以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-31116.htmlより取得しました。


新月の夜の幻葬読書会 66

目次

7601 : できない食堂@携帯 ◆iWQK9irtW6 : 2019/04/03(水) 18:35:06 ID:vT6Rqt88
色々辛いですが腐ってるわけにもいきません…
架空図書安価ここから↓

7602 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/03(水) 18:41:28 ID:ikreWhcA
オリジナル「ざついの覇道に目覚めたメドイさんがご主人に完全敗北してご奉仕墜ちする噺」

7603 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/03(水) 18:44:11 ID:fUPOt9QJ
オリジナル『7日家族~曜日を擬人化するとこんな感じ?~』

7604 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/03(水) 18:45:25 ID:lexG3RsO
クロスオーバー『やる太のカルデア日記 嘘だろ・・・バーサーカーで喚んだレッドマンの方がルーラーで喚んだレッドマンより理性的だと・・・』

7605 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/03(水) 18:54:47 ID:V4d1NM7N
オリジナル『ゲームクリエイターの異世界転生』

7606 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/03(水) 18:57:11 ID:NwwjLHcM
架空新作『仮面ライダーノベル』(仮面ライダーシリーズ)

7607 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/03(水) 19:09:14 ID:lKLGHM3M
やる夫スレ『暇を持て余したダ女神の遊び・やる夫は絶対にあんこになんか屈しないお!』

7608 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/03(水) 19:13:27 ID:GPUf2OtM
オリジナル『太陽系八英雄譚~名無しの冥王の旅~』

7609 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/03(水) 19:14:50 ID:ypEjEqgW
オリジナル『異世界TV番組 料理の魔王』(料理の鉄人のパロデイ)

7610 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/03(水) 19:25:58 ID:gPvhE6fk
オリジナル『沼の魔女と呪われ兵』

7611 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/03(水) 19:27:14 ID:jPReVZqC
オリジナル『小さな妖精と大きなゴーレムの旅』

7612 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/03(水) 19:38:36 ID:VbNLfK2e
オリジナル『魔宝クエスト 七つの魔宝石と七つの怪物』

7613 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/03(水) 19:46:30 ID:jUODiuJg
クロスオーバー『井河アサギ(ZERO)は雄英学園でH・EROになる~・の意味はないしょだw~』

7614 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/03(水) 19:52:27 ID:QJzSNE7n
オリジナル『仙界討禍伝カオスハザード』

7615 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/03(水) 19:54:40 ID:Kse+SENY
オリジナル『蘇生ロワイヤル ~死因が異能になったら?~』

7616 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/03(水) 20:14:38 ID:be+Hc9Ov
合作スレ『絶対に笑ってはいけないBULK板24時』


7617 : できない食堂 ◆jiPnTb1M/w : 2019/04/03(水) 20:48:46 ID:8XInryqb


>>7601+【1D15:11


7618 : できない食堂 ◆jiPnTb1M/w : 2019/04/03(水) 20:49:04 ID:8XInryqb
>>7612
ですかね?

