以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-33007.htmlより取得しました。


英雄を作ろう! 挿話:「VRオルガマリーinカルデアス~原始サバイバルゲーム編~」 その7

目次

1809 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/11(木) 07:44:51 ID:sV2gGU/g
おはようございます。そういえばもうアレクサンドリア大図書館も建築できそうですな。
しかし古代のciv遺産はやっぱり軒並みギリシャエジプトメソポタミア由来……w

1810 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/11(木) 08:00:27 ID:sV2gGU/g
もしよろしければ、ウクライナ周辺(?)に存在してそうなこんな文明が後世に残しそうな世界遺産など適当に語り合っていただけると幸いです。
今まででもこんなの作ってそうとかあればぜひ。

1811 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/11(木) 08:43:30 ID:+1ulxsZP
東はロシア、西はポーランド、ドイツ。
南はルーマニア、ブルガリア、ギリシャ、黒海を挟んでトルコ、イラクか……
割と面白い立地してるもんな……

1812 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/11(木) 09:52:02 ID:Mak5qOvU
建築物か壁画とか?
崇める女神が知識や慈愛系だし何かを残すって言う思いは強そう
複数の民族が混ざっているから様式も豊かだろうねー

1813 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/11(木) 12:28:23 ID:oAm5b7Hn
ドニエプル川流域から色々と発掘されるのかな
最大の神殿もその辺りか
黒海を囲むように都市が点在して、そこを帆船が行き交う風景を書いた壁画とか…

1815 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/11(木) 15:04:27 ID:DWyVX4LK
ウクライナの遺産・・・プリピャチの石棺とか?www


1818 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/11(木) 19:49:20 ID:sV2gGU/g
こんばんは。キルケーさんが実はイタリア在住だったことを知ってちょっとビビる

1820 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/11(木) 20:07:58 ID:sV2gGU/g
そして皆様、いろいろ情報ありがとうございました。
壁画や神殿や黒海周辺の都市群か……結構広めな文明圏な気もしなくはない。

1821 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/11(木) 20:52:28 ID:jVGbCODG
ウクライナは現代でも鉄鉱石の産出や生成が主要な産業として成り立ってるから、鉄や鋼の材料には困らないどころか売るほどあるんだよな
だから鉄器文明が成立すれば加速度的に生産効率が上がってアホほど発展していきそう


1822 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/11(木) 21:00:24 ID:sV2gGU/g
たいして青銅の原料である銅もスズも殆どないから鉄器いくまでは苦労しただろうなあ……。

1824 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/11(木) 21:41:58 ID:sV2gGU/g



                     ..........   _
                   ,.: ´           ` :.、
               /⌒  /      \    \
              /    /      |     \    \
   {          ィ                !      \    :,
.   ` -= _ ̄,                              :,  , ―_─_-
         /      /         ~ ‐t===    \ ../ /__
.        /     /         /   T_      Y イ─ 、. `~、     では始める前に皆様の情報も踏まえて
                / |       / /     彡      7、 Y    `~、 \
.        |   |   ‐-+     / /---‐‐‐   彡    ./ \/`:,     \ :,    なんか作ってそうな世界遺産リストを――
.       / .|  |   .| | |    ./|/       .彡    〉- 、` .∧.       `|
      //|  |  ィ灯笊ミ ../  ィ灯笊弃ミ  彡t   \  Y .}           (でかいほど立派、50以下だと作ってもない)
     /´ ..ト. :、 ..| 込リ\/     込.リ  // .}    〈 - 、イ 〉
           \ト、 :,                } イ    {  :}/|           ストーンヘンジっぽいもの(太古)【2D80:71(16+55)】
               込     '          r‐ '  / | .N \! :}           ドニエプル壁画群(太古)【2D80:46(32+14)】
                | .込     、         / Y ./ ./ .「 7-、 イ           大図書館【2D100:83(66+17)】
                |/ | \               |// /  | | \|く            大灯台【2D100:135(95+40)】
              /  .|   うs。  -=≦   .../ / /   .! ! /  \           大神殿【2D80:137(59+78)】
            /   |  | ノ⌒L.._ -‐´/ /     /| | /    __ \         議事堂と法典【2D80:38(13+25)】
            /    / // イ   } / /  / ./ // l ト、  \⌒
.        //  ,.r  ̄´/ ト、___ノ、 |//  / /_/- 、.ト、| \  \
       ⌒/  ._/ j  ./√√√√| Y.| . /|//  , -\    `T⌒`        なんか聖剣っぽいもの【2D70:60(30+30)】
.       _/   _7 }/ / / ./ ./ ./! .|,/   .|/  /     \   \
.        _7   ._7/ ./ / ./ ./ ./ .!     /  /       :,     \
.       _7    .7_/)/ / / ./ ./ .!    _|  ./          :,      \
.       7    ./) Y〉ヽ./  ./ ./ ./ ./  ./              :, \.   \
.      |  //弌〉、 ⌒´L)辷Y、/__/      .| \          :,  .| ̄ ̄⌒


