以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-31558.htmlより取得しました。


ミク夫の異世界紀行 その13

現行スレ 小話目次

その1 ~ その8 その9 その10 その11 その12


2303 : あさねこ ◆tC1gMIWp2k★: : :2019/05/23(木) 21:18:38 ID:???0




.           |、
  、,_         |/\    /|
  \iト.,     |///>、   //|
    \/〕iト.,  ∨///{ __〈//〉
     \//〉 ´/> ⌒ </{_
       '〉/// i     ヽ\`.,
     / 〈//  . .}、 }    }  Vハ
       j/ i. . / }八   八 }
     '  i  {. / 斗 ⌒¨¨ ⌒V  :.
      . }  V ィぅて    たぅ }   }
      {/. .'   } 乂ツ   ヒツ 八_ /
    /. ./ r‐「{7^>   rく ̄Y`{ノ `r=---- ミ、
   . . . ./  Ⅵ ' ⌒ヽ _{ }  { }、rァ 乂i:i:i:i:i:i:i:} }
 /. . .イ . . . ¨ハ:. :.. }i:i乂rzzz彳⌒ヽ: :¨¨: > ´
. . . ./. 乂 . . .{ `ー彡7i:i:(⌒)i:i:i:i:ハ   }-=¨´
. . ., . . <i:i:i:i〕iト`ォ‐<{i:i:i<_j_j_>i:i:i/  ノ、
. . { . . /ニニ∧ ノi:i:i:i/ニニニ∧ニニニ⌒´ニニ',
-=ニニ  ̄ ̄ ',`ー/  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ¨¨ ニ=-
            ー'                       ̄ ニニ=-  __




2307 : あさねこ ◆tC1gMIWp2k★: : :2019/05/23(木) 21:20:11 ID:???0




.           |、
  、,_         |/\    /|
  \iト.,     |///>、   //|
    \/〕iト.,  ∨///{ __〈//〉
     \//〉 ´/> ⌒ </{_
       '〉/// i     ヽ\`.,
     / 〈//  . .}、 }    }  Vハ
       j/ i. . / }八   八 }
     '  i  {. / 斗 ⌒¨¨ ⌒V  :.
      . }  V ィぅて    たぅ }   }
      {/. .'   } 乂ツ   ヒツ 八_ /
    /. ./ r‐「{7^>   rく ̄Y`{ノ `r=---- ミ、
   . . . ./  Ⅵ ' ⌒ヽ _{ }  { }、rァ 乂i:i:i:i:i:i:i:} }
 /. . .イ . . . ¨ハ:. :.. }i:i乂rzzz彳⌒ヽ: :¨¨: > ´
. . . ./. 乂 . . .{ `ー彡7i:i:(⌒)i:i:i:i:ハ   }-=¨´
. . ., . . <i:i:i:i〕iト`ォ‐<{i:i:i<_j_j_>i:i:i/  ノ、
. . { . . /ニニ∧ ノi:i:i:i/ニニニ∧ニニニ⌒´ニニ',
-=ニニ  ̄ ̄ ',`ー/  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ¨¨ ニ=-
            ー'                       ̄ ニニ=-  __




今日も今日とて、我が家の居候は金稼ぎに出かけに行く。

ここ最近は上手く行っているのか、出かける時に見せていた陰りが薄まっているようだ。

それは良い事だが、少しばかり面白くない。


2311 : あさねこ ◆tC1gMIWp2k★: : :2019/05/23(木) 21:22:45 ID:???0


やる夫、正式には入速出やる夫、か。 珍しい名前だと思う。

異世界にはそんなトンチキな名前があるのかと問いた所、所謂【キラキラネーム】とかそういう奴らしい

親が調子にのって変な名前をつける、よくある事だ。

まぁ、それはどうでもいい。  肝心なのは、奴が【渡り鳥】であるかどうか、それだけだ。




                          |:∨ /::| ./|
                            ≧=-|─/ゝ'./:/
                    ア´ />'" ̄ ̄ `ヽ
                   ,イ  /::::/  /   | | .∨
                      /  ∥:/  ハ   | | | .∨
                   ′  .{|∥ /  ∨ .! .′il .}
                  |   .∥′{ィ==ミ ̄⌒___ |! ′
                  {  γ、  .!ゝゞソ    {ソ》 {
                   ′  {(..| ..| ¨^    ' `^|i...|
                 /     | ..|      _   ′′
                  /       .| ..|〕iト. __  ィi〔 {
                   /   >'".|  .',   .{--、 ノ  /
                ′  /-_-_.ヽ  ≧=-》 }´_ ノ、
              ∥   .′---- ≧=--´ヽ- 、-_-_}  /
                  ∥   .{-_-_-_-_{-_-_-_-Y´::::}-_-《∨
                 {|   .′-_-_-_.|-_-_-_-ゝ::::/-_-_} }
                 {|   {-_-_-_-_-ヽ-_-_>'"``~、ハ
                 {|   {-_-_-_-_,>''"~:::::::::::::::::``~ノ
                ∥   .}── ´  \__,>''"~`ヽ}
             /    .!::::} :∧    } }     /ヽ      __
               /    ′/ /::∧ _ _.|__|斗ヒ≦ ´__ノ>'"ヽ ̄    ∨
           ,イ    /::::《ヽ::::::::::::::::::::::::::::}/ \::::::::::::::::::::/》>=- _ ∨
          /    ./::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::( |\/):::::::::::::,イ ./: : : : : : : : :》
       >'"   >'"、-_-_``~、:::::::::::::::::::::::::}`-_-_-_゙''≪_/ ./: : : : / }ヽ_/
     >'"  >'"  ̄ 〕iト.-_-_-_-_ ̄ ̄ ̄ ̄-_-_-_-_-_-_辷 {: : : : :  ̄: :/
  >'"   γ´       }:::::≧=- _-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_廴 ′ : : : : : :./
         {        ′: : : : : : : : : : 〕iト.__-_-_-_-_,>''"~∥: : : : : : /
       ゝ      /: : o⌒ヽ: : : o-、: : : : : : : ≧=- __  /: : : : : : :./
         ``~、 _{_ {\イ: : : :ヽヽ': : : : : : : : : : : : : : }/: : : : : : ,イ
                  ̄ ≧=-────‐ 、: : : : : :/: : : : ヽ/⌒》
                              〕iト.《≧=- __: 〕iト.
                                 {=_=_=_=_=_≧=-
                                 `ー ´ヽ_=_=_ ノ
                                        ̄