7619 : できない食堂 ◆jiPnTb1M/w : 2019/04/03(水) 20:55:25 ID:8XInryqb



                               _______________________
           .:――::.......                   》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
     ,.イ:::::::::::::::::::::::::::::::>.、               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ,:'::/l/ ――ミx:::::::::::::::∧              .オリジナル『魔宝クエスト 七つの魔宝石と七つの怪物』 .
   .,':::::i/         .Ⅵi:::::';::::::',               _______________________
   ’、:::l_>.-irーr::::<l:|:!:l:::l:| :∧           》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
   .i、_i| |l:l|_l|::::l.ィー|l::Ⅵ:l:::|:|::|l∧            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   i|::::l| |l:||::::|l|::::|l|:_:|L:|:|:l::||:|::l:::::ハ
   l|::::l| |l.ィ去ミ´ ̄ィ示ミ|:l::||:|/:::::l::|                     γ⌒'ー爻==ミメ、 \ \ノj } } i              . : : :      .:∵:∵
   l|::::l|∧'弋リ   ゞ‐'1l:j::||:|、::::l::|                     ⌒丈二ニ=-‐…‐-=ミk i川川i          /           ∵∵"
   l|::::l|'/ヘ    !    .j:l;':::リx_\':メ- 、                      __r「「圦圭圭爻x、_ノ川川川i      . . : :/ <Ξ        .:∵"
   l|:::::l'/:イ_::.、_`ー ’ ィi:/:::/ x≦ニミ_ \        °       /\{ 乂从狄狄jヘノノV´^'弋Iij     . . :/( 二二_      .:∵"
  . 乂从〉 孑≠`ー.く__l:リ::/:/>― Y .∧             _/´ ̄\\,ji絲i絲i从.:.V |Y´ {:::{   . . : // ~"""~      :∵
   / \::乂.      ヽイイ!/     ハ―.、〉..。   爻===ミ、 ⌒7   ⌒>|絲絲狄从__代f:ぅ Yぅ . . : :/:::/       .∵. "
. .:;′ィ<∠≠二ミ、___,ノ!〈/./  .l: l::::\     ⌒'<;:;:;:;:;:;:;:;:: ̄7   / /\( 乂 \>ゝ\ : i:ノ. : :./::::,ィ(__ノ       ∵:
. /_,/.乂__,.::-、\〉V_乂三≧x }.l|、:::::::'.,        .\__/`{>''⌒><三二\  _X  ゚.冫乂./:::::,イ⌒´     .∵ ‘
..ノ::_ハ、 _/::|::::::::: ̄:::::}   ∨/////:ミi{::ヽ:::::.丶             /-==彡三爻'⌒ヽノ^Y^  ノ{ { j/::::::/ _ノ      .
: :/   ;::::::}::::::::::/::::;:|   ∨=<///|::::::∨:::∧            ./-=ミ三 イ::::ノ:::ノ^`シ⌒>'´:/>'゙::::::/  ⌒    .:
.∨   ,'::::::::::::::::::::::::;::|.    ヽ. /_>j::::::::::';::::::::           .人三彡イ〈_j/´  _/廴:弋//::::::/        …‥
. |   .;:::::::::::::::::::::::::;::ハ    }/ ̄|::::::::l:::::::;:::::∧       〈⌒\ニY⌒乂ノ ̄ > ノ )/::::::/       ‥
. l   ;i:::::::::::::::::::::::::iイ:∧   イ\.{::::::::||::::::l::::::∧        .__>'′\`'<二ニi'´    /::::::/ ノ      ∵.
. :、 ./l::::::::::::::::::::::::;' ト、:∧_/ `ヽ〈:::::::l||::::::|:::::/      ..〈r‐㍉乂_∧  }二ニj: ._._../:::::/ /__   :.
. _¨; ;!:::::::::::::::::::::::; |.:.\   \ . ∨ ::||:::::.|::イ |      <⌒ヽ>''"ヘ 〈二-  /:::::/ /'.‘:,‘:、.      / ./
. . /;’;:::::::::::::::::::::::/.:.:|:i: : .\ _  \.{、::リ::: ;':: |/        .)_く ̄⌒ヽ  >'゛ /:::::/─<⌒..\\____//      ゜
../.:i .i:::::::::::::::::::::;′ .l∧: : : : ̄i\-、〉:/:::/.:::/:::     ./::::/く⌒ヽ /(  /::::::/\  /_人. .//ー―‐} }              。
〈.:.:| :|::::::::::::::::::/  ,'/\:_:/:|: :.\:∨:::/.:::/.     /:::::::ノ/ ̄ />くノ/::::::/ _       { { __,ノノ
.::Ⅵ :|::::::::::::::::;′ /     `ヽ: : : : : |:::/./...\  / ̄〈 ̄\ //´/:::::::/ ん:.:.:.: Y     rォ/二}厂      _
.: 从|::::::::::::;′ .,.’...::: ̄:`ヽ.  \:: :.:|/イ..><ィィィく:「 ̄ノ ̄ヽ  / /::::::/ _乂:.:.:Cノ≧====彡≧ {ハ}    /:.:.:.:`ヽ
く: ∧!::::::::::::;′ .;/:::::::::::::::::::::∧   i:: ::|::::::. \)ーr匕乂>'  ̄⌒ヽ/::::::/. /: : : \ o゚/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.≧s。.≧=≦ {{:.:.:.:.:.:.:}}
::乂..;'::::::::: :;′ .;゙::::::::::::::::::::::::::::i  .从::l∨.   \   乂  :.  ..::::::::/〉. .\:_:_:Cノ8/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、パ。≧=≦_
  ∨.:::::::::::i __,.:i/:::::::::::::::::::::::::::l:../.:.\i∧ \  \    )/`ア:::::/\{  ....γ:::::ヽ8′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:} :} 8/: : : :\
  |::::::::::::::ト.-::|!:i:::::::::::::::::::::;:::/ _ _ _   \  \ ( /::::/´ ̄V  ......{C:::::::} |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /。゚_\:_:_:_:/             .;
.  i}: ::::::::::l|  l:::|::::::::::::::::::::i/. .‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ── \  i/::::/>─=彡    ≧ ≦ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:r┘L:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /〃:::::`ヽ≦       ;
.  リ. ―:.、l|  .;::::|::::::::::::/::: ;′         .\ )\)\  / く三三⊥>    .んハ}}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.7/゙´:.:.:.:.:.:.:.:. / /{{:::::::::C}}
. /|.__.l|  ;:::::l::::::::::/.::::/         .⌒ \  \ /(   ̄         ‘:、‘:、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: __/ /==ミ≧=≦
 i :|::::::::::: l| .;:::::::::::::::::::::::′  .─ ── ─ )\ /   )─ ── ─   ....‘:、‘,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /  :/>='ノ }
 | 乂__:ノ| ;::::::::::::::::::::::::!  ─── ── 二二二二二二二─ ─ ──        }}{ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.<   /}__,>'′
 |、__../l i:::::::::::::::::::::::;                                〈0{ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:/>'′
.∧  ̄ ̄.:/ |:::::::::::::::::::::,′                                   ∨8 ,:.:.:.:.:.:.:. /:/ r'′
. .>―<  |:::::::::::::::::::/                                      V8ヘ≧=≦≦(,ノ ノ
                                                   ∨{ O 。o/ ̄
                                                  ∨/ }フ /
                                                      {_//