1825 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/11(木) 21:42:33 ID:WTJZXmgx
大灯台と大神殿か

1826 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/11(木) 21:44:10 ID:jn1q2b+E
図書館もちゃんとある

1827 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/11(木) 21:45:22 ID:luV2RtRV
やはり文明神……




1828 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/11(木) 21:48:30 ID:sV2gGU/g


ストーンヘンジっぽいもの(太古)【2D80:71(16+55)】→ストーンヘンジよりはしょぼいですが大昔に天文台を造ったそうな
ドニエプル壁画群(太古)【2D80:46(32+14)】→さすがに古代のその時期はそこまでしている暇はなかった
大図書館【2D100:83(66+17)】→そもそも蔵書の数が少ないうえに地理的な問題もありますが国内の蔵書を集めたものを
大灯台【2D100:135(95+40)】→おそらくオデッサあたりにドデンと大灯台と港湾が作られてるようです
大神殿【2D80:137(59+78)】→この時代のものとは思えない壮大な大神殿が作られました。目的は色々です
議事堂と法典【2D80:38(13+25)】→時代が追い付いてなかった
なんか聖剣っぽいもの【2D70:60(30+30)】→なんかそれっぽいものができてます




                                      †
                                    ハ            |
                                    |‐|           ハ
            |                         ,.ィfチニミs。.        |ニニ:|
      。o≦≧s。                     //:://:::㍉:ヾ:、.         |.∩ |
     弋弋二二ナ                   /〃:::::::|:|:::::: :::Ⅵ:ヾ:、      | |::| |
        |`| |个| |                   〃〃:::::: : |:|::::::::::::::Ⅷ::'/,    |`| ̄ ̄|
        |`| |│| |                  ∥:∥::::::::::: |:|::::::::::::::::}:i::::'/,   | :| ̄ ̄|
        |、|_|│|_|                  j{:::j{::::::::::::::::|:|::::::::::::::::|:|:_:_i}}    Ⅵ ̄ 7
      ハ|`| |丁| |.                   」」_|| ̄ ̄ ̄|_| ̄ ̄ ̄|:|」」」}    .| | ̄|___
:: :: : │::|`| |│| |:~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~\|| ̄(::) ̄| | ̄(::) ̄|:| (:).:| : : : ::| |  |二二二ヽ : : : : : : : :
________,|` |、| |⊥| |ーーーーーーーーーーーーーーーーーー‐‐‐ ||‐‐癶‐‐| |‐‐,ィ=x‐|:|‐ヘト.::::::| |  |_I_I_I_I_I_|-_-_-_-_-_
───┴┴ェr┬| | ̄|| ̄(:::) ̄|| ̄(:::) ̄|| ̄(:::) ̄ ̄||∠___ヽ | |/ /ヽ`ヽ/‐‐゙Y`ヽ.| |  |-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_
.^^^^^^^^^^^|│| |二二二二二二二二二二二二二\|」」」」_|_|,,...ム==ミ、|」」」」‐‐| | |  | ̄ ̄ ̄``丶、-_-_-_-_-_
ー.Y^YーY^Yー|/\────‐ィ^\_,ィ癶、ニム______,,|_|nnn// YY||Y:Y|\\n∩|ト..\| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄|~~|-_-_
_|:::::|_|:::|,ヘ|ニニノ二二二二ム |_,|__|_|__|_|_|__|_|_//_|||:||_|_,||_><癶‐iト..\| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄8 ̄ ̄¨:|/\
 ̄|、 ̄ ̄ヽ| ̄ ̄,.。ヘ ̄ ̄ ̄~∧二Y=======/_,癶二ヽ二\ォ====ョ二二|`゙|,ィ≦ト..\|_____ハ__,,|丁丁
/|`l¨¨¨¨トrt≦zzzzzz≧zzzzzァ_|二」二二二⊥|__|ー┴‐‐rt≦≧s。ニニヽ |::|,.:≦|\|∩∩∩ |_ | |_∩_|└┘
⌒ヽ|,、,.、┴|──「」 ∩∩v┴ ┴∠ニニイ|マ二二二二,.x个x|,.ィ癶、 | |__,|___:::|_|⌒|\| ̄ ̄ ̄/ ,.ィート.`Y⌒ヽ;';';'
;';';';'ノ;';';';');';'(⌒ヽ⌒ヽ_|_|_|二二7二二イ_,|^:|/二二イ[]   []``rイレ'"   ,.イ::|_|⌒|\| / ̄ r</__ヽ >;';';';';';';'
⌒ヽ;';';';';';';');';';';';';';';'∧二ア´ ̄ ̄ ̄~/┴ー┴── ┴‐ァニニニニ/     /|:|:::|_|⌒|\| /    |...,,,」_(;';';';';';';'(;';';';'
;';';';';';';';';'_彡'⌒;';';'ヾ;';';';'/____/──────‐/   /^\___/|/|:|:::| | ̄|\/   /|<二γ´;';';';';';';');';';'
⌒;';'ヾ;';';';';';';';'⌒;';'、;';'\| rzzzzzzzzェ¬二丁 ̄ ̄丁二¬,。o≦ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄≧s。'⌒;';';';';';';';'ノ⌒
;';'ノ;';'⌒ヽ;';';';';';';';';';');';';';ヽ |__|__|__| ̄丁丁丁~丁丁¨:|:「「「「┬:r┬┬r: ┬┬┬┬r: ┬r┬rーr‐rrr;';';';';';';';';';');';';';';';'
;';';';');';';';'(⌒;';';')'´;';';'(⌒;';';';';')⌒'ー、 |  ̄    ̄   ̄ ̄ |i:i|┴┴|i:|┴┴┴┴|i:|┴.|i:|┴┴|i:i:| ̄;';';';';';';'(;';';';';';';'


