以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-31646.htmlより取得しました。


やる夫は天下名将を目指すようです 39

目次

1836 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/25(土) 22:55:53 ID:fOGs008v



                                      --- .
                                     /      `ヽ
                                  /           i
                                   /  / /     |   i
                                     i/ / /   / |  リ
                                   / / /   /  i|  /
                                    /  /   /   il| ,′
                                 /  /   /   ilリ /
                                /  / /  /    ∧ {
                              -=ニ  / / /  /   /\Ⅵ
                       -=ニ  //   /  /   /  } }\
                       〃ニ=- ´ /       /  /   //\ \_
                     /.イ   /      / // /  // / r辷_彡'
                      {: :|  //     /{: :ィ : /∨ .// /  \彡'
                      |: :i// 〃 / 八  ∨: :∧/ i// /    /そ
                      i/// /  /  / /:\ \{ }/ / / \ /
                      // / /  /  / /: r=≧、__≧=- ./    }
                    ./{  / /  /  / /: : ト、\{_/  ./二二ニ{
                   /:.:i. / /  /  /i/: /: :!/≧=一   ,′    |
                    {: :.| i /i /! / !: :i: : :!\\    ,      |
                    ‘: :! !' .i / | /  j: :.!: : | {二二>'        |
                    ヾ  .i' .i/ 〈{i: ハ: :! !二ニニ/       |
                             /∨ .i:ハ |二ニ/        |

                                【アイキャッチ】

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

                          やる夫は天下名将を目指すようです

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




1837 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/25(土) 22:56:04 ID:fOGs008v



工工[工工工]工工工[工工工]工工[工工]
]工工|::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!:::|工工[
工工[|::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!:::|]工工
]工工|::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!:::|工工[
工工[|::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!:::|]工工
]工工|::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!:::|工工[
工工[|::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!:::|]工工
工工〔三三三三三三三三三三三三〕工工
工工[|::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!:::|]工工   コンコン
]工工|::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!:::|工工[
工工[|::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!:::|]工工
]工工|::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!:::l^!::|工工[   < 袁紹殿、やる夫ですお。今、宜しいでしょうか?
工工[|::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!:::| l: |]工工
]工工|::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!:::|_l: |工工[
工工[|::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!:::|]工工
工工〔三三三三三三三三三三三三〕工工
工工[|::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!:::|]工工
]工工|::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!:::|工工[
工工[|::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!:::|]工工
]工工|::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!:::|工工[
工工[|::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!:::|]工工
]工工|::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!:::|工工[
]工工|::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!:::|工工[
工工[|::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!:::|]工工
]工工|::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!::::|!:::|工工[






               /    /  -――- 丶   \
              ,      ////////////∧   ヽ
          /     //////////////∧
            /      厶イ´ ̄ ̄ ̄ ̄` <',
                 /  /|       |   i| ∨   '      ――ええ、どうぞ。
                 /_ / | |∧    ./| :/ l|  :l     '
             |    | :/〕 ト廴_ 、 ..:/,_j厶斗<|/    ',     鍵は開いてますわよ。
             |i 、  i|/.      V.:/      /  / ∧
           . 八 \八〈三三彡. j/  ミ三彡入/  /
           /     \\ , ,        , , //      ,
.         /    ∧   \\    '    〈 イ    /    '
        /   /.:∧   l\丶  _ _    ∨   /     ∧
.       /   / . :∧  ', } ト .      イ 〉   .′      、
      ′  :/ / /.: :\ ∨人 >< /|, '  /          \
     /    r――――ァ\〈.  \____/ /  /ヽ ――-- 、
          /|      ////\ /芥\/ X ///∧       |
.           |.     //// / ノ\〃 |i |/  \//∧       !
        /  |     /// / /   〉 ||.八     \ ∧    |


1838 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/25(土) 22:56:18 ID:fOGs008v



   /||
  / ::::||
/:::::::::::||____
|:::::::::::::::||      ||   ガチャ
|:::::::::::::::||      ||
|:::::::::::::::||      ||
|:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
|:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\       それでは、失礼して――
|:::::::::::::::||●) (●) \
|:::::::::::::::|| (_人_)    |
|:::::::::::::::||___   /
|::::::::::::::(_____ノ´||
|::::::::::::::(_ノ / . . . ||
|:::::::::::::::||/    ||
|:::::::::::::::||      ||
\:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
  \ ::::||
   \||





               ____
             /      \
           / ─    ─ \     ……袁紹殿。
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |    今日は、一つ知らせがあって参りましたお。
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


1839 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/25(土) 22:56:37 ID:fOGs008v



                       ____
                     /__\  `丶
                     / /: :_:_:_:_:_:.ヽ   \
                    // /{/  i  \}  i  :.
                      // //i ト、   !八iヽi /_\r'.
                  〈〈 i i八!´\リ、__, ノ' /{-   ヽ._
                 ヽヽ/∧ー' 、   ''/ /_人 __ノ::::::::ヽ_
                     \{ 込、 ー' { {/{:}/::::::::::i::::::::::/::}
                   / / /介ト rく_,i/_}::::/ ̄ ̄}::∧
                      / / / /_iリ/ハ´ { ⊂ニ\: : : : :.{/  \
                     / / /´////{ `ニ廴彡{ ∨  ̄{     \_-=ニニ=ミ
                 / __,/ /__フ/ { {__}__、--つノ  ‘.  ∧ _ -=二二二二二ニヽ
              人__彡'   {/ ̄i」     ヽ   {   { i_ -=  ̄ ̄`丶\/
             ///_.イ i          i  /\  '.  /}     \     \
            ////`そ{  ノ      ノ  ∧  \ ‘,  /\    \{`丶   \
          /// {  ヽ/}            / i   `ー‐'  } -=ニ二二} \  \


1~3:あら。人質解放の仔細でも決まりましたか?
4~6:……何やら物々しい雰囲気ですわね。話を聞きましょう。
7~9:知らせ…… ああ、成程。
10:熱烈歓迎

【安価↓2】
1d10


1840 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/25(土) 22:56:52 ID:5/vfNzcR
【1D10:9】

1841 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/25(土) 22:57:07 ID:6Z685bsw
【1D10:6


1842 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/25(土) 23:02:34 ID:fOGs008v



       /     ////////////////////,ヽ     ヽ
.      /     //////////////////////∧      ,
       ′     ///// _ イ⌒'ー'⌒'ーr―< /∧      ,
.             / ノ⌒´ ∧|    ,∠L. 」 _ `T V    ,
          |/´   斗ァ¬|   /  | ∧ 〕ト |     ',
      |      , <´l j/ 人l   |/    !:/ | /| |`メ
      |:   /|.:/∧| |     \ |   孑…=ミ l/| j/     i    ……何やら、物々しい雰囲気ですこと。
      |:     l// x1て丁   ヽ|    {てノリ 入_ |/ /    |
      |: 、   |/-〈 乂ーリ          `  ´   / /    j/|    何でしょう、私の処刑でも決まったのかしら?
      l: \   \           l         / /'      //|
      |i   `  . \       _     / イ /    /  |
    八       `丶\     f―  ヽ   / 厶ィ'     //  |
.   /  \         \ヽ    、 _ ノ   {/ /     /    |
   /     \    ヽ 个ト   `¨   イ∨ /         |
.  /  /    \    ∨| |> _  <  | 〉'    / |   |
 /  /      ,\     「`ト     . <フ    /   i|    |
./  /      /   \   \  `Y´    /  /     |    !
'  /      /      > 、 , ,x介ト、 / /{ ー-=ニ... _ |i   |
  /     _厶斗<'/////〉 ∨/小.\〈 {   \//////「丁ニ¬‐-






