以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-32064.htmlより取得しました。


英雄を作ろう! ~003話:竜と神話とネゲントロピー~ その6

目次



297 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 20:08:54 ID:uGRU0sI9



                           __
                      >  ´      `ー ―<
                 /              ヽ    ` <
                 /      . ィ    l       Y       丶
                  '     /           il         \
               ′  、/     /  '   l   l|             、
             / .  / ヽ、 ./}   ′   l   lL.. ____ _   〈
            ' /  .' ィト.`メ、 l! /   i!  !   i|__ヽ__\≧s、l
               l /! ./ 斗≧ミ、 メイ   |  |   .′ >'゜   `ブー、_≧s、
             ノ'八 ,′/ .バ 》´/     .'    i' /´   /´    _...ゝ、ム
          ! ̄ ̄ ) 、l_ノrっノ.ノ /   .′     ド、   /   /´  ___∧       さて、なんにせよイベントガチャ回さんと
           |          ̄  ⌒ 7 /  ./  ./、_ `下―― <´ ̄ ̄___ .∧
           〈、          ノイ  /   /  `ヽ} ヽ     ̄l`ヽ.._  ∧      話を考えようもないので――【1D9:3
             ハ〉             / /     /、__ >'゜ \_ト、       マ ̄ ¨乂       _.ィ
         /          _..イ_,.ィ´  /  . ′.`'<__..ノヽ}ヽ.   ′  乂―― '>-≠>′
           〈          ̄  /  ./  /     `ー、¨´\ト、/__       `'<.. __  <_
            > ... __         /   .'  / i!        ゝニ´=,〒⌒            ̄ ̄
                    `7ヽ   .′    .イ  |          / |
                  / ハ  l     / |   i|               |
              /  __.」-y   { ん~!   、 |          l|              く、昨日は休日だったはずなのに
                /イ 「_r-''/ 人 ハ{l 八    \l            |
               ノ'/ {{ .ノ´  ..ヽ. ┴-- 、   l     l    |              ほぼ一日作業させられて体が痛い……。
            /  }〕 . イ´     _   、  丶   八   |
            /   _l/   >-'´    ̄`  ー 、  \   丶    、              翌日には筋肉痛が来る気がする……。
            /  ,..ィ´   /              \  ヽ   \  :.
        Y    |  __/                丶、  、  丶 |
          ! ./ _У´                     ム  丶   \
          ! /  {              ___       λ ヽ         、
         メ、 λ         .>' ゜        `     ハ ∧
            )'_{∧      .>'゜             ヽ〈: : !  ∧       ∨
           ´.ノy、 !ヽ>' ゜                   !: :i!   l!          V
        r〈/ } i| ト、                     从 |   l!        v
         / ト、  ト マ ` -                 /: : /    !
         .'  l| ヽ|マ \  ` - 、              {: : :′   |          |
         l   ト、  | ∨ 丶     >-= ::::...... __ 八: :l    リ          |
         |   l ヽ 、. ヽ、 `ー 、_              }:/    /




298 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 20:12:22 ID:uGRU0sI9



                                       /{ノ「
                                          f''  {
                         __            {,.ィ'Z≧、
                       >   ゜         ` <    ,.. イ _.ノリ
                    イ    /   - ― <      .> ゜ ̄ ̄  ,.イ´/
     ノー-、_     /               ` 、  ./`ー――,イ i}./
   .イー―_zr〈      '        ′           、  ゜く _,,..ィ'´ ,il  7
  〈 `r≦´   ..>、_/       ,        ヽ   マ.   ヽ、7'!  .リ V
  丶i{ `ーiト、´  .'   ./  /         、   マ    〈 リ  /v'   ,.イ
    \  i!ヽ-z-.′      .'  i|         l   !  、   ',  ノ′ _/ l}
     \{  \il   ′    i|         ト. i! ハ   .   V_,。s≦二ノ/
        `'<  l   i|   i|   !       - ‐十! オナ'ト、 l!   〈>―≠'./    281のこれでいいかな。
         ` ┤  il    ト. 斗-        |_}'.ノ′}/トハ    .Ⅵ ./ /
      ト-z-―|   '.  ,イヽ { ヽ _      ´リ二≧=ミ、!    リ ,.イ
     ヽ {>、/i|    'v' i|  ,`ィニ\ 、 ,イ/ ,彳::::::ハ 》     iレ′l       ……星間移動どういうスキルにしよう……?
       `'<.,仆   ∧  ',.ィ:::::ハ )'\{ ′  ,ゝ-- く l     i|   |
          `ス    ∧ィ{ 乂::::メ            } /  i|   l       私通常移動で多元宇宙移動してたんだが……。
             ハ    ∧` ~´               ノィ     !   !
             い    、乂         ′        λl     i!  .
              i ハ   丶_`>      r    フ   .〈∨     ′  :.
              |  v     }i:.、     `      ィiiiiii/    .′   ∨
              |   ヽ      マ≧s.。. _  .. イ liiiii.′   l       V
              l    }ト      Viト、}   ̄ _ .」!iil   .   !      v
           ,     ハ     ili|  ≧srr'´   l!ii| .′   !       丶
             /  ,イ ̄`.}      iレ、    i|    .人i{ λ ...斗 ――-、   :.
          / /           }、ヽ.  i|  ./  .〉、{ .、  :.     il   :.
          ./ .r'      |      リ \   i|_./ .イ  ヽ. \ .乂__) _.人  i|
         ,  マ≦二..._ ,      '..  丶 i| /´     _...>― ´    丶 !
         /       /   .′\   ヽi}r'_  > ' ゜ ̄         ヾ、 V
       l '       ′'  .' /     ー 、__,.ィ´                   l
         〈      _./イ  //ー、               斗 ― -    \′
        ∨  .イ     |   '/   ヽ、           _...ィ´        ` 、 /
          V´      l|  l     } ≧s。.. _ >' _ l               V
            |       八  i!    .ノ^V′      ∨ .V!             |
           !         \{    /⌒/          v'^ム             il



自由成長:星間移動
1:生き残ったドラゴンたちが強大化し文明に牙を剥く
2:しかしドラゴンたちの絶対数が足りないので膠着状態になる
3:いつの間にか龍信仰ができて数の不足が補われ、徐々にドラゴン側が優勢になる
4:このままだと以前と同じ結末になるのが分かったので種族ごとに棲み分けさせる


305 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 21:03:37 ID:uGRU0sI9



                        ___
                     ´⌒     ⌒`           ___      _
                   /            \    \_  -= ⌒ }   {=-イ /
               __    /        \ \-イ -‐   }  ./  /} .//
            {二二/: : /: : . .  . . . . : :}: : :‘,: .\  }  ./ ./=---  ´
            {::{:` /: : : : : !: : : : : : :  }   ‘,: . Y 7 / /
                Vヘ/.: : : : : :|: :    l  }  }       V /イ‘,    _
               ∨: : : N |     l /__ λ   ∨=- - --イ/
                 .: : :          /}/  }/ : ..| :   }  / /     よし、どんな技能にするかは
                  : :  T  ̄\   / 孑ううぅk  {  | } ./_. イ
              {:|   |孑うぅk 、N/  Vrリ    {  | }/⌒ 八       話創りながら考えよう。
.                |   } Vリ                    |    .∧
               八   ‘,    ′           / ./  |  ‘, .∧      面倒になったら既存スキルと合体させりゃいいや。
              i{  \ 八             ///  |.  ‘,  ‘,
            八     \   c っ     // /  ..|.    ‘,  ‘,
             ⌒   ‘,   `        イ  .{    .|: ‘, ‘,  ‘,
.                λ ‘, }: :|: :≧=≦|     { |  人}::.. ‘, ‘,
                  / ‘,   ⅵ: |: : |::r== v= " ̄{∧)/ _ -=  ̄⌒\   \
              /   ‘, } .l:_:|:_:_{::|  .}       /        \. \ \
.              /      } .}  -= ノ  /_ -= ./    _  -= ⌒   (   ‘, \    ええっと、とりあえず今回は
             /  /  ノ}  } \< ` _ =- ´ -= ⌒         \ ‘,
.              / ./(.} / .} 、                       }   :.   ‘,  ホモ=ドラゴン戦争だな。
           /./ ./ .// .ノ          _ =-----------<   :   :.   :
.       /./ ./-=/  /}-=    _ =- }                \ /   :   :
      -=/ ./ ..)/{  /  } ./⌒ ̄⌒ {  .} 、              }/     :   }
           //   ノ -=( /}/ \ / -== .V .ヘ  \              }.      |    }
.     /  //   {   / }./ \../=-  ¨ V .ヘ   \   \     .}‘,    |
.      /  /   /‘,/  ∧   /  /⌒ V .ヘ    \   ` =- ._   ‘,   .|
     {   / { ./   {⌒Y   V./ /       V .ヘ      ` =--      ‘,..ノ


306 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 21:04:45 ID:uGRU0sI9



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ _/                \\    ).:.:.:.:) //     __
 ̄ ̄/ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧                   \\  (.:.:.:.く | |   /   \
.:.:.:.:/ ───、、  L| ̄Y  / ̄_二二ニ==  ̄    ̄ ̄} \/\.:. | | | _, 一  ̄\   j
.: .:.:| | ̄ ̄ ̄ヽヽ_|_| ̄ |// ̄ ,,──────ー── |  |_|.:.:.| | ||\      \ {
.:.:.:.:| |     |___ ̄ ./   / / ̄ ̄ ̄_、:::::二ヽ──‐|  |__ノ | | \\_,、- ¨/ ゚。
.: .: .| |           / /  / /   _,<∧´::::::/| | ̄|ニニ__``丶、ノノ  \|_/   \      /
.: .:.:.| |         / /  /.:.:/ ∧_∠_| |\∧゙| | |  |  |:i^ii^n|∧、 (       \/ \\   / /
.:.:.:.:.| |        ./ /  /.:.:/ /__∨/\|  |  |_| |_|.   ̄└ L//∧ヽ\           \\/ /
.: .:.: | |        / /  └‐' __|  |__|\∧_[]/ ̄        | ヘ|  \\           //、 <
.:.:.:.: | |        | |   | ̄| | |_/ \|__|    /\    ∧/ xく\  `ヽ_xヘ        //  \ \
.:.:.:.:.:| |        | |   .|.: | \    > >   |\/|   /∧\|] >>\ ∧`´|\.    //    /  \
.:.:. :. | |        | |  |.:.:|   ∧_ /// ̄>\|/    | /\\|\/| \|/.\∧  //    / /\
.:.:.:.:. | |        | |  |.: |  /∧∨ / / //∧く_/ | く  \\|/ \ \//∧__//     / /
.:.:.:.:.:.| |        | |  |.:.|  | |_」  |  ̄/ _,,|_,|、 ∧ / \|\/| \   / \ | | | ノ   ./ /
.:.:.: .: | |        | |   }.:.{   ̄/  { /  | | |..|| |/``7x、 \| 「「|_|  \__∧\|_/∧\,∧/ ./
.:.:.:.:.: | |       //  {.:.:{   { ∧ __\  \|/./| |\/ /|   ̄,,<>  /∧/..|`´|\l_ノ| /
.:.:.:.:.:.:| |    __//{   l.:.:.l  ∧ TT∧‘,ヽ0_/\| 「| / ,、<>'゙ / ̄|「|「|\ | /ヽ/ /| ヽ、
.:.:.:. :. | | :  / / ̄| l \  }.:.:|  |∧ | |∧''|\[]_   \|/ <>'゙ <__..|[|[l\ \|\|// ̄丶、`ヽ、
.:.:.:.:.:. | |: : : :| l  | |   } }.:.:.l TTT|_丁丁| /∧ | r‐┐    / ̄ ̄ ̄ ̄ |¨|´|//>\|/   {}  `ヽ、
.:.:.:.:.:.:.| |: : : :| | 匚| |匚] \|  l |  | _└┘) |¨:|/  |_|_|``'' - ⌒ー- __ /\|_,|‐zz:、/  /   (_)
.:.:.:.: .: |  ̄ ̄ |  / / _ノ ̄ ̄ | ∠∧ (  | |  | ̄|     ``''ー/\ //ヽ二|  `¨¨二|__|─-
.:.:.:.:.:.: |  | ̄`i  ̄/ / ∧< ̄` |===/(  ̄ ̄ ̄  二二二二二二二 |\ `'く / |/   __/   /\
.:.:.:.:.:.:.:|  |  .| ̄ ̄/厂|∧/   }_/ / ̄.∧ ̄|  /_=======_// ̄\\ / /   / |¨丁丁iTi ̄>
   __〉 〉_  | | ̄ ̄ ̄ ̄「「  ノ ヽ∧  | ̄| |  |TTT|TTT|TTT|二二 |\|/   xく__>二二 ̄-┘//
 ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    <       > ̄    ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ )  ) ̄ ̄ ̄「三三三三三三三三∧ ̄ ̄|  / ゙̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \\ ̄\_\__  / / ̄ ̄∧
    / /   _/.:.:.:⌒Li⌒Li⌒Li⌒L(  )  / /   | |          \\/∧_∧_∧  <  /二∧/|
  _/ く_/.:γ⌒\__〕  }.:.:.:.:.:.:.:.:| ̄|_/   ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |' '┌┐' '| /\\|_| |/
// ̄\_二二二ヽ__     ノ.:.:.:.:.:.:.:..:| /_|/ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄/    \   ̄
/.:.:.:.:.:.:.:.:ノ   丿\\ ̄ ̄.:.:.:.:.:|二二7ヘ/ / ̄/``7                 |  |   ┌─「 ̄ ̄


308 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 21:11:47 ID:uGRU0sI9



._
.'''"゙゙∧ ∧`: : : : : : : : :_,..‐、"ヘ二二二二 ,ムヤ' AA  ,宀,     xx  ゙丶、二二二,.:i全 ィ'' ‐- ,,.._: : : : : : : : : : : : : : : :
: : : (    ) _,..-‐'''"~二二二\:i:iマ二テ,. '´||ダ(* ) (・Д・)   (  ) ||:i:i:i゙丶、ィi:i:i;iィ二二二二."'' ‐- ,,.._: : : : : : : : : :
._,..-‐'''"~二二二二二二二二ニヾ:iヌイ ∧ ∧  ( ∧_∧ )j    |  |  \~。。||゙ネ、二二二二二二二二二. "'' ‐- ,,.._
ネ二二二二二二二二二二二二.,イ%|:| (   )  (´∀`  )イ  △△|ノ  /⌒\ぐ.A丶、二二二二二二二二二二二 ネ
マム、二二二二二二二二二.,.i:i:;i;i:|:|サ|:|⊂ ο)ィと    つ 亡i(   )  (  ・∀・)(0・ )i:i:i..メ、二二二二二二二二,/|:i
|:i:|:マム、二二二二二二.,. '.|i:i:i:i:i:.!∧  ( ___)__亡i ヽ,   ) ∧_∧ |   いマ/⌒\  iつ:i:i|:|:゙ 、二二二二二 ,/|:i:|:i:|
|:i:|:i:|:i:|マム、二二二  '´・)|:|品(*  )  .∧,,,∧   (_/J(´∀` ) )  l王(  ・∀・) )~|:|I  ゙丶、二二 ,/|:i:|:i:|:i:|:i:
二二二二マム、。z´A A ).|:|品 l  ヽ ミ;   彡 ∧_∧ (○  〇j   (_)いマと)マ凹g|:|\(_イ ゙丶、イア二二二二
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::|ユゝ(*´ⅴ)器|:|e゜"(⌒_,,~./⌒^ヽ (    ) |||       l王王l  ∩_∩. ー  ..|:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::|こ (  i=====i       く,,___ゝ ( O   )  | |,ノ.     ∧_∧_)__).(,,,・Д・,).:._モ弌|:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::|ひ/品( ・∀・)  A__A.ι゙ ∪ │ │ │ (_).     (  ´∀)_. ⊂    つ(三)Yで|:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::|YャゥYと(¨¨y¨¨)´(    )    ∧ ∧ ∧ ∧  ∧  ∧  (, ○  ⊃|   | x .. ∧_∧仁]|:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::| ゝィ.  |  | | くl ̄ ̄l}    (,,^ー^(゚ヮ゚*)  (・∀・ ).  ) ) ) ̄   U'⌒(`;  ,,)匸|:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::| ̄/i (_)_)  |  | |     |  つと |  ノ〝|ソ|"\ (_(__)       と   ○)(”|:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::|二/       (_)_) ~(   とノ~ \ノ」==ヽ!ノ             (. (. ( \f:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::|                     U^U.        /_l _|                   (_(__) |:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                               し (_)                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                                  _
                          人,. イ/
                         /    /
                            / _,ノ {
                        {/ __≧=-__
         >--ミ    __     `Y,────;ノ
         ,rく^ \>^~         ~^/───ニ/,’
       /ニ=_/       ̄`~" 、 /──-=ニイ/
     / \,/  /     ヽ    \ ̄\ ,イ /
      {  ./   .'       ',     寸/.}/ \
     .V/           ',       ∨ /    ',  ノ}
     .:  .: {           }  :.    ∨___,、丶`...}
     j{     {       ハ リ  ハ     ∨ \_=ニ ノ
      j{ |  .: ハ    -十トミ| | |      {イ ̄  ,/        ふむ、この種族……もう面倒だし人類でいいや。
      :{ {  |斗',-    : | |丿 `メ | } :.  }   / ',
     :{ ',  .{   \    リ      | /|     |-=ニ   /,         人類もそこそこ文明を発展させてきたな。
      ', :,  ', ,ィxxz',  / ,ィzzzzzx、{    |  .   /,
      ', \ 《 r'::::(, \(   r'::::::( 》 /! :  |  :.    /,
        :.ハ ゞ-'      ゞ―' }/ |   !  :.    /,
         ', .圦:/:/  '      :/:/:  ,/   |   :.    /,
         ., 个       ,   .イ  :  |    :.     /,
           ′   ≧s。` __   イ _!   .|:.   ::.     /,      相変わらず私に祈りをささげてるが……。
         ,     `rく  <ハ___/:|    |--――-、    /,
          ,′   }  / l、 |i   |   i:{      V/    /,
         { }    } 〈 | |i   |    ハ{     __V/     /,
         У     ,’  \_ |i /| /| ノ   /丶` ̄⌒}i     /,
        /    /  `ー‐匕 |:{ レ          )h、   ,
         /    / \ _      八,(       _,,...,,_    }i     |
       {    ∧  -=≦⌒      、丶`    `ヽ /    |
       { i   /  \        、丶`         i |     |
       {ハ  /  / \__、 丶 ` ト、           |/    |
        |', {  /⌒i/      |ヘ_| ',         }i       !
       /八{  /ヘ,/ _ _      |  V \         }i       !
     /    /  ,/       \⌒V  \      }i      |


309 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 21:15:03 ID:uGRU0sI9



                                               /〉
                                          ト、/.../
                     >--ミ        .. -‐‐‐‐‐‐- .      }//..寸L__
                 rく^\.\冫     '^~         :.~^'    ゝ.,/_,ノ   `Y
                 {:V⌒ニ=-{   ./ /   .:    ヽ     \.\   ノ___......ノ.ノ
               Vヘニ=---〕iト〈./    /       ',    寸L____../.../
               ∨\ ---=ニ.:' /   /         ',      ∨.......ィi{「......イ
                \...〕iト.,.....' .'    .:           }    V,ハi「......./イ
                   :、 \V/....′  i  {         }   i   :  Wィi「.__ノ}
                 \ニ-\_j{ { | :|_|.」L{  :    」_リ',  }i  .}  W=-冖7...ノ
                  \{\j{ : 斗f^{,八{ヘ  :   // }`メ}  .}  .}...../>''~    うむ、まあそろそろFAQも充実してきたし
                   `トj{ .{ { {,ィzzzx. ',  /..ィzzzx、}  :  j..イ´
                        | j{  :. :《 r':::::ノ  \_(  r':::::ノ 》     }^{        滅亡しないような手助けもオートでよかろう。
                       ! :{   {八.  ̄          ̄  / /   j !
                     :,   \\     ′      /イ    .:  ,        一種族だけ優遇して他滅亡しても
                    .:   ′  `⌒    _..._     .イ     ,:   ′
                  .:    ,   ',  〕ト.    ̄    イ./    ,′   :.        それはそれで本末転倒だし。
                       .:    ′} }   } rく{}>‐<__j>Y'     .{     ,
                 .:   >''^} .N  } .}......``Y"´.......j{  / }i {'⌒\ ′
                      ′ /  j ノ.:  .}く\...... |i.............{ { / }.八{    ヽ:.
                     ′ j/  /' .′ .} \.......|i......../{ {' ノ'     、 } ,
                 .: ./    .′  j    \.|i../  ヽ   _,,...,,_  \ ′
                 .: /   ィi〔 ′  .:    ー'^      、丶`     `ヽ }i :.
                /八  /  . ′  /iト.,     .r㍉_ィi「 ',      }i .}i :,
                  / ./∧ {   .: {   ,' }'^'}≧=--j{ .} } Y   \       } /  ′
              /    }j   .{ {   ′.}ヘ}///f^`    |Y    丶     l[    :.
                  '    j{./ .{ {  .{  j ..}寸/|      }      \.  l[     ,
                    /  .八{\.{ノ/ヘj  V|     ,癶ト、       .l[      ′
             /    〃/  .、丶` ヽ'   i} ィ⌒>-、.ィ({ /, 〕iト .,     l[     V/



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   というわけで、人類への面倒は徐々にオート化させて行くことにしたパーサーナックスだが――


