以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-31665.htmlより取得しました。


やる夫の兄はブラコンのようです外伝 よく似た他人で終わりたかった 1話

目次 現行スレ

537 : ◆hrPgATdXSI : 2019/05/27(月) 19:58:01 ID:afI4ehp.Sa
.
┌──────────────────┐
│やる夫の兄はブラコンのようです外伝    │
│よく似た他人で終わりたかった 1話    ..│
└──────────────────┘



      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ llヽ
      | ┏───┓ ∥|    『 くだらない 大馬鹿野郎の話をしよう 』
      | │      │ ∥|
      | ┗───┛ ∥|
      |            ∥|
      |            ∥|
      |            ∥|
      |______∥|
       ) ≡≡≡≡≡≡)
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





            |\
            |  \
            | |\\
            | |  \\
            |  \ ..|∥i
      | ̄ ̄│   \|∥|   『 その男には 酷く出来のいい 従兄弟が一人いた 』
      |    |       ∥|
      |    |       ∥|
      |    |       ∥|
      │   \     .∥|
      │     \   .∥|
      │       \ .∥|
      |______ \ |
       ) ≡≡≡≡≡≡)
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.




538 : ◆hrPgATdXSI : 2019/05/27(月) 19:58:25 ID:afI4ehp.Sa
.

                      i|                |   
                       〈(_ __)___            i          一歳だけ年下のそいつは 親戚だからか男によく似ていて
                __   (/ / ̄ヽ〉      ___/_
            // ̄\/ /           x≦///////!         尚且つ外見以外の全てが男より何倍も上等だった
           //   / / i         r≦//////////}_
       __r‐v'"/__/ /...イ_`ー     「∨/////////:::::::::`ー..._     勉強も運動も、他の人間からの信頼も、何もかもだ
      / rャ{-<( ̄ ̄\/ {:::::| >'  ハ   |__,「1/////::::::::::::::::::::::::::::::\
    /ヽ//  \_〉ァ‐一'..-―‐Ⅵく  /Y  「_| i//,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧  外見と年齢だけは良く似ていたものだから度々比較されてうんざりをした
   /___ 、 \ /  /   /:::/::::::::::::! Χ. ! 〈  }_i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::.
  {´  ヽ\ Y  {   /:::::!::::::::::/:l/:i |}  〉_/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::,
  〈--へ _} `¨  .〉 /::::::::|::::::::::{::::::::!  !.|  1{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::,
  i     ,    /  {::::::::::::::::::::::Ⅵi::|  i i  ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::,
  {     }   ,イ   j::::::::::::::::::::::::Ⅵ:| 〈_} / ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::.
   ヽ    イ〉1  {::::::::::::::::::::::::::::Ⅵ  { / / ’:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::}
   /i   i / |   〉:::::::Ⅵ:::::::::::::::i:|  i〉 /   ’:::::::::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  / |   /   .i..イ:::::::::::::l|:::::::::::::::i:|  i O|     ’::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::}
 {   !/     /:::::|::::::::::::::l|::::::::::::::「」   i  |     ’:::::::::::::::i:::i::|::::::::::::::::::::::::::::::/:〉
 i__/      ./::::::::!:::::::::::::::|:::::::::::::::::|  i  |       }:::::::::::::::i:::i::|:::::::::::::::::::::::::::::::::|





