以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-30350.htmlより取得しました。


NINJAのススメ ~NAGOYA OF HELL CITY~ 都=サン IF 雑談

目次 洗濯籠

678 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 14:46:29 ID:fSZ/rnhZ
時間的にも体力的にも今から続きは無理なので……
ちょっと都=サンのIFについて触れましょうかねぇ!!!

680 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 14:53:48 ID:fSZ/rnhZ



         ./ ̄ ̄ ̄ \
       /       (・ .\
      / ________i
     l ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     l ,'::::::::::::::::::::::::::: /|:::l:::::::::::i    まず本編の流れ、『ヤルオ=サンが都=サンと武蔵=サンを助けられた』
     ,':::::::::::::::::,'  / . ヽlー l::::l
     l:::::::::::/ ( ヒ_]   ヒ_〉) |^    理由の最も大きい要因は『武蔵=サンがじぜんに怪しすぎる』と感じ、
     ヽ〃 l    .,__,   i
      l::し .!    .丶_ン′ :     独断であるが「治安維持部隊にハッキングを施して救援を要請した」からです。
          ≧=‐---‐''.´




681 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 14:58:31 ID:fSZ/rnhZ



          / /::::::::::::::::::::::::/ |::|      | キ:::.   ∨:::::::::::i:::::::::::::::::::l ∧
             ' ,...::::::::::::::::::::::::/  |::|      |_キ::l_   ∨::::::::l:::::::::::::::::::| ∧
          l l:::::::::::::::::,':::::: ′ |::|_     |  |::|  ̄ T -::::|:::::::::::::::::::|  ∧
           | |:::::::::::::::::l:::::斗 ´ |::|       |  |::|     |:::::::::|:::::::::::::::::::|   |     有能な私は事前にピンチになることも
            | |::l|::::::::::::l::::::::|   ヽ|      ノ  |/,ィ=≠=x :::l::::::::l::::::::::|、 |
.          ||::||::::l:::::::{:::::::|,ィ≠==x        / frし'7リ} 》:!::::::::l::::::::::| |   !     抱きかかえられて助けられることも予測済みでした(大欺瞞)、以上。
         | .|::||::::|::::::::∨《 frし'7リ} '          == ' l:::::|::::::: |:::::::::| l |
          l l:イl::::|::::::::::∨| ヾ=‐ ´       / / / / /|:::イ:::::::::l:::::::::|  l  l    「だから今やっているIFは
           | |:l |::: |:::::::::::ヤl / / / / /   |         |/j| ::::::::|::::::::|   l  l
.         | |:| V:::|::::::::::::| ヽ         }         / / |:::::::::|::::::::|.  l  l    『それをせず、かつ、都=サンについて行ってしまった』次元になりますね。
            | l′V::l::::::::::::|ヽ、   _          {`ヽ/ ::| :::::::| ::::::|  | |
            |  |  ∨::::::::::::| ,. ´ /  ー     '   ヽ ヽ::::| :::::::|:::::::l    |  |    ちなみにゆかり=サンは上の階に居ます。
.         └-」_  ∨:::::::::/ /|>        /::ハ  ∨::::::::|:::∨   _| ̄
.           l´r==-∨::::/  /l||:::::::「>  _  <⊥┐|ハ ∨:::::|:∨_-< ヽ、    仕事だもんなぁ!?なおヤルオ=サンは……んにゃぴ。」
          _ イ| l´ ̄ ̄/  /::l⊥l::r=ニ二∧  ∧二二V|::ハ  V ̄`l `l l __
         ∨ |  l=-{  /´ ,.イ::_|    |_Υ_|   r‐= 、」  や' | | j     【この時空だと治安維持部隊のヒロイン3人消えるやんけ!?】
                 '    ′/=ァ´ ヽ  l´  ̄ ̄ `l  >  `


682 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/16(土) 14:59:13 ID:RpCJvu8w
本編だと、襲ってきた退魔忍を返り討ちにして、傭兵の攻撃を避けて籠城したんだったね


683 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 14:59:34 ID:fSZ/rnhZ
>>682YESYESYES。

685 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 15:04:14 ID:fSZ/rnhZ



   ': : :,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ./: :/::::::::::::::::::::::....-ー-....:::::::::::::::::::::::::::::::::::
  //:::::::::::-''       ''-:::::::::::::::::::::::::::    当時は作品がまだ若く、私の存在はありませんでした……。(あたりまえ)
  !,'::::::::::/            ゙:::::::::::::::::::::
  |:::::::::/              ゙:::::::::::::::::::
  !::::::/               |:::::::::::::::::    「そして>>682=サンが言ってくれた通り
  |::::1               .l:::::::::::::::::
  l::::::|    _,.-'''¨^^       /::::::::::::::/   『そも襲撃……というか都=サンの裏切り行為に対し裏切り返し(これもうわかんねぇな)』
  (ヽ::::l  '"     __     /:::::::::::/
   ',::::1  ヽ   / i      ̄ ̄~"      した退魔忍がいたのですが、それが都=サンと武蔵=サンでどうにかなる相手だった。
    ゙、::ヽ   M'´ヽ l
     ゝ::゙、   .'・../                このトリィじゃない過激派だったわけです。
      ゝ\             ,..-‐''ヽ
      ノ '            /        良かったね!なお動員されていたKAITOセンセイのサウンドテロ(ジツ)の餌食になった
      !     ''ー-....,,_,,....-''.′
      !    /   ./            傭兵部隊の一部とも戦闘になったので2人とも満身創痍で籠城してました。」
      l    /   /
      ゝ  / ,./
       ゝ ノ ー′


686 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 15:09:14 ID:fSZ/rnhZ



              _   ィ ´_
          ィ " ´  `>  `ゝ"´^i
        /          ヽ  .j ゝ
       /    、          ヽx.i丶、
      /     ヘ         Yヘ\
       !  i 、  }!   !   ァ、 λ^ 、 ゝ
      .|  .N ヘ  jヘ .} .j   i .}  : ト 乂     裏切られたッ!?(退魔忍感)
       iヘ .{.ュ !ヘ jィ:iフ! } i  .|./  :: 、^‐- ゝ
      | 弋サ .ソ ´ j / l .l^  ヘ ヽ       「そんな武蔵=サンのおかげで比較的生存率がハナから高かッた本編ですが……
       i/! .ヘ.ヽ    "i  ! j !  .{ ヘ\
       Y ゝ、 - ‐´u|  .| !^!_ iヘ{   ソ      じゃぁさ、武蔵=サンが事前連絡をせずに、かつ、都=サンが裏切り(魔法カード)
        !! .N`ヽ_   ィi.| | jチニムヘ
        |ヘ i `yy | _。ヘ i ヘニニム          をせず、任務を普通に達成したらどうなるか、という話をしようと思うんだ。」
        リ.ヾ l:::::::l^‐"ニニヘ! ヽニニ ゝ、
         .。ィ´:::>//ニニニ!∥ヘ∧ニ个、
       イ´:::::::/ニ//ニニニニ{∥///.|ゝニ个 、     えっ。
      `}::ィ<ニ/// /ミミ/ .|/////.|/`ヽニニゝ
      〆ニニ///<三ヽ、ニ.!/////!////|ニ/    【なにそれは(困惑)】
    rf´ニニ///ニニニニニニム |/////.!////|ニ/
    {ニニニ//{ニニニニニニニニム.!/////|/////^!


