以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-30401.htmlより取得しました。


新月の夜の幻葬読書会 架空図書150回記念特別回

目次

4194 : ◆iWQK9irtW6 : 2019/02/23(土) 18:23:14 ID:apRmE86M



                                   ___    へ
                                  /:.:.:.:.; ─-ヽ/  ∨
                                   |:.:.:.:.:./ _ノノ     ∨              ___     _ -¬
                 __                 _\:.:〈;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i=- _ ∨         、丶`;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i<    |
               _/ ̄       ` 、       ,.。*i;i;i;;i;\\「:.:~、-..._;i;i;i;i> 、─-  _ /;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;,,、_」_
        ,.。*'" '  /l_ -─‐ 、7 \     /;i;i;i;,.。*':.:.:. ̄∧:.:.:.:.:`~、:.<;i;i;i;\       >;i;.。*'"::::\;i;i/:::::\-..、;i;i;i;i;i;i;i;\   ̄   -
        /      , ´   __\  ̄>、_/_ =-:.:.:.:.:.:/:.:.:7:.:.:.:.:-:.、:.:.:.:.:\:.:ヽi;i;i∧  //::::::::::::;::::::/:::::::::::::::::\:\;i;i;i;i;ii;i;iヽ   /
     ./    /   {r_:::「 ̄  \∠ ベ.   /-才:.:,:.:.:.:.':.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:..\:.:.:.:.:\:∨i;∧ /i/:::::::::::::::/::::/」::::::::::::::::::::::::::',:ヽ;i;i;i;i;i;i;∧   |
     /    t_::┬---イ       ',   ヽ /:.:./:.:./:.:/:./ヾ!:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:、ー--:ァ'::::/::::;::、/::::/ |:::::|::::::::::::::::::l:::',::::\i;i;i;i;i∧_ノ
        _ -ァ''"¨ /  {、  l  ハ ハ. ヽ /:./':.:.:.:./:.:.:.;\'   !:.:{:.:.:.:.:.|、/、:.:ヾ:.:.:.ヾ丈 |:::/:::::::/::/|\'_  l:::ハ:::::::_;;:::::|:::::',:、:::∨i;i;i;i;i!
    レf:.:.:.| |    | .ハ {_\ {_ノ¨l7‐-、 l.|:/∨:.:.:.:.:|:.:.:∧:二≧ヾ:{ヾ≦二ヾハ:.:.:.:.:.:.:.:.\>{:!::::::|:/ ∨   ヾ ̄丈l:::::::∧:::::',:\∨i;i;i;i!
      乂:.| |    | 7 ̄_ヽ \ /‐- ∨ ヾ {:.:.:.:/:.|:./|扞¨n T  \丁n¨¨圷}:.:.:l:.:.:l:.:.!./ 入::::N =ミヽ    __ l::::/:::::\::>:::l\i;i;/
       } }  、 〈_,.zzzzァ   '==≠ |  } |\:.l:.:.N:.l∧丈ソヘzzzf 丈_ソ,ハ:.:.:/:.:.ハ// /:::;::\::} xx` ,   ´=≠=x イ::/::::::::/::::::::|;i;i;i/
       / ./    \丈 xxx   '  xxxl ∠. ヘ `|、:{:.:.:乂 ̄__ノ ' 乂_ ̄_ノ/イ:/:.N /:::/::::::::::{   r-  _ xx _ノィ::::::/::::|:::|:|/
      ./ ーヘ   ∧ ̄  r ¬    八 ト、 l  ∨、_:込   ~~-、  u イ-‐:.:.:.ノ__|:::ハ:::{:::::込   ∨  l  / 7ーr¬::::/l:::ト\
       .l∧! ∧    ∧、   ー'   .イ、   | ノ'  /:.:.:.`ヽl≧s。 _  r=升:.:.:):.:.:`ヽ  ヾ |\\{ヾ{>- 二 -=升:`:::ト;'/ノノ
       ノ   .>、 、 |\ ̄丁「 Y┐ノイノ.、   {:.イ:.:.:.:.:.ノ:.:.:.:)\_/ /ィ:.:.:´:.:.:l:.:.:ノ_  |ニニl」/ニニヘ. 〉く  /イ:::::::ノ\
       { / ∨: : :Y>ノソ.  \_/  /7: : : : : :〈  ヽ\:.:.:.:.:.:ハ/  イ「ヽ {イ}:.:.:.:ノ人:.ゝ     ̄ト/ヽニニ∨_]ヽ/ニニニニ\
       \_/: : : : :\/、>、__/ lヽ/ソ: :〈: : : : :\  ./≧イ+_+ト'_/_∨_´l+_「+「  ',      八|ニl」=-....../.......\ニニlニニニニ>、
         .|: : : : : : : :ヽ:`Yzzz8zzl: : : :∨:/: : : :\/ - 、|+_+_+_>_<+_+O_|+_|  , ∨     ヽニ〈\..../............/く\|ニニヽ-=イ
       「¨ヽ: :─-: : /: : |zzz8zzl: : : :.厂、 : : : /r‐=-へ+>┴_┴_<+|+_|/  ∨        \ヽ/¨┬┬ く───‐7く  l
          .〉  | : : : : : | : : |zzz8zz| : /-, \: :| 〈ー、┘ノ_| ` ‐- -‐_'_」丈¨ヽ   ∨      _ -]l  ││ .|:.冂:.:./ ̄_ヽl  l
         /  .l: : : : ̄:\┬_:7:T: :「_「>'   ヽ\〈_ソ_人.┤    く, -   ヽ |   /    _. -ニニ\││ .|冂冂〉´-- ||/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\: : ; -─\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\〉   \    く二  ノノノ=- " ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |冂冂ゝ二ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                〈   _ヽ                        ̄ ̄ `¨¨´ ̄                   |:.:.:.:.:.:.:.:|
              \/  、、\                                              `¨¨¨¨´
                <ノ_ノ┘/
                   ̄



                           『架空図書150回記念特別回』


◎開催期間

2/24(日)~2/25(月) の24時間(日付変わったと同時に開始で日付変わったと同時に終了)



〇参加のルール

・開催時間になったらこのスレへのAA貼り付けを解禁します(誤爆に注意

・いつも>>1がそぉいするのを真似して、自分が考えたタイトルとAAで表紙を作り、このスレへと張り付けてください

・表紙絵の中から>>1が候補を選び、記念回のタイトルとすることにします

・一人(1ID)に付き、1タイトルでの参加となります



●注意点

・R18やグロなどの内容は禁止とします、未成年も見ているスレです

・選ばれなくても泣かない

・本当に本当に誤爆に注意、貼り付けの際このタブ以外は全部閉じておいてください


4195 : ◆iWQK9irtW6 : 2019/02/23(土) 18:23:40 ID:apRmE86M
(既に150回は終わっているがそれはそれ)



4196 : ◆iWQK9irtW6 : 2019/02/23(土) 18:24:27 ID:apRmE86M
まだルールは仮なので、なんか直した方がいいよ! ってところあったらご自由に意見をどうぞ

※折りたたみ


4209 : ◆iWQK9irtW6 : 2019/02/25(月) 06:53:43 ID:sBb4fALZ
おはようございます
この本数なら全部やろっか

4210 : ◆iWQK9irtW6 : 2019/02/25(月) 07:04:53 ID:sBb4fALZ
全部期間は【二日間】で0:00~0:00まで(つまり日付変更で始まって日付変更で終了)
開始するときは最初に感想書く人が、「被り防止のため一声掛けてから」再度AA張って貰いそこから開始とします
期間はこんなもんでいかがでしょうか?(何かおかしな点や誤字があったら指摘してください)


>>4198
2/26 ~ 2/28

>>4199
2/28 ~ 3/2

>>4200
3/2 ~ 3/4

>>4201
3/4 ~ 3/6

>>4202
3/6 ~ 3/8

>>4203
3/8 ~ 3/10

>>4204
3/10 ~ 3/12

>>4205
3/12 ~ 3/14

>>4206
3/14 ~ 3/16


4211 : ◆iWQK9irtW6 : 2019/02/25(月) 18:42:39 ID:sBb4fALZ


初回ですし、少し早いですが自分が投げておきます


                                              __
                                          r'´ ̄     ̄`
                                          \    , -――-、
                                          __r 、> イー- 、   ヽ
                                        ,ィN   ヽー---、 \  '
                                  , ィ´ 7ァ'´/ イ     \    ヽ ヾlィ ̄`ヽ
                                r={  /   ハ      ヽ   \ \   ノァ、
                                ハハ /,'  ,'  ! ',   ヽ       ',  | 丿/ ヽ
                                | ヾ〉 /  i   |  ',    ',  _ヽ_     !彡'   l
                                | ノ i  j  , ィ、Tヽ ハ   i ´   ハ`メ、  |     !
                                j/ | i|  ハイ | ソ__ヽ', ヽ  j     ',    l      !
                                !'  ', ハ   ',  レr、=ュ、\ ヽ,、ミ、_ }  j i|       l
                               ,イ   ', ト   ',、.| ト':tj:j| ` メ  r==ミ j  / ハ      l
                              / {   ヽ ',\ ヽ ゞ- '        /  / ハ      ',
                             ,'   ',   / ヾ、 ヽ、ゝxxx    '  xxxノ / /  l      ,
                            '    ヽ_ /_, ハ    ヽ    ` ゚´ イィ   /   l      ',
                                  /  / |`ト     ≧ 、 __ ィ /    イ   l                  ,..._
                                  , '  /  ! l ヽ   ', ヽ|   {    /     !                 {: `ヽ
           ,.-'´          _ゝ-ヘ          / _i !_j ヽ  } j> <!   /=ー-- _     ..,..、   ,ィ: イ!;.ヽ._ヽ ..,.., 、_
         _,./ . .:/ .    r'"´ __ノヽ   /    イ ̄r-、l |  `ー} リ ハor-,o)ヾ、 |>      `ヽ.r:7:>''ヾ,イ: /:{: :ハ:' : : : : : :ヽ'、 ヽ:!
       // .::.:::/ .::    ../,.-'"´ __ ト、/     ,'_r‐'、  ', ヽ  j/L/ /ゝ=イ、\_j          l.l: :{   ノ: /: l: : :'¨l: : : l : : : ヽ:ヽj;!
      /:;;/:: .::::::::{: .::   /`7,.ィ"~~     ヾ',   .イ 、 ヽ (_`ーヽ '   ,イ/////rヽヘー、_    r――_≧:ゞ- ': :./: : l : '  l: : : l : : : : l : ヽ¨ ‐ 、
    ,::';-ァ':,'::: :: ::: ::l:.:::: :: /  '´ /:/:: .:::: :    !',. / !ーヽ_ゝ'` -' j  ,イ//////ハ、 ヽヽ } 〉    ヽ-/: :/ ハ: : :l: : :.l: :l_,,.._V: : l : : : : l : :ハヽ- '
   ./'´./. .:l:{:::::;.::;:..::i::::: ::i:;' ,.-―/イ:::;イ/:.::: .:  }::l:!:!.   ',ヽ  ヽ ノ  ,イ////////j_) `  / rュ、  .....r'イ  ノ: : : :.l: : :.lヽ!  ':,: : : ⌒: : l : : :} ヽ
     /.:: :::l;1::::{::::;:::::;:::::::l{   z;テメ/ィ/::.:: ./l:ハl:l.,, -=ュ「'ソヽ  イ  j ヾ/////// `ー-イ'l ゞミ=ュ、 } ト - ': : ハ: : l: : :l 芹茫  `゙ 斥x; :ハ: :ハヽ-'
     /:;::::::::'ヘ::::ヽ;:ト;::l'、::::{`  '´{r',,.」 /::/:.::ノ::/ト;::!../'  j    ノ  /   ヾ///l    /  !   `ヾミ.,: : : :/: : : : : (|: : :l 弋_ソ   レン イ:ノ: : ハ
    ,':;1::::::::l::::ヽ::ヾfゞフ,ヽ'、  ´~ /Z;:-ァ'::::  l }:l./  /    !  /    j///| __ ィ、    !      /: : :/:/;: : : : : :l: : :l     , ` /: : :": : ハ
    l:ハ:::::::l:::l:::::ト、`'ゞ‐'/        //::  l/ |  ../    ! /    ///|´j   l、    !  ..../: : ://,: : : : : : :l: : :ト\  ` ‐' ノ: : ;: : : : :.ハ
    i! ヽ::::ト;:ト;:::l:::`;ヽ、丶       ´7::   ,l:: |                                /: : :/ ノ: : :ィ⌒、:ト: : l >.ト‐: ': : : : : ヽ: : : : :ハ
       ヽlメ::゙ヾ、::丶  < ̄ 7     /: .:  l:l:: !     〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓      ./: : / //: :.;   ヾ': :l'" ,j{`丶、 - 、: : ヽ: : : :.ヘ
     _,.-''´`::::::::::::::::::::::ヽ、`ニ´   _,.イ::.:::  iハ |          .過激で無敵          /:.イイ /: : :.l     ヾ:lY´イ‐ ミ´ イ ヽ: : : ヽ: : :.ヽ、
  ‐=;;-'"´:::::::::::/::::::::::/:::::`ヽ,,.. 、''´ /::::::   l.l:: |       .桃髪聖女は世界を救う       ィ´   ノ: /: :ヘ  , -―}:j,:' :.'    ヽ,、¨`ヽ: : : : :\: :ハ:、
  -''´..:::::::::::::::;:':;::'::::::;:イ::::::::::::::::::::j  /::/:::   l l:: |   ....〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓      ../:/: :/: :/   ノ:' .l: ;     'lli、   ヽ: : : :ヽ:',: :≧..、_
.  ::::::::::::;:-‐ァ/`ーくノ;;;::::::::::::::::ノ /::/:::   lリ ヽ:!                               /: :/: : ': : : \  ,: :' { j:.'      }lll}.    Y: :ハ: ノノ``¨'''ハヽ
  ::::;:-''´_;ニ''´     `ヽ ̄ ̄´   /;イ::::.:  j   ヾ、_./;イ′ /: ://: /' /  /: : : : : : : : : :'l、: :../: : /: : :,': : : : : : :ヽl:' 乂      ,ツ     .ハ:}:.:ノ: : : ヽ  ノ: : !
 /  '"´          ヽ、   '´/::::::::  /."´ ̄`フ"/',ィ ,//,/: : / ,.イ ,/: /: : : : : : : |: : ヽ; :..: : :/: : : :': : : : : : : : ヽ/ ヽ    ノ/      ノ::ヽ: : : : : : : ヽ': :.ノ
                  ヽ  /:::/::.  l、   /;/'/'/ '´/: ; : /  /:,| /: :│: : : : : : : |!: : : :l ≧イ: : : ': : : :l: : : : : ://   ヽ   lll   _ イ:ヽ::}: ',: : : ,/: :/、__
       \           `ノ;:ィ   ..`i、 /: /:,/:/  /: :,/:,/  /: :,|'′: ;|: : : : : : :,i:,|'l、: : ::|: : : : : : :| |;'l、: :│     ヽ,
                          l,/: ;/イ: / /: : ;/:,/イ";/: : ′: :,/|: : : : : : :;|:,|! ヽ; : :::|、: : : : :,|, |; |、│      l
                          /: /'/:,//: : :/'/: /::;|!: : : : ;/│: : : : :.::;l:| |   \_::|; : : : : ;ト、 l、|: ト,_       |
                         /;イ /: /′: :,/: : : : :|;//: _;,:-i'─‐|: : : :.:::::;|:/ |  ̄`` ヾ「`ヽ: :,|: l、|: l;|, `\,_ _,」
                         i|'/ |: : : : : /: : : : ;イ' ,|‐'´/ _│: .::::::::i|/ │ =テ云ミ;i|; : : :i|: : `i|; :`|    ``'-、
                        ,|' | |: : : .:;イ′: /:/ ;|::/,イ乏ミ' |:::::::::;/リ′l   う伐ハ`ヾ、;il|; : : |!: : |、     \
                        |! |_,」: :.//: :,: : :,:Λ: |/ ∥,う代ハ, l;::::://′/   |;l;:;:;};j |リ:/iトl、: :|: : :|ト,    ヽ,/
                        l/ |‐'′,l/: : :.:||イ'l、! i|! |;;l;:;:};j l;/' ′      込;tり |:/ ,||'i|: : :│:;|::ト、 /′
                       く´   !  ,イ‐': : .:::;i|l,ヽ l,  ゙!  辷tり  ′        . , 、,、|' H|´l、: ,l|; |:::'「ヽ'′
                        `\, ,ィi'´_.:::/:||`'ー、l、 、, 、, . .       ′        ゙ ` ノ;l'::;r|、ト-|L;::ヽ,
                          ,.lイ" ̄  ̄``'┴-、;/ヽ,        __        _,/;イ‐'′|/ |' `\l、
                        ,イ'´|            ``ヽ;`i-、.,_     ` - '′   _,..,イ‐'"´′  /′  _,.-‐':l、
                       /'/: ::::l,_  ___,..,,,__ _,, く´┼‐'`'i:r、...,___,...イ'(,`ヾ        _,..-‐'´:|;::::::::\
                       ,/: :::l'"´ ̄: : : :_;.: -‐'"´   | く   l;\.,_  _,..イ′`ヽ  - ‐="‐──┴┐::: :ヽ、