1829 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/11(木) 21:54:28 ID:sV2gGU/g


【そして大聖堂とかやってる間にふと思いついた文明圏の謎文化】



                 > ‐…・・・…‐ <
                 ,ィi〔:.:.:. i :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〕iト、
                /.: .:.:.i.:.:.:|.:.:.:.:.:i:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ
             / . : .: .: |.:.:.:|.:.:.:.:.:|:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  /
             ,′ : i .: .:|.:.:.:|.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨ /
             ,′ : .:|.:.:.:.|.:. .: :.:.:.:.:|.:.:.:.:.:Ⅵ.:.:i.:.:.i.:.:.:.:. : ∨
             : .:.:|.:.:.:.|.:.:. ィi{ ̄!\:.:.: Ⅵ:.!:.:.j:.:.:.:.:.:.:.: W      我々は理性と叡智を重んじる女神様を信仰していますが、
           Ⅵ: .:.:|.:.:.:.|⌒ ,⌒-‐=ァ.\ >‐ミ |.:.:.:.:.:.:. : W
                Ⅵ : レ´  ⌒乂シ   ´ /う..i:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:W      それにちなんでかちょっと変わった伝承と
               Ⅵ vリ       ´     ::/ /:|.:.:.:i.:.:.:.:.:.{
             ⌒/               ,イi.:|.:.:.:|.:.:.:.:.:.:       面白い風習が長年続いています。
               ヽ           : : |.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                  ∧  -‐ァ     .: .: : : .|.:|(.:.:.:.:Ⅵ:.:.|
                   \     ,.ィi: : : :>'"⌒}.:.:.:.Ⅵ:.!
                  ヽ。o≦_]: : :{´:r‐…・・・・・・…‐ ミ      それまでも何となく慣習としてありましたが
                    _j{ i ]i‐={....!.......>‐‐‐<...........〉
                       /⌒{ i ]i=={....!/........................."'<     明確に定められたのは大神殿と大図書館により
                   }../j レ'"⌒ア..........................................ヽ
                   /'".................{.................................................}[   伝承の集積ができるようになってからですね。
                 /........................八.............................................. }[.:〕iト
                /.................................. ...........................................ノ.:.:.:.:.:.:.:.:〕iト
                   /......................................ハ___........-‐…‐-.... ., .{[.:Ⅵ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
               {............................................√..........._,.、、、.,_..........{[.:.:Ⅵ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}


