以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-31888.htmlより取得しました。


やる夫の兄はブラコンのようです外伝 よく似た他人で終わりたかった 7話

目次 現行スレ

602 : ◆hrPgATdXSI : 2019/06/03(月) 01:36:33 ID:YNP2qq/gSa
.
よく似た他人で終わりたかった 7話


                  , ノ  、 、       
.                l(● ●)|            『 このふたりを
.                | (_人_) |     -  - 、
.                 ヽ    ノ   ./ (● ●)ヽ    ふたりだけ にするのは不味い 』
                   /    ヽ   ゝ(_人_) ノ
              ||    ||   /    ヽ
.                 (|      |)   (|      |)
              .し    J   ..し   J






             / ̄ ̄\
            / `ー    \    『 このままふたりきりだけの世界で完結してしまうのは
.         (●)(● )  u. |
          |  |    u  |           非常によくないという予感が男にはしていた 』
          l___`___     |
             {         |
          {      u. /
          __\     /リ 厂`'‐- .._
      / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
       | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
      | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
      | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |




598 : ◆hrPgATdXSI : 2019/06/03(月) 01:29:58 ID:YNP2qq/gSa
.
              ≧⌒ `‐イ⌒≧
   __ , .イ´ ̄ `       \
     ̄¨ー .,     イ´ ⌒ヾ―-. ゙ _
      /´   /    , -‐-   _ ニ=
、__ , ィ  .ィ  /    /          `ヽ
  ̄ ̄= ≠  /   /   /   ,        ヽ
     /    ,.       ∧   l    |   .、  、
     ,'     {   /    ! ∨___ト、   l    } _ゝ、
.    /     |.  /     |  ´V { ヽ .!   V l |
    ル,    .l     .l .rtテ=斧ミx\ \_.V | l     『 そもそも きょうだいなんて 普通そこまでベタベタするものではないだろう 』
     }    レ'    l{ ト |込zリ    ´ヒ灯ヽV レ
    ハ    |   l { l \        `'┴/  |
.      レ    l   | l {           ,   / }. |       『男は 口が達者過ぎて話をしたくない妹の顔を思い出した』
.      }    レル'ヽ | .ト、         /イ.  l
.      |      .从{ .l .|丶     (\ イ /.}  リ      『最近会話したのなんて風呂に入る順番ぐらいだ』
.     //}  lヽ { }\{ }YYY> -ィ\\-┴-'-、
      ´  .}/ ̄ ̄ ̄`¬ー--==ニ´ _ \\__ ヽ
         .}=‐-_____      . ̄ (`ヽ/ \三ミ、              
         /三三三三三三≧=-____  //  ∨三!                    『 あとは この兄弟のことについてぐらいか』
      /-=ニ三三三三三三三三ニ≧| / /   ∨``\
     ./ー-_、   ̄‐=ニ三三三三三ニ`L/ __,   Vニニ-、
    ./=‐__>、_.     ̄ーニ三三三三〈  ノ }    ',,ニニミ、
    iソ{ ̄///////} ̄ー- _ _.    ̄ ̄.` ー‐|__ _ _彡,__ _ソ
    ヽ{////////∧///////: : : ̄ ── ー-.∨////∧/
     ∨///////.∧////: : : : : : : : : : : : : : : : ∨////,∧






                        ,.-'´     ノ
                       ノ ノ⌒'' - ''´
                      (  (
                       ii ii           
                       || .||            『 そうだ、普通ではないのだ
                       || .||
                       || .||             今あの兄弟が置かれている環境は
                       || .||
                       || .||             傍若無人なあの妹が口を挟まないでいる程度には 』
                       || .||
                       || .||
                       || .||
                   _,,.. --||-||-- ..,,_
                 (`''─------─''´)
             /`''─------─''´',
                {           }
                  ヽ..,,,_    _,,,..ノ
                 ノ__ノ ̄ ̄ヽ__ヽ
.

599 : ◆hrPgATdXSI : 2019/06/03(月) 01:30:45 ID:YNP2qq/gSa
.