2313 : あさねこ ◆tC1gMIWp2k★: : :2019/05/23(木) 21:24:29 ID:???0


【渡り鳥】それは、この世界に来た【異世界人】を示す、私の造語だ。

ま、長い間言い続けてきた事もあって、ある程度知っているやつもいるだろう。

伊達に長く生きていない。




                    ∧   /::}
                    { |〉___/::::′
                  >'" --=<ノ 、ヽ>'》
                /´       \\/
               /        /   V∧ ∨ /
              ′  /   /  .′   }V } ∨
                 {  / |  .′ {    ′リ  ..
                 ∧ f=ミ从 .|   !   ハ    ′
                / .}ヽゝヒリゝ }ィ==ミ / / }   {
              ′|  ,   乂ソ./ /_ .!   !
               | ヽ  、 __   / /__ノ    |
               | / \    ィi .′___i  ...|
               | .′  _ ̄ }__/ ./ ´-_-v  .|
             / ′ア´} ゙´⌒/ ./- 、-_-.V   /
              / { |-_γヽ-_-/ ./-_-_ヽ-_ V  V /
               /....| |ゝ {:::ノ-_./ ./-_-_-_ V-_.}  V /
           / .人 |-_/-_-_.′-_-_-_-_-.V-.!   V /
              ′ { ゝイゝ、-_-_}≧=- }ヽ-_.V ! |  ∨ /
             ./ / ′ ⌒ニ\ ∧   ∨=| |ヽ ∨ /
           {   / / {‐=ニニニ=‐ .》   V..| |イ  ∨ /
           | .../ /  .!‐=ニニニ=‐/∧   .V| .′   V
           |..../ ′  ‐=ニニニ=‐《/ 》   .V/: }圦  .}
           | / {   }‐=ニニニ=‐ヽ/   /: : : !-_\ |
    r=__,>''"~′::i   |‐=ニニニ=‐ /   /: : : : !-_-_ \
   厂アゝ/  ィi〔ニ |   |‐=ニニニ=‐./、    : : : : : |-_-_-_-
  [_{  } ´-_-_-`´-_⌒ !≧=--- イ/:::::::/、: : : : : .|-_-_-_-
  [_{  |-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_./::::/-_ ∨ゝ=イ-_-_-_-
  [_{  i-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_r=, ,__/:::/-_-_-_    {-_-_-_)\
  L,  V-_-_-_-_-_-_-_-_-./{j{j {ノ_` }-_-_-_-ト. / ゝ  イ
  Lヘ  .V-_-_-_-_/-_-_-_-厂仆乂-_-_-_-_-/ ∨


2315 : あさねこ ◆tC1gMIWp2k★: : :2019/05/23(木) 21:27:27 ID:???0


この世界・・・・【ネムレス】は、全てに置いて未完成な世界だ。

魔法も技術もどれもこれもが中途半端、知られていない技術は多く、解明されていない魔法も多い

大地の底には古の龍が存在し、空の果てには神々という人種がいる。

そして、それだけだ。 空の果ては、この世界にはない。 なんとも素晴らしき哉、箱庭世界。

我々は所謂籠の鳥、いや虫だろうか。




                   |::V   /V
               |、   {::::》  〈::::)- _
               {::V >'"⌒_:::::::::゙''≪iト.
               ゝ》´::ィi〔     〕iト.::ヽ `ヽ  /
            斗ヒ ///  ∨  、    ∨\V  ∨〕iト.
          ィi〔ニ> / .!   V   \  V  V  V''≪ニ〕iト.
       ィi〔ニ>'"/ /′ .! 、   ヽ    \      V  ゙''≪ニ〕iト.
    ィi〔ニ>'"  ./ /.i|   | ヽ   \>'"⌒ヽ}  }       ゙''≪ニ\
   rニ >'"    / / i|   {ヽ ≧=-´  x斗テァV  |  .}\      \ニヽ
   |ニ |     / /  .i|   ', .从___   f乂::::ソ{|  .′ .!、 ヽ      | ニ|
   |ニ |     .′′  从  ム.fん:ハ    ゛゛゛..{|/ .ハ  | \ \     | ニ|
   |ニ |     { |  / ∨  ヽ ゞ´ '  _   /  / ∨人  ヽ .\ ./.| ニ|
   |ニ |     { |/    V__  .\"  、´::ノ ./(  ′≫、  \ ∧  ∨ .| ニ|
   |ニ |   >人 ゝ  ィi〔ア´ 》≧=->´人 ´  》 .(-_-_-_\  ≧=- V_ニ.!
   |ニ>'" /  ィi〔  /i:i:i:i:/ゝ___ ノ ゙''≪  /-_\`ヽ-___`Y      /___
   /  / ⌒    /i:i:i:i:/|  |ア/》/≧´/ /(  )  )-_》-_ ∨ ~"''<
.  /  />'"   ィi〔 /`寸/. !  !´  Y´:::::::::) 人 ゝ´ /-_/-_-_-\≧=-\
 人  /    ィi〔´:::::::::::`寸'-人  ゝ-_-ゝ==彡-_-_⌒´¨-_./-_-_-_-_-_ヽ   \
'"  \  ア´ /:::::::::::::::::::::::::V  >  \ /|∨゙≪-_-_-_-_./-_-_-_-_-_ }、 \   \
  ィi〔{  (  /::::: -=- _::::::::::ハ-_-_-_-_>'" ニ∨\゙''≪-_ /-_-_-_-_-_-_} \ ≧=-
´  .人  ,イ/ニニニ \ / ∨>'"ニ/  iニ \〕iト _ノ-_-_-_-_-_-_ノ  \
.    W:::::(ニニニニ=‐ ∨、:∨ニ /    !ニニ≧=--_-_-_-_-_>'"、  -- ヽ
    /::::::::》ニニニニ=‐ ):::::\./     Vニニニニ}  ̄ ̄   / ´    .∨
    .′>'"ニニニ=‐/::::::::::::::\ヽ_    Vニニニニ∨    /        》
   {≦----≦}o\ //:::::::::::::::::::::::\⌒Y⌒v\ニニニニ\  /i:i:i:i:`Y   ィi〔
   |ニニ//: : !マ  寸::::::::::::::::::::::::::::/\{  ヽ ヽニニニニ/i:i:i:i:i:i:i: ィi〔 |ニニニ
.  /|ニ《⌒ゝ- ' ∨´}:::::::::::::::::::::::::::/::::::/\ 〕乂 》ニニニ/i:i:i:__ ィi〔     |ニニニ
.. / :|ニニ\ __>'"′::::::::::::::::::::::/::::::/   (  }∨--- 、/__{ l       |ニニニ
.../i:i:i|ニニニ》 }oゝ/_.ハ:::_ >'":::::::/    廴′∨-_.{/     }       !ニニニ
/ニニ|ニニ/: : |人: :ア `ヽ:::::::::>'"     (  |  .∨ 《 〈 { {ヽ ゝ´⌒ ̄ ヽニニニ
ニニ.|ニ《 ⌒ヽニ }´ __ .∧ ̄        廴′-_ >'〕iト\ヽ⌒`、_-_-_}ニニニ
ニニ.|ニニ\ o >'"‐=ニ゙''≪         (  V厂“''*、-_-_-/´-_ V\-_⌒ニニニ
ニニ.|ニニ/ /ニニ,、<⌒`ヽV        \ヽ ア´、 ヽ-_./-_-_-_V-_\ ニニニ
ニニ.|ニ《 /ニニ/=_=_=_=_=_ }.V         ⌒  /⌒ } /-_-_-_-_V-_-_ ニニニ
ニニ.|/ /ニ./=_=_=_=_=_=_=′\          ,イ  廴!-_-_-_-_-_ V-_|ニニニ
ニ/{ /ニ,イ=_=_=_=_=_=_=_ / ⌒ ≧=-   -=≦ \ 乂-_-_-_-_>'" .|ニニニ
/ .∥ニニ/=_=_=_=_=_=_=_../ : : : ∨: : : : : : : : \: : : : : : : 圦 ⌒ ̄乂⌒ .!ニニニ
.  ∥ニ ./=_=_=_=_=_=_=_,イ ⌒ 厂ア: : : : : : : : : : : \: : : : : : : ⌒´¨)
. ∥ニ,イ``~、=_=_=_ /    乂 /: : : : : : : : : ア´ ⌒ー ⌒´ ̄
  {|/`~、=_=_ ゙''≪´        ⌒ Y ⌒´


2316 : 名無し-Red-市民-2 : 2019/05/23(木) 21:28:24 ID:DXyhQOIw0
初めて世界名が出てきた

2317 : 名無し-Red-市民-2 : 2019/05/23(木) 21:28:47 ID:42O/nbNk0
今まさに作られていく世界?


