以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-29933.htmlより取得しました。


NINJAのススメ ~ How can ”I” help you ?~ 「 ”僕” に 何 の ご依頼で ?」 2

目次 洗濯籠

8563 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 14:48:21 ID:ULGHX6Yw



        /| ̄~.;""=
       /┌ ─.;.;.;.;.;|.;                  /〉 _
    ,、‐'´| |.;.;.;.;.;.;;.;∥ヽ         〈r'       r≦:::/,:- ,,.. -―‐,=-< ̄` 、           ┳┓┏  ┳  ┳┓┏   ┳  ┏━┓
   /     i └.;.;.;.;..;∥   ヽ        ‘:, ,.へ /{::-=,. :'゙: : : : :,;.:_{_      ヽー 、 .      ┃┃┃  ┃  ┃┃┃   ┃  ┣━┫
\  /      "'''"'''"'''.;.;.;.;.;.;.;.;丶   ミ、_ ,〉::⌒ヽ:/´ / : ; イ´<,==‐ ゙゙ ̄ `ー、..,/   /        ┛┗┻  ┻  ┛┗┻ ┗┛  ┛  ┗
-'''"|.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;¦   ::::/::/≧ミ::{ ・ / : /  / : : : : : :.: : : : : :ヾー 、' 〉
|─ |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;l"''ヽ .}:/::{⌒7:::::::八 /: :<  , /: : : : : : /;.: : : : .:.: : : : :)'
| ◎|  | ~""'''l.   ,- - .,..,,_   |.;.;.;| ノ:r,:Y{:::::rO:: /: : : :〉' /: : : / : / : ;1: : :/!:ilヘ; : /`ヽ  _        / ̄ ̄ ̄/  / ̄ ̄ ̄/      /''7
| _|  | :( )::: ~""''`    |  ¦.;¦ ::::ィ::::}::::::{:::::〈: /: :く .: /: : :/ :`<:/ |: : //:/ ! ;'::::: ., ',´―-' 、     ̄ .フ ./.    ̄ .フ ./.    ,:'\' /_
|   |_ "'''- ./"'"'ヽ__,.-''.;.;.;.;.;.;.;/.;\〃{:::ハ::::::}:::::{ `、: : `ー!: : / : : t-、、`ト://:/ /:/!.::::::.( | /|  | }   .  __/  (_..  __/  (_..  _,>  __ / .
|   ¦.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;\_,.,. ・ ⌒ヽ.∨!:::::|: : :i:: : : ヒ.:;ダ;:`〈:/_≠、/:::::::::ヽ_' ノ .ノ.ノ   . /____ノゝ_/  /____ノゝ_/ /___,/ ~゙
~"| |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/ー - 、 丶. ミ|: : :!:: : : | ;:;:;:;:  ヒタ, '::::::::::::: .:!
  "'''-'- __       __,,.. .'''"     / , -=、  ゙ 、  ヽ\::|:: : トi;:;:;:;:  ,;:;:;:, .′::::::::::: .:/      ~ How can ”I” help you ?~
       "ヽ.____./".;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.イ  /: : : : :\   \  ゙ヽ`!从|、 ‐ ,.. ィ::::::::::::::::/|.:/
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;|  |: : : : : : : :\  ヽ  }、__|、〉≦゙|-‐.};;:::::;ヘノ/ レ         「 ”僕” に 何 の ご依頼で ?」




8564 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 14:53:22 ID:ULGHX6Yw



 ._____________________________
..[.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.]
..[_____________________________]
  |__|__|__|__|__|___|.___|__|__|__|__|___|
  |__|__|__|┏━━━━┳━━━━┳━━━━┓ |__|___|
  |__|__|__|┃        ┃        ┃        ┃ |__|___|
  |__|__|__|┃        ┃        ┃        ┃ |__|___|
  |__|__|__|┃        ┃        ┃        ┃ |__|___|
  |__|__|__|┗━━━━┻━━━━┻━━━━┛ |__|___|     【交番】
  |__|__|__|__|__|__☆__|__|__|__|__|___|
  |__|__|                              |__|__|
  |__|__| 「|       ナゴヤ警察署           「| |__|__|
  |__|__| |.|                          |.| |__|__|
  |__|__| |」     ツルマイ公園前交番       |」 |__|__|
  |__|__|___________________..|__|__|
  |__|__|__|__|___|___|___|__|__|__|__|__|
  |__|__| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|__|__|
  |__|__| | ̄ ̄| . | | ̄ ̄ ̄| . | . | ̄ ̄ ̄| | . | ̄ ̄| |__|__|
  |__|__| |    | . | |      | . | . |      | | . |    | |__|__|
  |__|__| |__| . | |___| . | . |___| | . |__| |__|__|
  |__|__|        |          |          |        |__|__|
  |__|__|        |        []|[]        |        |__|__|
  |__|__|        |          |          |        |__|__|
  |__|__|        |          |          |        |__|__|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


8565 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 14:59:28 ID:ULGHX6Yw





           -=ニニニニヲ:从_  /{      _,ノ:イノト.ノ:、
       -=ニニニニ二/二{:::「   ヽ        /./::「     人……探し。
    /ニニニニ二二/二ニニ}八  ___ u / ヽ::ハ{
   /二二三=─‐ミ/=テ…‐──ヽ ー _─' /  /`ヽ     えっと、それが、『依頼』?
  /二二二二ニニニニ/           、___/  / _, く
. 〈ニニニニニニニイニ=‐- -=ニニ二V/// /  -=ニニヽ    え……マッポのほうの、仕事じゃなくて?
  -=ニニニニニニニ}ニニニニニニYニ/ヘ V/ /ニニ二二\
   -=ニニ二二二ハ二二ニニニニ| ////ヽ. -=ニニ/ニ\ニニ\
   ` ≪ニニニニ/ニ}二ニニニニニ/ {:〃::::/ニニ二/ニニニヽ二ニ  「”彼”は訪ねてきたオイランドロイドの仕事内容に、
       ̄…─=ニニニニニニ二/ニ)ノ::::/ムニニ′ニニニ=- ニニ
              ̄ ̄ ̄`マ{ニr─ミ'ニハニ/二二ニ/二ニニ  『疑問』を感じた。ただの『行方不明者捜索』かと思ったのだ。」
                      }ニ|::::::::-=ニ\ニニ/二二二ニ