                        /  ̄    ̄\
                        , '          \
                      /             ヽ
                      | .,  ,、_            l   『 家族の内半数を一度に亡くした やらない夫が
                      |`´    ̄          |
                      l (;::)   ( (::::)       |    ただ一人の生き残りである弟に強く執着するのは
                      |    l:              l
                      l    ヽ            .}               男には寧ろ当然のように思えた 』
                      |               |
                      |   __ ___          |
             /´Y´Y´Y´i  丶      `      /|
              ∧_」、.ノ、.ノ..ノ / )ヽ          /  |、
                /´   ー ``´ /  ゞ、. __  -=ニ´> '´  〉
            {    '´ ̄` /  _ .. ‐ニヘ.  > '´  ./ \
           /  y   r‐'´  厂「ヽ.  > '´     /!    \
             /       /´   /' │∧. /|      /  |      Y
          /       /  r‐┘ ∠./∠i!│   ./   |        l
.          /       /  / ̄`  r〈///!  /       \_ ._    |
         /       /_.∠.. _   / `フ´ |/     -‐ <´ ̄    |
        /       ∧    `   /´Y´       /     \     |
.      , '      ,′ヽ      / /′     /         ∨  │
      /       'ヽ  \ 、/  ,i        /           .ハ  │
.     /        │ |!   !、/  ハニ=   /         /    j






                      l    ヽ            .}
                      |           u    |    『 そして何よりも、あの日憤りのまま口に乗せた責める言葉が
                      |   __ ___          |
             /´Y´Y´Y´i  丶      `      /|     従兄弟の弟への強い感情の方向を定めてしまったのかもしれない
              ∧_」、.ノ、.ノ..ノ / )ヽ          /  |、
                /´   ー ``´ /  ゞ、. __  -=ニ´> '´  〉                     そのことに男は内心酷くうろたえていた 』
            {    '´ ̄` /  _ .. ‐ニヘ.  > '´  ./ \
           /  y   r‐'´  厂「ヽ.  > '´     /!    \
             /       /´   /' │∧. /|      /  |      Y
          /       /  r‐┘ ∠./∠i!│   ./   |        l    『 自分があの兄弟の関係を歪ませることになるのではと恐れた 』
.          /       /  / ̄`  r〈///!  /       \_ ._    |
         /       /_.∠.. _   / `フ´ |/     -‐ <´ ̄    |
        /       ∧    `   /´Y´       /     \     |
.      , '      ,′ヽ      / /′     /         ∨  │
      /       'ヽ  \ 、/  ,i        /           .ハ  │
.     /        │ |!   !、/  ハニ=   /         /    j