2319 : あさねこ ◆tC1gMIWp2k★: : :2019/05/23(木) 21:29:55 ID:???0


とある【渡り鳥】は自慢げに、コチラを見下すように言っていた。

世界は丸い球体で、自ら自転しつつ、宇宙という無限の海を漂っているのだ、と。

太陽もそれ同じようなものだと、お前たちは何も知らない低能だ、と。




                 _    _|\_
                '.:\::..、 \:::::r,::/
                \_\>--≧\-、__|\
               ,  /:> ⌒´ ̄\---、_|
                ´/::/            \
              //:::::/    /    |  ∨  : '.
               ',::::: //     :' /    | |  |   | '.
             / |::::::| '   / /-/- 、l| |  |   |
              {::::::/    | '|_∧_/|_ハ  |-、/   |
             | V::|    {/ ィf亢ミ   ー'{_/`| l |
             | /V |    |   (_ソ    ィ亢ミ∧_/
             ,   {  |    |         , (_ソム{
             /  |  |    |          {  |
           ,    ∧ 、   |      r  、   人 '.
           /   / ∧ }  , >        イ  }
         /  _/_/- } /  |-、   ` 7 ´   |  ,:  }
        /  /ニニニ|'    |ニ\ {---、  | /  ノ
       ,    /ニニニニ人  {ニ\ ∨ニ>- / {  {
       /    /ニニニニニ\ \ニ>=くニニ{   \ |
      ,:    /ニニニニニニニ ーニ{{:::::::}}ニニ`ヽ   ヽ
      /   /ニニニニニニ{ニニニ=-V='〈ニニニニ}   }
     ,:   /ニニニニニニ人≧=-ニノ| | |\-==彡' イ/
     {   {ニニニニニニニ/\ニ=-,ノ | }ニニニ|/イ\
     |   |ニニニニニニ/::::::::: ̄:::::| } }\ニニ}  |  }


2320 : あさねこ ◆tC1gMIWp2k★: : :2019/05/23(木) 21:30:58 ID:???0


それはそれは夢のある話だ。 事実そいつの世界はそうなのだろう。

巨大な星に、太陽に、空の果てを超えた、宇宙。 それはそれは楽しそうだ。

「そのようなもの、この世界にはない」のだから。




              \     |::∨   7
              V::\   {:::::V  /::|
             >V::::::》⌒ゝ:::::》_/::::}
              /  ゝ:::/::::::::_⌒“''*、
             /::::::>''"   ⌒“''*、∨
         /  ./::::::/ / i|   \  .\
            ′  ′::/  ./  ハ    \  ヾ
         |   |::::::′ ′乂 ,      ハ  )
         |   {::: |  |/   乂斗f七ノ }  /
         |   》:{  { xャ=ミ    x=ミ/ /≧=-  ___
           / ( ,  乂ソ    〈シノ   {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ "''<
        ′ / .ヽ  ∧      ,  .′ 人<_ i:i:i:i( {     ヽ
             (  __∨ ∧  r  ァ  人   \ "''<y_   ノ
       7   ィi「-_-_ヽ  \ ゝ  ィi〔/-_\   "''<    /
        /   》-_/⌒ヽ`、  \´: : :./-_-_-_≧=-   \ィi「
.      / ィi「-_/ -_-_-_- \  )\ j{ィi「⌒ ヽ-_-_.| `~) ): :∨
     / 〈_ r-r-r、 -_-_-_-_ .)/-_((::__))-_-_-_}-_ /: : : ⌒: : : ∨
      / ⊂〈{ { { }`ヽ -_-_\ -_-_-》 }"''<__ノ /: : : : : : : : : : :\
.     /    ゝ-===--ノ -_-_-_ ヽ>''" ′\ ̄ニヽ"''<: : : : : : : : : :\
       《-_-_-|i:i:i:i:i:∨-_-_-_/-_ /ニハ ヽニ\}: : : : : "''<: : : : : : ≧=-
 /     `//-_|i:i:i:i:i:i:i∨>''"-_-_/ニニ:.  ニ %: : : : : : : : : : ~"''~: : : :
        //⌒ |i:i:i:i:i:i:i:i:∨-_-_-_ ニニニ}  Vニ}__: : : : : : : : : : : : : : :
.       / : : : : |i:i:i:i:i:i:i:i:i:》\ /ニニニニ |   ∨ニニニニヽ: : : : : : : : : : :
      /: : : : : 人 _>''/  〉 ニニニニ |    \ニ __.}: : : : : : : : : :
       /: : : : : : : : \  /: : : { ニニニニ=‐     ''<ニ ノ乂: : : : : ∨: :
      : : : : : : : : : : : : : : : :〈~´ニニニニニ=‐       )      ̄ ̄  ̄
   /: : : : : : : : : : : : : : : : :〈 \ ニニニニ=‐   /\/


2322 : あさねこ ◆tC1gMIWp2k★: : :2019/05/23(木) 21:32:51 ID:???0




        |::V ∨ハ:::::/::/./'
        {::::〉,>-=-</::/
         》 '" ⌒“''*、::ヽ/
       / ∥ |   % ヽ:∨、
          ハ {  }  ト  }::}
      { |  ィ以レ/.f芯.| |/ |
      人 レ .〈vリ ,  `~ ′il  .!
       〉 |人    . ノ ∥  !
       / 〈 ⌒ヽ ^壬 /-_》
        /  } {⌒ (::::) ,イ ヽ´ /  /
.      /  /⌒!-_/\-_-_-∨ /∨ /             空に浮かぶ大地、
     /  /:::::::{/7 / \-_-∨  ∨
.    / { ′:::::′}´ /  ∧-_-_             沈んだ先の最果て、空の最果て、時空の果て
   /  .|人__ノ -=≦  ./}∧-_-   )
.  /   |::γ:::::::::_((__.ノニ! V-_}   ハ           その先には何もなかった。 触れれば【消える】闇があるだけだった。
  (   |::人 /´ |  |ニニヽ V ′ / }
   \   /、ニニ′ |ニニニ》 ノ / ノ        世界はどこまでも平坦で、星などはこの世界になく、太陽は神々が作り出した虚構
     ヽ |:: ′≧=-^ゝ -=≦\>' ⌒
     /-_-_|-_-_-_-_-_-_ヽ-_ \
     /-_-_ -_-_-_-_-_-_-_ヽ-_-》 /
     ⌒“''*、_-_-_-_-_-_->'"ア:∨ /
    |:: :: ⌒゙''≪ ___>'"⌒゛´:: :: ∨ /
    |:: :: ::|   ⌒i|⌒   |:: :: :: : : ∨
    |:: :: ∧、__/::ヽi|/ヽ____′:: :: :: :: ::. /
    |:: ::/ ∧:::::::::: i|::::::::::::::/:: :: :: :: :: :: V /
    |:: :: :/ ∧:::::::::i|::::::::::::/:: :: :: :: :: :: :: V
    |:: :: :: :: ::V__i|:::::::::::{:: :: :: :: :: :: :: :: :
    |:: :: :: :: :: V=_人__..|:: :: :: :: :: :: :: :: :: 》
    |:: :: :: :: :: ::V |=_=_=_.!:: :: ::ア´ゝ:: :::/
    人:: :: :: :: :: ::V!=_=_=_.}:: :: ノ   ⌒
     \:: :: :: :: ::.|=_=_=_.|⌒´
.         ⌒´  |=_=_=_.|
              |=_=_=_.|