7621 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/03(水) 21:04:00 ID:be+Hc9Ov
通称最悪の怪物がおるじゃろ?
こいつが魔宝石のひとつです(震え声)

7622 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/03(水) 21:05:51 ID:gPvhE6fk
七つの魔宝石を集めて悪の大王を倒すんだ!
なお、七つの魔宝石を守護する七つの怪物を打ち倒さないといけません

どいつもこいつも厄介で畜生!

7623 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/03(水) 21:07:25 ID:NwwjLHcM
魔ルビーを守護する蛇の王とのとんち勝負好き

7624 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/03(水) 21:14:34 ID:SJtLfLuh
なんでや! 光の魔宝石を守護してる怪物は話が分かる奴やったやん!
事前準備しなかったら死んでたけど

7625 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/03(水) 21:17:53 ID:lexG3RsO
専用の石板で魔宝石封印・保管しないでほっとくと魔力が乱れて世界が大変って
6つ目の魔宝石の守護者に爆弾発言させるって遅すぎやw

「どおりで最近災害が多いと思ったら」って納得すんじゃ無くて焦れや

7626 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/03(水) 21:20:12 ID:GPUf2OtM
アジムちゃん!石を手に入れたらとりあえず口に入れるのやめなさい!!
「お腹壊すだけだから大丈夫」ってお前…お前!!

7627 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/03(水) 21:38:02 ID:V4d1NM7N
定番の8番目又は0番目の石があるとは予想できたが
それが分かるタイミングが鬼畜過ぎるぞw
集め終わって大王の城へ突入する為のスカイダイビング中に偶然石持ってる人がある一定の規則で円を描くってw

7628 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/03(水) 21:43:36 ID:ypEjEqgW
死霊皇帝が所有している魔玉壁が七つの魔法石に入ってなかったオチは笑った
「魔翡翠」が本物で、それに対して魔玉壁、魔玉髄、魔勾玉etc.
偽物扱いされてるのがいっぱい出たけど偽物の方が本物よりも
価値も魔力も付与加護も強力で所有者・守護者が本物の守護怪物よりも強力なのが酷かった

7629 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/03(水) 22:40:18 ID:gPvhE6fk
七つの怪物を倒して七つの宝石を集める
どいつもこいつも厄介な試練出してきて厄介だわ

7630 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 04:05:25 ID:pqPuQs/Q
苦難を乗り越えた主人公たちに対する対応がガチすぎる。
そら七つの魔物を倒した怪物が怖いのはわかるけどさぁ……

7631 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 10:30:37 ID:tYjX6ECw
そも七の魔法石の力が「持ち主を七の魔物とする」だから仕方ない所もある。
魔物の力無しで七の魔物を倒した奴が更に魔物化残してるんだからそら怖いわな・・・。

7632 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 19:12:23 ID:3NUTju13
アンベルク「わたしがサイアクのカイブツとヨばれているリユウをオシえてやろう。ニアうだろう?このGothic Lolitaニアうだろう?」
うるせー!カエルのバケモノのくせして!超似合ってる!アンベルク→アンバー→琥珀だったんだなオマエ



4526 : できない食堂@携帯 ◆iWQK9irtW6 : 2019/04/04(木) 17:59:06 ID:I+ngz+HF
昨日は思わず12、1話にトリなしで叫んでしまい失礼しました
架空図書安価ここから↓

4527 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 18:02:48 ID:faifDddh
オリジナル『念願の伝説の武器を手に入れたけど、実態はただ頑丈なだけのなまくらだった……砕きたい』

4528 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 18:39:28 ID:14qtBDom
架空新作『仮面ライダーノベル』(仮面ライダーシリーズ)

4529 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 18:44:14 ID:Smlsnt6J
オリジナル『プラネタリウム・ガーディアンズ~黄道十二宮の機神~』

4530 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 18:51:24 ID:IR3bBZf6
           ダムピィル
オリジナル『黎明の半 妖』

4531 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 18:53:42 ID:o62zsRTp
オリジナル『ティアドロップ・ブルーデーモン~泣かせた道化師の旅路~』

4532 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 19:04:12 ID:+DrdHGCm
オリジナル「【出たな】ただのインディーズゲームのはずが秘密組織運営に直結していた件【大首領!】」

4533 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 19:13:49 ID:gUU8Vpv4
オリジナル『お爺ちゃんの時計~時計が知らせる危険回避~』

4534 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 19:14:16 ID:3NUTju13
オリジナル『七人のメイドと200センチのネコ』

4535 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 19:36:21 ID:ikoOXOur
オリジナル続編・クロスオーバー(原作:ヘカトンサーガシリーズ、スーパーロボット大戦Y、ロボット作品全般)『第二次スーパーロボット大戦Y-真鏖(マオウ)篇・幽赦(ユウシャ)篇-』

4536 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 19:50:29 ID:K75p2E/E
オリジナル『旅する召喚士と72柱のニート』

4537 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 19:55:54 ID:uYFAgf2X
架空伝記『映画監督アラソ・スミツーの生涯』

4538 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 19:57:17 ID:rM5IGjq7
クロスオーバー『やる太のカルデア日記 財団が「収容する」って攻めてきた!              猫は居ます』


4539 : ◆iWQK9irtW6 : 2019/04/04(木) 20:11:23 ID:rOSUoF71
そろそろいきますかね?

