以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-32304.htmlより取得しました。


やる夫の兄はブラコンのようです外伝 よく似た他人で終わりたかった 12話

目次 現行スレ

668 : ◆hrPgATdXSI : 2019/06/19(水) 23:27:01 ID:WipNwcRcSa
.
よく似た他人で終わりたかった 12話


          ,. ‐''"``'' -、
       .r''"       ,>
       ///// ‐ _.,.. ‐''":/
      /////   /::::::::::/              『従兄弟は男が思うよりもずっと不器用で弱く』
      / /     /:::::::::/
      / '     /:::::::/´ヽ             『そして男は従兄弟のその弱さに愛しささえ覚えた』
     ///    /::::, '-、  ノ
    .///  // /::::/ ,ノ/ヽ             『年長者ぶって彼に恋愛へのアドバイスを語るのは楽しかった』
   ./ /    /:::::::ゝ'"  ノ                  
   ./     /::::::i´、ノ ,/ヽ             『もっとも男にだって大した経験はなかったのだが』
  ///  /, /::::::::`ァ‐'"  ,.ノ
  ///  ///::::::::::,へ、,. イ





                               _,.. -‐''"~ ̄ノ
                             ,、‐'''"´_,,.、-‐ァ''"~)
                          / ,ィ孑'´,、-‐'乙-‐イ    『彼と銀色の乙女とのことを恋愛小説に仕立て上げようと試みたこともある 』
                        / / j''_,.ィ_,∠-<イ
                          / ノ-‐づ、'´_ノ-'"_,/             『けれど下手に面白い作品に仕上がったなら困ると思い止めた』
                           / , ‐フ´ -ノ´ _>‐'ノ
                         / _,. - '´/ ,∠-''"              『万が一そうなったなら己は絶対に応募作品に流用してしまうからだ』
                   / ,jノ/´ 'フ_,/ ア
                      / /´,っ‐、/´‐'_xく                   『捕らぬ狸の皮算用だとしても止した方が賢明だと男は判断した』
                       / / 人) イ -‐ _ノ
                     / /う_,'ぅ 丿- '"ソ
                / ,ノ、,) -'--┬ '"´
               ム、ヾ,-‐'゙,ニ-<
                    ,ゝ/\ヽヽ、ゾ
                ,ノ〈、_入_,ト、ノ
             ,イタ弋 J´^゙''''ー-.._         『ただ身内の恋愛事情をそのまま題材に扱いたくなる程にスランプに陥っていたのは確かだ』
             , ‐',イタ  、  ..     `゙'ー ,,,
         ,/ ,イタ   |______l,,..-'゛       .`'''ー ..,,,,、
        /  , ‐‐'~´
          !  (  !
          l .//ヽ___ _.ノ┬―-、.. ;;ン'
         ゙ //   ヽ .,,゙_''く   |''ー .._
        //`ゝ⊥_,l‐、.( 八.  |   . ̄^゙''''''"゛
         〃    `''、 l_)ー'ーー- ..,,___,   _,,..
         ′                        ̄ ̄




669 : ◆hrPgATdXSI : 2019/06/19(水) 23:28:52 ID:dMZ2SuuQSa
.

