以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-33412.htmlより取得しました。


路傍の果ての英雄譚 18

目次

1889 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 21:23:04 ID:jZAdzb+2





                                / '" ,.-'--――--`ヽハ!_ヽ、     '   ∨
                               {二二二ニニニニニニニ=-_  , -'
                                 ヽ==二=ニニニニニニニニニ>、
                               {二二二二二二二ニニニニニニニ7
                                  /ニニニニニニニニニニニニニ,-='
                              /二二二ニニニニニニニニニニニ{、
                                  <ニニニニニニニニニニニニニニニ=-、

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「少し遠出する事になった。」
. .┃|(
. .┃|))  「彼」が夕食時にそう告げたのは、セイラを保護してから5日程が経った日のことでした。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




1890 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 21:27:57 ID:jZAdzb+2



                                    ,....-へ-. .、
                                     ,. :'´: : :/: : :.ヽ: : :`: .、
                                    /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
                              , :" : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : :.゚.、
                                /: : : :/: :.l:/.l:|: : :.l: ト、: : : ヽ: : : : ゚,
                            {:.: : :.:{:.,'_」l斗ト; : :|: }弋.‐-: :',: : : : ゚,
                            |:.: : : :.:!r==ミヾ.゚,: :トノ.r==ミ }: : : : : : }
                            |: ; : : :.{乂ヒリ.  ヾ{ .ヒリ少.|:.: : : : :l:|
                            |ノ| : : l:|           |: :| : :l:从
                                  |ハ: 从     !:.       |: :l : ル′        遠出? 依頼か?
                                 ゚;小            .从:}:/
                                  ∨ト、.   ー_¬  , イ:.:/ ′
                                 r―‐--┴――-、_,.イ.__レ'___
                               /  > . - ―一 ´ ̄    ∧
                              __/      > . __       / .〉
                          ___f´  > .        `ヽ.      ∧
                         f´         `> .- ――…―.--/ ノ\
                         { , .- ――――≠ .._ `≧――一 ´一′ _>―┐
                        >ii´ニニニニニニニニOニ人    > ._______> '' ´  .} .}.\
                    /二||ニニニニニニニニニニ/.  \ー―一/ |ニニ\ー-ミ__/一′ニ\
                       iニニ.||二ニニニニニニ二/    ヽ┬ ´   |ニニニ ー―一 ´ニニニニニニヽ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「ええ」と、普段は館の管理やそれに付随する役割などで生計を立てているらしいレンに答え。
. .┃|(
. .┃|))  「ちょっと、翁からの依頼がまた。」
. .┃|(
. .┃|))  「あの人も随分気に入ったなぁ、お前のこと。」
. .┃|(
. .┃|))  それだけなら良いのです。 あの人は、「彼」の事情を汲んだ上で幾つか依頼を提示してきました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1892 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 21:31:12 ID:jZAdzb+2



                                   ト、__
                               .ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.` ::.... 、   ,ャ--、
                               ,:':.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ヽ厶---ミx
                          ,.ャ--、   /:.:.:.:.:l!:.:.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:f   l!    !
                       .--"―‐- ミ/:.:.:.:.:.: ゙、 :.:.:.:.:.:. \.:.:.:.:.:. |   l!    !
                        f     ゙,  .′:.:.:丶:.:.ゝミュ:.:.:.:.:.:.>,:.:.:.!   l   |
                        ∨    i   !:.:.:.:i:.x⌒ヽ:.:\` ーミ⌒  l  ,.==ミ、 .}
                       ∨   __l_.i:i:.:.:.:ヘキ==ミxヾ〉   ィ斗テレ’    i
                        ツ /    jハ:.:.:.:.:i弋zソ \     ゙ ー' |_ r‐ォ r、|ヽ
                       ゝf     /:.:.:ヽ:.:.:!       ′     ノ¨  ̄   ヾ:ハ        ああ、その話。
                      :     /:.:.:.:.∧:.:!          〈 / ̄ミxrノ:.:.:ハ
                          キ./〉〈/:.:.:.:.人 ヾ:ゝ    f_!    ノ∨     | ヽ:.:.ハ\      私も聞いてるけど、急ぎのが二つあるって。
                          ∨ ./:.:.:.:/  i`ヽ/>.       イシ/ ヽ.    l  :.:.:.ハ. \
                           {_./:.:.:.:/  i!  ヽ-ノ\  ̄  ノ j ハ  ∨   |、  、:.:ハ.  ヽ
                            /:.:.:.:/   .l!   .}| /ヽ./ヽ " i l  ∨   ! ト、 i:.:..ハ    、
                       /:.:.:.∧    l!   .!|/ 丶/ / \! 、  .}ミ、 } l ヾ:.:.:.ハ    :.
                        /:.:.:.:i! i.゙.   ∧   ノ__j_./ ム--'--「ヽ.ノ \j"   |:.:.:.:ハ.    i
                         /:.:.:.:.:l| l ソ / /      `ソ       ヽ \ /   |:.:.:.:.ハ    |
                        〃:.:.:.:.:.l| ` ヘ/ /       .:           ヽ ∨    !:.:.:.:.:ハ   i!
                         //:.:.:.:.:.:.l! ./ / .′                  ゙ }     |:.:.:.:.:.:.i   |

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「恐らく、その何方かだと思います。」
. .┃|(
. .┃|))  「彼」が選んだのは、大量に出没した子鬼の討伐。
. .┃|(
. .┃|))  ――――それも、今までは子鬼の影も形もなかった地方の小さな領での物でした。
. .┃|(
. .┃|))  妙な違和感と。 そして、呼ばれているような錯覚を覚えたのです。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1893 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 21:31:15 ID:jKpzVcB/
厄介な案件だな(確信)


1894 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 21:34:29 ID:jZAdzb+2



                                   /⌒ヽ       / ⌒ ``ヽ、
                              >''"/   ヽ─-   //⌒ニ| !!. ',
                         /   /           `丶、-=ニ/ || .}
                                        \    \-=ニ 〃 ノ
                            /              \     \ 〃/_
                      /   /      {     \        イ : : : : :>、
                         /  / |   \      \      ´ ̄ ̄ \:.\
                         /    ./  / .|     /\     \  \  \.    \ \
                   /         |.   /   \      \  \  \    \\
                      / ⌒7      /-‐‐ |   /  -‐‐- \     `、  ヽ、  \    '; : :,
                     / /   /     |   {       !\    `、  ',\  ∨   }: : }
                          /        八                  `、   ヽ ∨   !: : !
                        { イ  ,イ {笊竿ミ ヽ  ヽ.ィ竿竿ミ } |  :|\   ', }     }  .j: : !
                      ∨|   | | ' 乂ソ   \ } Vzソ   / !  :!  \  ∨  .} .ノ   /: : ;
                         八  | |乂 \、、、 '  }/  、、、/    :|  ノ ‘,  '  ノイ  /: : /       ……一人ですか?
                     \| l   |⌒          ⌒7 /  イ     .}      /: : /
                          |  八      _ _   u / /  /| :!    } /       ⌒ ´
                          |  |s。       ./ / /  /..|/   ノイ
                          |  |      - イ: : :__.    /
                          | |  .|    >''~`、/  { | /_
                          | |  .|>''" /|:|\   .! !    ニ=- __
                          | |  .}  /  八  \ | ./        ≧=-、
                          |    八//  |    .|/!     /⌒ ヽ   ヽ
                            /|  / 〈   /  ト、__/| |   /: : : : : : ∨ /
                       { |/   \_/ ./ |___ノ ∨/: : : : : : : : : ∨
                       /乂 ‘,    /  !     /: : : : : : : : : : : : W
                        / 乂  \  ./  |    イ: : : : : : : : : : : : : : :}

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「推定数から考えて一人じゃ絶対無理だって。」
. .┃|(
. .┃|))  一応翁の方からも、見所がありそうな新入りに声をかけるとは言っていました。
. .┃|(
. .┃|))  ですが、此方からも何名か連れていきたい。
. .┃|(
. .┃|))  ……そう告げれば、椅子をガタッと鳴らして立ち上がる複数名。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1896 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 21:38:17 ID:jZAdzb+2





                               l//三三三三三ニ==、:::::| ̄ ̄
                                l三三三三三三三三三三>
                              __/三三三三‐-三三三三三l
                            /:::::<三>'TTT T::`<ヽ三三三>
                            //::::::l|・ ・| | !iiiii! .l:::::::::::::::`ヽ三三>、
                            //::::::::::::l|・ ・| | iiiiii .!:::::::::::::::::::::::::::/ニニl

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  何故そんなに立ち上がっているのかが分かりませんが、取り敢えず黙りました。
. .┃|(
. .┃|))  そうすればすぐに座る複数名。 微妙な空気が流れました。
. .┃|(
. .┃|))  「……取り敢えず、此処から3~4人は連れていきたいと思ってる。」
. .┃|(
. .┃|))  誰にするかはまだ決めていない、と。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1897 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 21:42:27 ID:jZAdzb+2



                                         --ミ
                                       // ̄ヽヽ
                                -‐……‐- { {--< .} }ヽ
                               /.: : : : : : : : : :. :.\ ∨/ } } ̄\
                            :: : : : : : : : : : : : : : : : :\| |_//   /
                               /: : : : : : : : : : : : : : : :.'/: : :.ヽ 〈   /_
                           /: : : : : : : : : : : : :|: : : |: :'/: ヽ: :/,_/   〉
                         : : : : : : |: : : : |.:. .:.|: : _: :'/: :/,: :/,   /
                            i.: :. :. .:._l.斗: :.|: : :i|: : : |、:`'/: :./,: :/,\
                            | |: : : : :.| |_ハ__八___,、zz-| : : /,: :/, \
                             八|'/: : : :|_,、zz-     ̄ ,,,,|.: : :./,: :/,  \
                         | \_:ハ ̄             |:.:. :.:./,: :/,   \     (不味くない?)
                              \:|:: 仏'''' u  __ , /|: : : : /,: :/,   /
                             |: :.|.: :. :.)iト   ._  /|_;,;|: : : : :/,: :/, / ||
                             /: : |.: : :. :.| : : __〕   人/|.: : : :. :.}: :/, || ||
                         /.:..:.人: : : :.| ̄\      / ::.: : : :./ヽ.:.i || ||
                           /|.: :. :./ \: :|    \___/ 人___/}  l:.| || ||
                       / .|: : : :|  {二}___人__/{_ノ|  |/  {} {}
                         /  |: : : :| _/:.:/ニニニ/⌒ヽニ二二|: :/_|   〈〉〈〉
                           /| : : /=|: :.|ニニニ圦_ノニニニ|:/二二〉
                       / .| : :‐=ニ\|、=(__乂__乂_)ニニニニニつ
                         | : : と_イニニニ二{ \__)ニニニニ二.|
                           |  |: : : :/ニニニニニニ圦___ノr<__ニニ二二|
                           |  |: : :/ニニニニニ__// ⊂ニニヽ_\ニ二二|
                         人: :| 二二/ニ/ニ/ ニニ⊃ {ニニ\ニニ|
                        {  ヽ|ニニニ/二/二乂⊂ニニ イニニニ|ニニ.|

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  ……妙な雰囲気が流れましたが。
. .┃|(
. .┃|))  取り敢えず簡単な勝負で決めると(「彼」の意思を無視して)決まりました。
. .┃|(
. .┃|))  何方にしろ、アカネは万が一の際に連絡手段として離れて移動するのはほぼ確実。
. .┃|(
. .┃|))  ……魔力を異常に消費すれば、手元に召喚できる。 それを、書物から読み取っていたからです。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1898 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 21:42:58 ID:ofoh4h9n
これマナカ連れて行った方がいいか、トラウマで駄目かどっちだろう