4540 : ◆iWQK9irtW6 : 2019/04/04(木) 20:11:45 ID:rOSUoF71


>>4526+【1D12:2

そぉい


4541 : ◆iWQK9irtW6 : 2019/04/04(木) 20:11:57 ID:rOSUoF71
>>4528
かな?

4542 : ◆iWQK9irtW6 : 2019/04/04(木) 20:14:37 ID:rOSUoF71
絵面がぱっと浮かばないで
せっかくなので安価で募集してみます

安価ここから ↓  キャラ名(原作) と言う書式で下二つの安価をどうぞ(どちらかだけでもOK


外面のAA:
中の人のAA:

4543 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 20:26:12 ID:Smlsnt6J
外面のAA:士魂号(ガンパレード・マーチ)
中の人のAA:織部悠(王様の仕立て屋)

4544 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 20:32:54 ID:14qtBDom
やったぜ遂に当たった

外面のAA:ロールシャッハ(ウォッチメン)
中の人のAA:シロエ(ログ・ホライズン)

4545 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 20:36:38 ID:o62zsRTp
外面のAA:アクション仮面(クレヨンしんちゃん)
中の人のAA:太宰治(文豪ストレイドッグス)

4546 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 20:38:57 ID:dlidN9wi
外面のAA:ツェッド・オブライエン(血界戦線)
中の人のAA:高嶺清麿(金色のガッシュ!!)

4547 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 20:54:32 ID:uYFAgf2X
外面のAA:イザナギ(ペルソナ4)
中の人のAA:武藤カズキ(武装錬金)

4548 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 20:59:51 ID:3ASuL3hD
外面のAA:VR-014/HD フェイ・イェンHD(電脳戦機バーチャロン)
中の人のAA:読子・リードマン(ROD)

4549 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 21:03:00 ID:3NUTju13
外面のAA:ウォクス・リンファ(輪廻のラグランジェ)
中の人のAA:眼鏡ほむら(魔法少女まどか☆マギカ)