687 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 15:12:43 ID:fSZ/rnhZ



         ./ ̄ ̄ ̄ \
       /       (・ .\
      / ________i
     l ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     l ,'::::::::::::::::::::::::::: /|:::l:::::::::::i    まず裏切られない。当たり前だよなぁ?
     ,':::::::::::::::::,'  / . ヽlー l::::l
     l:::::::::::/ ( ヒ_]   ヒ_〉) |^     それによってヤルオ=サン達とも合流しない、
     ヽ〃 l    .,__,   i
      l::し .!    .丶_ン′ :      ここまではイイネ?問題はその後だ。
          ≧=‐---‐''.´


     + ;
     * ☆_+     ジジジ…
     : , xヾ:、__,..-‐‐:、、,
                ヽ
            ./ ̄ ̄ ̄ \
          /       (・ .\
         / ________i
        l ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ   ならこうなるよね?
        l ,'::::::::::::::::::::::::::: /|:::l:::::::::::i
        ,':::::::::::::::::,'  / . ヽlー l::::l  『退魔忍として成長した結果どうなるか』、だよ(絶望)
        l:::::::::::/ ( ヒ_]:::::::::::ヒ_〉) |^
        ヽ〃 l i|i|i|i|.,__,   i   「都=サンにむかってなんだその顔は。(震え)」
         l::し .!    .丶_ン′u:
             ≧=‐---‐''.´     【この話……するべき?(働かぬ最後の理性)】


689 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 15:18:41 ID:fSZ/rnhZ



                 /       :.  :.             ll下、/  `
              ′ |       : :|:  ::|           l|:|:::ヽ\
                 |       : :|、 .::|  :|    y'    l|:L::::!`ヽ
                  i   ∧      : 仆 、|  :| |    !/,ヽ   l| L:|\l
                  ||:::-匕N  |、- リ_ ,|  :! l    |/k|  l|\  |
                  lN:: |==、\! ヽ/匕!_〉! .:..! l    |ノ /:.   .l|  \!     「では都=サン。」
               / l ヽ代_リ   /´   ノ..:::ノ l    |/:: : :/: :l!
            ′|:: ::|  、     /.:/  l   |::: : : /:: : ;! 、     アナタは……?
              |: :∧     ― イ:: : . . |   .:/::_:: /:: :λ: : i
              |l/l| lヽ ´  `  | : :  |: : ;イ: フ{/:: :/  \|     「未来から来た使者です。」
              |l: :レ |: \      |l: : l :|:.://二{: /l    }!
              ||: :: :И: :!丶 ィ  ||: : | :!//二ニニ{ヘ(   ノ      警備の人間を……。
                 八: :/ ヽ|/! :: !  ノヘ: : l/∨、二ニニ{
               У-|_-_-i≦'‐ォ≦ニ\! 」/,\二/(_          「呼ぶ前に、先ずあちらをご覧ください。なんなら、私越しでいいので見てください。」
               「 ̄_-_-/イ:i:i:i:i:i〉、 : : : }!/// ∨//\
            _ -――' _-_-/:_」:i:i:i_/:::::\_:////////<×二\       ……わかりましたよ(警戒しながら)
         〈_-_-_-_-_-/:::::/i:i:i:i:i>::::::::::::::|'/////////\二二\
             }/-_-_-/:::::::::/i::゚i/:「ニ」「ニ」l|///////////\二二≧ェ、   えーと……?
           l-_-/:::::::::::::/i:i:i/::::::::::::::::::::::::l!/////////////\ニニ彡!
          }/ :: :: :;zく:i:iУ: : : :-: :、::::::::l|.///////////////\二ニl
          /    /i:/´       : :: ::l|/////////////////|二/
         /      /i:/            : ::l|/////////////////!_/













                         , . -‐- .、
                  ( ̄`ー-―┴ 、:_:_: -'―-
                  \    . . -┴┴. 、   `ー--‐ァ ←『戦後の女性 戦前の子』時空直前の最も暗いときのナナ=サン
                     { /〃 : :i:i : :\ \     /
                    У : {{ : : :l | : : : .ヽ: :.ー-‐く                        「」>都=サン
                {_ /^´: : : : : ^ : ヽ}: : :ヽ: : :.,
                  /}y:^: : :/ : : : :{ : : : : : : : : : } : : }                   「あちら、いずれなるあなたの姿となります。(震え)」
             {_ /. : : : :{ {: : : :,{: : : : : : : : : :j/^!
             //{: : : /}/'}{: : : | ∨ : : :{ : : : .\ノ    私の旦那さん……家族……子供ッ……!!!
                { { {: : / / }^V!i:|  V: : :(ヽ 、: : }ヽ
            (,ム.ハ:.L  j / j从  ゙「 }} } } : : }:i:}    どこ……?
               /:i:i:乂ハ  ゙ ゙ {≧:.. _,.「! ' //_:_乂:/
               、:i:i:i:i:i:i{゙ー- .∠::::::)r(::≧-イ{:i:i:}:i:i:i:}    どこにいったの……?(うわごと)
             \:i:「:{   tュ{ ̄io {:i{tュ _ノ:i:/:i:/´
               ',:iV`ー-‐::i':} | ∨ ̄:i:i:i:i{:i:i}
               }/.:i:i:i:i:i:i:i:i{ l :| V.:i:i:i:i:i:i∨
               /.:i:i:i:i:i:i:i:i:/ ,|o | :{:i:i:i:i:i:i:i:i:}
.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{:i:i:i:i:i:i:i:i:/  ̄ ̄ ̄∨:i:i:i:i:i/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         . . . . . . . . 乂:i:i:i:i:ノ . . . . . . . . .\__ノ . . .
                 ̄


690 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/16(土) 15:19:43 ID:RpCJvu8w
都=サン、ナナ=サンルート行きか
善良な退魔忍は不幸だなあ


691 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 15:21:58 ID:fSZ/rnhZ



              ′ |       : :|:  ::|           l|:|:::ヽ\
                 |       : :|、 .::|  :|    y'    l|:L::::!`ヽ
                  i   ∧      : 仆 、|  :| |    !/,ヽ   l| L:|\l
                  ||:::-匕N  |、- リ_ ,|  :! l    |/k|  l|\  |
                  lN:: |==、\! ヽ/匕!_〉! .:..! l    |ノ /:.   .l|  \!
               / l ヽ代_リ   /´   ノ..:::ノ l    |/:: : :/: :l!        ………………。
            ′|:: ::|  、     /.:/  l   |::: : : /:: : ;! 、
              |: :∧     ― イ:: : . . |   .:/::_:: /:: :λ: : i
              |l/l| lヽ ´  `  | : :  |: : ;イ: フ{/:: :/  \|
              |l: :レ |: \      |l: : l :|:.://二{: /l    }!
              ||: :: :И: :!丶 ィ  ||: : | :!//二ニニ{ヘ(   ノ
                 八: :/ ヽ|/! :: !  ノヘ: : l/∨、二ニニ{
               У-|_-_-i≦'‐ォ≦ニ\! 」/,\二/(_
               「 ̄_-_-/イ:i:i:i:i:i〉、 : : : }!/// ∨//\
            _ -――' _-_-/:_」:i:i:i_/:::::\_:////////<×二\
         〈_-_-_-_-_-/:::::/i:i:i:i:i>::::::::::::::|'/////////\二二\
             }/-_-_-/:::::::::/i::゚i/:「ニ」「ニ」l|///////////\二二≧ェ、