             >´ ̄`Y´ ̄`ヽ、
            γ´...:::::::ヽ-‐-'´::::::::.. ヽ_
           >´/::::/::::::::::::::::::::::',:::::::::\ 7
         ヽ..::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::',::::::::::::∨
            ..:::::::::::/::/:::::: {∨}:::::::::::',:::::::::::::∨
          /:::::::::::,'::/::,'::!:::|゙゙゙゙|::|::::|::::',::::::::::::::∨
          ,イ;::::::::::: {::{__{_;{_ル  リ:!_::i_}::::::::::::::::∨         いいえ。
     _ ノ ,:::::::::::::::l::::,ィチ≧、;:;:;:リ}ィfチミ、::::::::::::::::ヽ、
    {  _,イ;::::::::::::::八{` ゚ー′;:;:;:;: ゚ー' /::::::::::::::::::: } `ミ、      アナタがやる『人探し』で合っています。
    ゝ'ヽ }:::::::::::::::::::ゝ ;:;:;:;: i   ;:/イ:::::::::::::::::::リヽ,イ´
      `}从从::::::::::::ヽ      ;:;:イ::::::::::人从{彡        得意とするお仕事だと聞いておりますが、違いましたか?
    ヽ、 ̄`ー-=`ヽ从从个、 ´` ィチ 从从ル  _,,... -‐==7
    マヽ       γ´ _{``ヽ、 斗≦}  `ヽ ̄     ,イ /    「彼女はそれに「否」と応える。
     }.人     r'   r'ヘ  /´> ' ´}ヽ  }     / /
  {>///ヽ    {   | |  ``y´    _| ゝ、 !     ,イヽイ_     無機質な目は、彼を見てるはずだが、虚空を見ているようにも見えた。」
,イ/////{≧ュ、 ゝ イノ /`Y´ >'゙゙´ >、ノ  _,イ///ヽノ


8566 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 15:03:58 ID:ULGHX6Yw



               j:从    ̄  }    ̄   从:{ ヽ
                小     〈   ij  ハ!       うん、そうか、間違いではないのか。
                 ハ         /
                r‐ } 、 -  ‐- .イ=ミ        で、あー……探すっていうことは
               } \ ヽ  __ // }
                .ノ   ヽ     /           、『アナタが会う』と言う事ですよね、会ってどうするんです。
      ______.. -=≦|    ハ    ,ヘ   i≧=-  .___
   /ニニ二二二二/二  .イ }    { 、  ニ∧ニニニニニ二
  〃ニニニニ二二/ニニ:!/ヽ::ミ::.、_彡' \iニ=∧ニニニニ/ニ


                 _  _
               ,-‐' _`」´__ `ー、
             , ┴/: : ; 、: ; 、:`:ヽゝ、
            ,..レ7: : : :/: i`´i: :ヽ: :゙〈ー 、
          / ,イ: : : :;イ ;i:|  |:ト: :!:ヽ::ミ 、\
         < , 'ィ´: : :ト;工王゙ '王工: : : ミ:ヽ、>     『聞きます。』
             Yノ{i : i:: ;i ゞ汐;:;:;:;: ゞ汐.ト; : : ミ、 〉
           \i!: ::l::ゞ〉.;:;:;:   . ;:;:;:;:/ソ: :i::i :)ゞ     旦那様へのご用件を。
                !」_:i:: :小、  ‐ ;:;:.イ:: :i/i::|:/ヽ
              __ `ー,=、:イト - イ::ソ≡'、ー'!__      それだけです。
        ,==´E=ミyL=ニ互彡三ニニ{, '彡==`= 、
        ,‘-'´:\`ー/´〃  ` 二 _    ヽ.二_ ノ::::\
        i:::::::::::ヽ ̄y'  |i   ̄    ̄      i  `7::::::::::ヽ
        |::::::::::::::\〕   |l    __      }、 /:::::::::::::::i


8567 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 15:06:41 ID:ULGHX6Yw





             /: : :}::::::::::::i::ヽ  !:::::{           _ ,      旦那様。
         _ . . . /: : :/='И/!:N  ¨.            「
       , . : :/ ,' : : : /ニ{  、  i   、 u      _ 」                  私の所有者、とも言えます。>
     /: : : { : :/ : : : 'ニニ    .  :    \    ´  .′
     -' : : : : : : !: : : : ニニ    、      / : : .、 _}        あ、なるほど……えーっと、その方が来られない理由は?
    }: : : : : : : v: : : : |ニニ=!           /  . : : :. : .
   , : :\: : : : : 、 : : : iニニニ    /、  .'   =: : : }: ト、        あ、もしかしてそれが『アナタが来た理由』なのかな……ん?
 . : : : : : : 、: : : : :. : : |ニニニi   ,イ  / /  /=ム : i: :. :ヽ
./: : :、: : : : : . : : : : 、 : iニニ/!  /:::.  ,' / .::::! 、 ニ: : |: : : : : .     でもあなたは代理ではない、と……?