                       / ̄ 丶  
                       l     l          『 なにはともあれ、彼女が一家総出で
                        (ノ、_)  i           
            ____            ∧   イト、_         やらない夫の家庭に干渉する気でいるのならば
          /::::/¨^ヽ、     /`t-_<Λ{ : : .丶,
          i'ト::r/iムハVムノ)  _, < : : : .丶V::〈i : : : r:l      それは男にとって願ったりかなったりであった 』
           {{x}}チノメtチ tッi{} / . : : : : : : : :Λ}::::.}. : : i::l
         ノi」」ノハゝ''' _' ハゝ : : :.V : : : : : .Λ::::i : : |:.〉
       / ィγ⌒ヽゞュ-<-VV_/: . j : : : : : : Λ::i : :.!::l     _
      / / {..::::::::::::.V{x}}`、::.} : : : :.7 : : : : : : : :V : : i:.|    / 77
.    , ' / /  ',:::::::::::ヘ::::)^Y^∨ : : : ∧ : : : : : : : : : : : |:.{ ,.- rーつ_/
    V  / /八::::λ:::::..\薔ノ : : 、/ } : : : : : : : : : : : |√ : :ルノに }
     / ハ/ / 7ハ::::.\_:::ア ̄ ̄)^} i : : : : : : : : : : : | : : : : :ヘに j
     {´ノハ/ノ从丿::::::∧:.:',-、_ノ-<、i : : : : : : : : : : : |-ー´ ̄
             /ヽ____ノ}:::}\ノ: yヘ)| : : : : : : : : : : : :|
           /....:::::::::::::::i:,ノソ∧:ゝr´i : : : : : : : : : : : : }
         /.:::::::::::::::::::::::i:i`- 'vュ==t '<_:_:_:_:_:_:_:_:,:ィ′





                    l            l
                    l           l
                    l           l    『 大勢の姉妹で従兄弟の家に押し掛け続けた結果
                    ヽ          l
       .r‐.: ´ ̄ ̄ ̄ ̄``゙゙ヾ、 ヽ         }             とんだ番狂わせが起こるかもしれない』
       j::::::.:.:.:. _ __ _   /  )     、_,,../
      」r'"´   _ _____``ヽ、,ィ====、_〈        『何も起こらず全く無関係の女性を彼は選ぶかもしれない 』
     <´   ,..:'"´.:.:.:,.:::::,ィイt、:ヽ.,/       `\
      `V´.:::::::::::::::/:/:ノノノ!::i:::i:::ヽ          ヽ    『けれどそれは数年は先のことになるだろう』
        l::::::::l:::; ィイ仁ニ、l/|:ハj:::|:|     、     l
       |::::::l|.:::::::|ヾ  f` 'ゝ_!:::::リ     l     l    『水銀燈の告白を断った通りに、やらない夫には現在恋愛をする余裕などないのだ』
       |.:.::1l.:.:::::i!゚``゙゙  、__,イ:;イ′    l     l
       `ト、j;ト、.:.::!   ァ '゙`ソ:::/      l     l
         l/V/\:ト、 __, イ:::/       l     l
        _ノ´ ̄ ̄`ヽ__,l/^l/        l     l
      ,イ      j^7 ⌒ヽ        l     {
      〉i        j /::::::::.:.:.V       {      \
      〉L __ _ _ 」/.:::::::::::::::.:.\      ゝ、     ヽ
       /:`ー'ー'ー'ー'゙.::::::::::::::::::::::::::>     _\     从
      ,/.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::厂 ̄``y'⌒ヽ  \_,ィ'ソ´
    にニニ ー 、.:.:::::::::::::::::::::::::.ノ    j   ラ_   .ヽ_ノ
       `了 ̄`ヽコこ三三こ{入__, イノ_, イ  .l    l
         ヽ_ノ仁三三フ´`ヽ     .l   l    l
          `7.:::::::::::::::::.:.:.:.:..:.ヽ .入   ̄ ̄     l
          /:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:..`、 l  ̄       l
           l:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:i l          l
            |:::::::::::::::!::::::::::::::::::::.:.:.::| l          l
            |::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::.:.| l          l

670 : ◆hrPgATdXSI : 2019/06/19(水) 23:29:27 ID:dMZ2SuuQSa
.
                ,,..-―‐-..,,
                /      `ヽ
.                /          ',
              ,' /ヽ   l     u. l                  『 余裕がないのは男も同じことだった 』
                l      `゙''‐-   |,-、      
.               | ‐==''   ( ● ) ./  ',  __             『しかし従兄弟とは大きく事情が異なる』
             |.     |      |   .ゝ/l  `゙''-..,,_
             l.     、     ./  ヘ//       `''
                 ',   ,.-―-.、  ト-‐ヽ//
.        γ⌒ヽノ  '.,         /   >、
.         (  ⌒ )   ,ト、      .,イ       `゙''- ..,,_
.        ゝ_ イ  /|ヽ`゙'' ― ''"/ト-、_,,..-―┬――ミ
              /  |  `ヽ _,,-''´ / .|      .|
          ,,-''´.|   |  ./  ',  ./  |
        /   .|  ..|\/|_.∧ /  ..|
      / .|    .|__ .|  .∧ .l  ∨    |                            『彼は高校三年生だった』
      / .|      /.| .∧ .|   | __|         /
.    /      /  | .∧  .|  .| \           /
   /     ..|   .|.∧  |  |   /        l/ 
.  /         |   ./∧   | .|  /       |