.   |ニ心,
 、__.|ニニニ心,
 ゝ-|ニニニニム
/⌒|ニニニニニ} ,、 -==-、    ヾ、
  ,ィiニニニニ>''´      `''<_))
,ィiニニニア´    `''~、`  、  ` 、
ニニニア\ ̄  `ヾ 、   >''´    \
ニニア l{   ` 、    /           ヽ
寸,'  l{  ',  ` 、/   ,  /    }!  ∨
 ,′ l{  ヽ   /   / /   ,イ     ∨
. l{   l{    ヽ. / |.  |/  / l.     !
.ハ   l{ `  ハ! /|.   |  /`''ーl.|    l㍉,___ノ
.  l   ',    {.r{ V |  |/ァミ、メ l|    |!   ̄
  }   l.   乂!.  ', 从 `ヽツヾ ハ   リ        え、あの……え?
 ノ!   |    |   ゝ_>    <: :',   }
  |ハ  |   ', /|   l |u 、   /: : ',   !        私、昨日酷い目に遭いながらでしたけど、言いましたよね?
.   ,、≦ニニニ心.  l |、   `ィ: : : : : :.} 八
  /ニニニニニム  l/.|≧彳: : : : :/: : }イ         『この体になったことにも耐えて、旦那さんを見つける事を頑張ってる』って……。
 マニニニニニニニV/| |///} }: : : :乂ソ′
  マニ>''´二二ヽニニ| |//∧Vイ´ l{           ど、どうしてああなるんです?
  //ニニニニニムニoヽヽ//心、、
  /ニニニニニニニム二__〉//ム:::\_ __        「いや……あくまで一例ですが……考えてみてくださいよ……その……。」
. ′ニニニニ二二二ム:::::::::::::::>…- 、'´_ノ┐
. |ニニニニニニ二二二)h、::::::::::::::::::::::::::::`:..、)


692 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 15:27:52 ID:fSZ/rnhZ



                /   ノ( /  Oヽ\-< \
                  〈   人  / ((__ ノ __\ )   ヽ
                \斗―――――――<ノ   ノ   ←上の方の人の一例
               ( ̄ ̄\__) へ_彡' ⌒)    〉―― 、
              / _)/:. :. :. :. :. :. :. :. \ -=彡〈__  )
                (>/ ':. :. ' :. |:.i___:|_:. :. :.|:._:、_:. :. :. :へ_ / ̄ ̄``丶、
                (_ | i:. :.:.|:. :.|:.|:. :.|:. :. :. |\:. :.\: i:. :.|:. : \`丶、    >   まッ!!!まだ大丈夫だからッ!!!!
                | |:. :.:.|:. :.|x≠ミ:、:. :. :x≠ミ、:. :|:. 人:. :. : \:. 〉 /
                | |:. :.:.|:. :.{ v_リ \:. :v_リ从:./、:. :. :. :. 〈 )' /
                |人\|:.\:、     ,  ̄   /ノ:. :. \:. :. :(}:) 〈       「”本来”、社会上理想的な相手は上の方の女性幹部が取って行くし……。」
                |  \:. :. :. :\u  、 ,   イ:. :. \:. ――:.)   )
                 〉-―\:. :. :. :)  _,, イ:人:. :. :. ) 、:. :)∨ /        【このひと大丈夫なんすかねぇ!!】
              / 斗――、:.イ_⌒ヽ:}  ハ \:. :. :. ∨―
             /  _)    7 ̄ ヽ)\ 〉 _ヽ 人-〈⌒                  サッー!(ジツ行使)
             \/ ̄ヽ_ / ―}  |__,〕\_r、_ノ 〉_、   - ――…・・・=ニ二}
              ハ  ( 〈_ -=≠ 、__)≠=------_(――――――――――=7   【ンアーッ!(即死)】
              \_ -= r 〔 / / | |\  ≫ ,,    ・・・…--  _ ) (_ノ/


     ./    |  /、,{      ムヽ    ヾ///,ハ
    /    :! /___`V    ,' ___ヽ.、   ∨//,ハ
     '  '   i,ア'ァ‐‐ミ∨   ',〃ァ‐‐ミ∨   ∨///,     下の男は私のもの!!!!!(食い漁り)
    i イ{   {{ :{ fj } V  ,'j' { f:j }:}ト   }///,'ハ
    i/i/f、  人 乂__ノ  ヽ,{  乂___ノ'’   /!////,}     「そのいっこ下の部分には食い漁るソウル持ち組“達”(レクラス=サンだけではない)
      V{〉  ハi`    fァァァァv  ノ    〃j////リ
      V  ,',八     !::::::::::::::::j  /イ´  ,イ/////,ア      がいてソウルをもってないモータル組は取られる場合もあるし……。」
      ,  !///ヽ, 斗ゝ---- '---,'  ,イ/////ア
      { ハ!///!f {{:::::::{{:{{::::{{::}}:::::,' //////ア
      ∨  `フ{| }}::::::j.}:{{::::j}::{{::::从'斗七´く==ミ、
         ,ア´ Vv::::{.{:}}::::{{::jj::ア´     V  `メ、_
       ,.イア 〃'`ー--一'"ノ〃    ,.ィ´メ、   )、_)


694 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 15:34:28 ID:fSZ/rnhZ



                 \. ._ア  / /           ′{ \    `ヽ、
      _        / '// /  '/-‐-/i|_|、    ゙、\ \___ ;
>=ミ_/)  \    /. : :iN /| ,〈/{/  |⌒|∧ 〈ヽ |_>`ー- __/    「まじめに仕事だけをすればこうなり(高確率分岐ルート)」
: : :( ̄/ 厂   ``~、、 ̄ 从/}iレ{i忙沁,  \( `、 \`ー-ミ_
`¨¨``| (_   . . . .    ̄_ア  iNi ヒソ:::::::::::x=ミノ`、>''ニ   `  、         今日も仕事だよ!!
   ∧ (_. . : : : : : \  / __/从: : : _'____:u/ ⊂ィi〔 L{Lr-=ァ_)、
   /∧ ヽ: : : : : : : ::\〈/ ̄ (´込、 乂_ノ//  /リ   {: . .  i        ……何?任務先での、出会い?何いってんの?
 .    \`ー/ ̄ ̄ ̄\ 厂\/i{>┬‐〈/'  /     `iー┬'
──--  _ ̄          廴)ヽ ノ {_./_ / ∠ ̄}\__   ;   |         相手を私たちは『騙して』一緒にいるんだよ?
       `ヽ、      )ア⌒´   ̄ ̄ レ廴__ア  _ア⌒ア{  |  ̄\
       . : : :\γ⌒ア{ {     、_   廴_ア      / {  |ア⌒ヽ\    依頼人だとしても、いつ『標的』になるかわかんないんだよ?
         _ -  ̄ゝ、/i l{ L     .′   iン´ ̄ ̄\  しヘ'、 ′---(__ ヽ
    _ - ´    (_ {  i{ \\__  /    }、       \  (__ヾ 二二二(___〉  そういう関係になるにはさ、『屑』になるしかないじゃん。
           (_ⅰ 込、_竺お)´-、___丿}         \  ̄ ̄\ノ⌒ア´
 ̄ 冖¬…──┬しヘ、___)ーく``~、、.ノ、           `¨¨¨¨¨¨¨¨´     そんなの、無理。だから、一線引くよ。……それが、正解だよ。