310 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 21:24:56 ID:uGRU0sI9



     (:{ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::‐-..、         ,、-,、
      >`゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ャ─`      ´,,r'´,,、'⌒'ヽ,
    /::::::|::::「::::::::::::::::::::::::::::::::::ュ:::l::::::::::::\      〃/〃,r'⌒`ヾ
.   /:;ィ:::::::|::::|::::/ヽ:::::::::::::/ヽ:::::::|:::|:::::::::::::::::',     !il! i,l',l'i,      ,'´",,
   /'゙/:::::::|::::|::/\ヽ::::::::// ヽ::|:::|::::::::::::}ヽ}     i l i!i  /'⌒`' 、 ∵'`,        主の御心を解析し
      |:;イ:/|:::::!ィ'アマミヽ::/xァ=ミ .V::::|::::::/j/´}      ,i i i!i. ,l'〃,、-,、 ヽ,,
     |i }:ヘ|:::::! Vソ V   Vリ.,イ:::|/V./ /    / ) , i i i!  .,i! i'r'~`',ミ  ヽ,         その力を確実に得る手法開発した!
.       |::::|::::::!   ___'__  ¨´/::|:::|  / /  / /  'i,i   .'i, ,i〃´`  'i, ', , '_ :
  ト、__ノ::::|::::::ト、  (::::::ヽ)  /::::|:::|/ / / /     ':,  'i,' i,'i, ( ) i  'i, ,'l), ;
  ヽ::::::::::::::|::::::|::::ヽ、`__ , <r‐' /    `¨ /           'i, 'i、、   i   !  il 'i,
.    ヽ::::::::::|::::::|::::ノァ-ャr┴‐-<  、     `¨¨¨¨ ̄ ̄ノ   :' , 'i、 、`ー''" i ,i  'i,i'! 'l,i    これを奇蹟と名付けよう!
    /::::::::;ィ::::::|¨7゙/:::/ヘ、__,,  }      ┬―… ''´   ∵ ,' , .'h、 `-,、,,ノ ,i! ,li li i!|
    {:::::::/ |::::::|.//:::/  | V{li{ヽ._    { 、 \     :'', '. ・  .`-,、,,_,,,ノ ,l' l!i! ,l'i i!
   _l::/ |У //:::/  |  V{ミ\ ヽ.__ ,.'^ 、 \                 〃ノノノ〃
    |  >´//::://  |  .Vヽミミ == ´     `¨´           `ヾミニ三彡'"彡"'
   ソ/ / /:::/゙   |   V ヽ |                    ヾー-_-三_'ノ'
.  / /  /=/:::/=ニ   |   V  ', |
     【モブ古代哲学者カッコカリ】




  .l.    ..l      !     !   .|   .l   │  |   .!    l   .l   !     !      ./    ./
   l    l      !     .l   !   l   │  |   |    l   .|   .l     !      ./    /
   l    l      .l     .l   .l   .l    l   |   !   .|   ,!   |     .l゙     ./    ./
   ..l,    .l     │    .!  │  │   .l   !   .|   .l   ,!   l     .l゙     ./    /
、   . l    l      !     l   .!   !   .!  ,!  │   .!   !   l     /     /    /
ヽ    .l.   ..l     .l     |  │   l   .!  |   .!   l   l   l゙    /     /    /    ,>
. ゙l,    .l    .l     .!    .l   !   !   .,!  !   l   ,!   .l   |     !     ./    /    ,/
  ゙l,   ..l,    l     l    .l   !   !   .|  |   l   l   l   !    .!     ./   ./    /
  .ヽ   .l,    l     .l    .!  .!   .|   .,!  .|   !   .|   !  l    /     /   ./   ./
   ヽ   . l.   .l.     l    l  .!   .|   .|  .,!  .!  │  .l  /    !     /   /   ./
ヽ   l    l.   .l     |    l  .!   .!  │ :!  .!   |   .|  ,!    .l゙    /   ./   /    ..
. ヽ   l    l   .l,    .!    .l  l   .}  .|  :!  l   .|   .!  !    /    /   ./    /   /
  ヽ   l   .l    !    . !    .!  !  │  !  |  l  │  ,!  .l゙    l゙    l   ./   ./    /
   ヽ   .l   . l   .l    l.    l  !  │  .} :!  !  .l   .!  .l    /    l   /   /   /  ./
   .ヽ  ..l,   ヽ   l    !    !  .l..........!  .! : l゙  .|.-....,!   | .._.l    /    /   /   ./   /  /
    .ヽ  .l,   .l  ,., !    .l´´― l  .l‘゙゙゛ l  .厂]  .!`´ ,!   ! ''┤   .il;;―-..,/   ./   ./   /  /
ヽ    ヽ  ...l   .l,゙ -‐' l    ∟.._,.|  .!."." l  テ‐}  |.‐゙"l   l゙‐ /   /  .゛"/   ./-..,、/  ./  /   .,.
 ヽ    .゙ッ.lニ. l   .l. ii..│   |.lyi │ }ニir !  .'l!リ  .!ニニ|   l: -.!   ilvニ;;-./   .iニ=../   ,i′ /   ./
  ヽ    . l´'' l  ..l / . l   .l''"´ .! .| -‐l  lヤ} .|、' ┤  .l゙ .l   il \ .゙/   ./._..;;〃  ./ ゙' /   ./
   .Λ    ヽ ...l,  .l /..l   .l,,..,ニた l ..、. |  .∟|  |...".l   !.コ7   .i" ゙'ッ,./   .i{, ゙く./  ./ .ヽ/  ./
   .! ヽ   .ヽl゙ . l   ll .{、.l   l/゙ー ! .!.ノソ|  .| ! .|  'l   !.、.l   l゛  /   / ! ./  ./  ./   l゙
   l  .|ュ   ゙!l、 ゙゙、  .'ヒ、.゙!iリ、  l.lii、、l. |.'" l  .| イ .l'/^l  .|.'‐l   !._..;;//   / ./ /  ,i′ /   ./
    \. `!.   ゙.l'-..l、 .l,`'ー⊥  .l,,. >| .!‐.i、|  ,!..| .l.ニi|  .!勹   ,llr''彡′ ./‐゙,,./  /  ./   /
     `'-、,    ヽ ヽ  .lー- l   リ「、_:.l |  . |  | :! l.│  ,!.│  i!",゙,../   /'" /  /_..-'^_ /
        .`''ー ..,_.ゝ ..|, . l.`゙''''.l  .|'‐; "} .l.....、.! .|│ l´...!  l ,゙l   ,!´.''''/  ./ .,,,/ ._,゙ .'''´
            `"ヾ- ...゙‐'‐ λ  l _、.l !゙゙ゞ.| .| | l;;iネ  ! .l゙  / : -/ ._,....ニ.‐‐'"´
                    ` ." '"丶~!-ゞ゙´゙". ニゝ:!`゙! .--´゙! ‥‘ " ゙゛


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   オート化、つまり法則化すれば当然の流れとしてその法則を解析しようとする者が現れ、
  そのうち誰かが一定の成果を上げるのは文明を持つ者として当然の活動である。


312 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 21:40:00 ID:uGRU0sI9



.            ` ( (,乂\\
              \ \⌒\)
               \_ノ\ \                                    /
                    \/ ) }`\         _                           __ { /
                      { ( ノ \ \..     / ァ'´_                        / /
                      \ \  \ \  〈 ∨ {//フ                 / /(_,/)
                       \ \(⌒\ }. ∨    /                  / { { 、//
                        \ \.  x爻爻x  /                  // 乂ノ ) ´
                            ̄\/ニニニ爻 /                 (/⌒/ /
         /           /   /ニニニニ|               _/ / (_/
        /          /    /ニニニニ∠_ ⌒ヽ         / { {ヽ/
       {           /      /ニニ=-―…―-ミx  }     / / 乂 ) }
                /        二 ⌒>-‐ ‐-=ミ  / /.  / /   / /
       \\    //         二∠⌒   ⌒\)ノ/⌒\  /⌒)/ /      天の声だけでなく内なる声に耳を傾け
.           \\ / :./      _彡⌒  /    //⌒  \ \ / /
.            \ :. :. {.       ⌒>    /   _彡 /        丶           眠れる力を覚醒させる手法も開発した!
                \ :.\    _彡イ / //    /     ノ    \丶
                 ` :、. :. :. :. :. :. :.ア/汀h//  / |  /    |  | ∨               スタンド
               ``ー‐―辷/ 八,,└///斗‐ミ-彡   /  八 | \  \      これを「竜術」と名付けよう!
                        |彡ノ /   ,,, Lノ )メ-  厶ィ  Λ|.  _\  }
                        |二Λ 、 _  _彡  // /|/. \_/_____ ̄`\
            -‐=ニ  ̄ ̄ ニ=‐-  ..|二-Λ __⌒ア/ :./xく\{...\___ \  \
        /    ――辷:. :. :. :. :. :.  ̄ ̄ ̄___彡⌒爻爻爻メ、   \  \ \  \
                    ̄ ̄( |ニ/ニニニニニニニ⌒マ爻爻: 丶.   \  \ \  \
.\               \\___ 八{Cニニニニニニ/ニニ∨ : : : : :      \  / ̄\.   |\
\ \.     \_    \ : : : : : : : : \ニニニニニxセ互互互〉: : : : : ノ      |  r‐|.   |  \
( \ } __     \ ``~:. . . .,二=-‐ : . :. \ニニニ//ニニニ/: : : :|/         |  \_ノ\
\ン、 \ \     \ : . :. :. :. :. :. :. :. /´ ̄\ニニ/ニニニニノ: : : ノ         \  \   \
  (\,_)\ \   /``~  ..,_/:::: ̄`\ニニ/ニニニ/\'´            \  \
   \\__,} }-、._ /  /   / :::::::::::::::::::∨/ニニニニ/|ニニ\             \  \_
.    ` ( (,乂\\   /    |:::::::::::::::::::::::::/ニニニニ/Λニニニ\                  \
      \ \⌒\) \     |/ ̄ ̄ ̄V爻爻爻xニニΛニニニニ\              \
     /.  \_ノ\ \/    ./  __ x爻爻爻爻爻 ニニニニニニニ\                 ̄
    /  /  \/ ) }`\    /     j爻爻爻爻爻/ ) \ニニニニニ/
.     /⌒ヽ  { ( ノ \ \ lニ-    j爻㌻⌒ \/ /x _)\ニニニ/
  { /   /.   \ \  \ \ -   j爻/    / /爻爻、::::::::::\/
.. /  / __,./   \ \(⌒\ }    爻{  /    ̄ ̄ ̄ ̄ フ\__
/  /          \ \  \   Ⅵ /    -<⌒ ̄ ̄::::::::::ノ \
                   【モブ古代哲学者Aカッコカリ】


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  そうした超常能力的サムシングが見つかれば、他にもないかと探るのが文明人というものであり、
 彼らはなんだかんだでパーサーナックスの化身を体内に宿した真核生物の末裔である。

 通常のドラゴンが本能で力を奮うように、彼らは理性でその権能を奮い始めた。


315 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 21:43:02 ID:uGRU0sI9



                                      †
                                    ハ            |
                                    |‐|           ハ
            |                         ,.ィfチニミs。.        |ニニ:|
      。o≦≧s。                     //:://:::㍉:ヾ:、.         |.∩ |
     弋弋二二ナ                   /〃:::::::|:|:::::: :::Ⅵ:ヾ:、      | |::| |
        |`| |个| |                   〃〃:::::: : |:|::::::::::::::Ⅷ::'/,    |`| ̄ ̄|
        |`| |│| |                  ∥:∥::::::::::: |:|::::::::::::::::}:i::::'/,   | :| ̄ ̄|
        |、|_|│|_|                  j{:::j{::::::::::::::::|:|::::::::::::::::|:|:_:_i}}    Ⅵ ̄ 7
      ハ|`| |丁| |.                   」」_|| ̄ ̄ ̄|_| ̄ ̄ ̄|:|」」」}    .| | ̄|___
:: :: : │::|`| |│| |:~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~\|| ̄(::) ̄| | ̄(::) ̄|:| (:).:| : : : ::| |  |二二二ヽ : : : : : : : :
________,|` |、| |⊥| |ーーーーーーーーーーーーーーーーーー‐‐‐ ||‐‐癶‐‐| |‐‐,ィ=x‐|:|‐ヘト.::::::| |  |_I_I_I_I_I_|-_-_-_-_-_
───┴┴ェr┬| | ̄|| ̄(:::) ̄|| ̄(:::) ̄|| ̄(:::) ̄ ̄||∠___ヽ | |/ /ヽ`ヽ/‐‐゙Y`ヽ.| |  |-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_
.^^^^^^^^^^^|│| |二二二二二二二二二二二二二\|」」」」_|_|,,...ム==ミ、|」」」」‐‐| | |  | ̄ ̄ ̄``丶、-_-_-_-_-_
ー.Y^YーY^Yー|/\────‐ィ^\_,ィ癶、ニム______,,|_|nnn// YY||Y:Y|\\n∩|ト..\| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄|~~|-_-_
_|:::::|_|:::|,ヘ|ニニノ二二二二ム |_,|__|_|__|_|_|__|_|_//_|||:||_|_,||_><癶‐iト..\| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄8 ̄ ̄¨:|/\
 ̄|、 ̄ ̄ヽ| ̄ ̄,.。ヘ ̄ ̄ ̄~∧二Y=======/_,癶二ヽ二\ォ====ョ二二|`゙|,ィ≦ト..\|_____ハ__,,|丁丁
/|`l¨¨¨¨トrt≦zzzzzz≧zzzzzァ_|二」二二二⊥|__|ー┴‐‐rt≦≧s。ニニヽ |::|,.:≦|\|∩∩∩ |_ | |_∩_|└┘
⌒ヽ|,、,.、┴|──「」 ∩∩v┴ ┴∠ニニイ|マ二二二二,.x个x|,.ィ癶、 | |__,|___:::|_|⌒|\| ̄ ̄ ̄/ ,.ィート.`Y⌒ヽ;';';'
;';';';'ノ;';';';');';'(⌒ヽ⌒ヽ_|_|_|二二7二二イ_,|^:|/二二イ[]   []``rイレ'"   ,.イ::|_|⌒|\| / ̄ r</__ヽ >;';';';';';';'
⌒ヽ;';';';';';';');';';';';';';';'∧二ア´ ̄ ̄ ̄~/┴ー┴── ┴‐ァニニニニ/     /|:|:::|_|⌒|\| /    |...,,,」_(;';';';';';';'(;';';';'
;';';';';';';';';'_彡'⌒;';';'ヾ;';';';'/____/──────‐/   /^\___/|/|:|:::| | ̄|\/   /|<二γ´;';';';';';';');';';'
⌒;';'ヾ;';';';';';';';'⌒;';'、;';'\| rzzzzzzzzェ¬二丁 ̄ ̄丁二¬,。o≦ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄≧s。'⌒;';';';';';';';'ノ⌒
;';'ノ;';'⌒ヽ;';';';';';';';';';');';';';ヽ |__|__|__| ̄丁丁丁~丁丁¨:|:「「「「┬:r┬┬r: ┬┬┬┬r: ┬r┬rーr‐rrr;';';';';';';';';';');';';';';';'
;';';';');';';';'(⌒;';';')'´;';';'(⌒;';';';';')⌒'ー、 |  ̄    ̄   ̄ ̄ |i:i|┴┴|i:|┴┴┴┴|i:|┴.|i:|┴┴|i:i:| ̄;';';';';';';'(;';';';';';';'




                                               /〉            /:〉
                                                 //⌒¨7          ./:/
                                             //`⌒´            /:/
                                               //               /:/
                                `'ー-  __      //              /:/
                                     /   ⌒ニ=- ,,//             /:/
                                 /        ⌒ニ=- ,,_        /:/
                               /              ⌒iー- __  /:/
                              /                   |       ./:/
                           =弋´                     |,___    /:/         __,,、ッ7
                            ⌒¬辷¨ ̄´"'  ..,,_       :| |  /:/    __,,、≠''¨  /
                                ⌒¬辷__ /:/``丶、     :| .|   ./:/__,,、≠''¨      /
                               ,, ´/ ./⌒7¬辷_   \   | |  ./:/'"´         |
                             ,./ /  /  /:/   ⌒冖ー≧s。,,|, /:/              |
                           ,. ´ .//   /  /:/         ̄丁./:/              |
                        ,. ´   /    /  /:/           l /:/              |
                     ,. ´    ./    /  /:/           |,':/             |
                    ,. ´         /    /  /:/           .:|:/                 |
                ,. ´        /   . :.:| ./:/           . . : |′              |
              ,. ´          ,′  . ..::l /:/         . . . : : |                   |
           ,. ´            .′  . :.:::| /:/          . . : : : : |                |
         ,. ´__________|   . . :.:|/:/         . . . . : : : : :|                   |
     __,、<______/_          . . . : :|::/_________________|二二二二二二二二二二二二二i
        ¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨丈二三三三≧s。.,_______|/               /:/               ___\
                 ̄ ̄ ̄\ ̄⌒ニ=-  __ ̄             ̄ ___,,..  -‐     ̄_/,、,、,,__ _ _ _ _ _ _
                     ノ"'⌒' ~ 、,,_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_,,..、、--‐‐~''"´ ̄ _   、、、,,,__ _ _ _ _ _ _
                     ⌒^^""'~'´⌒´´´´´´´´´´´´´````````⌒ゝ .._ __ _ __ __ __ __  `⌒'~-
                      . . . . . . . . . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ⌒´" ' ー‐‐ ‐ ‐ ‐
                       . . . . . . . . . . . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . . . . . .



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   こうした大発見によるパラダイムシフトにより、人類の文明は大きく進歩し、その生息域を広げ――


316 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 21:46:00 ID:uGRU0sI9



                            ィ
                           / |!
                            / j|        /!
                             /  リ        j |
                        /   ′          |
                    _ /             |! |
                _ ィア´ /     /   ,,-=ュ     | |
             _.zニニ(   {    /   ムr-ム   | ヾ、
         _z≦ニニニニゝ..    _ノ     |K__.}j   |   マュ、
       イ「ニニニニニニニニ≧='´       マHソ    L _}ニヽ.
      ムニニニニ= ´ ̄              ̄    ゞニニニ ム
    /ニニニ ィ´                           ド、ニニ}   私が傷をいやしてる間に
    {ニニマ ≧ュ、_                       イニニニj
     マニニニニr ⌒ヽ、                   イ⌒マニニ/    作業ユニットがえらいイキとるなあおい!
     ` <ニニム   ア> 、             _7⌒ヽ  } /
        ` <ニ{   7   /ヽ_         ィ⌒マ  } /
            ` ヾ{_   イ  rリ「>ュ、_r、_rイュ、  } /
              イ≧rュ、 j/`ミー、ヘ\ムイ 三ミ y''´
           r-=ニ二ミ、Y`マ_≧jヽ`〒ソ( Yr'
            /≧=ュ_三`ヾュ、 汗ぅト、ヾj/,tア毛z=―
             /ハ `≧三三ミ、 7、´ ̄`ーュ_ イニィZ´
              /ハ `ー=三三ニュ、 x⌒VWヾニlrア´
.            /ハ ヾ  > ̄ ̄ `ーマゝァ   Yリ
          /ハ    イ       マ 弋ィyvソ
           /ハ   >{         マ `マ{
        ,ヘ{  ヽ  ィハ         ヾ≧ 人
        ハノヘ    イヘ         \   }
       ハ ヾ  ≧   彡`≧ュ、_      ヾリ




      /     ,ノ./      /  /    ./  ./   ./     ./.     ∧∧        ./ . /     /    ./
     ./     / /      /  /    ./  ./   ./.     ⊂二 ̄⌒つД)つ     ./ . /     /    ./
     /    / /      /   /    ./  ./   ./     ./      ̄ ̄   . /      ./ . /     /    ./
    ./    .,/./      /  /    ./  ./   ./     ./      ./   /      ./ . /     /    ./
   ./     ,/./      /  /    ./  ./   ./     ./      ./   /      ./ . /     /    ./
.  ∧_∧../ /      /  /    ./  ./   ./     ./      ./   /        ∧_∧  /    ./    ./
 ( ;´Д`)ー'⌒Y   . /  /    ./  ./   ./     ./      ./   /      .  (´Д` )     ./    ./
./ . ノ ノ __,, ノ  ./  /    ./  ./   ./     ./      ./   /.         ⊂    ⊃    ./    ./
゙...(_ (_,ノ (_(__,.J ../  /    ./  ./   ./     ./      ./   /      ./  /    /     ../    ./   /
   .,/./      /  /    ./  ./   ./     ./      ./   /      .  〇──〇'    ../    ./   /
   ,/./      /  /    ./  ./   ./     ./      ./   /      ./ . /     /    ./    ./   /
  ./ /     /   /    ./  ./   ./     ./      ./   /      ./ . /     /    ./    ./   /
 / /     /   /    /   /   ./     ./       (  ./      ./ . /     /    ./    ./   /
,/./      /  /    ./  ./   ./     ./         /⌒⌒)⌒。>   . /     /    ./    ./   /     「「「うわー!」」」
../      /   /   とと ̄⌒`ヽ     ./     と/ ノ_,U Iコ >つ      ./    ./    ./   /
"     ./   /    /   と(*。0。)っ          .  し      ー°  /     /    ./    ./   /
     /  /    ./  ./.  ∨ ∨  ../      ./   /      ./ . /     /    ./    ./   /
    ./.  r─--、  r‐、  ../     ./      ./   /      ./ . /     /    ./    ./   /       /
.      /:::::::::::::::\|:::/   /ヽ  ./      ./   /      ./ . /     /    ./   lヽiヽ,、        /
   /::::/ ̄\::::::|/  /::::::::{      r──-、         ./ . ,i′   ./    .  ⊂(Д` )):      ./
 _ノ´::::/      ヽ、::::\` ̄ ̄        ヽ::::::::{´      ../ . /     /    ./.  r─'  ,r:'::       ./   .,
/::::::::::::{          ソ::::::|       r─、___j::::::::L__  ./ . /     /    ./   しウ /:: :       . /   ./
ヽ__r‐'´       /:::::/    .ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ  i′   ./    ./    .  し'::       /   ./
  /    ./   /:::::::{_     L_r──-、:::::::::r─── '       /    ./    ./   /       /   ./
. /.      _r‐'´::::::::::/           // |::::::::{   ../ . /     /    ./    ./   /       /   ./
″   ..  \___r、/           /::::/ |:::::::::!   / ./     /    ./    ./   /       /   ./
   ./   /   ./     ./.      /:::::::/  _}::::::〈  ../ . /     /    ./    ./   /       /   ./
   /  ./   /     ./       {::::::::::/   `!::::::::|   /     /    ./    ./   ./       ./   ./
  ./  ./   /     ,i′.       ` ̄     >::::::|   ./     /    ./    ./   /       /   ./
                       <::::::r、:{
                          ̄