1899 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 21:44:41 ID:Vqm5bTZ5
マナカさんはヒーラーとしてはそれなりに行けたと思うが……
相手は子鬼だからなぁ


1900 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 21:44:46 ID:jZAdzb+2



                                   二 ニ 二 _   _. - ≠ミ
                              f ̄`´.__       `rY.フ{ ./{  }ヽ
                               ´|    `\  \ミ、{Yノ V | /.ハ
                            /  .人        \   ∨辷ハ、 { ∨  リ
                           /     \   \  \. '. 乂{ }弋__.彡イ
                             /   / / { \   \  \l}  辷ノ、V ハ
                          ′ ./ /{  |   > .   \  ` </  }∨∧
                           { { / /´V.人     ` <ヽ-=ミ、 \ l! ∨∧
                            人/ /ハ \ \   ィ芹芯ミ ト、 \ V.  ∨∧
                           //{ ./} ∧.イ心`ヾハ   Vしrリ}  | }  〉ハ.   ∨∧
                       // .| {、|   《 マ.ツ  リ  ::::¨´:/  八 / .} }.   ∨∧
                         { { .人V  .ハ :::: ' _    ./  / /、_.ノ .!     ∨∧
                         |人__.ィ≧=-彡 .  `′   /  /〃  ≧彡     .∨∧
                              /  /    .> - <,′./-《           ∨∧
                          __/  /      _ ノ 》  /  ≧=ー‐---=ミ、   ∨∧
                       ´〃 /     <ィ≠r‐/ ./、_/         ,rv\_  \ \
                     /   /  /   . < ./: :/.V  /{          rク  乃   \ \
                       /    l{ ./  rく    》、/: /{  {.人        厂{ >、.rく     ∨∧
                    {      | {   》´ . イ<: : 7/ ハ从{         rf、_ `¨´ヽ       }  }

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   【判定】:誰にするか決めるよ 【1D5:2 (マナカ・ファリエル・レン・セイラ・ゴリラ先輩)
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1903 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 21:45:27 ID:Vqm5bTZ5
ファリエルか
だからゴリラ先輩はやめて差し上げろとww


1905 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 21:46:41 ID:jZAdzb+2



                                        rzx、,. =-‐:,.ィ≠y!、
                                      ,...:|=: :_≫zrzくzzx.j.j: :.`:..、
                                 〃: :{ニzアア´: :`マュxン:.‘:.,:.:‘:,
                                /: :〃:¨´//: : :r: :、: : ヾ\: :.‘:,: ‘,
                                   /: :/: : : //: l: : jrマ:‘,: マヽン: : :‘:,:‘,
                                   ,′: : :.く/: : !: :│ マ:.‘,: :マ‘,ヽ. .‘,.‘,
                               i: :.!: : '' . .|.  |. . ;  マ:.ヽ:,.斗=ミ: :从: :‘,
                                !: :|:.: : : :_;L=≠ミ:, ‘,´ヽ:\:‘,: :!λ:j`:,
                                  |:i: |: : : : :.ハ: : l_ヽ:‘,  ヾ;ィf瓧芹: :ノ、j: :! ‘:.,
                                  |:.!:Ⅳ: :.l:..{ィf芍≧ミ    心zソ;イ: !ノ: :| リ:j
                                !:Ⅳ‘:.,小ゝ夊zソ      `¨¨¨´リ: :.|: : |彡ヘ
                                  从.マ:.:λ: :ヽ、¨´     ;       厶: : j: : ト、
                                   乂!i : Ⅳ:.入`¨      ,  ./: :/j: : ‘,`ー
                                    /:ノ: :.ハヾ、: >.. `¨ fヽ./!: ¨´ト; : : i从
                             ー=彡イ:.f: : :.|:ハ: : :,rz!f ヘーヽヽ.ト、:ノ!:}: : :j!|`ヽ
                                    {:.λ: : Ⅳィf升ニ}.\ヽ\ヽヾマュxノ:.;ノ.リ ′
                               ∨ィ>、:.ヾニニニ=ム=ュヽ.ヽ `′ヘマイニニ≧x
                                    {=ニニニニニニニニ≧zュ、`   .ヽ .マニニニニニハ
                               iⅥニニニニニニニニア:j::o`ヽ    マニニニニ7: }
                                 | マ=ニニニニニニニア:::/i::::::::{::ヽ   .Yニニ7:  !

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))      【判定:2】後二人決めるよ 【2D4:7(3+4)】 (マナカ・レン・セイラ・森の賢者パイセン
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1906 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 21:47:59 ID:FHYAJt+2
ウホ
そして今回は愛歌様当たらないでよかった…子鬼は不味い

1907 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 21:48:07 ID:Vqm5bTZ5
ファリエル・セイラ・先輩か
気のせいかマナカはダイスに恵まれない印象があるような、ないような

1908 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 21:48:56 ID:7bBcVjrN
小鬼にマナカ連れてくのはアレだし・・・


1909 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 21:49:45 ID:jZAdzb+2





                                !′|i  ハ 八            /  / / i |  ) ノ
                               lハ | |/  >  `  ´   イ /イ /| ハ, | ´
                              ゝ!      { >:.. ..:<ノ/イ  |/ ノイ !ノ
                                    辷ヽ<フ7ソ: :.|、
                                 ,. -‐ ' ´ {: : 0,: : : : :/ `ー- .,
                              y'´    ‐- .,∨i!|:_; ∠ -‐'    `ヽ
                              /       _   ヽl!'´               Y
                               l      `'ミt、,fi| ,.rfラ"        |
                               |   y    |iij fij!,ィiij′       ,i    |

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  マナカとレンを置いていく。 途中で遮って判断したのは「彼」でした。
. .┃|(
. .┃|))  理由といえば極めて単純な話。
. .┃|(
. .┃|))  子鬼が既に村を襲撃している。 村が最低で一つ滅んでいる。
. .┃|(
. .┃|))  ――――ならば、攫われた人間達は?
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1910 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 21:51:28 ID:ofoh4h9n
うーんでも離れるのも怖い
アカネやレンを信頼するしかないか


1912 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 21:52:50 ID:jZAdzb+2



                                            , .ニ====ニ _
                                         ,.ィ'": ,rz=≠ェz、: :`:ヽ、
                               ,.ィf斧≧=r=fア'´: ̄:`イコ}: : : : :.‘ ,
                               ,:夊ェzzzア¨^マェzェ≧ン: : : : : : : :‘ ,
                             ,.イ: : : ,4=7: : : : : `¨`マ≧、‘: :,: : : : : :..‘
                                 /: : ,ィ:,4沙' : : : : : : : :.、:.`マム: ‘:,: : : : ::.:.‘
                              /: :./ : : : : : : :,イi:ハ: : : : :.ヽ:. ヾ_ヌ: :.‘,: : : : : :.‘
                                /: :.,' : : : : : : : :{   !: : :l: : :ハ: : : : : : : ;: : : : : : :.i
                            ′: ! : : : i: :!: : :|:   Ⅵ:.ト、: :l:l: : : 、: : : }: : : : : : :..!
                          i: : :.|: :, :斗=ト、:.;    Ⅵ:!ハ斗!=ミ、 Y: :.!: : : : : : :.|    ……ああ、うん。
                          |:|: :.!: :!: : Ⅳマ: :.‘.,  Ⅵ .j.;ハ:_: : :.从;j: : : : : : ::|!
                            从: :!: i: : :{ィf茂ミ、:.ゝ   ィf芍斧芹ヽ、:.|"ハ: : : : :!:.;    私が見ておく。 此方は任せて。
                                Ⅳ:|!:.゚。:.λ弋r゙':}   ´ 乂:r゙':ツ: : :..:.|f^i.!: : :..:l: ‘
                                 VⅣ:ヽ: :.ゝ^~´ ,     `¨"/: : : :.j-',ノ:.ヽ: :.ト、‘:,
                            ヾ:ゝ、:圦          厶イ: :j-:'ハ‘,ヽ:‘..ヽ: :.,
                                  j:.!: : `:入   r― 、      厶:イ:.:.:.:j:.:‘,:ヽ‘, `ヽ
                              j: I : :/ : j:〕>.、  ー '    , イ   :{:.:.:.::ト、::ヽ゚。ヽ‘,
                                从!:∧: :j:.{:.:.:.:.:>...r '"´    :ト、_:_!_,):.:ノ:.ヽ:ヾ\
                                  入( ヽハ:ト、:_:,:rzzェ!      .;ィ升三=ア¨'ヽ、ト、ヽ `ヽ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  二人に共通している点。
. .┃|(
. .┃|))  「己の意思でなく、身体を弄ばれた」事。
. .┃|(
. .┃|))  逆に言えば今回連れていくメンバーはそれらを味わったことがない顔ぶれ。
. .┃|(
. .┃|))  嫌悪感はあると思いますが……越えてもらうしかありません。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1915 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 21:56:20 ID:jZAdzb+2



                                    -‐…・・・・・・・…‐-
                                 /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.\
                                /斗-==ニニニニミ、:. :.:. :. :. :.ヽ
                                 ':. :. /:. :. :. :.|:. :.:.| :. :. :. \:. :. :. :. :. .
                              /:. :. :/ : :. :. :. |:. :.:.| :. :. :. | :. :. :. :. :. :. :.
                                /:. :. :.':. |:. :. :. : |:. :.:.| :. :. :. |:. :. :. i:. :. :. :.i
                            /:. :. :. L: |:. :. :. : |:. :.:.| : : : : j:. :. :.:.|:. :. :. :.|
                            :. :. :. :.ハ::.|:. :. : : i|:. :.:.|:. :. :. :. :. :. :.:|:. :. :. :.|
                            i:. :. :. :.i_ :. :. :.:.八:―ト:..,_ /:. :. :. :.|:. :. :. :.|        ……ふぅん、そういうこと。
                            |:. :. :. : 灯ハ :. :. { _、:. :. :.:/:. :. :. :. ,:. :. :. :.:|
                            |i: :. :. : ハ vj \:.|  f ≧ト:. :. :. :. :.i ):. :. :. |
                               八:. :. :. : }     ヽ  乂 ソi:. :. :. :. :.|' :. : : : |
                              \:. :八`        |:. :. :. :. :.|、:. :. :. :|
                              |:\:. ヽ 、       |:. :. :. :. :.|∧ :. :. |
                              |:. :. :. :ト\ `    イ |:. :. :. :. :.|......,:. :. |
                              |:. :. :. :|/..`¨´ヽ   |:. :. :. :. :.|. /. \:|
                              |:. :. :. :| }   /  }   |:. :. :. :. :.|/.......... \

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  取り敢えず用件を告げ。
. .┃|(
. .┃|))  館を一度出て、用意を整えようとすれば。
. .┃|(
. .┃|))  「お兄さん、ちょっと待って」と、レンから声を掛けられました。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1916 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 22:04:39 ID:jZAdzb+2