8568 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 15:09:10 ID:ULGHX6Yw



            >´ ̄`Y´ ̄`ヽ、
           γ´...:::::::ヽ-‐-'´::::::::.. ヽ_
          >´/::::/::::::::::::::::::::::',:::::::::\ 7
        ヽ..::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::',::::::::::::∨
          ..:::::::::::/::/:::::: {∨}:::::::::::',:::::::::::::∨
         /:::::::::::,'::/::,'::!:::|゙゙゙゙|::|::::|::::',::::::::::::::∨
        ,イ;::::::::::: {::{__{_;{_ル  リ:!_::i_}::::::::::::::::∨      はい。
     _ ノ ,:::::::::::::::l::::,ィチ≧、;:;:;:リ}ィfチミ、::::::::::::::::ヽ、
   {  _,イ;::::::::::::::八{` ゚ー′   ゚ー' /::::::::::::::::::: } `ミ、    依頼人は私であり、『旦那様の代理ではありません』。
    ゝ'ヽ }:::::::::::::::::::ゝ;:;:   i ;:;:;:;:/イ:::::::::::::::::::リヽ,イ´
     `}从从::::::::::::ヽ;:;:    ;:;:;:;:イ::::::::::人从{彡      『私が、旦那様に御用が”あった”方を探しているのです。』
  ヽ、 ̄`ー-=`ヽ从从个、 ´` ィチ 从从ル  _,,... -‐==7
    マヽ       γ´ _{``ヽ、 斗≦}  `ヽ ̄     ,イ /
    }.人     r'   r'ヘ  /´> ' ´}ヽ  }     / /
  {>///ヽ    {   | |  ``y´    _| ゝ、 !     ,イヽイ_
,イ/////{≧ュ、 ゝ イノ /`Y´ >'゙゙´ >、ノ  _,イ///ヽノ


8569 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 15:14:44 ID:ULGHX6Yw





            、             }/__ .ィ.:.:.:.:.:.:       (なんだ?全く依頼の内容が、『意味が』つかめない……。)
             `フ/⌒ヽ __    u     ノィ八:.:_
             f´_ -=ミ、 } )     .′  /          シツレイですが、旦那様のお名前は?
            〃   -=ミ_У /    /       /
           { ´ ̄ ̄ ̄) /_ <     /     , -=      あと、差し支えなければご住所を……。
           { ´  ̄ ̄} '    >ミ/     /ニニ
              }  rマ ノ  -=ニム\_\     -=ニニ      「彼は『依頼』に対するポリシーの一つであった
            ハ  } У-=ニニニム l::{ ヽ.  -=ニニ
        /〃_  ノ/=ニニニニ=- ::、/:ハ/二二二       『依頼者への詮索をしない』ということを、一度曲げてみた。
        -=/ {   ̄フ}ニニニニニニ| 「::::::} -=ニニニ
        ./ニ{  \_/=′ニニニニニ=-  =ミ/ニニニニニ       裏どりは自らがやり、『不当な依頼』、であった場合……『それも裁かねばならぬ』から。
      {/=:::.、  ,ノ=7ニニニニニニニ| l:::::lニニニニニ
       ./ニ八:::::::::::://二二ニニニニニ| |::::ニニニニニ       故に相手に『あえて自分のことは言わせない』。”警戒させないために”。」


8570 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 15:19:46 ID:ULGHX6Yw



            >´ ̄`Y´ ̄`ヽ、
           γ´...:::::::ヽ-‐-'´::::::::.. ヽ_
          >´/::::/::::::::::::::::::::::',:::::::::\ 7
        ヽ..::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::',::::::::::::∨           「今回は、そのポリシーが適用できる相手では、無いような気がしたからだ。
          ..:::::::::::/::/:::::: {∨}:::::::::::',:::::::::::::∨
         /:::::::::::,'::/::,'::!:::|゙゙゙゙|::|::::|::::',::::::::::::::∨         無論、相手が本当の事を言うとは思っていないが、もしかしたら、と考えたのだ。」
        ,イ;::::::::::: {::{__{_;{_ル  リ:!_::i_}::::::::::::::::∨
     _ ノ ,:::::::::::::::l::::,ィチ≧、;:;:;:リ}ィfチミ、::::::::::::::::ヽ、      エンドウ・リョウジ。
   {  _,イ;::::::::::::::八{` ゚ー′   ゚ー' /::::::::::::::::::: } `ミ、
    ゝ'ヽ }:::::::::::::::::::ゝ;:;:   i ;:;:;:;:/イ:::::::::::::::::::リヽ,イ´     チクサセクターのオータ・マンション458号室 元NA社所属。
     `}从从::::::::::::ヽ;:;:    ;:;:;:;:イ::::::::::人从{彡
  ヽ、 ̄`ー-=`ヽ从从个、 ´` ィチ 从从ル  _,,... -‐==7  これでよろしいですか?
    マヽ       γ´ _{``ヽ、 斗≦}  `ヽ ̄     ,イ
    }.人     r'   r'ヘ  /´> ' ´}ヽ  }     / /     即返却をしていただけるならば、私の『所有者情報』も開示いたします。
  {>///ヽ    {   | |  ``y´    _| ゝ、 !     ,イヽイ_
,イ/////{≧ュ、 ゝ イノ /`Y´ >'゙゙´ >、ノ  _,イ///ヽノ    「だが、帰ってきたのは具体的過ぎる情報で────」