           ____
         /      \
        /  ─    ─\      あー、いえ。そういう話では……
      /    (●)  (●) \
      |   U    (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \






        />='ー≠=\    丶    ヽ   \
.       /::::::::::::::::::::::::::::::\    :           ヽ
      /::::>'´ ̄ 「 ̄Y⌒:ヘ    i    :      ',
      /:/、_人_.斗个 T^「⌒ハ    |    l       |
.      レ'ノ   :i   :iー/‐i八-- ヽ  |    |       |    冗談ですわよ。
      j∧  : |  /j/ iリ  ヽ\l /   /     /   .|
      |l i f^ l八 / /.ィヘうた卞、 ∨i   /     /    |    ――ええ、良いですわ。話を聞きましょう。
      |i  ヽyぅ、    弋::r少  /  /     /i     |
      |l : ' 圦r'j     `    /  ./     / .l     |
      l!八. 丶 ソ         / //   イ  l    |
        \ く          // /  / l   i    |
          |>丶  _     ///    /  l   |l   }
          }    \ー `  ((_/   / ^ト、 l   |i   八
.        /  i   \  .ィフ′/_..孑==ヘ_j   l:    ',
       /  /,'    ′ / / _.斗'≠┬i` ̄ ヽ    .
      /{ //   /  // /   / }::l    ハ     ヘ


1843 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/25(土) 23:08:34 ID:fOGs008v



..     ____
    / ―  -\
..  /  (●)  (●)     どうも。
 /     (__人__) \
 |       ` ⌒´   |   ……これは、袁紹殿にとっては悪い知らせかもしれませんが。
. \           /
.  ノ         \
/´            ヽ







          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `ヽ
          |
          |       人質交渉を行っていた袁家側に政変有り。
          |      袁紹奪還を打ち切る兆しがある、とのことです。
          |
          ヽ_________________________  乂_


1844 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/25(土) 23:09:40 ID:fOGs008v



                      --- .
                     /      `ヽ
                  /           i
                   /  / /     |   i
                     i/ / /   / |  リ
                   / / /   /  i|  /
                    /  /   /   il| ,′
                 /  /   /   ilリ /
                /  / /  /    ∧ {
              -=ニ  / / /  /   /\Ⅵ
       -=ニ  //   /  /   /  } }\
       〃ニ=- ´ /       /  /   //\ \_
     /.イ   /      / // /  // / r辷_彡'
      {: :|  //     /{: :ィ : /∨ .// /  \彡'
      |: :i// 〃 / 八  ∨: :∧/ i// /    /そ
      i/// /  /  / /:\ \{ }/ / / \ /
      // / /  /  / /: r=≧、__≧=- ./    }
    ./{  / /  /  / /: : ト、\{_/  ./二二ニ{
   /:.:i. / /  /  /i/: /: :!/≧=一   ,′    |
    {: :.| i /i /! / !: :i: : :!\\    ,      |
    ‘: :! !' .i / | /  j: :.!: : | {二二>'        |
    ヾ  .i' .i/ 〈{i: ハ: :! !二ニニ/       |
             /∨ .i:ハ |二ニ/        |


動揺度:1d100

【安価↓2】
1d100


1845 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/25(土) 23:09:52 ID:x1v99Ov5
【1D100:35】

1846 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/25(土) 23:10:16 ID:5IJtoaZ8
【1D100:17



1847 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/25(土) 23:11:00 ID:IKL4Ot/z
冷静やな


1848 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/25(土) 23:13:33 ID:fOGs008v



               /    /  -――- 丶   \
              ,      ////////////∧   ヽ
          /     //////////////∧
            /      厶イ´ ̄ ̄ ̄ ̄` <',
                 /  /|       |   i| ∨   '
                 /_ / | |∧    ./| :/ l|  :l     '      ……成程、まぁそうなるでしょうね。
             |    | :/〕 ト廴_ 、 ..:/,_j厶斗<|/    ',
             |i 、  i|/.      V.:/      /  / ∧     むしろ想定よりは持った方、でしょうか。
           . 八 \八〈三三彡. j/  ミ三彡入/  /
           /     \\ , ,        , , //      ,
.         /    ∧   \\    '    〈 イ    /    '
        /   /.:∧   l\丶  _ _    ∨   /     ∧
.       /   / . :∧  ', } ト .      イ 〉   .′      、
      ′  :/ / /.: :\ ∨人 >< /|, '  /          \
     /    r――――ァ\〈.  \____/ /  /ヽ ――-- 、
          /|      ////\ /芥\/ X ///∧       |
.           |.     //// / ノ\〃 |i |/  \//∧       !
        /  |     /// / /   〉 ||.八     \ ∧    |




          ____
        /   ― \
.     /   (● )  ヘ\      ……随分、落ち着いておられますおね?
     |   (⌒   (● ) |
      ヘ     ̄`、__)  |
        ヽ           |
      , へ、      _/
.      |          ^ヽ
.      |      1   |


1849 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/25(土) 23:21:23 ID:fOGs008v



                    __/ ̄ ̄ ̄  \
                      /./ ̄ ̄  ^ー    ―‐ 、
               /  ′   /__」 ̄廴」 ̄廴_ \
              /   ′    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \ ‘,
                 /    /     / _____   ‘, \
             / /  ′    //{/{廴{冖_r ┐  、 ,
            ′        ./⌒i{  /  {    く_人 \}   ,     想定の範囲内ではありますもの。
            /  }  {    ′ ハ {  {    }_}    ̄ ,  ‘,
             {   }  {   { ̄i{   、   { /}/ .}ー  } } }   }     ――私は袁家の棟梁として漢室に仕えてきましたが、
           V /   {    { 、__\__\_V _ /   /  ′  ,
              /  {   \ 斗r茫う ̄`    茫う\/ //   /     袁家とて一枚岩ではありません。
          /   \    、 \-     、 -  /^ // /{
            / /    ‘,   \ \           爪厶イ⌒ \      私が黄巾党に捕らえられたとなれば、折り合いの悪い分家の連中が
        / /       ,  /  _}  -‐   /}⌒\{/⌒ハ
          / /      /‘, {/{ ̄`  __   イ   ̄\\  {  ,    他の人間を頭に据えようとするのは見えていましたわ。
.         / /      /  ‘,  {__     {  | |  \   \} {  ,
       / /       /   _ ,  {  \ __」\」\    \  {  ,  ,
      i{./     _  -‐   ‘, {    /{  {{―‐=ミ、 }   {   ,  ,
.       /    /__   /   } {    { { fハ\    \}  /\, .}
      /     {   \_./    _j_  { /iしヘ  、\_ji./    ‘,/
.     /      i{    {⌒\< ̄  / \_j′ハ  \  } / {_/⌒\_}\
    /       {   \   \}  {   {__/! \/} ∨  ⌒> __}   、
.   /      /i{   {⌒ \ ̄   ⌒\ { {   }/  \ ./ /\    \
  /    /   {    ̄ア_}/\        { {          }  ̄ア _ノ\    }