4550 : ◆iWQK9irtW6 : 2019/04/04(木) 21:04:34 ID:rOSUoF71



                      __,,ィ'"::::://::: _/:::::::::::::::::::::::::\
                    /:::f::::::/:::/:/:::/::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   /;__l|_/::::::::/::::_/ __;;;;;;_:::::::::::::::::::_
                ‐=ニニ~_::::::::::::::_/:::::_/'´:::::::::::::::_/::::::::::::::::::::::ヽ
          r-―――'":::,ェ-ー―:::::::i_:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::z__:::::::::::::::::::::::::ヽ
         /::;;:::;;:::::;;;;:__,=ニ::::::::::::::::::::::゙l_::::::/:::::::::::::::::::::::::::::\`ヽ_:::::::::::::::ヽ
        ./:::::;;::;::;;::;;;::;::::_ィr'´:::::__:::::::_ ゙l:::十- 、:::::::::::::\:::::::::::ヽ_:::::::\:::::::::::ヽ        |!    |
       /::::;;;;;::;;;::;;;; '´,/::::/::::::r'::::::::::::::::::::::\::::::::::::::ヽ:::::::‐=一;;;;;;;. _  --― -- |!    |
       /::::::;;;;;;;,,_,,;;;;,,∠_::::/::_:::,ィ'i:::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::i:::::::`..,..x≦//////////////|!     |二二二 ミ、
      /::::::;;;;;;;/  `ヽ;;::/://ー、/!::::::::::_::::::::::::::::::::i:::::::::::::::i:.,> ///////////////////|    |       \ヽ
      /::::::;;;;;;;/、__/|!/::/ rt=_rt|、川,,::ハヽ::i'lミ,::::::::l:::::::::.///////////////////////|!    ト、        \\
      人:::;;;;;;_//  ,|;;;;;i イ { 、_'ソ'l | i:::::! i _=ーIzi:::::::|:./////////////////////////,i!    }  \      ヽ ヽ
    ;'´   `一'    l;;;;;::'┤`    ! |::| ,ィoi::廾、ヽ:::///////////////////////////,|!    ,′   !       、 !
   i´   jノ       !;;;;;;;;;l      , リ  、i_'ノ '´ノ_./////////////////////////////|!    ,    .|ヽ       ! |!
  _,;l'´`} ir'ノ       |;;;;o;;;,,.  ,  ,_′      〃 './/////////////////////////////,i!  〃 r=ミ///ヽ     } }、
,/ヽ _i゙-ー'゙       l_;-ー'"ヽ  `ー- __,    .,′/////////////////////////////,j   , { {  }///,ハー .、  , /::,
ヽ /             !ヽ、  ヽ       _...:'´:::;i,///////////////////////////./´ ̄  / ヽ ヽノ,////}  { , /::::::,
/             | ヽ丶  \ _ \        i////////////////////////////    /    //////,  .}/ /::::::::::',
             /::`、ヾ、     ..\      !///////////////////////////     /      ハト、//{  / /:::::::::::::::,
            /:::::;;::::::\`    `\ \    |///////////////////////> ′  /     /  .| !//! / /::::::::::::::::::',
            /:::::::;;;:::::::;;;丶、    \ \  |/////////////////,> "´     ./    .ィj   | |//| / /:::::::::::::::::::::',
           ,!:::::::;;;:::::::;;;;:;;;;;;\_    \ \!///////////> "´         ´    / }|  __! _! //:::::::::::::::::::::::::',
           ,i;,::::::;;::::::::;;;;::;;;;;/   `'ー-―i"\ \///////// ヽ         /     ./_゚ノi!  i r'//:::::::::::::::::::::::::::::::::',
           i;;;::::::;:::::::;;;;;;:;;;/        l::;;;::.\ \//////   \      ./     ∠__ノ,  | / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
           l;;;;::::;:::::;;;;;;;;/        |:::;;:;::::;.\  ヽ /     \   /     ./::::::://  .|、 く /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                                    \ー--   --―==彡       /::::::::ノノ   j/ く \::::/:::::::::::::::::::::::::::::,
                                     /,\              / ` ̄ ̄´  __r''    ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                 /./:::::>..          __ .. イ       / {    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                    { {::::::::::::::::::::>=--r- く乂 ゚} \      ./ /:ヽ__..ィ:::/∧:::::::::::ノ:::::::::::::::::::::::
                                    | |:::::::::::::::::::::::::::::\` ー-= ''   \    / /::::/  j::; / ヽ=イ::::::::::::;:::::::::::::::
      .仮面ライダー                   | |:::::::::::::::::::::::::::::{ > 、 ャ- 、__    ヽ  / /¨´  /_// /   ヽ:::/:::::::::::::::::
             ____                   ヽヽ:::::::::::::::::::::::::::.、   >xr-- r≦ニ X、/     / ./ {      ノ:::::::::::::::::::::::
             ゙弋聿a_                └lllョ 、         マl聿ョ 、  =--  __≧=- ′-'  ヽ.__ .ィ{::::, へ:::::::::::::::
              !llll聿!'         ,,--,,_  弋la_゙宀     -aaa,,,, lllll聿.}                 {   ヽ/\ヽ:::::::::
             ノllll卅’        _ィl聿lll聿b,, ゙゙宀        {llll聿 !llllト.::.、      {            |     //::::::::
            /lllll广         _ィll聿l゙゙  ゙ミllll廴_         !llll夕 !llll|    __a广   、        i!    く く:::::::::::::
        .,ィlllll夕'       弋llllll聿'´    ゙マllll土_      ./llllレ' ノllll│ _ィl聿"..    \       、     \\::::::::
      ._ィll聿广         ゙゙宀レ’      'キllll聿a_    ./聿/  |llll圭llll聿~~.:::>=-    、              \\::
     .,ィll聿广                      `''lllllll彳  ィl聿'´   ミllll聿广.,!:::::::::::::::::::::ヾミ        \        ヽヽ
   ._d什゙゙                            ̄  ./l广’      ̄"
   ."


4551 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 21:07:52 ID:14qtBDom
ベルトの音声どんなだろなぁ
→「サーガ・ノベール(述べる)!」

割りと普通だなって思った私は多分平成ライダーに慣れてしまっている

4552 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 21:16:38 ID:Smlsnt6J
今回のライダーは敵味方共に名作小説かお伽話をモチーフにしてるんだっけ?
流石にネーミングはそのまんまでなく主人公や作品の名前もじったりとか内容を端的に表してる言葉だったりするが

4553 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 21:49:06 ID:14qtBDom
せやねー
モリアーティモチーフの敵幹部好き

4554 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 22:55:37 ID:+DrdHGCm
「世界を恣に改竄せよ! ふはは、我らTKショボッカーこそが上位次元へと至るのだーっ」

Q:こいつは殴っていい感じのクソ編集ですか?

4555 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 23:08:35 ID:YQzaRsJk
読み上げろ 世界最新の英雄譚 ← すこ

4556 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 23:54:34 ID:BNiUMLCo
今回、敵味方が目まぐるしく移り変わりすぎだろ
ドン・キホーテが裏切ったと思ったら、アルジャーノンが味方になって
ファウストに至っては二重スパイに見せかけた第三勢力の手下で
安パイだと思ってたアラビアンナイトが実は敵の弟だったとか

4557 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/04(木) 23:59:03 ID:MRUxuToz
バイブルフォームすこ

4558 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/05(金) 00:53:58 ID:CQTmaAmo
まさかヒロインがラスボスとはな……

4559 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/05(金) 06:51:43 ID:r+EiOTY4
ヒロインがラスボスは過去ライダーにもあったから
いや助けられるから諸先輩方よりマシか?