4212 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/25(月) 18:46:11 ID:1QTpE+bt
豪快なノリで突き進むのがいいよね
各エピソードの陰惨とした背景を爽快に叩き斬っていくのが魅力的だ

4213 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/25(月) 19:13:49 ID:prc7VIdQ
桃太郎の御付の三匹も全員桃太郎だった場合想定される蹂躙劇とか
どっかで書かれてて成る程ってなった

なお、きびだんご相当のモノも四人全員持っているせいで余計やばい件

4214 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/25(月) 19:25:18 ID:bhgF5KMz
小山か大山脈か平原かの違いはあれど、みんなかわいいよね……
なお、同じ桃色の髪のせいで後世伝説が悪魔合体して「だれだこれ」って言われるのが生まれた模様

4215 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/25(月) 20:19:05 ID:UEfc8zdF
今まで100年に一人か二人しかいなかった桃髪聖女が、一度に四人も現れちゃったものだから
もう誰も手を付けられないのな
聖人か聖女複数人の承諾が必要という、本来なら高いハードルになるはずの権限が使い放題になって
ヤバい効果の聖遺物や神聖魔法を、何の躊躇もなく使いまくってるからな

4216 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/25(月) 20:52:08 ID:t7bwsIfS
衛士「ウサギネコの群れが走る姿はまるで山から下りてくる魔獣たちのスタンピードを見ているかのようだった」
そらそうよ、だって聖女様がたの山狩りなんだぜ?美味しいお前らが悪い(断言

4217 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/25(月) 21:17:41 ID:t/y5LSRj
可愛い(可愛い)
聖女様がみんな可愛らしくてほのぼのとする
えっ?山狩り後が凄惨たる有様?俺の目には何も見えないな

4218 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/25(月) 21:22:41 ID:glDnOsx6
皆最初は「聖女様が4名もいた! 勝ったな(確信)」みたいな感じだったのに「誰か彼女らを止めてくれ(懇願)」になってるのは草しか生えない

4219 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/25(月) 21:25:50 ID:1QTpE+bt
やりたい放題やってるように見えてというか実際そうだけど
それでも鬱フラグブレイカーとしては最高峰のメンツよね

4220 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/25(月) 21:29:34 ID:o37pMRYh
やってることは良いことだから……
ただちょっとブレイカーがブレイカーなだけで

4221 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/25(月) 22:12:26 ID:t7bwsIfS
なお電源的なブレーカーは存在しない
車的なブレーキもない

やはりダメなのでは?

4222 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/25(月) 22:40:32 ID:UEfc8zdF
一応、法王様なら言うこと聞かせられるし、権限の剥奪も出来るぞ

でも、あの世界は強引にでも解決しなければヤバい問題が多すぎだからな
迂闊に聖女を止めると、なおさら事態が悪化する可能性が高いわけで

4223 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/25(月) 23:38:15 ID:t/y5LSRj
法王様、胃、死んでない?
大丈夫??胃薬いる???

4224 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/26(火) 06:52:17 ID:gBBfGD/X
大丈夫、眼が濁りつつあるだけ
最初はなあ…孫が一気に四人も出来たみたいだと喜んでたんだけどなあ……


4258 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/27(水) 23:59:55 ID:RbYj4co8



                              V      \ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,|!;;;;| !;";;;;;;i゙、;;;;;;.!!;;/.!;;;;;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;l|;;;;;;;;;;;;l.|;;;;;;|,!;;;;;;;;;;;;;;!.l゙;;;;!!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i、;;;;;;
                              V       \ ;;;;;;;;ケ;;;;;;;;;;;;;;;;;.! .!;;;;;;;;;;;;;;;;;,!|;;;;;|:!;;;;;;;;;;.!.!;;;;;;;l|;;;| l;;;;;;;;;;;.;;;;;;;;;|!;;;;,!;;;;;;;;;;;;|.|;;;;;;;;;;;;';.;;;;;;;;!l;;;;;;|!;;,l|;;;;;;;;;;、;;; ネ;;;;;;;
                          ,.:\   V         \ ;|l;;;;;;;;;;;;;;;;i、! l;;;;;;r‐i;;;;;;! !;;;;゙|;;;;;;;;;;/ |;;l゙};|!;;;! !;;;;;;;;;;||;;;;;;;;ll;;;;;li;;;;;∥;.!,!;;;;;;;;;;;;i!|;;;;;; ネ;;;;;;"/.|;;;;;;;;ili.!;;;";i;;;;
                   / \\  V         \   i、 i.! .!;;;;;| l;;;;;;! l;;;;;|!ノ.!;;;;.! |;/,!;|.!;;.l|;;;;;;;;;;| !;;;;;;l゙|;;;.!|;;;;l゙|;;;;!.!;;;;;;;;;;;.! |;;;;;;;";;;;;;;l゙ .l;;;;;;iリ;||;;;;;;l!;;;
                    __-‐=ニ㍉、  ̄\\ V厶ィ´     ̄>x\__| マx_  .|;;;;| .|;;;;;;!.|;;;;;;! .|;;;;;} !;|,!;;;l !;;;lv、;;;;;l !;;;,! .!;l|/;;;;|:!;;;|.l;;;;;;;;;;;;| .|;;;;;;;;;;;;.;;;;|, ,!;;;;;|.!;||;;;;;;ミ;;;
            ,r=ニ二    _... -‐=ニニ二 ̄`ヽ-=ニニ=-:.、     | Vハ !;;;.! |;;;;;;| |;;;;;;l  ,!;;;! !;l.!;;;;}!;;.! .|;;;;;l゙ !;l  '".|;;;;;[|!;;l |;;;;;;;;;;;;.! .l;;;;|L;;;l|;;;;'ヘ;;;/!;,l!;;;;;;;;;;;;
             /:|   `<‐=ニ  ニ=‐-:.._      \ `ヽ :.、    |  V/}                        -=ァ ;;|:ゞ .!;;;;;;、;;;;} l;;;|.|;;;;.!.!;;;;;;;;;;;l゙|;;l";;;;;;;;;l
         ム:{    /         `       \  、\  |  Ⅵ,ィ  ⌒ヽ,              -‐=ニ ̄ ./;,;;;;|  .|;;;;/ .!;;".!;;.! !;;;;.! l;;;;;;;;;l |;;./ ;;;;;;;;|
        / Vハ.   /             \      丶 \丶 l   :}\=x_  /{  __..... -‐=ニ ̄     /  !;;;l゙''"  .|;;;} !;;! !;;;! |;;;;;}/.i|;;;;| .!;,ll;、;;_;;;;}
          Vハ  /                 ヽ     :.、  :. ::l   }:. \ヾ//'"´   `ヽ.         __,. /   !;;;!   l;;;;|  l;;.!.!;;,! .!;;;;|l゙/l;;;;,! :!;.!T` !;;;.!
      ,:     Vハ‐='-=ニ二二ニ=-:..._        マ      l }l:   lヘ、 ∨∧___  Y_.. -‐=' ̄ // ;;;;.!  |;;;;|   !;;;l゙  .!;;|`゛ .l;;;;;;/ .!;;;;! .|;;{  .!;;;;|
     /     ,> ´‐==-.、      ̄≫x `ヽ       V    :. j j:    マハxv' ./ニ=-‐' /  }≫=ァ'   / ;;;゙;;;;;;} .|;;;;!   .|;;;;|  |;;;|  !;;;;;| l;;;;,! .|;;.!  .l゙;;;;|
     /   /,  ,..‐==-..  ヽ     ,≫‐=xハ       ',    Ⅳ/l     マ}テⅣrァ≦才´  ≫"´/    .彳|;;;;;;;;;;;l  .!; !   .|;;;;}  .|;;;.!  .|;;;;;;l !;;;} .|;;}  |;;;;;l
    ,:  ,.  / /     `ヽ}   ,::'ィ   ⌒ヽム         V :l     Yr⌒j }]彡' }≫"´ /{     !;| |;;;i.l;;;;;}  ″   |;;;;|  l;;;;,!  |;;;;;;;| .ゞゞ |;;;l  .|;;;;;|
    f /   { {        V  //   __   V            } l  >ー===ミニ彡'≫"´  ./\\    !;| |;;;| `'"      .|;;;;|  |;;;;l゙  !;;;;;;.!   l;;;,!  .!;;;;;!
   __}/,.才二Ⅳ          :.. f:f , ,..‐==-`ヽ}}      i!   j: ,.ィ   ,.‐=rー=ミz、   /   \\   .|;;! l;;;|        ヽ!  l;;;;.!  l;;;;;;;l゙   /;;;,!  ゙ー'゙
   ,{: /    {          ',__{:{ //      Ⅵ     }  ,:    /  | /  }マ、 /.        \\ l;;! .!;/              !;;;;l  .!;;;;;;}   ,!;;;;l
  /i /     ',          V`ヽ     __マハ    .j: /{    {\ .| / /j Ⅶ   ,.ィ==ミx } }ヽ} !;|                |;;;;|  l゙;;;;;;;!   .l;;;;,!
 / _Ⅳ            ,. -‐==}xマム,.      `マx   人/八.   マ 丶レ∠     }`ヽ {  f ノ=xノ ヽj,イ  |;.!                ゙''"  .!;;;;;;;l   `"
 f f⌒{         V:... ,         }`ヾ}-=ニニ=‐-.、 `:.    /  ヽ     ∧   ´  人  \ {__,ィ二込,ノ  l;;;!                 l;;;;;l゙
 { {  ハ         ∨/       ノ /       ヽ }  / ∧――'    //ハ   ,. イ     { ヽ二込ノ   :!;;.!                 `''"
 }ヽ          V      ,.イ  /         }ノ /_ム/ ̄ ̄   ///,∧          `ミ_込ノ    !./
 |人.    :.、   /⌒ヽ‐‐=彡'  ,:        /  ,ツ三三三三   /////,∧     /|   ||    |   ./ニ       /∧    やニニ三{三三三三三三三
    \   \ /     ノ` ー=ニ.__{      /  ./三三≧=--   '///////ヘ    / |  | |    .|  /ニ- .,_     /∧     やニニ三やニ三三三三三三
     \   \  ,._イ     ノ 八      ,   ,.イ三三才       {'////////,}      | | |     | ./ニ′ ⌒ニ=.,_  /∧.    やニニ三やニ三三三三三三
   \   \ ノ ̄ フー====ァァ'  ̄´  ヽ __ノ=-'       , =ニ=-、 .V////////  ,. -=ニ= 、      .|/ニ′     ⌒ニ=,._∧.    や二三|i\三三三三三三
    \__`ー=ァ―ァ―'‐='`  ー==ニ二{        {////,=-‐-ミ/ハ.V,////.//>'゙ ̄`ヽ////}     |ニ}ー- ....._   ⌒三ニ=彳人. やニ三|三i\三三三三三
       `ー==ニ  ̄              人                                           ``~、三三ニ\ \ヤニ三|三三i\三三三三
______         /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i   【五神合体】 スーパーロボット殺神事件! 【一機変死】     /::⌒ヽ  \三三=\. \_三|三三三i\三三三
.\:i:i:i:i:i:i)h、      /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:                                 _  \  {::::{i}::::}    }=_ いニ_\. \从三三三ニ`¨⌒三
  _):i:i:i:i:i:i:i:i:\   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i     {i/八_ノ,ノ}'/「マム._ノ/,i}    Ⅵニ〈∧ |乂  ⌒三ニ=--‐...___    ) j   だ⌒三三三三三三三
.  ⌒\:i:i:i:i:i:i:i:\/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:_;i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/i/i:i:i:i:i:/   ゙'-=二/ノ//ハ、\二=-'゙    \ ニ= _ .|¨⌒ {    ⌒三三三ニ=_ (ノ  ,たニ⌒ニ三三三三三三三
     \:i:i:i>..‐i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i;彡:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i/i/:i:i:i://三三ニニ|   ´^V//^`          \ ⌒_    }      ⌒三三二|    |三∧     ̄ ̄ ̄⌒ア三
.         ∨:::::::{:i:i:i:i:i:ijI斗fセi:i彡 :|:i:i:i:i:|:i:i:/i/:i:i/ニ(三三三ニ=_|:i|i:   ヾ'              `¨∧     j {           ̄⌒    |三三_        /三三
       /:::::::::i{_、rf〔:i:i:i:i:i:i:i:i;彡 |:i:i:i:i:|:i/^j/=``ヽ、三三三三Ⅳi|i:i:i|:i|                    ′  し               |三三=_,      /三三三
.      〈::::::::::}:i{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i;彡 :|:i:i:i:i:|/_三三_三三〉三三三三=Ⅵi:i:il:i|                  _                    |三三三_,  /三三三三
.         〉:::::::}八:i:i:i:i/ ⌒ヽi彡  |:i:i:i:i:|  /⌒',㍉三三三三_=-=_|i:i:i/i:|                      ∧                    |三三三=_/三三三三三
        /:::::::::{:::|:i:\{ 乂 ヽ    |:i:i:i:i:|  {:::0:::}  |三三三三三ニ_|:i/:i:i|                 | .∧                  |三三三三三三三三三三
.       /::::::::::::}:人:i:i:i{ {⌒V   |i:i:i:i:iとづ~'-  \三三ニx==ミ、/:i:i:i:|                __ -| | |\                |三三三三三三三三三ィ(
      /:::|::::::::::{:::::::ヽ人 辷,〈,   |:i:i:i:i:|        \三 /;^〉 }}:i:i:i:i:i:|            __ -ニ⌒ /| 八 ..、\      __         |三三三三 __三三三,ィi{三
.     /::::::|::::::::::{:::::::::::\ヽ^V(    |:i:i:i:i:|          \_じcっ/:i:i:i:|:i:|       __ -ニ⌒      ./ .|  \\:.\  '"⌒`ー-  __|_三-一'"⌒`_三.ィi{三三
    /:::::::::|::::::::::}:::::::::::{:i:i\i、. ′  |:i:i:i:i:|           ノ =三/:i:i:i:i/i:i:   _ -ニ⌒        ./  |    \\=\         ̄| ̄三三三三三ィi{三三三
.   /::::::::::::|::::::::::}:::::::::::}:i:i:i:i:ミ^ヘ  |:i:i:i:i:|            }=/i:i:i:i:/:i:i;′
  〈::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::}:i:i:i:i:i|  \ |:i:i:i:i:|     -=_ ┐     };/:i:i:i:/:i:i/
.   `~¨¨¨~⌒)こ}::::::::::辷:i:i:i|    |:i:i:Ⅳ        ̄     イ:i:i:i:/:i:i/
         (:/::::::::::}    |     .|:i:i:ト.._           //:i:i:i:/:i:i/
          \::::::::丿   |     |:i:i:|   ニ=    __ =ニ /:i:i:i:/:i:i/
              ̄  /⌒\   .|i:i:i|     √       /:i:i/)/
.              /      \ 八:i:{_    /       _/i/
            /         \`⌒  ./      ⌒´  【 2/28 ~ 3/2 】