2323 : 名無し-Red-市民-2 : 2019/05/23(木) 21:34:00 ID:42O/nbNk0
果てまで行ったのか

2324 : 名無し-Red-市民-2 : 2019/05/23(木) 21:34:54 ID:zQzXirhY0
そりゃ世界が違えば法則も変わるわな。


2325 : あさねこ ◆tC1gMIWp2k★: : :2019/05/23(木) 21:35:03 ID:???0




                          。r≦/
                     。r≦........≪____
        ,  '"~  ̄⌒` ,、<⌒:::::::::::>'"──⌒ _
       '"      >'"    ヽ::::::::::{:::::::::::::>'"⌒´
       /   >'"./ 、        }::::::::::|/⌒´ヽ /
     j   / ./   /      .|::::::::::|    ∨ /
        { / ′ //       |:::::::::ハ     ∨ /
           { ./\′  /     |::::::::′     ∨
        γ -イ/ .ん\      ::::/  }
       /     .ヒ::ソ /    ∥::/  ′     }
.       ′    `~´ /    .∥ノ  /        |
       {        ゛゛/    ∥{          ′         この世界の底が見えてしまった。  同時に世界に諦めがついた。
       % 、           {::: |   {
       {⌒v.`      ′     :::::!         ∥            これがこの世界、ルール、理なのだ。 それを覆す事など、神々ですら出来ない。
     r´ハ (``ヽ   {     .|:::::|   |
.     ハ  }´ ~" ∨~人     ヽ:::′、                     そもそも、この世界の神々が実在するが、全知全能ではなく、そういう人種なだけだ。
     〉 ゝイ / ヽ .}/-_-\    ∨-_-_〕iト.   {
.    {`/ ′ __/-_-_-_-\   ∨-_゙''≪ 》    |             ただ、ただ力のある、過去に奴らの誰かが世界を構築した、それだけの存在だ。
      ,>''"~  /-_-_-_-_-_ \  .∨-_∨´      /
     《 斗ヒ≦-_-_-_-_-_-_-_-\  )-_-_      ∨
    /:::/:::::::/ -_-_-_-_-_-_-_-_-⌒-_-_-_      ヽ
   ∥::::/:::::::/゙''≪ -_-_-_-_\-_-_-_-_-_-_-_      \
.   |::::::′:::/    ゙''≪ -_-_-_\-_-_-_-_-_-_\      .\
.   |:::::{:::: /      ./゙''≪ -_-_-_-_-_-_-_-_-_ヽ        /
.  人::::::::{     /ニV  ゙''≪ -_-_-_-_-_-_-_ノ       ∨ /
     ̄人 _ /ニニ∧     ~"''<-_-_-/∧       ∨


2328 : あさねこ ◆tC1gMIWp2k★: : :2019/05/23(木) 21:37:54 ID:???0




                  >''
               >''"::::/      ___
              /:::::::::/   斗f七I:::>''~
            /:::::::::/斗ヒ≦:::::::::::>'"
           斗ヒ::::::::::::ヽ:::::::>'"
       >'"     \:::::::∧ ⌒“''*、
    >'"         ヽ::::::::.     ヽ
   /        ヽ  %   V:::::::}      ∨
.   /          V     V:::::!      ∨
  ′′  ! V ヽ  ト、 i!   %::::|
 |  i|     xセテ㍉ 弋|    :ヽ         }
 {  ハ  |  }  乂ソ      :::/       |
..人 { 人 |  ノ   ゛゛゛  i|    |/
  ヽ  \ {       i|    |          |
       |                }          |
       | 人 - ´  ∥
     ′  \         ′  __     ト
          ≧= .∥   ./__ ヽ     \
    /  /-_-_-//   /-_-_-_-_-\      \
   __{  ,イ-_-_-_イ /   / ̄ ̄ ̄⌒“''*、
 「--- ⌒ヽ-_-_/  .′  /-_-_-_-_-_-_-_-_
  V-----γ⌒ヽ-_人  .(-_-_-_-_-_-_-_-_-_V
  V----圦:::::::ノ----\ ミ、-_-_-_- ,>''"~ )∨
   V----- ⌒{------ }-_-_-_γ _   /-_∨
.   }-----/  |------ |-_-_-_      〈-_-_-_-_
  /--- //| %-----ノ-_-_/       -〉-_-_-_
  \ / ./ .| 人>'"-_-_-/        )/-_-_-_ }
  /  ヽ/  %/ { }ニ\-_ノ   /  /  /-_-_-_-_′
  /  {ニニ|    | |ニ / /  /  /{   -_-_-_-/
.      ニニ!    ! !ニ  /  /{  ハ  ′≧=-イ
./    ニニ     | | 人乂  '.人_/ニゝ } :: :: :: :: V
    |ニ ′   | ニニニ¨ニニニニ=‐ :: :: :: :: ::\
    ノニ/    % Vニニニ{ニニニニニ=‐ :: :: :: :: :: ::
  /ニ/       Vニニニ|ニニニニ=‐′:: :: :: :: :: :: ::
  ゙''≪ /      (|  》ニ 人ニニニ=‐ :: :: :: :: :: :: :: ::
 //-_-_-_-_⌒⌒ \___ /\>'"、:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::




だから私は欲したのだ、【渡り鳥】を、異世界から渡ってきたか弱き鳥を。

私の知らない世界が、技術が、魔法が、その先が、例え言葉だけだったとしても知れるのだから。

再現しようと思えば出来るのだから。  そうやってこの世界は多少なりとも繁栄したのだから。

どれもこれも、残念な事に殺しなどにしか使われない技術ばかりだったが。

それでも、世界に新たな色を塗れたのだ。


2331 : あさねこ ◆tC1gMIWp2k★: : :2019/05/23(木) 21:41:31 ID:???0


私がそれを知ってから、見たことのある【渡り鳥】はやる夫を含めても、両手の指よりは少ない。

そして誰も彼も、大抵は碌な奴ではなかった。 異常者、精神破綻者、増長したもの、その全てに置いて

大体がコチラを舐めていた。 そして自分こそが絶対であると、信じていた。  チートだの何だの叫んでいたやつも居た。

とはいえ、そういう奴らは誰かしらに殺されたり、見放されたり、あまりにはアレなのは私が処分したが。

後何故か、金髪でオッドアイな奴が多かった。




                 /  /::::::::/       〕iト.\  /
                   ,イ:::::::/   .|     ヽ \:∨ /
                /   /:::::://     i|      V  ヽ∨
                  ′ ./⌒/      /i|
               {   {  /  {   / j{       }    }
               |   | .′  |  / .i|       ハ   }
               |   | {   /    i|         .}|
               |   | |   .|     廴 ___>'"  i|  ハ /
                    |/`   .xセ==ミ      ィャ==ァハ ′ V /
                ′  |{( }   .ゝ弋_ソ      Vソ/  !  ∨ /
              /   ′`   |        ,     .′  !   ∨
               //  /  |   |              人  |
             /  /  ..|   |iト.  、 __ アγヽィi} }  |    )
          /  /  / >'".|   |::}  .≧s。  ィi/⌒-∨|  {  ヽ/
         /  ./  /r'¨-_-_|   |:」     {、 /ゝ{⌒-.∨  v  \
        /   /   〔rヽ-_-′ ′ヽ_  _/-{  └=`/:}   }    \
      /  >'"  / /γ⌒´人 (-_-_∧_ />'"v   / ノ  人     \
    / >'"  ィi〔 .../-_{-_-_-_-_≧γ  ̄`ヽ-_∧__ノ} >'"-_-ヽ
   ( / ィi〔    ../-_-| -_-_-_-_-_{ (:::::::::::::) )-_∧:::::::::∨-}-_-_- \
   / / /     -_-_ !-_-_-_-_-_圦ゝ-- ´乂-_-∧:::::::::\!-_-_-_-_\
 /  ( /    / -_-_-_v -_-_-_-_-_/⌒゙''≪-_-_∧:::::::::::::\-_-_ }ヽ .\
.(   /    / /-_-_-_-_V-_-_-_ >'"ニハニニ``~∧::::::::::::::::) 、__」::::ゝ--
 ヽ/      ⌒/-_-_-_-_-_∨>'"ニニニ/ }ニニニ=‐ ∧::::::::::::/  \


