヽ  ∨
       { _--_-_-_-_ イ  ノノ   )'^ c爻.:.:.:.:.:(()).:.:{厂 ̄>⌒>'゚.:.:.:.:.:〈 +_+_+_+,| ';  ∨
       八 ‐_‐_‐>'゚:γ^y'.:.:.:`爻爻 __ノ(.:.:.:.:).:γ⌒乂__ノヽノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> _‐_+_+|  }  }    「そのお店のホットドッグ、
.      /‐_‐_  /: : :/(.:.:(爻⌒V⌒V爻.:.:).:ィ⌒ヽ;:;:;:;:;:;:ノ;:;:/.:.:.:.:.:.:.:.: / | ‐_‐_ー|  }  ′
     /-_-_-/: : / (γ⌒(.::;::::「 ̄人/ ̄乂γ⌒ヽ(⌒く⌒>.:.:.:.:.:.:./ニ‐八  ‐_ {\  ,′     あるいはサンドイッチである。
    ,/‐_‐_‐/:.γ´  乂.:.:ノ.:.:>'^'' '' '弋.:.:.:.:.:厂乂__ノ(())ノ{ 〈.:.:.:.:./ニー ‐_\  { /\
   ,:'゙/=_=_=/  { . . . .ノ⌒>'゚     . . : :.:.:.:.:.: : ::/(()).:.:ノ( ノTニ─   _‐_‐_\{- - 一>    私の家族のことも考えて、
.  / /=_=_=_{  {: : : ノ.:>'゚      . : : : : : : : : /;:;:ィi{刈;:;:jノ^ヽ(+*+*+* _‐_‐_‐_‐_`ニア´
 / /‐_‐_=_={  ゝ _(/       . . : : : : : : ,。:'((;:;:;:;:{Jシ.:.:.:.:()).:)ノ*+*+ _‐_‐_‐_‐_‐_ ア       大概3つ分をくれる。」
 {/‐_/^\ {  / /      . . : : : : : : : xi(;:;:;:;:;:;:;:;:()).:.:《《.:とう爪*+* _-_-_-_-_‐_ァ'’


5769 : 梱包済みのやる夫 : 2019/09/29(日) 15:40:57 ID:idNQnz+S
うーんいいなあ


5770 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 15:42:27 ID:qa0Bl6sO



          _,.、-‐''''"""""""'''ー- 、
        ,、-''゙             ヽ
        /  ,へ     ____..:.::::l
     /    ゙ー' ,、-‐''"´、 、__ 、_ ``'〈
      l     ,.-'゙、 、 ゝ、`  、` `、 ゙:、
     ゙、_,.-'゙ ,小、ミミ、'ー゙ニ'ー`ー`:::`ヾ:ヽ,::';
      リ,  r<,'_゙、`` _ッ=,ニ,、`゛`!::::,:- 、:::::::l    ありがとうございます!!!!
      'ハ、、ト (で!>i ´ 、:゙‐'::'  リ ,!/'i l:::::/
.         l  ´ノ 、  `    ノリ > !:::i゙
         l  i.. ,...':      /゙,ニ-'゙::::ト、     「特に前述のとおり、私はホットドッグが好きである。
.         ゙、  r─- 、     / !、:::::リ
          ゙、  l,Z二ノ   / ノ;''"^:、      特にそのお店のホットドッグは非常においしいので、
           ゙、 `二´   / ,.r'゙..:.:.:.:::::::゙:、
        ,、-',ニ\__,.、-'ニr''゙  /゙、:::::::::::.`ー- 、   頂いたのがサンドイッチではなくホットドッグであったときは、
    _,,.、-''",ィ 「  f" `7´   |゙:、 ゙、/.::::::::::::::.:.:...
  ー''" '''"´  l ハ !        l::::゙:、 ':;:::::::::::::::::::::    機嫌が直る。本当に、直るんだよ。そのぐらい私は好きだし、そのホットドッグは美味しいんだ。」
          l,' ヾー- ..,,,.. -‐'゙::::::>;'/`ー-- 、,,_