1831 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/11(木) 22:00:19 ID:sV2gGU/g



          >──....<
       /::/:::/:i::::|:::|:',:::ヽ
     /:::::/:::/:::|:::::|:::|:::',::::',ヽ
.    /:::::::::::リ,"≧ト¨''''≠ト:::':::},
.     {::::::i´,}!伐;り  , 芯/ ̄`
    ,':::::::ゝム   _ `¨ハ                                        >::/
   ,':::::r─┴ゝ┐ -`.イ::::',                                    ,>:::::::::/   伝承によると女神様は
   l::≠─=ミミ_」` i´ o¨}ト::',                                ....≪≫::::::::::/
   ,' "": : : : :.ハ>=-<ソ\                            ......≪≫::::::::::>‘      その声を伝えるため
   {0.: : : : : :. :. :.\: : :.o. `ヽ                         ....≪≫::::::::::::>.
    ヘ、.: : : :. :. :.≫へ: : :._ : )                     ....≪≫::::::::::::>‘            若い女性を通して顕れるそうで
.    ヘ: : :.≫: : : :>へ____.イ                   ....≪≫::::::::::::>‘
     ヘ≪: :>く  ,,=ニ三三ニ=               .....≪≫::::::::::::>‘
        }ゝ<.: : : :.=ニ三三三三三=         .....≪≫::::::::::::>‘                     女性は成人の儀式として
        |: :}: : :.',.: : : :.=ニ三三三三三=   /',.......≪≫:::::::::::>‘
        |__}__≫''"≠.: : : :.=ニ三三三三ニ= ∨∧::::::::::::::>‘                           自らが預言者となるべく
      {__===─''''"": : =三三三=-'ヘ'"∨∧>‘
      /: :/ _,,,-‐"´.: : : :. :.マ=-''ハ 、zz〉''"∨∧                                祝福と祈りをささげる習慣があります。
.     /: :/: : : : : : : : : : : : :,-=rハハイYニヾ''"  ∨∧
     {{: : : : : : : : : : : : : :.くニニ>‐''''゙"       ̄


1832 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/11(木) 22:04:23 ID:sV2gGU/g



                      _」Lニ==ニL _
                      ,ィi{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ . /
                      ,イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V. /
                  /:.:.:./.:.:.:.i.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V. /
                 //.:.:.:., :.:.:.:.:|.:.:.:|:.:.:.:.i:.:.i:.:.:.:.:.:∨
                  ':.:. メ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.|:.:.|:.:.:.:.:.:.:     そして女神様に選ばれた者は神の声を代弁するとされますが……
                ( {:.i^/> 、:.: 八_:j.:._.:_|_.:j.:.:.:.:.:.:.:i
                Ⅵ! { 乂ノ´  ^≧==ァjr‐、:.:.:.:     女神様の代行者となったかは、他人はもちろん本人にも知らされません。
                  人!ム    i   ゝ‐' /^ノ:.:.:./
               ,イ7... )/ム       ,.イイ:.:}ヽ:!\    それどころか常に声を伝えるかどうかも秘されています。
             ,イ 7......7./{ ^h。 ⌒j .ィi{ リ y....}{.:\.≧=-‐.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‐- ミ
           __,,ノ‐!7........{7ハ..Ⅵ≧≦〔 ...../.../....∥"<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
        /‐=‐(‐‐|{ .........{/.....\ ‐-=ァアイ........′./..............ヽ:.:./-‐…・…‐-:、:.:.:.:.:.ノ
          ‐=ニニニニV八.........′.........j.....ィi〔 ...........V ,イ....................∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:. =-‐=≦アア
      /‐=ニニニア }ニニ>、′................................_.....V   --‐‐ ==≦"´      ,.。o≦ /
     ./⌒⌒>{/´ j}ニr=r=・・・≦"´         _       -- ‐‐ ^^^^〈:   /
 rrzzzzjY^j⌒j⌒}ニニ77 7…  ''   "  ´                         V./
 |i|---‐v__}  } ノニ77‐7………………………………………………………'"
 `    ⌒Ⅵr゛  /i‐=7  {....≧=‐....................-=≦{ア^寸‐‐‐‐≦}
             ^⌒´   八...........⌒´........................ノ..../ ゚寸>‐<
                 人................................... /i__/  (≧=‐=≦、
                /{_.. \_._._._........-‐=≦≦{   }ニ{ニニ=‐
               /.......7≧=‐......‐=ニア.............`ヽ  Ⅵ〉ニニニ=‐}