695 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 15:36:57 ID:fSZ/rnhZ



          ┌-─ ´ ̄ ー-- 、
         /`ーヽ  ヽ    ヽ ヽ、
          / , レヽl、 ヽ 、    \ ヽ        「適度に働き、適度に休み、羽を伸ばせば……」
          /  l l __ ヽヽ、 く ̄ヽ、  ヽ ヽ
         l l  l f´ ヽヽ ヽヽヽ ヽ  lヾ、」 ,、
       l l l│   ヽ、 >ヒz七、  ト、Y┤r┐
        リ l N、,,三ミ `  '´´〃ヾ,、 V│ l ├、     今日も店に行くでー!
       l|`l|  N、   '_ , -,、   l∧、|││ |│
         l ヽ M.   {   l   レ┤ l ` ' l、 l     は?男?結婚?
           ヽ l リー 、_ `ー- ' , イ | l  ヽ    l
             ヽl l|/  >、´  レlヽヘ  `   l
             ` { ,/ ├   / ' ├'`┐ 、  lト 、
          , -_ニ''フ  |  /   l  ∧  /〉 l
          / l  //1 / \、_ l / メ' ´/  l



            /゙ヽ  __
       _,..-''" '′  マ'" ヽ
       /    ,  , ∧゙,.、、 `、
      /     / /./'''`'''ヽヽ `、
     !  ,   /__/| !   _', ',  `、
    l   ,l   イ「./ !l   '´ !.l  、゙、
   ! /,! 、,/_!/、 {|   ,.._zャ!|:. !i i     そういう話、今しなきゃダメ?(真顔)
    V/l  ,! |:::;t`     イ::t,!,リ:: .l. l.i
     {j´! j:!ヾニ!:::::::::::::::ヒシ ハ{::. j l.!     今から現実を忘れるためにそういうお店いくんだからさ、
      ,>l /l:l ''    _    ,! !::/  }
     〈;;;;;{';;;;!{`ト、 ´ _,. -:''!| |/       そういう話しないでくれる?(標準語)
     ヾ;;;;;;;/ハ、 丁    j:!
     ハ;/∧  \ヾ:.、   リ        「この心境で夜の店に行く……。」
     ,';':::;.'  ,ヘ.  `iヾt._
      !; /'´  、 `'''"´L_\゙!
    j:' !     `、     `ヾ.}
    l; .l      `、     }ヘ


697 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 15:40:25 ID:fSZ/rnhZ




             「だがこれはあくまで先の、そのまま行った先輩たちの現在だ!

           そうだ!現在の比較すべきは君と同じティーン組!その代表は……!!」








             -―――― -
         ...::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::..、
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::.
      ./::::::::;::::::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::∨
     /::::::::/::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::',:::::∨
     ,::::::::::':::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::i:::::::::
     i:::::::::i::::::::::::::/}::∧::::::::::::::::::::/  ∨:::::::::::::::|::::::::i
     {:::::::::|::::::::斗-}/ ┼:::::::::::::::/ ― -∨::::::::::::}::::::::}
      :::::::::{::::::::/ /   }/|::::::::::/     ',::::::::::::;::::::::;
     '::::::::ハ::::マ弐竺 ミ、}:::::/ ィf 竺弐ア:::::::/::::::/
       ',:::::{ ',::::|ヾ乂:::::ノ/イ   乂:::::ノ }::::/}::::::′     …………。
      ,::::ゝi:::::',ヽ:i:i:/    ,    _,ィ /:::イノ::::::!
      i::::::::|::\', }:i:{.        〉:i:{./イ::::|::::::::|      「………………。」
      |::::::::|::::|:::ゝ:i:i:}   - -   ):i:i:iイ:::|:::::|:::::::ハ
      |::::::::|::::|::::::}:>:.      .:イ:::::|::::|:::::!::::::|::::.     【…………………………。(汗)】
      |::::::::|::::|:::::::::::::| ≧==≦ |::::::::|::::|::::::::::::|:::::i!
      |::::::::|::::|::::::::::ノ       乂::::|:::::!:::::::::::{::::::i!     ……………………なんですか?
       ,::::::::::::>.イ          }:i:i:i`:.<::::::::::i!::::::}
    > ´.}:i:i:i:i||:i:i:iー....、      /:i:厂}ノ^||   ` <
   /    ,/:i:i:i:i:||:i:i:i:rーく__    /イ  -―||      ヽ
  .′  /⌒ ,⌒||`ヽ:i::ー.、 ヽ ノ´ ̄   ..||       ',
  {  }: ./ /  \⌒ヽ!          /  ∧      }
  | r':i:V:i{ /    \       /     ∧ /     ,


698 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 15:44:45 ID:fSZ/rnhZ



           /    〃      ヘ  V   \ ‐、、     `寸
                   /           ヘ  V    ヽ  `''~ 、、
            /     /          ヘ  \    ヽ=- 、、,,``
.          /      l         ',   \ ` 、     ∨    ≧
        /   ∥  l          }!     ヽ ミh、、. '/ _,、丶`
       /  / . ∥.  l         ハ \    l     l \       「が、頑張────────」
      / . イ/. ∥  ,|   \ 、   ,斗i七"´    |     l  \/
.   /イ´  ,   ∥ ―、、,,_   \`¨´/l´  \ \ |       ',   ヽ/
.         ,   l{.   / _ヘ       ', ≧zz竓芋芋ミ彡/    V)h、 ヽ    おかしいじゃないですかぁ!!!!
        l   {{.  /_,ィzzzx       ∨.。とつrツっ'゙V   |   ヽ///}ヽ
         |   {{ ー≪c弋ツ.ト、    ヽo//¨¨〇//     、   \/ノ    退魔忍になればお金も稼げてッ!!
         |   {{ V.ヘ(ノ/¨¨/V` 、 ヽ  \。゚//./ 。 ∥  \    ヽ
         |  .从 ゝ _\// ヽ   ヽ}`''ー` -=' ァ ,イ l{  l           カチグミ以上に幸せな生活ができるハズだったじゃないですかぁ!?!?
.         从 / ∧  ',≧=- o  _,、丶⌒ヽ、 // { . l{  |}h、  ` 丶
       / 人   ∧ ', ヘ{j   `マ:i:i/: : : :ハ )} .ィ从.∧ |:::/ ``''~、、   ジッサイ幸せそうな上の人もたくさん()いるしッ!!!
      /イハ  l ハ \',  )h、   V〔: : : : ノ丿,J′/:::::ヘ. V    l从
.   /´.    ', V  ヽ  \ \)h。 ゝ.こ、ィ .ィi{ /:::::::::::l \ヽ   lニニ    私は比較的実力もある筈ですよ!?(本当に比較的実力はあります。)
         ',ヽ  \\  ヽh。\/ ≧zz≦/ハ {ヘ::::::::::::::lヽ ヽ`''ー |ニニ
         ヽ \ `'' ミh、 ∨≧z'ニニ/:l:::::ヾ:} }::ヘ :::::::::::l ヽ ヽ |ニニ    じゃぁその幸せなルートに……!!
             ヽ ==≧ __ ∨寸ニ/::l:::人≧≦::::',:::〈⌒l . |ム Vニニ
            ° {_,、zzz} }アハV 寸':ノ:::::{::::::::::∨:: |__/::} |ニム `'守ニ
           O   |ニニ/ /ニニニ∨:::::::∠:::::::::ノ::::::::::::::::/ /ニニ≧s。