4560 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/05(金) 13:17:58 ID:22LWWAiF
しかし「ハチマキ学ラン+でっかいペン型ランス+変身シーンに梅の花が飛ぶ」って
つくづく学業成就に御利益ありそうな基本フォームよなー

4561 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/05(金) 19:54:04 ID:ikVlEQt0
グリーン・レクイエムはヤバかったよな…………

4562 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/05(金) 21:16:21 ID:2VtfR0D3
白犬の怪人が「パーフェクトブルー」って何で・・・・・・?→グーグル先生→あっ

4563 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/06(土) 03:10:23 ID:UVfBDLgd
ロボットライダー、仮面ライダーSFさんの変身口上集。全部名作SFのタイトルもじってて好き

「いいえ、私は人間ではありません。私はロボットです。虚構展開(へんしん)」
「一人、夏への扉をくぐるには、貴方は人を傷つけ過ぎた。虚構展開(へんしん)」
「貴方の夢はあまりに多くの人を破滅へと導く。ここで止めなくてはならない。電気羊の夢を見ない私でさえそう判断する。虚構展開(へんしん)」
「なるほど確かに現実世界には夢や浪漫はほとんどない。だがそれでも私はこう言いましょう。天の光は全て希望(ほし)と。虚構展開(へんしん)」
「それでも人間はあの星の群れに赴かなければならない。それこそが貴方がたの性なのだから。虚構展開(へんしん)」
「私は、私自身の為に、誇りをもってこのただ一つの冴えたやり方を選ぶ。零号原則起動。現実収束(へんしん)。さようなら、みなさん。そして、ありがとう」

でも劇場版でしれっと復活してるのはどうかと思う

4564 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/06(土) 09:04:59 ID:YBVB32YM
敵側ザコ戦闘員ポジの名称が「AtoZ」ってバベルの図書館モチーフ集団じゃねーかコレ
基本大した意味は無いけど地味に無限湧きしかねないし低確率ながら確実にチート枠混じってるとかなにそれこわい

4565 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/06(土) 09:09:52 ID:g/60B6Ve
抑止力に突き落とされてる系優男、仮面ライダーライト!
こんなこともあろうかと!、仮面ライダーSF!
サブライダーも濃いよね



7765 : できない食堂 ◆jiPnTb1M/w : 2019/04/07(日) 20:24:18 ID:esZWOQgL
そう言うわけで架空図書安価ここから↓

7766 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 20:25:56 ID:Daq5F/Jr
合作スレ『絶対に笑ってはいけないBULK板24時』

7767 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 20:28:20 ID:yJt8lFva
オリジナル『旅する召喚士と72柱のニート』

7768 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 20:28:57 ID:CMCzHwE9
オリジナル『トランプ召喚士~逃げた召喚獣を探せ~』

7769 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 20:31:19 ID:S64o4eR4
オリジナル『異世界転移経験者の息子~親父と違う世界に来たみたいだ~』

7770 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 20:33:18 ID:1RUYvp7n
オリジナル『7の罪人の大恋愛~恋することは罪ですか?~』

7771 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 20:33:24 ID:NpYXCNDO
オリジナル『苦労して手に入れた伝説の武器がただ頑丈なだけのなまくらだった……砕きたい』

7772 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 20:33:48 ID:P9fnXvJc
クロスオーバー『やる太のカルデア日記 異聞帯プラズマギャラクシー?』

7773 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 20:34:00 ID:/SIK4+RL
オリジナル続編・クロスオーバー(原作:ヘカトンサーガシリーズ、スーパーロボット大戦Y、ロボット系作品全般)『第二次スーパーロボット大戦Y-真鏖(マオウ)篇・幽赦(ユウシャ)篇-』

7774 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 20:34:10 ID:Pz0sMaVp
架空続編「大長編ドラえもん のび太のハロウィン戦争」

7775 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 20:40:21 ID:WJP+9obN
オリジナル『太陽系八英雄奇譚~失われた冥の旅路~』

7776 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 20:41:57 ID:c0211n8w
オリジナル『神様の世界創造TRPG~お前ら絶対遊んでるだろ~』

7777 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 20:46:52 ID:/mKD8zyJ
オリジナル『アホのボンボン貴族のお付きになったけど、生き残るためにこいつを勇者にするしかない』

7778 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 20:57:16 ID:BFpy7Sib
IFストーリー『できない夫の冒険 ~失われた毛根を求めて~』

7779 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 20:58:15 ID:V+C4r9Y3
クロスオーバー『Fate/UNLIMITED Order 並行繋縛遺物ギャラルホルン』
(Fate/Grand Order×戦姫絶唱シンフォギアXD)

7780 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 21:00:48 ID:sV4q/l3U
オリジナル『7人のメイドと200センチの猫』


7781 : できない食堂 ◆jiPnTb1M/w : 2019/04/07(日) 21:16:39 ID:esZWOQgL


>>7765+【1D15:12


7782 : できない食堂 ◆jiPnTb1M/w : 2019/04/07(日) 21:16:51 ID:esZWOQgL
>>7777
かな?