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   必然的に世界の片隅で絶滅戦争の傷をいやしていたドラゴンの生き残りと遭遇した。


317 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 22:00:40 ID:uGRU0sI9



/////        イ!     ト            /7ニヽ
/////         j| !  ,r-  |ハ          r=j/リ/ハ\
////        ィリ/!  {ト.リ ! ヽ_       人イ j´    ヽ
///     ィ´7/r' ソ  ` ´  ゞニ三≧、   (ム⌒Y
//    ,イ三彡 ´ ̄         ̄Y三リ     `ー マ r、
/    ()三〔             ,イ三ソ       マ !ハ
!     `マ ≧ュ、_ _r-、 ,,<ミ /        |! j | }
i!       ` マ{_アイ___⌒ム r ´            j{/ リ
ム       __7/ム ゝ-≧z彡jァ=-        ム   /       まあよい、私は寛大である。
/ム     ⌒ ̄ ̄{Y´ゞ≧w≠ィ7'           /7 /
//ム          |! \ア三{Y           ム//          その文明すべて献上するならば
///ム         マト、ミニイ ヾ」          ア //
/∧/ム        リ三{三ム           /ュ≠/           以前の我が僕としての待遇を約束してやろう。
//∧/ム        j三うy三、          ムァ.//
//∨∧ム       rア j三ヘ`ヾム        ノイ ア/
/∨ヾ _マミ\_ 人jイニ/ ヘ マムュ   z<彡´イ//  /
//≧ュミヾ≧7 T7j:::::!ト'_}  V マム=彡´ィ  ィ7/ /
 //7三>イム  |:::::|!(_ 7ュ、 ハ |/!/ハ≦三三ニ彡' ___,////
 /三三≧ハ ム l|::::::!ト7ュ_) l|  マ三ニ7千  ア ̄ / ./////
/⌒ト三三リ ム ハ::::|、7ュ、j _j!Lイ「ハ三ニ=ュイ  /  ./////
   j ≧ュ、 ム  |:::|7ヾュ\リ ヾリ マ7´ ̄ `ヾア   ////
   _」 /イ三三}! |:::| L_彡」  z彡マ     \  // /!リ≧ュ
ム )7ア三 >!ミl!:::! ド≧=ュ zx/ハ{、 ィ7    ヾ// イj メ`ー
 Y≧/rフ三rァヽ\!:::|三三ニ7 ィ、Yハ ` ̄/      マヽ//!≧=
_ノ/ト{三シ7!三>、!:::!三ニ' イ7ニハ !::ム イリ        Y7⌒ア≧ュ
/三三三r´ア川、三l!:::iイ⌒7ム 三ハi:::|! イ          ノlr⌒ヾr、_
三三/` |トj!ハヽi|::::|三マ(≧≦ニj:::マ  |h      /ノ    \



                                               _
                                           '"⌒   ̄`ヽ―-
                                       /            \
                                     /            \   \ ヽ     ――先祖の残した文献によると
                                     /        |      ヽ     ヘ
                                     /       l   l l | ; ト     \ヘ      あれはかつて我らを使役し
                                  / l   | |  |  l/ } Y }  \ \_ノ
                                       { |  l l |   j .イj /yf笊ミx/    <_ ノ  世界を滅ぼす争いをした
                   _   / /         {ハ い   |斗‐  l/j/ ,癶沙リ、`}个ミ \-‐''"
                  ┌‐-ミヽ(( / {   -―‐ァ   い  l  从,,二ヽ{      '"` ノノl | `~ミ=-    竜と呼ぶべき存在らしい。
                    §“ \\{/斗―- {_   i lノ_,ソ癶沁 .:、      /} }  ミー-\
                       ∫.   トr''~~ ̄ ̄~\ヾl|    }丿 ∧⌒…"      ,  /} j\⌒ヽ             __
                     i :.   | l§    §|||||   / //   \     ‘ー;;;   イ|//八ミミx,,,,,_  __   ''" ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                   l§   | |∫     δ|l||| / /{ / } l l >-  _/-/ /      ミー----‐'''" __...........__ )
                       l∫   l | :.     ∫|||l|     { j/| |ノ人 _))=辷/ /ニ=―-ミ_ ̄ ̄ ̄ ̄___  -―< ̄`ヽ
                     |δ  /| |§/)   §||||          } } o/ ̄ ゚*。。/ /Χ/     ヽ  ̄ ̄ ̄        ̄~`~ミ\
                     └-ミ{ i| l//   : ||||        /l j{o{    θ/ / /⌒j!      iミx,,,_        ノ     `ヽ
                        } j/ /_    ∫l|||       / .j { いミニニ/ , /::::::::{{┴--  _V   _ ̄ ー--<       }
                       {   "/  ̄`丶、.|lj!     /-/l 八:::oV/ j  {:::::::::::}厂l~''冖ーミ〕ミ   ̄ ̄~`ヽ、 \       __
                            \   ヽ             /::::{:::い. \::o/{ {八::::::::jjミ∧\:::::::::::L \ \      \ \._/ ノ /)
                         ヽ _ }_      f^i /:::::人::\ \ヽ::::人 {:::::\:ノハ/ ∨:::>ミ:::}   \ \ __/ ̄ ̄  /) //
                      ,,x<ニニニ>ミヽ__  人/へ::::::::l:::::::\ ヽ}:::::o\::::::::{レ∧ \V/: : : : i \   斗0/7   ⌒\// ./-――-、
                        /ニニニニニニニ\~气<\メoY::}:::::┼:ヽ}::::::U:\::::::::/\\ ∨: : : : >''": { 0 {圦イ厂~''ーイー-<\ ̄ ̄
                    /ニニニニニニニニニニ\)} \\/fニニニ:::::::ノ::::::::::::::::\∧  \\.∨: : : : : : : 人 乂>‐イ    }ノ    \)
                 ∠ニニニニニニニニニニニニニ\  )//=コ::::ナ::::::>'"  ̄\j\\  \. ∨: : : : : : : : ((_)) }リ   /
              ∠ニニニニニ>―-ミニニニニニニニ\./=コ::メ::::/ 冖宀ミュ .}}  \\    `ー--< ̄  (())
             _ ∠ニニニニニニ∠ニニニニヽニニニニニニニ}\――-   _  以 .j!   `''ミ _     ̄ ̄
           _/∠ニニニニニニニ/ニニニニニニVニニニニニニニ,:::::::\f\   _ ̄`< |          ̄
       _r</O::::\ニニニニニ{ニニニニニニニVニニニニニ/::::::::;;;;{[]} :`<辷))__  \
       ,,癶::ヽヽ:::::::::::::::Yニニニ>!ニニニニニニニVニニニニ/::::::::((_r八~ヘ : :((__))ミx、|
     ∧/U::::U[こ]::::::::}>''"   |ニニニニニニ{ニVニ>彡:::::;;;;::::::::/8 `勹:}: : : : : ((r))ミ|__
    /{メO:::::[こ]::::\`<       }ニニニニニニi:-‐゙、:::::::::::::((__))/  ゚。 /{: 廴j: : : |: ::;(__))
 /{〆O:::::::::::::\`<  ̄       lニニニニニニニi:::::((\=气彡>     :゚。oメ勹:): : :j : :::人
∧メO::::::::::::::::/   ̄          lニニニニニニニl--‐''"\ \o\ /o゚。゙* {:{rしハ: :: : \




                    z-─ 、 .ト、
                ,. ---≧::::::::::::\゙i:::\ i\
               __Ζ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i|::::}
             ,.,r':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<´
              ̄>:::f:::f:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`i:::}:::::::ヽ
              /::::::::::|:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::|::::::::::::\
             /::::::::::::|:::|:::\ハ::::::::::::::ハ/:::|:::|:::::::::ヾ¨
             |:,r'l:::::::|:::|:::/ヽ',:::::::::ム'゙ヘ:::::::|:::|::::::::::、ヽ     なるほど、つまり頭下げてまた絶滅戦争に付き合わされるか
               レi:::|:::レャ-tォ',::::ル゙ィ-rtァ;|:::|ヽ::::::l ヾ
                |::|:::|   ヒノ ∨  ._ヒノ |:::|ノ:::l、j       ぶちのめして自由を得るかの二択ってわけだな。
                |::|:::l:!, '''   、    '''',イ:::|:::::::|
                |::|:::|::::' 、   --   , ヘ::|:::|::::::::!   .,ィ
     __ --一''"´ソ〃厂|:::| ̄`´> 、__, < ,ヘ.|:::|::::::::ヽ、_ノ::}
。O  /.,ィ       .| {i l } |:::|  ソ/./ヽ__,, -'"./||:::|``ヽ、:::::::ノ
ヽ 。//771 i" ̄``ー'゙ー一゙`|:::|, < / .レク:::::rクノ/||:::|    \:ヽ
 iヽ:"⌒ '.;`゙ ゚         _,|:::| /   .7::ヲ ./ .||:::|v .|  )、::)
=ニ ;     ; ニ=-    ./ ̄/レ゙'゙   .//  /  |レ゙.iヽノ   `ヽ__
../ヽ、_.,,ノ 。 O   __/   .{/   , <>´   .{  <  } L   /彡ゝ
'/  Y  ヽ   /    ∧ .//ニ=二   .',  { ./ .|::\,'彡/ヽ
    |   O ,'      / ヽ/::/  _  _  ', ,|/__ --─  ̄   〉
   ο     ヽ__/   /::/ ̄ ̄\  __ --─ ¨     ___ノ
                     /::/   ,.ク ̄     __ 、--─  ̄   .)
         _       レ゙   ヽ{_{_{_ニゝ-''¨  `<___ノ
          ,r'´:_:_: ̄¨¨: ─--: _  /          |
.      __ム:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:フ¨: ─--: __      |
     /: : : : : : : : : : : : : : : :_:_/: : :/: : /: :¨ァ─r- ,__|




[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   もちろん竜同士の絶滅戦争を生き延びた猛者である。生半可な強さではないのだが――
  再び人類を一方的に服従させられるほど人類は無力でも少数でもなかった。


319 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 22:07:07 ID:uGRU0sI9



      , .. .    +      。         ’‘        :: . ..      ::::  :  .  ・ .  ; :
,   ,:‘.      く>   。         / ̄|\  . +   ,..            <7      _:   .  '
 ’‘     +   ,..       . ..; ',.../ /\|         .:::::::’’  。...::::’’.. .    +.../ レ:ヘ:.   :
:::::  :                  〈∠_/               +  :::.      / /::::::lノ
:: ,  .・ .  ;  . :   '.   _                             +   ,...ー'──' .... ..; '
:   ,   ' .  :,rへ、 , ..「\\          /\
:   . ' :  .; /:|  く__. |  \〉         | ̄\〉 .....:,ィ=-、    ..;....
∠フ   ; '   ヾ!   _/..L_/           L_/ ......ィ'´'´,;゚心    .....               。...::::’’.. .    +
   __     \厂.., .. .              +.    ゞ‐゚、,;.:ノ. .’。  .......::..           。 +  :::
 ,∧::::/く         .,.,,.、 .,   .,.,,、+  。  , .. .    +  . : :....          + , ..,  .・            _,,,
.......∟∨/.:‘.......,,.、 .,. ,..       《〉 ..... .... ..   ..; ', . . :::..  ;  . :   ' .,....:::  ' ,:‘,.       ,,,,,, ,,/~   \,,,
                            ,   ,:‘..     ' .  :,rへ、 , .  ’..   :   .     / ,    ,,
,:‘. 。   .. . ....   ,,  ,        /Υ]           ' :  .; /:|  く__ ;  '          / ,ノl⌒ ̄'' '
 :::::::’’  。...::::’’      / ̄ ̄7\::!<      ,   ,:‘.  '   ヾ!   _/ ..              /   }
......               〈: __/  .:〉        く>  .......        \厂......::::’y‐、.       :|li  /ii   ゝ,
      ..:::          V___/ . :  .  ・ .  ; :....  <´`>        く>': :ヽ.     //ll
; ', . . :.../ヽ.     、.,.,,. 、.,.,,     .<7      _:   .  ' ....`~...'.。   ..:::......{:.:': : ゚. ): :‘....,|r    /i.      |
.. ,ノ⌒7   }>                       / レ:ヘ:.   :....  ..,   ,:‘. :‘......ゞ、_.,;'イ    ;|| ll |    ノ/   /
.. } ,ゝ、   /ツ\                / /::::::lノ   .... ..   ..; ', . ..       。   .. .. { / ll|   |ll  l
..r{ ネ  ミ≡=彡' }                 ー'──'       .. .... / ̄ ̄   ゙\..::’’  。...:::: ヽ_人;;,ノ    ノ_ノ
<ヾへrf´ ヾ Xy'                           ’’,,/´\::       /\  . ,,、.,.,,..... 'ヽ'''i /^/  ii  /ii
..L ゙ミ ヾ_ ィ  ノ                     ,:‘. 。   .. ∧   .:>――-<  ∧           .ヽ|~ _|ll ll|
.. ゝ-、_∠f_オ′                              〈 .:》―-く         》             ⌒  ヽ,,l



                                       /{ノ「
                                          f''  {
                         __            {,.ィ'Z≧、
                       >   ゜         ` <    ,.. イ _.ノリ
                    イ    /   - ― <      .> ゜ ̄ ̄  ,.イ´/
     ノー-、_     /               ` 、  ./`ー――,イ i}./
   .イー―_zr〈      '        ′           、  ゜く _,,..ィ'´ ,il  7
  〈 `r≦´   ..>、_/       ,        ヽ   マ.   ヽ、7'!  .リ V
  丶i{ `ーiト、´  .'   ./  /         、   マ    〈 リ  /v'   ,.イ
    \  i!ヽ-z-.′      .'  i|         l   !  、   ',  ノ′ _/ l}
     \{  \il   ′    i|         ト. i! ハ   .   V_,。s≦二ノ/
        `'<  l   i|   i|   !       - ‐十! オナ'ト、 l!   〈>―≠'./    さて、やっとこ一つの星が一段落ついたし
         ` ┤  il    ト. 斗-        |_}'.ノ′}/トハ    .Ⅵ ./ /
      ト-z-―|   '.  ,イヽ { ヽ _      ´リ二≧=ミ、!    リ ,.イ       そろそろ他の星の作業に取り掛かるか――。
     ヽ {>、/i|    'v' i|  ,`ィニ\ 、 ,イ/ ,彳::::::ハ 》     iレ′l
       `'<.,仆   ∧  ',.ィ:::::ハ )'\{ ′  ,ゝ-- く l     i|   |
          `ス    ∧ィ{ 乂::::メ            } /  i|   l
             ハ    ∧` ~´               ノィ     !   !
             い    、乂         ′        λl     i!  .
              i ハ   丶_`>      r    フ   .〈∨     ′  :.
              |  v     }i:.、     `      ィiiiiii/    .′   ∨
              |   ヽ      マ≧s.。. _  .. イ liiiii.′   l       V
              l    }ト      Viト、}   ̄ _ .」!iil   .   !      v
           ,     ハ     ili|  ≧srr'´   l!ii| .′   !       丶
             /  ,イ ̄`.}      iレ、    i|    .人i{ λ ...斗 ――-、   :.
          / /           }、ヽ.  i|  ./  .〉、{ .、  :.     il   :.
          ./ .r'      |      リ \   i|_./ .イ  ヽ. \ .乂__) _.人  i|
         ,  マ≦二..._ ,      '..  丶 i| /´     _...>― ´    丶 !
         /       /   .′\   ヽi}r'_  > ' ゜ ̄         ヾ、 V
       l '       ′'  .' /     ー 、__,.ィ´                   l
         〈      _./イ  //ー、               斗 ― -    \′
        ∨  .イ     |   '/   ヽ、           _...ィ´        ` 、 /
          V´      l|  l     } ≧s。.. _ >' _ l               V
            |       八  i!    .ノ^V′      ∨ .V!             |
           !         \{    /⌒/          v'^ム             il



            /::::::::::::::::::::ヽ     / ::::!   /: : : : : : : :::::::/: : : :
           /_::::::-:::::::::、,::::::::ヽ   | .:::}   /: : : : : : : : :::/: : : :r-‐
           |::::、::::::、:::::::^:::::::::::i   / ノ/  /: : : : : : : ::/ : : : /
           l:{、:ヾ、`冫ヽ、::::::::::{ / // /: : : : : :__: /: : : :/
            ヾ{ヽi_ _ ji,、: : : 、'.::::/ L_ /: : //,----'____/__ : : : :   初心者のうちからマルチプレイは
               丶 '^ヽ  ,-‐' ,--r': : : /, '   /┴‐── : : : :
                 __,ノ)ノ _.. ヽ-=ニ_ ̄-=-  '──--- ---      あまりお勧めできませんけど……。
                /  ` ' f´::  ` \__ __ : : : : : __,
                {    !:::..  lヽ  \二ニ、 ---、 _ : : : : ===
               //   ',::.   l:::\ ─     ヽ三三三_   /
              ( (   j l:::.  !:::.. \:::::: ::::::: : :\    ` ─
              `  ` ‐ '  !:.   |三、  \:::::: : :   \
               l \   |   !"\\  \ __:: : ::::::\:::::/
   =     =       !     (j   |\: :ヽ:\  \::ヽ  ::::::::/
ニ_-=三三三三ニ     小 :. /   ,ノ  ヽ |:::::: \  \' : : : \
ニ三三ニ=ニ三三三===/ ! :/  , <ニ Ξ l: : :::: : :\  \ ノ `──
三三ニ'     ニ三三  />'  , '   \二三三: :::::: : : :l 、  /
三三ニ=      三ニ' // /  ::.     ヽ二三三ニ: : : | ,X   \
三三三二ニ-' '゙___, -'‐ '  /ニ}  、 ::.     ',三三三三 '´  \
三三三二ニ  __,.ノ   ノ三三 ! 、} :.      !三三三三三
三三三二ニニ '=-  '三三三:|  l      l三三三三
             【モブ宇宙開拓者カッコカリ】



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   なおちょうどそのころパーサナックスさんは今の文明が宇宙勝利した時も視野に入れて
  銀河系内の他の星を調整していたらしい。


321 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 22:18:10 ID:uGRU0sI9



                                    ,,,,-,,
                               ,,,-''''´/´
                             ,,,-' /' /´
                            / / ,,,//
                           / / / く
                           j j i/フヾゝ-- 、,,,='''フ
                          ./ / // / i/   //´
                          /  / i  ./\__,,,-''i/ 〈
                          i ̄〈゙ヽi /    / j   \
                          i /   \   / i    ,,`ゝ
                          i /    ヽ  /  i ,,,,-''´  i
                         .ヽi     ヽ /  //     j
                                 j  / i      i
                                 i  i /      ヽ
                                 i ヽ .i_,,,,,,,,_  ヽ
      _,,,-‐,‐- 、,,_                   j  ヽj      ゙̄'''-ヽ、
     i二ゝ,,,,,j-<ニニ゙、                  i   ヽ'''''-、'''' ̄ ̄ ̄ ̄
     i/''''´ヽ_フ   `''''''''‐-、             i   /ヽ-- 、`''''-、
          j,,,,-‐、-二二''''''''‐-ヽ,-‐、__       /  /   `''''‐、`ヽニヽ、
              ヽ-、  ゙゙̄''ヽ〈   /\、    / / ヽ──,,,,,,,,_`ヽ、 `
                 `ヽ、  /ゝ、   ,,,,-─'''フ/   ヽ      'ヽ‐-ニ==-
                       ヽ /,-, ,-‐i´ 〈    ヽヽ- 、    \           _,,,,,
                       //7´j-‐'  \    ヽ `''''''‐-,,,,,,, \_,,,,,,,,,,,,,-‐‐'''''´ /
                        ゙''゙ヽij/-、ヽj_jj / ヽ、  jヽ      '''''-ニ=‐      /
                          ゙゙  i\ヽ ヽ   \j i‐- 、_     ヽ、,,,,,,-‐<  ヽ、
                            ヽ /,jヽj,,,,,/ニ-‐ヽ/'''ヽヽ二ヽヽフ''''-、_ `iニブ゙゙-,,,>
                               .ヽ j  ヽ  i´  ゝヾ-ゝ-ヽ\    ̄
                                ヽヽ  ヽ ヽ /´`ヽ  ,,ゝ _ヽ,
                                 '''   iヽ  >、  ,,-<ヽイヽヽゝ,
                                      ̄   `''i.i.i i≫.ヽヽヽ-'
                                           `-‐''´ `´