l i !il! il!!il! i|―――――――――――――――――――――――   し三三三三三三三三三||
!il! il!!il! i!!!!|" ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"|| ̄ ̄ ̄| il!! il!!il|       / ̄ ̄f=----―――
!il! il!!il! il!!il|     ||        | |        ||     | il!! il!!il|     iー――,|il!! il!il!|    ||
!il! il!!il! il!!i!|     f||        | |        ||     | il!! il!!il|     |     |il!! il!il!|    ||   『 ただ、その時はまだ、ただそれだけの事だった 』
!il! il!!il! il!!il|     ||        | |        ||     | il!! il!!il|     |     |il!! il!il!|    ||
!il! il!!il! il!!il| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i| il!! il!!il|     |     |il!! il!il!|    ||
!il! il!!il! il!!il| ̄ ̄ ̄i|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|il!! il!!!i|     i       il!! il!il!| ̄ ̄ ̄
!il! il!!il! il!!!|       ||        | |            ||     |il!! il!!ii|     |       |l!! !!!ll| ̄ ̄| |
!il! il!!il! il!!!|       ||        | |            ||     |il!! il!!ii|     |       |l!! !!!ll|    | |
!il! il!!il! il!!!|       ||        | |            ||     |il!! il!!ii|     |       |l!! !!!ll|    | |
!il! il!!il! il!!!|       ||        | |            ||     |il!! il!!ii|     |       |l!! !!!ll|    | |
!il! il!!il! il!!!|       ||        | |            ||     |il!! il!!ii|     |       |l!! !!!ll|    | |
!il! il!!il! il!!!|       ||        | |            ||     |il!! il!!ii|     |       |l!! !!!ll|    | |
!il! il!!il! il!!!|三三三三三三f=个=}三三三三三三三三三三三|il!! il!!ii|     |       |l!! !!!ll|====| |
=======-ュ   __ _{:::沁__;;} _       ___        _ ___ |    .└-ー"____
彡=ii|ー||  f`"ニニニニ7三;フ |_}}     iュ`======`、      |冂}ニニ====----,f i 、 f-`ニー--
H  f= ̄i_ iil-;――――---||. |_|}___, || | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`.、||``||三=||"~f!========iー ―  、
H  || ー=========== " |i!!.||. ||||ー-―` ,|F川`ー=========||ー|| ||-,||""|| ||`"fi``ヽ-========
-―┴―――7___!i__|_ .1 || ,i ii  ||  ,| ||`ー――――――― || || ||ー|| ||ー||三下、ii___
        /ii ii ii i! || !|i!!i |iーii ,| |i------__`A             `ヽ, ii-ii!|| || !|| |i !i i!|| i !i i i! i!i
=========/ ̄ ̄ ̄`||フ|!i i!|| ,!!i!i ij    ij{`f"i\i==================f .,ii..ii--.!ー" ̄`!!\,ii !! i!

539 : ◆hrPgATdXSI : 2019/05/27(月) 19:58:48 ID:afI4ehp.Sa
.
                       __
                  /    \           『 従兄弟自身が男を馬鹿にしたなら確執も生まれただろうが、そのようなことはなかった
                     |      |    
                     |       |            学業に部活動、生徒会、郊外活動、優秀な学生である従兄弟はひたすらに多忙だった
                 __く    __|,二ヽ- 、
              ∠爪∠!´ ̄    .`l    \      遊ぶ暇どころか家でだらだらとする時間さえ無さそうな程予定に追われている彼を
                  (___∨  ヽヽ、/      ∧
               ∨  ∧ .`ー ‐ヽ、´ヽ      ∧     部活にも出ず趣味に明け暮れ残りは怠惰に寝転がるだけの日々の男はごく稀に憐れんでもいた
               ∨  ∧     \ ヽ    ゙∧
               ∨  ∧      .∨ |      ∧   
                     ∨  ∧      ) `ヽ     |
                     ∨  ∧       /_   .|  ゙\|
                   _∨_, -`─::´ ̄::::::\/.   \〉
                  /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|_  \/                                    まあそれさえもどうでもいい程に疎遠だった 』
                   |::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::,\__ゝ
                 X/:::::::::::::,!| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                /:/::::::::::::/ .T'.TT ̄ ̄ ̄ ̄ ̄TT'.T
          /::::/ ::::::::: /  .| | |           | | |
.    ,- 、__/` :::::/::::::::::: /   | | |           | | |
.    \   l `ヽ、__」::::::::::::/    .| | |           | | |
.     \_\   ∧:::::::::/     | | |           | | |
          ゙i__\_ ∧::::/      .| | |           | | |
             ゙i__∨        | |_l           |_| |
                        ̄.            ̄
.

540 : ◆hrPgATdXSI : 2019/05/27(月) 19:59:16 ID:afI4ehp.Sa
.
      ____
     /⌒  ⌒\
   / ●   ●  \    『 ただ 彼の弟であるもう一人の従兄弟のことは可愛がっていた 』
   |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
   >  ヽ._)    ィ’