                                __    _ ,ィァ≠ュ
                               ,.f.=ミ'ィ´:_:`:ィア¨:.‐..}.i
                          ,.:': !'.;_:_;.:ィニア=マミニヌ、ヽ
                             /: : :,ゞ:ィ=ア´: : ;ヽ:、`マ_ソ:.ヽ゚.。
                        ,′.,イ. ,ー':./;ィ:,' :|: !マ.゚。 、.`、: :ヽ゚:。
                            ,: : /: :,:.':/:/:/: ;' :.i:.ノ マ.:゚。:ヽ:‘,:.V:゚。
                       !: :f: :/:./;/;イ:.:/: :Ⅳ  }:Ⅵ: :V:.゚。: Ⅳ:}
                          |: :.Ⅳ_:/儿斗Ξミ、   j斗zzト:リ:/.j:/
                        从: f´了イ叱禾ら'`   示r斥Ⅳノ .´
                     /:./:.人.r!:.:.ヽ夊z;リ    弋;j´∧:゚。
                      ,彡':.:/:.:./7!:代:.ゝ¨´     '   .,': :}:.リ
                    7:.:./:.:./:イ:lゝ、ヽ、    v::;ァ  .ィ:.;ノj/
                    !:.:,':.:.;イ:.:{:.:ト、从´ .>..__.ィ:´ム‘:,        合わせたりする時間はなかったけど、これ。
                      |:.:!:.:.λ:.:i:.:.゚。ヽ:ハ    {L:_:l:.:.:.:ム:‘,
                    Ⅵ:.:.:゚;゚。:,!ィチュ、:.゚。ュf⌒ヾ二≧ュ、.j_
                          \:.,.ィf三二二ユ!:}ニム::ヽ:`マ二ニ=ム
                     ,4三二二二二二二ム::::ヽ::ン二ニ=ム
                       iヌ´::..` マ=二二二二`¨ム´マニニニ=ム
                       iコ::.:. .  `マ二二二二ニム:. マ二ニニム
                        l=!::.:. .  . .:マ=ニ二二二ム_,._Vニニニ=ム
                        l=}::.: :    :〔::マ=ニニ二二}.r i.`マニニニム
                        lニLrzvrzr=≧7::.`マ=ニニ二|こ¨´`マ二ニム
                        lニlフ介`、ヽrz∧:: ::`マニニ二|ふ  :.Уマニム
                        Ⅳ.くノハ j〉ノ .::{!V:: : ::`マ=ニ!ふzf⌒〕坏マ:ム
                     }アヌソ Y"´  .:|!.}:: : . .::`マ=|ふノ.v‐゚.。ヽj.`マj
                     7f .|:. .,'.ノ   .::V::: : :  . :: :`ミ!ふ .ヽ.У.゚ュ、
                       {::ム.i:. :! !  _,rzく::: :      ノ℃o ハぷ゚。ふ
                     V´.|:. .マムソ入ぷゅ-v-、,ィぷ℃o  .::パhくぴ
                           斗<´ぷ´  ℃oぷ〕ぃハ℃o   . ぴハ℃oヽ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  渡されたのは、長剣……の中でもやや長く、両手でも片手でも扱える剣。
. .┃|(
. .┃|))  バスタードソードなどと呼ばれる部類のものでした。
. .┃|(
. .┃|))  「この間の依頼で拾ったの。 ちゃんとしてるかはわからないけど、使って。」
. .┃|(
. .┃|))  ……確かに、武器にも困っていたところです。 有難く受け取りました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1917 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 22:07:35 ID:jZAdzb+2



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  ___/:::::::::::::::::::::::::r'三三三ヽー-`ヽ、   ̄ ̄` /、
              ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ヽ ̄ヽ、三`三三ヽ、/三ヽ、
          ., -‐'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r'´ ̄ ̄`ヽ、・ ・ ヽ \三`ヽ三三三ヽ、>>、
        ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;!/三`ヽ、 ヽ・ ・ ヽ ヽ三三\三三三三/
        .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r'´三三三三:ヽ、 \・ ・ ヽ \三ヽ三二三ニ{、
        .::::::::::::/:::,.-‐-、::::::::::::::::::!三三三三三三:\  ヽ・ ・ ヽ V三三ー三彡/
        .::::::::://:::::::::::::ヽ:::::::::::/三三三三三ヽ三三ヽ ヽ・ ・ ヽ ∨三三ー彡'`ヽ、
        .::::::::l::::::::::::::::::::::::ヘ::::::/三三三三三三, -――ヽ ヽ・ ・ ヽ Vゝ=彡'¨l三ニ` ー- 、__
        .::::::::|::::::::::::::::::::::::::::∨三三三三三ニ/::::}:::::::::::::::\ ヽ・ ・ ヽヽ、 V:::::|ヽ、三三三三|ヽ
        .::::::::l:::::::::::::::::::::::::::/三三三三ニニ/:::::/::::::::::::::::::::lヽ ヽ・   / `i V::::l::::::`ー-..、三三! l` ̄ヽ、
        .:::::::::!:::::::::::::::::::::::/三三三三三/::::::::///::::::::::l ヽ `/ / l_ lV::ト、::::::::::::::::`ヽ/ ./   , !
        .:::::::::|::::::::::::::::::::/三ニニニニ/:::::::://<::::::::::::::/  ∨ ./ / !、l ヘl三` ‐ 、:::: //   〈_/
        .:::::::::|:::::::::::::::::/三三三ニ/::::::::/::::::::::\::::::::::::/     \/ // } }ヘ三三l  ̄`´ ̄ ̄ゝ-'
        .、:::::::ヽ:::::::::::/三三三三/:::::::/ヽ:::::::::::::::::::::::::::/-―    〈_// ∧,ヘヽ三ニト、
        .:::::::::::::: ̄::/三三三三/::::: /::::::::::::::::/:::::::::::::/      |:l >'/./ヽ∨\三三l
        .、::::::::::::::: /三三三三/::::::/――一'::::::::::::::/       l/\/、・ ・ヽV ヽニ/
         .ヽ、:::::/〈〈三〈〈三/::::::/::::::::::::::::/ ̄ ̄            l   \ ・ ・ヘ 〉  ヽl
            .`¨
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         《護者》の【彼】:主人公  《護者》:「誰かを助ける際に於ける戦闘ペナルティ軽減」

         【白兵】:4Lv      (戦闘で最も基本になるステータス。)
         【魔法】:3Lv      (一つの依頼終了までに【魔法Lv/2】回だけ、任意の判定に【魔法Lv/2】D6のボーナス)
         【探索】:4Lv      (奇襲成功時一度だけこのステータスで判定できる。 また、目標値を【Lv】D6減少する)
         【制作】:3Lv      (一つの依頼終了までに【制作Lv/2】回だけ、任意の判定を振り直すことが出来る)

         《現在の目標》
         ・【海沿いの街】に辿り着く
         ・己の力を理解する

         《装備》

         武器:《バスタードソード+3》  (戦闘判定ダイス:1d6+3)
         防具:《魔装》マナコート  (戦闘目標値:-【魔法Lv+1】、魔法によるダイスボーナス効果を恒常的に一回失う)
         道具:《なし》    ()

         《スキル》

         【影渡】:「己の気配を同化させる才能。 他者から発見される可能性のある判定に対し大幅なダイスボーナス」
         【風魔法】:「風魔法を放つ事のできる魔力属性。 他者からの風魔法に対する抵抗にダイスボーナス」
         【凡骨の一矢】:「決して揺るがない誓い。 戦闘時、目標値が自分のダイスの期待値以上の場合ダイスボーナス」
         【抜剣覚醒】:「誓いの形。 終わりの終わり。 発動後、汎ゆる判定ダイスを倍加する。 複数発動後ペナルティ」

         《コミュ》

         【アカネ】:マスター……。
         【マナカ】:……。
         【ファリエル】:……えへへ。
         【レン】:……嬉しい、ってこういうこと?
         【セイラ】:……護って、くれるんですよね?
         【ボンドルド】:身に余る、力でしょうか。


1918 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 22:08:51 ID:Vqm5bTZ5
マナカの沈黙が怖い……

1919 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 22:09:58 ID:0ortS03N
マナカのコミュ増やさないと…


1921 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 22:13:41 ID:jZAdzb+2



                      , -- ‐--、ー -‐――――‐ ー‐ ‐‐ ─- -- 、
                     , ′      ヽ     `ヽ   `ヽ   `ヽ    \
                    /  , '^  ̄`ヽ、  ヽ       ',     ',     ',     }
                    |   i : : : : : : : i    |     :l      :l      :l      |
                    |   l : : : : : : : l    |      :l      :l      :l     |
                  |   l : : : : : : :.!   .|      :l      :l      :l     |
                       |   l : : : : : : :l    |      :l      :l     :l      |
                    |   l : : : : : : l   .|      :l     :l     :l     |
                       l.  l : : : : : : l   |     :l     :l.     :l      |                 〈_〈 i、
                     l.   、: : : :: ノ   l____:!___:!.___:!___!     ___ __ _    _、シ从ヾ、
                      , l_..,, -ー==ー- ,,. __,!_______________| ̄,ゝ   _  ̄_,,シ:'「ヽヽ. ヽヽ
                   //:|==‐-- ===l〃,二ニヽ -------------------// //⌒  ̄「|    |.|_ へ.__)
                  i l ├‐-――--- //、 |l//ゞ、 ______/二ヲ〈,> / イ{   ノ  |,|(   U
                     i l`、|__ _  ___ i l`、`!//! i_____//ヾ、|レ,ヽヽ´ニニニニニ0ニニニコ /
                     li-‐ヲト'、ー「|  ̄ .   i├--( )-‐l | l iー‐l|、- !| .| L__( )-‐l |  :/  | |   :/ } j{
                      !v  |lヽ//     | レ 'l|\シ/  v'´_|l ヽノ i !, フ「iヾ.ン,!i  :/   ヒ}  :/  《_,/
                   ゝ、i_l.シ       .ヾ.' _lレ .ノ   ゝ_i_!,シ  ゝ '、!L_,ン
                                `ー- '           `ー‐'



. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  馬車は走ります。
. .┃|(
. .┃|))  目指すは、馬車で三日ほど離れた山沿いの領地。
. .┃|(
. .┃|))  ――――《何もない場所》と名付けられた。
. .┃|(
. .┃|))  木と、草と、果物のみが立ち並ぶ。 静かな、土地でした。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1922 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 22:18:58 ID:jZAdzb+2



                                     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                                     |                             |
                                     |____________________|
               ,ハiヽミハiヽミ                   |                           |
             ,,/"・,,/"・,, ミミ                 | .| ̄ ̄ ̄ ̄|  .| ̄ ̄ ̄|.  .| ̄ ̄ ̄ ̄|..  |
             (。/(。/ )   ミi┬―┬‐'⌒ヾミミミミ彡   .| .|        |  .|      |.  .|        |..  |
                ノ  ノ    |_|_____.|二ニニニニニニニニニニニ| .|____|.  |      |.  .|____|..  |
               ,(  ,( 、  ,,)_.||_彡(  ,,ノ         |              |      |                |
                ////( ノ."    ,ノ.ノ, (      |二二|              |      |                |
               // // \\Yフ  , '/  い         .|_______|___|________|
              くノくノ    ″"  くノ    //"       |_,,‐‐、 ,,‐‐、__|三三三|___.,,‐‐、 ,,‐‐、___|
          ____________くノ_______'、___ノ'、___ノ_______'、___ノ'、___ノ______
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   【夜会話:対象決定】 【1D3:1 (ファリエル・セイラ・KGS)  ※同行者は別ルートです
. .┃|(
. .┃|))   ※今のヤバさ  【1D10:7 (1-3:村二つ目 4-6:旅人含め 7-9:陥落寸前 10:/(^o^)\)
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1923 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 22:19:46 ID:0ortS03N
アカン!

1924 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 22:20:01 ID:OWLFiVli
おおい!!?

1925 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 22:20:22 ID:Vqm5bTZ5
ファリエルさんプッシュ期間始まった?