          /:\     _,.>-=━━=―く
         /: : : : :}  _,. <: : : : : : : : : : : : : : :>.,
       . : /: : : : :〈_.,: : : : : : :/: : : : : : : :ヘ: : : : : : `
      ,: : /: : : : :/∧:/: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
.     /:/: : : :∠ /: /: : : :/ : : : : : : : /:/|: : : : : : : : :.,
.     / }: : : : : : 「 : : : : : : : : 斗--/}/  :_:_:_: : |: : :|iハ
       ]: : : : : :::|/ |: : : :::| : /}∠_    ´|___: : : |: : 八{
       ] : : : : : |i. |:: : : ::|ィ7アて¨^    ィテ「¨}: ::|: :/|
       ]: : : : :::八, [: : : -圦{ Uリ     代ノ 从: :/レ     都ちゃん?
       ]: : : : /: : 〕[: : : : : : ハ        {     八/
       广ア⌒ヽニ]Ⅳ: : ::i|⌒         /: :|i                      なッ!ナナ”さん”!?>都=サン
     __,/∠ニニニニムi:iⅣ: 込.,_    ー―   .イ: : :リ
    {¨アニニニニニニニハi:i:Ⅳ::|ニニ≧=-  _,. <}∧: :/       うん、それは間違ってないよ?
      },:仁ニニニニニニニニニ}:`寸ニニニニニ「 ̄)ニハ ∨
    にニニニニニニニニニニ7!   `寸ニ才 7 〈ニニニ}  }        退魔忍の女性はカチグミで幸せだよ?
.    刈ニニニニニニニニニ7 }i  (___,}_)  } (ニニニ7 /
.   / }ニニニニニニニニニ7) {廴   之,__/ }ニニ7,/          大半がそう。


700 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 15:49:00 ID:fSZ/rnhZ



          /:\     _,.>-=━━=―く
         /: : : : :}  _,. <: : : : : : : : : : : : : : :>.,
       . : /: : : : :〈_.,: : : : : : :/: : : : : : : :ヘ: : : : : : `
      ,: : /: : : : :/∧:/: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
.     /:/: : : :∠ /: /: : : :/ : : : : : : : /:/|: : : : : : : : :.,
.     / }: : : : : : 「 : : : : : : : : 斗--/}/  :_:_:_: : |: : :|iハ
       ]: : : : : :::|/ |: : : :::| : /}∠_    ´|___: : : |: : 八{
       ] : : : : : |i. |:: : : ::|ィ7アて¨^    ィテ「¨}: ::|: :/|
       ]: : : : :::八, [: : : -圦{ Uリ     代ノ 从: :/レ
       ]: : : : /: : 〕[: : : : : : ハ        {     八/
       广ア⌒ヽニ]Ⅳ: : ::i|⌒         /: :|i    ただ、ここで言ってる幸せっていうのはね……?
     __,/∠ニニニニムi:iⅣ: 込.,_    ー―   .イ: : :リ
    {¨アニニニニニニニハi:i:Ⅳ::|ニニ≧=-  _,. <}∧: :/
      },:仁ニニニニニニニニニ}:`寸ニニニニニ「 ̄)ニハ ∨
    にニニニニニニニニニニ7!   `寸ニ才 7 〈ニニニ}  }


                         , . -‐- .、
                  ( ̄`ー-―┴ 、:_:_: -'―-
                  \    . . -┴┴. 、   `ー--‐ァ
                     { /〃 : :i:i : :\ \     /
                    У : {{ : : :l | : : : .ヽ: :.ー-‐く
                {_ /^´: : : : : ^ : ヽ}: : :ヽ: : :.,
                  /}y:^: : :/ : : : :{ : : : : : : : : : } : : }
             {_ /. : : : :{ {: : : :,{: : : : : : : : : :j/^!  “『社会的・資産的・魔女的』幸せ”なの。
             //{: : : /}/'}{: : : | ∨ : : :{ : : : .\ノ
                { { {: : / / }^V!i:|  V: : :(ヽ 、: : }ヽ   解るでしょ?
            (,ム.ハ:.L  j / j从  ゙「 }} } } : : }:i:}
               /:i:i:乂ハ  ゙ ゙ {≧:.. _,.「! ' //_:_乂:/   『 政 治 家 と か “ 組 合 ” が よ く 言 う タ イ プ 幸 せ 』 なの。
               、:i:i:i:i:i:i{゙ー- .∠::::::)r(::≧-イ{:i:i:}:i:i:i:}
             \:i:「:{   tュ{ ̄io {:i{tュ _ノ:i:/:i:/´   決して……生物的、女性的、精神的幸せじゃないの。
               ',:iV`ー-‐::i':} | ∨ ̄:i:i:i:i{:i:i}
               }/.:i:i:i:i:i:i:i:i{ l :| V.:i:i:i:i:i:i∨     『 女 性 と し て の 幸 せ じ ゃ な く て 、 “ 1 人 ” と し て の 幸 せ な の 。』
               /.:i:i:i:i:i:i:i:i:/ ,|o | :{:i:i:i:i:i:i:i:i:}
.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{:i:i:i:i:i:i:i:i:/  ̄ ̄ ̄∨:i:i:i:i:i/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         . . . . . . . . 乂:i:i:i:i:ノ . . . . . . . . .\__ノ . . .


701 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 15:52:28 ID:fSZ/rnhZ



.          /      l         ',   \ ` 、     ∨    ≧
        /   ∥  l          }!     ヽ ミh、、. '/ _,、丶`
       /  / . ∥.  l         ハ \    l     l \
      / . イ/. ∥  ,|   \ 、   ,斗i七"´    |     l  \/
.   /イ´  ,   ∥ ―、、,,_   \`¨´/l´  \ \ |       ',   ヽ/
.         ,   l{.   / _ヘ       ', ≧zz竓芋芋ミ彡/    V)h、 ヽ      「     」     。
        l   {{.  /_,ィzzzx       ∨.。とつrツっ'゙V   |   ヽ///}ヽ
         |   {{ ー≪c弋ツ.ト、    ヽo//¨¨〇//     、   \/ノ
         |   {{ V.ヘ(ノ/¨¨/V` 、 ヽ  \。゚//./ 。 ∥  \    ヽ
         |  .从 ゝ _\// ヽ   ヽ}`''ー` -=' ァ ,イ l{  l
.         从 / ∧  ',≧=- o  _,、丶⌒ヽ、 // { . l{  |}h、  ` 丶
       / 人   ∧ ', ヘ{j   `マ:i:i/: : : :ハ )} .ィ从.∧ |:::/ ``''~、、
      /イハ  l ハ \',  )h、   V〔: : : : ノ丿,J′/:::::ヘ. V    l从
.   /´.    ', V  ヽ  \ \)h。 ゝ.こ、ィ .ィi{ /:::::::::::l \ヽ   lニニ
         ',ヽ  \\  ヽh。\/ ≧zz≦/ハ {ヘ::::::::::::::lヽ ヽ`''ー |ニニ
         ヽ \ `'' ミh、 ∨≧z'ニニ/:l:::::ヾ:} }::ヘ :::::::::::l ヽ ヽ |ニニ