4259 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/28(木) 00:02:49 ID:bcNsQ8X+
                    トリック
探偵役「お前らのやってることを技巧と呼ぶのも烏滸がましいわ!」

さもありなん(雑に万能なエネルギーでだいたいなんとかするスーパーロボット共を見て)

4261 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/28(木) 00:08:20 ID:OmnHo/48
まあ万能エネルギーのせいで、犯人の特定はかえって難しくなってるがな
実行可能なやつが多くなって
そして犯人を特定できないと、戦時中の機密の塊の中、敵の工作員が野放しになってしまうから
推理するしかないんだよな

4262 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/28(木) 00:32:44 ID:K061ks16
一番必死に推理してるのが敵の工作員君なのどういう事なの

4263 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/28(木) 06:46:02 ID:bQA3QSVg
みんなが必死こいて原子エネルギー入りケースを捜してようやく見つけたと思ったら何故か入ってるエロ本(機神×怪獣王)
肝心の中身の行方はあいつの勘違いが原因というね…

4264 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/28(木) 07:37:15 ID:9lbm3JC7
ロボットモノで「痴情のもつれ」とか「怨恨の線」とか「第一発見者は」とかって台詞が出るとはおもわなんだ……

4266 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/28(木) 11:17:47 ID:C5eqvfWF
「相手の機械の自爆装置をこちらで勝手に作動させてしまう、名付けて【他爆装置】!!」
まさかこんなマニアックなネタをここで見ることになろうとはw

4267 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/28(木) 12:32:13 ID:nNWK8+hk
万能エネルギーで雑に四神合体に切り替えられるの「うわぁ」ってなるけど汎用性と対応力が端的に表れててホント最高に酷い
綿密に計算してアリバイ準備とかしてたのに先にやらかされるわ雑に急場しのがれるわで散々な工作員君の内なる罵声ほんとすこ

4268 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/28(木) 14:20:14 ID:kKqeKQt4
元は侵略宇宙人の工作員だった子が「私も通ってきた道なんですよねぇ……」
ってすべてを諦めたような味わい深い表情してるのがまた腹筋にやばい

4269 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/28(木) 15:08:39 ID:o+s1H7Cw
※なお搭乗者の安全はあまり気にしないものとする

工作員君「おいコラ(良心)」

4270 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/28(木) 15:11:00 ID:6EA95B49
ロケットパンチ事件とかいう神回
異論は認める

4272 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/28(木) 19:58:49 ID:DCuvI/BN
>>4270
あれ何が凄いって伏線の張り方が妙にリアルなんだよな

4273 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/01(金) 07:44:20 ID:GF6BnRQQ
>>4272
分離パーツ単位で意志があるっぽいよ、とか工作員くんが整備員さんとだべってたのが、ああ繋がるとはな……

4274 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/01(金) 10:38:14 ID:VL+2nnk5
真相がわかった時の工作員君のSAN値下がり具合心配になってくるレベル
強く生きてほしい

4275 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/01(金) 21:46:33 ID:nGBnAtis
>>4274
意識のない状態で犯行を重ねていたことに、全く気が付かないで必死に真犯人を探していた挙句
故郷や家族の記憶は全て偽物で
今まで自分が人間だと思っていたけど、実は人類の敵によって生み出された存在で
現状は孤立無援の敵地のど真ん中で
人類存亡を賭けた戦いを妨害した犯行の証拠を突き付けられているわけだからな


無理じゃね


4276 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/02(土) 00:10:46 ID:uKcwXJnE



                                       乂: : :/: : : : : : : : : : :/: : : :/: : }: }: : :乂
                  Vk、                          、_ソ: :/: :/: : :/: : : < :_:_:.イ: : : :j/: : : :_:_: >
                   Vト、` ー 、                     _爻, -、: :/: :,,∠_イ:ヽ: ィ: : : : : : /: : : : : : : : : ',
                   Vk `ー、 i                 ノi   ji:ハ:.iマ ハ沁、 ̄メ: /: : : :/: :.i : : i : : : :.N
                    Vk   l/                  ⌒ ',   ヾ 乂ツ } //: : :/}: :/: : : !: : : : }
                    Vk                      `¨i       ∠ __ィf=ミ、jイ: : : /: : : ハ{
                   〆 .〉               _         ',         マツ メ/: : :/: : :乂
                  /   ノ                ////ヾー-- 、   ∧  i ヽ  ′   ∠ -イ人从
                  ゝ- ´                j/// \\.  ヾー〈 ヽ  、 ` ヽ    /-- ´
                              _// .i:::i  i\\.  r-、\ \   ̄    イ
       _ -‐= = =‐-               .///  |:::! .|:::| ヽ.ヽ }  \ ヽ ≧=- ≦
    , '´  ̄ _ノへーr勹r'>、ヽ            // i::i  |:::|  |:::!  i マ{    ` T~~T ´ ̄_{ー--- ォ                        /Y^i
   /     r';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ \       .{::{ ,::!   }:::}  j:::j { .}/}ー--<ヌメ. __{   }/}                       Y^Y    / / , -、
  /     /,;;;;;;;;r―z/ ̄しへ}ヽ ヽ      マ {::{  {:::{ /:::/  jj//,   }/}__|ノ  ̄`''<   .|/!、               __ .ノ _ノ   ノ / /  ,
 ,′  〃 {/辷〕i⌒′ \ヽ   )\      Y≦三三≧r く 〃/__>- '´   、 _  `Y //, \             } V   }⌒ヾ  ノ /  /~`i
 {i   il|  「i~   |i   \    、  ヾ      .レ'TT~~i::::i-<ミx/ /  ー .、 ー- .、 `゙ヽ>-〈//∧   Y        _  ./ i  ′  \/ /  ,
 ||  i!|   |l!   li\   `斥ミi! i \、)    j ,:::;  j>--- ァ / >、 ヽー 、 \  \_ノ/∧:ハ   /::ム    ,.ィ´   Y.  ',  /´ ̄  ', ´  /
 |li   !i    :i、  ̄/`ヽ\、〈杖从i/   ヽ          /)  _     {    ヽ.__)  \__) ー'' i//! マハ /::/\≧=≦  ,ィf::::::::'.,   ヽ..__     _/
 |!!i.      ゞiィ笊芹ミ \ゞ''|lノ!  \         / ///' __    ', 、    _ イ,'!     |//|\ヽ/:::ム \:::::::::::::彡''´  ア \    `ヾ´ ̄
 i!ト!i        `杖ヅ     '  i|li!、\ ヽ       l| i_/ //,ヘヾ,   ____     |/|      .|//|>彡へ:::\ __ ,..ィf:::/   .ハ___ }
 川И  `\、  \  r‐ ,  人ム)ヽ)ヽゝ、     〈     /ゝ'   ///7     |/|      .|//|  乂:::ヽ\::::::::::::::::>''´   ./::/
  从ゞ、 )\    ヽ' ̄\ / / /     /ミ>、 i    /    ┏            ┓    /|   \::\` ̄ ̄     /::/
   ) \丶,√        ー 、_|ト、ゝ\   ////≧ノ   ノ    ┃  音楽の魔女  ┃    /|     \::::ー--==≦彡 ./
      )) 〉     ヽ   /〉;;;;〉,ゝ' =‐-'////'/   /=‐   ┗            ┛    /|      ≧==---=≦彡
        ,/         \/へ、≠ヽ,,,  /  /   //////}}i    |__  /ヽ  .|/|      .|//|
      '/ i           \,;;;;;;;;;;;/ /    ^\///厶〉  ノ >┴ヽ}
   _// l!            /ヘフ /    /ヘ..   // / /〃,,、、,ヾヽ,
 、_厂 厶 |!          _,√ゝ/       '//////// / /∧i li┃ ┃〉i  _  -‐‐、
 /    厂 |         ,√〃≠      < `゙'   / ゞー==彡'ノ从И ヮノ-‐=ニ二三 ̄i\ヽ
,/  / _,ノ         __〃,\>、_    ヘ:::::\i′/i:i:`ゞー=彡' ___,ノノノ≧≦l| 〔 ̄:::::::::::::::i!....\〉
  /_          {冂レ''′::::::::::`>;;;;;;;;}: : : : :.ζ,'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\ ((   〉l| 〔l.::::::::::::::::::i!:.........|!
辷}辷}_______    ___ノ `ヽ,:::::::::::::::./;;;;;;;'/.: : : : :〈_{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧〃⌒ゝ―<= l| 〔l.::::::::::::::::::i!::........|!
 ヽ辷}辷}辷}_________,√   }i:::::::::/;;;;;;;;;;'/.: : ::_,,、 {_{i:i:i:i:i:i{_{ ̄ ̄/   \/ /\  ∧.:::::::::::i!::.........|!
     ヽ辷}辷}辷ソ    |::::::::《;;;;;;;;;;;;'/.: : ::r'彡'}'`{_{i:i:i:i{_{、  〈      ノ__/  〉.::::::::i!:..........}                   /二二二二7
                 `ヽ〉ゞ.: : : : : : : : ,仆ソ: :`{_{i:i:i:i:{_yュ、 __ 、_____〉 γ   ⌒ヽ.:::i!..........i!              //___.//
                 /ゞ三三三三彡".: : : : : :`{_{i:i:i:i:i:Уゞー---===彡Yゞノノハノliヽi!.........i!                  / ―――‐ /
                /.::::::::::人入乂!i: : : : : : : : : : `ゝ>'/ililililミ辷==彡''人 l i|┃ ┃i:|l..........j!                //     //
                /.::::::/Yヽ   \ヽililililil\.: : : : : :./'/ililililil\ ̄\辷彡ノИ!、ヮノ从...../!、_           , -‐-v./  , -‐-v./
               /.::::::/ilililiト、     ヾ、\ililili\.: : : :{_{ililililililililil\___〉  ̄ リ≧≦ノリ_∠/ ̄\        《   .ノ  《   .ノ
            /.::::::::〃ilililililil〉、/\n/ヽ〉、 〉ilililiヽヽ.: :{_{ililililililililililililil/\  ((_  くヽ =‐- ______         ̄      ̄
          /.:::::::::::/'/ilililililiく   γ ' ⌒`ヽ}ヾ>,ilililili}_}.: {_{ilililililililililili/   \ `> <\/ニ=‐- _______ヽ
        /.:::::::::::::::::{_lililililililililil\〃     ioノilililililil}_}.: : {__{ililililililil{辷{ュ_____ )′_,.〃ニニニ=‐- ________〉L_
      /.::::::::::::::::::::::::{_ilililililililili/{i:|lV∧И刈\丶┐/」.: : : {{_{{ゝililililili辷辷辷辷ソ'/ニニニニニニ=‐-/ /____\
     /.::::::::::::::::::::::::::::::<ヽilililililili//仆┃_┃イ|i  ヽル'.: : : : : : ミ>、ノ`ー'^ー'^`ー'^`ー' ニニニニニ=‐-/ /___________\
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ\ililiiリ、 从≧ ≦从   )ノ.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|ニニニニ=‐-//___________________\