                              ー==ー-、
                                イ⌒ミV´ ミヽ
                                    j  {辷}
                ー==ー-、            イ⌒ヽY
                  イ⌒ミV´ ミヽ     ム{  人〉   ト、
                      j  {辷}  .===弋辷二二j >=====.∧============────
.     ー==ー-、            イ⌒ヽY      V    j. レ'  ー=ニ三ミミヘイ ヽ
.       イ⌒ミV´ ミヽ     ム{  人〉   ト、   .Y  ̄ ̄ヽ  ニミソ''¨::::::::::::::::::L  ヘ
              j  {辷}  .===弋辷二二j >=====.∧============────
             イ⌒ヽY      V    j. レ'  ー=ニ三ミミヘイ ヽ::::::::::::::::::::::人::::::::::\〉
         ム{  人〉   ト、   .Y  ̄ ̄ヽ  ニミソ''¨::::::::::::::::::L  ヘ : ::::::::::::/  `ヽ、φ::ハ
.      ===弋辷二二j >=====.∧============────
.          V    j. レ'  ー=ニ三ミミヘイ ヽ ::::::::::::::::::::人::::::::::\〉     |
             Y  ̄ ̄ヽ  ニミソ''¨::::::::::::::::::L  ヘ : ::::::::::::/  `ヽ、φ::ハ - 、__,j
          人__>''弋ヽミX´:::::::::::::::::::::Y:::::\ ヘx ー-、,{、________,へ∨    |
.   -─┬ { ̄ ̄ \  〉ノ::::(::::::::::::::::::::::人::::::::::\〉     |ィ弋 ::::::::::ヽ::` ̄´ ̄:`)
      |::::|___ }<)ヽ、__ヽ、::::::::::::/  `ヽ、φ::ハ - 、__,j´ ゙̄\::::::::弋¨¨¨7::::/
      |:::::::::::::::::::::::(  |::::/  `弋ー-、,{、________,へ∨   |  ∧ー-ミ:::::jrーy'::::/
. ニニニニ彡'::::::::::::::::::::::::::|. |::.{ヽ、         |ィ弋 ::::::::::ヽ::` ̄´ ̄:`).:__>''´ |  〉ノ
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::(__ム>  ¨'''ー- 、__,j´ ゙̄\::::::::弋¨¨¨7::::/       ¨´
    :::::::::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::`::::<___    | ∧ー-ミ:::::jrーy'::::/
    ::::::::::::::::./ ヽ、:::::::::::::: ィ弋:::::::::::ヽ::` ̄´ ̄:`).:__>''´ |  〉ノ
    j:::::::::::::/   `¨¨¨¨´  \::::::::弋¨¨¨7::::/       ¨´
.  人.:::::::く            ∧ー-ミ:::::jrーy'::::/
     \:::::::\、___     ∠___〉__>''´ |  〉ノ
       \:::::::ヽ<⌒7             ¨´
       Y⌒ヽ`¨
        ` ̄


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  そしてパーサーナックスが星ガチャをし、作者がそれっぽいAAの探索に四苦八苦している間にも
 星では自由と存亡をかけた戦争が勃発していた。

 戦うは片や絶滅戦争を生き延び、今まで力を蓄えた強大なドラゴンたち。
 片や同じく絶滅戦争を生き延び、数と理の力で勢力圏を拡大させた人類たち。


322 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 22:23:44 ID:489hY1CW
ドラゴンは環境を圧迫するから滅ぼすか隔離したい(熱帯魚観賞者並感)

323 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 22:25:14 ID:kxBp+uM0
多種多様な生態系という観点からするとドラゴン邪魔よね


324 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 22:26:32 ID:uGRU0sI9


なお人類も割と環境の圧迫力はでかい模様



                 /  ̄∧                 //..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\::..\::::::::::∧
             /     ヽ            〃.:::::::::::|:::::::::::::::::::::.\::::::::::::.∨::: \:::::::::,
           ,ィ''"  ̄ ̄ `゙ヾ\.           /.::/.:::/.:::|:::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::: ∨:‘,Ⅴ::::::,
          ,; j        } ハ           ,::::;’:::;’:::::|:::::::::::::::::::l:::|:::::::∨::::::::‘:::::i\〉:::::::,
          ;'  {         | |       ,:;’::::i::::::/ /:∨:::::::: Ⅵ\::::Ⅵ::::::::’:l|:::|::::::::::l|
         ;:  ヽ-───- 、 ノ l       i:::l:::::::|::l::l:: |:::::∨::::::: |‘, ∨Ⅷ:::::::::i||:::|::::::::::l|   いいでしょう……
           i  /: : : : :「l!: : : : :|  |-- 、     /:l:|::::: |::l‐Ⅵヽ:::ト、::::::.∨´ ̄Ⅵ :::::::::}リ:::|::::::::::l|
            l . :|: : : : : l l!: : : : :}  |   \.. / :从::::::Ⅵ __ Ⅵ ’,::::| ___Ⅵ::::::::;.Ⅵ:::::::/:|    あなた達が勝ったら
          __! ; :L: :_:_ :| l∟ :-:-!   ト、     厶/ |Ⅸ:::::、て|=:::ミト:::::\:|イッ:::::::/|::::::/ ./.::::::/乂     支配地も金も戻します……
        < |  /: : : : : :! l!: : : : : ',  |_ノ\  ∧.゙┃ Ⅵ::::::|乂_ツ:::::::::::`:乂:::/ リ:::厶イ:::::::/〈                「 l | 、___ l |
.         /`|  i: : : : : : Lj! : : : : : l  ! \ヽ   ',   Ⅵ::∧.    、      以/.:::::::::〃.:|         約束は   ノ レ     ノ レ' 」だ!
        /  i、; i (f): : : : : : : : :(f): :l  !   〉|  │..... Ⅵl::::〉、 .、___ノ〉  イl::/|/.:::/.::::/
      |  l : l:/ 二二二二二 l: |  }  /     /  /Ⅵ/:::/>   ̄   イ| 从|/ /..::::::〈
     /l  l : { l______ノノ:/  j /ヽ.__/|   |  Ⅳ: /::/ \`´._/ :|:l:∨:/_::::イ∧    「ルール」は
.   / │  .ト、 ハ.ー─-、  -一':/  / /  ,--、 /.. ,|  ,/ |   ,ィ〉〈  :人/.´:::::::::::/ 人    ドラゴンが決めたものですし
 /     |   ! lヽ \: : : :V : : : / / /  / 、  } L 〃  ::Ⅳ ∧、/|:.:.:.∧ ./ ./.:::::::::::ィ     ∧     …そしてゲームは
.       !   | \ \: : : : : / / / / ヽ._} l |. /   :〈〈   :Ⅵ乂__} Ⅸ∨.::/|::〃     /     すでに始まっているッ!
       ハ    }   \ `  ̄ / / /     |. , "   :} 〉\. _Ⅵ:.:.:.|以_::乂`ヽУ     :{
.      / \__/    ヽ----' / /      |.゙/     :|’/::\:::::Ⅴ〈:/::|`{ミ⌒/       ,
                 __/ _/   __ |/ ー 、  :l|/\:::::::}::::::|::::}l::::l::.Ⅵ{i′        ,
           / ̄ ̄ __         r┴ヽ _>=--ー 、r‐\:|::::::l::::://{:::..\Ⅶ         i
   ______________________ \┸/'┐ 乂::::::∨〉         |
  |┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓| `{  \〉  \::乂        ,
  |┃ スタンド ― 『取り立て人マリリン・マンソン』   ┃|¨Y´   ∨`ー-、〉ミ、       :,
  |┃        本体 ― 千川ちひろ         ┃|く    :}    `ヽ\\    :,
  |┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛| ′   {       \\ :/
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 、_,,:彡         `i乂
                                    ` ̄  `ー 、            /
                                         `ヽ        丿 ※AAはイメージです
                                                `ー -イ¨´


              ト、    __                                 ,,,.... -‐-≠‐
              |; ;\ィ ; ; ヽ                             ,,...-=‐ '^~, ; ; ; ; ; /
              |; ; ; ; ; ; ; ; ;乂__,ィ、                  ,,... -=ニ=‐ ,´ ; ; ; ; ; ; ; /
              |; ; ; ; ; ; -; ; ; ; ; ; ; 〉      _         _,,.... -=ニニ=‐ , ; ; ; ;_ ィ、; ; ; > '゙
              l; ; ; ; ;/; ; ;ノ; ; ; ;_/     ィニニ≧ー=≦ニニニ=‐ , ; ;. -=、;/   }; ;/
                    Y; ;ノ /, ; ; ィ〔_      レ´  ヾニニニ㌻ , ; ; ; ; ; 〔   ィ    / ; l
               ノ; ;/, ; ; ; ;¨´; ; 廴     /\ ∨ニ∧; ; ; ; ; ; ; ; ;  ̄; ;乂_/ ;> '
                 レ; ; ; ; ; ; ;/ 〕; {   /乂f; ; ; ;\∨ニ∧ ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;>、
                  /; ; ; -=、; ; ー, ; ; ;` rく; ; 八_ ; ; ; ; ; V二|; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ア、; ; ;_;ー;ヘ , -、
            /;_/ニニニ>.、 ; ; ; ; _j ; \; ; ; ;ヽ ; ; ;イニニ|; ; ; ; ; ; ; ; ; ; i; ; ; ー'; ;ヽ ; ; ; ; ; ; Y; ;i
            ∠ニニ> '´ ̄`ヾニ\;/, l; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/ニニニl ; ; ; ; ; ; ; ; ;_ノ; ; ; ; ; ; ; 廴; ; ; ; ; ; ; ; `¨;、
         ィ㌻¨¨¨   , ,-=≦}ニ㌃{; ; ; ;`¨; ヽ; ; ; ; '; ;ノ二㌢、_;_;ノ^ー'´; ; ;r=、 ; ; ; ; ; ; Y  ̄ \; ; ; ; ヽ    「」
           i{      , , ; ; ; ; ; ; ;У{; ; ; ; ; ヽ; ; ; ,\; ;∠ニ/, ; ; ; ;ヽ; ; ; ; ; j℡ニニ\ ィ、; ; ; 〉.ヘ   Y: ; ; ; ;
               i; ; ; ; ; ; ; ; / 八; ; ; ; ; ; ;ー 、; ; ; ;iニ/ ; ; ; ; ; ; ; ∨;r <ニニ\ニj{ニヾ、 ; V∧   l ; ; ; /
          __  | ; ;_; ;r─ f; ; ; ; ;ー; ; ; ; ; ; ,\ ; ヾ、; ; ; ; ; ; ; ; ; ;}弋ニニヽニニ}‐'⌒ー'; ; lニ| ノ; ; ; /
       r≦ニニ,. <ニ~ニ>、 _ノ; ; ;ノ; ;、; ; ; ; ; ; ヽ; ;'; ; ; ;j\; ; ; ; ; ; ;八; ; ;寸ニ}ニノ\; ; ; ; ; /二|; ; ; ;ノ´
    , ;⌒y; ¨¨; 〔ニニニニニニニニ}; ; ; く; ; ; ; ; ; ィ; ;人; ; ; r≦{; ; ,\;_;_j ; ; ; ; ; ; ; ` <,___ ー ミ/ニニ!彡´
    >;‐; ;ィフゝ; `;マ√;ノニニ/; ; ; ; 、 ; ; ; ;Yー; ⌒; ; ;ノニニ∧∧; ;/⌒ < ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ' ; ∨ニ∧
 r, ; ; ; j!; ; ´; ; ; ; ; ; ; ;/ニ/, ; ; ; ; ;У; ; ; ;l ; ; ;_ イニニ/   ∨      ̄ ̄∨=====f ; /∨ニ∧
 Y^Y^Y }_イ f入; ; イく> '゙; ; ; ;´; ;L; ; ヽ;_;ノ  ̄   jニニニ                 ∨ニニ//   〉二∧
  ∨∨レニVニハ; ; |; ; l; ; ; ; ;/ ; ; ; ; ; ; ノ    __,..イニニニi           /; ;∧ニニ     /ニiニニ
    フニイ∧ト、j ; ; ; 人; ; ; ; ; ; ;_;_; イ .イ _jニニニニニニニ廴_           レ   }ニ/ ,,,...ィ/ニ!ニ∧-- 、
   ∧∧.八人; ; ; ; /;>‐、r─くー、 Y  レ /´_>=f ーr‐、_j            /; ; {/ ィノニニニニニニニ、 、_〉
   Ⅳ∨; ; ; ; ; ;  <  | / `ヽ_j  `    ¨´     \/             /, ; ; ハ ̄「 У´   `ヾ }
   乂;_;  -=≦      ′                         ,,,.... -‐=≦; ; ; ; イ {   ´      レ
                                         厶、 ; ;_; =─‐く l Y
                                     '‐ ´ ̄      ∨∨



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   中には人類に討ち取られるドラゴンが出るなど、戦いは膠着状態になったが――


325 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 22:31:37 ID:uGRU0sI9



                                  ィ!   、    |ニニニニニ  j
                                     / l|    }ム    !ニニニ ニニ !
                                _ /  リ __ j ハ  |ニニ   ニニリ
                             , イ7′  ハ ムi!  }   jニ   彡ニ イ
                       __ --==彡 イ{  ノ {7 j! リ  ニニ _=ニ j
                    イニ      __>´  ゞ=イ / /ニ    ニニ   !
、                   {ニr―ア二_ ̄  _,,,z< ̄  _ア  /ニ    ニニニ!
ム                   `マ  マヾ_≧=≧ュ、> ´ ̄   /ニ    ニニニリ      意外とあいつら強いな……
ニム                 __≧ュイ彡'マ   芯ュ、 ヽ.      /ニ    ニニニ/
ニム                  >=ュ--ァ, ィ<アz rvァ≠jマj    /ニニ   ニニニ′
ニニム                 /イ三三j,イミ、 Yvァ r'^⌒´′  イニニニ ニニニ/         せや! あれだけ数が多けりゃ
ニニニム                レイ三ニイ ≧ュ、  ヾjィz_,    イニニニニニニ r′
ニニニニ、              リア/ニ≧= r ´ ̄`ヽ マ7   ムニニニニ/ア /           現状に不満覚えてるやつもあるやろ!
 ニニニニヽ      __   j/ァ彡ィ<  ム     Y「{   ムニニニ=7 /
  ニニニニミュ、  ィア´   ⌒マ{7/ァ=三\    マハ /ニニニ= //     __      そいつら利用して仲間割れさせたろ!
   ニニニニニ>イアュ.-=ュ、  イァ{_/ニ/三三 ヽ.   ヾ{ ニニ=  イ  _ -=ニ=
  ニニニニニイ7/ _メ ̄⌒`  リ人/ニイ三三 ≧ニ=―― --=ニ三         ィ
ニニニニニニ {/乍  j  ヽjヽ   ]N'彡´ィ三三>´::::;ィ´ ̄ミヽ三=―.....___  ィ  /
ニニニニニニ !//j _ レ=' イュ、__ム、:::ヾニ リ7´::_:;ィ´三     7ム
マ`ニニニニニ !// 彡>-′三 リ !ト、::::__フ::r'´           /ニ ム
ム        マ リイ、 `ヾ三 /   !三 ̄        z≦  リニ7 ム
ニ。        マ ア 7   7   ,イ三三      彡イ ̄ /ニニ{ r-ム  ,,ィ=ュ、
ニニ、       }7/ 人  / , 个三三ニ=  z      /ニニ彡⌒ヾレ7j/r⌒マ}          敗北者のみなさーん!
ニニム       |/Oj彡ト、イ イ X{彡⌒≧ュz--_ }ア   j/ニニ{    }7 {-(≧ーリ、
ニニニ\      ! j/≦ Y三ソ´ ヾ 、 _ア=、  ̄  そミVニイ ̄ 三ソハ!リ  ̄ ´ Y}         早めに寝返れば支配者の地位と
ニニニニム    リ/⌒jイハム   >'`   ト.    Y//⌒ヾミ=>≠ュ {ー‐ァ  j/
ニニニニニム   {/ム |  _>' ´       マ ≧=rァイ {   7´ ̄イハ 八〕 ̄   ´          好きなやつへの復讐権プレゼントするよ~!
ニニニニニニュ、  ヾム マT!           ヾ  ̄`ーヾ、_/>ュ _ソイニj!
ニニニニニニニ≧ュ、  マ_j                  Y´ ̄`マ>ァ´
ニニニニニニニニニ≧、               ム   ニミヽ   リ/
ニニニニニニニニニニニ、              ハ   ム≧マ j/
ニニニニニニニニニニニニュ、              =ュ ム__)/
ニニニニニニニニニニニニニ>、



                                 r―==二 ̄`ヽ
                                  >‐-_'´ u V:::::|
          r―-―== 、               , ' r-- 、   }:::::|
          アー-'^⌒}:::::!                (  '    }  「r、:::|
         /    u  〉:::|                > i}  リ  |ヒ}}: |
         ヽ ==ヘ  /-、::!    _  __       / ー-u'   |ン::: |
 _ rァ__   / i   }} |ヒ}!::|   > ^´  ヽ    ∠__r=_`-イ丁ヽ.|ヽ:::::|       お、おれたちが……支配者……?
>::::^':::::::::'. /  =u彡  |ン::::|   イ/⌒く  |   、---ヾエヱ二」 ! \|r
そ:/ヽ:::::_::! `1工エエハ ./\:: 「`ヽ  .> i う ヒ}l    <r 、V^ー ´`ー '_| //
 ハ。=Y{.)|   _}-r‐://   ヽ\リ <_r-┬!ト、|_  ∠≦リ::}  , イ //.....
  <.`_^、/く:|  Lー-イ/  //:.:.:.\  f=' j | ヽー-<j /イ   \//..........
  〉-- / /\ (_,イ /:.:./:.: |`Y´|\イ-、 l |   /`ヽ#\  /...................
  ヽ__//   \    ( \:.:.:.| | |:.::__| | K´   l   \#Y=―- 、.........
\   }-― 、  \r──  `'┴┴r!(___  _ア´ ̄`ヽ{     }/.................ヽ....
:.:.:.\/    }    }`ー―― 、  、‐':.:.:.:.:.}   , <`ヽ '._/   /............................
:.:.:.:.:.:V  __/    :.Y´ ̄ ̄ ̄   >:.:/:./   /\   } } ◯./..◯...................../
:.:.:.:.:.:.:Vノ.   ̄`Y:.:.| ( ̄ ̄ ̄ ̄:.:/:.:/  .|:.:.:.:.> / /  .}............................/
:.:.:.:.:.:.:.:.', \. ヽ_人.人   ̄ ̄ ̄ ̄):.:(__,.ィ__j:.:/(__/  ,イ.............../....../
:.:.:.:.:.:.:.:.:.'. ヽ_VL イ:.:.:.:.: ̄「 ̄「 ̄:.:.:.ヽ:.:.:.:.:./  |:.\/ j--―..´........../
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V"´   ヽー--}ヽ \:.:.:.:.:.:.\/    j:.:.:.:\/........................./



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ある程度戦ったところで連携が人類の力の源と悟ったドラゴンたちが
  現状の不満を抱いている層に力を貸すことで仲間割れを誘ったあたりから潮目が変わり始める。


326 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 22:35:23 ID:uGRU0sI9



                               r───‐┐
                               | r─‐ァ ./
                               └┘ / ./
.                  \               く/
                    __\             _
                  /__|//\_ /二ゝ        | |
                   { ./7!  | t┴┴x      | |
     r---t-、_/       .j!__.ノ、. ¨7  .,イ l.       | |
       ̄¨'レ(__/_)_      .| .|ヽ ヽ |---||_|、       | |
.       /__ r'=v }.  _   ./ / |_/ .|_/l .|  \    | |
       >レ'  ̄`<  |l _{_/. .|_l  .{_| l_,|   \   | |
      / ,ヽ_l.   !}   |レ,、{_! ̄ヽ ○-、 ..l_,|. |l.   ─‐| |=rュ‐--.。/¨l
.     /、_|i. |   |゙  .l_l  |`ーt'!. /、.  ヽ   .||.     |_|  ̄|_./. `¨^ヽ
    r‐'' /└tt|-tt┤   ./l_|_|/|__.X/.ヽ .||_          ./、__∠.}
     ̄   |_l|_l'/./. -=={=≠=|{ノ / ∧ |._rt!| ○- '' ̄)  / ,、. ヽ Ll
          `ー”     'ー’| |  _ゝ_{.x(二).V ./´  .x彡-、/ / 》、》
.      _   |l           |-.| `~~,イ__/  / {_,彡'.    X  ヽ/
     / \ |l. /   ______.`ー’   `" |  /     /  z○─-v'7
.    升=≦ X __ l  ____  |        .〈二フ___ (二)  |. \__ト//
.   / ヽ__.〉-t{__}_.|__|   | |         |_|''/ r'',イl{ # \ヽ___|t‐ '
   /、\ハ V /   .}    / /.       , -xニニ-''´/ヽ # ∧!┬┤
.  | ヽ ヾ¨.コ___r'    く/    ._/   ヽ-- '’ └t''´ .∧ハ ',
.  /  |  レ  ,  |      _     ./ {-x _/       ヽ  .| ヽj
 〈_/ヽ/ /ヽ .ヽ    | |.    ヽ{○`! |          \_|
  ヽj  _,| .l   \ ヽ.  | |.        /ノ
.       `~~   `ー'’  .| |
                  | |
                  | |
                  | |
                  | |
                  |_|