と思ったら向こうが終わってる感じだった(白目)

1926 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 22:21:28 ID:va/3eMZE
なんとか持ちこたえてくれ


1928 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 22:25:14 ID:jZAdzb+2



                                        _ --
                                       , ' ................`ヽ
                             ,、  ─―-ミ{V乂........................
                            。r≦ 八_≧=-─⌒\>、........    }
                        /    , '    `~、/ ⌒\>、.
                            i          \   ⌒\>、....../
                      /        |           \  /⌒__><
                            |         \   \イ    }::::\
                     /   /       \    `'<  \.   '::::::::::\
                      ,  ./    ∧   ト、`~、    ヽ  ', /\:::::::::::::ヽ
                      |  / | /- .\ ヽ\x≠`~、 |\ ∨\ \::::::::::}
                      |. /|   |  |x≠ミ \ ヽ 乂zリ  レ'   \} :::::|   〉:::::,'
                      |/ .| .∧ 乂zリ  `ヽ      ./   / |::::::: |   .:::::/       ……何だか、静か過ぎませんか?
                          | ./ } ',     `        /   /..|::::: |  /:::::.
                          レ'  ,'  込     (  )   ./  ./   |::::::: |. /:::::/
                        /  /   ≧s。 .__. イ  .∧. |::::: |/:::::/
                        /  /     ノ / ./ l   | ≧s。::::: |::::::/
                        / /    .r‐ ´ /::::\|   | /   ``~、、
                         / /    / /:::::∧:::::{.  .|.   /  /、〈`ヽ  /
                      ' /    /  .〉::::::/::∧人  ト、/  / 、〈´::::::∨ /
                        { {     '`ヽ./::::::/::::::::::| ヽ ヽ \ /  、〈´___:::∨ /
                       '  ,   |::::/〈::::::/ |::::::::::ゝ  \| /  、〈´|   |::::∨
                     八 .ヽ  |::/7 `'´.i | ̄ ̄/  /  、〈´:::::: |   |:::::::\
                       \ ヽ .|/ 〕  / i |-‐' ´ ノ ´  ,ヘlヽ}:::::::::::::|   |:::::::::::::\
                        \| {  7_/.  i |-‐' ´,ヘl^ヽ} i  ,'::} ̄ ̄    ̄ ̄{:::::/

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  ギルドが出してくれた御者の頭越し。
. .┃|(
. .┃|))  馬車の中で立ちながら先を見ていれば、隣にファリエルが立っていました。
. .┃|(
. .┃|))  「【1D10:4 (1-3:確かに 4-6:警戒を 7-9:はい、そこ 10:熱烈)」
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1931 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 22:32:20 ID:jZAdzb+2





       {:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ‐-|:::::::l: : ヽ、_ト、   |ニニニニ三三三}:::::. }ニ} i:l                {......:::::_:::::::ァ‐i:/   , -‐=ニ二二二二
        丶:\:.ヾ‐┬-、ヽ |::::::丶.: : : :|. \ ゙、二二二二三三,':::::::..∨l_」   l   |   、  _ハァ''゙´ `¨´ .j′ /⌒ヽ二二二二二
         \:.:.:ヽ::l_  ∨.|::::ハ::::i _ !  ヽ_\ニ二二三三/:::::::::_/ 〈 _,ィュ_|  _ ! _.ィュ二ニノ      / /二(_ノニ二二二二
           \\ハl`ー'‐|::::|ノl:::|´ ヽ|`、 / ヾ‐ニュr‐ ´ ̄ ̄ ̄  ...... ヽ二ニ‐=二ニ二ニ/ ̄     _ノ /ニニ二二二二二二二
            \丶  _j .::|:::;ヘ\_」 ∨fj   `、::::l / ̄`ヽ ャ::::::_:>-、/ヽ、二ニ{二´ _____, -‐''゙´ _ノニ二二二二二二二二二
              `ー` /.:.::|i:::!  ∨ \|    ヽ::l' ┌-.、 丶ヽ{: :_;ィニ=‐ュ_{二ニ/二 -‐''゙´ _  -=ニニ二二二二二二二二二二二
             /,.イ.:.::::l l::::', /   .:::l   .::::::/7l .|二ニヽ ヽヽニニ)三三=-‐''゙´ _  -=二二二二二二二二二二二二二二二二
           /.:/ /.:.:::::,' l::::;'  _.二!  .  .::::::l j二二ニヽ、 `ニ二 ̄_ -=ニ二二二二二二二二二二二二二二二ニ=-‐   ̄
          ./.:/  /.:.:.::::/  Y /=ニ∧  :: .:::/ ./二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ=-‐   ̄
        /.:/   /.:.:.::::/   { (=ニ_ニ-‐ゝ .:/ /二二二二二二二二二二二二二二二ニ=-‐   ̄       _...........-‐::::::::::::::
      /.:/   /.:.:.:::::/    ゝ'゙´ __ _>'7  {二二二二二二二二二二二ニニ=‐  ̄      _........-‐:::::::::: ̄:::::::::::::::::::::::_:二=
      .:.:./    /_/⌒ヽ、  (  >{ { `  {  `ー、二二二二二二>'''" ̄     _ .....-‐:::::::゛:::::::::::::::::::::::_:::_::二-‐<二 ̄
      /  ,.-‐/ ./  ,ィニ二>''゛´  .. .......::_:`ヽ   `ヽ二二二ニ/     _,...:::::::´:::::::::::::__:_:::::-‐::::::i ̄:::::、   :::::、\:: ̄ヽ_,-
       __r'゛ / ,  /=/¨´   .....:::;ァ、_! !/´  ̄ヽ`ヽ   ヽニニ/   ,..:::::´::::::::>''"´ ̄ :::i       ::::::l   :::i    :::丶 \::::::i::::
      ´  lニ/  l  |二〉ェュ、>'゛l´  ヽ´     :丶 丶  ヽ‐'  /:::::::_ァ‐  ̄:::!    ::::l     :::::::|   :::l     :::::::ヽ \j::::;
        ,イニl  |   l二二二/  イ.   i¨ヽ   .:::::::∧ 丶     /::::::/,イ   .:::::j     :::::l    ::::::::|    :::l    ::::::::::、  丶'
       /二/   ハ_ノ二二ニ〈 /jニュ_  |ニニ\ .::::::::::l ヽ  、   /:::///  .::::::l       :::::|     .:::::::::|    ::l    ::::::::::::、  ヽ
      二ニ/   ノ二二二二二ニ/二二二l二二=、:::::::_l,ィ´ \ ヽ/:::/-‐'::/   .::::::::l       ::::::l    .:::::::::|     ::l    ::::::::::::::i
      =/`ー'-ヽ二ニニニ>'二二二二/ニニニゝ'´     _\l::/::::::::/  .:::::::::j      :::::::l     .:::::::::l      ::l    :::::::::::::::l
             `弋ニ ̄二二二二ニ/二ニニ/ _ -‐.7 ̄ \:`:::::::::/   .::::::::/     :::::::l    .:::::::::::!       :l     ::::::::::::::::l
               `゙<二二二二/二ニ/x<7::::::::/    /::::::::::/   .:::::::::j      ::::::/   .:::::::::::j      :l   ::::::::::::::::::l

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「警戒――――。」
. .┃|(
. .┃|))  「ああ、勘付くのが遅いわよ。」
. .┃|(
. .┃|))  ピリッとした違和感。 周囲に何かがいる。 そう思い、叫び声を上げれば。
. .┃|(
. .┃|))  とっ、とっ。 二回の移動で馬車の上に跳ねた姉弟子……アナスタシア。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1933 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 22:38:22 ID:jZAdzb+2



                                               -――-
                                           /:. :. :. :. :. :. :. :. \
             ___                       -=二:. :._:. <二二``丶、:ヽ
              ̄ ̄\、                    /' /:. /:./:. :. :――:. :. }⌒トヽ}
             r====ミ}}    ____( 、( 、____   /'   '-=彡/:/:. :. /:. :. /:. :. :':. :.ヽ― 、
            ____r┻<――― \:. :. :. :. :. :. :. :.\   |   |:/:. /:. :. /:. :. /:. :.ノ:. :. :. }   \
            :. :. :. :. :. \  )        /:. :. :. :. :.:.――\   八:. :.{:. : /_彡:. :/:./:. :/ ̄`丶、ヽ
            :. :. :/:. :. :. ヽ〈⌒ヽ    ,:. :. :. :. :. / ̄ \:. :. :. ――\:. :. i弋ソ /' ィ_ソ:./_xixixixixixヽ!
            :./:. :. :. :. :. : ) )___/:. :. :. :. :/     >――=二ヽ从   '__/⌒~コ_ \xixixix|      __
            :. :. :. :. :. :. /<   _从:./V} /   /:. :. /7―=ミ:. :. :.ヽ\_/'/    /  \ \xiノ      /:::::::::::::)―
            :. :. :. :.彡'  / `¨¨´ ̄ ̄|:.| ヽ/  /:. :. :./  /    >――<    / , ―<\ /_   /::::::/ ̄\::::
             ̄//  ,          、:\  /:./:. :. :., ―{   /:::::::::::::::::::::::::::\ノ / /===``  、 ― /::::::::/_ヘ:::::::::::i::::
             ' /  /           `¨⌒ ':./|:. :. : i  |  /::::/ ̄ ̄ ̄\:::::::∨,  ,-=二=-__  \:{:r――ヘ:::::::::: |::::
            / ,'  /               {' |. :. 从   |  {_ イ///////// \::::V  ii-=ニニ=- __ \    }:i:::::::::::::::
             /  ,            __      人:. :. :. \ 7':::::::::\___ /:::::/  ̄  |i-=ニニニニ\ ヽ   /::::::::::::::::::
               /        // ̄``丶、    ト――ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ト-'⌒) |l-=ニニニニニ|  |--'::::::::::::/ ̄
            / ,      _ ――――<: : : \  { r‐ '"::::::: {:::::::::::|:::::::|:::::::::::::l   '  -==ニニニニニ|  |::::::::::::::::/
            ュ_{_  -‐ / /  /: : : : : : : :\ : : :\ /――'⌒、::::::::::|:::::::|:::::::::::::|/ /-=ニニニニニニ|  |:::::::::::/、
              /   / /  , : : : : : : : : : : :\_ノ      _ \::::::、:::::>'"   -==ニニニニニニニ|  「 ̄    \
            ,/ 二二  ´ /: : : : : : : : : _/ __  {___,.> '" _ -=ニニニニニニニニニニニ|  |        ヽ
              / ⌒><: : : : : : : _,,..   _ -= へ _  ̄ ̄ _ -=ニニニニニニニニニニニニニ |  |          i
          /  /: : : : : >‐     _ -=ニニ { 乂 ))-=ニニニニニニニニニニ=-      ―――――┘          |
            / , -――-< _ -=ニニニニニニ≧≦-=ニニニニニニニニ=-    <       ヽ           ,
            _:,.::::::::::::Y'⌒Y::::ヽ-=ニニニニニニニニニニニニニニニニ=-    <_> \      |          /
            /::::::::::::::乂_,ノ:::::::::V-=ミ-=ニニニニニニニニニニニ=-   <_ノ: : : : : :/ /     /        /
            {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::} \ \-=ニニニニニニニ=-    <_∧、: : : : : : :/ /     /_   - ―=彡
          :::::::::::::::::::::::::::::::: ∧  \ \-=ニニニニ=-   -‐ ――――\、___:/ /    /    _    __/
            -=、::::::::::::::::::::::::: イ: \  \ \-=-    <         / // ̄\、_/   /         \
            -=ニ>――=彡'⌒\ \  \ \  <    ―――=≦   / / / / /   \ /            /