5771 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 15:45:36 ID:qa0Bl6sO



  | | :|    |  _、<>''"   ||_, ‐ ¨          _ -ニ⌒.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:___/.:.:.:.:.:.:.:.|
  | | :|  _、<>''"|| x===ミ''"__    _  -  ¨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_  -= ¨.:.:.:. |.:.:.:.:.: .:.:.|
  | | :|<>|    /.:.:.:.:.:.:.:. \.:.:.:.:.:. ̄/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,. -= ~.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.: |.:.:.:.:.:. :.:.|
  | | :|'"   | -ァ゚.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、.:.:.:/.:.:.:.:_,. -= ~.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_⊥_.:.:.:.:.:..:|
  | |_」 ‐ ¨  ,:゙.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Y-‐ '"~.:.:.:.軽食.:.:.:.:.:.:.:.:__   -=ニ二二ニ=- \.:.:.:|
  | |     _,,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|喫茶.:.:.:.:..:.:_,.  -=ニ二ニ=- T ¨”: : : : : : : : : :|\|
  |-‐  "~.:.:′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._」  -==ニ二ニ=-  "~ : : : : : :.::|: : : : : : : : : : :.::|
 ノ_ ニ=-.:.:'"|.:.:.:.:.:.:.:.:._,,  -=ニ二二ニ=-幵”:.:|: : : : : : : : : : : : :∧ : : : : : : : : : :.:.:|
「.:.:.:.:.: .:.:_  -=ニ二二ニ=-' ¨ ||   | |  | |: : :∧: : : : : : : : : : : :/ ‘,  : : : : : : : |   「─────だが、
L-=ニ二二l丁|丁 ̄   |_,、 -||   | |_|_l: :/ ‘, : : : : : : : : :`¨¨¨´ : : : : : : : : :.::|
| |─r… ニ||||| ̄ ゙̄|   __|| ̄_| l__ | : :`¨¨´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:|    そのお店も、まさしく『今日で』閉店となるのだ。
| |ニi|i 丁丁||||   :| | ̄.:.:||| | | | |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:|
| | |:|i ||||||   :| |.:.: .: ||| | | | |: | ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : : :|¨¨¨¨¨¨¨¨|    正確に言えば、その店の『喫茶店』としての部分が閉店し、
| | |:|i ||||||   匚]|.:.: .: ||| | | | |: : ̄ ̄_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:|匚]┌┐ |
| | |:|i |||||└─‐┘_|__.:.:.:||| | l ̄ ̄|  _⊂⊃⊂⊃⊂⊃⊂⊃ l |⊂⊃⊂⊃|    『コーヒー店』としての部分、要するにコーヒー豆の販売はやるらしい。
| | |:|i |||||  ./ ̄l   |─||| | |:  | |二二二二丁二二二二丁⊂⊃⊂~|
| | |:| | ̄ ̄||| /   ̄/ ̄___,||| | |.  | |_⊆⊇⊆⊇__⊆⊇..⊆⊇|=======┥    今後は宅配などで、対応するらしい。
| | |:| | ̄ ̄|||:/    /ミ彡~¨||| | |____|  |⊂⊃⊂⊃| |_  |⊂⊃|(⌒) (⌒|
|_|___,| |二二||/____/ ≦≧.__||| | |     ̄ ̄””¨¨    ─ ̄二⊥ ̄ ̄~~゙丁¨¨¨  実はここはウチの出前先というだけでなく……我が家で呑むコーヒー豆の、
ニ=- |_|    |┴| |¨了| ̄|  |  ||└Τ ''..┬ 弌v     v%%x       ̄ ̄””|
    斗f七Iて_~ └=ニ_`¨´ ̄-二_ニ=-⊥ _| ̄ ー┬丁 'ー┬ュ w※※v,  |    いうなれば『仕入先』なのだ。故に、今後もお世話にはなる。」
          ニ=-  _~^'' |     ~"'' ー-=二_ニ=-∟|___   | | | ̄  ¨゙丁:!  |
       <::::::::::::::::::::::_ - ⌒ニ=-  _      ~"' ┬-=ニ三ニ┴ ..,,_  |_,| |
         >-=ニ⌒        ⌒ニ=-  _    |     ~"'' ー-=ニ王,_  |
                             ̄二ニ=‐   __       ”^''|


5772 : 梱包済みのやる夫 : 2019/09/29(日) 15:47:13 ID:idNQnz+S
美味いコーヒーに美味いハンバーガー、サンドイッチ、ホットドッグ
俺も超好きだわ


5773 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 15:47:39 ID:qa0Bl6sO



      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ    「なので、私の好きなそのホットドッグは、今日でお終いなのだ。」
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ     …………。
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"       「私は、それを出前を持って行く時に知った。
   `i, `r、    ..__`_  ,リ
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙         いや、正確には今月で閉める、というのは知っていたのだが……
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_        閉めるのが今日なのか明日までかどうか、定かではなかったのだ。」
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i
             ト  ヾぃ  )  L,,_