【3/2 ~ 3/4】


4277 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/02(土) 00:24:19 ID:aiaUR4yU
今日びなろう系でも滅多にみない最強チート魔女が、神秘の秘宝を賭けたバトルロイヤルに参戦!!

だが勝負の方法がアイドルのライブ対決だ
そして音楽の才能は並み程度だ
魔法は戦闘用のしか、まともに使えん

どうするのよ

4278 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/02(土) 01:34:07 ID:qTnORaMi
音楽好きのクソザコ協力者「1812年とか、やる?」
チート魔女「大砲扱いじゃねーか あとそれ交響曲」

知識はあった模様

4279 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/02(土) 01:46:47 ID:yYv1A0CC
さぁレッスン開始だ!
まずは発声練習!って発声なら呪文詠唱で鍛えられてるからある意味行けるのか

4280 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/02(土) 07:24:03 ID:obrDlJaz
踏むと音が鳴る魔奏陣とダンスパフォーマンスを組み合わせたまったく新しい決闘演舞術に
「舞踏革命」って名付けるセンスいいよね……禹歩系ステップのちょっとした応用にわしは心底しびれたよ
「星屑鳴らし」が楽譜上の要所要所に音符で北斗七星描いてたりする芸細かいこだわりとかほんとすこ

4281 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/02(土) 08:30:30 ID:aiaUR4yU
音楽の世界で伝説の歌手を師に、血のにじむような猛特訓
だがダメ
師匠は師匠に致命的に向いていない

努力は空回りして、何時のまにか明後日の方向に迷い込んで壮絶自爆
初戦の相手が反則使って失格にならなければ即死だった

この後で、妹弟子とのレッスンで、だいぶマシになるけど
そこに行くまで大変だったな

4282 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/02(土) 08:43:40 ID:ycCuuQGd
師匠「良い? コツはフワーってやった後にクワッ! そして次はカーン!の後にスッ…… で、ラストはクククからのセイッ! わかった?」
魔女「えっと……すみませんもう一度お願いできますか……?」
妹弟子「師匠は座っててください、私が教えますので」

むしろこれをわかりやすくかみ砕ける妹弟子は何者なんですかねぇ……?

4283 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/02(土) 09:58:07 ID:Jxo9EsZz
鬱ぎみ幽霊少女とチンピラ詐欺師のコンビ好きだわ『幽霊だろうがお前の音は本物だ、俺がエアギターで会場の全員を騙し通す!!』のシーンとか

4284 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/02(土) 19:09:18 ID:aiaUR4yU
妹弟子は、アイドル時代の師匠の大ファンで、師匠を理解しているし
アイドル養成学校で本格的なレッスンも経験してるからな
ただ、師匠の曲調やセンスは古くなってしまっていて
師匠の影響を受けすぎてる妹弟子も、今の時代では勝てないんだよな

「伝説の師匠の元で、猛特訓すれば勝てるようになるんじゃないの?!」
「アイドルってそういうものじゃないのよねぇ」

4285 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/03(日) 23:19:13 ID:RtTv4E+n
これ一歩引いてみると、その分野では素人の娘が新しい道を進み始めて
学んだり悩んだり楽しんだり事件に巻き込まれたりしながら、自分のスタイルを確立しながら勝ち進んでいくという
実に良くある王道スタイルなのな
そしてタイトルの「音楽の魔女」が、主人公が自分の才能を開花させてくれたライバルの少女を称する言葉だったってのがいいよね


4287 : ◆iWQK9irtW6 : 2019/03/04(月) 00:05:56 ID:6RxL3tUq

                        「
                          魔王の夢は世界の平穏

                          獣王の夢は世界の平穏
                                 ,,_       」
                               ,, ≠≧_ヽ,,
                           r  //ヲ∠_ ヽヘ
                            ハ 彡イ<ii"<0 > 人ム
                           ゝー~フ弋|__)ソノiiiム-'
                            〉/+++ヽ三三三彡´
                           イゝ乞乞フii /iiiiiiiiiレ'
                          ,,く,,,二二/ノiiiii/
                         /∧`ヽiiiiiiiiiiiiiiii/=ヽ、
                         // ∧ iii iiiiiii/V//////l
                        ////∧  iiii/V///////|
                       ,///// ∧ ;;シV///////>、__
                     ,,,<V/>///∧///////>//// // //\
                 ,,,=イV   ゝ///>===<///// // //// \
               r< ゝ ゝゝ \ //>/////////// // // /// /ヽ\
               /||||N ゝ|| ヽヽ  ヽN//>=<//// // // /// /////ヽ\
             r</|| V  ヽ\ \へゝ/////////>イ/ i // / //// / // ヽハ
            ∧ ヽ//ヽV ||// \ \/////////////</ / ///// / ////ハ
           x,/|,∧ヽV//∧ ||//`ヽゝ、≦三≧=//// / 彡////ノ///////八
         //ヽ//ヽ∧V乂`\/∧ `ヽ////////// /_// ///////////////ハ
         ノー< V//\)V///>ゝ乂>=///////////////////////////////∧
       そ彡ミ>、V///ハ V///////////////////////////レ'/////////V///////∧
   _  ,,/  三`ヽ寸////∧V//////////////////////////////////// イレ彡三三シヘ
  (_ーニ ,,,ヽ≦//Ⅵ/V/////ヘ V///////////////////////////////////_/ ,;;;, |///V
    T;;;;;;;;;;;;;;;);;;;ヽ/V//////////////////////////////////////////γ;;;;;;;|;;;;;;;;;;;.乂ヽ/
    〉;; ;;;;ノ;;;;;;;; |//////////////////////////////////////////// |ー- └>ルヽヒリ
   /|;;; /ヽ ニ;;;;;;; L_//////////////////////////////////////>-" 人 L_ ー彡爪
 ///|;;;f//|; l ヽ`ヽー┘////////////////////////////////////"ー彡 /フ /´|; |川
イ////`ー´/ヽ;ヽ/`ヽ)////////////////////////////////////////匕 //,,///|; |/八
////////// |;;|////////////////////////////////////////////////V;////.∪//∧
///////////~///////////////////(⌒)////////////(⌒)//////////"//////////.∧
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////∧
/////////////////////////////////////{トェェェイ}///////////////////////////////∧
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////∧
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////∧


【3/4 ~ 3/6】


4288 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/04(月) 00:10:29 ID:Q5TJqh1W
平穏とは一体……?

4289 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/04(月) 00:10:31 ID:2Gnzkp89
魔王も獣王も平和を望んでいるのに
なんでいつも和平の交渉や工作が毎回裏目に出て、ガチバトルする流れになるんですかね

こういうの、片方が人間なら、どっちかが悪いってことになって長期的には流れが纏まるものだけど
両方人外で、どっちもどっちだから終着点が見えないんだよな

4290 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/04(月) 10:19:18 ID:2NJkQkpS
なんかすげー胃の痛くなるアンジャッシュと言われるが曇らせ隊はこういうの大好きだろ?

4291 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/04(月) 10:47:46 ID:YH/lyD4t
どっちも平和を望んでいた、平穏を望んでいた
どうしてあぁなってしまったんだろう……

4292 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/04(月) 11:17:01 ID:k2p5jdt8
「亡骸を喰らい血肉とするのが葬儀の作法」とか文化の違いが要所要所でことごとく致命的よね(白目)
「犬にチョコレート食わせちゃった案件だコレ!」って読者には解っても作中の彼らにはそんな知識無いのだ

4293 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/04(月) 20:19:26 ID:pZrbN6gQ
夢パートで毎回互いのしがらみも知らないままほのぼの会話してるの見ると
癒しと現実パートとの落差でうあああああってなる

4294 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/04(月) 20:19:30 ID:qfLMB3au
和平が叶っていた幼少期の
魔王パパ「ジンギスカン食べたくなぁい?」獣王パパ「たべたい」
から始まる聖域(火気厳禁)で爆焔の聖剣を薪代わりに聖獣レプラル(デカいヤギ)を解体する

うーん戦争不可避。

4295 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/04(月) 21:19:48 ID:MQYcIOqZ
レプラルの女主人「夫が12/12+トランプル+呪禁+破壊不能みたいな怪獣二匹に食べられてから一〇〇〇年経ちました……

復讐するは我にあり。和平は悪い文明、粉砕したい。
けど我、0/1な感じでパワーないのよね……

じゃけん人民世論を根腐りさせて滅ぼす感じでひとつ」

こいつまじだ

4296 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/04(月) 23:03:08 ID:2NJkQkpS
構成が過去と現代に分かれてるからちゃんと整理して読まないとたまにごっちゃになるよね
文献と寓話を紐どいていく現代パートと実際に起こった歴史である過去パートと何故か隠されてる???パートと
???は夢とか未来とか色々考察できるけどやっぱりよくわからぬ…

4297 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/04(月) 23:08:24 ID:qfLMB3au
???パートは本当にわからん事だらけよな
二進数だったり逆再生するための音だったり、あとはポケベル入力方式で書かれてたり。
共通して言えるのは最後に「ありがとう」ってかいてあることくらい?

4298 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/04(月) 23:47:32 ID:2Gnzkp89
やっぱり機械神かな<???パート

古代文明に造られて、完璧に管理された幸福な世界をもたらすとかいう
ただあれ、復活させようとした魔王と、破壊しようとした獣王で何時ものガチバトルになって
結局、破壊されたはずなんだよな

4299 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/05(火) 07:05:56 ID:QE1mPzdp
リキャストの時間が惜しいので素手で殴り合う。そんな時間こそが間違っている。
私は平穏が欲しいんだ。

じゃあまず人間がちょっかいかけたとき仕返しで鉱山更地にしたこと謝って?