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  くるり、とその場で一周すれば。
. .┃|(
. .┃|))  木々に隠れていた物陰から、幾つもの首が宙を舞います。
. .┃|(
. .┃|))  「……取り敢えずは簡単に掃除したけど、この辺一体もうヤバいわね。」
. .┃|(
. .┃|))  ……一体何だこの人。 そんな認識が最初に。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1934 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 22:41:18 ID:jZAdzb+2



                                         __
                                 _.. -‐-  rイn||`ヽ
                               , '´   \.   `ヽn彡}
                              / /  <|\\\\ `,´|/
                               /  /   |  | \\∨`}´、
                          。s≦\.,'// //.|  | | \|∧リ∨}
                       >´``ヽ j リ////ニ}  |ヾ\| ∨リ/ン
                               `! { | ○ ヽ.」 ○ヽ |,'
                            _` ! ト        }リゝ        ……今何が起こったんですか?
                            。-‐  -‐-| !、 ┌‐┐  夕,'
                       / /´     j ∧s。  ̄ . </
                                 j  ∧\ ~iイ/ {=┐
                            ゝイ {   } /~|-‐‐‐‐x|〉
                            {‐t .人   {  .{   / ヽ    n.n.n
                            /  |:: :: ` ゞ 」、 |ヽ_/¨¨\`ヽr 、.|.||.||.|
                           /  C‐ 、∧jj/ 、 ̄\____/:: ソヽ,.。-‐t,,i
                         /┐ .C_l:: :: | | \____|リ リ:: :: :/|l .ゝヽ:: :: }-,
                            |:: :| |:: :: :: :: 厶 |   |  | | |--イ/:: :: :: :i:: ::」´

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   「僕にもわからないけど……明らかに腕前に格差あるよね……。」
. .┃|(
. .┃|))   身のこなし、判断速度、戦闘の勘、見えなかった何か。
. .┃|(
. .┃|))   逆に言えば、この人が一人なのも理解できた気がします。
. .┃|(
. .┃|))   強すぎて。 或いは、邪魔になってしまう。 ――――それだけではない、とも思いました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1936 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 22:45:35 ID:jZAdzb+2



                                         __     _
                                    >''"       >< || \
                                 ,  '              \ / ヽ
                              _/                / ‘,/ }
                            ⌒7    ./           /   /
                                           /    / }彡 /
                                | /|   :|           /  . イニ\
                                |/ |   :|、          ./   /|ニ|\.ニ\
                                 |   :| }              ' |ニ|  \.ニ\_____
                                 |   :|ノ`丶          /  .|ニ|   \ニニニニニ|
                                 |   :|    丶、/// /   八ニ\    ̄ ̄ ̄ ̄
                                 | :| |─、 _,,.. ──〈      \ニ\
                                 | :| |  /       \__   \ニ\
                                  /⌒`~、、 __ -‐   \ `ヽ  \ニ\
                                /⌒ヽ                 ヽ }     ̄⌒
                                 /  /::::∧               \
                            /  |___ ∨                \
                              /   __| '                    \
                          八   (::::::::::::::∧                    \
                             |\ |:::::::::::::::∧               __ -‐ ̄
                             |  /─‐‐/ ∧           __ -‐
                             |_  |:::::::::八   `'' ────     |
                              丿:::¨ ─/  ゝ   |!    |!    |!   :|
                              ::::::::::::::, '     ‘, |!    |!    |!  八
                               __/      ∧ .|!    |!    |!    \

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  【1D10:3 (1-3:いつかは 4-6:でもあの時 7-9:私は 10:熱烈)
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1937 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 22:48:58 ID:jZAdzb+2



                        , ― 、 ==ミ、 rY⌒ヽ
                       /   \ \ =( ノソ)
                        /i{.  、\  \ ヽ ゞ-彳
                    ァ'.  \ `¨¨¨>.ヽ、_≧=-\
                    /  |レ',.', >=- 、ヽ  ',   ',
                /イ l /从ヾVイ"う芯.   ',   }!
                   l{ | ,'l {笊ハ    ゞ'´八 八  ,イ
                 ゞ.乂ハ ツ、   ""./  /_ィ          ……大丈夫です。 いつかは。
                    。゚/  l"" ャ⌒)u/⌒廴  `守
                       / , 个。、. ´ /⌒:ヽ. `Y ャ  寸
                  o ,'  {  _,、フ.: : : : : :\(  V   ヽ          ,、丶```~、、
                    从 ゞ_ハ |.{ |\: : : /: : ,イ)  VzzzzV        >''">''" ̄ ̄ \\
                      〈ヽ、〉'_}. |:/: : : :/. 乂_ノ⌒)_ス.   ≫'´`''<――‐-=ニ  _\\
                       /´ : : :l 〈: : : : : /|.       '、_>'{  ヽ    ヽ.   `ヽ:::::::::ヽ::`~''<
                       | : : : : : :l_ | : : : /: |\_____,イ/ ,    ',\  ヘ     ヽ:::::::::',::::::::::::::`守
                    ',: : : /: } | : : : : : |.        / / ./  >''  |   |     ヽ  }:`` 、   }寸
                      ヽ彳: : :ヘ.| : : : : : |\____/‐i{  /    /   ,'      ', . l   \ノ. マ
                          ∧ : : : : | : : : : : |.       {_./´      /   /       ノ:'´!  ,. イ   ',
                        ∧ : : : | : : : :/ |>――‐{ /.      /   /      / / }''´      几
                            ∧ : : | l : :/ : :〉ニ=- 、 ∨     /   /       ァ'´./.:::イ         ,′',
                         \〈: :∨: : :l|.     /     /   /     ,イ、._ァ''¨´         ハ  V
                              | : : : : /|     /     /   /    .イ  /            / ヘ  ∨
                              | : : : / :|.    /    /   /.     .イ   /          /.  }   }

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「だと、良いよね。」
. .┃|(
. .┃|))  道程は、未だ先で――――。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1940 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 22:52:00 ID:jZAdzb+2



                         ’、.・”;  ’           ’、′‘ ・. . ・ ‘                 _
                       ∵”      、′‘ ・. . ・ ‘        ’、′‘   ・”;  ” ;  ’   /| r`l.
                                          ト、 ’ 、.・                       |::|└:|
                                         ノ (                             |::| ..:::|
                                  、   ,    `Y   |   ∵”     .,t                  |::| ..:::ト、
                                ,ノ)        |   人         .-}ト         、 ト、   /T|::|:::::::|:::
                         ,      `Y´(    '     ,/    く、       Y:ヒ、  ,、   || r┘.:|-┐|.;|:|::|:::::::|:::
                 工|工|工l工エエエl\    ) 、    /       }    ...`=|;:{二  |:| /\.||...::/〉:::::::,⊥;:|::rェェェェ
                 __|___|_,工工]エエ}ニTニ7〉ェェェュ  ::::::::::::::::::::::  \ノ!    |;:厂 .r┴:/.::.:.└┐/.::: __|_rェェエlエ工
                 _|_|_;工工]エlエ|-[]─[[:ロ::ロ:{  .)    ::::::::::::::::::::::ゝ  ...|:;|   |..::::':::: .r:、:...|:::::r┘..;;'エエ工[工[
                 __|_|_l工工;エエ|____]〕ニlニl          .::::::::::::  、.v,,!;:.v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ ,工/\>工工工
                 _|工|_;工工]エlエ|┴┬/>─‐>. .:::::::::::::::::::::::::.  、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ.v;ゞゞ,上/ ./|エエ;工工
                 __|_|二l工工;エエ}┬//.::::/   、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ,v,,v,vゞゞ;;ゞv;ゞゞ,.上ェ  ...::... .   .
                 _|_|_,工工]エlエ}//. .) 、    )ヽ      (  ミ゙':ヾvv'w:,ゞ;;;ヾ.:;ゞ   ':;:. :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、
                 __|二l_l工工;エエl/,,;;,/  . ) ( (  )ヽ ; ・  ) ; '.. .''、v,;.wVゞ;v;.  ':;ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ )
                 _|_|_l.  (.  エエl-. .) `   ( ( ) ) ( (   )ヽ ( 、  )ヽ  ;  .._/\二:   ::Vィ'  (ソヘ (::.:
                    : , )   )  )ヽ( ( :(    )   ヽ、) ) ( ( ) ); ( ( (、 :.  . 、.v,,.  ',:; .::)       て:;;
                   )ヽ  (丶  )ヽ  ( ( )   ( ;;  ;、:  ; ;)__) ) (____) ) )) ;  . .:.(ノ        (::
               (  (  .) )ノ  | : ) _,,,-、__  ;; .、     (/(_)ヽ )ヽ ;;. .lニコ. .::::)    ヘ ソハ   ,ゞ
                    _ノ  `-'      `-' :~~--~~--、_;; ::  、.、.  ) ( (  )ヽ    .;: . .:::: .:ソ   ノ:.::.:.. :(    (
                       _,,;::- ‐' ~~ ~  __,_        `‐-、__  (_(_) ) ( (   ::.: :::..::..:(    (::..::..:::.::ノ    )

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  そして、近くにやってきた時には。
. .┃|(
. .┃|))  既に焼かれ、未だ燻るこの世の地獄が待っていました。
. .┃|(
. .┃|))  苦しみながら死んでいったのであろう焼死体。
. .┃|(
. .┃|))  明らかに裸で、首を切り裂かれながら死んでいったと思われる半分ほどが焼けた死骸。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1942 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 22:55:21 ID:jZAdzb+2








. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  【判定】:知識:【魔法】:目標値12 【3D6:8(2+1+5)】+【1D6:6 (※適切な助言が可能な人物に因るダイス・ボーナス)
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛








1943 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 22:55:52 ID:va/3eMZE
危ない危ない

1946 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 22:59:40 ID:Vqm5bTZ5
セーフか
ホント毎度毎度ギリギリの綱渡りしてんなぁ


1947 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 22:59:52 ID:jZAdzb+2





                               rlV::|ヽ _ ヽ         !::/ニ三三三/
                             lニVニ/_ヽ-、__  , -=≦ニl/三三三ニ∧
                                 Vニ/ / / / /三三三三三三三三/ニハ
                             <´ニ/  `´ / /三三三三三三三三ニニニ>、
                            ,..-'〉ミ〈 ' i  , `´, -'三彡'彡'三三ニニヽヽニ/
                             r'´l |〈ニニl         /三三三三三三三>'´V三/、
                           ';:::l .!・  ・',   l    /<三三三三ニ>'´ヽ::::ヽヽ三ハ
                            l:::マ ・  ・ !  l    !三三三三>'´::::::::::::::ヽ::::ヽヽ三',
                             /:::::マ ・  ・.!    ,'三三>'´::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;ヽニ',
                          /::::::::::マ・   }    ,イ`Τ´l::::::::::::::::::::::::;::-―'´::::::::::::::`:ヽヘ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「いや、これは……。」
. .┃|(
. .┃|))  死骸に触れれば――――帯びた、魔力の残滓。
. .┃|(
. .┃|))  「多分、人は人でも……。」
. .┃|(
. .┃|))  ファリエルがそう呟けば、初めて見る死体に怯えたセイラが「彼」の背中に抱きつきました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1948 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:02:44 ID:jZAdzb+2