1833 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/11(木) 22:06:29 ID:WTJZXmgx
そういうことになってんのか


1834 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/11(木) 22:09:08 ID:sV2gGU/g



                    _ _
                > ''" : : : : : :"''<
             ィi〔.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〕iト、
            ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ . /
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨ /
            ,'.:.:.:.:.,'.:.:.:.i .:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:. ∨
          .:.:.: : ,'.:.:.:.:.| .:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.i.:.:.:.:.
         .:.:.:.:.i {.:.:.:.:.:| .:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.|:.:.:.:.::      ただし、必ずだれかには声を伝えるため
            .: .: ‐|‐ :‐:‐:|.:_.:.:.:|.:.:.:.:.:_j.:.:.-‐|:‐:‐:′.:.:.:
         .:.:.:.:.:.Ⅳzzzzzz⌒ ⌒´ zzzzzzⅥ.:/.:.:.:.:.:.      権力者も女子供の戯言と決して軽く見てはいけない。
           i.:.:.:.:{ Y^乂_シ      乂_シ^ ∨⌒j:.:.:.i
           |.:.:.:.:{.∧ `           ´ ,: :j /.:.:. |      もちろん本人の思い込みである可能性も高いので
           |.:.:.:.:Ⅳ:.      i         /_ノ.:.:.: . |
           | .:.: :|.:`ハ               /7.:.:.:.:.:.:.:.:!      決して誰かを化身と決めつけて妄信してはならない。
           | .:.: :|.:.:.:.}:.、   (: : : )    .イ/.:.:.:.:.:.:.:.:.
           | .:.: :|.:.:.:.}.:.:.h。,      .ィi{_j{/.:.:.:.:.:.:.:.:|      必ず発言を聞いてその是非を判断せよ。
           | .:.: j[.:.:.:j⌒^}: :〕iト 。o≦: :j^j⌒!:.:]^i.:.:.:.:.|
           |.:.:./.[.:.:/....i...j_:_:_:_:_:_:_:_:_:_} .}.....!:.:]..j:.:.:.:.:|
        >…{...[ア{......|.(‐=ニニニニ=‐Ⅵ....j:._]..j:.:.:. ノ
     / ......... {...[....\⌒`<ニニニ>'⌒j.....7 }"" ''<
     ′ ........... {...[......./〕iト....{ ≧=≦{....ィi〔......Ⅳ..................ヽ
    {................... Ⅵ.....................................................Ⅳ........................    と、このように伝えられております。
   /〔.......................v/............................................. V/............................}
    {..〔........................}.................................................. {.............................ノ


1835 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/11(木) 22:11:46 ID:luV2RtRV
一人一人に神が宿ってるかもしれないってことにして全体の発言権をあげた感じか


1839 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/11(木) 22:15:43 ID:sV2gGU/g



                     __
                     ィi〔:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〕iト
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ /
                 /..:.:.:/.:.:./.:.:.:.i.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.∨ /
 ト:.              ′.::/ .:_j{.:.:.:.:.|.:.:.:.:|.:.:i.:.:.: :.: ∨    これはともすればパワー=発言力となり
 | \          {__.:.:{´ __i{:-‐=| _:_人.:|.:.:.:.:.:.:.:.V
 |_ ∧             V  ̄__   -┰‐.ⅳ 、.:.:. !    弱者や女性の地位が不当に貶められかねない状況を憂いた女神様が
 ∨∧ ∨           .}/┃    .┃  ⌒ }:.:. i
  .∨∧ ∨          /             ,ィ彡 :.:. l/}   弱者に配慮させるよう取り計らったものなのだとか。
   ∨∧ ∨       ,′    <フ   /:/.:.:...ア...__j
    .∨∧ ∨      .人__ ___   ...':.:.. ァ゛/....>=ミ
    ∨∧ ∨          ( |ミzz彡イ} ..{../....ア  ヽ  \
     .∨∧ ∨       />|...... {............. .{, /.  ー十= .∨    実際、神の化身としか思えない活躍をする女性は
      ∨∧ ∨〉   _. イ / 乂_≧=彳.V,{ .    ̄「 ̄  .∨
      >: '^イ¨ア_彡 '^   ,.ィi〔∧ /⌒ ..\   }    /    いろんな時代に各種出てきていますからね。
     └<∧ ∨ ̄       .,イ...}≧=‐...........‐= .\廴_彡’
          .∧_〉        .,イ..._ノ\....................(...........∨
                     /__/⌒ヽ≧=‐=≦⌒≧=‐v




‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐
【実情】


        ,1
     ,-、r_'_h        ヾ 、
   fユテゞエヽ!          l !
   i止、,入Jリ      ,-‐‐ー!ノ
   l:;:;:;:;:;:;:;:/ 从ー、/  ヾv `ヽ
   、:;:;:;:;:;:/ ーヽ,/イ  ̄ ! ゛   v
    j:ー;ヾ:ー..、イシ! Y   |    l !
    l;;;ヾ:;:、:;:;:;:;:;:;7/ !   ,l    ヾ、`ヽ_ノ    こ、これくらい細工して時々姿くらまさないとすぐ身バレして暗殺されるし
    `ヾ;:;:;:;\:;:;::/,レ |  ! i l 、 、ヽヽ ̄
       ̄` !Y´リノノ  i;.' l i  !ヾ、.\      女性だからって自分の文明圏の男に***されるとかやってられん……。
       、...l jン./::、 !:: i:. i  ;:、:..、ヾ;!
        `ーイ........、 l::. :::.::、 :....;....lノ
         /..../........j..、:..!...... ;.........l、
        /,'....ノ!...............\:、...::......../;:;、
         l..:/;:7.......l......./................!/;:;:;:;:、
         レ1;/.........|......li.......l、.......リ;:;l;:;:;:;:
         j/..../......!......|;:、...i;:ヽ....\li;:;:;:;、     それに女性にも才能ある人間はいるんだから
      、.....:.:.:ィ;:;l....../;、....!;:;ヽ.ヽ;:;:┌‐ニニ∧
        ̄ ,;:;:;l.../;:;:;:;、.ヽ;:;:;ヽj;:;:;「7/^´ )(!     埋もれさせたら宇宙勝利が遠ざかりかねないし
          ゞ;:j,':;:;:;:;:;:;:\ゝ;:;:;:;:-k) こニニ!
         /イ T T ̄TT ̄ ̄i´ヽゞー1ー^i      運がよければ女性英雄が自然とカゲムシャになってくれるかも……。
         ヽ/ 」 ⊥  ! v ⊥ 」ー.1´ !i !ij
           ̄ ̄´i. ̄::丁 ̄ヾ........|   ` ゛
             i..l.......l    、..... .!
             ヽ!......l    !.......i
             ノ..ソ....!   jl.:ヾ..!
             /.........ノ    ,..........l



‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐



1840 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/11(木) 22:16:57 ID:WTJZXmgx
このせせこましい努力がそういう風に美化されたのか


1841 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/11(木) 22:26:15 ID:sV2gGU/g