2332 : 名無し-Red-市民-2 : 2019/05/23(木) 21:42:38 ID:qEVPWInA0
金髪オッドアイカッコいいものね。そう言う風に作りたくなる気持ちもわかる。

2333 : 名無し-Red-市民-2 : 2019/05/23(木) 21:43:16 ID:42O/nbNk0
オッドアイで自分は特別だと勘違いでもしたかなぁ・・・w


2334 : あさねこ ◆tC1gMIWp2k★: : :2019/05/23(木) 21:44:24 ID:???0


私が初めて【渡り鳥】に出会ったのはいつだったか・・・10年・・・いや100年・・・・サバを読みすぎたな

数千年位前だろうか・・・? 来ない時はひたすら来なかった。 この世界が危険になった時に来るかもと考えたが

一度文明が滅んでも来なかったときがある、完全にランダムなのだろう。




       /    八   ∧ ∨/   i|
  /    ./    / } }   ∧ ∨    .i|
. /    ./  /   ノ 〉    〉 〉   .八
 ′   ′/  ̄`( / ./  / /}  /
 |    |      )八 /_/_ / 《/
 |    | ^ぇ===k    ィ爪^′  |
 |    |                     |
 |    |          '  八    |
 |    | 、   、   ァ   /i|   八
.八   人 }h、     ィi〔  j{     \
 ハ    ハ / ≧ ´ 》-\ 八      \
-_ ∧   /∧    }/-_-_.∨ \
-_-_∧   /∧   /-_-_-_-_   \
-_-_-∧     \/>''"⌒Y.{     \
-_-_-_.∧       \ ィi〔⌒}∧
>''"⌒.∧        \-_-_ | ∧
≧=--=≦\       `、-_|-_∧
-_-_-_-_-_-_.\      Y-リ-_-_\
-_-_-_-_-_-_-_ .\     {-/-_-_-_-》
-_-_-_-_-_-_-/  )    八-_-_-_/
-_-_-_-_-_ /  /乂 / ≧=-彡
__ >''"  / | ノ/|\-_/ \::∧
-_-_-_-_-_/‐=ニ.|    |ニ=‐|   Y∧
-_-_->''"‐=ニニ|    |ニ=‐|    〉:∧
 ^´‐=ニニニニニ.!    !ニ=‐》   《:::: ∧


2336 : あさねこ ◆tC1gMIWp2k★: : :2019/05/23(木) 21:46:57 ID:???0


私の名前が伝説から、風化し、おとぎ話になり、誰も知ることがなくなった現在

久しぶりに来た【渡り鳥】がやる夫、あいつだ。

女かと思ったら男で、何かしらあってあの姿になって、更には魂まで傷ついているという極めつけに厄介な奴。

その上で、多少以上に人間不信で、臆病で、私が知る中で、一番まともな渡り鳥だ。




             ト.、
             |ニ\
       ト、 .トVニニニニV{
       ∨\>'-=ニニ=-<ト、
       ハ//./´ ̄   ̄`ヽハ
        / /V         、 `ヽ  /
       ./ /V  l| |  {   } }∨  ∨
     .′{/{  | {  从   }八} }  }
     |  Ⅵ  .ィ竓卞 ^⌒ .ィzx {^ Y
     | 人{   {. ゞソ      Vリ.|  {                              .イ
     |   ト、 人       ′  } 八                        //
     |   |ハ   ヽ    /^}   人  ヽ  /                   / /
     .八  八∧  }> . ¨ イ\\   ∨ /                  /   /
    /  / _ _}  l|ニ=- {ニニ/`ヽ\ ∨                     //  /
   ./  /ィくニY_|  l|ニ=-<ヽ/ニニ/`ヽ  ヽ                 //  /
   /  //ニニニ}.リ  「 ̄  -=( _)ニ}ニニニニY  }                /./  ./
  ./  / l{ニニニ}{  ∧        ̄ ̄  -=  _        __ / ./  ./
 /   { .八ニニ.八 l{ニ}                  ニ=--=ニ     /  .′
./    l| {  }ニニニヽヾニ!                       /     /   {
′   l| | 八ニニニ¨フ |                   { /      {    |


2338 : あさねこ ◆tC1gMIWp2k★: : :2019/05/23(木) 21:49:52 ID:???0


実の所、あいつがどうしてあぁなっているのか・・・・それを知っている

だが伝えた所で、どうにかなるわけでもないし、下手すれば魂にこれ以上の傷がつく。

そうなればせっかくの貴重でまともな渡り鳥が消えてしまう、それは避けておきたい




            /:: :V ´ /:: :: :: :: }      >'":: /
          ′:::::》_《:: :: ::ア´    >'":: ::/
        /》::/:: :: :: ヽ/:: ::⌒“''*、《:: :: /
        /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: 〕iト.
      //:::::>'"  ̄ ̄ ⌒“''*、:: :: :: :: :: :: :: \
      /ア´  /          ゙''≪:: :: :: :: :: :: \
          /  /       /   ゙''≪:: :: :: :: ::ヽ
      /     ∥       ′     \:: :: :: :: .∨
.     ∥  /}  i|      i|  ハ         \:: :: :: :∨
      ∥  ハ  i|      i|  { \   .i|   ∨:: ::::
     ||   |{ {  i|      i|     \  .i|    ∨:: ::/
     ||   | ,``~、    i|   V  ..\.i|     ヽ:/
     |ゝ _ ャセト、 ≧=- --'      .i|       |-、
     {   }  ゚。  _)ヽ            i|       |⌒
     %  ′ % 乂リ     ィ斥不ミト、      |  )
     ∨/   ム゛゛¨´        _)J:タ /}      } /
        /    ,   ,       `¨ ´ .′
.      /    .人           ゛゛/      ′
     /     /  \  ヽ - __ ァ   ./       /
.    / /    ハ    h、`   ´   ,イ      /
    ( /     // V    / ヽ  -=≦/      /
    ′   /´  ∨  ./-_-_-\ /         人  ア´
     {    ′   ⌒./-_{≧=-/       /  >'"-_
    人   {     ノ-_-.|`~/      >'">'"-_-_-_
 /´  ≧=-  γ/-_-_-_ -_′    ./ /-_-_-_-_-_-_
´           ∥-_-_-_-|-_ {    / _⌒ヽ_ -=…=-
          {|-_-_-_-_ -.人  / /:::::::::ヽ V``~、 _
         ノi -_-_-_-_| -_-_⌒ -.{:::::::О::} }-_-_-_-_-_
        / {|-_-_-_-_.′-_-_-_-人::::__ ノノ-_-_-_-_-_
  斗ヒ≦ -_-_ ヽ-_-_-_/-_-_-_-_-_-_-ハ-_-_-_-_-_-_-_