  V//////////\辷/_//////////
   ∨///>''´ : : : : : : : : : `丶/////
   ー=ニ: : : : : : : : : : : : : : : : : \ノ
    / : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : .
  //: : : : : : :l: : : :∧: : :l: l : : : : : : .
   |: : : :|: : :'⌒:.l:./  ': :ハ⌒丶: : : |、〉    男性と同じ社会という土俵に立って、男性以上に
   |: : : :|: |: / V从  V V|: | : : : |
   |从: :|: |:,ィf芯k   f芯トミ从: :从     その舞台で活躍するって言うことはね……?
     VV|と乂ソ    乂ソっ从/|
      |: : .     ,     厶: : :|      『いままで男性が味わってきたモノ』も味わう可能性があるんだよ……?
      |: |:人    _ _   ,ィ : 从|_
   r‐v'⌒V: |> ` ´  <|: :/'´  \    逆もそうなの……!
   |}  ``'V|///≧≦////:./ i ´ ̄ ヽ
    }   r' ̄ ̄ ̄[] ̄ ̄/ヽ _   ノ   女性だから耐えれてきた『家を守ること』、男性だから耐えれてきた『孤独や独立』を、
    Lハ⌒ V:::::::::::::ノ¨V::::::::::::::::〉 /⌒Y
   _ノ//}─‐V_/| o V__:/ {///ハ   『互いに味わうことになるの』。そして─────
  (///八i⌒ノ::::::::: | _L::::_|   〉////)


704 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 15:58:55 ID:fSZ/rnhZ



                         , . -‐- .、
                  ( ̄`ー-―┴ 、:_:_: -'―-
                  \    . . -┴┴. 、   `ー--‐ァ
                     { /〃 : :i:i : :\ \     /
                    У : {{ : : :l | : : : .ヽ: :.ー-‐く       苦痛の交換だから……
                {_ /^´: : : : : ^ : ヽ}: : :ヽ: : :.,
                  /}y:^: : :/ : : : :{ : : : : : : : : : } : : }     男性が『家を守ることや、じっとしている事』を味わう一方ね?
             {_ /. : : : :{ {: : : :,{: : : : : : : : : :j/^!
             //{: : : /}/'}{: : : | ∨ : : :{ : : : .\ノ     私達女性は『孤独』に耐えることになるの。
                { { {: : / / }^V!i:|  V: : :(ヽ 、: : }ヽ
            (,ム.ハ:.L  j / j从  ゙「 }} } } : : }:i:}     でもさ?社会的ストレスの交換はしても、肉体的ストレスは味わうことなく交換する。
               /:i:i:乂ハ  ゙ ゙ {≧:.. _,.「! ' //_:_乂:/
               、:i:i:i:i:i:i{゙ー- .∠::::::)r(::≧-イ{:i:i:}:i:i:i:}     だから───────。
             \:i:「:{   tュ{ ̄io {:i{tュ _ノ:i:/:i:/´
               ',:iV`ー-‐::i':} | ∨ ̄:i:i:i:i{:i:i}
               }/.:i:i:i:i:i:i:i:i{ l :| V.:i:i:i:i:i:i∨
               /.:i:i:i:i:i:i:i:i:/ ,|o | :{:i:i:i:i:i:i:i:i:}
.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{:i:i:i:i:i:i:i:i:/  ̄ ̄ ̄∨:i:i:i:i:i/  ̄
         . . . . . . . . 乂:i:i:i:i:ノ . . . . . . . . .\__ノ . . .


                      __
                 ∨\ _               /|
                    ∨: ; : ; :`ヽ.       , :'; : /
                 _ ゝ: _; : ; : ; \   /: ; : ;./
                 +´: : : :`: : :  ̄: :`: :ヽ _/: ; : ; : ;/
                 /: : : : : : : :,: : : : : : : : : : : \: ; :/、
           -=彳: : : : : : : : / ∨: : : : : : : : : : ∧¨: : :∧
           /: : : : : /:/i: /   ∨:i : : : : : : : : : :i: : : : :|
           〃: : : -―/ i:/    i:―-: :i: : : : : : ::|:: : : ::t    私達は女性特有の『肉体的苦痛を得ながら』、
           i: : : : :/i::i ヤ    |: |. |: :i∨i : : : : |:: : :ヽゝ
.            |: : : : :,。zz、    , ‐ |:/zz、/ |:|: : : : :j:: : :∧    男性特有だった社会的ストレスである『孤独』に耐えるハメになったの。
            ト|: : :|. i;;u;;j::::::::::::::::.i;;;;u;;;;i .i::j: :/: :/|:: : : i::}
               ゝ: | 弋:ソ,     弋::::ソ .i/イ,イ ̄.|: : : |i:|   その上、私達が「味わいたかった」、『家庭的幸せと悩み』は得られなくなったんだよ……!!
           - 、 `iヽ          〃:: :|;:;:;;;;;;;i: : :/.リ
  _  ___. +::¨::´::ヽi./!     _    u , .-/: : :|;:;:;:,彡:/
.  {--- -  ´==::::::/;;;/|∧    `   ,ゞ‐;i: : : :|t_
  i===i¨丶::::::_::::/;;;;;;;;i: :|:≧=三=。-≦;;;;彡;|/i: :|:リ::`>
   ヽ-'i:::;;;|;;;/:;;};;_;;;;/t: i. `i三三=-‐ ´三 -‐= ¨ ´;.|


705 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 16:02:21 ID:fSZ/rnhZ



        /   ∥  l          }!     ヽ ミh、、. '/ _,、丶`
       /  / . ∥.  l         ハ \    l     l \
      / . イ/. ∥  ,|   \ 、   ,斗i七"´    |     l  \/
.   /イ´  ,   ∥ ―、、,,_   \`¨´/l´  \ \ |       ',   ヽ/
.         ,   l{.   / _ヘ       ', ≧zz竓芋芋ミ彡/    V)h、 ヽ
        l   {{.  /_,ィzzzx       ∨.。とつrツっ'゙V   |   ヽ///}ヽ     嘘だああああああああああ!?
         |   {{ ー≪c弋ツ.ト、    ヽo//¨¨〇//     、   \/ノ
         |   {{ V.ヘ(ノ/¨¨/V` 、 ヽ  \。゚//./ 。 ∥  \    ヽ
         |  .从 ゝ _\// ヽ   ヽ}`''ー` -=' ァ ,イ l{  l
.         从 / ∧  ',≧=- o  _,、丶⌒ヽ、 // { . l{  |}h、  ` 丶     「男性と違って女性は『体』に現れやすいし、ジッサイ現れるから、
       / 人   ∧ ', ヘ{j   `マ:i:i/: : : :ハ )} .ィ从.∧ |:::/ ``''~、、
      /イハ  l ハ \',  )h、   V〔: : : : ノ丿,J′/:::::ヘ. V    l从    『そう言う事』が無くても『そういうこと』が起きてもいいように体は機能するよね?
.   /´.    ', V  ヽ  \ \)h。 ゝ.こ、ィ .ィi{ /:::::::::::l \ヽ   lニニ
         ',ヽ  \\  ヽh。\/ ≧zz≦/ハ {ヘ::::::::::::::lヽ ヽ`''ー |ニニ     だからそれが『機能する度』…… 孤 独 感 が 増 す 。(顔を覆う)」
         ヽ \ `'' ミh、 ∨≧z'ニニ/:l:::::ヾ:} }::ヘ :::::::::::l ヽ ヽ |ニニ
             ヽ ==≧ __ ∨寸ニ/::l:::人≧≦::::',:::〈⌒l . |ム Vニニ     【退魔忍が抱えるのは組織的欠陥。】
            ° {_,、zzz} }アハV 寸':ノ:::::{::::::::::∨:: |__/::} |ニム `'守ニ
           O   |ニニ/ /ニニニ∨:::::::∠:::::::::ノ::::::::::::::::/ /ニニ≧s。     「【そして、社会的欠陥もだ。食らうがいい、約束されし喪女。(無慈悲)】」
               |ニニ∨ニニニ//:::::::/:::::ヽ/:::::::::::::::::/ /〇ニニニニ