4300 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/06(水) 00:10:28 ID:xx0trDA5



                                                    マム
                                                    マ∧              _  ,‐‐、
                                                    ',//>、          _/  ハ ノ: : :ソ‐、
                                                     ',///>、_ ,、___  _  ,イヽ.>'  )(: ,イ:-:v
  、____                                                 ∨.,ィ /,、ヽ、  `',>、廴ハ___/ !ゝゝ‐くト、
  气ユュ、ミ 、                                               ,イ >ィ/ 〈{'、 ヽ、 ',',_>、/  )、_}‐(ノ´): : : ヽ、
   `气ユュ、 ``ミ 、                                  、_  ._/ィ-、_V二`  ゝ',‐', トY/., 、 イ::ゝ‐⌒へ: : : : : : :ヽ、
    `气ユユュ、``ミ ミ 、、         _  -==- 、                      ゝ、`¨´__ ,ィく<(_)>>  ィ斧ミノ,イ} }ヽ',ゝ'      >、: : : : :, :〉
      ≫‐- ``ミ弌 `、    _ -ニ二二ニ=- 、 \                      -=≦/  }ハ''‐-‐''゙ !   >'ィ‐、}.ハ ァ‐、  , <: : : :`¨´:ア
      `'气ユュ、__ 弋弌 ハ_-ニ二Ξ‐- ‐-   ``iヽ              ___    /ィ ,/夂、_ノ  -  ≦ニ二>゙/: : < : : : : : : : : ,ィ'"
        `气ユュ、__`弌 `'マニニΞ‐- ‐-   ‐-! -_ 、、 jハ      > 、二二 イ' ノイ ハ\     , .‐.イ'": :`¨: : : : : : : : : >''´
         `弋___彡、    `YニΞ‐- ‐-  ‐- ! 二 jハj vj         / イ /.イ イノリ rミY⌒⌒V'〉:{く : : : : : ミz彡/‐< ヽ
             j込ニニニィ二Ξ‐- ‐-  ‐-!‐二`ヾj jハ       /イ-=≦-''" ノノ 〈: バ ノ  ノ(: :>‐ミァ^<:_:_/ヽ  ヽ ',
             E7 ¢   ¢`` ' <二 ‐-< i >=i``   '´j     .イィ′.   / /-=ィr─ハ 〉ニニニ///,ィ≦ニニヽ ヽ   ヘ   ∨ !
               .《ァァァ=‐- ミ     ¢`` '<)Y(二iトv  ,.イ      '.     / /   }:ノ:>し′__∨//>''" ゙̄`''ハ  ヽ  ヘ   ∨
            / '/ '' /  沂予㍉__     》`'くニii厶イ           , ./  _ノ:/z≦ニニニ// 人      ノ〉  ヘ.   ヘ   ∨
             ,′′ ,'´ _,彡ヘVkイツ `⌒ニニ-《   Ⅵ            , .,' 〈´: : ,'ア''"   ノ//ニニ≧zz≦ニ}    ヘ   ',   ',
               { {  j{彡'    ゝニ'゙     ,ィ价v\¢》′             ,. /.  ゝ:.人      ,イ//>''" ̄(⌒ゝイ}  ',. ',.  '、  l
           入 Vハー i         ヒ'゙ λ i}¨’                , '      >=:ゝ-z彡/// `ヽ   7´ }_:ヘ、 . ',ヘ ,.  ',. |
            ィ( __   八           j〉 ハ j レ゙                  l ,'!    ゝ_ハ__人ニ/イ.        乂__ノ.ヽ⌒)、',ヘ_',.   l. |
        _-ニ二Ξ二ニ-_  :...   -‐- 、 ´ ,小ル′                .|.ハ      |: : : : }、ノ‐、_}    ゝ!   (_Y_八ゝ),.   | |
        /_ニ二二三二ニニ‐_ 个: .. __ .. イ                     ,ヘ,.. ,      |: : : : } V´‐、}       .ム、    (__ノ`<. | ,'
      / 《ア~¨¨¨   ‐ニニ癶》,/                      ,、    /.:i:.\,.ィニ=- 、: : : : } 廴ノ}          |//>zァ     `ヾ
     .r{   7       `¨ⅥⅣ``丶、                    |:.\  j>:`´V:.:.:.:.:.:.:.:.:、 : :,  (_ノく.         ム'//ア、       ヽ
     入V/      /  _,厶ニ=ミメ、 `ヽ                  _j.:>:`´:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.: : l  (_ハ        ´⌒////>x       ∨ /
   r{  )'j_      ん7/i/ f⌒Y:.:`'くt、 i              _〃.:.:.:.:.:.:.:Y⌒ヽ圦:.:.:.:.:.:.:.:.:.;: : :!、\.\',        /=ミア>x.          V /
   { Ⅴ/′   `ヽj/i/i圦 ー_彡':.:.:.:.:.:V_|              ,ィ:.:ⅱ7⌒ヽ:.:.乂__,ノ:.込、:.:.:.:.:/.: : { ヽ ヽ. l   ー  --  ///ア⌒        V
   .入v′         Vi/i|/ ⌒Y:.:.:.:.:.:.:.f^ヽ.         イ:.:.:.:.:圦乂__,ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.>'7^¨´._: : :/⌒Y  、l         '⌒ヽ           }
   {W _,..-‐ ‐- ミ  [二| { ー八:.:.:.:.:.:.:八:.:.!   ,   ´ 《:.¢:.:¢込、:.:.:.:.:._;>'ア´\/..`Y  ノ/(___ノ   l  __,ィ゙⌒==‐^''‐..、,ヽ           !
\Y⌒j、__) 灯二ニニニトr==込、______,彡ヘ:.:.:.:リ '`´     _,≫=-‐ '⌒``⌒ヽjア . ',_/  ハイ ノ⌒ヽ/  ヽ! _r゙ : : : -=ニニニニ=-: : :ヘ         |。s≦ニ
-‐廴_j{ _彡' v‐=ミ  Ⅵ   | |:.:.:.:《≫'`´     _,>'`´            ', ゝ‐{.  八 {、 / )  V: : :,   ,   ̄ ̄Т ' .、        .}ニニニニ
イ ' 爪 __r‐'´     `vヘ、  _,>ァ'`《〈   _,>'`´                     ',  ゝへ/   八`Yィ    ',:   .,.'′'´  ̄ _, ヽ、 ヽ   、,、_,-v:}ニニニニ
    Ⅳリ   !  |  \ヽ`´《〈 ,込_,.>'`´                     ',  ヘ ゝ‐く `¨ 、  __   /Υ     /「′ j }  ... : : : : :_|ニニニア
 ′ {Iア  ! !  !`《〈   込>`´  |                         ',   \    くニニニニニ   ! ,}     ,〈/     |   zzzニ=リニニア
/ '  {{ l !  `、  \_,>`7´しヘ、   `、                      ∧    \   寸ニニニニ  .厂[ __   ,{リ  __   j  .ニ=‐'' :ハニニア
  ' _八 、 `ヽ、 \  {   /  圦:.:`、    `、                        ゝ     \.   寸ニニ  .| /´  ヽ」_ハ/  Υ |  . : : : : .ハニニ{
- `´  _\\ \_,.ノ¨^ー'′ │ Vハ   `、_                                     _,人/ゝ,___/ ∧.ゝ.__,.イ }
  _,>'`´ `¨⌒¨´         │\Vハ    Ⅵ                                    ,. '"´  {`ー、/ 〈:ii:〉` __ 〉人.,、
.´   /   l               l 、`v/|    イ仁_                       ┌ョ-ョ-ョ-ョ-ョ-ョ-ョ-ョ-ョ-ョ‐ュ,     ,;l「 ハ、 i`゙ ' .、
   ,:′ │!            ! \l/ト イ仁ニ二L __                      |                  l!HHH「  / |   } ,
  .'     |  ,          : : \二ニニニニィ  l }                     |                  l!    /} ノ   | '"'
  i   ! ‘,          ;  i    `弋ニィ′  `'ー┐                 |  逢魔の女王と      ..l!ー一' ::/ ::{   冫
  |   ⅱ               | i    `ヽ、 ‐ァァ‐-‐′               |                  l!-.、 ::;/ ::ノ   }
  |     iヘ      、         i │       `'<                       |   .不滅なる黄金髑髏   l!  },.."^ー´ヽ、/ ""
  !    !/ \   \           i            `丶、                    |                  l!,. '´o
  !   !/ '/\   \ \                    ヽ                  |                   l!'、         ,,
       !   /\   \ \ \               、              |        ,.- 、      l! }!
    ,   ,    /\   \ \ \ \               ヽ            .└┬─┬/⌒Y  /^Y^i──‐┘リ    iー--ヘ_,.-
   ‘   ‘,    '   /\   \    \ \           、            .ソ  _ヽ、 /  / / 丿     { ,,  |    ´
      、  、     '   /\   \      \          ヽ          Y´   ー─--一′     }"′ L.._____,...
      \  `、       '  '\   \      \            \          .ヽ      /        /


【 3/6~3/8 】


4301 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/06(水) 00:12:04 ID:Hlout+6u
とりあえずセクハラ髑髏は一生黙れと言わざるを得ない

4302 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/06(水) 00:17:01 ID:xx0trDA5
地の文で愉快なことばっか喋ってる時はいいけど、唐突に
不死身ならではの闇を噴出させて場の空気を即死させることもあるから
一生黙れには同意せざるを得ない

4303 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/06(水) 00:42:42 ID:9OqzLdbR
「骨身を削って働きますよ。身はありませんが骨は幾らでも再生しますからね」「HAHAHA!イッツァ髑髏ジョーク!!」

これを骨生えると笑えるか顔を曇らせるかがポイントである

4304 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/06(水) 06:55:57 ID:4n8CZL4g
「なるほど聖水!ぶっかければとりあえず悪性かそうでないか分かります!決して、ええ決して濡れ透けが見たいわけではなく!」
お前見た目に反して自分が悪性じゃないからって好きかって言いやがって

4305 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/06(水) 07:07:50 ID:c+laTGMC
>>4304
しかもその前に「聖水! 聖水はいけません!」 って滅茶苦茶真面目なトーンになったから何事かと思ったらコイツ……

4306 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/06(水) 07:49:00 ID:bCGahmuk
不死の術を求める女王と不死を滅ぼす術を求める髑髏という根っこはダークファンタジーであるんだよな…
だがセクハラに泣かされる王女と従者通り越してお姉ちゃんな従者のせいでそう感じないという

4307 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/06(水) 08:00:38 ID:aR99cONT
全盛期の豚男爵と、目が死んでない未来の法王様!
全盛期の豚男爵と、目が死んでない未来の法王様じゃないですか!

女王様視点だと、力はあるけど下劣な豚と、冷酷で傲慢な狂信者にしか見えてないぞ
それを髑髏が庇うものだから余計に拗れるし

4308 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/06(水) 09:46:08 ID:xx0trDA5
度々「いっそ女王様を自らの永遠の伴侶として道連れにしたい」という衝動に
呑み込まれそうになっては女王様に唐突なセクハラ発言して踏み止まるあたり
ベタ惚れじゃねーかお前ってなる

4309 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/06(水) 11:54:06 ID:XcnkK+jB
「聖水=古代神殿の沈む聖なる湖の水」っていう、へーそうなんだーすごーい程度で軽く流した描写が
突如として闇深案件の伏線と化したりするから油断ならねえ……
そっかー、世界中の水に溶けて数百年たっても未だ死ねてないかー、もはや自我ほぼ残ってないっぽいのは救いだが

4311 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/06(水) 19:52:26 ID:4n8CZL4g
>>4309
しかも判明したのが、出現したは良いが日がな一日ひなたぼっこばかりして何も食べずに数日で死んでいくスライムが大量発生したからだしねアレ
スライム=水子って考えるとぶった切るわけにもいかねえ……

4310 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/06(水) 12:42:41 ID:xx0trDA5
この世界で不死に関わってるのが糞リプ鳥じゃないのも救いだな
あいつだったら絶対嬉々としてエロ髑髏も女王もおもちゃにするだろ

4312 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/07(木) 22:24:08 ID:dkH7bGVm
「こんなこともあろうかと覚えておいた、髑髏をギリギリ成仏させない出力の広範囲浄化術!」
味方を巻き込んで攻撃する気満々だろ

4313 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/07(木) 22:28:49 ID:6dEY1SX7
だって味方の大半が耐久高いし・・・


4315 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/08(金) 00:36:07 ID:qH8hRgfX