2342 : あさねこ ◆tC1gMIWp2k★: : :2019/05/23(木) 21:52:02 ID:???0




       /∧     |∧ _..|',
       /∧ rく {:::::〉___{::',、
         {∧ ィi〔.∨::::::::::::∨ヽヽ
         ′ }:::>=---=== <:∧V /                /⌒
       }/::/       ヽ   \:::V          _  -====、__》i.|
       /{:/   \    V/   ヽ|       ィi〔 >''"ixix|   |ix|--\
       | .|i  |  \    V/   .∨ /..    |  |ixixixixixi |   |ix|⌒{ノ
       | .|i  |八  \  V/   |∨ /     |  |ixixixixixi |   |ix| <>
       | .|i  / \ _ ィf芯フ「  .∨      |  |ixixixixixi |   |ix|_
       | 八  .< マぅ         |  | ̄ ̄ ≫. !  !ixixixxixi |   |ix|三》
     「 、乂 } |`、¨´  ' _  j<|  {-_>''" ∧. |  |ixixixixixi |   |ix| <>
     |-_〕iト .」 )ix _ゞ ´/.: .|  ´ -_-_-_-!    |ixixixixixi | 〈',\
     |-_-__7 |≧s。 { `   /.|  .V-_-_-_-_}. !  !ixixixxixi | i'. Y 》
      《-_ _7 /<-_-_ヽ  /-_-   V⌒“''*.  |  |ixixixixixi | | } } }/ <>
       /⌒{ /-_- "''<Y__-_-_-_)  }Y.:∧/.. |  |ixixix >'' ノ 〉_/
.     /-_.八〈__ノ)-_-_((:::::::::::))(/  人!-_∧  {  |ixi./  / /i:/   <>
    /⌒\ ≧彡-_-_//⌒⌒》 ≧=彡-_}-_-∧ \ /   r=《i/
  /    /ヽ-_-_-_/`¨¨¨´ ‐=ニ[-_./⌒“''*、      /i:i:i:i/     .」L
../    /  |=V/.// ./ \"''<.: )/ |   ∨/   /i:i:i:i:i: ′   / \
   、./   |‐=ゝ 彡、/ | ‐\/⌒=‐∧   .∨/ /i:i:i:i:i:i     Yi:i:i:i:i:i:iY
    V/   .|‐=ニニ⌒.7 .|  -=ニニ=‐ ∧   ´¨{{i:i:i:i:i:i:i:/     乂_ ノ
',-=≦V/   ‐=ニニニ.7  〉 ‐=ニニニ=‐ `、   vi:i:i:ij>'        ∨
∧i:i:i:i:i:i:V/  ‐=ニニニ.7  {   ‐=ニニニ=‐ `、  人j>'
/∧i:i:i:i:i: V//‐=ニニニ7   |    V=ニニニ=‐ .:`¨´
. /∧i:i:i:i:i:iV‐=ニニニニ{   /:::/V‐=ニニ=‐\.:/∧
 |/∧i:i:i:i/‐=ニニニニ.|  /:::/  }‐=ニニニ=‐\/∧




完治した後、それを望めば教えてやってもいいし、どちらでもいい。

例えなんであろうと、奴がやる夫で有ることには変わりない。  ま、強いて言うならば

愛されていてよかったな。 という所か。 よくもまぁ思いつくものだ。


2345 : あさねこ ◆tC1gMIWp2k★: : :2019/05/23(木) 21:56:42 ID:???0




                      /:|
           |::\      ./:: |
           |::/∧     /:::: |       ィ(>
           |::::/∧>''"《::::::::|≧s。  ィi〔:::/
           |_::::/_ > <≧rく::::::::::/
            /::/         \_/\
          /《/   /          \\  ∨/
           /../ /  ∥     !      ∨}
.         /../ ′  j{     |       .i|  |
       /../  |    |i      | 、     》 i|  |
       /../  |   八    | \  ../ i|  |
       / {   |乂_ -ニ二  ̄⌒“''*、  i|
       ∥    ィfTぇzk    ィ斥芯〉  ハ 人
       |i 八  ∧乂/ソ     V/ソ  /    \
     八  \ /∧"""  丶  """"}  /人     \
     /≧=-..\ 人  __ 丶  ’  人 /   \     \
    /    /-_-Y } / rヽ _ 。r≦ { 八   { \       Y
  /    >''" /-_〈 ⌒>  /〉-人  \ 人  Y     人
  (    /   /-_-/∧ ⌒Y /-_-\  \ .\ |  ./
  \ /  /}-==二二∧  }〈⌒“''*、-_Y  i|  \/
    Y (  Y  /-_-_-/ ./ / 》〉-_-_ /-_.}   八   \
   /  \.\/-_-_ 〈 -=≦ /〈-_-_-/-_ノ /  )
   /     )/≧=- ≧= 彡 ハ≧=彡-(/≧=-  _  .}
   rく⌒-_-_-_-_-_-_ /乂i:i:i7  ∨/-_-_-_-_-_-_-_-_ 》 人
 〈  ∨/-_-_-_-_-_-_./   ̄’|ニ ∨/-_-_-_-_-_-_-_.//
  ⌒ 乂/__ >{ .{    / ‐ニ》-_-_-_-___ /
     /: : : : : : : | 人   /  V⌒ -=≦: : : : : \
     /: : : : : : : /‐= ≧≦    /   /: : : : : : : : : .\




なんだかんだで、あいつは可愛い居候だ。  奴がいつまでここに居るかは知らないが。

奴が望めば、好きなだけ置いてやろう。 女を望めば私が愛してやろう。 男を望むなら私が相手をしてやろう。

数少ないまともな可愛い渡り鳥、たかが数百年程度なら、愛し愛されるというのもたまにはいいものだ。

ここを出ていくか、寿命で死ぬまでは、良き隣人、良き師匠、良き相方になってやろう。 対価はすでにもらっている。

その対価で愛してやる程度にはやる夫を可愛いと思っている。 本来の姿はデブだとかなんとか言っていたな。

正直造形などどうでもいいからな、ようは中身と魂と性格だ。


2346 : 名無し-Red-市民-2 : 2019/05/23(木) 21:57:29 ID:qEVPWInA0
両方対応可能なのかw


2347 : あさねこ ◆tC1gMIWp2k★: : :2019/05/23(木) 22:00:07 ID:???0




                          。r≦/
                     。r≦........≪____
        ,  '"~  ̄⌒` ,、<⌒:::::::::::>'"──⌒ _
       '"      >'"    ヽ::::::::::{:::::::::::::>'"⌒´
       /   >'"./ 、        }::::::::::|/⌒´ヽ /
     j   / ./   /      .|::::::::::|    ∨ /
        { / ′ //       |:::::::::ハ     ∨ /
           { ./\′  /     |::::::::′     ∨
        γ -イ/ .ん\      ::::/  }
       /     .ヒ::ソ /    ∥::/  ′     }
.       ′    `~´ /    .∥ノ  /        |
       {        ゛゛/    ∥{          ′
       % 、           {::: |   {
       {⌒v.`      ′     :::::!         ∥
     r´ハ (``ヽ   {     .|:::::|   |
.     ハ  }´ ~" ∨~人     ヽ:::′、
     〉 ゝイ / ヽ .}/-_-\    ∨-_-_〕iト.   {
.    {`/ ′ __/-_-_-_-\   ∨-_゙''≪ 》    |
      ,>''"~  /-_-_-_-_-_ \  .∨-_∨´      /
     《 斗ヒ≦-_-_-_-_-_-_-_-\  )-_-_      ∨
    /:::/:::::::/ -_-_-_-_-_-_-_-_-⌒-_-_-_      ヽ
   ∥::::/:::::::/゙''≪ -_-_-_-_\-_-_-_-_-_-_-_      \
.   |::::::′:::/    ゙''≪ -_-_-_\-_-_-_-_-_-_\      .\
.   |:::::{:::: /      ./゙''≪ -_-_-_-_-_-_-_-_-_ヽ        /
.  人::::::::{     /ニV  ゙''≪ -_-_-_-_-_-_-_ノ       ∨ /
     ̄人 _ /ニニ∧     ~"''<-_-_-/∧       ∨