       /     ////////////////////,ヽ     ヽ
.      /     //////////////////////∧      ,
       ′     ///// _ イ⌒'ー'⌒'ーr―< /∧      ,
.             / ノ⌒´ ∧|    ,∠L. 」 _ `T V    ,
          |/´   斗ァ¬|   /  | ∧ 〕ト |     ',
      |      , <´l j/ 人l   |/    !:/ | /| |`メ
      |:   /|.:/∧| |     \ |   孑…=ミ l/| j/     i     なんなら、新しい棟梁に誰が担ぎ上げられたかも当てて差し上げましょうか?
      |:     l// x1て丁   ヽ|    {てノリ 入_ |/ /    |
      |: 、   |/-〈 乂ーリ          `  ´   / /    j/|     そうですわね、私の次に選ばれるとすれば――
      l: \   \           l       〃/ /'      //|
      |i   `  . \〃            / イ /    /  |
    八       `丶\    _     ┐   / 厶ィ′    //  |
.   /  \         \ヽ  丶 _ ノ   {/ /    /    |
   /     \    ヽ 个ト   `¨   イ∨ /         |
.  /  /    \    ∨| |> _  <  | 〉'    / |   |
 /  /      ,\     「`ト     . <フ    /   i|    |
./  /      /   \   \  `Y´    /  /     |    !
'  /      /      > 、 , ,x介ト、 / /{ ー-=ニ... _ |i   |
  /     _厶斗<'/////〉 ∨/小.\〈 {   \//////「丁ニ¬‐-


名族っぽいAA募集
【安価↓1~ 23:40】
キャラ名(作品名)


1850 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/25(土) 23:24:05 ID:V5lXSXYY
パタリロ・ド・マリネール8世(パタリロ!)

1851 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/25(土) 23:25:49 ID:96+KdZ4i
リア=パラパラ=リーザス(Ranceシリーズ)

1852 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/25(土) 23:27:18 ID:bDfSdB7c
今川雷蝶(Nitroplus/装甲悪鬼村正)

1853 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/25(土) 23:27:27 ID:ZJwIwtok
ウェカピポの妹の夫(ジョジョの奇妙な冒険)

1854 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/25(土) 23:27:56 ID:yaOHLq+p
はぐれファランクス(DemonsSoul)

1855 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/25(土) 23:28:13 ID:5/vfNzcR
ヴィーラ・リーリエ(グランブルーファンタジー)

1856 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/25(土) 23:28:32 ID:1SMr2+7K
エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル(魔法先生ネギま!)

1857 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/25(土) 23:29:07 ID:u6B0FfhQ
トレーズ・クシュリナーダ(新機動戦記ガンダムW)

1858 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/25(土) 23:30:15 ID:s2Z0o/sm
否定姫(刀語)

1859 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/25(土) 23:30:29 ID:RxQdn4bc
ナーシェン(ファイアーエムブレム 封印の剣)

1860 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/25(土) 23:31:54 ID:Sz8invLM
十神白夜(ダンガンロンパ)

1861 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/25(土) 23:33:32 ID:ib8euNEF
無名の王(DARKSOUL)

1862 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/25(土) 23:34:26 ID:5IJtoaZ8
海原雄山(美味しんぼ)

1863 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/25(土) 23:34:39 ID:YY3rmzPx
嘘つき姫(嘘つき姫と盲目王子)

1864 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/25(土) 23:36:30 ID:IDU+jdVZ
ホーネット(Ranceシリーズ)


1865 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/25(土) 23:41:04 ID:fOGs008v


ここまでー。


1866 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/25(土) 23:41:31 ID:fOGs008v


1.パタリロ・ド・マリネール8世(パタリロ!)
2.トレーズ・クシュリナーダ(新機動戦記ガンダムW)
3.リア=パラパラ=リーザス(Ranceシリーズ)
4.ヴィーラ・リーリエ(グランブルーファンタジー)
5.エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル(魔法先生ネギま!)
6.ウェカピポの妹の夫(ジョジョの奇妙な冒険)

【安価↓2】
1d6


1867 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/25(土) 23:41:49 ID:5IJtoaZ8
【1D6:5】

1868 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/25(土) 23:42:32 ID:96+KdZ4i
【1D6:4

1869 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/25(土) 23:42:33 ID:1SMr2+7K
【1D6:3】


1870 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/25(土) 23:46:57 ID:fOGs008v



                  |i_),。-=========- 。i_i|: : : : : : : : : :/i:i:/     ∨/
              >‐=ニ彡´ ̄` <}is。  ,。。->=ミ: : : :./i:i:∧     ∨/
            /  /イi .∨      ヽ ヽ,´ /     ヽ_ノi:i:/ .∨     ∨/
           /   .'  i  ∨      r‐===-rニニis。/ ∧ゞ´    ,     .∨/
         /    i     .'      廴{ ̄`Ⅵヽ) } / .∧    ,      ,
        /      i!  i   .i!     ,ィニニ乂  .\彡'  ノ .W          ,
         .∥      i{  .∧  .i!     { (   )ヽ、\リ ハ===<.W          ,
       .∥      ∧ ハ∧  i!    乂`""´ノ}i二彡、ゝ、'''ー==ニニ≧s。      ,
        i|     i ,' Ⅵ{''´ \ i!      ̄  i|  )ゝ,`┐ヽ i|`""'''''ー`''     i.|
        i| i   .|ィゞ´ ',{_,,。。__ヽi         i|< . 〕ム `'ヾs。           i.|
       {  ',   {i  '´ィ也ゞ}了 .| i   i  i  リ〉ヽ∨ヾ}h  ゞミh、        i.|
          W 'h、 ∧ ア´圦} リ'  .| |   /  /i  / ヽ.リ  ト,ミ', /::::i`'ゝ,       .i.|
        Ⅵ マis。 ト、   匁イ   |リ  从 /:::| ./ノ //   ヾhイ:::: i.           i.|
        Ⅵ乂{:::::)ヽ、     __ノ' / ノ'  iノ.i!ア´イ    ヾ,:::: .i.           i.|
         .ヽ,ヾ:、´        /''´i|    / i!,。イ)_/ /::/::::`       i     .i.|
           .i|ヽ          i|      i!   ),イィ,::':::::        i|    i.|
            i|:.:}、 、-ァ      :i|      .i!      i{:::::          i|    i.|
            .i|:.:.:.〕、´        .::i|      i!     i|:::::          i|    i.|
            i|:.:.:.:∧      .::::::::i|     .i!       .i|:::::          i|    i.|
            .i|:.:.:.:.:∧...:::::::ニ=-v:::i|     i!      W/∨/      i|    i.|
             i|:.:.:.:.:.:}`|i´     Wi|    .i!      .∨、 }i         i|    i.|
             .i|:.:.:.:.:i! .|i    ,ィi} i|     i!       ∨ヽ/7       i|    i.|
             i|:.:.:.:i!=.|i __ ./::ノ} i|.    i!       /ヽ/{:::.       i|    i.|
       _,,,。。。,,_ノi|:.:.:.i!ニニイ_,>'´丿 .i|    i!    _   {  ./:.{::::.     .i|    i.|
     /ニ=-‐-=ニイ .i|:.:.:i! //´ ゝ、´.  i|   .i!   {  `U} ,イ:.:.リs。.       i|    i.|
    / {ニニニニニ/ /i{.i|:.:.i!./_i}  ::::::イ`'‐i|   i!__i}  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.}is。   i|    i.|
   ∧ ヽニニニニ{/ リ.ハ:.i!イ::::   :::::::  .i|  .i!{   ,。イ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .__}is。 i|    i.|
     }isク}iニニノ .///iイ::::         i|  i!_)__/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>'´,。イ´  .∨/.  .i.|
     .}i:i:i:}.Ⅵ《.,イiゞ'´:::           i|   i! | 〕i:.:.:.:.:.:.:.:.:/  )´      .∨/ニ=-|
     }Ⅵ (イ/7´:::      /:::     i|  .i! . | i|:.:.:.:.:.:., r=≦        .}ニ=-  .∨/
     //  .( 从カ_  _ >i_,。':::     r‐i| iリイ | i|:.:.:.:.:/  ∨           |ニニニニニ〉}
    ./.ハィゞ'´} }ア{ノ / _}=、::     ∧i! /:.>''  ハ:.:.:/ >'´。,,_       .:::::::|二>''´ノ
   ∧{i:i/:.:.:.:} >''´i| /〔::     >''/イ:.:/  >'´{:.:.{丿´   二ニ=---=ニ二ニ=‐≦゙ /