                            // \(          }/
                          __  {    \.         /
                              :::: \\     \\    ∥:::
                         .:___\\_人_) \_〉{{ \:::
                       .:/ ̄ ̄ ̄ ̄\               \____/
                        __/        __)    ノ ) フ フ     厂 ̄ ̄
                     /             >     { ( ( (/)    {::::
                                 .:::/    く⌒\___  (     \
                                 .:::/⌒)     \   ヽ      { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      _____/    〉   { >   ノ    \\
                       ̄ ̄ ̄ ̄       /                 \\
                               /⌒           / \\ \\
         /::       ___            //⌒|/⌒\.    /::  | |::
      _/          ⌒>―\ \____     //  {二二二∨⌒/::     | |::
      {/           /     >―   \ /  /二二二二  {::      \\
               /  /   //    \  \  /ニニニニ /  l |        \\
.            --=ニ/ /  / /    }  \  \ {ニニニニ/    |::        \\
             /    /   /  / /ノ   \  ∨ニニニニ}   ||::
            / / /   /   /  / / \   \   /ニニニニ}   ||::
.              / /    _    / _// ̄V|  \/ニニニニニ}   ||::
             / /{ |   / \ / }/ ィf灯うミ/   |ニニニニ-/   \
.            //い |/ / ィ灯う     乂ソ ,厂  ノニニニニ/       \   何を仲間割れしてるんだ!
           {   V ノ -く(,,, Vソ 、    /  /ニニニニ/     /:
             _/  ノ  \_    ― 、⌒ア: :|二ニニニ/    /:       人類の存亡がかかってるんだぞ!
.             ⌒ア⌒|| Λ⌒ {'⌒: :: :}  /: :ノニニニ-/    /{:
                  //|人{ 人     : : ノ/: :/ニニニニΛ    \
            /: ://:ノ : )_ノ> __/ : : / /二二二/ : }
            /.: :./: : //{┼┼┼┼‐|: : : |./ニニニニ}: :./
       ___ /: : : /: : : :/爻/{┼┼┼┼‐|: : : |ニニニニニ]:./
.     ⌒>/.:. :. .:./: : : :/ / \ー┼┼┼.人.: .:∨ニニニ∨/
 ー=ニ: : : : : : : : : |: : : / {/]从ΧΧΧΧ{Λ: : ∨ニニニ}
   /⌒}.: : : : :. :.|: : Λ /ニニ/ 从ΧΧ从从〉: : ∨二二}
      ノ/⌒)/|:../: /{ニニ〈:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{ニニ/: : : :.}二二ノ
           ∨ /二二ニΛ:i:i:i:i:i:i:i/ニニ/: : : /ニニ/
                ∨二ニニニΛ:i:i:i:i/ニニ/: ::/ニニ/〈
 ( \         __/ニニ/ニニニ∨i/ニニ/ /ニニニニニ}
/ ⌒\        /ニニ二〈ニニニニ〈ニニ{:/ニニニニニ/〉
/ ⌒\)x     〈ニニニ ΛニニニノΛ二二二ニニニニ/ {
/⌒\)爻   /ニニニニニ{ニニニ/i:i:i:i:\ニニニニニニニ}
_ ⌒-{爻ニニニニニニニΛ二 /i:i:i:i:i:i:i:i:\ニニニニ/二\
爻メ爻メ爻ニニニニニニニ//二 /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\二二Λニニニ\
爻爻爻<ニニニニニニニ//二 /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\ニニニニニニ\



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   この結果、戦争の主体はドラゴンの支配から脱却したい人類と
  現状の体制を破壊してドラゴンの元で新たな支配者になりたい人類との戦いに移り始める。

  もちろんドラゴンは後者に味方して前者を攻撃し続けるため、戦況は一気にドラゴン有利に。


327 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 22:43:05 ID:uGRU0sI9


【Q:ところでこの戦争に勝ったら敗北した人類とか今の自分たちの僕になってる人たちどうするんですか?】


                       ,    ,
                     /j    |{
                     / /    |l!
                 イ   / ィ=ヽ. |ハ
              z ´ /  ノ {トい′! ヽ
             ィ7ー≠ァ´   マ_ソ   !ヒ  \
           イ//> ´         ヾァ_ ヽ.
          リ///              \/7イハ
           !//イ                ∨/∧   え? 自分たちのために同族裏切るようなやつとか
            {//∧                   Y//ハ
          マ/ >.                   j///リ   この期に及んで結束して抵抗してくるやつとか
           ∨´ />ュ、            イ////
            \} 〔 三≧´7 ア=ュー=<T´ァ/ ノ    どっちも機会があったらなにしてくるかわからんやん。
           `マ≧=<ヒュ}ァイぅ <{ 彡{ } >'
             `マyトュvィ!lィy、´二≧=ュ<_
                Y`ヾ r, ア^´r=-‐´ ̄
                   j|ミ}  ムニリ
                ムニ{  イニニ ,              そんなもん生かしておく理由とかある?(素
               ムニニ´ニニ /
             /ニ/⌒7⌒ミニ{               滅ぼして新しい生産ユニット作る一択でしょ。
            /ニイ ̄ア ̄`ヾハ
           イニ了´ ̄ア  ̄`ミソニム
        /::/ニ// ィ /、_ `ヽ人ヾ/::\
       /:::::/ 7/´ ノ、  >、リニ/::::::::ハヽ.


328 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 22:44:06 ID:dxDODRib
知ってた。


330 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 22:49:26 ID:uGRU0sI9



                                     _/ ̄\ ___
               -‐――‐- ミ             / ̄  `\  \/⌒\\
        //⌒\ /⌒`丶、   ヽ、      //     / \  \    \\
.     // ⌒>       \   \    |  {___ノ  / \ \
.    // /   /      \   \   `丶、 \乂   __/       |
    /  /   |    |      \   __ノ  >-   ̄     _     |  |  ノ
   j   /     |    |       \   \ ⌒ー--‐‐ノ   / / \  |  |
   {  |        |   \   /          /    /  /⌒\ \ | ノ
     |||           \/ _ノ`ト‐--‐ (\   |  |    \_ノ'′
     |Λ|     /     | 」ノ/云う {\  {\ \\  \ _
     |  |     /Λ八 |  | j/乂ツ j/ }ヽ\ \ }  |(\::::>‐:)::⌒X、
         | Λ   ⌒抖zミN 八     ノノ「 | {  \ \ | ヽ \ ⌒乂::Y:)、     ――ってなることくらい容易に想像つくだろう!
       / ノ|  ー癶 Vツ|/::      八 \\_ノ /ノ}/ /    乂::Y:)
.       /  | \   \ u  ` _ シ′/ ノ:\  // √V   /   (:Y:)     なんでいまさらドラゴンに与するんだあいつら!?
.           ノ ノ `トミ个   __ /У:::/ }\////   /::::/   (:Y:ノ
\  ___ / |Λ|ノノ /\ {   /:::/  / ノV // 〉 ::::::::{  /(::Yノ
::::/:/:::::>~ミ--彡 /\ (C>''´::::/   / / } /ニУ〉 {::::::::乂_ r::ン
/:::/:::::/―:::::彡  o゚ / /´ ̄::::::::::/ __/{ { /ニニニニニ} 人:::::::::::::::::::ノ
:::/:/ ̄ ̄ ̄  o゚  ///´ 「 ̄::: ̄_::::::{ \ニニ二二二}   >‐ ''"´ ____
::{/       o゜ /// _//ニ/ニニニ人  \ニニニ/  / / /
.人.     |⌒L /::/:/"´ /二{ニ{ニニニニニ\  \__//_/
  \   |__){:::/ {    {ニニ{ニ{ニニニ>''´::::::\ __ _/\ ′
'"´⌒ ̄/      {八 {     \\ニ>''´::::::::::::::::::: { / /|-=-=-=-x ー―----
     /         \ー--‐<] ̄ニニ\:::::::::::::::::::::人 / /|:::::::::::::::::::::::㍉
   /     _          ]jニニニニ}\:::::::::::::::::::::\∠ ノ::::::::::::::::::::::::::::::\
  Λ__/   ̄\.     ]jニニニニ⌒⌒Ζ_彡へ:::::::::::::::::::::::::::::::N⌒::::::∨\
    \.         \     フニニニ{:ニ\_     ⌒Zノヘ::::::::::ノニ\::::::::∨ \
     \         \/ニニニニ{:ニニニニΥニニ=-- __ __ --ニニニニノ}:::::::::}.    \
  {      \      /ニニニニニニ/:::::\二 { {ニニニニニ|ニニニYニニニ>'´∨ヘ√      \
.  \           /ニニニニニニニ/:::::::::::::::::: >=ニニニニ|ニニニノ- ''"::::::::::::::::::::√
    \      /ニニニニ/ニニニ{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i[::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::√
        \  /ニニニ‐<ニニ二/::>‐…‐=ミ::::::::\:::i[::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::/
.         /ニ‐ ''"     ̄ {/:::::::::::::::::::::::::\::::::::)ー=<__::::::::/::://
___>''´            / /⌒)::::::::::::::::ヽ::/  \::::::::::::::::\/:::/
                    /   /:::::::::::::::://      ̄\: ̄::::::::/



                        ,. --――-- 、
                     「\!´ヽ ̄ `     `ヽ、
                 ,.. '´| ヽヾヽ、ハ      ヽ   ハ
                 \ l ∨ ̄ ! } !  i  l    !
                    ヽ ヽヽ;:;:;:;|イ/  ,!  !    ,|
                  / !  l`r_‐!/ヽ,/|∧/|  / |
                    //!、 !'!i,ハ   ,ィ ' rlゝ/l !    「自分が生きてる間に戦争は終わるまい」と高をくくってるか
                     ´ / i\ ゞ' ,   ゞ-/イ/ |
                     / ,.| _」ヽ、 、    ,ィ'>、_ 、ヽ    「自分だけは大丈夫」と勝手に思い込んでるか
                  ´´,ゝ'、`ー` -‐ '´:::::::::|/!、|ヽゝ
                    <:::::::::;`ー-------‐'_,ノ` ー-、   「そうなってもいいから今の体制に復讐したい」と考えてるか
                  /  `'‐- .__ ニ== '__,.. --―'ヾ
                    l  ,..     ヾニ='´       }   そもそもそこまで深く考えてないか色々あると思いますよ。
                   l∠       /_|      ヽ   l
                   /:;:;:;:`ヽ、   {     ,. -- .._ }   l:;\
                /'、;:;:;:;:;:;:;:`ヽ/'._,. '´:;:;:;:;:;:;:;:;/   l;:;:;:;:\
               /;:;:;:;:ヽ .__ ,..∠ニヽ、__;:;:;:;:;:;∠   /、;:;:;:;:;:;\
              /;:; ,.-'‐''´:::::::::|____| ̄ ̄   ̄´   /  \;:;:;:;:;:;:;\
             /;:;:;:;/::/:i:::::::::::::__|____!________,/    \;:;:;:;:;:;:;\
            /;:;:;:;:;:;:し〈''{-!_r''ー------|____{:::::::::::::ヽ.ゝ       \;:;:;:;:;:;:
          ,:':;:;:;:;:;:;:;:;:;/`´¨ /     '     ヽ、::::::、ハ,_!       ヽ;:;:;:;:;
       /;:;:;:;:;:;:;:;:;/ /  ̄∧          >、ヽヽ}        ';:;:;:;:
     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ /--、/、::::\       ,. ‐'::::::::,ゞ__\       l;:;:;:
    /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/  /--'/  \:::::`ヽ、,. ‐''´::::,r‐‐< ハ::::::`}       |;:;:;
   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/  l7:::::/___,.. >..、::::`ヽ< { {__  !__!,..、::|        |;:;:
   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/     !|ニ!-‐ ''´::::_,..∠._`ニ- 、::`ヽ{{ | /ヽ__〉         !;:;
  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/    └-! ||‐ '' ´   iゝ-、''´ `ヽ、;ヽ,.ゝ |:::|         |;:;
  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/      |/||\     |   `|    /´ _/:;:;!          |;:;
 /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/         !/oヽ `ヽ、  !   l   / /! |!:::|         /;:;



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   こうして、戦争は人類とドラゴンとの生存をかけた絶滅戦争の様相を呈し始めたころ――


331 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 22:53:50 ID:uGRU0sI9



           ∧ \
          /  ',  \
         ┴―┴‐‐:、|
       /  肉     \
      / /⌒ヽ人/ ̄ヽ  ヽ   パーサーナックス殿! しばらく放置プレイしている間に
     l /  ・ノ l   ・ }.   |.
     | ゝ_{  n`:‐/ ̄`ヽ |_)  管理してる星が絶滅戦争状態になっとるんじゃが
     |/ 二二二二/⌒ヽ. Vヽ
     |  |―^――^ ̄ ̄ |  |    あれ本当に大丈夫なんか!?
     |  |__, ---、__ノ  |
     \ __, ---、__ ノ ̄
        | ゝ二二二ノ
        |



                        ___
                     ´⌒     ⌒`           ___      _
                   /            \    \_  -= ⌒ }   {=-イ /
               __    /        \ \-イ -‐   }  ./  /} .//
            {二二/: : /: : . .  . . . . : :}: : :‘,: .\  }  ./ ./=---  ´
            {::{:` /: : : : : !: : : : : : :  }   ‘,: . Y 7 / /
                Vヘ/.: : : : : :|: :    l  }  }       V /イ‘,    _
               ∨: : : N |     l /__ λ   ∨=- - --イ/
                 .: : :          /}/  }/ : ..| :   }  / /    ――あ。
                  : :  T  ̄\   / 孑ううぅk  {  | } ./_. イ
              {:|   |孑うぅk 、N/  Vrリ    {  | }/⌒ 八
.                |   } Vリ                    |    .∧      ……お、教えてもらって感謝する!
               八   ‘,    ′           / ./  |  ‘, .∧
              i{  \ 八             ///  |.  ‘,  ‘,     ちょっと行ってくるわ!
            八     \   c っ     // /  ..|.    ‘,  ‘,
             ⌒   ‘,   `        イ  .{    .|: ‘, ‘,  ‘,
.                λ ‘, }: :|: :≧=≦|     { |  人}::.. ‘, ‘,
                  / ‘,   ⅵ: |: : |::r== v= " ̄{∧)/ _ -=  ̄⌒\   \
              /   ‘, } .l:_:|:_:_{::|  .}       /        \. \ \
.              /      } .}  -= ノ  /_ -= ./    _  -= ⌒   (   ‘, \
             /  /  ノ}  } \< ` _ =- ´ -= ⌒         \ ‘,
.              / ./(.} / .} 、                       }   :.   ‘,
           /./ ./ .// .ノ          _ =-----------<   :   :.   :
.       /./ ./-=/  /}-=    _ =- }                \ /   :   :
      -=/ ./ ..)/{  /  } ./⌒ ̄⌒ {  .} 、              }/     :   }
           //   ノ -=( /}/ \ / -== .V .ヘ  \              }.      |    }
.     /  //   {   / }./ \../=-  ¨ V .ヘ   \   \     .}‘,    |
.      /  /   /‘,/  ∧   /  /⌒ V .ヘ    \   ` =- ._   ‘,   .|
     {   / { ./   {⌒Y   V./ /       V .ヘ      ` =--      ‘,..ノ


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          星づくりしていたパーサーナックスが現状に気付いた。


332 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 22:55:24 ID:zXGEAZxq
優しいキン肉マンさん!


335 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 22:57:30 ID:uGRU0sI9



‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐


                  .,,.;:;:∧∧
                  ;::;;,;::(:;,.;:;゚')    /:),/;)
   ━━━━━━(((<> ;:;:;::;;:;::-、;:つ  ~‐-、;/            ;:;:.,;:;:,;:;:,.;:;:;:,.::;λ
    彡  彡          ;:;: ;:;:8;:;: ;:,.,.,.,.,.. ;;:            ;:;:.,;:;:,;(゚ζ:;:,.;:;:;:.,;:;:,;:;:,.;:
    ∧∧      ∧∧       ∞:∞;∞:;;:;      ∧∧     :;:,;:;:,.;:;:;:.,λ;:
  ('(T0Til)')    (゚ぺ*)                  (。 。#)、    :.,;:;:,;:;:,,.;@つ;:
   ヽ   ノ     ( つO[ニニフ            ∧と   ヽ   ;:,;:;:;:U
   と_ ,,)~     | (,,つ              /´ (iliT0∠二]O  :;;:;:;
      ヽ,) =3   し´   /           と,,) U´U し'`J   ;:
                ∧l∧  ∧∧                         ∧∧  ビャア゙ァ゙゙ァウマヒァィ゙ィィ゙
               (:;:;:i|;:) (゚ー゚*)       ━━━━━━(((<>   oζ゚;;p゚)
             ━(;:つi;:O ( つO[ニニフ               ピチョ (;::つo  _ ペチャペチャ
             ~(;:;:;:|i;:l  ヽ  つ ;:;:;                   。 と;:;:);:) (_i.,o,。
               (;:/ J;:;:,..  ヽ,,) ,.;::" ━━(((<>


‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐



                                       , イ
                _  ____ >'  ̄ ̄ ̄ヽ- 、_ ,.. ィ  リ
             ィーュ、> '  ´    /⌒ー_、' ̄ ̄ `iー'´   /
         _/::::::{/        ̄ ヽノ´   i!     ,}_..>‐ '   ,
         r'::::ヽ,イ ./  , -‐ <    \   i|   /ヽ     _/l
         l:::::::/ /        、 丶    丶  レ≦z‐―vー‐<   /
         {::::/ /     、   ヽ   ヽ     〈   ヽ   }    }/
       У ,!      ト.  !\   マ    V  i}  ,j   _.乂
       ′Y !      |マ ト、 |\ V     V /,斗ャヤi{
          l l! { /{    | }.斗チ斥 ァ、V    v'_{_  i!  ト
       | |l Y |    { ,イγ ヽ ソ   V     il / | i!ム       ヽ      ――なんかオートで放置している間に
       | ト.l i| ム /{   、._乂゜彡    V    ゙,〈  i|  i| _乂__ ノ}
       | |iム Y ム:! { iト乂 ´      !  i!  V  i!    ∧__..>'       人類がよくわからん位強力になってる!?
       | :从ハ '  l{ lト、{ `\       从 ! l 乂 i|     .∧
       l/ l人l ` ! ゝ、`   _ - 、   /i| .八 ト--`、       \          これ下手したらまた大絶滅起きるじゃないか!?
       .ノ ノ_ )ヽ      \ v⌒^」   〈|lリ /  )'.。s≦⌒ヽ- 、   丶
        ._/ マヾ Y     l}__  ̄  .イ _ノ'ノ´/´  _    ∨     ` <
        rv}ヽ  \:l|      ノ、 ヽ‐くr'´,斗'´   ノ´   `    ∨        <    え、ええっと……?
        | lj    「\   /く::}\i} /.V     /        _  ∨      \    <
        |.八   }  ー┬―ソ (_ん'_.∠ .イ     .イ´    ヽ ∨       \    <
        l  i}イ  .′   /    ノ ー≦´    /           Y ∨           、     丶
      ,   .! _        メ{j'/、        ..イ             li }   、
      }v   / / .≧s。...__ /  .)、 ー≦  У /           |i .ハ  ∧         丶     ∨
      l′  iレ       ん、/_,>――.イ /、             l/ l   ∧           、    ∨
      }    }′    ./  イ/  //   ./、Y{ \            从 !     |、         :
    ′  /      !/ i}  r'.ノ   '- 、 i|    、        /( .八   | ∨
   /          /  ハ .ノ/ _..ノ{   {    ヽ       / l   ヽ   | }        ト   l
  .イ            '   j .〉┴<.   Yヽ i|      丶    ,イ  乂    | l          i| ヽ
  ′    ,.ィ      .′  レ        .|  ヽ、      ,ー '八    \   ! !              }/
 l!  ,ィ  r' 〈   .ト ノ   ′        ゝ _」、    λ        {⌒ヽ           ′ ノ
 l! j { / /   ,.} ヽ ∨ {           ∧_  Y   / ′   .、   \   ′       /
  、| Y{  { / i!   V _ 乂           .人 リ\         ∧  \-ヽ .//l     /
  ∧ ム Y 乂___{   |(__≧s。.、___r―く { >-{ ヽ  丶.   ム  .∧/ ノ'   |
  { } .ム ゝ、      ヽ_>   ヽ    \  ≧s。.. l  iト   ヽ.  ム   ム     l   /
  乂\ 乂 `        廴_     ー-ュ_       l / ヽ  |\  l\ l     /
   ー=≦.._          ! `  _r'¨¨¨´ ̄       ∨   |\{  丶{  ヽ!   /    ′
       {`¨`-、 __ ノ   ( / ̄`                  |  ヽ、  `      /  /
        ≧-ー-、_.>―)                乂             / /
         )_人_ ノ、 }ー}              >           /´
            \  }/::∨           >
             \_∨___ ..>