8571 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 15:22:17 ID:ULGHX6Yw





      { {        }           ノクィ',ノ'
        `.                   /:::::ハ       ──────ちょっと待って、待ってください?
             ` ´     u  /ク::/
          、   、   __,     ,彡Y         そこの人、『死んでるでしょ』?
          \        /  L
           .ィ ヽ.     /     ハム        私、そこの現場、行きましたよ?
          //{ |//77777'      / }ム三ミ
      ./ニ{=! iV////.′   /  /=ハ二ニ\    え、そこの……オイラン……え……?
      -=ニ二} i \_彡'   ./    -=/ニニニ
     =二二二7=   ヽ  「     /ニ/二二ニニ    「彼に、身に覚えのある場所と名前だった。
  -=ニニ二二/ニ!  .イ {  { ハ    /ニ{ニニニニ
 -=ニニニニ/二  .'八 V //}   /ニ=|ニニニニ    そうだ、彼は『その現場に通報を受けて向かい、確認したのだ』。
-=ニ二二二/ニニ V  .ゝ===ミx   -=二|ニニニニ
ニニニニ二/二=-    {:::::::::::::::} ヽ.-=二|ニニニニ     エンドウ=サンの死体と、犯人の一味と思しき者の死体と─────」
ニ二二二/二ニ=-   !::::::::::::::′ -=ニ二|ニニニニ
ニニニニ〈二二二=-  V:::::::/  ー=二二|ニニニニ


8572 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 15:28:13 ID:ULGHX6Yw



.            ,': : : :,': : :./.: : : :. :. :. :./ |: : :.i        ', ',: : :.',.: : : : : :.ハ: : : :ヘ.: : : :. :.∨
.            ,': : : :,' : : ,': : : : : : : : :.{ :|: : :.|          ; :} : : :',: : ',: : : : ハ: : :.ハ.: : : :. :.:∨
.          ,イ: : :.:,': : :.;: : : : : :.――|=ト._圦      ―} l―‐ |ヽ |.: : : :.ハ: : :ハ.: : : :. :. :.ヽ
         /: : : : ,': : : :i: : : : 从从: ::|  Ⅵ_ム;:;:;:;:     レ'}___i }ノ从: : : :i!: : : :l: : : : : : : :
.        /: : : : :.{.: : : :.マ: : : : :.,ィ行云≧ュ、 ;:;:;:;:;:;:;:;:;:  ィ禾示云≧ミ }__ ノ.: : : :.l: : : : : : : :
.       __: : :.',: : : : :.マニ-‐ヽ{ r////| ;:;:;:;:;:;:;:;:      r///乃 }ア  /: : : : : : :l: : : : : : : :   はい、私はエンドウ・リョウジ=サンの所有物です。
.             `` .: : : : :.圦    之zz≦ ;:;:;:;:         ≧zz沙   /.: : : : : :. :.l: : :.ニ -
               ``>x: : ∧     ;:;:;:;:;:;:;:;:;:                 ,イ.: : : : : :.> ' ´    _   「その現場から無くなっていた、
.         :::::\x≦二ヽ  ヽ ヽ: :∧;:;:;:;:;:;:                      ,イ: : : : : ://ィ ‐- ./::
.        ::::::::::\::::::::::::::ヽ ヽ ヽ: :',;:;:;:;:                ;:;:;: ,イ: : : : : :/ /イ:::::::::/::::::::    行方不明となったオイランドロイド1機の存在を。」
        :::::::::::::::\::::::::::::≧xヽ ヽ ',;:;:;:;:             ;:;:;:,イ,イ/ : : / ,イ::::::::/:::::::::::::::
       ::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::::ヽマム ゝ;:;:;:;:;:    ‘ ’   ;:;:;:;:/ / /: : ,イ  /::::::::::/:::::::::::::::::::::
       :::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::マ.ム:.:个 、        ;:;:;:;:/ /:.:.{ {/   ,イ::::::::::/:::::::::::::::::::::::
       ::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::マ ム:.:.:.个 、     ;:;:;:イ.,' ,':.:.:.:l./  ,イ::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::
       :::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::マ  }:.::.:}  > 、 , <   { {:.:.:.:./ ,イ::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::


8573 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 15:34:18 ID:ULGHX6Yw





            、             }/__ .ィ.:.:.:.:.:.:
             `フ/⌒ヽ __   u      ノィ八:.:_     (どうするべきだ……!?)
             f´_ -=ミ、 } )     .′  /
            〃   -=ミ_У /    /       /     「彼は悪人を裁くという名目で依頼を受け、
           { ´ ̄ ̄ ̄) /_ <     /     , -=
           { ´  ̄ ̄} '    >ミ/     /ニニ      罪人たちをスレイしてきた。ツジギリめいてこちらから行動したこともある。
              }  rマ ノ  -=ニム\_\     -=ニニ
            ハ  } У-=ニニニム l::{ ヽ.  -=ニニ      だがかれもマッポ。『一つの事件の解決の糸口』である彼女を、
        /〃_  ノ/=ニニニニ=- ::、/:ハ/二二二
        -=/ {   ̄フ}ニニニニニニ| 「::::::} -=ニニニ      みすみす逃すのは、憚られた。」
        ./ニ{  \_/=′ニニニニニ=-  =ミ/ニニニニニ
      {/=:::.、  ,ノ=7ニニニニニニニ| l:::::lニニニニニ
       ./ニ八:::::::::::://二二ニニニニニ| |::::ニニニニニ