                    【袁術】







                       ____
                     /__\  `丶
                     / /: :_:_:_:_:_:.ヽ   \          ……適当なのは、従姉妹の袁術辺りかしらね?
                    // /{/  i  \}  i  :.
                      // //i ト、   !八iヽi /_\r'.         ああ、答えが合っているかどうかは言わなくても良いですわよ。
                  〈〈 i i八!´\リ、__, ノ' /{-   ヽ._
                 ヽヽ/∧ー' 、   ''/ /_人 __ノ::::::::ヽ_     立場上、私に言えないこともあるでしょうし、ね。
                     \{ 込、 ー' { {/{:}/::::::::::i::::::::::/::}
                   / / /介ト rく_,i/_}::::/ ̄ ̄}::∧
                      / / / /_iリ/ハ´ { ⊂ニ\: : : : :.{/  \
                     / / /´////{ `ニ廴彡{ ∨  ̄{     \_-=ニニ=ミ
                 / __,/ /__フ/ { {__}__、--つノ  ‘.  ∧ _ -=二二二二二ニヽ
              人__彡'   {/ ̄i」     ヽ   {   { i_ -=  ̄ ̄`丶\/
             ///_.イ i          i  /\  '.  /}     \     \
            ////`そ{  ノ      ノ  ∧  \ ‘,  /\    \{`丶   \
          /// {  ヽ/}            / i   `ー‐'  } -=ニ二二} \  \


1872 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/25(土) 23:52:49 ID:fOGs008v



        ____
      /      \
     / ─    ─ \      お、お気遣いどうも……
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)  u   |    (合ってる…… これまで半年近く軟禁されていてこの洞察力か)
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      (やっぱり、味方にできれば心強い人物だと思うんだけど……)
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




     ____
   /      \
  /  ─    ─\      ……しかし。失礼ながら、陳留で初めてお会いした時と比べて随分と落ち着かれておりますおね。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |     何か心境に変化でも?
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


1873 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/26(日) 00:08:17 ID:hbUv+HxE



                    __/ ̄ ̄ ̄  \
                      /./ ̄ ̄  ^ー    ―‐ 、
               /  ′   /__」 ̄廴」 ̄廴_ \
              /   ′    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \ ‘,
                 /    /     / _____   ‘, \
             / /  ′    //{/{廴{冖_r ┐  、 ,
            ′        ./⌒i{  /  {    く_人 \}   ,     ……確かに、自分でも少々驚いてはおりますわ。
            /  }  {    ′ ハ {  {    }_}    ̄ ,  ‘,
             {   }  {   { ̄i{   、   { /}/ .}ー  } } }   }     私自身が、袁家から見限られたというのに、
           V /   {    { 、__\__\_V _ /   /  ′  ,
              /  {   \ 斗r茫う ̄`    茫う\/ //   /     こうまで落ち着いているなんて、ね。
          /   \    、 \-     、 -  /^ // /{
            / /    ‘,   \ \           爪厶イ⌒ \
        / /       ,  /  _}  -‐   /}⌒\{/⌒ハ
          / /      /‘, {/{ ̄`  __   イ   ̄\\  {  ,
.         / /      /  ‘,  {__     {  | |  \   \} {  ,
       / /       /   _ ,  {  \ __」\」\    \  {  ,  ,
      i{./     _  -‐   ‘, {    /{  {{―‐=ミ、 }   {   ,  ,
.       /    /__   /   } {    { { fハ\    \}  /\, .}
      /     {   \_./    _j_  { /iしヘ  、\_ji./    ‘,/
.     /      i{    {⌒\< ̄  / \_j′ハ  \  } / {_/⌒\_}\
    /       {   \   \}  {   {__/! \/} ∨  ⌒> __}   、
.   /      /i{   {⌒ \ ̄   ⌒\ { {   }/  \ ./ /\    \
  /    /   {    ̄ア_}/\        { {          }  ̄ア _ノ\    }






       /     ////////////////////,ヽ     ヽ
.      /     //////////////////////∧      ,
       ′     ///// _ イ⌒'ー'⌒'ーr―< /∧      ,
.             / ノ⌒´ ∧|    ,∠L. 」 _ `T V    ,
          |/´   斗ァ¬|   /  | ∧ 〕ト |     ',     でも、不思議と納得はしておりますの。
      |      , <´l j/ 人l   |/    !:/ | /| |`メ
      |:   /|.:/∧| |     \ |   孑…=ミ l/| j/     i     これまで私は、家柄だけで袁家の棟梁に担ぎ上げられていたようなもの。
      |:     l// x1て丁   ヽ|    {てノリ 入_ |/ /    |
      |: 、   |/-〈 乂ーリ          `  ´   / /    j/|     私自身はこれまで大した実績も挙げられていないのですから、
      l: \   \           l       〃/ /'      //|
      |i   `  . \〃            / イ /    /  |     捕虜となった途端に別の人間が担ぎ上げられるのも、理解はできますわ。
    八       `丶\    _     ┐   / 厶ィ′    //  |
.   /  \         \ヽ  丶 _ ノ   {/ /    /    |
   /     \    ヽ 个ト   `¨   イ∨ /         |
.  /  /    \    ∨| |> _  <  | 〉'    / |   |
 /  /      ,\     「`ト     . <フ    /   i|    |
./  /      /   \   \  `Y´    /  /     |    !
'  /      /      > 、 , ,x介ト、 / /{ ー-=ニ... _ |i   |
  /     _厶斗<'/////〉 ∨/小.\〈 {   \//////「丁ニ¬‐-


1874 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/26(日) 00:20:33 ID:hbUv+HxE



   / ̄ ̄ ̄\
 /        \
/    ─   ─ ヽ    (……これは、ちょっと予定と違ってくるな)
|    (●)  (●) |
\  ∩(__人/777/    (ここまで冷静というか、相手が事情を把握している状態となると……)
/  (丶_//// \





        ____
      /      \
     / ─    ─ \      ……納得されている、と仰いましたが。
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |     袁紹殿は、それで良いんですかお?
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


1875 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/26(日) 00:22:21 ID:hbUv+HxE