337 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 23:02:20 ID:uGRU0sI9



                                               ト
                                         イ }
                                      ノ{/\/
                 _.ノ⌒ヽ                   ∠ ̄`_{/
              __r┘ ヽ _/   ,   - - ― - <    (  /⌒> 、
             /ヽ_ >,/ ,、 ''~      ̄`ー<  丶   ̄`Y´   ヽ
            /_ ,イ/.// /     ヽ  、 ` 、 \    }― - -.ム
            ./__  Y( / ./  ,'   /      丶 ヽ  ∨ _ ヽ_ ノ、_ __ ノ.〉
           〈、___..斗--У /              }   ∨  ∨ /ヽ、    ,.イУ
            \\ // ,'   l   l        ト  、∨  ∨   _斗 '゜/
             ヽ{ヽ/ / , /λ   l    l  iハ l  ',   マ≦ _/≠ _ ノ}
            r冬Y l! l| | ハ   |     ' / ', }  ,   |ァ-イ-<ヽ__./
            |\ | l|  | ∧{ _∨    -ハ/--}ハ  il   K´ヽ__ヽイ/
              八 | l| l| .斗ゼ  ∨l|  ./ ___ ' ヽ i|  i|/¨7 _ノ-'´
               \| ∧ l ト{,斗≦、ヽト. /´斗七 ミ` }/  il| ./イ{     ……根本的にはドラゴンと人類が
                 | /∧ ィて:::rリ ' ∨  v::::r リ )/    レ´  |
                ! /∧乂´¨¨       ´¨¨ ´.イ    .イ i| l      それぞれ星の支配権を争ってるのが問題か……。
                 ト   ヾ :::..    ,     .::::. 厶ィ   l| l | l
                 | '  .込、         J .イ   ' .′  . ∨
                 | ハ   i| }iッ。.  t_ぅ    .イii川 l! .′| | ∨
                 |  i|  ii| 从rrr≧ - ≦r┬fユ! l { {ii| i!  ト  ∨
                 }  i|  ii| | ハ`ーヽr二r'¨´ 八 i{ { lii|_i!_|_   ∨     よし、さっきできたばかりの星もあるし
               ,'  ii!   ii| | i}   }i!}      ノヽト. ト|´    i! 、 丶
                 /  iii|   川ト爪  i}l!}    / ノ' }/       iト、     \   どっちか希望者を移住させるか。
               ′ィf「八 .' 人ゞ、、i}l!}  ///.ノ'   /   く_ 丶
            ' r'  ./   / .イ/ 丶\_}l!} '  /     .イ     __  Y  、 丶
             l|  /   /ノ'、   >┴‐<  _..。s≦´  . 。s≦    `〈     ∨
           /  }、/  ./   ≧s。.. _ 二ニ´=-       _....-- 、  〉      ∨
             ,' // ./ー、_            _ .. ィ~ ̄        ヽ/i|  l
           .′/l! ! { l   }≧s。.. __    .ィ´ i|  八         i| i|       l    「星に住む者よ、わが声が聞こえるか――」
        ,  / | }ハ {  ノ ji } \__..>'゜i{ _ i|、丶 \_        ! i!   |   l
         /  ハ.!  `\   ji λ  {{    _|/Ⅵ ヽ \ 丶     ' !   |   |
         ′/    }/    .イ_/ \ i{{ . イ´ マ ._{ l    、 \    ′|
      /   !    } / ./ ノ }     Y´     Y i{ \__       \ i| i!   |    |
     ,   i|    /./ ./  ,'_./    i|        l i}    \  \  `〈 i|
        ii|   .У/    j_/    il         Y^ヽ    ヽ    〈 i|  |
        |   「/     / {      il       マ _}  _ }ヽ}\.  /ヾヽi|  |   |
     |    i| /Y/Y/Y_ノ'      i|        ヽ. ヽl∧| ∧ \{i   ∧  i|   |
     |    i|/  /  /  /./、___.>'⌒ <_    人 ∧∧ ∧、 丶  .∧ ′
     |i!  /  /  /  / / V     i|      ̄ ̄{  ∨iト..ト、 ∧\. `ト、 !/    川
     .从 /  /  /  /∨   }      |          i|  ヽ{ ` \{  \{ ヽ{     ′



               _ -―- ミ、 -‐…‐  、
           -‐=ニ  ̄``ヽ  -―<     \
         /   /  ̄ ̄\   \   \    \
              /  /   /    \   \    `、
          /   /    /               `、
          /   /    /   |           \ `、
           |/  /        |  |         \   \`、
         /  /           | | |         \  \
.        //     |    |   |  | |          ヽ   \
       // j |   | | |    ノ Λ |\     \     \ー--\    ――こ、この声はまさか全知全能なる神!?
.       /   ! |  |  | / | ~ ̄| 斗=ミx,__   |\  { \
       j   | |  ̄~´|/ | / イ ノrハ ノ     |  \ 乂_  \,_
       {   | / _,x示ぅk、| /   乂シ ''/ 八   |   ` ー<⌒
           / |⌒癶乂jリ j/   ///  //ヘ \.| \ \{⌒
.          ノ  | /八 \  j       し  |: Λ |\ \__ ミー
          l/  | : 八  `    _    l: :| 乂ニ/´ ̄` 丶- 、
          ノ  |:..:|ノ个ト. . ´    / l: :|.ノニア        \\
.               |: :| ノ/ヽ):::ト イ   l: :|Vニ/             \\
                 |: :|  /ニニニ{:::::{   l: :|/,゙              V: \
                |: :| .:ニニニニ八:::::.  l: :| ,゙             ノ::}: :
               l: :| jニニニニニ\:\|: :| ;            /:::/Λ:
               |:.:| {ニニニニニニニ.j : |::::|         /  /:::/ニΛ       「いや別に全知でも全能でも神でもないが……」>パ
               l:.:|::{ニニニニニニニ/: :.|ニ|         j/ /:::/ニニニ
               |: |::}ニニニニニニ/: : jニ「i:、       ノ_ノ::::/ニニニ
              |: | ニニニニヘ{ニニ : : :|ニ{:::::\____,.xへイ:ノニニニニ
            /|: |ニニニニニ∨ニ゙ : : |ニ{``<::::::::::::::>''ニノニニニニニ
         _彡: : |: |ニニニニニニ,゙ : : :|ニ「ニニニニニニニ/ニニニニニ
     /´ ̄: : : :/:|: |ニニニニニニノ|: : : :.|ニjニニニニニニニ/ニニニニニ
    /: : : : : : :/   |:.|ニニニニニニ{ |: : : :.|ニ!ニニニニニニ{ニニニニニニ
  /: : : : : : /   八|ニニニ∨ニニ{ |: : |:.:|/ニニニニニニニノニニニニニ
. //: : : : :/      // |ニニニニ∨ニノ |: : :|: |ニニニニニニ/}ニニニニニニ
../  /: : : :/    / |: |ニニニニ∨ 八: : | |ニニニニニニニ/ニニニニニニ
{   { : : : {       |: |ニニニニニ〉  \:/ニニニニ/ニニ/ニニニニニニニ


338 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:05:08 ID:o7lgylaq
実際この星の悲鳴を聞き漏らしてたしな!w

339 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:09:00 ID:kuNSwVww
ちょっとうっかりしてるだけだぞ(強弁)


341 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 23:11:43 ID:uGRU0sI9



                                               /〉
                                          ト、/.../
                     >--ミ        .. -‐‐‐‐‐‐- .      }//..寸L__
                 rく^\.\冫     '^~         :.~^'    ゝ.,/_,ノ   `Y
                 {:V⌒ニ=-{   ./ /   .:    ヽ     \.\   ノ___......ノ.ノ
               Vヘニ=---〕iト〈./    /       ',    寸L____../.../
               ∨\ ---=ニ.:' /   /         ',      ∨.......ィi{「......イ
                \...〕iト.,.....' .'    .:           }    V,ハi「......./イ
                   :、 \V/....′  i  {         }   i   :  Wィi「.__ノ}
                 \ニ-\_j{ { | :|_|.」L{  :    」_リ',  }i  .}  W=-冖7...ノ
                  \{\j{ : 斗f^{,八{ヘ  :   // }`メ}  .}  .}...../>''~    様子を見るにふたつの種族で
                   `トj{ .{ { {,ィzzzx. ',  /..ィzzzx、}  :  j..イ´
                        | j{  :. :《 r':::::ノ  \_(  r':::::ノ 》     }^{        一つの星の支配権を争っているようだが
                       ! :{   {八.  ̄          ̄  / /   j !
                     :,   \\     ′      /イ    .:  ,        このままだと両方とも絶滅するぞ。
                    .:   ′  `⌒    _..._     .イ     ,:   ′
                  .:    ,   ',  〕ト.    ̄    イ./    ,′   :.
                       .:    ′} }   } rく{}>‐<__j>Y'     .{     ,
                 .:   >''^} .N  } .}......``Y"´.......j{  / }i {'⌒\ ′      もしよかったら私が今さっき
                      ′ /  j ノ.:  .}く\...... |i.............{ { / }.八{    ヽ:.
                     ′ j/  /' .′ .} \.......|i......../{ {' ノ'     、 } ,      新たに作った星があるので
                 .: ./    .′  j    \.|i../  ヽ   _,,...,,_  \ ′
                 .: /   ィi〔 ′  .:    ー'^      、丶`     `ヽ }i :.     どちらかそちらに移住しないか?
                /八  /  . ′  /iト.,     .r㍉_ィi「 ',      }i .}i :,
                  / ./∧ {   .: {   ,' }'^'}≧=--j{ .} } Y   \       } /  ′   お互い争うよりマシだろう。
              /    }j   .{ {   ′.}ヘ}///f^`    |Y    丶     l[    :.
                  '    j{./ .{ {  .{  j ..}寸/|      }      \.  l[     ,
                    /  .八{\.{ノ/ヘj  V|     ,癶ト、       .l[      ′
             /    〃/  .、丶` ヽ'   i} ィ⌒>-、.ィ({ /, 〕iト .,     l[     V/




     _ --=≦三ニ=  ̄            -ニニ  `ヾ三三三ニニニ\
--=≦三三ニ=  ̄            _-≦ニニ彡´ ̄ ̄ ̄      ̄`ヾニニ\
                       ィニ >ア´ ̄               `<ニハ
                    ィニ > /           /|     イ    〕ニ}
                 ィニニ >´ :/            ノ j!      i |   `ミ_ノ
              ィニニ >´ : /          _, -ァ´ /  _   ! {
           ィニニ   >´ : :/         ..,, ィ(´ {  /   イハ.  レハ
        ィニニ   >´ : : :/       ..,,ィ7/////`ゝj__ノ   {トゥ!  ! マヽ.
     ィニニ  ニ>´   /       ,,ィ7//> ´ ̄ ̄`     ` ´  ` <ハ
   イニ   ニ> ´     /          {///>。、              ノ/ヾ/}
 イr-  ニ> ´      Y         `マ///r⌒ヽ,          ,ィ-`ヾ//
マニ  `>=z、       {           ` マ__ Y >ュ、.._   __,ィ⌒ j/
 ヾニ ム、_{_ト\      |              >=ュ{ ム≧、Tハアミヾy'´      ならばあとから出てきた向こう連中が
   ヾニ Y_八 ̄ ,-=ュ、  i!            ,,イ`ー=≧、`亡c、マ7cア'=-‐
    ゞ≠、  `イ{>⌒ヾ ハ          イア/ミ ニ ̄ヾ>=≧¨ヾイ_r'        明け渡すのが筋ではないのか!?
   イ{__ゝ_>、  リ      ヽ        /ム /ミ / ̄ ̄`ヾ、z^`Y7
   {!  ⌒ヾ キ\     : : \      _j/ //ニ Y       \ゞyソ
    マト、    トニ≧ュ 、  : : : \   イリ`Y/ニ ハ        \ム          いきなり出てきて人の味方をする気か!?
    マニミヽ  |!ヾニ ニ≧ュ 、: : : :\ 八 /{ニ  ト、        ヾ}
      マ ニl!  i! `:ーニ  ニ≧ュ: : :イ/ハ ハニ    ヾュ、
      マ ハ ム  : : `ーニ ニニ>j//∧ {ニ     `マ、            -=≦
       マハ  ム   : : : `ー ニイハ///ハ マニ      ヾ\ー― ― 彡´
        マハ  ヽ     : : : : /{/ニ|!///ハ Yニー    ニム∧: : :
         マハ   \     /7  j/////i! ニ   ヾ ̄ミヽ!ハ: : _ -=ニニ ̄
            マハ    \ _/ム  ニ|/////| ニ  ニニY   ムハ三ニ  ニニ=‐     「いや別にどちらの味方をする気もあまりないが……」>パ
           _ヾトュ、、 ´ ̄⌒  ニj/////j! ニ   ニニ|!   ム/ハニ=‐  ̄
    > ´ ̄ ̄  マニ Y`ヾ    ,,イl//////! ニ    ニ|!   }マム: : : :
   ´         マニ|! ニ\/  ノ////// ニ     ニ|!   |! マム` ヽ
´             リニjヾニ l!  /////// ニニニ   ニ|リ  |! ヾ/\ ム、
             |_ソ  Yニリ  }////// / ̄≧ュ、  ニj/  ハ  ヾ//ヽ ≧ュ、_
             レ   |/ ////´ヾ {    ≧ァ=彡   ミニ⌒j///}ヾニニ 三ニ
                   イ///ノ    マ >.. _           ハ///{   ̄ ー=ニ
                /イア´      マ    T三三  ̄ ̄ 彡 ム/∧
              _/彡//        {ト 、   `ミ、     iイ   ム//ヽ


342 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:14:13 ID:489hY1CW
自分の親と言うか単細胞からお世話になってる存在と分かってない辺り、ドラゴンも器が知れますわ。

343 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:15:53 ID:FkPJr5j2
先に失敗して責任退職した生物が何か言ってますね


345 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 23:18:49 ID:uGRU0sI9



             -‐…‐-
        -――-    <    \
     / / ̄ ̄ /     \    `、
      { /  / /                `、
      /  /          \    `、
        /     |      \    \
     |          | |    | /      \        神よ、恐れながら我ら小さき者にとって
     |/    |\_Λ   |/|Λ     \
.      ノ|      | / |  ̄    | ィ初㍉   \―       先祖代々住んでいた土地は非常に重要なのです。
        /   |  rf初う八 |Vツ ノ 八__>
       | /   /  八 乂り \{,   '''イ  \   /)/)   それを捨てろといわれはいそうですかと即答はしかねます。
..     /   Λ|\{ '''            厂\'⌒ / / /
    /_/ |:::::::人u   f     )  人  Λ  | | / ̄つ
       >―|:::Λ:::个::.. _     /}::: | Λ:::\| /} 〈
           |/ニΛ : |ニ厂≧=‐<彡j::::::|ニニ\: / ノ  |
         〈ニ\ |::::|/{      /::::/ニ/⌒{      |   お慈悲は大変ありがたいですが
         /:::{ニニ|::::|Λ      /:::://ニニニ\     ノ
`\     / : √ニj.|::::|  \_____ /::::/二二二二|(|___/ニ7  いましばらく考える時間をいただきたく。
   \  /::::::√二j |::::|      /::::/ニ|/二二 |ニニニニ/
     }__/:::::: √二j-|::::|.     /::::/二〈二二二/ニニニニノ}
    ノニ\: √二j |::::|    /::::/二二∨ニニ|ニニニニ-/
>‐く二二}ニ\ニニ{ニ.|::::|     |:::::|ニニニ|ニニニ|ニニニニ/
\ニニニノニニニ∨二.|::::|     |:::::|二二二∨ニニニニ/|
  {ニニニニニニニニニ\|::|     |:::::|二二二-∨ニニニニニ 〉
  \_ニニニ二二二|::::|     |:::::|二二二二∨二二二/




                        ___
                     ´⌒     ⌒`           ___      _
                   /            \    \_  -= ⌒ }   {=-イ /
               __    /        \ \-イ -‐   }  ./  /} .//
            {二二/: : /: : . .  . . . . : :}: : :‘,: .\  }  ./ ./=---  ´
            {::{:` /: : : : : !: : : : : : :  }   ‘,: . Y 7 / /
                Vヘ/.: : : : : :|: :    l  }  }       V /イ‘,    _
               ∨: : : N |     l /__ λ   ∨=- - --イ/
                 .: : :          /}/  }/ : ..| :   }  / /     そういうものか、確かに環境が変わると
                  : :  T  ̄\   / 孑ううぅk  {  | } ./_. イ
              {:|   |孑うぅk 、N/  Vrリ    {  | }/⌒ 八       生存できなくなる生物は多いしな。
.                |   } Vリ                    |    .∧
               八   ‘,    ′           / ./  |  ‘, .∧
              i{  \ 八             ///  |.  ‘,  ‘,
            八     \   c っ     // /  ..|.    ‘,  ‘,     うむ、では今作ってる星は移住を決めたほうが
             ⌒   ‘,   `        イ  .{    .|: ‘, ‘,  ‘,
.                λ ‘, }: :|: :≧=≦|     { |  人}::.. ‘, ‘,      できるだけ環境が合うように調整しよう。
                  / ‘,   ⅵ: |: : |::r== v= " ̄{∧)/ _ -=  ̄⌒\   \
              /   ‘, } .l:_:|:_:_{::|  .}       /        \. \ \  その間にどうするか考えておいてくれ。
.              /      } .}  -= ノ  /_ -= ./    _  -= ⌒   (   ‘, \
             /  /  ノ}  } \< ` _ =- ´ -= ⌒         \ ‘,
.              / ./(.} / .} 、                       }   :.   ‘,
           /./ ./ .// .ノ          _ =-----------<   :   :.   :
.       /./ ./-=/  /}-=    _ =- }                \ /   :   :
      -=/ ./ ..)/{  /  } ./⌒ ̄⌒ {  .} 、              }/     :   }
           //   ノ -=( /}/ \ / -== .V .ヘ  \              }.      |    }
.     /  //   {   / }./ \../=-  ¨ V .ヘ   \   \     .}‘,    |
.      /  /   /‘,/  ∧   /  /⌒ V .ヘ    \   ` =- ._   ‘,   .|
     {   / { ./   {⌒Y   V./ /       V .ヘ      ` =--      ‘,..ノ


347 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 23:23:37 ID:uGRU0sI9



                            ィ
                           / |!
                            / j|        /!
                             /  リ        j |
                        /   ′          |
                    _ /             |! |
                _ ィア´ /     /   ,,-=ュ     | |
             _.zニニ(   {    /   ムr-ム   | ヾ、
         _z≦ニニニニゝ..    _ノ     |K__.}j   |   マュ、
       イ「ニニニニニニニニ≧='´       マHソ    L _}ニヽ.
      ムニニニニ= ´ ̄              ̄    ゞニニニ ム
    /ニニニ ィ´                           ド、ニニ}
    {ニニマ ≧ュ、_                       イニニニj   ――待ってくれ。
     マニニニニr ⌒ヽ、                   イ⌒マニニ/
     ` <ニニム   ア> 、             _7⌒ヽ  } /      移住の代わりにその星をどうこうする力を
        ` <ニ{   7   /ヽ_         ィ⌒マ  } /
            ` ヾ{_   イ  rリ「>ュ、_r、_rイュ、  } /          我らに授けるというのはどうだろうか。
              イ≧rュ、 j/`ミー、ヘ\ムイ 三ミ y''´
           r-=ニ二ミ、Y`マ_≧jヽ`〒ソ( Yr'
            /≧=ュ_三`ヾュ、 汗ぅト、ヾj/,tア毛z=―
             /ハ `≧三三ミ、 7、´ ̄`ーュ_ イニィZ´             それで世界を渡り自ら開拓する。
              /ハ `ー=三三ニュ、 x⌒VWヾニlrア´
.            /ハ ヾ  > ̄ ̄ `ーマゝァ   Yリ                 そういう道もあると思うのだが。
          /ハ    イ       マ 弋ィyvソ
           /ハ   >{         マ `マ{
        ,ヘ{  ヽ  ィハ         ヾ≧ 人
        ハノヘ    イヘ         \   }
       ハ ヾ  ≧   彡`≧ュ、_      ヾリ



                                       /{ノ「
                                          f''  {
                         __            {,.ィ'Z≧、
                       >   ゜         ` <    ,.. イ _.ノリ
                    イ    /   - ― <      .> ゜ ̄ ̄  ,.イ´/
     ノー-、_     /               ` 、  ./`ー――,イ i}./
   .イー―_zr〈      '        ′           、  ゜く _,,..ィ'´ ,il  7
  〈 `r≦´   ..>、_/       ,        ヽ   マ.   ヽ、7'!  .リ V
  丶i{ `ーiト、´  .'   ./  /         、   マ    〈 リ  /v'   ,.イ
    \  i!ヽ-z-.′      .'  i|         l   !  、   ',  ノ′ _/ l}
     \{  \il   ′    i|         ト. i! ハ   .   V_,。s≦二ノ/
        `'<  l   i|   i|   !       - ‐十! オナ'ト、 l!   〈>―≠'./
         ` ┤  il    ト. 斗-        |_}'.ノ′}/トハ    .Ⅵ ./ /    できんことはないが……
      ト-z-―|   '.  ,イヽ { ヽ _      ´リ二≧=ミ、!    リ ,.イ
     ヽ {>、/i|    'v' i|  ,`ィニ\ 、 ,イ/ ,彳::::::ハ 》     iレ′l      まあ、星と運命を共にしたくないというのなら
       `'<.,仆   ∧  ',.ィ:::::ハ )'\{ ′  ,ゝ-- く l     i|   |
          `ス    ∧ィ{ 乂::::メ            } /  i|   l      それも一つの選択か。止めはせんぞ。
             ハ    ∧` ~´               ノィ     !   !
             い    、乂         ′        λl     i!  .
              i ハ   丶_`>      r    フ   .〈∨     ′  :.
              |  v     }i:.、     `      ィiiiiii/    .′   ∨
              |   ヽ      マ≧s.。. _  .. イ liiiii.′   l       V
              l    }ト      Viト、}   ̄ _ .」!iil   .   !      v
           ,     ハ     ili|  ≧srr'´   l!ii| .′   !       丶
             /  ,イ ̄`.}      iレ、    i|    .人i{ λ ...斗 ――-、   :.
          / /           }、ヽ.  i|  ./  .〉、{ .、  :.     il   :.
          ./ .r'      |      リ \   i|_./ .イ  ヽ. \ .乂__) _.人  i|
         ,  マ≦二..._ ,      '..  丶 i| /´     _...>― ´    丶 !
         /       /   .′\   ヽi}r'_  > ' ゜ ̄         ヾ、 V
       l '       ′'  .' /     ー 、__,.ィ´                   l
         〈      _./イ  //ー、               斗 ― -    \′
        ∨  .イ     |   '/   ヽ、           _...ィ´        ` 、 /
          V´      l|  l     } ≧s。.. _ >' _ l               V
            |       八  i!    .ノ^V′      ∨ .V!             |
           !         \{    /⌒/          v'^ム             il