5774 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 15:50:13 ID:qa0Bl6sO



       , -=ーx  . -.、
    , -v′:::::::::`´::::::::ヽ
   γ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
  _.」::::::::::::::ト、_ノ>-rヘ::::::}
  /:::::::::::__メ´        `ア{
  ゝ:::_ノ   , -、   ⌒  {ル
  (::ハ、          リ    今日もありがとうね。
   ^へ、 、、)  、_ァ   . ′
      `ー--ェェ< ̄      「いつも通り、私は商品を運び、お客さんに渡し。」
       ,.,イ::::::::::|トx
      /:::|.  ̄ ̄ V:::ヽ
     ./::::::::|       V::::}
     .|:::::::::|      .{:::::|
     .|::::::::|!       .|:::::|


       |::::_i_:::::::::::彡  /     j/     ´ ̄`ヾ´ ̄ヾ::} \
       |::::::!::::::::::::/        |            ぃ  j:/    ',
.        〉- 、::::::::/    ---―====          ||  !′  │
       /⌒ヽ∨/       __        ハzュ., ,ノ′:     |
        | : . { リ     .r===ミ      ___   `ヽ /
       :, :..〈                  =ミ:、    /
    ,..---ぅ、:_.:〉                      /           「そこのお店の店員さんと話した。
  フ::::::::◇::::::ゝ..__              l       〃
/::::::::::::>''"´/ | i             /:.     〃            お客様からの私達へのお土産が、出来上がるまで。」
''"´ ̄    /  .| |                        /´
       .′ 1 :.        r―-  .. _         ハ
         ′  .!   、    :.  `¨¨¨l::>    /  \
      .′   ハ   \    \___/    /    \
      i    ∧     \          /         \
      |     ハ     \      ィ            丶.,


5775 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 15:51:38 ID:qa0Bl6sO



               _________/⌒}__r-、
.        ,.  -‐  ´   /⌒}__r-、  /;'´,ィ(ソft'/}   ‐- 、
.       / .        /;'´,ィ(ソft'//;'´,ィ(ソfti/;': ;|   ./ア=/ フl
    / /.      /;'´,ィ(ソfti//;'´,ィ(ソf/ア=/ フl  / ´. : / /. :!
   /  /     /;'´,ィ(ソfti//;'´,ィ(ソf/ ´. : / / .l/ ´,ィソf/ /. : :|、 ヽ
.   /  /.     /;'´,ィ(ソfti//;'´,ィ(ソf/ ´,ィソf/ / ; '; '. ;{ソfz/ / . : /  ヽ \
  / ./    /;'´,ィ(ソfti//;'´,ィ(ソft; '; '. :{ソfz/ / / / ,ィソfz/ / , : /     ',  ヽ
 ,  i   /;'´,ィ(ソfti/,'´l f' (ソftイ/ / ,ィソfz/ / / /. :{ソfz/ / , ; /       ',  i
 |  {  | f' (ソfti/,'´. : | |. ftz〃/ /. :{ソfz/ / / / ,ィソfz/ / . : /        !   |   「今日お客様から頂いたのは、
 i  l  | |. ftz〃 ´. : ;.,..'LL_|ル{ / / ,ィソfz/ / / /. :{ソfz/ / . : /       }  |
    ', LL_|ル{ {,; : :/    `^/ /. :{ソfz/ /. :{. {. : .ヾ゙/ / . ; /         ,'  i   サンドイッチだった。これも本当においしい物だ。
  ',   ',    `^ヽ:/      {. {: : ,;ヾ゙/ /. : ;.,'.;: .Y´ ;.ノ, : :/        /   /                             ツイ
  ヽ. ヽ             '.,: .Y´ ;.ノ. : ;,/  '.;_{ `i. : ;/        /   /    いつか朝から食べたいと思っていたが……終ぞ、叶わなかった。」
    \. \               '.;_{ `i: : :/     \i/        / /
     \ ヽ、           \i/                  / /
       `ヽ、 ヽ、 ________________.x<´, ''´
         `ー―――――――――――――――――‐ ´


5776 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 15:53:57 ID:qa0Bl6sO



      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ      いつもありがとうございます。
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"        「私はそれを受け取った。
   `i, `r、    ..__`_  ,リ
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙          だが、私はそのお店のホットドッグを、
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_        最後に食べたいと思っていた。」
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i
             ト  ヾぃ  )  L,,_