                             _ -───── 、
                             /´    /   ,r≦ュ_,ュ ヽ
                             /     /  /     ヾ 、
                           /       i   /三三三三ュ、∨i
                       /     i   | /7∧|/ トi`⌒入ミュヘ
                          /  |!  ∧   |/斗ぇ芋ミュト! /´八∧|
                      /   ∧   ∧  j! ̄ヾゞツ ` Y_厶イ j }!
                        /     ∧  ∧ ∧         {か7//i |
                    /     / ∧   `ト !、      ' fイ//j |
                      /    , ' / ∧  │,ノ! r─ャ.  ノ /∧j
                   /    / / r′ヘ   K/   ̄ /¨´/! }}
                 /  / / _/ `\ヘ | , ヘ ,.ィi/   / / ,ノj
                 /  _/- ニ二i \   `Y l< |i  |!  /  iレ/
                / r<彡二´ i│  \. /! |ト、ゝ  | /i  |/
                // / /∧    | |, イ   く_,ノ,リトi ヽ<! i│  !
           / イ // // ∧    |iヘ、二二´三 //|}ヘ<ミY.ト」   l
          / /´// //   ∧.   トミュ\三ィ≦7/∧∨∧∨ `¨>i
        //´ // //     i  _,>ミュ>ュ==l」三ニK ∨>彡イ!
        /  /  」 i |     }  トミ二二≧′      ̄ヾ二三≦ ノ\
      イ  /  「 `//    // >テ≧         oi`¨ <イ′  \
        /    j. _j j     /∧ 「 ̄´  }          rニ三彡′、  ∧
            / //    イi !  ゝ    j          /  ̄`7i  ∧/ /

自分の境遇、袁家の動向はちゃんと理解し、受け止めているとして。
この状況に納得できているかどうか。高いほど納得。

【安価↓1】
1d100


1876 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/26(日) 00:22:51 ID:G3AURcE7
【1D100:49

1877 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/26(日) 00:22:52 ID:cO46ijsN
【1D100:44】



1878 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/26(日) 00:23:09 ID:G3AURcE7
半々な感じかなぁ

1879 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/26(日) 00:23:53 ID:4u18Y1O/
まぁ、人間だしな
成長できるかはともかく許攸パージできそうだしw


1880 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/26(日) 00:30:53 ID:hbUv+HxE



                ______
                 ´         >- .
             /          /⌒Y⌒ミヽ
          /             /二二二ニニ∧
            /            んんんんんんミ∧    ……良いんですよ。
          ′     '  |_/-∧-{- |、   込ハ
            i  ',   ',  i 厶イ==ミヽi  /  / i    確かに私は、自身の力を示せなかったのですもの。
            |   ',   '.  i |-くヒ.:ヅ ` ∨ /i/ /i
            |   '.    \从 u    厶芹/ / リ    力のない棟梁を切り捨てる選択も、仕方のない事で――
           ,′   i\   \'.      ∨ / /
         /      |  i\  '. \ - 、  イ イ /
       /     _リ__/`ヽ\ './/   / { i/
.       /     /  {\\: :\介ー 〔   | \
     /     ∧  | i \\:_i\{  i  i\ }\
.    /     { }   | |   ∨\ }\!___. --く__〉___
    /  /  / i i  | |   ∨/ / /  }fニニニ <:::::::::::::\
  /  /  / ∧|  ! !   __ノ   / と二二 \:::::::::::}
./   /  / / ∧{  | |  `ー―<_`丶  ヽ  `ヽ \::::::|
    /  / / / / !   ! !  / ___彡' /    }     Ⅵ::: !
.   /     / / ∧  } i/ {  `ー‐<_     |     }i/ハ
  /         / }   / |  、__彡イ      |  / リ //:}
/           /!  { {  |     } 〉    /リ /  ///:::リ
        /    /| | i / !    ノ'   /  //  //厶イ






         /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        /             \
      /                  \         ですから――
    /                       \
   /.      ―― 、   , 、――     \      そのままで良いのか、と聞いているのです。
  |                          l
  ..|.      ( ● ) ノヽ  ( ● )       |
  |.        ´"''",       "''"´         l
.  \.         (    j    )       /
    \      `ー-‐'´`ー-‐'′     /
    /ヽ               イ\
   /       ``ー- -‐'"´        \
                               \


1881 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/26(日) 00:34:22 ID:hbUv+HxE



        />='ー≠=\    丶    ヽ   \
.       /::::::::::::::::::::::::::::::\    :           ヽ
      /::::>'´ ̄ 「 ̄Y⌒:ヘ    i    :      ',
      /:/、_人_.斗个 T^「⌒ハ    |    l       |
.      レ'ノ   :i   :iー/‐i八-- ヽ  |    |       |     は……?
      j∧  : |  /j/ iリ  ヽ\l /   /     /   .|
      |l i f^ l八 / /.ィヘうた卞、 ∨i   /     /    |
      |i  ヽyぅ、    弋::r少  /  /     /i     |
      |l : ' 圦r'j     `    /  ./     / .l     |
      l!八. 丶 ソ         / //   イ  l    |
        \ く          // /  / l   i    |
          |>丶  _     ///    /  l   |l   }
          }    \ー `  ((_/   / ^ト、 l   |i   八
.        /  i   \  .ィフ′/_..孑==ヘ_j   l:    ',
       /  /,'    ′ / / _.斗'≠┬i` ̄ ヽ    .
      /{ //   /  // /   / }::l    ハ     ヘ





            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
        /            ヽ ヽ、            力の無い棟梁を切り捨てる、それは結構。
     ,,.-'"          ,,.-'"`     ヽ、
    /        、__,,.-='、':'"        ヽ、        ただ、袁紹殿。貴女は本当に只の力のない棟梁だったのか?
   i へ___,    " ゙.゙、;;;;::',ノ           ヽ
   ./ i ゙:;;;;;,:〉     `''''''"             ヽ      ――やる夫にはそうは思えませんお!
  / . ゙ー-''"       ヽ               i
  /    i   人     ノ               l
 ,'     ' ,_,,ノ  `─-‐' ヽ               l
 i      `、  _y──‐ l               /
 ',       i_/  / _ '              /
  ヽ、       ̄ ̄               /
   ヽ、_                     /
      `¨i                     ヽ
       /                      ヽ
      /                     ヽ


1882 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/26(日) 00:44:25 ID:hbUv+HxE



       ,, -‐‐‐‐‐‐‐-- 、
     /          \       我が黄巾党には、今軍を率いることが出来る将官が足りていない。
   /    ──   ─‐ \
  /        ( ● )   (●)  ';     袁紹殿が首を縦に振ってくれるのであれば、一軍を率いる将として推挙することも可能ですお。
 /'         /    \   ';
/             (   人  )   i
|             `'''''゙´  `'゙´   !
'、                     /
 \                 <
 / ゙゙̄'''‐‐‐-----        \





                      __
                 _.. -''''゙゙゙´    ゙゙゙゙'''ー,,、
              _..-'″             `゙'-、、
            /                    `''-、
          /                          \
         /                              \        実績が足りずに袁家から見限られたというのであれば、
        /                               \
       ./                                  ヽ      今度は敵として、袁紹殿の力を存分に見せつけてやれば宜しい。
      ./                                     ヽ
      !                                    l    袁紹殿が我々に力を貸してくれるのならば、
     .!      `'ー ,,_                  _,,,___         !
     |     -.、   `''ー ..,、        ....ーー''"´   ._,-         !   我々はその為のお手伝いが出来ますお。――返答は、如何に?
     l         广''┬--v-‐.        .'i-----r‐''゙]         i!
   ,..-'".l      ヽ,、.ゝ-'゙ _./         ヽ_.゙ー'" ./         ,l~ ..,,,
  ´    ヽ       .`゙゙゙゙゙./             ヾ゙゙゙゙゙゙゙          /     ゙゙'-、、
       .\       │                l              /
        .`'-、,     ゝ..____,..-ー ._____ノ        ,..-'´
           `''- ..,_ .、,__,___________..,_ .、,__, -'''"


1883 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/26(日) 00:47:43 ID:hbUv+HxE