349 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 23:26:45 ID:uGRU0sI9



                                  _
                          人,. イ/
                         /    /
                            / _,ノ {
                        {/ __≧=-__
         >--ミ    __     `Y,────;ノ
         ,rく^ \>^~         ~^/───ニ/,’
       /ニ=_/       ̄`~" 、 /──-=ニイ/
     / \,/  /     ヽ    \ ̄\ ,イ /
      {  ./   .'       ',     寸/.}/ \
     .V/           ',       ∨ /    ',  ノ}
     .:  .: {           }  :.    ∨___,、丶`...}       ――うむ、何とか絶滅までには至らなさそうだが――
     j{     {       ハ リ  ハ     ∨ \_=ニ ノ
      j{ |  .: ハ    -十トミ| | |      {イ ̄  ,/
      :{ {  |斗',-    : | |丿 `メ | } :.  }   / ',
     :{ ',  .{   \    リ      | /|     |-=ニ   /,           残留を望む人類勢力【2D100:111(82+29)】(弱いので地上にこだわりあり)
      ', :,  ', ,ィxxz',  / ,ィzzzzzx、{    |  .   /,           移住を望む人類勢力【1D100:88】
      ', \ 《 r'::::(, \(   r'::::::( 》 /! :  |  :.    /,          やらかす人類勢力【1D100:38】
        :.ハ ゞ-'      ゞ―' }/ |   !  :.    /,
         ', .圦:/:/  '      :/:/:  ,/   |   :.    /,
         ., 个       ,   .イ  :  |    :.     /,        残留を望むドラゴン【1D100:28】
           ′   ≧s。` __   イ _!   .|:.   ::.     /,        移住望むドラゴン【1D100:95】
         ,     `rく  <ハ___/:|    |--――-、    /,       世界渡りを望むドラゴン【1D100:76】
          ,′   }  / l、 |i   |   i:{      V/    /,       やらかすドラゴン【1D100:46】
         { }    } 〈 | |i   |    ハ{     __V/     /,
         У     ,’  \_ |i /| /| ノ   /丶` ̄⌒}i     /,
        /    /  `ー‐匕 |:{ レ          )h、   ,
         /    / \ _      八,(       _,,...,,_    }i     |
       {    ∧  -=≦⌒      、丶`    `ヽ /    |
       { i   /  \        、丶`         i |     |
       {ハ  /  / \__、 丶 ` ト、           |/    |
        |', {  /⌒i/      |ヘ_| ',         }i       !
       /八{  /ヘ,/ _ _      |  V \         }i       !
     /    /  ,/       \⌒V  \      }i      |


350 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:28:30 ID:FkPJr5j2
ドラゴンはイケイケだなぁ

351 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:29:08 ID:o7lgylaq
割とドラゴン勢は冒険心とか探究心強いの多いな


352 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 23:33:28 ID:uGRU0sI9


残留を望む人類勢力【2D100:111(82+29)】(弱いので地上にこだわりあり)
移住を望む人類勢力【1D100:88】
やらかす人類勢力【1D100:38】


残留を望むドラゴン【1D100:28】
移住望むドラゴン【1D100:95】
世界渡りを望むドラゴン【1D100:76】
やらかすドラゴン【1D100:46】



                       ''^~ ̄ ̄ ̄\――
                         />―   ̄ ̄       \
                         /                  \
                   /   /   /         \
                      / /   /     /          |  |
                       /   /                 |  |
                 {/      /  |       |         |
                     /      / / |       | |   |       |\    は、話をまとめようにも
                  /    _/ / /|   |Ν 人|   |         \
                    /     / |7ー- |   |ー|-‐十<|   |  l \r'⌒  移住でもいいという数も無視できなく
                /   | 笊芋=ミ| 八| 笊芋==ミ |\|   \
                 /|  | | Vツ|,/     ヒりツ }\ |    \{⌒  「できればこのままこの星で」という
                   | 八 Λ / / / / / / / //  || \  \ ̄
               _xx|/|ノ∨:八          u  人「\ \{ ̄     なんかちょっと玉虫色の回答に……。
              / 爻爻爻爻|: : :|>=¬ー⊂ニニ  ノ|: :|:ノ\}
.            /ニニ爻爻爻爻-{二二二 | ⊂ニニ<リ|: :|: |人爻x,
           {_ -= \{>=ニニニ{二二二 |  ⊂ニニ厂^|: :|リj爻爻爻 \_
       _ -=ニニニニニ{ 二二二 {二二二 |   ⊂ニノ ー|: :|爻爻爻爻ニニ}ニ}
    _ -=二二二二二二二\ニニニ>――┴< `' ┐  |: :|爻爻爻二二ノニノ
  /二二二二二二二二二二-<|: : |x:i:i\     ̄   |: :|爻爻爻二/イヘ
./二二二二二二二二二二 /爻|: : |爻:i:i:i:\___ 爻|: :|爻爻二/二二ニ}
{ 二二二二二二二二二二 /二爻|: : |爻\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:x爻 |: :|爻爻/二二二ニ}
{二二二二二二二ニニニイ二二二|: : | \ :  ̄ ̄ ̄ ̄爻爻|: :|爻二二ニ{ニニニ}
 ー―‐―‐―<二ニニニ|二ニニニ|: : |ニニ|::::::::::::::::::::::: 爻爻|::人二ニニニ{ニニニ}
.             ̄ ̄ ̄/|二ニニニ|: : |ニニ|::::::::::::::::::::::: 爻爻|: : :.\ニニニ{ニニニ}
                 /: |二ニニニ|: : |ニニ|:::::::::::::::::::::ノ爻爻\: : : :\ニ-{ニニニ}



                                               ト
                                         イ }
                                      ノ{/\/
                 _.ノ⌒ヽ                   ∠ ̄`_{/
              __r┘ ヽ _/   ,   - - ― - <    (  /⌒> 、
             /ヽ_ >,/ ,、 ''~      ̄`ー<  丶   ̄`Y´   ヽ
            /_ ,イ/.// /     ヽ  、 ` 、 \    }― - -.ム
            ./__  Y( / ./  ,'   /      丶 ヽ  ∨ _ ヽ_ ノ、_ __ ノ.〉
           〈、___..斗--У /              }   ∨  ∨ /ヽ、    ,.イУ
            \\ // ,'   l   l        ト  、∨  ∨   _斗 '゜/
             ヽ{ヽ/ / , /λ   l    l  iハ l  ',   マ≦ _/≠ _ ノ}
            r冬Y l! l| | ハ   |     ' / ', }  ,   |ァ-イ-<ヽ__./
            |\ | l|  | ∧{ _∨    -ハ/--}ハ  il   K´ヽ__ヽイ/
              八 | l| l| .斗ゼ  ∨l|  ./ ___ ' ヽ i|  i|/¨7 _ノ-'´     それは困ったな。ドラゴンの大半は移住を望み
               \| ∧ l ト{,斗≦、ヽト. /´斗七 ミ` }/  il| ./イ{
                 | /∧ ィて:::rリ ' ∨  v::::r リ )/    レ´  |        残りは世界渡りになりたがっているので
                ! /∧乂´¨¨       ´¨¨ ´.イ    .イ i| l
                 ト   ヾ :::..    ,     .::::. 厶ィ   l| l | l        その程度だとドラゴンの方を優先させるが……。
                 | '  .込、         J .イ   ' .′  . ∨
                 | ハ   i| }iッ。.  t_ぅ    .イii川 l! .′| | ∨
                 |  i|  ii| 从rrr≧ - ≦r┬fユ! l { {ii| i!  ト  ∨
                 }  i|  ii| | ハ`ーヽr二r'¨´ 八 i{ { lii|_i!_|_   ∨
               ,'  ii!   ii| | i}   }i!}      ノヽト. ト|´    i! 、 丶
                 /  iii|   川ト爪  i}l!}    / ノ' }/       iト、     \
               ′ィf「八 .' 人ゞ、、i}l!}  ///.ノ'   /   く_ 丶
            ' r'  ./   / .イ/ 丶\_}l!} '  /     .イ     __  Y  、 丶
             l|  /   /ノ'、   >┴‐<  _..。s≦´  . 。s≦    `〈     ∨
           /  }、/  ./   ≧s。.. _ 二ニ´=-       _....-- 、  〉      ∨
             ,' // ./ー、_            _ .. ィ~ ̄        ヽ/i|  l
           .′/l! ! { l   }≧s。.. __    .ィ´ i|  八         i| i|       l
        ,  / | }ハ {  ノ ji } \__..>'゜i{ _ i|、丶 \_        ! i!   |   l



             ____  _
          ''^~ ̄ ̄ >''^~     \>―
     /        /  /  /              \
    /         /   ,  /              \
.            /    //     \ \          \
         / /   /           \ \ \   \  \ __ ノ
.      / //  /               V \ \   \――  ´
       / / /   /      /   |       |       \
.      //  /   /           |        |          \_
     /     ′           | l       八|     \      ̄/
.   ,′   {/             | |     |/ ::: |      \{ _/
    {    /            |  |Λ|     |:::::::::|   |   |   <_
        / /   /     ̄「 ̄ ̄ |   |:::::::::|   |   人     /
.      /  | /     斗-‐==ミ|   |::  ノイ ノ人/}/>―<|.        /⌒     そういうことなら仕方ありません!
.     /   |/   |  ⌒アi´ 乂ヅ)|  人j:.   /  }:.Λ:: :\  |        (__/ |
           /  八  ⌒''戈 ,,,  '´|/       - .  // 八: : :.}   |      / ) | | _   我々がこちらに残ります!(早口
         /  /  \   \          f::::::::::::)// / /: : 八  ∨   / / ノ /  }
.      //:  ̄| /「\ \_>-       乂   /:/ イ /: : /--|  ノ  | / ̄ // ̄ }
       /: :/ :.| /二ノ/{Λ {: }≧-   .. ___|:/ ノ /: : /---|/|    | |  (_/ /´ ̄ }
.      //: : :/二二二二二)ノ:./从          |{  /: /ー‐‐|--|_/| |  〈 ノ  ノ ノ
___/: : : : : {-/二二二二ノ: :/ニニ\      V/: :/------\/ / /〉       (/
: : : : /: : : : : /{/二二二 /: /二二二\___ /:/----------|ニ⌒V   \_/
: :./: : : : : : : :/ニニニ/: /二二二二二 \-/:/):}ーー‐‐‐‐‐‐‐‐|二二{\___/
: : : : : : : : : /{ニニニ/: /二二二二二二二 /: :/-彡 ----------√二ニ∨ニ/            「お、おう」>パ
: : : : : : :./:..:..∨ニ/: /二二二二二二二二/: :/\------------√二二 |ニ/
:. :. : :./ ̄ ̄ /: /ニ{二二二二二二二二| : |ニニΛ----------√二二√ |
:. : /     /: /二二{二二二二二二二二| : |二二|---------/ニニニ/二|
:/.    /: / ̄ ̄ ̄乂二二二ニニニニニ| : |二二|--------/ニニニ/二-|
     /: : /   _ -二二二\二ニニニニニ|:ノ\二|------/ニニニ/\二|
      {: : :{ _ -二二二二ニニ\二二二二二二二>k---/ニニニニ}---\
     \: \二ニニニニニニニ\二二二二二二二二二二二二二 /----- \



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  こうして、ドラゴンたちは新たなる惑星、あるいは新たなる世界へと渡り、人類がこの星に残った。


353 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:37:17 ID:489hY1CW
ドラゴンがちょっと発展性見込めなかったから、他世界を同行できる力と言うのはある意味可能性を伸ばすきっかけにはなるのかもなあ(良い方向に進むとは言ってない)

354 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:38:42 ID:FkPJr5j2
結果的に退職祝いをあげて マイホームをご自由に購入してくださいという話

355 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:41:37 ID:kuNSwVww
やがて巨大で恐ろしいドラゴンは神話になっていくのか


356 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 23:43:16 ID:uGRU0sI9



.              ____  ―――
.            / ̄>―― \        \
            /       ―― 、    \
            /.               \    `、
.           / / /      l        \     `、
          / / /  |      l            `、
           /     |      l   |      \   \
.        |/ |    八l     l   l\        >―  \_    そ、それから申し訳ありません神よ。
            ||   |/ |   | l斗‐匕 \          ̄/ /
            人| .|斗匕|| | ノx劣で~刈 \  __/ ∠      神が慈悲をくださっている間に
.        ∠ ノ い 灯芥j人|   Vツっ |八  \     /
          / 人\ 人。Vッ      ;;;;::   ノイ 厂<⌒¨¨´       我らの愚かな同胞が勧告を破り
          ̄ /| >― ;;:: 、        。/八/\rく爻(:\_
             ̄|/\人   ,  ッ   //: /┼]爻爻爻爻(__     乱暴狼藉を働く者もおりまして……。
            |: : | }ノ> __-‐<ー/: /ー/爻爻(爻爻(
            |: : | {干干干干干干/: //爻爻爻爻( ̄ :|
            |: : |_{干干干干干/: : /爻爻爻(ニニ} : : :|
.            ノ : {ニ\干干干/: : :.:/爻爻(二二二Λ : : :|
.          / : /{ニニ.\ニ/(:. :. :. :.{ニニニ\ニニニ} : /       な、中には恐れ多くも神の力を得ようと
          { : :./ニニニ{:i:i:i:i:i:/\: : :|ニニニニ)ニニニ}:/{
           ∨/二二二{:i:i:i:i/ニニ\: |ニニニ/ニニニ}: : \      襲い掛かったものまでいるとか……。
          {ニニニニ{:i:i:i/ニニニニニ)ノニニ/ニニ/ニニ〉 : : : \



                                               /〉
                                          ト、/.../
                     >--ミ        .. -‐‐‐‐‐‐- .      }//..寸L__
                 rく^\.\冫     '^~         :.~^'    ゝ.,/_,ノ   `Y
                 {:V⌒ニ=-{   ./ /   .:    ヽ     \.\   ノ___......ノ.ノ
               Vヘニ=---〕iト〈./    /       ',    寸L____../.../
               ∨\ ---=ニ.:' /   /         ',      ∨.......ィi{「......イ
                \...〕iト.,.....' .'    .:           }    V,ハi「......./イ
                   :、 \V/....′  i  {         }   i   :  Wィi「.__ノ}
                 \ニ-\_j{ { | :|_|.」L{  :    」_リ',  }i  .}  W=-冖7...ノ    ん? ああ、あれか。
                  \{\j{ : 斗f^{,八{ヘ  :   // }`メ}  .}  .}...../>''~
                   `トj{ .{ { {,ィzzzx. ',  /..ィzzzx、}  :  j..イ´        ドラゴンもそうだけどやけにこっちに向かって
                        | j{  :. :《 r':::::ノ  \_(  r':::::ノ 》     }^{
                       ! :{   {八.  ̄          ̄  / /   j !         何か飛ばしてきた奴らがいたの。
                     :,   \\     ′      /イ    .:  ,
                    .:   ′  `⌒    _..._     .イ     ,:   ′
                  .:    ,   ',  〕ト.    ̄    イ./    ,′   :.
                       .:    ′} }   } rく{}>‐<__j>Y'     .{     ,
                 .:   >''^} .N  } .}......``Y"´.......j{  / }i {'⌒\ ′
                      ′ /  j ノ.:  .}く\...... |i.............{ { / }.八{    ヽ:.       あれ攻撃だったのか。
                     ′ j/  /' .′ .} \.......|i......../{ {' ノ'     、 } ,
                 .: ./    .′  j    \.|i../  ヽ   _,,...,,_  \ ′     呼び出しのノックだと思ってた。
                 .: /   ィi〔 ′  .:    ー'^      、丶`     `ヽ }i :.
                /八  /  . ′  /iト.,     .r㍉_ィi「 ',      }i .}i :,     すまんな気付いてやれんで。
                  / ./∧ {   .: {   ,' }'^'}≧=--j{ .} } Y   \       } /  ′
              /    }j   .{ {   ′.}ヘ}///f^`    |Y    丶     l[    :.
                  '    j{./ .{ {  .{  j ..}寸/|      }      \.  l[     ,
                    /  .八{\.{ノ/ヘj  V|     ,癶ト、       .l[      ′
             /    〃/  .、丶` ヽ'   i} ィ⌒>-、.ィ({ /, 〕iト .,     l[     V/



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   この時、不遜にも現れた神の力を簒奪せんとしたものがいたが、
  神は寛大なる心にて戦場の混乱故とその暴挙をなかったものとして許したという。


358 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:45:00 ID:o7lgylaq
文字通り格が違って草

359 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:45:32 ID:+Zb008Mt
神は寛大だなぁ

360 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:45:36 ID:zXGEAZxq
格が違いすぎる…


362 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/10(月) 23:52:43 ID:uGRU0sI9



 >。..                                                 <
   <>。                      ィ  l、                     <>
       <>.                  ,,ノj!  iハ                  ..<>
        ヾ >..              /{トソ .... マ》ヽ               ..<>
          `Y ≧ュ、_ ,..ィァ   ,,ィ´>‐' {ニ.} `ー<ヽ    r-、_ _ -≦ /´
           )  `ー彡リ     {7(     `´     )<}   マーミ    <_
    _ =ニ ̄ア  /       `ヾ`>―个ー<´/    `  ヾ7  rミー=ニ= _
ニ= ̄     < 7イ/           ‐≧ュx-、!y-x≦-         \ ∧ >    ̄ ―=ニ_ うむ、アホをけしかけてみたが
       <   /マ/               ´{_¨´,Y`¨_}                Vム   >
    <      /7 ,              `!ヾ=rィ{                V ム     >       やっぱあれはまだ相手にできんわ。
 <       / / i!                 i!ハj i!              jハ ム       >
           / / |!              jト ニニ |!              |!  マム            世界渡りの力ゲットして
        イ /  l!                イニ ー ニ|!               j!.  マム
       ム./   ム           / ムニ=ニ |i             /!    マム           じわじわ力つけるのが吉やな。
      /7 イ    ヾ>ュ、._       / ム、ニニ, l |        _イ      } ム
       / リノ          ̄ニトァ-/  ム_>⌒<_ム ヾミ∨{ー=ニ        | /ム
     / __/ィ⌒ヽ..   _ - =| {リ /ー/. ::||:: .Vム ト. j i!= - _      ,, -=ニ ̄rア      あのバケモノがデフォと思って
  ,,, -≠ア='三`ヾ \ ̄    rV/イ  ア. : : || : : マム. V  |!       ̄ニア´   r≧⌒ヽ ̄
ィ  ,,ィ´      \ `ヽ._r-ァハ_r'´ミ_ノ..:: ;>^<; ::ヾム ゝ、レ7 ̄ ー=,イ r-ァ´  ヽ  Y       慎重にレベル上げていこう。
  /└ー=  ´ ̄  `ヽ_彡´ j/⌒ヾ}!-、_:/ : || : V_, j!ゝ、_ハ!_   イ、´ ̄  ̄ `ー‐‐ ┘
/          ,ャ ,ィz    ソ: : /iト≧ュ、`ー‐彡ェ≦j! : :≧ュ_ァ ´ {ム  ィ{               カムバックはそれからで十分や。
      __  ム{ j! {.  ィヘ: : フ¨ヘ、`ヽ ミーイ / /! `ヾ/ア: : zュ< 〈_j7  __
  ィ´ ̄    ` L≧'ヾ,イア: : _ >′\ マヽ \_._/ ィマ /  `ヽ z: :7 rz >'  ´     ̄ ヽ
`´           `メ _(_>´    Yトl `、  ,,イ r1/     `ーY_{ ム
             j三ソ´       リ ミヽ ¨ 丿 リ         `='
                        }!\ ヽ/ /i{
                        ハ \/ ハ



                    / //,,|,,,/  /   /
                    l  `´''´    ̄//   /'、
                   ,'  l     ,, ''"  __-''´,、`         l
                   i:,: l ,, ''"_-‐_ニ- '',、, '::::!          l !
                   ',: : ‐'': : : : : :,: :'::::::::::::::',::::::::,         ! ヽ
                   ヾ:::゙:':゙:'::'::::、:ヽ:::::::::::::::',::::',:',         ,'  ヽ
                     l::::::::::、ヽ::, 、::::::::::::', ',:::::',:',         、  ',
                     !:::::ヽ:/  l::::::::::::::', ',::::',:',〃!       ヽ l   そうか、まあ頑張れ。
                     ヽ:/   l:::::::::::::::::', r' ,'::', '   //   l l
                           l_,, ---、:::::‐/ヽ',  ,:'__:,'    i l    こっちは新天地の王になって
     __, --' ̄: 、           __,,--‐=ニ - ___  ヽ ' , ' 、:: ̄::::::::`..、  l l
    r: : : : : : : : : : `:'、        ,' __-- ___ .......::::` 、: ', ' .i:::::::::::::::::: ` 、 :,'     隙あらば星間移動覚えてカムバック狙うわ。
 r: ´: : :r ` '  `: : :',        ,'__---- __` -ニ_  : : ',`' ,:::::::::::   , 、: :.、
,': : : : : :'、 ,': : : : : : : : :',       ( __ -‐ニ--‐ニニニ: 、: : : :',_.- ,:::::::::::::::,'___ :: \
'、: :           :::,'        ヽ___:::_________,、  : : : : : : : :`、::::::,'  ,::'::::::::::: >
 ',: : : : : : : : : : : : : : : ,'        r´:_:_: - l:::::::::::l ヽ::_______,,: : : : ヽ‐‐ 、'::::::: /
  ' ,: : : : :   : : : : : , '         '-, : : : : :l:::::::::::l   _ 'ヽ::ヾ : : :,' ` 、-‐ニ
    `‐‐‐‐‐、___,: '           ,': : : :, '::l::::::::::::l   l:::i i ' , 、: ` ' 、 ` ' 、
                    / /   l::::::::::::l   -' . : : : ' '、-- ` ' 、 ` ' 、
                   / /    l:::::::::::::ヽ    : : : : : : :ヽ:::::ヽ  ` ' 、 `' 、
                  , ' /      ヾ::::::::::::::ヽ: :___r : : : : : :l::::::,'      ` ' 、`' 、
                 , ' /         l:::::--‐‐;;____::-::::::::::::::l:::::::',         ` ' 、
                ,'/           ',:::::::',::::::',::::::',::::::', ',  l:::::::::l
                             ヾ:::::',::::::',::::::',::::::',  l::::::::::',
                               ',::_',:___',:___',___::'::-':::::::::::::',、
                               ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,': :\
                              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\: : : : : \