          _,;r''"                      ゙i
         ,r'' 〈;;K〕       _,,;::ニ-ー-----=ニ::,,_ ,ノ
         {         ,,:ニf'l"    ;; :, ,,     `l;,
         ゙:、,,,___,,;r''i" i l | li   li li; li;;,,     ゙ii;
         _;f     ゙ツ,川;  l l l llli;i,  'lii;llliilllllliii;;;;;;;;,,,,liiiii}    「なので」
          ら'"~  _,,ツ 川トミヾミミト,llllliii;;,''llliiillllllllllllllllllliiillll}
          {i" 〃ア~;;;ニ._゙ヾ__三ニ=-゙ミミ゙;iillllllllllllllllllllllllllllli}
          ゙i,{ ,{{ ゙i "モji:、 ;'" -''モj-=;,   ji;lllll''""゙;;llllllllllツ    ……昼の仕事が終わったら、
           ゙ヾミ、゙l;  ̄ l:: ::..'  ̄ ̄   ,ノツツ i'" ,ノlllllllツ
             ゙リ':l;  l: :::::;,_       ,;ツ' i ノ;illllli;'     個人的に、お店に出向こう。
               'l ゙:,__:-''        _,il-''";llllli;'
                'l; ー─--     ,,r''ノ ゙ミ;illlllli;;ミ;、      「こうすることにした。」
                ''i;, ゙"""    ,,;r'' ,/  ツ'llliiツ l
             _,;:-''"~''i:,    _,::r'".:::: '_,;ニ-''''~~   :l
       _,,,,,,;;;:-ァ"ヽ  /~'===テ"ー、r''''""   _,:-ーi  :|゙'-::,,_


5777 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 15:58:01 ID:qa0Bl6sO



                  ,. -‐―――=ミ、
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:...、
                 〃::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:、
             {:.>―‐-=ニ三_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                /::::::/:::::::::::::{::::::::ヽ:: ̄-..._:.:.:.:.:.:.:.}              「昼の仕事も忙しかった。
           彳::/:::/ト、::::::::::::\::::::::\:::::::::: ̄:- ノ
             V::::::{ jL斗=ミ、::::\::::::::`ー=彡::::::::ヽ               だが、忙しい部分というのは予約であったから準備できた部分も多くあり、
              乂い ´fiメ、   `Y:ヽfミ、ヽ:::::ヾ:::::::}}
               ノ  ヽ      从::ハr' }::::}:::::::}i:::::リ              言う程疲れも溜まらなかった。
                f^        j/}/ ,ノ:::/::::::::::}::::乂
             `T´__         / {:::::::::{::::::::::八_:::::ヽ             仕事もスムーズに行った。
                   `{ `       / i八ト、ト、 _,.-=ミ::::}
               `{      ,./  i!  >'’:.:.:.:.:.:.:.:.:.:jノ、           ……そして、私は昼食を少し少な目に摂り、
               八 _,.イ∠  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,.:.:.-=ミ:.. 、
                     ̄   〉.:.:/ヽ:.:.:,.:.:-‐<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\     その喫茶店へ、自転車で向かっていった。
                        ,〈:.:.:ヽ//、:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                      /,.ヘ:.:.:.:/:.:.:.:j>――‐=ミ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ   距離的には自転車で行けるのだが、商品を持って行くため、基本そこへは車だった。
                    {  {  》':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、
                        ヽ /i{:ヘ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、 少々新鮮であった。」
                     冫:.:i{:.:.:.〉:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|::::}i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、


5778 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 16:00:42 ID:qa0Bl6sO



       |::::_i_:::::::::::彡  /     j/     ´ ̄`ヾ´ ̄ヾ::} \
       |::::::!::::::::::::/        |            ぃ  j:/    ',
.        〉- 、::::::::/    ---―====          ||  !′  │   「来店すると、最後であるからか……店はほぼ満席だった。」
       /⌒ヽ∨/       __        ハzュ., ,ノ′:     |
        | : . { リ     .r===ミ      ___   `ヽ /
       :, :..〈                  =ミ:、    /     あらら!今日はどうしたの!
    ,..---ぅ、:_.:〉                      /
  フ::::::::◇::::::ゝ..__              l       〃
/::::::::::::>''"´/ | i             /:.     〃
''"´ ̄    /  .| |                        /´
       .′ 1 :.        r―-  .. _         ハ
         ′  .!   、    :.  `¨¨¨l::>    /  \
      .′   ハ   \    \___/    /    \
      i    ∧     \          /         \
      |     ハ     \      ィ            丶.,