                   ┏               ┓          |  /""""""`  `""ゝ'''丶''、、、        ,,  ,, イ''""'"       ヽ  |
                   ┃バック・トゥ・ザ・黒歴史  ┃       .,-、.| /                ゙ヽ,,!""i/"""               ヽ | .,__
.                  ┗               .┛        ii、 | /                                       ヽ |イ
                                            .i i i、|/         し                              ヽ|/ .|
              /      |:.                          i   |                                  i       ||/  |
            /:::{      |::\                         ∨  |          i                        ∪     , .|イ /
              |:::::::\     |::::::::::、                        ∨ |"|         し                         ___   ゙i;.| /
             ',::::::::::::::::::::::┘:::::::::::`::..._  ,_-─、                 .∨|;| ,イ ̄ ̄`゙'ヽ、                       , イ.""  ゙' 、 || /
            \::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::`::.'、  ̄ソ                 .∨|   ー- 、  .゙ヽ、                  /   ,, -‐--   .|/
          ,.。*'//:::://:::::::::::::::::::::}、::ヾ、\                   .ヽ|  , -‐- 、`'ヽ、 \               /  , イ", -‐―-、 /
     \-=≦///////'//::::::/::::/::::::/∧/////\                  ∧ / /""''、 ゙''''ヽ、:::::: ヽ             イ  ,, -‐''゙ ,, -ー、 i ./
      \'///////////:::/l:::/l:::::/|//|///////|                  ∧__/    ゙ヽ、 ゙ヽ;::::::.            ...:::::/  /    .i__/
     、<//////////////|//|:://|// ヾトミ'//ヾ!                   ∧ヽ      ヽ、 ヽ;:::        /   .:::::/  /      !'゙,
  -=≦///////////////////!//!'/ l/ / ヽヾ|「.ハ                   ∧',  i-ヽ    ヽヽ ヽ       i i   .:::: //    /'イ! //
     ̄才-‐ァ///////////|∧'//   l//-┐ ヾ〉│ _,..._                ∧'、 ヽイ    ヽ         ∪   ::  /     !イ //
        /////////ィ// l' ∨ L./ィ'´炒ノっ ∨,!/:::l|ニ- _.,-,.。-─-  _       ∧ヽ、__,, -イ....              ....!‐、 __ , イ/
      //>イ////∧/  ̄_二\   `ゞ'`’   〈ヾ::∥ニニ//ニニニニニニ=- _       ヽ、                        /
       ̄   ///ィ/∧.| <,_ 迅ソ :、          | ∥ニニ.//ニ|ニニニ,.。-─-、\=- _      ヽ、               u     /
         /"´ ∨ヘ \ ℃ ̄  :.:.:、 , -、、   .ハ ∥ニニ|_|ニ/ニニニ/ニニ=- \\ニ\      ヽ、 、_!   ....,    、::....   ....., イ
               \ ヽ      r_彡':::::\  ' ∥ニニl_∨ニlニニ/ニ/ニニニ\\ニ\       ヽ、::::::::イ_ヽ、__/_ヽ::::::::, <
                     `¨\    ∨7´ ̄} | / ∥ニニニlニ.∨ニ!ニ! /ニニニlニニ`ヾニニ\        > 、ゝ、二二ノ , <"
                - 、  >  ヾゝ-.//、_∥ニニニ/ニニ∨.lニl/ニニニニl|ニニニニー-、 \          ゙'ー―‐''゙
                 // ∨    ≧=-イ 丈¨\ニニ/ニニニ∨、-|ニニニニl|ニニニニニニ.\ ヽ
       _ - _  //     ∨     ∨ニ|   \ `¨lニニニニ∨ヾニニニニl|
       ←─- _∨/      .∨      \ニ≧-┘ヾ lニニニニ.\ニニニ / イ: : : : :/: : : : : : : : : : : /{: : : : : : :   、: :   ‘。  \  \   '. \
       .\     '∧         .∨       \ニニニ\ヾニニニニ\ニ.//  ′: : :/: : : : : : : /|: :/!   :,: : : : : :   | i\ヘ   ‘。   ヽ  \ :}
          \   「ヽ ┌、     ∨       `ヾニニニ.\ヾニニニニ∨   |  ,ノ: : : : :/: : : :| | /¨¨¨ヽ`ヾj/,ニ|: : : :/ リ'¨¨¨¨ヽ   ∨: : : :.  ゚。 ぃ }
           \ 〈| | l !      ∨            ̄ヾニニ\ニニニ二    〃 |: : :/: : : : : : :ィ/`|:/=ミト、   :,:.:.∧.: : : :.| | ,.ィ彡==-ヘ : : :.  ゚:。   \
           ヽ.|! l ', ∨   /             へニニヾニニニニ|   ′ |/: : : : : : : : : ′j′ |  ㍉,} / |: : : : }彡'" リ \:: : : : :.  :。  メ、
            \ \',∨/\    _   -=≦ニニ=- _ニ\ニニニl   -=彡: : :.:/.:.:.|: : :|∨〈  (rぅ) }  /:  |: /}/ / (rぅ) 〉   ∨ト、: ::.  。 | リ
              `\ ヽ ´     \_へヾニニニニニニニニニ=-. ヾニニ     /: : /: : : /|: : :| い ` --=彡//: : |,ノイ '′\ ---=彡'″ }ヘ \:... } |
                   ゝ`_        } ̄、 ∨ニニニニニニニニニ/` <ニ∨     {://: : :.:/ V {ハ、       {::: {__       `¨       { \}::゚,: :}/
                    ≧s。     | |ニニニニニニニ,.。*'"     `¨∨ニ     |.:/∨{   ∨ヘ         〉ハ  ハ       し   /  /: |∨
                     `ー¬´j 」ニニニ=-‐ ゙              ∨ニ    リ  |\  '.{\u     /       ヽ      ι .′ .イ! |
                                                       |ハ: \ :,   u     .′ __________  '.        /_/: :|ヽ{
                                                       | }: : :ー{        .′ /-------ヘ  :,      ′{ } :|
                                                        ^ヾ: /∧       | /j/⌒¨¨⌒ヾ{'. |     /: /リ }/
                                                         {/   }:.、    { { {: : : : :}: : : : }.} }., u   イヾ{
                                                             { ヾト、  } '.{: : : : : : : : :ノ′/ /:イ/  {
                                              j_j{_j乢_j___       j^芋ゞl \   ` :,_____;. ´   //、{_j{_j,         _,}_j{_j_j{_
                                              '"ニニニニニニニニ^ー=ァ=ァ=/     |   \  ー―  /  ′ニニ| ト、_____j乢,ィ'¨^´ニニニニニニ=-
                                              ニニニニニニニニニニニ/ /ニ/    |     ` ー―‐ ´   {ニニニ| |ニニ} ヽニニニニニニニニニニニニニニ


4316 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/08(金) 06:00:20 ID:cHL1PB0e
   ケ
 矯 正 し た い 過 去 が こ こ に あ る

いや無理だろ(現在も別ベクトルで拗らせてる連中を見て)

4317 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/08(金) 06:34:24 ID:QBibcMrW
未来から来る歴史改変者を倒せるのは、消したい過去をも否定せぬ強い意志の輝きのみ!
己が黒歴史の具現化、君ではない君・ドッペルゲンガーと力を合わせ、正しい歴史を守るのだ!

っていう導入から始まっといて主人公がいきなりドッペルゲンガーと大ゲンカ始めるのほんと草
こんなん時空戦士スカウトやなくて黒歴史発掘テロですやん

4318 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/08(金) 06:44:54 ID:ac/KF+Q5
ドッペル「なぜだ! 何故は私を拒む! 大いなる遺産! 果て無き渇望! 最果てへの祈り! これらを君は忘れてしまったのか!」
君「違ぇよバカ! 俺は忘れたかったんだよ!」

ドッペルゲンガーの方はノリノリで黒歴史喋るのが実にやばいwwwww

4319 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/08(金) 06:48:25 ID:646XiReE
ドッペルのほうが未来側と闘うのに君の歴史が必要なのだ!と言ったところでねえw

4320 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/08(金) 10:21:59 ID:wWO4WW+y
この中で、彼らと同じ黒歴史を持たぬ者だけが石を投げなさい
俺には石を投げる権利は……ない……っ

しかし、己の黒歴史と向き合う事で忘れていた大切な輝きを思い出すのは王道ながら熱い

4321 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/08(金) 12:49:06 ID:vBcYhb+r
現役厨二病患者のドッペルが闇とも孤高とも小難しい哲学とも無縁のドストレートな熱血ヒーロー志望なのが
「あれ、お前らどっちがドッペルだっけ?」感満載で良い味出してるよなwwww黒歴史の方が常識あるしwwww

4322 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/08(金) 18:24:43 ID:GV99ldyj
改変阻止されてなかったことになった未来の、しかしなくなっていなかった憎悪で
主人公にデバフかかってまともに動けなくなったのは絶望だったな

4323 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/08(金) 22:35:09 ID:g5Ckp6Ud
割りとガチで世界の危機なのに、主人公達の目的が黒歴史の封印に集約してるせいか暗い感じが全くしないんだよなあ

4324 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/09(土) 09:38:15 ID:hjVoYhax
あぁ、ドッペルゲンガーを見ると死ぬって「恥ずかしすぎて死にたい気分に」とかそういう……


4327 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/10(日) 01:05:15 ID:aBx+5WdS



            __≦: :, -'": : _,,..-‐'': : : : : : : : : : \: ヽ
              , -'": : , -'": : : : : : : : : : : : : : : : : : ) -ゝ              : : : : /.: : /: :/.: : : : : : : : /.: : : : : : : : }=-ミ
             /: : : /: : : : : : :, -'": : : : :_,,..-‐'': : /: : : l:           // /: :/: :/.: : : : : : :. :./: : : :>‐ミ: : ノヽ: : :ヽ
           /; _ /: : : : : : :/: : :_,,..-‐'': : : : : : : /: : : : :            //.: :/: :´: :/.: : : : : : : : /,,>. ´//⌒ヽヽ: : :.',: : :
           /'" /: : :/: : : :/: , -'": : : :/: : : : : : : : : : : : :        .: : : : : : //.: :ー=彡..: : :.,,。s≦      //     ',.: : ',: :.
             / : : /: : : : : : /: :/: : :/: : : : : : : : :/: : : : : :           ィ'⌒'/.: : :. :. :./,,イ.        //      }. : : ,: :
            /: : : / : : : : : : l : /: : /: : : /: : : : :/: l: : : : : :           ': : :. :. :.//  >,      // u     /l: : :. :.
         _/: ;イ/: : : : : : :─ 、: : /: : : : : : : : : /: : l: : : : : :             ー=≦,ィ斧芋≧x, ` ー'ノ./:'. ,_ __   /. |: : : : :.
        ⌒ ̄ ./: l: : : : : : : ハ/ : /: : : : : : /l: /l: /l:l: : : / :             l: : : : : 人  i: : : : 个x..  '   _  `': : |. ': : :
           /:,イ: : : : : : /坏| : : : : : : /、_/:/ j/l: :l: : / : :           !..: : :./| ミx 乂:.: :ノ     {   彳.:} 》/: : :.':/: : :
           /' l/|: : : :l: とゝ刈: : : : :/  /'">、l : l: / : : :           ヽ | : : /. |   ≧=‐..    乂   vツ, /:.: :/./: :/
        , -'"//l/|: : : :|:lo   |: : /   イ不ヽ/: : :l/: : :__    .____  |.: :イ. |  c    . : : : : : : .   ¨´ {: : /./ イ
     f⌒l´/l////l/|从个j    |: /   u とこわ': : : /: / ノ   /      \  : :|  |           '     }. 从.イ.: : l
    _ -|//l//l////l////ハ    |/       し' イ: : / -'. ./          \.  \|   l   ==x,,__      ノ,.イ. : : }:.:.: :|
  , '´  l//l//l////l////ム     ` '      u/ィ /,  . /  \_   _/  \.  |\. υ.     `¨ . ,,。s≦υ|.: : ∧:.: :'
  |    l//l//l///∧////ハ ⌒丶、 __      /.. ._,イ __|   ( ●)  (●)   |.   . ≧s。,,  。s≦  / /|:.:.:.l.: :/ l:.:/
  |     マ///l////∧//// |ヽ         ィ_  .{__  イ´ \    (__人__)   /ヽ. .\.  ,,イ /..  / /. | . イ /.  |/
  |    l///l∨///∧/// } 丶 _ ≠‐ ¨ ̄///.  ゙´    ` t──‐ ,イ´ ⌒ /  .i.. .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `≧ 、
  |    l///l/∨///∧//〈____/_////////ノ/.  / iー -  {    ./   {.   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :心
  |、    ∨//\V////\//////////////////, -'"//.  /   、.   .}   ィ'    ヽ. .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
  / l     V////\/////\/////////_,,..-‐'////.  __./    ,ヘ.  i   .i    ∧. .: : : : :∧: :/.∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l
  |      ∨////////////\__////////   ./    >'´.   ̄}   {、    ∧.  : : :∧.∨././l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :人
  |   \    V///////////////─=ニ二二/   /    /´      i   } ヽ     .i. .: : :|\ ∨//|: : : : l : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ
  |     \   マ/////////////////// ̄/  /  /         i   i   {ヽ..__/  : : |.ヽ|/ ′ ∨ : : ヽ: : {、: : : : : : : : : : : : : ト八
  |     丶  マ//\///////////////   /   ∠              i   i   ヽ._}  :∨: :l       | : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : : : : |'  `
  |      l ヽ  \_________. .{_.{_.{_.}_.}_ソ         __,ノ   i. . : : : : : : : : l : ∧      `< 、:ト: : : :|`ヽ; : : : :ヽ: : : : :l
                                         '‐‐{_エ_}_)つ.. .: : : : : : : :ト,: : :〉         }: }匕: :L /: : : : 人: : : : |
                                           |:l  ヽ : : : : : : : : : : :`マ〈      、≦,チ ̄ ̄「 》: : : :〈  ヽ: :「j
                                           {′  / : : : : : : : : : / _≧zュ、    /   l   と/`<: /   〉:ノ
                                              〈 : : : : : : : : : : 〉《 マ  ̄「  _     `¨¨´.   / ′. //:ヌ
                                              `¨女 : l :ト 、{ ヘ つ孑七、 l ///      /  l /:/
                                                  〉:ハ:{  ./  ̄/   _ ノ > 、///.       |/: : :{
                                                    {:′ ヘ  |  /.   /´> ´  ノヽ_、    / マム:{
.┏                                          ┓  ...`     l  l   / /   ,≦´  lf- }     /  /. マ
.┃                                          ┃          〈| .|   レ   //   / ̄´  /   /  マ
.┃         やる夫は全員救うと決めたようです               ┃        ./    /    //   /     /  /     ヌ
.┃                                          ┃         {    /    //   /   /  /    /
.┗                                          ┛      ..∧     ー-/     { .../| ̄ ̄     /
                                                      ∧          l |::l::|       /
                                                         Ⅶ        ∧ |::l::|
                                                       ∧             ∧::l::| /
                                                        ヽ、        |::l::|/
                                                          l          l::l::|