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  こうして、強大な力を持つドラゴンは異界と伝承にのみ伝わる存在となり、
 地上にはごくまれに比較的小さい竜が人類の片隅で住み着くだけとなったのである。


364 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:55:14 ID:9A9GJrxS
すいません女神様の本体はハイエンドな化物です

365 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:55:36 ID:f7YN6YHq
相手するなら宇宙を壊せるくらいにならないとね

366 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/10(月) 23:57:05 ID:FkPJr5j2
宇宙の中でも特大級の例外でござる

367 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/11(火) 00:00:43 ID:gPXNHOI1
神とはそれだけ偉大で視野が広いからお前たち自身の手でお前たちの道は切り開かんといかんぞ(割と善意)


370 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/11(火) 00:03:22 ID:Ctzl/GFx


【参考:不逞の輩の襲撃ってどれくらいのものだったの?】



           ―――  .,
      /   ̄ ̄ ̄´"' \
             '^゚~~゚> ――‐
         /   /          \
         /   /  /      \   \
.      / /     /         \   \
        /     /    |       \   \
    /  /  /           ||          \
.   /  /  /         || |          | |
   /                    | ||     \ | |
.             /|      / |_ノ人     \j      禁断の力を用いて世界をも滅ぼすとされるほどの力を
.     | |     /     >''"|  /  \  \  \
    |  | | ⌒7トミL  // _彡冬厂\\{ ̄ \_     思いっきり叩き込んだと聞いている……。
    |     |/| | | / / ィVくしッ/\ \ \_Ζ⌒
    |  | ___彡冬ミ㍉ /     ''"´ 「 ̄\   ∨_/
    |  |⌒^く  乂ツ〈     J / ̄      |二二/~^'
 _,ノ 人   个 ''    ,       L厂      |二-/    \
   ⌒}  ノ\从人      / ノ   ノ|     |二/
    ノ/|/ |: :: }:>    ̄  /:八.      |-/
         |:: :ノ:| |ニ| ≧‐uく  | : \    ∨
         |:: :: :| |ニ|        |: : : |    |           /
         |:: :: :| |ニ|        |: : : |    |        /
         | : | :| |ニ\       |:: |:::|    |.       /   |
         | : | :| |ニニニニ=ー    |:: | ;′  )|      /、_____ノ|
         | : | :| |ニニニニニニニニニ|:: :;′ ι|      √ニニニニ{
         | : l :八|ニニニニニニニニニ|: ;′   |     √ニニニニ八
         | : | :| |ニニニニニニニニニ|:;      |    √ニニニニニニ〉
         | : | :| |ニニニニニニニニニ|:;      |.    √ニニニニニ/Λ
          |:ノ 八ニニニニニニニニ          /ニニニニニニニニニ\



                           __
                      >  ´      `ー ―<
                 /              ヽ    ` <
                 /      . ィ    l       Y       丶
                  '     /           il         \
               ′  、/     /  '   l   l|             、
             / .  / ヽ、 ./}   ′   l   lL.. ____ _   〈
            ' /  .' ィト.`メ、 l! /   i!  !   i|__ヽ__\≧s、l
               l /! ./ 斗≧ミ、 メイ   |  |   .′ >'゜   `ブー、_≧s、   世界一つ(全宇宙の意味)破壊する程度のエネルギーだと
             ノ'八 ,′/ .バ 》´/     .'    i' /´   /´    _...ゝ、ム
          ! ̄ ̄ ) 、l_ノrっノ.ノ /   .′     ド、   /   /´  ___∧  指でつんつんされるのと大して変わらん……。
           |          ̄  ⌒ 7 /  ./  ./、_ `下―― <´ ̄ ̄___ .∧
           〈、          ノイ  /   /  `ヽ} ヽ     ̄l`ヽ.._  ∧
             ハ〉             / /     /、__ >'゜ \_ト、       マ ̄ ¨乂       _.ィ
         /          _..イ_,.ィ´  /  . ′.`'<__..ノヽ}ヽ.   ′  乂―― '>-≠>′
           〈          ̄  /  ./  /     `ー、¨´\ト、/__       `'<.. __  <_
            > ... __         /   .'  / i!        ゝニ´=,〒⌒            ̄ ̄
                    `7ヽ   .′    .イ  |          / |
                  / ハ  l     / |   i|               |
              /  __.」-y   { ん~!   、 |          l|
                /イ 「_r-''/ 人 ハ{l 八    \l            |       というか世界といってもあの程度の攻撃だと
               ノ'/ {{ .ノ´  ..ヽ. ┴-- 、   l     l    |
            /  }〕 . イ´     _   、  丶   八   |       適当に地表を薙ぎ払うくらいが限界じゃないかなあ……。
            /   _l/   >-'´    ̄`  ー 、  \   丶    、
            /  ,..ィ´   /              \  ヽ   \  :.      惑星も壊せないと思うぞ……。
        Y    |  __/                丶、  、  丶 |
          ! ./ _У´                     ム  丶   \
          ! /  {              ___       λ ヽ         、
         メ、 λ         .>' ゜        `     ハ ∧
            )'_{∧      .>'゜             ヽ〈: : !  ∧       ∨
           ´.ノy、 !ヽ>' ゜                   !: :i!   l!          V
        r〈/ } i| ト、                     从 |   l!        v
         / ト、  ト マ ` -                 /: : /    !
         .'  l| ヽ|マ \  ` - 、              {: : :′   |          |
         l   ト、  | ∨ 丶     >-= ::::...... __ 八: :l    リ          |
         |   l ヽ 、. ヽ、 `ー 、_              }:/    /


372 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/11(火) 00:04:18 ID:V9gBroDs
うーん、この
スグル王子もひくわw

373 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/11(火) 00:04:29 ID:TH9XQYoS
次元がちがーう!


376 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/11(火) 00:11:27 ID:Ctzl/GFx


自由成長:星間移動
1:生き残ったドラゴンたちが強大化し文明に牙を剥く⇒
2:しかしドラゴンたちの絶対数が足りないので膠着状態になる
3:いつの間にか龍信仰ができて数の不足が補われ、徐々にドラゴン側が優勢になる
4:このままだと以前と同じ結末になるのが分かったので種族ごとに棲み分けさせる
⇒原初の竜EX&フリーポイント1に。あと頑強もまとめさせて……誤差すぎる……w



                        ___
                     ´⌒     ⌒`           ___      _
                   /            \    \_  -= ⌒ }   {=-イ /
               __    /        \ \-イ -‐   }  ./  /} .//
            {二二/: : /: : . .  . . . . : :}: : :‘,: .\  }  ./ ./=---  ´
            {::{:` /: : : : : !: : : : : : :  }   ‘,: . Y 7 / /
                Vヘ/.: : : : : :|: :    l  }  }       V /イ‘,    _
               ∨: : : N |     l /__ λ   ∨=- - --イ/    というわけで今回はこんなものか。
                 .: : :          /}/  }/ : ..| :   }  / /
                  : :  T  ̄\   / 孑ううぅk  {  | } ./_. イ       星間移動は結局思いつかなかったので
              {:|   |孑うぅk 、N/  Vrリ    {  | }/⌒ 八
.                |   } Vリ                    |    .∧      そういう付与スキルということにしよう。
               八   ‘,    ′           / ./  |  ‘, .∧
              i{  \ 八             ///  |.  ‘,  ‘,
            八     \   c っ     // /  ..|.    ‘,  ‘,
             ⌒   ‘,   `        イ  .{    .|: ‘, ‘,  ‘,
.                λ ‘, }: :|: :≧=≦|     { |  人}::.. ‘, ‘,
                  / ‘,   ⅵ: |: : |::r== v= " ̄{∧)/ _ -=  ̄⌒\   \
              /   ‘, } .l:_:|:_:_{::|  .}       /        \. \ \
.              /      } .}  -= ノ  /_ -= ./    _  -= ⌒   (   ‘, \
             /  /  ノ}  } \< ` _ =- ´ -= ⌒         \ ‘,
.              / ./(.} / .} 、                       }   :.   ‘,
           /./ ./ .// .ノ          _ =-----------<   :   :.   :
.       /./ ./-=/  /}-=    _ =- }                \ /   :   :
      -=/ ./ ..)/{  /  } ./⌒ ̄⌒ {  .} 、              }/     :   }
           //   ノ -=( /}/ \ / -== .V .ヘ  \              }.      |    }
.     /  //   {   / }./ \../=-  ¨ V .ヘ   \   \     .}‘,    |
.      /  /   /‘,/  ∧   /  /⌒ V .ヘ    \   ` =- ._   ‘,   .|
     {   / { ./   {⌒Y   V./ /       V .ヘ      ` =--      ‘,..ノ


・原初の竜EX
 世界創造と同時に生まれたとされる滅亡の権化。あらゆる竜の原型とされ、一息で二千世界を飲む
 エントロピーが極限になった世界は彼女に還り、また新たな世界の原型になるという
・星間移動E
 星と星の間を移動させるスキル。そのまま付与もできるが、相手が使いこなせるかはわからない


378 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/11(火) 00:16:21 ID:Ctzl/GFx



                              -
                              ´       `
                          /___/   |:  \  `
                   ,.-=7´.:} . / {   |:  ィ´\ .:                では、創世神話も佳境といったところで
                  ┌ ´ヽ _>┴〈  j {  :./:┘\ N!
                      `=-イ|  , -`=v.  〈 _,ィ汽 乂                 次のイベントを募集しようか。
                     !./ 〈  \v \. ⌒ ゞ'   l    ┌┬'⌒¨くフフフ
                    _,. -< > ´ ̄ ̄ v  \ゝ    。:     ヽ |:|   /⌒\     だいたい次かその次くらいで
                       ̄ ̄}       \.  \    ノ     /\_/   /ヽ
                     : : :/   /: :  }─ 、 ¨ ̄     /    |/ `Y  ..}    いい感じになるんじゃないかと思う。
                        : .:/: . . ./: :.  /=- ┐:. }       /  /     |/ : }
                    .: :/: : : :/: : / ̄  \: :.}         / /¨ /\::/
                     / /.: :   // ̄ ̄ ̄\}─┐ /  //     /.: :〉     場合によってはこの世界で冒険譚とか
                       / / / //             ¨l //    /.: :/
                  // / /.:     /   } .广 ─ 、─ 、  /: :フ      あんこでやってもおもしろそうだな。
                    /  /: /T : :    /      ./ ┌┘   \   . /: : :¨}
                /     .: .: :/ | : : / / /// 「: : : .   :` ./: : :/   __________
                /   / :/: : / .j| :////// |\|-=: :_:_: : : :_/ ̄ ̄ ../  =-   ̄ ̄ ̄ ̄  -=  \
                  /     :/: : /  ./   / _ / ̄ !∨.: : :}     ̄      ./ =-              ̄ ̄\ -= \
              /  /   /  : : : : |/: :_ ┐ ´   ..:/: |:. :. : :/          .//      -=  _  ──  ´   `⌒
          /  /     : : : : l: し`7/ / /.:/^|: :/.:|/\:/        .//    =-   ̄       ̄\
            /: : /     : l : /_ ̄ ̄}:/:¨:し:. :.|:/: : :{: : :}        //                   <⌒
         : : :        : : /  \ .}: : : : : : : : : : : {: :/       .//           __       \
        : : :/   : :|   : :|:{ / ̄ ¨} : : : : : : : : : /∨     /{         =-    ──   ─     .ゝ
         { :/    : |   : :|_X  / ̄}⌒\: : : : : 〔:/    ./| .{      =-   -=      、=- 、  ̄ ̄ ̄\\
         {/     : :|:  :/: | V__ =- }_/ }\: : : : {   . /┐.!  ¨    -=          _\    ̄ ̄    .\\
           }    .: :|:  l>-| / -- }: :⌒〕iト  ̄∨ /┐ .| =-  ¨    __       >             \\


【部分案】(一部しか案が思い浮かばないときの提案用にお使いください)

【六ターン目イベント案】
自由成長:
1:
2:
3:
4:

【次に待ち受けるイベントを【六ターン目イベント案】というタグをつけてご提案ください。タイム希望なら申告あればお待ちします】
↓次回開始、またはこちらが締め切るまで。そこからあまりに逸脱したものを除外してランダムガチャ。1ID1回


379 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/11(火) 00:18:12 ID:2wEZcOfO
乙でした

380 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/11(火) 00:18:42 ID:CUdv1W6n
乙ー


381 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/11(火) 00:19:47 ID:Ctzl/GFx



                              _ ,,.. ..,,
                         ―-、,>'"´      ``
                 / -=-、 }           ``丶、 \
                 / ,  ´ ̄                 \ ``丶、、
                    / /                     \   `丶、
                ∥/ /   `、 \                \⌒`\
              {/ /   /   `、 \\     \    ー-=-‐彡/ .,
                 / /  /     `、  \\ _/ `  _   /   ``''ー,ノ
             / /  / j     | /  ,xf笊く寸{ \     ̄ 彡''´ ー=< __ /
             ∥/  /  {   { |/゙, V ∥ん(::ハ ∨ |\ \  ー-    -彡′
             { /  ∥  ゙   || ゙|{7^乂::ン′ ∨|::::::ミ=ー- 、  \__ ⌒\
                / /  |   ゙:  ゙, ゙, j    ア     }ノ::::::::/,\  \`¨¨´⌒_彡'´
.              ,′/  八    ヘ  ゙, \         |:::::::/,  ` ー-- -ヘ Γ
.               /|,′ハ / | \_゙,_            |:::::::::::/,  {ノ\   ノ ノ
              l 「 | {   |   l xfて(ハ         |:::|:::::::::/,  ∨::::::>ー<ー--ノ
              乂 | {\ 八. 八^{ 乂シ`     , ァ  |:::|:::::::::::/,   V:/⌒ ー一''"
                 | 乂 \ \ \ー-ノ    ヽく   |:::|::::|::::::::/,   ゚,_
                 |Λ ヽ| l八r气「::\         { :|::::|::::::::::/,   ∨ ̄´^''~ .,_ ―…‐ .,
                  乂 \| | /  }::}:::::::> .,_       乂:::八::::::::::/,   \        ´"~ .,  `丶、
                      ノ ノ ノ_/}:}::\::::::∨ΤT=‐- ィ\:::\::::::/.、   \        //-__ \
         ___       ̄  /´ _,ノ:/:::::::::\::∨ //| /::::: j  \:::\:::::\   \    .//ニニニニ-_ \
_ ,,....-‐ ::::::::::::::::::::::::::::::__二ニ=ー-/  /{ィ(_,>‐┐:::):∨:::::::{ /:::::::彡_ \:::\_\,,__ \ //ニニニニニニニ-_
:::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::''"´ ::::::::::::::: 八  V ̄  _,.、</:::ノ / ̄ ̄ ̄  \ `ミ;;_::::::::::::::::::::::::::::::´´"~ミニニニニニニ-_
:::::::_;;;;;::::::::::/:::::;>''"ー-==ニ二ヽ/ /ニ>┐\ ./             \ \ ̄ ̄/ /ニ‐ __::::::::::\/ ̄ ̄\
 ̄     /::::::/       ,...::::::::/ / __,,人  ∨             \ \ / /二二∥ニニ- _:::\
.       (::::::::::(_    ,..:'"::: / ヽ  /_   ヽ `、                \   /ニニニ∥\ニニニ\::\
.       `~ミ:::::::::::::/::::::::::/   Λ    ̄`ヽ   `、             V    \/ニニニ{{.  \ニニニ\ ∨ニ
             ̄/:::::::::::::{     乂         }           }     }ニニニニ{{     \ニニニヽ}ニニ



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   なんとなく使ってみたけど結構艶やかなAAが多くてなんとなく気に入った感がある彼女。
  これからもなんかサブキャラとかで出すかもしれない。


383 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/11(火) 00:23:11 ID:Ctzl/GFx



                     /    ̄  \            __
            -──- 、 /         ヽ , -──-   /     \
            / /     {            }    _   \ 絵 男 な
         / /: :{ '⌒丶、乂          ノ  /   `ヽ   が た ん
          { .{: : 丶⌒ヽ_)>‐  ̄__ ̄ ̄ ‐-〈 r ⌒ヽ Y  多 ち で
           _ゝ{ゝ、: : : ー< -‐  ̄ ̄ ̄ ̄ ‐- 、 \    }   い の 私
        /  乂\フ7´              ヽ ヽ _ノノ|   ん が よ
      /      フ _{        __         }    、 |  だ 魔 り
       {      .' /: 乂__/ : : ハ:\___ノヽ       よ 法
/      \      { .ノ/ : /: : / l : : : : | 丶 : 人: : : : }    .}       少
  永        -=': {.: :.|xV≧、 : : : | x≦ニ| : : イ    }       女
  久 私  ゝ-   lr‐|:\|r ⌒ヽ、.: : :| r ⌒ |:/:.|ヽ   }       の
  に と    |    |{(|: : |{   . }\: :| {  . l|: : :| ノ    \      /
     契   |   、`|: : j乂  _ノ  \ 乂  _ノ|: : :|'  ノ    \__/
  働 約   |    从: :(       `        |: :./- '      ノ
  か さ    \    小: |丶    マ   ノ     ィ|:./   }     /         では、本日はありがとうございました。
  せ せ      ̄ ̄{/V///≧=───=≦///ゝ---ノー‐ '
  る て    |       \/////// <六>  V///////               次回は6/11(火)の……
  ぞ            ⊂⌒ーj' / 〈ハ〉 ヽV¨¨二⊃
                ー二/ .}       { ∨_っ'                  体が悲鳴をあげてなければ
\      /             / /     :、 }
                  ゝ/       }´                     21時くらいにやりたいと思います。
                   {       }
                     ヽ /⌒ヽ /                      音沙汰なかったらフートンで呻いてると思ってください……。
                    L/   L{


384 : ◆l872UrR6yw : 2019/06/11(火) 00:27:23 ID:Ctzl/GFx



                       /(
                  /\  --  {/:.
               {\/ ∧    ` vヘ
                   〉v'\ /        、 :.
                /  ` '  /{   } Y              / ̄ ̄ ̄ ̄
.               /  {   .{ /⌒{   / ..}           /       :::
              /   .{   r芯ア  /  ./          /       ::::::   ちなみに現状の能力です。
           /   {   }   {/}  /          /         :::::::
              /  ,. =-N .ト `_' .イ}/       / ̄         :::::
           /  :  r=-、 Y┘.V/ヽ    / ̄____     :::::::::                  ネゲントロピー
.          /   .! ⌒ \ \/ヽ  '   // -=ニ    ニ=- \ ::::::::::::   上位存在の神はこいつに「理性」をあげられるという
         /   : {.     ` }{  .v. ',  ./ -=ニニ     ニニ=- V:::::::::::
.        /   ./ {`  ,.. -=7八ト--ト ', /  -=ニニ   ニニ=-  .V:::::::::    その一点でもうなんか世界超越してる気がします。
       /   ./  〉'~~ /|∧  VvV  ∨ @  -=ニニニニ=-  @  -==-
        /    ./   / /|/|/    .{  ',  ',ニ=- @  ||  @ -=ニニニ=-:::
.       {   /   乂_ ` __ V', .', _',ニニ=-@..j|..@-=ニニニ=- V:::
.       {   .{         ⌒ ̄\ }//////∧ニニニニニニニニ=-    V
.       {    `=- _              \///////-=ニニニニニ=-   _
.       {      // ̄ ̄     "    ///////  -=ニニ=-  ∧∨
.      八  <⌒___     "   ./──x/∧∨∧||∧∨∧∨
     /_ヽ -‐ { /         "  ./ ヽ    ヽ...∧∨||∨∧∨
  =- :::::::::::::::: /    ./     /   }     ',.. ̄..||.. ̄ ̄
/   :::::::   /    ,//    ./   .}     ',_______/
        ⌒T ⌒Y´ /     /      }     ',───────┐
        | (   || /   /  }                           |::
        | 」   ! 7 /   }               :.   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::
              ノ/|      }            :.             :::::
             /´ ...|      }     }      }                :::::
                 |      }     }      }  |             :::::
               `=-   }     }     _}─┘            ::::
[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
パーサーナックス

・原初の竜EX
 世界創造と同時に生まれたとされる滅亡の権化。あらゆる竜の原型とされ、一息で二千世界を飲む
 エントロピーが極限になった世界は彼女に還り、また新たな世界の原型になるという
・星を開拓する者EX
 本来は混沌とした星々を開拓し、秩序だったものにしていくための能力。あらゆる不可能を可能にする
 但しそもそもパーサーナックスの在り方が秩序的ではないためかうっかりや偶然により開拓してしまうことが多々ある
・運命の導き手EX
 理性をもって力を使うことで万物を生み出し、道を示し、鍛え上げるスキル
・星間移動E
 星と星の間を移動させるスキル。そのまま付与もできるが、相手が使いこなせるかはわからない
・加護E
 自らの上位存在である神より加護を受けている。とりあえず理性を授かった


385 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/11(火) 00:27:52 ID:TH9XQYoS
バーサーナックスのミトコンドリアをキメれば治るぞ!

386 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/11(火) 00:30:33 ID:3LYo4Nzj
エアとか天沼矛とかみたいな世界が生まれた級の存在を三千世界レベルで行っているわけだからなー

388 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/11(火) 00:34:05 ID:gPXNHOI1
乙でした。

パーサナックスは持ってないけど、パーサナックスのミトコンドリアって宝具をデフォで以ってそう(風評被害)

389 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/11(火) 00:35:05 ID:b+MrD2aD
乙です

390 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/11(火) 00:36:31 ID:jotZP4GF


391 : 名無しさん@狐板 : 2019/06/11(火) 00:54:25 ID:s/cUTVY4

そもそもバーナーサックスが力の根源だから
仮に倒してもドラゴンが無力な生命体になるだけというね

関連記事



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-32064.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13