7783 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 21:17:04 ID:Pz0sMaVp
ですネー


7788 : できない食堂 ◆jiPnTb1M/w : 2019/04/07(日) 21:38:00 ID:esZWOQgL



                           __ .... ----  __ -- __
                         /:i:i:i\:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:\:i:i:丶
                        /:i:i:i:i:i:i:>:i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:V:i:i:i:\
                           /i:i:i/''⌒㍉彡´""""⌒\:i:i:i:i:i}i:i:i:i:i:i:i丶
                       ':i:i:/       .:     . : :V:i:i:i:|\i:i:i:i:i:i:i::.
                          ノi:i:/     ノ       . :}:i:i:Vi:i:i:i\i:i:i:i:i:}
                      i:i:i:' --~ヘ 〈`ー --~: . -:|:i:i:{i:i\i:i:i:丶i:i:i}
                      j:i:i{ x===ミ} ノ :.r===ミx : :|:i:i:{i:i:i:i:iヽ:i:i:i:i:i:i}
                      / ̄〉   ノ            |:i:i:{i:i:i>‐ミ\:i:V
                       |   :   「:..             |:i:i:{:i/ ⌒Y:i:i:i:}
                       L __{   ::::::...           |:i:i:{/{  }::}:i:i:i:i{
                     |i:i:i(j                   |:i:i:{ノ. . ::Vハ:i:i:i|
                     |:i:i:iハ   <ニ二二二7    |:i:i:{___ /:i:i∧:i:|./   .    /    /    .イ   /  }  / }    ヽ
                     |:i:i:i:∧   V.:.:.:.:.:.:.:.:/     |:i:i:{:i:i:i:i:i:i:i:i:i: /    /   /   /   //   イ  /イ   ,     ',
                     八i:i/i:∧  `ー_/      {i:i:i:iVi:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧  ./ __>    彡   / ./ /  i  .| V /  ',   i
                    ':i:i:i/i:i:i:i圦         イ {:i:i:i:i:i:Vi:i:i:i:i:i:i:.{   ` ̄ ̄ ̄<__ イ  /イ    |  |ィ| /   ハ   }
                   /i:i:i:/i:i:i:i:i:i:个: . __    ィi〔: : :_八:i:i:i:i:i:i:、:i:i:i:i:i:.',   /{  /    |  /   / /|  斗}''~/ j/ }   , ,  /
                   .:i:i:i:i:i:r<  ̄-=ニ}: : : :___  -=ニニ\:i:i:i:i:i\i:i:i:i', ./ .| /|    `|ー /|--./|斗ii}  /〃⌒マイ .|  /  }/
                   {:i:i:i:i:i:|ニニ=-----=ニニニニニニニニ>、i:i:i:i:i:\i:i∨ 乂{ {    /|_/ -==- 、|/iii/_/iii f ハ リ!/ }/
             __ ---=ニニ|:i:i:i:i:|ハ 〈ニニニ「 : : : : : : : : : : : : : : : :.\i:i:i:i:i:i:i. /  ∧  _..ィf/ん ハ  ミxiiiiiiiiiiiiiiii. 乂リ ,iii! <
          ´///     /::|:i:i:i:i:|/} __}ニニニ∧ : : . . . .   . : : : : : : :>-/. ′  .∧ ィf  { { } }  i||||||||,へiiiiiー iiiii|   \
         ////     /:::::/|i:i:i:i:i|/} ⌒〉ニニニ}     . . . : . -=ニニ : /   {     \{ゞ  乂__ノ  ,il|||||/  , \/´ ', \  ',
.     /   ////      '::::::::/: :|i:i:i:i:i|/}  '-=ニニ/   /: : : . /   . . . .'    .',     ', ∧iii\    .ィiiiii/   〉    u }   }/ }
  /   ////    /:::::::::/: :八i:i:i:i|∧ {ニニニ=-_  /: : : /   . . . . / \   ',     、 ヘiiiiiii≧=-一''´        _从 ∠....ノ
                                              \   、    \ \_U           \  ̄  /
                                                \       `''ー<.  'ー^ー-  _/ /   ーイ
                                            、___ \//   `''<―`         /   \
                                                 ´ /\ー __> ニ==----イ      \
                                            __   イ \{リ  /\ニ=- _  /´、\{\_\ー――
...〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓..- _''ーォヘ {=-- ヘ- 、
...『アホのボンボン貴族のお付きになったけど、生き残るためにこいつを勇者にするしかない』 .   ...//  〉マ=-  ∧  、
...〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 __/ / `只∨ー― ´   \
                                              ` ̄ ̄/ ⌒i  }、     / 〈//{_ ィ    ',   ,