  ′  |:.:/ソ   |   ||  :i | ||\\ / :|     /   /
 |   |/ ノ   |  |、    |/   |  | ||.  × \ |      /   /
 |  ∠ソ     |  |、\ /     l  | j|/   \ :|    ./   /
 | | ーl- ..._i |、 | ヽ\    _:._. イ/ -‐ニ-ァく|   /   /
 |./|  |   |¨T \ー-- \    V '"´Vノ(_ノ } 〉ー /   ∧i
 || .|  |    | ーァッヤ卞マ  丶、_\_  ゝ-- '^ j /   /  }
 ||...l  l    | 〈〈'⌒V(_,ハ        ̄ ̄     / /   /   ム
 || !  l |   、ノへ、ゝ- ´   :.       /// /    / ,/  }
 || l   :. |ト、  \          }          / /   〃7lヽ  ノ  __
 ||  :.   、 \ヽヘ//             /〃  //,.|∧|‐:::::¨/::
 ||  、   ヽ   \ヽ、し           // |   / |:::::::/lヽ::::/::::::::
 | \ ヽ    \    \       __,  - 、|| .イ / .|::::/|∧|::/::::::::::
  ヽ、\\        ヽ> 、 ´     / | /  | /::::::::::/::::::::::::
    \ `¨\        ;   }` 丶、__.ィ  || |'   K:::::::: /::::::::::::::
      `¨T ´\      L..-‐ァ''¨´::::::ハ || |     l:ヽ::::/::::::::::::::::
       /|  \\     |::::/:::::::::::/ } | /|    |:::::V::::::::::::::::::

1~3:成程、そういう手もありますわね! 分かりましたわ!
4~6:…………即答は出来ませんわ。考えさせてくださいませ。
7~9:そもそも、力が無いとみなされた遠因は貴方なのでは……
10:熱烈歓迎

【安価↓1】
1d10


1884 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/26(日) 00:48:49 ID:4u18Y1O/
【1D10:7



1885 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/26(日) 00:49:16 ID:G3AURcE7
せやな…

1886 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/26(日) 00:50:11 ID:4u18Y1O/
名無しの将に負けたのと重要拠点でスタンドプレーして負けたから残当w


1887 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/26(日) 00:51:07 ID:hbUv+HxE
>>1886
スタンドプレーじゃないぞ
曹操も一緒に突撃してたぞ(なお曹操は離脱)

1889 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/26(日) 00:55:29 ID:4u18Y1O/
>>1887
拠点防衛での場外出撃って上に認められてたってことか


1890 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/26(日) 01:00:04 ID:hbUv+HxE
>>1889
城門防衛のためにちょっとだけ部隊が顔を出して攻撃受け止めるのって三国志13だと割とよくある光景でね……
現実では知らぬ。

1888 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/26(日) 00:53:17 ID:hbUv+HxE



  ′  |:.:/ソ   |   ||  :i | ||\\ / :|     /   /
 |   |/ ノ   |  |、    |/   |  | ||.  × \ |      /   /
 |  ∠ソ     |  |、\ /     l  | j|/   \ :|    ./   /      ……言わんとすることは分かりましたが。
 | | ーl- ..._i |、 | ヽ\    _:._. イ/ -‐ニ-ァく|   /   /
 |./|  |   |¨T \ー-- \    V '"´Vノ(_ノ } 〉ー /   ∧i       そもそも私に力が無いと見做された原因である敗戦の相手に
 || .|  |    | ーァッヤ卞マ  丶、_\_  ゝ-- '^ j /   /  }
 ||...l  l    | 〈〈'⌒V(_,ハ        ̄ ̄     / /   /   ム       それを言われると、なかなか複雑なものがありますわね……
 || !  l |   、ノへ、ゝ- ´   :.       /// /    / ,/  }
 || l   :. |ト、  \          }          / /   〃7lヽ  ノ  __
 ||  :.   、 \ヽヘ//             /〃  //,.|∧|‐:::::¨/::
 ||  、   ヽ   \ヽ、し           // |   / |:::::::/lヽ::::/::::::::
 | \ ヽ    \    \      ___,  - 、|| .イ / .|::::/|∧|::/::::::::::
  ヽ、\\         ヽ> 、  ー  "´ / | /  | /::::::::::/::::::::::::
    \ `¨\        ;   }` 丶、__.ィ  || |'   K:::::::: /::::::::::::::
      `¨T ´\      L..-‐ァ''¨´::::::ハ || |     l:ヽ::::/::::::::::::::::
       /|  \\     |::::/:::::::::::/ } | /|    |:::::V::::::::::::::::::





           ____
         /     u.\      ギクッ
       /ー‐-:::::::::::-‐' \
      /   t  j:::::::ィ  ッ   \   (勢いじゃ誤魔化しきれなかったか……!)
.     |. u   `¨、__,、__,¨´    |
.    \      `こ´     /
      /         u .\


1891 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/26(日) 01:00:44 ID:hbUv+HxE





         |   '.    \从 ,,,    厶芹/ / リ    ……しかし、まあ良いでしょう。
         ,′   i\   \'.      ∨ / /
        /      |  i\  '. \  _  イ イ /      今は、その口車に乗って差し上げます。
       /     _リ__/`ヽ\ '.// ー' / { i/
.       /     /  {\\: :\介ー 〔   | \
     /     ∧  | i \\:_i\{  i  i\ }\





     ____
   /      \
  /  ─    ─\     ……お? と、言うことは……
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


1892 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/26(日) 01:04:17 ID:hbUv+HxE



        /->__二==>二二_、、
        /-''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ヽ
      /::::::::::::::::::__;;;;;;;===--==;;;;;;;__::ヘ .ヽ
   ,'   /-‐‐'二イ\__ノゝ-'\  ,、__`ヘ  ',
  ,'  /--<__...イ  / .| l  ',. `'"  \ノ .',
  .|  ,'  ./ / |``.メ‐、', .ヘ  ヽ .   | .',  ',     ええ。この袁本初、これより黄巾党に助力いたしますわ。
  | / /イノ  ', ,' .ァ `,ヽ',  ヽ   ハ  ',  .',
  ',,' /// 、   ',.{ |  ',.l ヽ  ヽ__/ .;   }   ',    私を切った袁家に、捨てたものがどれだけ大きかったか
  /ィ.    ̄`ヽ、',!.--、  ヽ Y ´ ハ ',  |   ;
  .',      `'ヾミミ廴   } ィ/ ハ   .;  l ;    教えて差し上げるとしましょう!
 .  ',             ノイ、_-.{ .| /./  ハ ',
    ヽ           '´    >ミミ、 /./  / .| |
\   ヽ       __    '   ハ/ノ   ,'  |ノ
  {ヽ  \    /    `ヽ   ハノ   ,' ./!
  |  `ヽ、 ヽ   ',      .∨  ∧ ヽ   .; //
  ',    ヽヽ, .ヽ    /  ./{ .ヽ ヽ ,//
  ',ヽ   / ./   ` 二ノ /(`ヽ ヽ \ノ
   ', >/ /        / (`ヽ、  ̄` ヽ、_
   ', ./ /> 、 __    /   `ヽ、_ ̄``ヽ   ヽ
     イノ    /  ̄ ̄      |  `\  \   ヽ
    〈  ̄`l/ ̄Y   ',  ヽ r´ ̄``ヽ \  ヘ   ヽ
    ヘ/`|-|ヘ |   .',   ヽ ̄``ヽ、 `ヽ{  {    .ヽ
     ',/..|._|ヽヘ、_   ヽ   ヽ .',  `ヽ ` ',     ヽ ィ=、
     ',//| .|ヽヽ',:::ヘ──ヽ  ヽ ',‐<__ ヽ  .ヽ     〉´::::::ヽr-ァ
',ヽ    ∨ | .| ヽヽ:::::ヘ',,_,,、-\  \ 二 }ヽ\ ヽ  rヽィ::::::::::::::::::::/
.| ',    ',...| .| ', ヽヽ:::::ヘ',-''"´ ヘ   .\ .| ヽ `>rイ:::::::!:::::::::::::::i::/
..;  ',     ',.| .|ヘヘ ヽ',:::::::ヽヽ   .ヽ   \ .ヽ /:::::::::::::Y:::::::::::ノ/