600 : ◆hrPgATdXSI : 2019/06/03(月) 01:32:25 ID:YNP2qq/gSa

||    ||   ̄|::|: |:| ||    |L.|||丁┬i ̄|:|TTTTTTTTTTTTTTTTTTT:| |========| ̄ ̄ ̄ ̄|=====ァ゚|¨| |
||    ||    |::|: |:| ||    |  ̄┴∟| |丁|:| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | l | |____|____|__/.:.:.|: | |
||    ||    |::|: |:| ||    |丁|T_   ̄ ┴|:|ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ| |\_________/.:.: .: .:|: | |  「それは…嫌過ぎるな 」
|| ̄”¨||¬…|::|: |:| ||    |⊥|_| 「|Ti|¨゙|ー|:|TTTTTTT| |丁丁丁丁丁丁丁| |  | |         ,/ :|.:.:.:.:/| |: | |      
||    ||    |::|: |:| ||    l丁!T=‐¨┴⊥i|:|_|_|_|_|_|_|_|_| |⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥| |  | |         ,/ :|: /|.:.:| |: | |  『男は自分しかいない部屋でじっとりとした汗をぬぐった』
||    ||    |::|: |:| ||    | | | | | | l丁Tー|:|二二二二i| |丁丁丁丁丁丁丁| |  | |______,/   |: |.:.:|/ |: | |
||    ||    |::|: |:| ||    | | | | | | |::| | |::|:| | | | | | | | | ||||||||| |  | |         |   |: |/ : : |: | |  『 高校を卒業するまであと半年の出来事だった 』      
=========::|:| ||    |丁'Tニニ¬=‐-|:|ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ| |  | |         |   |:.:_.:.┬'`|: | |
 |[   ||    | |:| ||    | | | | |:| ||丁|¨゙|:|┬┬|TTTTTTT_| | | | | | | | | l | |  | |         |   |: |.:.: | : :|: | |  
 |[   ||    | |:| ||    |_|_|_|_|」」LLL..|:|┴┤| | | | | | | | | | | | |_|_|_|_|_l_| |  | | l二二二二l|   |: |.:.: | : :|: | |
 |[   ||    | |:| ||    |丁「:| ̄」二:|''l:|:|二二二二二二二二:| |TTTTT| |  | | |:|.:|¨¨゙|¨゙|.:|l   |: |.:.: | : :|: | |
 |[ _,,||  ==| |:| ||    |::|||¨|||||l:|:| | | | | | | | | | | | | | | | |_|_|_|_|_l_| |  | | |:|.:|.:.:. |.:.:|.:|l   |: |.:.: | : :|: | |
.¨|l ̄  .||    | |:| ||    |::|||_」⊥-┴''|:| | | | | | | | | | | | | | | | 「 ¨¨¨¨¨| |  | | |:|oニニニ: |l   |: |.:.: | : :|: | |
 |[   ||    | |:| ||    |ニ‐¨_二¨-T丁|:|二二二二二二二二:| |TTTTTi| |  | | |:|.:|.:.:. |.:.:|.:|l   |: |.:.: | : :|: | |
`ヽ   ||_  | |:|_||__|ーT'| | | | | | |i |:|──|TTTTTTTTTT | |ZZZZZ| |  | | |:|└‐┴┘|l   | : \| : :|: | |
  ノ_,、≦_ ̄γ⌒ヽ、_ >| | | | | |_|」L|:|三三| | | | | | | | | | | | | ̄l冂Ti| |  | l ̄ ̄ ̄ ̄ ∨  |: : : :.:\|: | |
。く_|‐┐  ̄圦   }i=二ニ=‐┬二─i|:|三三|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_| |_l凵_| | |  | |        ∨ :|: : : : 匚]=|[|
 ̄_二- ̄`''<≧=‐∟...,,,_|_ ┘^^㍉ |:「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ : | |  | ′         ´, :|: | \: : :.::| |
二─_>。,_、+'`        ,.。s≦イ|_|:| ̄| | ̄ ̄| | ̄ ̄| l ̄ ̄ ̄| | |  |′        ´,|: | : : |`゙|: | |
┘ ̄           ,.。s≦-¨_,.-¨| |::::|: : | |: : : : | |: : : : | |:.: : : : :.:| | |  |           |: | : : |.:.:|: | |
          ,.。s≦=-~l:┌'".:.:.:.:.:| |::::|_| |__| |__| |_____| | |  |           |: | : : |.:.:|: | |
       .。s≦=- ̄.:.:.:.:.| :|.:/ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄,、:1_________|√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \|.:.:|: | |
    ,.。s≦=- ̄: : : :::。s≦| :|// ̄../`| ̄ ̄ ̄|  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:      .:.:.:.:           \ \|: | |
,。s≦=- ̄: : : : : 。s≦⌒::::::|: レ''"´: : :ノ|      |  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:       .:.:.:.:            \ ::::|_|                                続く
.

601 : 令和もどこかの名無しさん : 2019/06/03(月) 01:35:50 ID:0Vg55M/o00


603 : 令和もどこかの名無しさん : 2019/06/03(月) 02:34:57 ID:9uUHxN7U00
乙です

604 : 令和もどこかの名無しさん : 2019/06/03(月) 12:27:14 ID:uw34qzawSd


605 : 令和もどこかの名無しさん : 2019/06/03(月) 21:30:50 ID:06sNH3TE00

高校生にはヘビーすぎる話だ

606 : 令和もどこかの名無しさん : 2019/06/03(月) 21:35:53 ID:SvaEHb3UMM

ここまではまあ分かる流れだが・・・

関連記事



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-31888.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13