なにはともあれ、今は私は異世界の情報、そしてあいつは治療費の獲得。

こればかりは譲れない、これはお互いの契約なのだから。 ずぶずぶと爛れた生活もまぁ嫌いじゃないが

それは後でいつでも出来る。 なにせ私は最高の錬金術師、カリオストロなのだから。


2348 : あさねこ ◆tC1gMIWp2k★: : :2019/05/23(木) 22:00:46 ID:???0




                     >'"
                   >'"/
                >'":::/:>'"  __
              >'" ィi〔>'"  ,、</__
            /::::__>'"__,、<⌒>''"~ィi〔
         >'"\:::::::::::\>'"::::::::::::ィi〔
      >'"     \:::::::::::ヽ>、 ィi〔    \
     /         \:::::::∧        ヽ
   /              ∨::::∧         ∨
.    /    _       ∨::::::.         .∨
. /  ′   ⌒     i| i|  ∨:::::          V
 ′ .|  |         i| i|    .::::::|
...|  |  |  x==ミ、ヽ..iト、     .}:::: |             |
.人  {  {ヽ /  .{/ハ レ .i|   .|\′           |
  \ヽ | ∧  v/リ   i|   .|⌒》              !
    ⌒ r'¨   タ    i|   .ヽ /            |
     |      ゛゛   .i|    |            ′
     | |           i|    |             /
     | ,          ∥    .|              /
     |人         ∥    |          /
      ′ 、^     /     ′、           ′
     {    ≧=- ./     /-_-_`寸     {
     |    /⌒ ./     /、-_-_-_-\     |
     |    {-_ ./     /-_ ゙''≪-_-_-ヽ     /
     人    |-_ ′   /-_-_-_-_\-_-_ ∨  ∨ /
      \ γ| 人  ア´-_-_-_-_-_-_-\-_-》    ∨ /
          |-V-_ ⌒-_-_-_-_-_-_-_-_-_ \/     ∨ /
      r、  ノ-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-\    ∨
   斗==- 《-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_    \
  /{    } / ゙''≪-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_
  《 「ア´⌒/./    ゙''≪-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_
  \{   /./    /ニニ \-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_
    \ .〈./    /ニニニニ\-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_ \




もし、その道中で、やる夫が死んだら・・・・?


2350 : あさねこ ◆tC1gMIWp2k★: : :2019/05/23(木) 22:03:30 ID:???0




                                |
                      、         |:::\        /
                       ∨:\     _ |::::::::\     /:::/
                       ∨:::::\     .|::::::::::::.〉 _  /::::::/
                     >''"V::::::::::\   乂:::::::/  \:::::::::/
                 /   V::::::::::::》 ィi〔 ̄ ̄:::⌒“''*、/
                /      "''</:::::::::::>''"  ̄ ⌒“''*、‘,
                        /::::::::>''"         \ \
               ′     /::::::::/    / ′       `、 \
                |      /:::::::/         |  |   i|   ‘, `、
                    人::::/    /    |  ハ   i|     |
              ′     |°::′   / 、ヽ`{ / {  ハ    |   ‘,
                /       |:::::::|    /    ´  乂 /  V  |
                     {:::::::}  .Y  … ─ …     ヽ }    }
            /    / /⌒.Y    |           \  / /  八
          >''"   /  / /  |   「~¨ぅぇュ _        `/⌒/⌒´
      >''"__ 、ヽ`   人 ゝ _|    .|  V::::::ソ     x==ミ./  /
   >''" {-_-_-_⌒“''*、     \ リ    .|"""` `      V:ソ /  ′
>''"    |-_-_-_-_-_-_-_\   /     |         '.::::::/   {
.       |-_-_-_-_-_-_-_-_ \/    人   ァ  ._     .人  .|                       蘇生費用でガッチガチに縛り付けられるなぁ・・・♪
    >''"≧=/  ̄⌒“' >''"     /\   {   .:>  /           _
   Y-_-_-_/-_-_ 、丶`       /   〉 、 ゝ イ  ィi〔  \   乂__>''"、ヽ`⌒ミ
.   {-_-_   、丶`           /  \/  ≧=- ´      \\ __、丶`
.   |  >''"       、丶` ̄ -_-_-∧   ∨\\       YY
    /     >''" /-_-_-_-_-_-_-_-_‘,  }  〉 Y〈\\  .| .|≧s。
   (     /-/ / -_-_-_-{⌒“''*、-_-_.}  / /_: | \\\ ,`、   ≧=-
    \     -_/ /-_-_-_-_-V...-_-_≧=---=≦-_-_.}::|   `、`、\ \      ``~、、
.   |:::/\ (-_-〈 〈 -_-_-_-_-_.V-_-_-ΥY:⌒ヽ〉-_-_ | |〈“''*八 ヽ .\ ヽ``~、、
.   |./ /:::| V-_\ノ-_-_-_-_-_-∨-_-圦人::::::::ノ-_-_...| | `ヽ、 `、      Y\    ̄
.   / /: : | V-_-_-_-_-_-_-_-_-}-_-_-_≧=-彡-_-_-//    Υ        |  \




その程度で終われるほど、私との関係は短くないんだよ。  死んだら蘇生させるし

肉体が滅んでたら新しいのを用意してやるまでだ、魂が消滅してたら、その瞬間の魂を再召喚させる。

生も死も超越した俺様にかかれば、その程度容易い。


2351 : 名無し-Red-市民-2 : 2019/05/23(木) 22:04:52 ID:qEVPWInA0
何とかからは逃げられないw


2355 : あさねこ ◆tC1gMIWp2k★: : :2019/05/23(木) 22:05:33 ID:???0




  /         、       ヽヽ
       |     ヽ} }  ヽ   ゞ}
      |l  |、  从_}レ``ー 、}   \
   | |l  | ヽ''  ー'´‐__  | l  ヤ  ``~、、 __                 /¨ ,  , 、
   |l 从l ̄`    ィ也リ 〉 |八 ヤ  \ー‐       =‐     , -、       |  ‘,〈 ‘,
   Y ,ィ示ミ          )ヽ,ヤ  ー──-ミ ──'⌒ヽ __  {  \   /¨l‘, ‘, }  }
 \从 八乂ソ   、      l_ノ  \<_、‐'⌒ヽ ヽ ヽ     }.| ヽ ヽ   ‘, {  ヽ}   .| }   |
 ‘,   、ゝ      - ァ'   人  、   \\_: : ヽ>‐'´  ̄ {  }   ‘,  ‘,',   |   .|´  |
  ),  }ヘ  ーー ´    イ//⌒/: 7ー、  ヽ: `Y    ̄ ̄人  丶  ‘,   V -‐'   | _ -'            お前が外道に堕ちるか、諦めない限り
  ハ ノ  >   __    イ У /__: :ヽ  ',: : ',`丶  ‐-  心  \ノ}   |     }'´
   } ,/   ノ { (//Λ¨´  / /´ : : : : } ノ   } : : \   ミ 、 \}    `     |   ァー'′            俺様がお前を救ってやる、愛してやる、導いてやる
   }/   ' { }ゝ/Λ  //: : : : : ー=ニ  ノ:_:_:_:_: :\   \ノ}        ノ /
   {{l   {  ヾ}、辷≧v'/-‐ ⌒: : : : :/⌒ ̄ : : : : : : : `ヽ从/    _,,.. -‐ ァ                  だから、俺に未知を寄越せ、お前を寄越せ。
   {{l   乂_ノ ノ: : : :(__) ) l: : : : : : : }: : : : : : : : : : / ̄ ̄ {    <´    /:、
 \ミ八    _/ア: : 、人ノ乂: : : : : : :ノ.: : : : : : : :/ /ヽ¨八    〉   /: : : :\                可愛い私の渡り鳥。
     \__/:._、‐''゛天 ` < : : } : : : : : : : /   /   \〔`ー─''   /: : : : : : :  ̄ ̄: : :`丶、
  l       }l: :/  /人 \ \ ̄: : : : : : : /   /      | `ー─ァ  〈__、‐''゛: : : : `丶: : : : {{
  {\乂ヾー/し_、‐''゛/  \ \ \: : : : : : /   /     |   /    ヽ`丶: : : : : : : : : \: : :
  |  \ ̄/: : //      \ \ \ : /  /        ノ   /\    )l   \: : : : : : : : \:




―続く


2357 : 名無し-Red-市民-2 : 2019/05/23(木) 22:06:04 ID:A.TLXbl20
乙でしたー。

2358 : 名無し-Red-市民-2 : 2019/05/23(木) 22:06:22 ID:42O/nbNk0
乙でしたー

2359 : 名無し-Red-市民-2 : 2019/05/23(木) 22:06:23 ID:EOcGAfD.0
お疲れさまです

2360 : 名無し-Red-市民-2 : 2019/05/23(木) 22:06:51 ID:qEVPWInA0
投下乙でしたー。強い想いを感じる。


2362 : あさねこ ◆tC1gMIWp2k★: : :2019/05/23(木) 22:07:43 ID:???0




                                    ____
                     r‐==ミx -‐… ‐<///////|
                     |/// /         \/////}
                    ∨У   l|       i   \///
                      /    | l|   } l|  | }   ∨
                         ′  /'ト八 ノ 八,斗ハ  , ゚,
                      ノイ  厶≠ミ \/ x≠ミ ゚,  |  i
                       |  {{ ん:心.    ん:心刈  |  |
                         八  | 乂_ツ    乂_ツ '  八 、
                         / ヽ{ , , ,      , , , 厶イ    }__
                  {ヽ、__.ヽ 人    r 、     ィ¨´| } 八//≧x
                    γ⌒ヽ)ヾYノ≧=‐--__-‐=≦ノj/}ノjノ//////ヾハ            寒い!! あ、短いですが投下は以上になります
                 {     }l} .}ルヘ〈+〉/〈+〉/〈+〉/{     `ヽ///////}ll}
                _>s _,ノ_"-―――===ニ'~ ̄ヽ_ -―〈//////。/ソ                皆さん閲覧ありがとうございました。
           ,, -''''~     弋_)‐'''''~ _...--..._ 、ィ⌒寸ミ、  ノ77 ̄77~
             , ´         {  ゚ _-三l三ニ}/    マリ/`ヽ  /7
         /            乂   -ニ二l二-' `ー--‐"~     \7
            {             ` ―=====‐'''''´          ,
           ',                                 }
            }ヽ                                  リ
            ヒ二>-....,,_                          イ1
             |~''''┬~''_-.....,,_           _  _ ニ ィ |
             |  l|   ~'''7ーァ-~''ニニ弋_―ァ _ニ-r‐''T"  ||
             |  l|     /'''/      ` ┴'T"リ   !.  |     | j
             |  l|     `´         し′ .!.  |     `´


2363 : ネコスキー ◆hK6dlefEs2★: : :2019/05/23(木) 22:08:17 ID:???0
重いカリおっさん、最高だじぇー


2365 : あさねこ ◆tC1gMIWp2k★: : :2019/05/23(木) 22:08:54 ID:???0




                                    ____
                     r‐==ミx -‐… ‐<///////|
                     |/// /         \/////}
                    ∨У   l|       i   \///
                      /    | l|   } l|  | }   ∨
                         ′  /'ト八 ノ 八,斗ハ  , ゚,
                      ノイ  厶≠ミ \/ x≠ミ ゚,  |  i
                       |  {{ ん:心.    ん:心刈  |  |
                         八  | 乂_ツ    乂_ツ '  八 、
                         / ヽ{ , , ,      , , , 厶イ    }__
                  {ヽ、__.ヽ 人    r 、     ィ¨´| } 八//≧x            ネコスキー様を発見しましたよ!!
                    γ⌒ヽ)ヾYノ≧=‐--__-‐=≦ノj/}ノjノ//////ヾハ
                 {     }l} .}ルヘ〈+〉/〈+〉/〈+〉/{     `ヽ///////}ll}          みなさん! であえであえー!
                _>s _,ノ_"-―――===ニ'~ ̄ヽ_ -―〈//////。/ソ
           ,, -''''~     弋_)‐'''''~ _...--..._ 、ィ⌒寸ミ、  ノ77 ̄77~
             , ´         {  ゚ _-三l三ニ}/    マリ/`ヽ  /7
         /            乂   -ニ二l二-' `ー--‐"~     \7
            {             ` ―=====‐'''''´          ,
           ',                                 }
            }ヽ                                  リ
            ヒ二>-....,,_                          イ1
             |~''''┬~''_-.....,,_           _  _ ニ ィ |
             |  l|   ~'''7ーァ-~''ニニ弋_―ァ _ニ-r‐''T"  ||
             |  l|     /'''/      ` ┴'T"リ   !.  |     | j
             |  l|     `´         し′ .!.  |     `´


2367 : 名無し-Red-市民-2 : 2019/05/23(木) 22:09:17 ID:qEVPWInA0
つ【猫じゃらし】


2369 : あさねこ ◆tC1gMIWp2k★: : :2019/05/23(木) 22:10:05 ID:???0




       トゥァ!!
      ,▲ -―▲ 、__
    /  /     ヽ
   / , /ィ人  /ヽヽ  ヽー-、ノ
   ヽヽ{ ―-ヽ ―-、! :ハ〉 、ヽ
    と人"" -  "" レ'__スヽヘノ}¨ヽ
  【猫じゃらし】 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


2371 : ネコスキー ◆hK6dlefEs2★: : :2019/05/23(木) 22:10:39 ID:???0
ふふふふ・・・・わちきを捕まえるなんて11.3801414秒早いじぇ!

サラダバー!


2372 : あさねこ ◆tC1gMIWp2k★: : :2019/05/23(木) 22:10:50 ID:???0




      ,▲ -―▲ 、__
    /  /     ヽ
   / , /ィ人  /ヽヽ  ヽー-、ノ         あ、投下お疲れ様です、異世界の魔王にあったやる夫君はどうなるのでしょう・・・!
   ヽヽ{ ―-ヽ ―-、! :ハ〉 、ヽ
    と人"" -  "" レ'__スヽヘノ}¨ヽ       楽しみです。
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


2374 : あさねこ ◆tC1gMIWp2k★: : :2019/05/23(木) 22:11:21 ID:???0




      ,▲ -―▲ 、__
    /  /     ヽ
   / , /ィ人  /ヽヽ  ヽー-、ノ        あ、ちょっと休憩をば・・・・
   ヽヽ{ ―-ヽ ―-、! :ハ〉 、ヽ
    と人"" -  "" レ'__スヽヘノ}¨ヽ
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


2375 : 名無し-Red-市民-2 : 2019/05/23(木) 22:11:43 ID:A.TLXbl20
行ってらっしゃいませー。

2376 : 名無し-Red-市民-2 : 2019/05/23(木) 22:11:44 ID:qEVPWInA0
行ってらっしゃいませー。

2379 : 名無し-Red-市民-2 : 2019/05/23(木) 22:12:32 ID:42O/nbNk0
行ってらっしゃいです。

2380 : 名無し-Red-市民-2 : 2019/05/23(木) 22:14:37 ID:EOcGAfD.0
行ってらっしゃい






その14


関連記事



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-31558.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13