1893 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/26(日) 01:05:07 ID:hbUv+HxE





   ┌──────────────────────────────────────┐
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   └──────────────────────────────────────┘

               ┌───────────────────┐
               │                                      │
               └───────────────────┘
                        ┌──────┐
                        └──────┘





1894 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/26(日) 01:06:05 ID:hbUv+HxE



                                .  ´    /‐~‐一 ⌒\        \
                               /     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/\\ ‘,       ヽ
                               /     /,'///////////////\^‘,      ‘,
                                        /////////////////////\!
                                /      //>―――――‐<///////|         ',
                            /      /__ン⌒>――'⌒^\  `く ////|      |  '
                              /       ′ /         〉―┐\'//|      |
                          /  :i     |i -/―:|       /  ./ ̄| \|       |
                            /   l     |i / :|i /| |   / / =‐x' \|       |
                      _/ /  l     |/  |/ :l ∧ / /   , イ \ |     :|
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  /  |  | | 、_  l:┼千―彡  / ./// /|
             二二二二二/ /.′  |    :l |〃⌒ヾヽ| ′ ___/ィf抃トミ / /     ,:′
             .  ̄\_/ ∠ /     :|   八!:.:.:.:.:    }/     | |::ゝ心 /     /
             .     |┌‐ ´  /    :|    トヽ:.:.:.:.:.:   ′      |:乂::ソ 》.′   ∧
             .     |│___/     /      レ'ノ    ノ       .:.:` </ /     / ∧
              ̄ ̄ ̄   /            イ              .:.:.:.:.:./__,./     / /∧
             _____/       /     ∧\    ト. __     _///    /|  /∧
                          /      ./ 7>\   、 __ノ    | r.´ィ'  , -、./_i|    __
             ―――――――‐/ /   √     、     . ‐=| |/  / 」 \\‐<__i |
             、 ̄ ̄>―=ミ___/ ./    ,イ′   >‐ T ¨    _| l    ̄.ノ       ∨ ∧
             . \/     >< __/ /   /\  ′   ┌┘' |\/∨         / `、
             .  \     __/ /|    /  /   ヽ    __| / / /  |___     /\
                  \/ /  / :|// /      }     |  / /      斗-―┐/_ |
             、      ` く  /.// /     、     -〈 / /            |'  /|
             : \     /// __彡 ´         :.       V  ,|             /  |
             /. \__/'7>'"´ニニニl            }..   =- / / l           イ   /
             \ ̄ ̄  /ニニニニ〈         '´     .′/             / |   ∧
             __/     /ニニニニニ.ノ      /       __i  {\               /  ∧ `、
                   lニニニニニニ\  /       /ニ\ \ ¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨入 ./ /  `、`、
                   lニニニニニニニ| /    __/二二二l\       /  \{     `、
             ――=ニマニニニニニニ〈 ′ /ニニニニニニ /   二ニ=ー彡      )、    `、
             .       マニニニニニ_:|_i__/ニニニニニニ二/   |         / 〉ヽ
             \       マニニニニマニニニニニニニニニア    \    -==ニ〈/  /  \
               \      \ニニニニマニニニニニニニニア       二二二> (   厂 ̄ ̄ ̄
                 \\   `ー=ニニニ.マ、ニニニ二二/        |       〉 /ニ=-
                   \  ――     ̄ ト\ニニニ/         └──<匸´ /ニニニニ>
                     \         /ニ\ニ7                 // _{/ニニニ「
                       \     /ニニニニヽ7                 /く //ニニニニ|
             \          \    ―――┐ニ、           /\ l( /ニニニニニ
               \          \        |ニニ、         ∠ニ/ニ.\ /ニニニニニニ、

                                【アイキャッチ】

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

                          やる夫は天下名将を目指すようです

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1895 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/26(日) 01:08:19 ID:hbUv+HxE



         j}    j}
         }}    }}
         }}    }ハ -‐…・・・‐ミ
          ,ィ、'ム ィi〔ニニニニ∧ニ〕iト
       /∧ムi〔=/ニ/}}}ニニ {}}}ニニニ\      .ノ′    なんと、倒れた袁紹が仲間にしてほしそうにこちらを見ている。
      , /〈ムハ‐,'ニ/}}jハニニ {{{!ニニ≧=‐≧=-- '゛ノ
      ∥ `、∨ ̄ 7j′ム: ̄: マ{:゛: : : : : : /````゛       仲間にしますか?
     ∥   \、: :,jjj: : : ム: : : マ!: : :_>' }}
      .∥     ` :jj′''' ‐}}!‐‐‐マ⌒!:   リ            ニア はい
     .jj       jj    ``   :マ '   '                いいえ
                                         ころしてでもうばいとる


1896 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/26(日) 01:08:52 ID:4u18Y1O/
誰から奪うんですかねぇw


1897 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/26(日) 01:12:38 ID:hbUv+HxE



                 '"~"'丶/⌒ヽ__
             . : :            ̄ ヽ
           . : :     ´              '.
         /. :    /   .l       }   j|v⌒ヽ
        /. :    /    .| .}l     }   j| Vr‐=ニ-_-
      /     /      丿 }|         i|  ∨-_-_-_
        -‐‐-ミ    __ ノ|    ′   i|__ノ-_-_-_-_
      ′      {     /    ``~、、      .i|  ハ-_-_-_
     i|   { 八ハ    ′/  ノ ハ       从 人-_-_-_     お姉さまお姉さまお姉さま……
     i|   ィf{=z人   {_.、、、._   { /     /__/  }、-_-_
     i|    乂_ }ツ\   ⌒)う,ぇ _/      //   八\
     i|   |  、   \(  ⌒¨¨¨ノ     ′    /}
     八   从        丶  / /   ′.l     人}
      )∨(:.  r -   _  ⌒ア    人 .|       }
    /. . . 圦  `¨¨   ´   /   /  .ノ  /   }
   /. :   ノ: : : .      ィ(    /  ./. : /}
 . : : :   / -‐‐-ミ ((  / /ハ  /. : /  ′  .′
( : :   //      \Y (: : .   从( 乂(   . . .  /
. . . : /          `、ヽ(       {   丶 . . . : /
_)     ′         '.   、   \  /   __ノ
⌒ヽ(く辷辷辷辷ミ         `、    /    ノ  、
    Y-_-_-_-_-_-_\    :.      /    /    .\
   /⌒¨¨\-_-_-_-_〉  ノ}     . : : :     ヽ     .\
  _-_-_-_-_-_\-_-_/、  (´     . : : (   .{  〉   、
  }-_-_-_-_-_-_-_-〈 -_\     . :    \ 从 Y〉   \
  人-_-_-_-_-_-_-_-_Y-_-.\   |    : . .\(_ソ     `、
 _-_-_-_-_-_-_-_-_-_-}_-_-_-.\ 从    、  ヽ       l `、
_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_..}-_-_-_-_-\ ヽ    \  )     |

>>1896
AAのせいでクソレズ疑惑のある袁術ちゃんとか?