8574 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 15:42:20 ID:ULGHX6Yw



            _,‐-  -、
           '      ヽ_
          γ´ -‐  ̄` <   ヽ
        r'_;´ : : i: : : : : : : \ _乂
        /: :/ :}: : i: : : : :i: : : : :',  `゙<
.         /: : :{ :}: : :i_ : : : }V: : : : :,∧   `゙<                ちなみにここまではどうやって────>
.      /{ : : :{ 从イ ,ィチ V: : : : :i:∧    /
      i :{ : : :{_    ノ)_ソ  V: : : : :i ∧   /:',            移動手段は徒歩、情報は聞いて回りました。
.       !l: {: :/,ィ;:;:;:;:        V: : : : i: ∧  ',: :',
.     八: : r' У;:        ;:;:;:V: : : : i: ∧ /: : :{          今までは、そうですね。行くところ行くところ『私は知らない』とたらいまわしにされるので、
      `T:ハ     _     ;:;:;:|: : : : :|: : : : 从ハ     / `ヽ
.        ∧:八;:;: ´     ;:;:;:: : : :, ': : : :リ     / / /   本当にそうなのか、知ってるかもしれない方を教えて頂いてから
         ∧: :\;:        /|: :/: : : /     /  ,'
.          ∧: : : \    /  j/ _{: :/777ヽ  ,       '    旦那様と話していただくべく『旦那様のトコロへ』行っていただきました。
.            \:  _Yハ     /////////∧/    {  i
.             \「   ∧   ///// ̄ .ィ   ,'      |    尤も……旦 那 様 か ら の 返 事 が な い の で 、恐らく知らないか、
               _∧   ', ̄_ 厂/// {     /   八
.            _   ///厂{ / /⌒/////  {  /  },      関わりのあるだけの方だったのかと。そして……『次のお知り合い』を、探しているのですが
            /    ̄{/// //   /\//  { ./ /} :}
        /    ∨ハ//   , '   \  {/ }/ /      流石に行き詰まりまして。


      .{ \::::ミx           i             /:::::::/::
      \  ̄`          |              ク:::/}:::::′
       \.            - -        u  / ' /::/
         }:ヽ.                    r‐彡::::/      「」
       ノィ::ハ        ______       /!::::::::::::{
          ハ:::::.     〃r─……─ミ ヽ     /{::::::::::/ ヽ     「ナムサン!彼女はここに来るまでも『知り合い』をスレイしてきているのだ!!
            }、:::::.、   {{ 、____, 'ノ    .′7::rく
            〉、: \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    / ./V  \      ”彼”基準で言えば、彼女も罪人である!!」


8576 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 15:48:34 ID:ULGHX6Yw





             ヾ:::::_::::::〃 ' }
             _Y´_. .ヽ'/_/
           /三三三ニユ_            一つ聞きたいんだけど、さ。
        __/ニニ/ニニニニ≧=:、
       〃ニニニ{ニニニニニ〃ニム       君の所為で悲しむ人とかが大勢出るとかは、考えないのかい?
        /:{二二ニニ|ニニ二二/ニ二ム
      .{= ニニニニニニニニ{ニニニニ}   _
        lニマニニニニニニニ ニニニニム_//    「彼は問うた。『罪の意識はあるか』と。オイランドロイドに、だ。」
        |ニマ二ニニlニニニニニVニニニ}ヽ.


             〈: /: :く .: /: : :/ :`<:/ |: : //:/ ! ;':::::.. :!
              `、: : `ー!: : / : : t-、、`ト://:/ /:/!.::::::. :i
          ,. ・ ⌒ヽ.∨!:::::|: : :i:: : : ヒ.:;タ;:;:;:〈:/_≠、/:::::::::: :}
         /ー - 、 丶. ミ|: : :!:: : : ;:;:    ヒタ, '::::::::::::: .:!
        / , -=、  ゙ 、  ヽ\::|:: : ト;:;:   ;:;:;:;: .′::::::::::: .:/   困る人、ですか。
      イ  /: : : : :\   \  ゙ヽ`!从|、 ‐ ,.. ィ::::::::::::::::/|.:/
        |  |: : : : : : : :\  ヽ  }、__|、〉≦゙|-‐.};;:::::;ヘノ/ レ     申し訳ありません。
        |  | : : : : : : : : : ヽ  `/  /  i ト、 '^^´ ヽ、
       l ,.! : : : : : : : : : : |   /〉\   ノーi'  、  丿}      一番困っているのは私と旦那様です。
        ソ: : : : : : : : : : : :i. //\ `/ /` 、  /_丿
     /. : : : : : : : : : : : : :!//  〈 Y_/    〈/二_ノ       突然の来訪と、ご用件を申さずに『返答不能』の状態になったお客様。
    /. : : : : :.:.:.:.:.:.: : : : : └ 'i    ', ',.      i彡' |                      襲撃しに
    \:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.: : : |     l |        !: : :i       一体何の様で旦那様を 『尋ねて』 来たのか、わからないので。
     \_:_:_:_/||~`~ヽ::::::.:.:〉   ノノ_      } : : !
        /|ノ`ー- 、.!_:/. : : :/, ' : : . . . . . :ノ: : : }       なので──────