      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ  個人的に、来ました。
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"                  そうかい!あ、【あのお客さん】からちらし寿司もらったよ!ありがとうね。>
   `i, `r、    ..__`_  ,リ
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙      こちらこそ、いつもありがとうございます。
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_                    はは、で、注文は?>
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i
             ト  ヾぃ  )  L,,_   ホットドッグを3つ……持ち帰りで。


5779 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 16:03:48 ID:qa0Bl6sO



                /: : : : : : : : : :|: :|: : : '. : : : : : : : '.
            /: : : : : : : : : : :ゞ:{ : : : |: :! : : : : : : ,
             |: : : : : :!: /:/:V: : \: : ト ハ:j : : : : : i  ← もう一人の店員さん
             |: : : : :.ハ ハ:|::::V、: : : :/::|l:::|ト、: : |: l:|
             |: : l: :|:|::リ´リ`ーリ:∨:/::-リ‐リ´l| : !:.N
             |: : l: :lリ r''マシ`  j/  マシ''y リ!:/ :|
.             八/ヾj                リlハ:|    あー、すいません、ホットドッグ、あと1つ分しか残ってなくて……。
             ト、 :       ′    //
             リ ゝ.!         u  'イ      3つ別でつくりますか?
                   }:、     __     /
               ハヽ   ´―‐`  /
                 }ハl`  .. __ .. ィ::{
               r< ノ        |ハ!¨>、
               |  `ヽ     / ̄  /



          〃  . : : : : : jii l l ト、 ', : '; .:.:.:.:.:.:;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:',
           l1 . : : : : : :jii l i トト、;;;;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;`、
            l1: : : : : : ィイリ 川 ヽト、;;;ヽヽ;;;\`ヾ;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙,
          /イ: : : : ;.ィイソ   '、ヽー====-、ミミヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
        〃,': :.j ィイ  ̄二ニヽ   ';.:.:-モテ=`ヽ )ハ;;;;;,r‐ 、;:;;;;;;;j!   いえ、ホットドッグは一つ頂きます(鋼の意思)
        lハ{ i j j;;',  ィてテン.;,   ``゙゙  ̄`   !;;;;レイ !;:;;;;;;;!
          `ヾ从;;;;;',  "゙ ´ ,′:        ノl/リ ) ,!;;;;;;;;!            わかりました。じゃぁのこりは……?>
           `ヾ从;;;',    ノ ,::.        ′ノソ/;;;;;;;;j!
                `゙゙j!   (  `::.:.        、_ノ;;;;;;;;;;j!    2つ……あ、ベーコンサンドを頂きたいです。
                 ノハ    `゙゙"´        /, j;;;;;;;;;;;j!
               jハ    ー===…'    / ,゙ {;;;;;;;;;j!                    はい。>
                 ゙、   、 ___ ,,     / .,′ ;,;,;ッツ
                   ゙、        __ /_ /_ ヾツ-‐…┐  「なんとか、最後のサンドイッチを手に入れた。
         /´ ̄ `¨` ー-`ト、       /        .:. :.:.:.:.:::::',
          //.::::',   ,.‐くソ ` ー=ニ,'.::::::.! .:r‐ '''"´rカ!.:.:: ::::::',  正真正銘、最後であった。」


5780 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 16:06:40 ID:qa0Bl6sO



      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ   「それらができるまでは店を見渡していた。
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ    満席だ。私で丁度、席が埋まった。
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"      ここは、経済難で潰れるような店には見えなかった。
   `i, `r、    ..__`_  ,リ
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙        となると……もしかしたら、事前に決めていたか……税率等の問題だろうか。
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_      税率も変わり、レジなどを買い替えるなら、そのタイミングに、としたのだろうか。
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i
             ト  ヾぃ  )  L,,_   それは解らない。だが、少なくとも今日で最終日であることは、変わらない。」