706 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/16(土) 16:05:14 ID:RpCJvu8w
本編でもやる夫=サン勝ち取れなかったらフリーな男性が残ってないという
割とシュラーバ


707 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 16:08:14 ID:fSZ/rnhZ



                               ,.へ
  ___           ./ ̄ ̄ ̄ \       ム  i
 「 ヒ_i〉       /       (・ .\       ゝ 〈      古い時代だ。
 ト ノ       / ________i        iニ(()
 i  {        l ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ       i  i      男性の独り身以上に女性の独り身が結婚を急かされたのは。
 i  i       l ,'::::::::::::::::::::::::::: /|:::l:::::::::::i       i   }
 |   i      ,':::::::::::::::::,'  / . ヽlー l::::l       {、  λ    古くなった理由は『社会の発展』によって文化と価値観が変わったから。
 ト-┤.    l:::::::::::/ ( ヒ_]:::::::::::ヒ_〉) |^      ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_   ヽ〃 l i|i|i|i|.,__,   i   ,. '´ハ   ,!      だが……
. ヽ、    `` 、,l::し .!    .丶_ン′ :   ´" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/≧=‐---‐''.´7  ノ    /         体 と 心 は そ れ に 沿 っ て 進 化 し て る か ? し て な い だ ろ ?
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"           だ か ら 現 代 も こ の 世 界 も こ う な る 。
     /二二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | |  退 魔 忍 ( 喪 女率 激 高 )│|      「物によるが、昔から言われてることは、生物の根底に根差していると言う事もある。」
     \二二二二二二二二二二二二二二二二二ノ


709 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 16:13:48 ID:fSZ/rnhZ



              ___,..--、_,.r-..、__
              レ_>==<`ヽ_!_
            .r' /::二ヽ !//::=:ヽ_>
           r-'/:::::/:::ィ::、;;::i、::::、:::::::、ー、
           / /::::/:::/ |   |. ヽ::!:::::、!  |、  ← フリーのハッカーとかいう退魔忍と似た万魔殿世界にいる喪女(になりそうだった子)
          //:/:-:-,:'-t  _!_i:_!:::::::! ! .'、
          / !::i:::!:|:,..二!   !--、,!::::::::!!   '、    「彼女達、特に武蔵=サンと都=サンが
         ./ .|:!:::!::l:弋フ   /弋フ.,':::::::::!|    '、
         /  |:! !:|:::::!   ,   /::::::::::l.    |    かなりの速度でヤルオ=サンに好感を持っている理由」
        〈,,  |:! !:!:::::、  _   /:::!:::::/    |
         `-' ヾiヽ:::::i:\_ .,.イl:::::|:::/ ,.r-、_i,i/   (ねっとりした視線)
         / ̄ヽ Y;;!:::::Vゝ____ソ !::::l:::K , ―--、
      ,. - '´ ―-、 L;|:::::i| r t-, .|:::::::|;;Y =--、 ヽ
    ./    ___  V::::// ,|  |_ !::::::|/――- 、  !\                      (同上)>都=サン
   <,.  /  ,!  ,- /:::/メ;;;ヾ>i<タv;;ヽ:::::! ヽ   .! ヽ \
   ヽ, /  / //:/ ,..へ;/:.ii:.!;;;,-ヘ\:::ヽ \  .!  ヽミ |                    (類似)>ゆかり=サン
    /   .| // /  .!:.:.':.:|   ヽ, \::.、   !   V、
   <, ,   |/:/  /    .!:.:.:.:.:|    ヽ  ヽ::、 i ヽ   、|


      |/     /  : : : : ;/ /l       ヽ|
     //,   : :/: : : ; '"/ / ':,     、ヽ|
 _,,. -' _/  :/:/; '=一/ / 、_:、 l , ヽ l
 _ニ=''"/ : /:; //==ミ //   ,__\| / 、 \ヽ、
    ̄,.'/ :/l///(ァ ) //    /心,ヽl/、: : 丶 ヽ_
    //!/ll;/{!/' `==/'     _ゝ='_/ /'カケ-,,丶_   な、なにか……?
    l'|/:ト、、|            ̄ ~ / )リ ヽ.|
    //: :lトl              ,'.'ィ''トヽ ゙゙                      「「「何も?」」」>3人
    '"/{|: :l: l、     ` '   u /:/l |:l \、
   , -'':{ ヽリヘ! ヽ   /ニ二ヽ   /:/ |ヽ、
-''"   l   |   \、`= ==' , '/:,:'  l 、 `丶、  「社会的・生物的理由。」
 、   //  |  l  丶、 ̄ ,. ' /'"   ヽ: :
  `   \  l  |     ̄//|/    /      【忍殺世界、一週回ってみんな結婚が早そうなんだよね……読んでるとさ。】


710 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 16:18:06 ID:fSZ/rnhZ



         /: : : : : : : : : : : : : : : : : :l: : : : : : : : :.
        ,: : : : : : : : / : : /: :.:|: : : : : ハ: : : : : : : : : .
       ,: : : : : : : : :!: : :/ |: : l: : : : : ; マ: :.!: :.!: : : :.
       /: : : : /:/: /|: :./ }: ,ハ: : : :/  マ: }: :.|: : : : .
        |: : : :,イ:.:|: :lイ:/´ j/  |: : :/ --l:/、: :|: : :l: :l
        |: : : :.:|: :|: / l/,.ィtォ、   !: /  __/  ',:.j: : :}: :!
       {: : : : |: :!l:! ィチ-'刈   l:/   'ら心、 }イ: :./i: {    「また一つ彼女がムテキだった理由に拍車がかかってしまったか!」
         Ⅵ: : l: :|  {弋(zソ      弋ーノ } l: /: |: |
          }: r-、: |          ,        ハ{: : |ヾ、   【そらそうなるだろうねぇ!と言える程の者になったな。】
          |: {(、Ⅳ    """       """  {: ヽ: |
         /:ハ{ (、                    ハ: ∧|     誠=サン!
         \_,        rっ     /ノl/  !
           }: : \           ,.ィ:{         そこ掃除するからどいてくださーい。
           |: :ハ: :.>          イ:./ヾゝ
          /イ }: i   `_ー ´-┴'-- 、    ギュイイイイイ!!(掃除機の音)
              |:_|   /         /
           r ' ´ j   |            {