                   、 \ _  ´       `丶、
                   `ー'´        |     \     -─‐- 、
                   /             '___ -     ヽ //─-、ヽ)
                  ′   |       '  "゙゙ミ-    )く  ̄ ̄`ヽ
                 '     /{  | _,、 /     三   /  }
               _/./   / /ノ', }   7_⌒¨`   〉'´ ノゝ_ノ、
                ̄| |   | /,ィzミV   / ィf泛^ーァ  ミr、' ノ {  ヽ
                 | |   |,ィく弋ゾ  /、  ¨¨ ''^   ,ィ Y  乂 ノ        ついでにこうして人物像をぼかすことで
                 l人. ||   /,ィ'⌒ー         r〈 }  /⌒ヽ
                  .}i ||  ̄           _'ノノ   ヽ  人       何らかの聖杯戦争で呼ばれたときに
                  ハ|人    _   -‐     __/     /Vヽ  丶、
                   /   丶          .:/     人  ノ    `ー  「それっぽい伝承に近い女性の一人」
                /  /    、       ..:  |        ノ‐く
              _     /       \_    ´   |     /   、>  \─  という触れ込みで潜り込めるかもしれない!
           -=ニ __ -‐'7       ⊥  ___|     |/{   ',     \
                  .′     / /⌒i           |\  \       ひょっとしたら何かの聖女と習合されるかも?
                  /    _、丶`从 しノ \         }、  ̄ ̄
              _ -─ァ¬ ¨//  ノ|     〉        从`フ¬==- 、
             r''|ニニ'   </rヘ、 r、    /        '  /ニニニ/ニ丶
             |=|ニニ=| /  〈こ<ヽ- `丶 |  /        / / /ニニ/ニニニ}   とまあ、神秘の隠蔽の応用で
             |=|ニニ/  ∥‐r‐'    ヽ~ | |/   ./li / /ニニ/ニニニニ,'
            、丶`{ニ=/    {{ __)_       マー|/i|,′  / / /ニニ/ニニニニ=/   ちょっと小細工しているわけですね。
  \ __、丶`    〉ニ'     { `ヽ        マちi|    / /  lニ/ニニニニニ|
   \         }={       \  ',       ,  V  /    |_/ニニニニニニ{    こうしたことを積み重ねて復活の目を……。
      、      ニ{       \入      |   V/    _/ニニ/ニニニニニV
          ー─{ニ人      , ─‐-、ヽ    |      ,ィi{ニ|ニ=/ニニニニニニ
             |ニニ\    '  ‐-寸 ', _、‐''゛〉、   ,ィi{ニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニヽ,/     ̄) 〈-‐ rヘノ\/ニニニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニニ/     ̄)  | />' r⌒∨ニニニVニニニニニニニニ
             |ニニr、/     /´¨  rく /  {{  ∨ニニニ{ニニニニニニニニ
             |ニ,ィi{ ,'     /   /⌒/====ヾ   Vニニニ|ニニニニニニニニ



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ところで、FGOで所長が再登場しそうな雰囲気もあるとかないとか言われてますね。ずっと前から。


1844 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/11(木) 23:45:25 ID:sV2gGU/g



                     ´    `     `丶    -─、
             ,ィ     /                  V / ̄ \
             / {    '     /        _  {/=-─-、
            乂 ─/       ′     |^ー-z_   ノ\
               ̄,      |l      |    彡乂 }
                      | ./ ',   |   | _ -‐ 彡 /^ヽ
               /|  |   |/__'、 |   ''´ _  ,ィ V⌒\ ,}
                 |   |   -ヽ l}   '  ィ≠癶 r } (  )
             /イ{ |   |,ィ=≠ミY  人      ' ノ |^ヽ      - 7
               }     |     /l ,イi{       |‐'   |ヽ ノ     / /     序盤でカルデアスに食われたあと
                 ', ',. |、  //         '     | ノ¨r 、  / /
               ,′ ', l\|ー 、   、  ノ   /   =彡  } } / /       ラスボスめいて出てきたら
                /     \    > _    /|         ノ ' r'‐つ_
                         ,人 ≧=‐'---/      /  {// r‐、 }‐っ     おまえなんやねんとかいわれそう。
             ノ  ./       _ィ  .ィ⌒ヽ  /      //  しし_r‐ノ (ノ─ァ
         _、‐''゛ /rニニニア  ̄/// {l()l}\/      /从  ノ__  r~ィ/_/
      --'──//ニ{ニニ/ .// /^ゝ-'' V     厶  V⌒ソ_ノ /
           / /ニ|ニニ{// /        '       r_  r~'´|  /=i|
            }ニニ',ニ=/ 入         { i{   У_r‐'  l }/ {{ i|ヽ      さて、とりあえず本日はこんな感じで
        / r─'ニニニ',=〈 入 ゝ _      V {   |く  ヽ _ノ/‐、{{ l|
        / _}___=/  Y辷辷辷辷辷辷辷辷辷   |  Y=イ=/   }}ヾノ| ‘,    軽く締めさせていただきます。
          レニニニニ=/   \辷辷辷辷辷辷辷辷 \ | -‐V    、__ノ/ニ|
      /ニニニニニ={       \  マ~,~~~~'     ∨ _ノ -ニニニ  ‘,   ギリシャ文明との衝突の未来はどっちだ!?
     /ニニニニニニ{       \ Y_ - ¨        _ノ,ニニニニニニ
   /ニニニニニニニ从        {{o           /ニ=',ニニニニニニ{ヽ  |
  /ニニニニニニニニニト、       {{         /ニニ=∧ニニニニニニ ' |
/ニニニニニニニニ>''~ V\      o{{          /ニニニ/ Vニニニニニニ  V
ニニニー───-<    Vニ\     .{{        /ニニニニ/  Vニニニニニニ