5781 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 16:08:57 ID:qa0Bl6sO



       |::::_i_:::::::::::彡  /     j/     ´ ̄`ヾ´ ̄ヾ::} \
       |::::::!::::::::::::/        |            ぃ  j:/    ',
.        〉- 、::::::::/    ---―====          ||  !′  │
       /⌒ヽ∨/       __        ハzュ., ,ノ′:     |
        | : . { リ     .r===ミ      ___   `ヽ /
       :, :..〈                  =ミ:、    /     「そして、その商品が出来上がった。」
    ,..---ぅ、:_.:〉                      /
  フ::::::::◇::::::ゝ..__              l       〃    はい、どうぞ。
/::::::::::::>''"´/ | i             /:.     〃
''"´ ̄    /  .| |                        /´      これからもよろしくね。
       .′ 1 :.        r―-  .. _         ハ
         ′  .!   、    :.  `¨¨¨l::>    /  \
      .′   ハ   \    \___/    /    \
      i    ∧     \          /         \
      |     ハ     \      ィ            丶.,
      |       ∧     ` ーァ/  /               `ヽ、
      |      ∧        //  /                  |’:,
      |        \    /  ./                       | }



      / ̄二ニ= 、     __, --―==ニ二≧.__
.      / /   、  \  // ス、   -=○≠‐ゝ,-‐ `ヽ
     レ'/   ヽ\\ `< .イ / -‐=≠ニ二_ / ̄ `   }
     レ'  , -‐  ハハ ト、 ':. |-‐ _,.=ァテ从:. (_、 ̄`  '.
     |  // //  |li ト、,(] |.ィ=彡'/ル'‐-ハト、ヽヽ    >―=ァ‐―--
     |/// /    | l 川ト、ソ ル'.:://(  行㍉ヽ ノハ_;ハ  _/  r‐'   ̄    ありがとうございます。
     |//       | l' ムィ斗くハ:l八   `ニ=  (fハリ:j:;>く.{  ノl\
     |/      | ト、::::V人ゞ リ          _、〉/:イ   \ニ{ ヽ\      ……ええ、これからもよろしくお願いしますね。
     '         | |',ハ::::)ノノフ′     __ 、_ ´/人ゝ    `ヽヽ\\
     ,         | |'i 川'((.:/      ´ ¬` /         \ ー==ミヽ    「私は、その商品を持って帰った。
     |        , リ/{/ ̄ ̄`ヽ\     /               ー=、 ヽ
     |       ,' //     //lト.\_ ..ィ_              \     自転車に載せて、その店から出た。」
     |       , //l\ー-=// | \_|_,ヘ ∧ー‐≠ニフ ̄ ̄ ̄ フ77ア广
     |        l l/ |ヽ \ //、__,l`ヽ   ノ}/ ハー-=ニ、     / // //


5782 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 16:11:38 ID:qa0Bl6sO



              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ.
                 /: : : : : _: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧
             l: : : : : l、i<l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ
           、__,.>: : : : :  ̄__,.r-=ニ二三三二ニ=‐-ャ.、_: : ::_リ
           /:::::::`.ー=-=‐ハ l, lヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::三∧
             l::::;イ::::::::::::::::::ソ ll ',l ∨:::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
           ' l::::l:::::::,ィァ'‐-、ヘ ` ∨ヘ::::::::::::::::::::::ミミャ、::::::::::::::::l    ……。
            'ヘl:::::::l  r,ャ‐ヘ    ̄≧ニゞ、ヘ::::ミャ、::::::::::::::::::::::/
              `ヾ;リ `'ー‐,'    ヘiテ ヾ、 ` ` ァ:::::r=-、:::::::::::l    「何と形容すべきか。
                 ):l.   /     ゙`ー'´    /::::,'r´` l::::::::::lヽ
                    'ヘl.  ′            ,イア/ >ノ l:::::::::リ    ノスタルジー、という気持ちなのか?
                      l  ` -  ,        ,イ/  /::::::::/
                   l     _             ,ィー'":::::::::::/     分からないが、感慨深く帰路につき、自分の店に帰り、
                 ヘ.   ̄ `'        /l:::::::::::::,ィ´
                    /. ハ           / l:::::::r(         2つサンドイッチを1階の店のスペース、その”裏側”である
                /: :〈∧        <   j:::::::リ
                  /: : : :`ヾ≧ュ - <     l  ̄`丶.        厨房スペースの机の上におき、ホットドッグを自分の部屋に持って行った。」
          _ ,.,‐ "l: : : : : : : :∧ヘー、-──‐-ャ〈、 ヽ.: : : :