7789 : できない食堂 ◆jiPnTb1M/w : 2019/04/07(日) 21:38:57 ID:esZWOQgL
(イオク様しか思いつかなかった)

7790 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 21:39:07 ID:Pz0sMaVp
アホだけどカリスマはあるのだなぁ
きちんと他人を思いやれるし、誰かの痛みに涙を流せる
アホだけど

7791 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 21:39:41 ID:/mKD8zyJ
先輩冒険者に騙されて死にかけたところを
道場で習った貴族流の剣術と、本で学んだ知識と、豪華な飾りの付いた武具を頼りに生き延びた経験から
その辺を注意するやつは絶対信用しなくなったという酷い地雷

7792 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 21:45:48 ID:NpYXCNDO
おい誰だよこの人「前線に送ろうぜ!」とか言った人

7793 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 21:51:19 ID:WJP+9obN
嘘見たいだろ…この表紙でアホボンがターニャ様でお付きがイオクくんなんだぜ…

7794 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 21:51:52 ID:yJt8lFva
やたらカンが鋭いなこのボンボン
従者「ご覧ください、この(雇ったサクラの)村に伝わる、誰も抜いたこともないとされる勇者の剣です!」
ボンボン「凄い、まるで新品の様だ!」

7795 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 21:52:53 ID:c0211n8w
ターニャ様がやべって顔してるけど、一番危機感あるのイオク君だからな……このシーン笑うしかなかったし
イオク君、がんばれ

7796 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 22:07:59 ID:/mKD8zyJ
ちょっとでも卑怯な手を使う相手にはクッソ弱いけど、正々堂々戦う相手には凄い強いんだよなボンボン
魔王軍最強の魔剣士とも互角だったし
魔剣士とボンボンがやたら気が合ってたのと、魔剣士の従者が主人公にシンパシーを感じていたのはなんか笑えた

7797 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 22:14:28 ID:sKoXbWjL
「民が愚かである事を許す」って点ではどこまでも貴族なんだよなあボンボン。
ボンボンを魔物への生贄にしようとした村の時とか、お付きへの労いはしても村人への恨み言とか一言も無いんだもん。

7798 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 22:14:47 ID:P9fnXvJc
おい貴族にライバルは「コロコロ」なんてネタセリフ言わせてんじゃねえよ

7799 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 22:20:39 ID:BFpy7Sib
地上に攻め込んできた闇の軍勢に、
「無理してお日様の下に出てこないで、それぞれが快適に暮らせる環境の下で
生活するのが最も幸せに暮らせる方法だと思わないか」
と、闇の魔王を説得して和解したのは笑った

7801 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 23:33:42 ID:NpYXCNDO
>>7799
地上で手に入るものが欲しかっただけだもんな攻め込んできた理由、新しい交易ルートも生まれて仕事が増えるよやったねイオク君!

7800 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 23:28:26 ID:aDTZDkAE
アホなボンボン貴族だけど、結局底抜けに善人なんだよなぁ……
……よくこれで貴族社会で生きてこられたという気はするが

7802 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/07(日) 23:41:35 ID:nEqw6p3n
人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことが出来る人だ

7803 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/08(月) 19:20:23 ID:wxLeD93E
NOUMINとかいうイケ魂の持ち主
あいつ経歴一切不明だし1エピソードのゲストキャラだしでテキサス人みある

7804 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/09(火) 17:27:34 ID:JuAOykJ+
ワイバーンの夫婦に「ダメだコイツの味方しないと最悪他から攻め込まれて我々滅ぶ」でターニャのもとに下るシーン面白すぎる

7805 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/09(火) 17:35:40 ID:kHN61pzn
そもそもなんで勇者にならないと諸共滅ぶんだっけ?

7806 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/09(火) 18:24:44 ID:yQOottZ6
>>7805
確かイオクの方は没落しかけの貴族かなんかでターニャの補佐失敗すると今度こそ家が潰されるとかそんなんだったような……?

7807 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/09(火) 23:27:34 ID:W4y8tUYg
>>7805
世界絶滅超魔王に一太刀なり浴びせられる可能性持ちがアイツだけだからじゃなかったっけ
なお、レベルが足りない

7808 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/10(水) 01:26:04 ID:Qsj38RqP
>>7807
でもあの勇者だからこそ勝てたんだよな

(卑怯な手に対応できずに苦戦する直前の戦いを見て)「話にならないザコだな」
「こんなやつに面倒な罠とか魔力大量に使う最強装備とか必要無いだろ」
「超魔王に小細工など不要、正面から堂々と叩き潰してくれる」
「貴様、今まで力を隠していたというのか!」

いやあ超魔王は強敵でしたね

7809 : 梱包済みのやる夫 : 2019/04/10(水) 07:04:49 ID:axlqX+TX
>>7808
(((す、すごい……一体何者なんだ!?)))ってなる世界英雄同盟の皆さん
(見てくださいよあの子、私が育てたんですよ……)って母目線になってるぼろぼろの従者さん


関連記事
[ 2019/05/05 23:20 ] ◆iWQK9irtW6総合 | TB(0) | CM(0)



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-31116.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13