以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-33623.htmlより取得しました。


目次 やる夫は封印されし魔王だったようです





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                    ncx
   `\,,       \     \     \   ヽ、.      {:と::)   l.    l    |.     |    i
     `\,,        \      \.    \   ヽ、    /⌒ヽ   ヽ    !.    !.   |     l
        `\,,      `\     \     \.  ヽ、 ////ヽ/〉    ゙i,   ゙i    |.    !.    !    ./ /
          `\,,      \    _______ 、,. -‐…‐- ミ//// '′    ヽ.   !.   |...  |   i. ../ / ./
゙ ‐-,,_          \,,     .\   /: : : : : : : : : : : : : :.ヽ/   ヽ.   i.   !   i   .l   , ./ / ./
    ゙''‐-,,_        `\,,    ____ //: : : : : : : : : : : : : : : : |、.     ヽ  ヽ
゛‐ 、,,     ゙ ‐-,,_       `\, {::::_::ヽ/: : :./:/:./: |: :| : i|: : :.:八
   .゛''.‐.、,,   ..゙ ‐ .        |/'⌒∧-: :| :|:ハV_i: :|:_」LV: :}: : ミ/}
       ゛''‐、,,   ゙ ‐-,,_    〈こ)//∧::{ハハ〈で)ヽ|〈で):}:./: :;ヽ}/____
           ゛''‐、,,   ゙ ‐-,, ∨///∧\八 ' _     イ从ノ/////ー‐x
              ゛''‐、,,    ∨///∧, 、 、<⌒\ ⌒ヽ___彡  /////⌒\___
"'' ‐- ,,.._              ゛''‐、,,  ∨//////\丶 》/////} :}}////////////,\|___
      "'' ‐- ,.            〃∨______ ≪/()///ノ:////////////////,\|____
           "'' ‐- ,.       }}///////////,`ー一'"/ヽ////////////////∧/
`゛¨ '' ‐- ...,, _        "'' ‐- ,. }}///////// 人,.へ____彡'/////////////////〃∧7
         .`゛¨ '' ‐- ...,, _   / //////// /////|i///////////// ,   ――――  -   、
                  .  /////////// //////|}///\ー一:, ; '      __       ヽ
                        }|//////// ,′//////,:|}/////  /   _ノ ≦三三三≧_`ー ニ、_  \
                       }|////////,|,/,///////|\/////  ,/ r-、ヽ三三三三ニ7 l⌒ヽ il}   ヽ
────  ,rー: 、 ────── \//////,|,/,///////|:i"゙゙ヽ  /  {li! 、_ノ ム三三三三ム ー'  リ    '
     ,....._ ゙、   `ヽ            \////|////////  |  | ,'  >=─、彡⌒三三三ニ⌒ヾ´ ̄ ̄`    ',
    i   ゙i. \   ム、      ____,,,,,.....  \/,|///////// |  |  ,r-、    {     三三    }        i
____,,,,, ヽ  |_,.r''`   `ヽ ~ ̄            ∨\|{´ ̄ ̄     ̄  .ヽ    \___ , ヘ __/        |
     `、    __,.、_  ゙l.゙    _ ,,... -‐ '' "´    ヽ----t   r----‐′    |:::::::::::::::::::::::::|          ,'
  r‐-:'゙   /    ゙!   l                 /   /  |  |   ,.r.、      !:::::::::::::::::::::::::!         ./
  !    ,,   ! ,r:、_,ノ   /   r‐――¬'''''゙|    i´ ̄ ̄ ̄    ̄   .ヽ,     |.エエエエエエエ.|          /
  `、_/ l  l(、    / .   し,,-,  ,,/    ヽ-----   r------'  _  └‐───‐┘___
      l   l `¨¨´      _/`.,,/`      |:::o::| ,'    ゙、       ,iー┐ ,i¬、
       l  l      ,/`  .“゙ ̄ ゙̄'''-、   乂_丿/  ,∧. `:、      !  i ̄´  : ゙'i
━━━━  l  ', ━━━ | .,,,-'ニ二 ゙゙゙̄'i、 ゙l  ━  /  / ゙、   ヽ ━━ |  |'ッ-  i‐′ ━━━━━━━━━━━━━━
━━━━  l  ', ━━━ ゙‐'゙,r'"`,,,, `ヽ 丿 .│  ━ , '  /   `、   \━ l  :|  ,.  `'、 ━━━━━━━━━━━━━━━
          |  i        |  .!、,7  "′,,/   /  ,. '     `、  ,r'   :l-'''''.l: ゙'゙   /
        ヽ-'´       `'-、___,―'"`   ヽ_/         .\/    ヽ....人,,,,..-゙´
.
              ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                封 印 さ れ し 魔 王 だ っ た よ う で す
              ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



第一話 本場のスライムは割と強いので気をつけろ
第二話 中世ファンタジーだと高等教育はだいたいチート
第三話 突き刺さってる伝説の剣は何故か錆びない
第四話 ゴブリンやオークの繁殖力はだいたい異常
第五話 中世ファンタジーの飯はだいたい美味しくない
第六話 たまにはサブタイが後出しになる時があってもいい
第七話 別れはいつも唐突
第八話 魔王は食わねど高楊枝
第九話 中世ファンタジーにラーメン店は存在しない
第十話 覚醒
第十一話 中世ファンタジーは魔導学園の夢を見るか?
第十二話 蓼食う虫も好き好き
第十三話 特待生のお仕事って書くとなんかエッチな響きを感じる
第十四話 プリズン・ブレイク・タイムアタック!
第十五話 戦闘準備!



関連記事
[ 2019/08/03 09:49 ] 目次 | TB(0) | CM(0)



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-33623.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13