              __
              /     ` 、     『 多忙な兄に全く構って貰えない子供を
            /               
              /       ¬     !     男はその子が本当に幼い頃から何かと構ってやっていた
          { ´   ( ●)   |
          l( ●        |     家も近く親同士の仲も良かった 子供の両親は共働きをしていた
                 l        〈
                 __   _/ ̄へ   実の兄の代わりにその幼子の面倒を見ることで 怠惰な生活をある程度許されている部分もあった 』
            丶      /   / ∧
                  ` ‐ ´ヽ/   /   ∧
          /二 ヽ  「 ノ \/ /  `∧
             l (◎) }//  /    /    ∧     ―   、
             ヽ二ノ  i  /         /        \
       ┌‐ァ /  |/:| /          /  ―    ―
        へ//n  /::::|/´   〈       l (●)    ● )  }
          |へ' ノ | ii::::::|     ∨      (__人__)     /
       〈ヽ'  ノ、{l:::::::|        ∨    、  `⌒´___
         l   ノ |l:::::::l       ∨    } ̄o」/ ̄´:::::::::::::〈
       〈ー ´  |l:::::::|       ∨  / ̄:::::l::::::::::::: ̄ ̄:::::ヽ
        ∨o  |l::::::::;        { /:::::::::/:::::l:::::::/:::::::::/:::::::{
        ∨  {l:::::::::';           〈:::::::::/=⊂⊃=|:::::::/:::::::::::::l

541 : ◆hrPgATdXSI : 2019/05/27(月) 19:59:44 ID:afI4ehp.Sa
.

                ______
            ´           ヽ
        /               \
.        /                  ヽ
       /                   i   『 そんな計算を抜きにしても 男はずっと弟を欲しがっていたから
       |                    i
       |                    |    単純に年の離れた従兄弟が可愛くて仕方が無かった
       l    _ `     ´ _     .|
       l   /     ヾ   Y   ヽ  |     外や家で遊んでやり、時に簡単な料理を作ってやり
       !   | -‐- |     | -‐- |  |
       .l.  ヽ ,  ノ    ゝ   ノ   '    せがまれては男が趣味で書いていた創作小説を読み聞かせてやったりした 』
         |         i          |
        l         |        ./
        ',        `        /
        ヽ    、___,    ∧__
         \            / / 〉::`丶、
         /\         /  / /::::::::::::::丶、
        /:::::l   ー――‐ ´  / /:::::::::::::::::::::::`丶 _
     -‐::::::::::::::l        /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::





┏─────┓  . . ..::::::::::|  ||  ./
│≡≡≡≡≡│  . . ...:::::::|  ||/     ||
┗─────┛    . . . .:::|  ||       ||  |  .
    (◎)         . ..:::|  ||/     ||  .! :   :
    ヽ|ノ          . .::|  ||       ||   | :   :
__(__)_________|  ||       ||  | :   :      『 子供の兄とは 相変わらずよく似た他人止まりだった 』
                \|  ||    / ||  ,i :    :
 ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||.  \. // ,|i〕  | :    :
==||====||=〔 ̄ ̄ ̄〕||====||    \.    ||  ,| ::   ::
\||__\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\,||.      \  ||  i ::   :::
  \  ||\______\        \,||  | :::   .:::
 ̄||.   ||\||   :=:   || ̄        \ | :::   ::::
 ̄||:   ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| \         ノ .::::   :::::
  ||      ||          ||..  \         ゙^ヽ,  .:::::::
           〔 ̄ ̄ ̄〕.    \         `~、
 ̄ ̄\    \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.. \
     \.    ||\______\ . \
 ̄ ̄ ̄||~     ||\||   :=:   || ̄.   \
 ̄ ̄ ̄||    ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||        \
      ||.       ||          ||

542 : ◆hrPgATdXSI : 2019/05/27(月) 20:00:12 ID:afI4ehp.Sa
.


      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ llヽ
      | ┏───┓ ∥|    『 けれど その関係が崩れる時が訪れた 』
      | │      │ ∥|
      | ┗───┛ ∥|
      |            ∥|
      |            ∥|
      |            ∥|
      |______∥|
       ) ≡≡≡≡≡≡)
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





            |\
            |  \
            | |\\
            | |  \\
            |  \ ..|∥i
      | ̄ ̄│   \|∥|   『 従兄弟の両親が 事故死をしたのだ 』
      |    |       ∥|
      |    |       ∥|
      |    |       ∥|
      │   \     .∥|
      │     \   .∥|
      │       \ .∥|
      |______ \ |
       ) ≡≡≡≡≡≡)
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.
                                                                                続く.

543 : ◆hrPgATdXSI : 2019/05/27(月) 20:00:51 ID:afI4ehp.Sa
2話目は明日投下します

544 : 令和もどこかの名無しさん : 2019/05/27(月) 21:05:16 ID:WPFyEZKA00
乙です

関連記事



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-31665.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13