1845 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/11(木) 23:49:37 ID:jn1q2b+E
乙でした
商人同士の少数の交易くらいなやってるのかな

1846 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/11(木) 23:50:37 ID:WTJZXmgx


1847 : ◆l872UrR6yw : 2019/07/11(木) 23:57:22 ID:sV2gGU/g



                   、 \ _  ´       `丶、
                   `ー'´        |     \     -─‐- 、
                   /             '___ -     ヽ //─-、ヽ)
                  ′   |       '  "゙゙ミ-    )く  ̄ ̄`ヽ
                 '     /{  | _,、 /     三   /  }
               _/./   / /ノ', }   7_⌒¨`   〉'´ ノゝ_ノ、
                ̄| |   | /,ィzミV   / ィf泛^ーァ  ミr、' ノ {  ヽ
                 | |   |,ィく弋ゾ  /、  ¨¨ ''^   ,ィ Y  乂 ノ          本当は大灯台や大図書館とか
                 l人. ||   /,ィ'⌒ー         r〈 }  /⌒ヽ
                  .}i ||  ̄           _'ノノ   ヽ  人         大神殿ができたことによる各所への影響とか
                  ハ|人    _   -‐     __/     /Vヽ  丶、
                   /   丶          .:/     人  ノ    `ー    神や魔術がらみで考えたかったんだけど
                /  /    、       ..:  |        ノ‐く
              _     /       \_    ´   |     /   、>  \─    地図片手に考えてるうちにこんな時間に……。
           -=ニ __ -‐'7       ⊥  ___|     |/{   ',     \
                  .′     / /⌒i           |\  \
                  /    _、丶`从 しノ \         }、  ̄ ̄
              _ -─ァ¬ ¨//  ノ|     〉        从`フ¬==- 、
             r''|ニニ'   </rヘ、 r、    /        '  /ニニニ/ニ丶
             |=|ニニ=| /  〈こ<ヽ- `丶 |  /        / / /ニニ/ニニニ}
             |=|ニニ/  ∥‐r‐'    ヽ~ | |/   ./li / /ニニ/ニニニニ,'    とりあえず前回の戦いはどうやら
            、丶`{ニ=/    {{ __)_       マー|/i|,′  / / /ニニ/ニニニニ=/
  \ __、丶`    〉ニ'     { `ヽ        マちi|    / /  lニ/ニニニニニ|      ドナウデルタあたりで行われたものだろうと
   \         }={       \  ',       ,  V  /    |_/ニニニニニニ{
      、      ニ{       \入      |   V/    _/ニニ/ニニニニニV      推察したにとどまりました。
          ー─{ニ人      , ─‐-、ヽ    |      ,ィi{ニ|ニ=/ニニニニニニ
             |ニニ\    '  ‐-寸 ', _、‐''゛〉、   ,ィi{ニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニヽ,/     ̄) 〈-‐ rヘノ\/ニニニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニニ/     ̄)  | />' r⌒∨ニニニVニニニニニニニニ
             |ニニr、/     /´¨  rく /  {{  ∨ニニニ{ニニニニニニニニ
             |ニ,ィi{ ,'     /   /⌒/====ヾ   Vニニニ|ニニニニニニニニ



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   だいたい南はドナウ川あたりが文明圏の境目っぽそう。東西はよくわからない。
  北は文明圏の有無にかかわらずとにかく寒いだけですが。


1848 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/12(金) 00:19:15 ID:FWdB4/mD


1849 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/12(金) 00:49:38 ID:mC6ns1kD


1850 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/12(金) 02:44:21 ID:IpjBz3os


1851 : 名無しさん@狐板 : 2019/07/12(金) 02:54:40 ID:J396vZ4K
おつー

関連記事



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-33007.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13