                _.._ ``、,.、-::─::-..、
              /:::::::::`:く:ノ:::::::::::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               /:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ
           /:::::::::::::::::::::::イ::::::::::: 丶::::::::::::::::::::::::',
             /::::: /:::::::::::::/ l::::::: !:::::::|\::::::::::::::::: l
          i::::: /:::::::::::::/一V:::::| :::: |ーヽ:::::::::::::::!
          |:: /:::::: /::: |ィ云∨ |V::::| ィテヘヽ::::::::!イ    お、おう。
          |:/ |::: /::ハ::| 迂:リ V| ヾ! 迂:リハ::ト::::::>
          |′|::/|:::|ネヘ `ー´ ヽ   `ー´ ハ!ノリ`ヽ   (女って慣れてくると態度変わるとか言うけど……全く変わんねーじゃん。
              i/ V、_ヘ       !   u ムリ′
              ′    ヽ、  - -   , ′       子供が出来てから変わるとも聞くが……?まぁ俺ニンジャだし……子供は絶望的だろうなぁ……。)
                     |ヽ    イ/
                     ,.イ   ` ´  ハ          「彼らは本当に特例なんすねぇ……。(状況も人物も)」
                 ,.イ:!  \   /  ヽ..、、
            ,...::::´/::::::l   /;⌒;ヘ    j:::::ヘ:`:::....、


711 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 16:22:26 ID:fSZ/rnhZ



          ./^ヽ   /f _ 。 。_____
          j   ヘ丶> ´       ` ヽ、
       ./ |    / ィ‐ ‐-         ヽ
       / /____ / ´-‐‐-   /        `
    .// ´//.!、ヾ    __/          ヾ
    /  i / .//! ヘ\  \.|   i   !  .i    .|.ヘ
   (( ./_  ./ ! .l  ヾ .\   !   |  |  人   .i i
     / |∨ | |   \   !   i  i /-ヽ !  !i|.|    「ゆかり=サンIFで彼女のダイスが100だった理由は
      / /∧i / i   / |   |  ト ャ=ュ i.ji{   |.j.y
    〆< / .//| ヘ   .{ .|   ハ.ヘ ゛i.ノ "iヘ |j      “喪女回避”と“スイーツ(退魔忍)”と“旦那さん”GETの願いが叶った結果の、
       .//./ |  ト   ゝ i   j .N :::::. ` ゝ.l!
         /. 人./    ./!l  .| i      ./ヘ |      彼女の心境だった……?」
        . //.ヘ 乂 ∥=‐=ヘ. |∧、 ャ./ ./!! y
              「"ニニニニヘ {//.ヽ./! .|/ .!        【つまり……。】
             |三ニニ二ム .i|
             /´ニニニ`丶、ニヘ             「【ダイス神は、この展開を見抜いていた…………!?】」
           .∨ニニニニニニニヾ、ヘヽ
             .|ニニニニニニニヽニニニヾヽ
            | ヘニニニニニニニ}二ニニ`> 、        ※ このスレのダイス神の『俺原作派(予定ルート全力疾走)だから』主張とか、
            !ニヘニニニニニニ!ニニ二二ニムi。、
            {ニニムニニニニニ|ニニニ二ニニニヾ 、       『補正なんていらねンだよ!!』力は異様です。
            ヽニニ!ニニニニニ!ニニニ二二ニニニ}!!}
             ∨ |ニニニニニ!ニニニ二ニニニノツ
             ∨iニニニニニ|‐-=ニ二二ニノ"
               |.|ニニニニニ!ニニニ` ェェェイ


713 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 16:29:21 ID:fSZ/rnhZ



         /::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /:::::/::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ヽ
      /::::::/:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::;
     /:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   「彼は仮に根が如何に良くとも、退魔忍から見たイメージは
    /::::::::::i:::::::::::::::/::::::/:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/>、::::::::::
   /:::::::::::::{:::::::::::::/:::::::l:::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:i   Y:::::::   全て『ナゴヤに来てからのイメージ』だからな……。」
  ハ::::::::::::::l::::::::/:l:::::::l:::::l::::::::::::::::::::::::::::::/\l:l   }::::::::
 / l::::::::::::::l:::/::イ:l::::::l:::::l::::::::::::::::::::::::l:i´ 匁ヽi:ト 、 ノ:::::::::::
 ::::i:::::::::::::::l///:::ハ::::}::::i:::::::::::::::::l:::/l:l   `¨リl ,イ:l::::::::::     (ナゴヤのメシ……というか外のメシ、マズい……不味くない?
 :::l:::::::::::::::/:/::::::::::/::ィ::::l:::::::::::::::ハ::{ li     li l::::l::::::::::
 V:::::::::::::/:/---イノ i::yl::::l:::::::/ i::lu    ノ  l::::l:::::::/      テンプルの鳥の方が心なしか美味い……。
 /:::::::::::/ < > i  {::._,};;;l:::::::l 、i::}    - __j:::/::::ィ
/::::::::::::/   ><> 、  l:::{:::::::l /`ヽ-_ァ _/:::::::::::ィ:::::l     あと女だらけとか、ちょっとな……。)
l:::::::::/        \ \l:ハ::::::l'´    , ' l::l::::::::{ Y:l::l
l:::::::{           \ l:l l:::::lト、  /   l::lv::::::l リ:::l
l::::::i             >ゝ:::.、 ` =    l:l V:::lノ l:::l


          . ´:::/ ::::::::::::::: \::::::::::::::::::`  、
.        / :::::::/:::::::::::::::::::::::::::\ ::::: |:::::::::::::\
     , イ::::/ ::::::l::::::::::::l::::::::l :::::::: l :::: ト 、 :::::::::::::
.   / /:::/ ::::::::::::::::::::::|::::::::| :::::::: | :::: |:::::l::::::::::::::
     / :: l :::ハ ::::::::::::::::|,:::::::| :::::::: | :::: |:::::|::::::::::::::
.    /::::::::| ::| {:::{、 :::::: l \::::::::::::::l :::: |:::::|::::::::::::::
   {:::::{ ::l::├ヽ{ \::::├─\//::::::|:::::ト、 ::::::::    医学や薬学の知識と実力はすさまじいですが……その、
   {:::::{::::::x竓芹ミx\| ,ィf竓芹ミメ ::|:::::| }:::::::::
   {:::∧ト、∧ {撫}      { 撫 }} :::|:::::|,)}:::::::::    立場的にもお館様に近い方なので……。
.    !/ ∨::癶 乂ソ       乂,ン!} : |:::::|_/ ::::::::
        |::::::::{;;           ;;;;|} :::|:::::|::::::::::::::    「あと性格云々以前に立場が高めだしなぁ……。」
        |:::::::人;;;       u;;;;从:::|:::::l::::::::::::::
        | :::::::::: `.....、 ―    /;;} :: |:::/ :::::::::::::    【ファーヴニル=サンは逆に人気は出そうだが、一瞬で中身がバレるからね……。】
        | :::::::::/:::::i'´ >― <  ;;;} :: !/i:`7::::::::::
        |::::::::/:::::::::⊃\ i:i | i:i`⌒l,/i:i:i∧::::::::::


714 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/03/16(土) 16:29:50 ID:fSZ/rnhZ
では仕事に戻るー。
雑談するヨロシサン。

715 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/16(土) 16:36:30 ID:RpCJvu8w
乙でしたー
ヒイラギ=サンは幽々子=サンとか紫=サンでも手を出しがたい感じか
杉元も善吉もお相手がいて、ヒィッツ=サンもお亡くなりになって
カイト先生は捕食された
やっると黒=サンが競争率高いのもしょうがないなw
シャドウランナー達とかゼロ=サンもいるがどうだろう

716 : 梱包済みのやる夫 : 2019/03/16(土) 16:46:15 ID:O7DFBGNz

いやでも柊さん、原作的には女をつまみ食いして子供ぽこぽこ作ってそうなんだよなぁ。
この世界の退魔忍的に、子供手当と生きがい目的で聖十郎にアプローチかけるの多そう。

関連記事



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-30350.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13