5783 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 16:14:16 ID:qa0Bl6sO



            / ‐_‐_‐_‐_,∧+_+_+/////\=_=_=_=_=_=_\ ‐_‐_‐_ |‐_‐_‐_/ヽ
.           / ‐_‐_‐_‐_‐_ ∧+_+_+_/////>─-- ..,,____ > ´ ̄ヽ|ー_ー_,/+*|
           / ‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_|+_+_+/\/γ⌒>~r''"´.: .: .: .: .:.:.:j|‐_‐ /+*+|
.          / -_-_-_-_-_-_-_-|+_+_+レ'⌒ヽxX爻⌒⌒>、.: .: .: .: .: .:/:|_‐,/+*+*i|
         / ‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_>─<xX爻爻⌒'<⌒ヽ⌒'<⌒ヽ/\|/+*+*+ |\
         ノ ‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐γ⌒><⌒水⌒ヽ_ノ⌒><⌒\/__,∧+*+*+*+i|  ヽ    「いつもの形と匂いだった。
       / ‐_‐_‐_‐_‐_‐_/〈  /^丶 )へ爻⌒.:.:.:√ ̄〈《》<⌒\/.:.:∨+_+_+_+|ヽ  ∨
       { _--_-_-_-_ イ  ノノ   )'^ c爻.:.:.:.:.:(()).:.:{厂 ̄>⌒>'゚.:.:.:.:.:〈 +_+_+_+,| ';  ∨  それを、私は躊躇なく食べた。
       八 ‐_‐_‐>'゚:γ^y'.:.:.:`爻爻 __ノ(.:.:.:.:).:γ⌒乂__ノヽノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> _‐_+_+|  }  }
.      /‐_‐_  /: : :/(.:.:(爻⌒V⌒V爻.:.:).:ィ⌒ヽ;:;:;:;:;:;:ノ;:;:/.:.:.:.:.:.:.:.: / | ‐_‐_ー|  }  ′  何故か、躊躇は無かった。」
     /-_-_-/: : / (γ⌒(.::;::::「 ̄人/ ̄乂γ⌒ヽ(⌒く⌒>.:.:.:.:.:.:./ニ‐八  ‐_ {\  ,′
    ,/‐_‐_‐/:.γ´  乂.:.:ノ.:.:>'^'' '' '弋.:.:.:.:.:厂乂__ノ(())ノ{ 〈.:.:.:.:./ニー ‐_\  { /\
   ,:'゙/=_=_=/  { . . . .ノ⌒>'゚     . . : :.:.:.:.:.: : ::/(()).:.:ノ( ノTニ─   _‐_‐_\{- - 一>
.  / /=_=_=_{  {: : : ノ.:>'゚      . : : : : : : : : /;:;:ィi{刈;:;:jノ^ヽ(+*+*+* _‐_‐_‐_‐_`ニア´
 / /‐_‐_=_={  ゝ _(/       . . : : : : : : ,。:'((;:;:;:;:{Jシ.:.:.:.:()).:)ノ*+*+ _‐_‐_‐_‐_‐_ ア
 {/‐_/^\ {  / /      . . : : : : : : : xi(;:;:;:;:;:;:;:;:()).:.:《《.:とう爪*+* _-_-_-_-_‐_ァ'’
 ',/*+*+*沁,〈/ : . .   . . . : : : : : :。ィ(+*+‘∵;o-─:∵゚+*+・*+ _‐_-_-_-_-シ゚


      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ  ……うまい。
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"     「きっと美味い間に食べたいと思ったからだ。
   `i, `r、    ..__`_  ,リ
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙        いつもは持って帰っても、食べれるタイミングが遅く、
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_      冷めていたりするからだ。冷めていてもそのホットドッグが美味いのは知っている。
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i
             ト  ヾぃ  )  L,,_   だが、温かいうちに食べたかったのだろう。」


5784 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 16:17:34 ID:qa0Bl6sO



          _,;r''"                      ゙i
         ,r'' 〈;;K〕       _,,;::ニ-ー-----=ニ::,,_ ,ノ
         {         ,,:ニf'l"    ;; :, ,,     `l;,
         ゙:、,,,___,,;r''i" i l | li   li li; li;;,,     ゙ii;
         _;f     ゙ツ,川;  l l l llli;i,  'lii;llliilllllliii;;;;;;;;,,,,liiiii}    ……美味いな。
          ら'"~  _,,ツ 川トミヾミミト,llllliii;;,''llliiillllllllllllllllllliiillll}
          {i" 〃ア~;;;ニ._゙ヾ__三ニ=-゙ミミ゙;iillllllllllllllllllllllllllllli}   本当に。
          ゙i,{ ,{{ ゙i "モji:、 ;'" -''モj-=;,   ji;lllll''""゙;;llllllllllツ
           ゙ヾミ、゙l;  ̄ l:: ::..'  ̄ ̄   ,ノツツ i'" ,ノlllllllツ    「そして、今に至る。そのホットドッグを食べきり、
             ゙リ':l;  l: :::::;,_       ,;ツ' i ノ;illllli;'
               'l ゙:,__:-''        _,il-''";llllli;'      私がホットドッグが好きであるということをスレに描き、その店の事とかを、書き込んでいる。
                'l; ー─--     ,,r''ノ ゙ミ;illlllli;;ミ;、
                ''i;, ゙"""    ,,;r'' ,/  ツ'llliiツ l     私は今、キーボードを叩いているが、
             _,;:-''"~''i:,    _,::r'".:::: '_,;ニ-''''~~   :l
       _,,,,,,;;;:-ァ"ヽ  /~'===テ"ー、r''''""   _,:-ーi  :|゙'-::,,_   その横には、まだホットドッグを包んでいたアルミホイルが広がっている。」