8577 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 15:51:39 ID:ULGHX6Yw



.            ,': : : :,': : :./.: : : :. :. :. :./ |: : :.i        ', ',: : :.',.: : : : : :.ハ: : : :ヘ.: : : :. :.∨
.            ,': : : :,' : : ,': : : : : : : : :.{ :|: : :.|          ; :} : : :',: : ',: : : : ハ: : :.ハ.: : : :. :.:∨
.          ,イ: : :.:,': : :.;: : : : : :.――|=ト._圦      ―} l―‐ |ヽ |.: : : :.ハ: : :ハ.: : : :. :. :.ヽ
         /: : : : ,': : : :i: : : : 从从: ::|  Ⅵ_ム;:;:;:;:     レ'}___i }ノ从: : : :i!: : : :l: : : : : : : :
.        /: : : : :.{.: : : :.マ: : : : :.,ィ行云≧ュ、 ;:;:;:;:;:;:;:;:;:  ィ禾示云≧ミ }__ ノ.: : : :.l: : : : : : : :
.       __: : :.',: : : : :.マニ-‐ヽ{ r////| ;:;:;:;:;:;:;:;:      r///乃 }ア  /: : : : : : :l: : : : : : : :   全ての方々にも申してきました。
.             `` .: : : : :.圦    之zz≦ ;:;:;:;:         ≧zz沙   /.: : : : : :. :.l: : :.ニ -
               ``>x: : ∧     ;:;:;:;:;:;:;:;:;:                 ,イ.: : : : : :.> ' ´    _   『確認が終わり次第、折り返しご連絡させていただく』、と。
.         :::::\x≦二ヽ  ヽ ヽ: :∧;:;:;:;:;:;:                      ,イ: : : : : ://ィ ‐- ./::
.        ::::::::::\::::::::::::::ヽ ヽ ヽ: :',;:;:;:;:                ;:;:;: ,イ: : : : : :/ /イ:::::::::/::::::::    現 在 で 既 に 3 5 件 。
        :::::::::::::::\::::::::::::≧xヽ ヽ ',;:;:;:;:             ;:;:;:,イ,イ/ : : / ,イ::::::::/:::::::::::::::
       ::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::::ヽマム ゝ;:;:;:;:;:    ‘ ’   ;:;:;:;:/ / /: : ,イ  /::::::::::/:::::::::::::::::::::    旦那様にいち早く正確なご用件の内容確認の結果を申さねば。
       :::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::マ.ム:.:个 、        ;:;:;:;:/ /:.:.{ {/   ,イ::::::::::/:::::::::::::::::::::::
       ::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::マ ム:.:.:.个 、     ;:;:;:イ.,' ,':.:.:.:l./  ,イ::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::   旦那様が私や今までの方と同じようにご返答に困ってしまいます。
       :::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::マ  }:.::.:}  > 、 , <   { {:.:.:.:./ ,イ::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::


8580 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 15:56:20 ID:ULGHX6Yw





::、,:v'::::::::i{ 〉、:::::::::::::}        V       「それを聞き、彼、『ジェイラー=サン』は逡巡した!」
:::::::::::::::::八 、)wNヽノ        \
:::::::::::::::::::::::ヽ. _            _ノ      (これは……どうするべきだ?
ヽ:::::::::::::::::::/ ハ   u
ノイ:::::::::::::(   {         ´ ̄ 〉       彼女は間違いなく『連続殺人犯』!!だが、同時に依頼人で、『人間じゃない』!!
  从/'_V¨`     \     {
.丿    ̄ ‐ミ    /` ー- ..ノ       法律の適用……どこに責任がある!?『製造者』か!?)
ニ≧‐-  .     ` <ヽ


8581 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 15:59:05 ID:ULGHX6Yw





               j:从    ̄  }    ̄   从:{ ヽ
                小     〈   ij  ハ!     (責任を取れる訳でもないし、そも彼女の動機、いや、『行動原因』は
                 ハ         /
                r‐ } 、 -  ‐- .イ=ミ       僕が今まで相手してきた『依頼者』のそれ!!
               } \ ヽ  __ // }
                .ノ   ヽ     /         僕もあの事件の内容はしってる!『恐らく』という動機も!!
      ______.. -=≦|    ハ    ,ヘ   i≧
   /ニニ二二二二/二  .イ }    { 、  ニ∧    犯人も、『確定ではないから捕まえられない』が、『ランナー』、いや、『リーグ』だ!
  〃ニニニニ二二/ニニ:!/ヽ::ミ::.、_彡' \iニ=
  /二二ムニニニニ/ニニ|   「::::::::::}    |ニニ    『どこかの企業側の行動で、不当に所有者は死んだ!!』その、『復讐でしかない』!)
  {ニニニムニニニ∨ニニ:     ヾ:::ノヽ    !ニ


8582 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 16:01:21 ID:ULGHX6Yw





     \:::::::::.、           |             ,::::::::::::;イ
      .{ \::::ミx           i             /:::::::/::
      \  ̄`          |         u    ク:::/}:::::′   (どうする……!?)
       \.            - -           / ' /::/
         }:ヽ.                    r‐彡::::/      ──────もしも、その用件が済んだら、どうするんです?
       ノィ::ハ        ______       /!::::::::::::{
          ハ:::::.     〃r─……─ミ ヽ     /{::::::::::/ ヽ     その、『確認』が、済んだら。
            }、:::::.、   {{ 、____, 'ノ    .′7::rく
            〉、: \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    / ./V  \     「彼はただ、考える時間欲しさに、他愛のないコトを彼女に聞いた。」


                  ,へ⌒ヽ-―- 、
              _/_, ー―- 、 }:.、
            //:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:i:.:.:.:.:.:`ヾ、:\
               /:.:.:i:./∨}:|.:.:.:|:.:.:.::.:.:.:.:.:ヽ>、ヽ
.            /.:.:.:.:.:.|!|   l:|.:.:.:|__:._i:.:.:.:.:.:.:.:', ` \
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:!!i  .ノ|:.´ノ !:.:|!:.:.:.:.:.:.:.:.i   \
        /:.:.:.i.:.:.:., '⌒゙    爪゛丁`:.:.:.:.:.:.:|    /
          /:.:.:.:.:\_「,孑勿;:;:  ヽ-゚'i´:.:.:.:.:.:.:.:ト、    ヽ    決まっています。
       |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i<_。ノ ,     |:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.\ /
       〈!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!;:;:      ;:;:;::.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:|
          !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..;:;:;::  `   ;:;:;::.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:|
          ト、.:.:|、:.:.:.:.:.:.ゝ;:;:     ;:;:;:,|:.:.:.:.:.:/:.:.:.:._:.:」  / ̄
         ヘ:! \:.:.:.:.:.:.:`:..、  / ー^,-'-、 '´   /
            ` !^^^`ヾ `i´ , -―'―‐、 \/
        ,―――、__,---,ヘ/  〈   ,`-/
       /      〈__//   /`ー‐'|:::.〈
        |i      ,-‐| 〈__./  /  !/i