4328 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/10(日) 01:06:16 ID:nouoc1LN
うん、そうね全員救うね。マッチポンプだけど

4329 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/10(日) 07:27:58 ID:irhmBGb0
「命は救うが、代償がないわけではない」って渋いヒーロームーブ決めるやっる。
なお、代償=TSであった

4334 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/10(日) 08:01:07 ID:yY/WxUVT
>>4329
「言っておくが、ある能力の代償が存在の反転である。私はそういったはず。聞いていなかったのか?」
どう考えても他の能力に代償が付随してる奴(震え声

4330 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/10(日) 07:34:11 ID:PmeEZr8o
あちらを救えばこちらが終わるみたいなデッドロック状態しかけんの(タチ悪いから)やめえや

なお力業(物理)で突破する模様 やはり筋肉か

4331 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/10(日) 07:39:26 ID:qqN0OGni
メインヒロインを救うために用意されたリソースなんだからメインヒロインのために使えよとは思う
ぶっちゃけ他のヒロイン切り捨ててリソース集中させていればハッピーエンドになれたんじゃね

4332 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/10(日) 07:48:59 ID:H1ZtpywN
野郎どもにも人権は……なかったんでやっるが頑張る羽目に
ワカメとかヒロインに粉かけるライバルかな?からの怒涛の犯罪者堕ちと阻止で七転八倒のワカメルートかよなリソース消費だったし
味方になった後は有能で色々頑張ってくれたけど

4333 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/10(日) 07:51:28 ID:Z7dfVjIy
どれにせよやっるが救わなければならなくなった時点で(性別的に)ヒロインとして終了のお知らせなので……

恨むならノンケのやっるを恨むんだな!(理不尽)

4335 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/10(日) 08:03:32 ID:PmeEZr8o
>>4333
なんでそこで代償の設定が突き刺さってしまうのってなる なった
ヒロインレースみたいな空気ではなかったので多少マシかとは思うが

4336 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/10(日) 10:16:51 ID:tolBjz1H
野郎共の方がヒロイン度高いのはなぜなのか
いや、残姉ちゃんもすごくカワイイヤッターなメインヒロインだけど!!(味方になってからのやっるを上回る戦闘力から視線をそらしながら)

4337 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/10(日) 11:09:18 ID:H1ZtpywN
残姉ちゃんのズタボロになりながらやっるに微笑んでくれるところの儚さと頼もしさは異様
いや、めっちゃヒロインだしポンコツ可愛いし可愛いんだけど、戦友というか第2のヒーローというか、うん

4338 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/10(日) 12:35:11 ID:geAZ/gqx
なお改めてもう一回ドン底まで堕ちて救わせることで再TSできる可能性
やるなよ!? 絶対にやるなよ!?

4339 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/10(日) 13:33:22 ID:yY/WxUVT
>>4338
反転(TS)と固定(どこでも足場)はまだ代償として軽いほうだからまだ堕ちる底は見えないドン!

4341 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/11(月) 17:14:09 ID:u733FNGo
>>4339
むしろ、他の代償が重たすぎるのではなかろうか(真顔)
いや本当、やっるお前……お前ぇ……!!

4340 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/10(日) 13:45:45 ID:enfD3PBg
日常回は本当癒やし……
この後のハードな展開待ってるんだろうなってのあるけれど心が休まる……


4343 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/12(火) 10:06:17 ID:rnlP6Xh2



              ―-    -― 、
.          /   ,::      ,.  ⌒、                                                     / / く                  \
         / ,::' ,::/ ´ .   { .:' ( ヽ                                               / /   \                 ヽ
.      '   /    、 .ノ   ノ  ,  ヽ. ヽ            __                                     //      ヽ__             l
        ノ /       ゝ _,ィ ./ ノ ) .ノ            ' ー--‐ '                                /       /7Tt;ッ ,l//リ            l
      ,. "     /イ ( ーt‐,ヽ  ,.. ノ '            '      '                          _        /,ィ'i;〉      ̄ ̄ ̄ `             l
.  ,    ,::::' ,.'   、.ゝ       (ーノ,  ノ             !       .i                     _ /   \,,,,,、    /`'´                         l
.  、     ,     ヽ      ヽl γ          l. -―‐- ..|                  /` \ トトト/‐ヽ.: :\ ,'                            l
    )     、      丿  _  ´./ (          _ !:::::::::::::::::::!                  〈l     lー''ヽ`ヽ: : : : : \                              l
..゙/      )   '      - ` .' ,ノ )       _ '" ‐-  ̄`:::::ノ.               / ̄ ヽ、ヽ/ー: : : : : : : : :.. 、: : \-ニ  ̄l ̄l''l`i               _.、 l
..   ,.  '" /    (\      / , '        .'´       ` .ヽ ,              //    〉‐- : : : : : : : : : : : : : : : : ヽl__l―l―,l l l                 //`ー、
....  _ ,. ´      ヽ   __ .イ  {       /   ー ニニ ヽ._ )'               lヽ_xxxx/ー: : : : : : : : : : : : : : : 、ヽ: :ヘ T ̄l ̄l l l                //  /ヽ l
.lニニニニ=, .:     ノ-  _! / ,: ヽ.    /    、    ヽ.l´.             /    ヽ/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /ニニニニ77             l/ ,/‐' l l.l
_l===ニニ二l :.、 :.、( ( `ヽ. l,:'    )           ̄ ヽ.| |                l l    /: : : : : : : : : : : : : : : ヾ: : : : : : : //////   l/l                l'  ハ l l.l
゙! | l .! | l l l .! ー   \ 、 !.|{  {  , '‐-_ '          ,,. / .| |               トヾヽニイ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /_;'////   l/l            l   l l l l.l
.l .l l .! l l l .! ! 、.ノ    ) ヽ.l.!、 乂二ニ=/       /` ´ _,..! !..,_            ヘ 、l'/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /   l'//   .l/l             l  l,/ ソ//
...゙l .! l l l l .! ! ゝ .、 (´ ー- >--‐./、.         /   (      ).            ____       fー‐-一v――‐――一¬―-―――――-―‐‐-、rー―ー┐
.! l .l .!.! ! ! l l、   -‐' ー- _   ̄/  ヽ     ノ      ̄           _,,.、丶´       ~"''*、..  | o                                 o |
...゙! .! l.l .! ! | | \     ` 、 ー/_、.     \  /                   /       Y ⌒ Y   }..  |    呑兵衛の異世界飲み歩記                  |
'-'ーーー-‐ー'   、        /'´ .ノヽ    \::',                  八_______,,.、丶´三三三三三三>...!、                                  |
.   _      ヽ \    / 乂イ( ヽ 、     イ                   ////// zzzzzz  zzzzz}.   i´         ~ 酒に合う簡単レシピ集付き ~    !
-      \   ヽ   /二二二\  ヽ > ./!j                |/!^Y/  --a--   -a--{...  | o                                 o |
       >- __ ,/ニニニ二二二\  / ̄.!                |/! ミ       `Y   .!  └ー―'^ー――一―ー‐-―-――一-―'ー―~'`ー―-ー‐┘
      /    /ニニニニニニニニニニ/l   .l               人ゝ ミ     ,ィ <___!〉、 |                 /:::/}:::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::\
....  /   ./ニニニニニニニ二二二/  ',  .l                 ヽミミ    ミ 、""_""ミ ,                /::::::::{/:/:::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::\
   /     /ニニニニニ.゙_             ___   ̄ `丶          /ヾt、   ミ `こ⌒ ミ /  ノ ノ           /:::::> ー―‐∠__}:::::::}ァ::::::::::::‘,::::::::\
              /   `ヽ       _       `ヽ    \     / 〈__|个c。.,_ミ,,,,,,,,,,,,,,,ムイ                  }/          }:::::::}=‐::::::::::::‘,:::::::::::\
.              //{  {:::::\ \  ___ )ヽ        \    i..   /      \   ‘,                      ,′    -‐  ̄ }:::::::}ニ=‐::::::::::‘,、:::::::::::\
       _    //::i  {::::::::::::ヽ  >、_ )ノ )ノ }i>、                 /       \   |‘,                  V ̄ ヽ   , ィ茫う::::::::,'::::::::::::::::::::::::‘,\:::::::::::\
.        //⌒.  / {::::{  i:::::::::::::/ ///>一'__ノ }li               /   ∧       \_!__!__,r⌒\\.          f¨茫ぅ    ”””,:::::::/}/⌒ヽ::::::::::::::::., \:::::::::::\
..    i { 心、从{  乂{  ゝ_:::/ ///ノ____ノ /:└─ .          |    .∧            |___ノ^\\        i¨¨¨´}       /:::::/ f^  }:::::::::::::::::::,   .、::::::::::::..、
.... 乂_廴二ノ:::::::\__   / ̄::::〔 __彡'::::::::::::::::::::`ヽ,,.       |      ∧        __!__} r―― 、     /:::.   、      /:::::/  し /::::::::::::::::::::::,    \:::::::::::\
..   ヽ ̄ ̄_>、::::::::::}i  〈:::::::::::ミヾー' ̄ ̄`ヽ:::::::::::::::::::::::::::\.    |       ̄ ̄ ̄ ̄! ̄\     ゝY ̄/.     /::::::::.      , /:::::/  rf.イ:::::::::::::::::::::::::::::::,     \::::::::::}
..    乂__)_ノ( ̄ ̄i{  }i ̄ ̄` リ ー―-、  }i:::::::::::::::::::::::::::::::丶..  |               |   \     ̄     /::::::::::::込 ー   ,::::::/ / !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,      \::::j
....   /:::/ ̄ ̄ 冫  i|__」、 、_少゙   `ヽ 〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::’,                        __, ⌒ヽ.::>'"\::::::::::\   厶イ    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,        V
..  /:::::::廴_ ̄, 〃ー'´ ̄__  ̄リ 、_ ー'゙  }::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∧                    ____/` く⌒ヽ ` 、 >     }::::::::::::::`ー..'´:::i  ./}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
.. 厶:::::::::/ ̄‐'" 乂_ノ ___ ー'      、_, \:::::::::::::::::::::::::::::::::/ ∧                  \  、‐、\ _>   __j::::::::::::::::::::::::::::/ /  .V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
..  ∧::::乂_ノ  ノ /  ____)_        ___j}____::::::::::::/ ∧                    ー '  `'  ,,ィ'"::::::::::::::::::::::::::::::::::/./     V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,
__  ∧:::::::〉ーン゙ /// _____)      | r ‐u冖'^  ‐ti | :::::::::: / ∧                        / /:::::::::::::::::::::::::::::::>'"―――‐ -.V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
......`ヽ_ヽ::廴_ .ィ゙  / ____ノ     ー| |-=ニ- ― __|i | ̄ ̄ ̄ ∧                       /_/:::::::::::::::::::>≪≫ 、>        V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
゙⌒>::::::_ji斗‐''"{i  ノ   _  )      {   ヾゝ ̄ ̄    __|_|__ _,.,ィ                      //:::::::::::> " ≫≪` 、>       _____ ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
...... ̄ ̄ / 〃,  i>、___ノーッ彡'    _〉ー'゙::∨i___ (__D___):::::::::::::::〉                    / ./:::::::::/               /ニニニニ.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
. / ノ   i   /  乂_ノ〉{   !i U   ,,ソ ̄::::::::::::::l |// ̄ (__D ̄ヽ  〕 ̄`ヽ(                  /  /:::::::::/                    /ニニニニニニニ}.\::::::::::::::::::::::::::::::::::}
_′        >''’::::`'<U_i lノ::::::::::::::::::::::::::l l//  (_D ̄i ̄  } }:::\ 〉                  /   /:::::::::,                 /ニニニニニニニ=}:::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::}
.         >''’::::::::::::::::::::::::::::::::U::::::::::::::::::::::::::::::l l/ ′(_D ̄ti ̄ ノ/:::::::::「i                 /    .∧::::::::i                /ニシ'" ̄ `ヽニ!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
..゙___ >''’::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l l,′   `ー‐___}i:::::::::::::::|_                    /  V‐ |                //         }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
...... ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i i____///」_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                    /   }  }              〃         }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
..゙つ -=ニ二 ̄ ̄ ̄`ー――'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄て_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                        /   ,  .{                {            }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
        `ー――――――‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー ̄‐`


4344 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/12(火) 10:39:27 ID:uL5b9ewR
作者ァ、何考えて一品目を塩にした作者ァ!
レシピのところに載ってるのがいろんな塩の味較べと合う酒の傾向ってどういうことだ作者ァ!