                                    _,、丶`.:: .:: .:: .::\              /ニ7
                                 r-‐‐=ミ\.:: |\.:: .:\          _ ニ
                               j|.:: .:: /.:<.::. |⌒ヽ.:: .: \         _ 二
                             八.::.:<:イソ ̄ ::. |ノ.:: .:: .:: .:: .:.        _ 二
                               }.::.::ノ   |.::.::| 、.:: .::\.:: .: :.      _ 二{
                                  从:人   ノ.::从 \.:: .::\.::.}i    ノ)//{
                                  /.:::个/ ̄ ̄\ ̄ ̄\: 八 __ V::::::::::::ク
                                 /.://.:/      ∨ ̄ ミ</    ノ=ミ/ \
                               /⌒7 '.::.:{  ,.   二二〕  | | ヽ   ̄ |::::/:ハ \ \
                                /  { {从ハ///////i   | |   | ヘ_ / ̄\:|   >  >
                                 /  {〈_ /'//////∧__ //⌒Y/| \   \〕 / /      ……誰。
                          __ ,、丶`  / 、  i /// ̄ ̄ ̄|人 /// |i \ / / | |
                        _|        / / 〕 \' / ̄ ̄ |  ∨_彡'__∧ 〉| | |
                     ⌒>\ \ ___,、丶` /  /   八    ____〉___///::::::::::::::::Y | | |
                     /.::.::.:::へノ     /   〉-=二二ヽ _/\ \V/::::::::::::::::::::} | | |
                    /.:: .:: .: /      /   / 〕二二=-  〈   〕 〕〉:::::::::::::::::::::: 、 ∨ ,
                     /.:: .:: .: /     /     /「 ̄ ̄     \___ /:::: 〉::::::::::::::::::::::∨ /
                 :: .:: .:: :/     \__/ノ二=-      \::::_{⌒ヽ::::::::::::::::/ /
                    {.:: .:: .: i      <_彡/        /      /:::::::::::::〈 :::::::::::::/ /
                 i|.:: .:: .: |      (:/ '        /        \:::::::::::::人\::::/ /
               八.:: .:: .:.      //          i         ∨ ̄ ̄\_:\
                    、.:: .:: .:、  / ,          |          ヽ:::::::::::::、) ``~、、
                  \.:: .::∨   /             人      、  \ {::ハ::::{\〉      ``~、、
                      〈.:: .::/   /            \      \   \ ヽ:)            \

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))   「……それは《ゾンビ》と化した、蘇った死骸でした。」
. .┃|(
. .┃|))   街の向こう側から、通りの向こうから聞きなれない声がしました。
. .┃|(
. .┃|))   アナスタシアが、声の後に反応した。
. .┃|(
. .┃|))   つまり、それだけ其処にいる違和感がない相手だったのです。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1949 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:05:09 ID:8Ve2Tmiq
誰だ……!?


1951 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:06:34 ID:jZAdzb+2



                    'i:i:i:i:i:ij:i:i:i:i:i:i:i:i{:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:/:i:_;i:、丶´i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
                   j{:i:i:i:i:i:{:i:i:i:i:i:i:i:i{:i:i/:i:i:i:i:i:i:/:i:´7"i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:_ノ:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}
                      ハ:i:i:i:i:i{:i:i:i:i:i:i:i:iⅥ:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i/:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:⌒7:i:i:i、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i乂_
                       {:i Ⅵi:i:i:',:i:i:i:i:i:i:i:iヽ:i:i:i:i:i/:i:/:i:i/:i:/:|:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ:i:i:i:Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:;' ⌒
                      乂ヽj!:i:i:iⅥ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i//:i:i/:i:/:i/:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:\:i:乂_:i:i:i:i:i:i/-
                      ハ:i:i:i:Ⅵ:i:i:i:_;;:、丶´:i:/:i:i/:i:/ヽ:i:i:i:i:/;::i:i:i:i:i:i:`⌒、:i:i:i://///\
                       ノイ!:i:ハ㍉:;i:i:i:i/i:i/_:i/  ,ィチ示ハ:/:i:/i:i:i:i:i:i_:i:i:i:i:i:i:>///////ハ
                           八:i:i! 乂ツ//j/⌒     乂::ツ i:i:i:i/:i:i// /:i:i:iji:i:i:ゝ////// ∥
                        >''~///_:. `"_/  ′      ー‐''厶イi:i:/  イ:i:i:i:iハ//////// ∥
                    >''~////// }',                    从/ /  |:i:i:i/////////// /   ……ギルドから依頼を受けてきた、【クルス】と。
                 >''~////////  /∧   /                    ムイ///////////
         _  -≠ニ -‐…… ミ:/  ///∧  、 _               ,.:′  ./〉/////////     見る限り、貴方方もそうですね?
          ̄ ̄         ,.:′ /////> 、.,,_        ,      /   /__//////>''"/∧
                   / , -‐-―''"   .ハ  ̄    ̄      イ_- _ /-_-/ />''"//////∧
                    ノ/    _,,.、丶´///丶 ``    、丶`/_-_-_|_-_></////// / //∧
                 ,.:/   γ'"////>-、////ー‐<  /-_-_-_>'"///////////:/:////∧
                ./´  、ヽ`  ̄``'<  ////// }、   /-_-_>'"//////////////:///////∧
               /、ヽ`    , -.. _  `K///////,-_Υ_-_>'"/////////////// //////////\
               ,.://   _,.. -‐…、/> ___>/////:|_-_>'"//////////////////://///////////\
             //,:′/       `、  //////////////////////////>''~//////////////////∧
         .///  ´     イ⌒ヽ ノ ///////////////////////>''~////////////////////////,
      ..///:/       イ  ノ{_,:′'///// ////////////////////////////////////////////,

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  黒いマント、その下から見えるギルド員を証明する紋章飾り。
. .┃|(
. .┃|))  警戒をある程度緩めた上で、「……そうですが、一体何が。」 そう、問い掛けました。
. .┃|(
. .┃|))  「恐らくですが……【1D10:4 (1-3:恨みが 4-6:おかしい 7-9:裏に 10:熱烈)」
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1952 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:08:33 ID:ofoh4h9n
おかしいとな?

1953 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:09:33 ID:8Ve2Tmiq
おかしい、ねぇ……


1955 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:11:48 ID:jZAdzb+2



                                >………<
                               >''´/::::::::::::`ヽ::::`'' 、
                           乂.-=彳:::::/:::::::::::::::::::::::ヘ:::::::::ヘ
                              ,ィ::::::::::::八::::::::::::::::::::::::::::',:::::::::ヘ
                           /:::从:::::::::::::):::ゝ::::::::::::::::::: }::::::::::ハ
                              {イ::::::::ヽ:::::イ:::::::::人:::::::::::::/:::::::::/::::::〕
                            }::::::-=≦::::::::::::::::::ヽ:::イ::::Y:::イ::::::::ヽ
                          ゞ彡::八:::::::::/¨Ⅳ::从::::::::ハ:::ソ::::::::::イ
                             ゝ:(ノ::,ァ'゙ "芯ソ≫爻::::::::彡ヘ::::::ミ     ……少なからず、違和感があります。
                                く       ノイノ -彳::ソ
                             , ―、       ' '^¨「:::::ハ{
                            /\-、_〉    _,,    |::从
                        _√\ ',>、_,,、<´_ ‐''´`∨ /
                          | `ヽ }ノ /_} ̄.       ∨
                          | ゝ'‐'  ,イ//ハ   ∧  ,x<}
                          |     ,ィ//// `    ,。<////ム
                        ,斗∧__l////  ,,、</////////心、
                          /)h〈__,,、|/// ////◎//////////心、
                    〇////////////////////////'//////ム
                      〇//////////////////////////////////ム

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「到着した時点では、死体だらけの街となっていた」
. .┃|(
. .┃|))  「周囲を探索し始めたところ、死体が全て起き上がってきた」
. .┃|(
. .┃|))  「致し方なく、生存者を探した上で街に火を放った。 それが約四半日前だ。」
. .┃|(
. .┃|))  彼、クルスが言うことを纏めるとこうなりました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1956 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:14:38 ID:jZAdzb+2



                                  /⌒ヽ
                             >''"/   ヽ─-
                              /   /           `丶、
                                       \    \
                           /              \     \
                           /   /      {     \
                              /  / |   \      \
                        /    ./  / .|     /\     \  \  \.
                        /         |.   /   \      \  \  \
                     / ⌒7      /-‐‐ |   /  -‐‐- \     `、  ヽ、  \
                          / /   /     |   {       !\    `、  ',\  ∨
                         /        八                   `、   ヽ ∨
                       { イ  ,イ {笊竿ミ ヽ  ヽ.ィ竿竿ミ } !  :!\   ', }     }       ……おかしいですね。
                           ∨|   | | ' 乂ソ   \ } Vzソ   /.| :!  \  ∨  .} .ノ
                        八  | |乂 \、、、 '  }/  、、、/    :|  ノ ‘,  '  ノイ
                          \| l  |⌒           ⌒7 /     :|    .}
                               |  八      _ _   u / /  /|  :|  } /
                               |  |s。       ./ / /  /..|  :| .ノイ
                               |   ||      - イ: : :__.   /   .:|
                               |   ||    >'~`、/  {   ./_    :|
                               |   |>''" /|:|\   .|    ニ=-..._|_
                               |   }  /  八  \| ./       ≧=-、
                               |    八//  |    .|/!     /⌒ ヽ   ヽ
                           /|  / 〈   /  ト、__/| |   /: : : : : : ∨ /
                            { |/   \_/ ./ |___ノ ∨/: : : : : : : : : ∨
                            /乂 ‘,    /  !     /: : : : : : : : : : : : W
                             / 乂  \  ./  |    イ: : : : : : : : : : : : : : :}

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「はい」 「そうよね」 と、口々に漏らす女子二人と不詳一人。
. .┃|(
. .┃|))  どういうことか、と尋ねてみると。
. .┃|(
. .┃|))  「起き上がった死体、ゾンビが生まれること自体はおかしくはない。 問題は、その量」とのこと。
. .┃|(
. .┃|))  ――――周囲の怨念を集め、生まれる起き上がった死体。 街全てが起き上がるのは、異常だと。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1957 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:19:03 ID:jZAdzb+2



                               、、-=≧:〉―、、
                             ゝィ::::''":::::/::ハ:::ヽ`''-ァ
                             ,イ::::八{::::::/::/:::::::::::',Y::::ヾ''
                          、z彡::::::::::::::/:::{/::::::}:::::::ハ}:::::::ヘ
                        /::/:::::::イ:/{:::::::::::::メ:::::ソ::::ハ::::::ミ=-
                         lハ::人:::{:{:::::::/::::,イ:::::}从::::::::::::≧     それも有り、どうしたものか思案していたところです。
                          ゝ彳:::::::::::::イノイ:::,イ:イ、::::::}Y::乂
                            从:::::::::ム::::::Y::/〃沙 }::://:ハ!
                           ゝ:::::::伐ツゝ::{     从'::::{
                              ヾ爻   }     / ヘハ
                                 ` 、  -_ ‐ イイ´{、、
                                      >、__.イ  父Vム
                               _>''~ニニ}、.   _,イニニh、
                            {ニニニニl `¨¨./二二二ニ)h、、
                            |二二ニニ|    /ニニニニニニニ)h、、
                            lニニニニ|.  /ニニニOニニニ/ニニ〕
                                 ヤニニニ|.  /ニニニニニニ/ニニニ/

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  ……確かに、明らかな異常事態が同時に進行しています。
. .┃|(
. .┃|))  方や、子鬼の軍勢。 方や、街で起こった死体の群れ。
. .┃|(
. .┃|))  で、あるならば――――。
. .┃|(
. .┃|))  【1D10:8 (1-3:先ずは報告を 4-6:子鬼を 7-9:死体を 10:熱烈)
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1958 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:19:40 ID:0ortS03N
いけるか?