8583 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 16:08:54 ID:ULGHX6Yw





                           γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       , '           |lく 厶  /      |    通常業務に戻ります。    |
      く _         r‐'  \;{       ゝ______________,乂
        └ __-ァ'      /     |
         `T            |   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
           l    _/    __  -¬.  |   まずは旦那様の夕飯を作り直さなければ。    |
            ` ̄] -─ _,.  -─ヘ  ゝ______________________,乂
            rニ、   / __, -──ヘ
        _ /¬|  / /  , 二 -- _\
      />‐{二フレ'  /  /        \`、
_, -‐' く / //^ー<  /           ヽ


:::\x≦二ヽ  ヽ ヽ: :∧;:;:;:;:;:;:  ;:;:;:;:;:;:;:           ;:;:;:;: ,イ: : : : : ://ィ ‐- ./::    苦手な物が多すぎた様でしたので。
::::::::\::::::::::::::ヽ ヽ ヽ: :',;:;::;:;:;:;:;:;:             ;:;:;:,イ: : : : : :/ /イ:::::::::/::::::::
::::::::::::::\::::::::::::≧xヽ ヽ ',;:;:;:;:              ;:;:;:イ,イ/ : : / ,イ::::::::/:::::::::::::::    ご用件がお済し、旦那様の仕事が終わったら『食事』の続きをせねば。
::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::::ヽマム ゝ       ー一   ;:;:;:;:/ / /: : ,イ  /::::::::::/::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::マ.ム:.:个 、           / /:.:.{ {/   ,イ::::::::::/:::::::::::::::::::::::   「彼女の『脳内の時間』はどうやらあの時の衝撃で『止まっている』、又は
::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::マ ム:.:.:.个 、       イ.,' ,':.:.:.:l./  ,イ::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::マ  }:.::.:}  > 、 , <   { {:.:.:.:./ ,イ::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::   リセットされているように、『あの瞬間』のままなのだろうか。時間は、進んでいるというのに。」
::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::/ヽ:::::', .lニ7          l {-‐‐{ ,イ::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::


8584 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 16:13:03 ID:ULGHX6Yw





     \:::::::::.、           |             ,::::::::::::;イ   (なんだ、こいつは機械だろ!?なんだ、この壊れ方、は……!?……だ、が……。)
      .{ \::::ミx           i           u /:::::::/::
      \  ̄`          |              ク:::/}:::::′     ──────そ、そう、か、解った。
       \.     u      - -           / ' /::/
         }:ヽ.                 u  r‐彡::::/       「彼は後悔した。見てしまったのだ、機械的狂気を!!
       ノィ::ハ        ______       /!::::::::::::{
          ハ:::::.     〃r─……─ミ ヽ     /{::::::::::/ ヽ       日々の依頼で消耗している精神に、拍車をかけてダメージを負ったのだ!
            }、:::::.、   {{ 、____, 'ノ    .′7::rく
            〉、: \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    / ./V  \        判断も何もない!!彼は、ただ衝動的に─────」





         γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
          | ─────依頼をは、受ける。|
          ゝ______________,乂



           「答えを言ってしまった。」





8585 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 16:15:49 ID:ULGHX6Yw



                    ,,.. -―‐,=-< ̄` 、
                  ,. :'゙: : : : :,;.:_{_      ヽー 、
                / : ; イ´<,==‐ ゙゙ ̄ `ー、..,/   /
               / : /  / : : : : : :.: : : : : :ヾー 、' 〉  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                /: :<  , /: : : : : : /;.: : : : .:.: : : : :)'    |  何はともあれ、君のその行動も止めたい。 |
                 /: : : :〉' /: : : / : / : ;1: : :/!:ilヘ; : /`ヽ   ゝ___________________,乂
             〈: /: :く .: /: : :/ :`<:/ |: : //:/ ! ;':::::.. :!
              `、: : `ー!: : / : : t-、、`ト://:/ /:/!.::::::. :i            「欺瞞!」
          ,. ・ ⌒ヽ.∨!:::::|: : :i:: : : ヒ.:;タ;:;:;:〈:/_≠、/:::::::::: :}
         /ー - 、 丶. ミ|: : :!:: : : |;:;:;:;:   ヒタ, ':::::::::::::γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
        / , -=、  ゙ 、  ヽ\::|:: : ト;:;:   , ;:;:;:′::::::::::: .:/|  だから、とにかく『原因の原因』を取り除きたい。  |
      イ  /: : : : :\   \  ゙ヽ`!从|、 ‐ ,.. ィ::::::::::::::::/|.:/ ゝ______________________,乂
        |  |: : : : : : : :\  ヽ  }、__|、〉≦゙|-‐.};;:::::;ヘノ/ レ
        |  | : : : : : : : : : ヽ  `/  /  i ト、 '^^´ ヽ、               「これも欺瞞だ!!」
       l ,.! : : : : : : : : : : |   /〉\   ノーi'  、  丿}
        ソ: : : : : : : : : : : :i. //\ `/ /` 、  /_丿     ありがとうございます。


8586 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 16:20:01 ID:ULGHX6Yw


 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  | 君の旦那様を殺した人間は、赦せない。 |
  ゝ__________________,乂