1898 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/26(日) 01:13:18 ID:+n6FjUS0
良いね!

1899 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/26(日) 01:15:26 ID:4u18Y1O/
>>1897
なるほどw

1900 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/26(日) 01:16:18 ID:7IwxMD4/
これで袁術ちゃんがレズこじらせて取り返しに来たら笑うんだけどww

1901 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/26(日) 01:16:57 ID:jKI6FSdg
ぶっちゃけAA投げてからあっ(察し)になった案件である(白目)
やはりその発想に行きますよねえ……


1903 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/26(日) 01:19:21 ID:hbUv+HxE


ベネット 好感度:92
張宝 好感度:71
袁紹 好感度:62 ←NEW!!
梁綱 好感度:43
楓 好感度:36

なお加入時点で好感度トップ3である。
一気にヒロイン化濃厚になってまいりましたな。


1904 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/26(日) 01:21:21 ID:o93Lzy1x
まぁ待て袁術よ。こっちに来れば袁紹を好き放題できるぞ()


1905 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2019/05/26(日) 01:24:35 ID:hbUv+HxE


>>1904


                }////∧
                }//////ヽ,
            >=- ´~~~~~二ニ=-、
         >''~:./   >''~  `ヽ、  ~'<
      >''~_/~/:.:/  /       \   \
  ‐=≦ニニニ)h、/  /             }!  ∧ ヽ
    ``~、、ニニ{__ /     i、\    }∨  ∧ヽ}
  _____>'' ノ~ヾ}_.  '   .! \}    ノ~Ⅵi  }ミ\            __
   ~''<: : : : : : {i////}!  ∨ | ノ ヽ  }' 仭ア./ヽ,∨\       _i≦二二二ニニ===--
ヽ,    `~~~´´弋///ノ   ∨.i  ,ィz、)ノ  `~ノ/  } ト、、 ``~、>''~ >''~)ニニニニニニ>''~
  \     /イ }〕==、   ヽ}ィ仭 イ   ヽ~フ / / i ヽ~''</。s≦///\ニニニ>''~}/:.:.
   ``~===/~~~''<∧r-、 .∧        __/_/ /ノ !リ、~''<~ノ///>=、//}冖≦: : : : : :/
、      /  /: : : :}:.ヾ〉、..∨∧   、 ァヽ_}! ̄)!≠=ミ /,。 *''",,.。*'"∨}___: : : : ノ
───≦´  ./: : : :/:.:.:.:.:.:.:ヽ} ∧。,,,_  (:  ̄~/ヾ〔二ニh_,.。 *''"_,.。 }!圦ノ~~~~~ヽ) /∨
:.:.``~、、  ./: : : :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}  }!~~~~ヽ二ヽ:.〈弋{_,.。 *''"_,.。 *''": : : : `~7~~~~~.)/ ∧ }
:.:.:.:.:.:.:.:.:.{{~i!  、<____丿イ / ̄ ̄~''<._,.。 *''"_,.。 *''"///〕h、: : : : :,イニニ=- {: : ~''<
``~、、:.∨ゝ=イ≠≠≠=ノ  ∥   _,.。 *''"_,.。 *''"`~、_///////)h、/ニニニ=-}i~~ヽ: : ヽ
     ``~、>''~ ̄ ̄´  ._,.。 *''"_,.。 *''": : : : :/,イ==ア´\///////ニニ=-/~~´}!  }: : : :∨
───── '''"´  _,.。 *''"_,.。 *''"  / /: : : : : : { {-=ニニ} }==彡~~ヽ'´~~ヽイ: : : :∥  !: : : ノ
______,.。 *''"_,.。 *''"//{  .-=/ /: : : // ̄{ {-=ニニヽヽ//∧_}ニニ=-: : : :.∥  ノゝ'´
   _,.。 *''"_,.。 *''" ////// ∧   { { ~''冖 ゝ=┘}-=ニニ{ (////∧∨: : : : : :~''<ヽ
*''"_,.。 *''": : : : :./////ノ//// 、 .∧ ∨`~7,。。、 ノ-=ニニヽヽ///∧∨: : : : : : : } }/}∨
''": : :/{: : : : : ィi〔>''~´:.}∧///// )h、ノ≧=≠≠≦~"''~、、/./////∧∨: : : : :/イ/.} }
: : /!,.。 *''">''~ }:.:.:.:.ノ//////>{彡'´-=ニニニニ=-/>=‐‐'''''゚゚゚゚、 } }=====≦// } }
''´ -====≦ /乂ノ:.:., ' .i//>''~   \-=ニ>≠≠< /  | i//ヽ:.:.7 />=ニニニ彡
    {  {  ゝ===彡 .{,イ       ヽ-=ニニニ{ {~~ヾ   | i/ }i∨:.:{

あっさり転ぶかお姉さまを誑かした賊ブッコロか、賭けになりそうだな……


1906 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/26(日) 01:27:20 ID:4u18Y1O/
極端そうだな
キャラ安価にプーさんとかしなくて良かったw


1907 : 計算機@スマホ : 2019/05/26(日) 01:30:18 ID:hbUv+HxE


>>1906


                                /           /
                        __ ___ /__           /
                       .γ /   `ヽ{ ‘,       ./
                      _/:.      ∨ ノ    ./
                        {:i:i:i:. :i:i:i:i:i:.   〈   /          呼んだ?
                     //  `ヽ     {  /
                       { {フ         }/
                    / ゝ人_____,,'   〈
                __ /   ∧ ー ‐     ノ¬=x
             冖 ^\\ x≦ ≧=- ―― イ_ _乂____
           ___〈ヽ \ 〉ノ┐ <三三二二彡  /   ‐==‐\
         r¬⌒ ^\i:i:i:i:i:i:〈/  ―===彡 _r======ミx ー==ミ  〉
        〈      ヽi:i:.,/       /         ヾ`ヽ   / }
      __/ ヾ三ニ=-    ``‐―‐- ,_/         )     }i }\   ,
     rx¬  / ⌒'\ 丶     __ 〃ミ=-    /    }i } }    ′
     ∨〉__/     Ⅵ\          ー===-‐  ー=彡.}i } }   /
              }i:i:i:i:\ ヾ                  / / / /
               {i:i:i:i:ノ ≫x   ‐=ニ三ニ=-    __/¬ ̄/´
              \<二ニ== ≧=---¬冖⌒ ̄⌒      〈
               /      〕ト  ー=====―  ー=彡  >
                ,′        ≧=――――――=≦ ̄}
              ., =-            -=ニ二二二二二}
               .{=-                -=ニニ二二∧
                Ⅵニ=-              -=ニ二二二二',
               Ⅵニニ=-        -=ニニ二二二二二ヽ
               /丶ニニ=-       -=ニニニニニニ二二二二\
               , ′ \ニニ=-  -=ニ二二二二ニ=-  -=ニ二二|
             /     -=\二二二二二二二/ -=ニニニニ二二|
          ./    -=ニニニ\二二二ニニ/   -=ニニニニ二二|
          /   -=ニニニ二二\二二二ニ{     -=ニニニニ二二|
         ./   -=ニニニニ二二二\二ニニ{    -=ニニニ二二二/


1908 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/26(日) 01:31:30 ID:hXrxQXsl
ホームランで頭を飛ばしそう

1909 : 梱包済みのやる夫 : 2019/05/26(日) 01:33:32 ID:7IwxMD4/
ホームランダービーとかやったせいでプニキはこんなことにww

関連記事



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-31646.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13