以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-31695.htmlより取得しました。


やる夫の兄はブラコンのようです外伝 よく似た他人で終わりたかった 2話

目次 現行スレ

545 : ◆hrPgATdXSI : 2019/05/28(火) 01:06:52 ID:jlKTIDMcSa
.
┌─────────────────┐
│よく似た他人で終わりたかった 2話  ....│
└─────────────────┘

 ヾ" ;ゞヾ"ゞヾ ゞヾヾ                       "ゞ;  ゞヾ" ヾ" ヾゞヾ;ヾ
ゞヾ  "ヾ;ゞ"ゞヾ ゞ;ヾヾ                      "ヾ ゞヾヾ"; ; ゞヾ ヾヾ: :ゞ;
 ヾゞ"ゞ;ヾ ゞヾ〃;ヾヾ ゞ;ヾ                    "ゞ::ヾヾ"ゞ 〃ゞヾ ゞ"ゞヾ::      『 両親が亡くなった後
ヾ  ゞ; ゞヾ"ゞヾ ゞヾ ; ヾ;ゞヾ                  "ゞ; ヾ  ;ヾゞ"ヾ; ; ゞヾ "ゞ; ;ヾ
ゞヾ"ゞヾ; ゞゞ"ゞ〃ヾ :ゞヾ              ├─┤   ; "ヾゞ ;ゞ "ゞヾ :ゞ〃ゞヾ; ;ゞヾ;;    従兄弟は退学こそしなかったが
 ヾ\ヾゞ;::: y'ヾヾ; ;ゞ ヾ ;                || ◎ ||    "ヾ ;ヾ  ヾ\ヾゞ;::: y'ヾヾ; ;ゞヾ 
ゞ; ; ゞ;ヾii;;:::: イ;//ゞ; ヾ  "ゞ  ___┬┬┬┬┬┬┬|| == ||┬┬┬┬"ヾ;;" ゞ";ゞ;ヾii;;:::: イ;//ゞ; ゞヾ   部活や生徒会の諸々の活動をあっさりと辞めた 』
ヾ ヾ;ゞiii;;::: |/; "| ̄ ̄| ̄|   |二二二二二二二二|| 田 ||::::| ̄ ̄| ̄|ゞ; ヽiii;;::: |/;ヾ;ゞ "ヾ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    |  |   | 田 田 || 田 田||=:|| == ||゙=|    |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              |    |  |   |――――――――|| 田 ||::::|    | 
              |    |  |   | ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄|| ;;|| == ||::::|    | 
              |    |  |   | 田 田 || 田 田||=:|| == ||゙=|    | 
              |    |  |   |――――――――|| 田 ||::::|    | 
              |    |  |                     |    |
              |    |  |                     |    |
              |    |  |                     |    |





              '.,.ヽ.__入_ ノ  .|  .|
                   ヽ 、`´ ,     .| ..|        『 色々覚えることがあるし、両親の分も弟を見てやらなければいけないから
               .',   ̄     /l  .',
                   l     ./  / ト、-、       慣れない手つきで珈琲を注ぎながら言う彼はやはり模範生のままだった 』
                   _`''―‐''´  /   j/|  `ヽ、
              _,./ /   /_   l//!    `丶、
          _,.-´/_ /!}_,/´   `ヽ_,|//}  _    `丶、
        /   /// /イ   ,. - ''    ̄}r7/_,. -‐- 、_    `丶、
       / /   //イ /o/ ---/  _,..-、{[]/,/ー-、´ヽ、_,.ヽ_     ',
      / { , r7777////,。ニ/''::::///  _ ヽ r‐‐'''´   ,, 〉     l
    /   「//////////{:::j//>'/_/::::::ー-:::‐`:::〉-―''´ ̄  _ >    l
   /    ,}//////////(::{////{r 、::::::::::::::::-:::::::::::} r‐ ''´ ̄` 〈
  /__    ////////////l:|////j:::::::::::::::::::::::::::, -‐-ハ ーr―-、  }     l、
/_ ヽ  {///////,.. -―--、///!::::::::::::,..- '´::::::::::::/}-' \/}   !     }
 /  } |  |´`ヽ、={       }// {:::::/:::::::::::::::,. - ´   ヽ、 ´   l
,/  | ,|_  l `ー 、ヽ',        ,'///< __,. rチ´   /   ヽ ´   ヽ     ,
    } / ヽ/ '''´ ̄¨∧ ,.... _ ////////////}     {      、   ‘,    ‘,
    ̄ヽ_{ ー''´ ̄ヽ ` ー‐'´////////////     ヽ     ',     ヽ    }




546 : ◆hrPgATdXSI : 2019/05/28(火) 01:07:25 ID:jlKTIDMcSa
.