┏─────┓  . . ..::::::::::|  ||  ./
│≡≡≡≡≡│  . . ...:::::::|  ||/     ||
┗─────┛    . . . .:::|  ||       ||  |  .
    (◎)         . ..:::|  ||/     ||  .! :   :
    ヽ|ノ          . .::|  ||       ||   | :   :
__(__)_________|  ||       ||  | :   :      『 男は悩んでいた 』
                \|  ||    / ||  ,i :    :
 ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||.  \. // ,|i〕  | :    :      『こうしようと決めていたことはあった』
==||====||=〔 ̄ ̄ ̄〕||====||    \.    ||  ,| ::   ::
\||__\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\,||.      \  ||  i ::   :::      『ただ未練で悩んでいた』
  \  ||\______\        \,||  | :::   .:::
 ̄||.   ||\||   :=:   || ̄        \ | :::   ::::
 ̄||:   ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| \         ノ .::::   :::::      『悩みながら男は時間に追い立てられ進路を選んだ』
  ||      ||          ||..  \         ゙^ヽ,  .:::::::
           〔 ̄ ̄ ̄〕.    \         `~、
 ̄ ̄\    \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.. \
     \.    ||\______\ . \
 ̄ ̄ ̄||~     ||\||   :=:   || ̄.   \
 ̄ ̄ ̄||    ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||        \
      ||.       ||          ||

671 : ◆hrPgATdXSI : 2019/06/19(水) 23:29:56 ID:dMZ2SuuQSa
.


.   /" ̄ ̄ ̄ ̄ |
  /           |       『 彼は片親で、大して年の離れていない妹がいた』
. /         |
. r―――――― 
 乂=三三三三三!  
 {三三三三三三|   
  >‐========= /ト、、
  { {三三三三三/ /}
  乂ニニニニニ/ /
  三三三三三)/
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





                       __
                  /    \    
                     |      |        『 進学しないと言う進路を、選んだのだった 』
                     |       |      
                 __く    __|,二ヽ- 、
              ∠爪∠!´ ̄    .`l    \     
                  (___∨  ヽヽ、/      ∧
               ∨  ∧ .`ー ‐ヽ、´ヽ      ∧     
               ∨  ∧     \ ヽ    ゙∧
               ∨  ∧      .∨ |      ∧   
                     ∨  ∧      ) `ヽ     |
                     ∨  ∧       /_   .|  ゙\|
                   _∨_, -`─::´ ̄::::::\/.   \〉
                  /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|_  \/  
                   |::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::,\__ゝ
                 X/:::::::::::::,!| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                /:/::::::::::::/ .T'.TT ̄ ̄ ̄ ̄ ̄TT'.T
          /::::/ ::::::::: /  .| | |           | | |
.    ,- 、__/` :::::/::::::::::: /   | | |           | | |
.    \   l `ヽ、__」::::::::::::/    .| | |           | | |
.     \_\   ∧:::::::::/     | | |           | | |
          ゙i__\_ ∧::::/      .| | |           | | |
             ゙i__∨        | |_l           |_| |
                        ̄.            ̄                                        続く

672 : 令和もどこかの名無しさん : 2019/06/19(水) 23:44:18 ID:sD3kLQtI00
乙ー
久々の蒼の子w

673 : 令和もどこかの名無しさん : 2019/06/20(木) 01:33:54 ID:rzo8Hl.600


関連記事



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-32304.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13