1959 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:20:02 ID:8Ve2Tmiq
よし、今回は高いな


1961 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:23:08 ID:jZAdzb+2





                              rlV::|ヽ _ ヽ         !::/ニ三三三/
                                  lニVニ/_ヽ-、__  , -=≦ニl/三三三ニ∧
                                Vニ/ / / / /三三三三三三三三/ニハ
                                  <´ニ/  `´ / /三三三三三三三三ニニニ>、
                                 ,..-'〉ミ〈 ' i  , `´, -'三彡'彡'三三ニニヽヽニ/
                            r'´l |〈ニニl         /三三三三三三三>'´V三/、
                          ';:::l .!・  ・',   l    /<三三三三ニ>'´ヽ::::ヽヽ三ハ
                           l:::マ ・  ・ !  l    !三三三三>'´::::::::::::::ヽ::::ヽヽ三',
                            /:::::マ ・  ・.!    ,'三三>'´::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;ヽニ',
                         /::::::::::マ・   }    ,イ`Τ´l::::::::::::::::::::::::;::-―'´::::::::::::::`:ヽヘ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「手を分けましょう。 僕達はこの死体に関して調べます。」
. .┃|(
. .┃|))  「……成程、分かりました。 では俺は子鬼側に回ります。」
. .┃|(
. .┃|))  手早く緊急時の狼煙や連絡手段を確保。
. .┃|(
. .┃|))  馬車で三日もあれば端から端まで移動できる距離感の領地です。 ……そう、余裕もありませんでした。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1963 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:25:55 ID:jZAdzb+2



                               _   -―‐ -
                            ,, -‐==ー \:. :. :. :. :. `丶、
                        />''" ̄ ̄``丶、\:. :. \:. :. : \
                        /: / :. :. : : : \:. :. :. \:.:',:. :. :. :. :. :. :.\
                        ':. : /:.i:. :. :. :. :. :. \:. :. :. :. :',:. :. :. :. :. :. :. :.ヽ
                      /:. :. /:. :| : : :. :. :. : |:. :.\:. :. :. :',:. :. :.',:. :. :. :. :. :.
                      ,:. :. :. :. :. |:. :. :. :. :.:斗:. 匕 ̄ ̄ :. :. :. :.:',:._:. :. :. :. :.
                      :. :. : i:. : |:、:. :. :. :. : |\jI斗=ミ:. :. ',:. :. :.', 〉 :. :. :. :.
                      i:. :. :. |:. :. :. \ : :. :. | /^f⌒刈 》 : : :. :. : V:. :. :. :. :. :.       死体に関して、はいいけど。
                      |:.|:. :. |:.イ∨  \:. :.|   ゞ  ´ ’ :.:.i:. :. :. i:. :. :. :. :. :. :.
                      |:.|:. :. |:从x≠ミ   ̄        |:.:|:. :. :. |:. :. :. :. :. :. :. :.      具体的にどうするの?
                      |:.|:. :. |:. : 、 vソ ,          j:/:. :. :. :|:. :. :. :. :. :. :. :. :、
                      |人 :. |:. : ハ               /' |:. :. :. |:. :. :. :. :. :. .: :. :. \
                       |:. \l: イ :. .     , -      /|:. :. :. |:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.\
                       |:. :. :. : i:. :込               ' |:. :. :. |:. :. :. :. .: :. :. :. :. :. :. :.:.\
                       |:. :. :. /|:. :. :个         /  |:. :. :. | 、:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. \
                       | :. :. , |:. :. :.:|:. :. :. :. :. ー‐ '⌒ハ _,|:. :. :. |ー―――   :. :. :. :. : : \:. :.、
                       |:. :. :  |:. :. :.:| :. :. :. :. :. :. :. へ<_>- _:|/       ヽ:. . :. .: :. :. :. :.
                       | : : i  |:. :. :.:|:. :. :. :. :. :. /:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i/\         :. :. :. :. :. i |:.|
                       | : : |  |:. :. :.:|:. :. :. :. :. r '":i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::(:i:i:i:i:i:i\      i :. :. :. :. :. | |:.|

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  「【1D10:1 (1-3:遺品調査 4-6:外部の確認 7-9:巣の調査 10:熱烈)を。」
. .┃|(
. .┃|))  ある程度割り切って、それも手早く調べなければならない状況下。
. .┃|(
. .┃|))  ……アナスタシアがいてくれたおかげで戦力は確保されています。
. .┃|(
. .┃|))  其処には、素直に感謝しました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1964 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:27:09 ID:0ortS03N
ここで腐るか


1965 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:27:29 ID:jZAdzb+2



                          / : :. :. :. |:. 斗≦三三三三三三三三三三三三≧ト:|:. :. :. |:. ヽ
                            :. :. :. :. :.:.|:. :.:|:. :. :. :. :. :. :|:. :. :. :. :. :. :.|:. :. :. :. :. :. :. :. :|:. :. :. | :. : .
                            |:. :. :. :. : |:. :.:|:. :. :. :. :. : .:|:. :. :. :. :. :. :.|:. :. :. :. :. :. :. :. :|:. :. :. |:. :. :i
                            |:. :. :. : :. |:. :.:|:. :. :.|:. :. :.:.:|:. :. :. :. :. :. :.|:. :. :. :.:.|:. :. :. :.:|:. :. :. |:. :. :|
                            |:. :. :. :. : |:. :.:|:. :‐---- :.イ:. :. :. :. :. :. `~‐--:|i--‐:. :|:. :. :. |:. :. :|
                            :. :. :. :. :.|i:. :.|:. :. 人:. :. :. :\:. :. :. :. : ハ :. :. :.八:. :. : i|:. :. :. |:. :. :
                         i : : :. :. :八:八==========: \:. :. :/ ==========八 : : : |:. :. i
                         |:. :. |:. :. :. :.i ヽ  )i j 刈     \/    )i j 刈 / i:. :. :.:|:. :. |
                         |:. :. |:. :. :. : :   乂辷_ソ   . . . .   乂_辷ソ   ,:. :. :.:.|:. :. |
                         |:. :. |:. :. :. :. :.         . : : : : : : : .          .: :. :. :. |:. :. |
                         |:. :. |:. :. :. :. :. .             '           / : : :. :. |:. :. |
                         |:. :. |:. :. :. :. :.込                   イ :. :. :. :.:.|:. :. |
                           /|:./|:. :. :. :. :. :.个         _       个 |:. :. :. :. : |\:.|ヽ
                           , : /  |:. :. :. :. :. :.:.|   >  .   ( ⌒ )   . <  |:. |:. :. :. :. : |  ヽ:. :.

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))        【手分けしよう】 【1D3:2 (ファリエル・セイラ・アナスタシア)
. .┃|(
. .┃|))        【判定】:遺品調査:【探索】:目標値15 【4D6:10(3+1+3+3)】
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1969 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:29:13 ID:jZAdzb+2



                                          -―- _
                                       、‐゛    .::/ ``丶、
                                      / /   :/  \   ヽ
                                     '.: .:':  /  .'     ヽ    ',
                                   /.:' /.:' /  .:'  :| .:|.:|  i :ハ
                                  ,.:  i :ト/:._ |.:.:i  .:| .:|.:|  |/ ',
                                   i :|  ィ=ミ.:八从 ̄ :| .:ト.:|  l/ヽ
                                   | :| .:| f心    ,冬トミ、:|  |//i i
                                   ∧ :| .:| ヒ::リ     ヒ :::リ 狄  :'_ソ |
                                 , .: :| 人"" ,    ,,ー'_彡'   //| |
                                / /.:.:|  i />、 、    イ{//  ;i|'八八
                                  / ,:  |  | 〕:个 ‐<へノ/   ∧//,\ 、
                               / :イ   八 :| 〕八:::::゚。_。:::゚/ イ  ,/|////,ヽ\
                              , / :|  , | : |  ヘ_ )::(⌒) / : :! .:i  ∨////|
                               i   |..:/|7.:从  (∨ ⌒V/八 :|   \//∧
                               |   |:, .:|_,/  ヽ  〉人 _ノミ/  ヽ  {: /\{ 、
                               |   |.: .:|/  __ (/ 八  )   `、 /    >
                              |.: .:|  ̄ >人:::::乂トミ{/  ,.へ V    |\
                              |  〔 / 7 ∧::::::∨八 /:::::::7 トミ _|  i
                                八  〈ニ ' /二i:::::: ∨〉/|:\:::::|\!二 |二\|
                                /\ ∨::i 二=|::::::::::∨:/::::::::::::|二二 /二二\
                               /二ニ=\、:| 二=| ::::::::: |/::::::::::::: |二二,二二二ニ
                               /)乂_,.彡⌒ \:ニ八:::::::::::|::::::::::::::::::〉二ニ{二二二二
                           イニ⌒辷=‐----|ニ:/ニz\ :: |:::::::::::::::/二二 }二二二二

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))     【《制作振り直し》:判定】:遺品調査:【探索】:目標値15 【4D6:7(1+2+3+1)】+【2D6:11(6+5)】
. .┃|(
. .┃|))     ※《孤高の天才》発動ボーナス:セイラ同行&生存ボーナス
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1970 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:30:06 ID:Vqm5bTZ5
セイラさん!

1972 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:30:59 ID:7bBcVjrN
やはり天才か



1973 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:32:26 ID:uYRZUTZB
ん、これどういうことだ?
セイラ同行でボーナスが入るってのは分かるけど、振り直しにしかかからないのかな?


1974 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:35:25 ID:jZAdzb+2



                                        -――-
                                    。≦        ミ== 、
                                  / /           ヽ  、ヽ
                                 /  /   .i    i  i    ,  ,,
                                 /   i   .|i  ./i  .i  i  ,  ,ム
                                 i   l   .|i  i i   il i..i_ i   k }
                                 |   i   .|.i_l_L l |.リ´}./ |i .i  } }
                                 |/アヽ   ≦ヽ{  ヽ{ .レ .f芋}}.i .}, i j
                                 |{ { /ヽ   ィ芋示`    っリ リ}j }./
                                 |.}、__ノi   .{`つ .リ    , ""リ} / i
                                 |l  { .l、   ∧ ""      /i   i
                                 |l  i i ∨  ∧ミ    ´ ./ i   .i
                                 |l   i i ∨ ∧¨≧ミ=イ   i.∨.∧
                                 |l    { .l r ミ、 .∧、-≧oトャ、  i.i∨∧
                                 |∨ // i   ヽ } ヽ `}ヽ} {ヽ }i ∨∧
                                 |. ∨/  .}/    ヽ}\ヽ j{ ヽ{ i .}i ∨∧
                                 |  }  ././    / ヽ ` =}ゝ'ヽ ト }  ∨.ム
                                 |  | ./.i/     `ヽ   マ=-ヽ∨ミ 、 ∨ .i
                             ,  j/ j'         \ .LLL}`ヘ ,t`. ∨.i
                                ,  /-.ァ><><> 、/二ヽi   .} i」マム ∨i
                               , ./ /> ヽ>´\/\|) .V=-t.ノrミ i∨i  } |
                               / , ./i  \    _  /∨∧`¨ ヘi i i マ.i }ノ
                           / , / i    ≧<   .Y  ∨ム   { l__i__}ノ――― 、
                             , ./ i     .∨   .l   ∨ 。o≦ 、        .iミ
                            , i  .l      .},   ∧. 。≦/≦彡        ___{
                               i |   .l   {   .}∨  ∧  {/ヽ  ∧。o≦二 ─ ミ
                            i  |  .l   {  .ム∨   }  。o≦  。o≦