5785 : 梱包済みのやる夫 : 2019/09/29(日) 16:19:50 ID:idNQnz+S
これは、なんというか感慨深いなあ


5786 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 16:19:55 ID:qa0Bl6sO



      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN    「この後には直ぐ仕事だ。休憩も実質、いつもより短い。だが……。」
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ     やりたいことをやれたしな。
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"       有意義に休憩時間を使えた気がするな。
   `i, `r、    ..__`_  ,リ
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙       「何となくだが、休まった気がする。」
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i
             ト  ヾぃ  )  L,,_


5787 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 16:23:43 ID:qa0Bl6sO



           ,ィ´: : : : :..:.:.:;;:;:;;::.:..:丶、
        /: : : : :.:..::::;;;;;;;;;;;;:;;;:;;;;::...:.`ヽ、
.        /: : : : :.:..::.::::;;;:;!;;i;;i;;:i;:;;;:;:;;;::.:...: ゙ヽ,
       / : : : :.::.:.:;;:;:;:;;ィ;j!;i|;i;|;ゞk:;;;:;;;:;;;:;:;::..`,           トウソウ
      ,!: : : :.:.:;;:;;;::::;;イノィイ,ハいヽミ、;;:;;:;;;:、:.|     『我が 敗北 シリーズ 「お前のことが……好きだったんだよ!!」ホットドック編。』
       レ: : ,,;;:;イ,/ノン/-ソ一ヾ`ヾーl-ゞ;;;:;::.:.:.,!
       i.; r r‐ュ;:;;;;' ,ィでユン   /,イテ、 リ;;;:;.:ン
       ゙リ,.:;! rヒ;;:リ     ´   ;.     ,!;:;ソ´
       ゙:,: :ヽ,ゝミ        ,!   ,!;/      皆さんにもこういうコトを感じるお店がある、
       ゞ;::;;:;フ         `ー'   /'′
       'j;::;;:リ. 、    ー==‐  /         あるいはあったのでしょう。
        ヾ;jト、 \    ー  /
          /  `ヽ、 `丶、 ___,イ!、          もしかしたらまだ無いかもしれないし、いずれ会うのかもしれませんね。
     _,,.、-〈      `ヽ、    //ヽ
r=一'フ´     \     ,>ー< ヾ,/,!ー- 、_      ……少なくともこんな私にも、こういう店はあったようです。
-‐'"´       \    Λ   〉、  /    `''ー- 、
               \/ ヽ  /  ヽ'                                                 【終わり】
                  /⌒ヽ


5788 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 16:24:42 ID:qa0Bl6sO
ではそろそろ仕事に戻りますー。
「あのお店」っていうのは、結構思い返せば……っていうのはあるよね。

5789 : 梱包済みのやる夫 : 2019/09/29(日) 16:30:46 ID:idNQnz+S
乙でしたー
ありがとうって思うよね

5790 : 梱包済みのやる夫 : 2019/09/29(日) 17:45:09 ID:3WDGSn9U
せやね…俺も、何時もの店にカツ丼を食べに行って、翌日閉まっててファッ!?となったが、後に聞くと本当は今日で閉店と伝えたかったらしいが、
何時ものように嬉しそうにカツ丼を頼むのを見て言えなかったそうだ…馴染みの店が閉まるのは、辛い

5791 : 梱包済みのやる夫 : 2019/09/29(日) 19:15:41 ID:uyX9Pyy9
まるでイッチの好きだった相手(ホットドッグ)が「故郷に帰って結婚するの」と言ってきた的なエピソードだ

関連記事



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-35547.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13