4345 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/12(火) 11:21:54 ID:tuVu+fNG
レシピ6の 『水』 も相当だぞ
いや実際は『チェイサー』だったが、半分以上が硬水軟水仕込み水云々だし、実質『水』よ

4346 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/12(火) 12:33:30 ID:ezboGAet
まーでも文化どころか種族から違うわ下手すると概念から違うわの異世界だからな
言われてみればとりあえず塩と水から探すのは納得しかない

4347 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/12(火) 16:45:45 ID:yWileBBv
吸血鬼「酒? わかった丁度新鮮なのが手に入ったんだ」(血をドバー)
機械人「酒? 了解シタ、新鮮ナノガアルゾ」(オイル缶ドン)
蛮族「酒? 宴だな! 間ってろ今肉焼く!」(名状しがたいナニかを焼く)     文化が違ーう(震え声)

4348 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/12(火) 17:33:58 ID:GxF7ZseR
吸血鬼で思い出した。
コンビニの「まろやかいちごみるく」にストロベリーリキュール入れてやっと飲める(吸血鬼的に)やっと成人したズーハくんかわいい

4349 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/12(火) 19:27:02 ID:MoNdKthz
レギュラーキャラである菊水ちゃんのお前中身おっさんだろ感は異常
缶チューハイ不味いと言いながら焼酎の酎ハイと暴れ牛どりのモツ煮を口に入れる姿は女子大生の皮を被ったおっさんだろと
あ、モツ煮と酎ハイ実際に試作したけど結構なお味でした

4350 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/12(火) 21:18:46 ID:4hK1ccHN
コマの端っこで牛乳割り飲んでるやつ
お前チャンピオンにいなかったか?

4351 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/12(火) 21:59:19 ID:CsrS6e38
時々、どこかで見たキャラが出てくるのいいよね

聖女様、邪神の肉とか持って来られても、誰も調理方法わかりませんって
チート魔女さん、料理に攻撃魔法使おうとしないで
魔王様、タマネギは獣人には毒なんですよ
髑髏さん、あなたモノを食べようとするとホラー描写になるって何度も言われてるでしょ

4352 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/12(火) 22:04:55 ID:bM4O8qja
缶詰を奢った後で

「本当に食べてしまったのか?」と

「私は遠慮しておきます」は

やめろおおおお、冗談でも場が凍り付くだるぉぉぉぉ!

4353 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/12(火) 22:10:05 ID:yWileBBv
>>4352
なおネタが分からなかった人は「謙虚だなぁ」とか「欲しかったのか?」と大変微笑ましい反応だった模様


4357 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/14(木) 15:04:04 ID:bjypLVIj



               __
            ,..:.:´:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:...、                                        __ _
          /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.-‐:.:ヽ                                      |.(' )i!_i|
         ':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.、                             /`\  ||_゚_|| /´\
       /!:._ -― ,. -―‐ 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,                           < ,/\ `<ヽ只7/\, >.
      ,' ‐、ヽ   .'/   ヽヽ 、.:.:.:.:.:.:.:.:,                         <''v'   `| <V>l'    ヽゞ>
     /  } .! _ .l 、    } } ト _:.:.:.:.::!                                  .}  o /⌒ヽ
     {  ノ.ノ .ハ. \ _ .ノ .ノ_  ̄ .l                                  |  ノ  /|  |
     ゝ=イ /l:.:.ヽ __ /:.:.:,:-ー、l                                  ヽ'´__/ |_|
       トーイ_! -― ニーヽ:.:.i'  .r .:ヽ                                 / ./  l| |
      l l:.:ト"Tゝ、 ; ,.ィ弋ソj  !:.:.{   ! ::::j                                 / ./   .゛‐'                    ___
      ヽ!:.l/ヽ.`"  ―-   .!:.:.:ゝ-ィ'"                  __ _   ノ''〉   / ./           ____     __ .. < ⌒\
        l:l'/∧ ヽ ,    ,. !:.:.:.:.:./                   |.(' )i!_i|/\っ. ,〈__./         ´            < ⌒ `   \
     /\!l///,> ` _  .イ .!:.:.:.:./                    ||_゚_|| / /   .ゞ'´__)   /            . ./    、   \
   / ./:l.!/// r'=====|:.:.:./_                 /^,<ヽ只7/         ̄               . . . '      \   \
 / ./:::::::l.!///_;ニニニ二二|:.:/ニニア`ー. . ._        / ,イ  <V>l'                            . :/    /    . .     \
 \/:::>イハ/==-、,.-=ニニ二l:/ニア: : : : : : : : : :‐  ,< /  }  o..|              ′        . : '     '   ハW/. .    ', 、
 _. -'": : : {_l Vニニ,.イニニニニ'ニア: : :,: : : : : : : ,: - ノ ,ij   / __ハ_>             {    . .  . '   .::i: .  .:: / /''゙7 . .}    }. i、\
  : : :/: : : ゝl. Vニニニ===-‐'": __.        `    /´./\ \              . : :/ . :/. : Y {: .   i: /`メ、/ . / . .   . } ⌒ヽ
 : : ; : : : : : l/ヽ: : : : : : : : : :/ |.(' )i! ̄i| ──.     / /    \ \        :. . : : / . : ‐‐┐ { {: . . {芯^㍉ { . .' . ./  . .'
 : : :i: : : : : ヽ!/ '; -ー : : : : : : : : ||_゚_||. ̄  ──.   / /     / /         ',: / /i:i:i:i:i:}:.人八: . {ヒリ    :. /. ./  ' /
  : :l: : : : : : : </ 、: : : : : : : : f^<|只/7ヽ  ── / /     < ./        r‐へ }〉/:i:i:i:i:i:i:i:,: : 彡{: \:乂    乂. ./ /}/
 {ニl: : : : : : : : :l .l. 、: : : : : :  |\ \>/ 、\   (__γ'       ゝ_´)        |:i:i:i:i:i〉}:i:i:i:i:i:i:i:i:i/㌘ : {: . . i\      〉 '}/
     ┌、.           .〉c\ \ \ \   ──                   |i:i:-={/⌒:i:i:i:i:i:/  ̄ ニ八 : {  __  イ /
     ,ミ,へ. __.        /  ハ \ ,>ァ_\ ,>__  ──                  八i:i:i∧:i:i:i:i:i:i:i/__ ニニ=--V个: ._ / }/
       \ \' )i.        レ´ ̄\/`ー-' trー' ──                 /i:i:i:iイ⌒}\:i:i://     . . .⌒ <
       / /゚_||_.      / /´\ \                             └‐// . :}i:i:}^7/        . . : : ',
     i' /ゝ只7.ハ  / /    .\ \    ―─                    〈/ . : :|i:i:|〈 __         . : : ::、
      `ゝ` <V/ ノ.  \ \      \ \   ─―        ____    __ / . : : 八i:i:i:〉⌒Y        . : : :}: \
         } /´/|.    \ ,>      \ \ ─―. . : : .  .    ニ=--    . : :/⌒L/___ノ}           __ 人: . .\
       ./< ,イ、 >,.    (_)'        (´_`)  /. .  ⌒ > ´         . . : ∧  「/r‐〈         -=/ ⌒\ . \
       〈{''ノ_ノ_, \/                  ̄  ' . :/  /. .          . . : ,ニニ}: . .V∧=-       -=ニ/      . .
       / ,ィ/  /                        { . : {  . . .        . .  . . :..イニニ/、: :∧/}ニ=-   --=ニハ: . .   . ',. . .
     / /.〈 ,ム                         八: : .、/. .       . . . ' . . ./ }ニ7: . V : }/|ニニ=- -=ニニ7/∧ : : : : : : }  . }
   / /   \ \                        \ '. .        . . /:/. ./   }ニ|: . /:..__|/|ニニ=- -=ニニ{: :/∧ : : : : : ′. ,
 < ./      \ ,>、                        {. .    . . . __ /.//    〈ニニ{: イ/ニ|/「  ̄ ニ=---/⌒: : . .∧_ : イ . . ./
(_)'         (__γ'                       八. .  . . ./ ⌒7/      └く^ 八   ̄ __ ---{ ⌒ =---__〉 ノ . .'
                                            \ . . {   {:{         L{⌒\     ⌒ニ=-〉ニニニ=- _〉/. . /


.             _______________________________
            |┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓|
            |┃                                              ┃|
            |┃  王様「勇者の旅、動画配信することになったから」 俺「えっ?」   . ┃|
            |┃                                              ┃|
            |┃  王様の無茶振りで勇者パーティーの撮影してるけど質問ある?   .┃|
            |┃                                              ┃|
            |┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛|
.              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


【 3/14~3/16 】

日付変わってから半日以上過ぎてたわ……


4358 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/14(木) 15:07:55 ID:rS2nI0Qz
たまに映り込むToらぶる担当の黒子さん、なんで気付かれないんだろうね……・

4359 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/14(木) 15:44:31 ID:MHI+78GH
よく魔物に襲われないな撮影係さん……って思ったらあっるぇー??
おめー攻撃全部回避とガードしてたのかよwwww

4362 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/14(木) 19:31:02 ID:u8vrQ4Eo
>>4359
時々入り込む「カメラ傷ついてない大丈夫?いける?おk続行」の声は防御してた時のっていうねw

4360 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/14(木) 16:40:44 ID:ir72xul1
勇者、おもむろに他人の家に入り込み物色開始         おいカメラ止めろ

4361 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/14(木) 17:14:21 ID:rS2nI0Qz
Toら「はんちょー! 黒幕疑惑のある妙齢女魔術師のタンス(+研究室)でごそごそしてるのを編集でいかがわしくするのはめめか?

4363 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/14(木) 19:43:51 ID:bjypLVIj
勇者が魅せプレイやり始めたからなにか心境の変化でもあったのかと思ったら……
投げ銭で女戦士にエッチな下着買うためだったとか予想できるかァ!?www

4364 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/14(木) 19:49:45 ID:u8vrQ4Eo
なお着てくれなかった模様

4365 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/14(木) 19:51:08 ID:ir72xul1
>>4364
勇者にもみじが咲いてたのはそれかぁ……

4366 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/14(木) 20:06:10 ID:GKl3fAOK
偶に隠し撮りで勇者にすら気付かせないで撮影している時のアウト判定感
予定では勇者撮るはずで風呂に仕掛けて何故か女戦士が入ってきて大慌てになった時とか

4367 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/14(木) 21:15:29 ID:MHI+78GH
途中の中ボスが
「おいなんだその連中……え?撮影?おい馬鹿先に言えメイクしてねーよ!」
って言い出してお前何言ってんの感

4368 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/15(金) 00:17:01 ID:b/qCfMQ/
いや、『決戦』を『あの勇者とコラボ!!』って銘打って配信するのはどうなんだそこの邪神官長

4369 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/15(金) 07:49:23 ID:hFcYzYI4
配信利益の横領横流しで貴族が粛清はまあ「やっぱりやらかすの居るか~」程度なんだが
まさか相手側でも粛清が起こってるとはなあ、発覚理由が利益出てるはずなのに魔物に対しての給料未払いとか食事抜きとかって

4370 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/15(金) 07:51:40 ID:RaHScOt6
なんでラストバトルがラップバトルからのダンスバトルだったんですかねえ
女戦士のポールダンスだけで許した

4371 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/15(金) 11:36:45 ID:G8I6ghXz
`・ω・´)<ところで一番再生数が多いのが『鏡でカメラ男さんがチラ見できたのまとめたったwww』なんだけどこれは一体…

4372 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/15(金) 20:00:29 ID:b/qCfMQ/
>>4371
それに対抗して「うちのカメラ男は吸血鬼なので映りません」を売りにしたとこが出てそれがまた受けるあたり、
世の中ってのはわからんものだなぁ、と

4373 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/15(金) 20:27:37 ID:P/1iCvWF
中ボス前にした時よりも急に雨降ってきたときの方がカメラさばきに動揺見えてて草生える

4374 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/15(金) 21:25:11 ID:Kti5YnJ5
>>4373
それでもなお女性陣の濡れスケをばっちり撮ってる辺り流石と言わざるを得ない

4376 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/15(金) 22:17:12 ID:UFhVBs/Z
戦闘中に武器の説明、特性、値段をまくしたてる商人の逞しさよ
なおほとんど編集でカットされる模様

4377 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/16(土) 07:11:41 ID:oF5DfHiJ
>>4376
おかげで見てる人からはすごく寡黙な商売人だと思われていると言うね……


4382 : ◆iWQK9irtW6 : 2019/03/18(月) 00:02:28 ID:t1faeoeY
感想も落ち着きましたかね?
それじゃあみなさん多くのご参加ありがとうございました
これからスレは平常運転に戻ります
また今度やるつもりなので、その際はまたよろしくお願いいたしますね

4383 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/18(月) 00:03:13 ID:BXLZPsAv
おつー

関連記事
[ 2019/03/25 22:20 ] ◆iWQK9irtW6総合 | TB(0) | CM(0)



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-30401.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13