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|)) ※>>1973
. .┃|(
. .┃|)) 幾ら天才でも切っ掛けや何も知らない状況では分からない、つまり「二度目以降に失敗しない」スキルです。
. .┃|(
. .┃|)) 「改変前」でも持ってはいましたが暗殺されるのが当然初めてなのでそのままつれてかれてアウト。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1976 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:38:14 ID:jZAdzb+2



                               ,        、
                               /         ≧、
                                /                 ヽ
                            /  /          }   .ム
                         / .i / i        i i  i  i. ∧
                           i i .| / .i  i  j   i  .} i .|  i- 、i
                           ,i.i |  ム /.i i.i  iヽ__Ll- .i  l¨ヽil
                           lil. ├ .;-ヽL i | .ャィi .}/j ヽ.l  l .ノj i
                           }i  .i ハ ヽ ヽ{ ヽ| ,r≦芋ァ  }tイ、i
                           il  i 示芋ミ      ヒツ'ハ  l | ∧
                          i |  .i、ヽ ヒツ         ノノi  j .|  ∧
                          l l i .i  ミ   '     //i .i .i   ∧      先生、これ……。
                          マ l l  i  ヽ>i .、 `  / 7Lャ ..i .i \  /
                           7 i  lヽイ { .l ヽ ≧' ノ  | .i l   `ム
                        j .ム .l   } .i  ヽ>={   /i .i|    ∧
                          i /ヽi .l   { i  イ .jマ /.j  lヽヽ  /l
                          j.ム´ .i  i   ヽ/    Y ィ l  l  ∨  ./i
                       i.i ァ┐l  l  ム> 、 __  ィ ヽ.|  i  ∨ /∧
                            /.i   Li  l  ハ ` < /i/i `>-ヘi   |   | ̄iム
                         j .|.ヽ .i  iヽ.ハ\   .i´ ̄  イj|  |/ </ / ∧
                         i i .ヽi  .i .ハヽ.ヘ =┴‐‐∧/ .l  |    .}   ∧
                         | i  j.i  .i .l l   .i   .i    |  |、   .∧   ∧
                         | .l ./.i  .i | |   .i   .i    .|  i.ム   ∧  ∧
                         i  i/ .i  .| .| ノ   j   .l     | ./  i    .∧   ム
                            i / l , ┘./   j   l    j/ ヽ |.、     ∧  |
                         V  }'/7´   ,,,,/ 、___}__      .ミ ヽ   ∧  l
                         {   //    / / i/ ヽ   ヽ     {.i  \   ∧ |
                           fミヽ .//    ノ /  .i  ヽ ノ     {マ       >'

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  セイラの状況を確認しながらの調査でしたが、直ぐに「彼」よりも手早く調査を行っていたセイラ。
. .┃|(
. .┃|))  そんな彼女が見つけ出したのは、一つの死体が握る破れた布のような物でした。
. .┃|(
. .┃|))  火で焼けなかったのか、或いは火で燃えない対策が為されているのか。
. .┃|(
. .┃|))  一度祈り、手を広げて布を調べてみることにしました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1977 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:38:55 ID:ksLUsz87
こんな感じに皆スキル持っててサポートしてくれるのか…


1979 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:43:22 ID:jZAdzb+2





                              lニVニ/_ヽ-、__  , -=≦ニl/三三三ニ∧
                                  Vニ/ / / / /三三三三三三三三/ニハ
                              <´ニ/  `´ / /三三三三三三三三ニニニ>、
                             ,..-'〉ミ〈 ' i  , `´, -'三彡'彡'三三ニニヽヽニ/
                        r'´l |〈ニニl         /三三三三三三三>'´V三/、
                            ';:::l .!・  ・',   l    /<三三三三ニ>'´ヽ::::ヽヽ三ハ
                             l:::マ ・  ・ !  l    !三三三三>'´::::::::::::::ヽ::::ヽヽ三',
                        /:::::マ ・  ・.!    ,'三三>'´::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;ヽニ',
                           /::::::::::マ・   }    ,イ`Τ´l::::::::::::::::::::::::;::-―'´::::::::::::::`:ヽヘ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  【1D10:10 (1-3:焼かれて文字が 4-6:微かに 7-9:ん? 10:熱烈
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1980 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:43:49 ID:jZAdzb+2
はい、君はいつも重要な場所でそうやって引き抜いていくよね(震え声

1981 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:44:16 ID:Vqm5bTZ5
い つ も の

1983 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:45:09 ID:7bBcVjrN
プロット破壊準備完了

1984 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:45:15 ID:ofoh4h9n
ここ重要なんか、やったね!


1985 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:45:52 ID:jZAdzb+2





                               rlV::|ヽ _ ヽ        u   !::/ニ三三三/
                                   lニVニ/_ヽ-、__  , -=≦ニl/三三三ニ∧
                                 Vニ/ / / / /三三三三三三三三/ニハ
                                   <´ニ/  `´ / /三三三三三三三三ニニニ>、
                                  ,..-'〉ミ〈 ' i  , `´, -'三彡'彡'三三ニニヽヽニ/
                             r'´l |〈ニニl         /三三三三三三三>'´V三/、
                           ';:::l .!・  ・',   l    /<三三三三ニ>'´ヽ::::ヽヽ三ハ
                            l:::マ ・  ・ !  l    !三三三三>'´::::::::::::::ヽ::::ヽヽ三',
                             /:::::マ ・  ・.!    ,'三三>'´::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;ヽニ',
                          /::::::::::マ・   }    ,イ`Τ´l::::::::::::::::::::::::;::-―'´::::::::::::::`:ヽヘ

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  恐らく、下手人……或いはそれに近い人物から破り取ったのでしょう。
. .┃|(
. .┃|))  手で護られ、そして火に強い対策をしていたことが幸いし。
. .┃|(
. .┃|))  其処に刻まれていた紋章と、名前を。
. .┃|(
. .┃|))  はっきりと読み取ることが出来ました。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1986 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:47:11 ID:Vqm5bTZ5
ばっちり証拠が残ってたか


1987 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:47:12 ID:jZAdzb+2








. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|)) 不可思議な色合いと、六芒星のような刻印。 そして――――”無色の派閥”と書かれた、ローブの破片を。
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(
. .┃|))
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛








1989 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:48:38 ID:jZAdzb+2



                                       -‐    ‐- . _
                                   "           ` 、
                                     /' /  /         ヽ   ヽ
                                  / , ′ / ,   /         } ',
                                    / /  '/  / ,/ /   .'    リ ! :l  .ハ
                                   / .'  / /'/ / //  /   /  l l  ! !
                              '  {  ' イ'/l 'l '/ '/  / /j /!; ,! ; .! l
                                   '  l ; /_| ',,| /|l' '/ ,〃 /_// リ|′/i l
                                : .! ゙、 {´ |{ !{ |l '/'//イ /__/.′^| /| |
                             ! :゙! l: 、、ィ≡ミ、/ / {'ィ=≡ミ、 ! イ' l! l
                               l ::  :|Λ`      '′      /'/' l  |
                                 l ::  .l Λ'""    、      '""/   |  !
                                  ! ::  :l :l∧       _       /l  l| 'l
                              l .:::  ::| l::l:::\  ` ‐ ´   ..イ:::!  l|/ |
                               l .:  .:::| l:::|:::l:|:`i...     . イ::::l:::l   |' !
                                l ::  ::::l  ::l|::::l:::「¨¨≧≦.-‐'¬!_:!   | l
                                 l :::_::::! l::l| ̄`¬=;、_V ィ''´´;;;l  l l_ l
                              /.:.::.:Y | l::l !;;;;;;;;;;;;‐-;{⌒};;;;;;;;;;;;;j  l i゙!.:.`ヽ
                             イ.:.:.:.:.:.:/ l !:l |_;;;;;;;ィ;;/Τ!;;‐-;;;;7 .′| !:.:/.:Λ
                              イ.:.:.:.:.:.:.:/ ',l! l:l :|、;;;;;;;;;;;;;/ ! l ヾ;;;;;;;;'  ,′:l |:/.:.:.:.Λ
                             /.: :.:.:.:.:.:..,'  ', .:l |.:.>、_/l l l l ヾ_7l i   j }'!:,:.:.:.:.:.:',
                         j!.:.:.:.:.:.:.:.:' ゙:、 ',:j K.:.:.:.:.:', l l l l /.7 ', :|  /リl/.:.:.:.::.:.:i',
                             l!::::.:.:.:.:.:.|   ゙:、ヽ,リ:.\:.:.:.:',l l l l:'.:.;  ',.:! //l !、.:.:.:.:..:.:.i.:,
                           /::〉ヾ::::::::.!   〉、 ゙、.:.7\:.:.', ! !'.:.;.:イ ', ゙、//',' l `、.:.:.:.:.:.}:.l
                          ////.'.:.:.:、`:.:l  /  /:、 ヾ  | \∨ィ" l ! ∨イリi ! リ:ニ二//
                         / //:/.'.:.:.:.:.:.:.:Λ''   / j゙:、 ゙、 ! /:.l:゙、 ! l/<、//,/ /.:.:.:.:.:{:{
                     / ::':'::/.:':.:、.:.:.:./ノ_,. /、/.:.:.\ミ| `:.l:7  /'、´゙、/,/ /、__,:ィ:.|:|
                       ,'  {:::::/.:'.:.:.:.`´7:':/ヘ  V.:.:.::{ }l   八ー'" ノ:\ \个ー-‐".:.:.|:|

. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .┃|0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|
. .┃|(
. .┃|))  サ モ ン ナ イ ト。 はい、頑張れ。
. .┃|(
. .┃|))  というわけで本日はここまでです。
. .┃|(
. .┃|))  段々酷いことになってきたり情報出始めたりですが頑張りましょう。
. .┃|(
. .┃|))  「幼馴染」が出るの何時になるんだろう……お疲れ様でした。
. .┃|(______________________________________________(0|┃
. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1992 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:49:23 ID:7bBcVjrN


1993 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:50:07 ID:va/3eMZE


1994 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:50:09 ID:CEuIo5ct
乙でした

1995 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:50:14 ID:Vqm5bTZ5
乙でしたー

要するにあれか、よくいるやたら規模のデカいアカン連中ということか?(震え声)

1996 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:51:01 ID:0ortS03N


1998 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/04(月) 23:52:51 ID:jZAdzb+2
>>1995
簡単に言うとサモンナイト3の元凶にしてバカが異様に力を持った集団。
超テロするよ! って感じだと思えばいいです。 マジ寝てろよ無職。

2000 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:54:49 ID:Qph7RJsO
乙。魔剣打ち直しはよ

2001 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:55:31 ID:Vqm5bTZ5
おk把握、それはアカンですわ(確信)
しかも無職なんかいww

2003 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/04(月) 23:59:37 ID:i159/ZeC
早くウィスタリアスにならねえかなあ
全ターン無償で抜剣覚醒したいんじゃあ


2006 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/05(火) 00:06:48 ID:VSQTrN3P
(出来ればいいな……)>>無条件毎ターン発動

2009 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/05(火) 00:27:12 ID:vd9TYxQM
無職の派閥は確かに迷惑だし消えたほうがいいが、ブチ切れた理由もわかるのがあれよね……w

2010 : 名無しさん@狐板 : 2017/12/05(火) 00:27:40 ID:vd9TYxQM
あ、素で無職と無色を間違えた


2011 : ice ◆53Ok1gX4xs : 2017/12/05(火) 00:34:54 ID:VSQTrN3P
もう無職でいい気がしてきたぞ……(
関連記事



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-33412.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13