    / ̄ ̄ ̄\
  /         \
  /ノ  ヽ、_      ヽ
 ( ●)( ●)      |    『 お前ひとりでそこまで抱え込めるわけがないだろう
  |  |           |
  |. ___`____       l     そんな台詞を言ってやれる程には男は従兄弟と親しくはなかった 』
.  |          /
  |          /
   \__      (
     _)_ ===\
    /          \
   /            ヽ
   |    ,        i
   |     |        l.|
   |     l         | |
   |     |.        |. l
   l    |       |.│
  /    ノ        | |
  /     /        l /
 (ヽ、__,/____  __,У
  ヽ_ィ  __ __ ̄ ̄_ ̄_,|
  ¦  ¦ ¦ j l   |






                                  ____
                                 /―  ―\    『 あの幼い従兄弟が、今更でも兄に構われるなら
                               / ●   ●  \
                               |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |                  それも悪くないとも思った 』
                               /⌒l        ィ’
                               /  /        ヽ
                               |  l      Y  |

547 : ◆hrPgATdXSI : 2019/05/28(火) 01:07:57 ID:jlKTIDMcSa
.
                 !/ /     .ヘヽV」∠ヽ.   \\\
            __ノ/ .. - 、 ̄ ≠‐- :.:`ヽへ  \\}
              フ  /            `ヽ:.:V| !   V{
            ///                 Ⅵリ    `.、
        .    i//                   ∨ハ  i 、\
            /  ./ /      ! ト、       ∨}  }  厂`  『 男の懸念などよそに、男とよく似た従兄弟は
            |  :i ハi  :|  :! ! V       :∨} j! ト、
            |  :l/ ヽ V | _|_|__| ∨      :j/ j! レ      その後すぐに人並み以上に家事がこなせるようになったらしい
             |  :r=、   V!_ム斗‐ \| ハ | | | /V⌒ヽ
             |::ト、| f::::l     /斤ミヽ ヽハ  :j /V/! ! |       何故か得意げに語る妹はやはり自分と比べようとしたのでこづいてやった 』
            |:j |. マソ      h::::::} '  } l  :/´} !ノ|{
            レ. l   ,     ヽ--'   |  ./ソハ「::l∧ゝ
            V^'、            |:. / /イ/
.        /¨l     ヽ \ `マ: :‐┐     /!:/ `::::::::\
       / /     }::r \ `ー‐'    .イ ∧:::/ ̄ ̄ ̄
      ノ /      ,|/   ` -r ' ´   ./ V
     ∠ /           _l       '
   /__ \/.)     ,.  :'´:__/      |__
  / _ \ | / ,ィf.:.:.:.:.:.:.:./    ,.  :'´.:.:.:{
. / _  }_/7/,イ:l |.:.:.:.:.:./\ ,. :'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
/   {_,クノ'  /.:|.:l |.:.:.:../ ,. :'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\





  |:: :|: .::| .:|:. l:|
  |::.,: :r.:| ::../ ̄ ̄\
  |: |:: | . /   「    \     『 何でもすぐに こなせてしまう男なんて小説のキャラクターなら酷くつまらない奴だ
  |: |::. : |    ( ー)(ー)
  |: |::. :: |       | │                      自分の作品に出してもすぐに持て余してしまうだろう
  |:i ::| ::..|     ___´__ノ
  |:|: :| ::| |         }                         欠点もなく弱音も吐かない人間なんて愛嬌が無い
  |:|: :| ::| ヽ        }
  |:|: :| ::| : ヽ     ノ                                そんな奴よりは俺の方が人間味がある 』
  |;}   : :| :|../´⌒` ̄ ̄ ̄ ` ヽ                   
  |: .:| ;n ::| |      _゙_ 、  \
, . |: ::| ::{リ ::! ヽ イ´ ̄ /  ヽて   〉                                『 とは流石に言えなかった 』
; , | .::| ::r : :| :i l     /  r  ヽ彡'
;; /.::/ :::|i :.:| :l;.ヽ   /    ,ヽ  ヽ           -‐、
ノ,;ノ : ::八 :ゝ::..゙ヽ      /  Y   ゝ‐-、 ──´  │...w,
;:´.:: :/.::::ヾ::\::...ヽ、__ノ__「___ノ______」.        ,;..,,

548 : ◆hrPgATdXSI : 2019/05/28(火) 01:08:29 ID:jlKTIDMcSa
.


      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ llヽ
      | ┏───┓ ∥|    『 そんな ある日のことだった 』
      | │      │ ∥|
      | ┗───┛ ∥|
      |            ∥|
      |            ∥|
      |            ∥|
      |______∥|
       ) ≡≡≡≡≡≡)
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





            |\
            |  \
            | |\\
            | |  \\
            |  \ ..|∥i
      | ̄ ̄│   \|∥|   『 従兄弟が本を貸して欲しいと 男を訪ねてきたのは 』
      |    |       ∥|
      |    |       ∥|
      |    |       ∥|
      │   \     .∥|
      │     \   .∥|
      │       \ .∥|
      |______ \ |
       ) ≡≡≡≡≡≡)
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.
                                                                                続く.

549 : 令和もどこかの名無しさん : 2019/05/28(火) 11:33:24 ID:z.stU8IESd


550 : 令和もどこかの名無しさん : 2019/05/28(火) 12:32:02 ID:BO.2v.yU00
乙です

551 : 令和もどこかの名無しさん : 2019/05/28(火) 13:04:53 ID:ZthEmXNg00
乙です

552 : 令和もどこかの名無しさん : 2019/05/28(火) 20:42:38 ID:nzh//ubE00


553 : 令和もどこかの名無しさん : 2019/05/28(火) 21:30:38 ID:a4IIYIPA00

できない夫の気持ちが何だか妙に分かる

関連記事



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-31695.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13