 「間違ってはいない、だが、本心ではない!!」
                                γ  ̄ ̄ ̄そういう人 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                | 僕は、 被害者 の味方だ。  |
                                 乂____________ノ

                            「その通りだ、だが、それも『理由』ではない!」



      { {        }           ノクィ',ノ'
        `.                   /:::::ハ
             ` ´      u /ク::/       だから、手伝うよ。
          、   、   __,     ,彡Y
          \        /  L        「彼はただ!自ら以上の狂気をもつ機械に『呑まれ』!
           .ィ ヽ.     /     ハム
          //{ |//77777'      / }ム三ミ    『見届けなければならない』という焦燥感に駆られ!
      ./ニ{=! iV////.′   /  /=ハ二ニ\
      -=ニ二} i \_彡'   ./    -=/ニニニ   なにより────────」
     =二二二7=   ヽ  「     /ニ/二二ニニ
  -=ニニ二二/ニ!  .イ {  { ハ    /ニ{ニニニニ
 -=ニニニニ/二  .'八 V //}   /ニ=|ニニニニ


8587 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 16:23:09 ID:ULGHX6Yw



.    ,': : : :,': : :./.: : : :. :. :. :./ |: : :.i        ', ',: : :.',.: : : : : :.ハ: : : :ヘ.: : : :. :.∨
.   ,': : : :,' : : ,': : : : : : : : :.{ :|: : :.|          ; :} : : :',: : ',: : : : ハ: : :.ハ.: : : :. :.:∨
.  ,イ: : :.:,': : :.;: : : : : :.――|=ト._圦      ―} l―‐ |ヽ |.: : : :.ハ: : :ハ.: : : :. :. :.ヽ
/: : : : ,': : : :i: : : : 从从: ::|  Ⅵ_ム;:;:;:;:     レ'}___i }ノ从: : : :i!: : : :l: : : : : : : :
./: : : : :.{.: : : :.マ: : : : :.,ィ行云≧ュ、 ;:;:;:;:;:;:;:;:;:  ィ禾示云≧ミ }__ ノ.: : : :.l: : : : : : : :
.__: : :.',: : : : :.マニ-‐ヽ{ r////| ;:;:;:;:;:;:;:;:      r///乃 }ア  /: : : : : : :l: : : : : : : :     再度お礼を。
.    `` .: : : : :.圦    之zz≦ ;:;:;:;:         ≧zz沙   /.: : : : : :. :.l: : :.ニ -
       ``>x: : ∧     ;:;:;:;:;:;:;:;:;:                 ,イ.: : : : : :.> ' ´    _      ありがとうございます。
.\x≦二ヽ  ヽ ヽ: :∧;:;:;:;:;:;:                      ,イ: : : : : ://ィ ‐- ./::                                正当下
.:::::\::::::::::::::ヽ ヽ ヽ: :',;:;:;:;:                ;:;:;: ,イ: : : : : :/ /イ:::::::::/::::::::  「彼の中の『矛盾塊』である彼女を、自らの理論で 『断罪』 するために、
:::::::::::\::::::::::::≧xヽ ヽ ',;:;:;:;:             ;:;:;:,イ,イ/ : : / ,イ::::::::/:::::::::::::::
::::::::::::::::{:::::::::::::::::::ヽマム ゝ;:;:;:;:;:    ‘ ’   ;:;:;:;:/ / /: : ,イ  /::::::::::/:::::::::::::::::::::   『まずは彼女の行動原因』を!次に『彼女自身』を、『裁きたい』だけだ!!
:::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::マ.ム:.:个 、        ;:;:;:;:/ /:.:.{ {/   ,イ::::::::::/:::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::マ ム:.:.:.个 、     ;:;:;:イ.,' ,':.:.:.:l./  ,イ::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::   なんと狂気的な理論!!だが、彼はニンジャだ!狂気を孕む、ニンジャなのだ!!」
:::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::マ  }:.::.:}  > 、 , <   { {:.:.:.:./ ,イ::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::


8588 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 16:26:40 ID:ULGHX6Yw





      { {        }           ノクィ',ノ'
        `.                   /:::::ハ
             ` ´      u /ク::/      いえ……。
          、   、   __,     ,彡Y
          \        /  L       「彼は半ば狂っていた。
           .ィ ヽ.     /     ハム
          //{ |//77777'      / }ム三ミ    だがそれは、狂っていない部分を持ち合わせて居たからこそ、
      ./ニ{=! iV////.′   /  /=ハ二ニ\
      -=ニ二} i \_彡'   ./    -=/ニニニ  『狂った』のだ。まだ残る、マッポとしての部分を笑うかのように─────」


         /´`` 、~`` 、
       イ_,,. 、  ヽ-- ヽ
     ,,..ィ´    ヽ //ヽ  `i
    /i   ヽ    ∨/  冫--}
   i |    ヽ> ´ ∨/==</Y        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
 ;< ゝ-、 > ´     `  ̄´  i        |    これから、よろしく。      |
/´ `i`ヽ-<             .i        ゝ______________,乂
{   i i≡Y:::i-、..,,         iy
∨  ノ<>-、:::!、   `''、、   ,.ィ´
::}ゝィ ノ   \ :\   __--/i ヽ     「彼がその交番の奥にしまっているメンポが、怪しく光ったような気がした。」
::::>ィ      i-:}`  ̄' ヽ ヽ'::|i::::!
----\___/:::/  i`i´ __/:}.∥:::!_|
> 、 >-/  ̄ヽ  i//`__`i/≧ュ、            【続く】
   >i/ヾ i::::::::::ヽ< / /≧ュ、ム


8589 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 16:30:03 ID:ULGHX6Yw



         ./ ̄ ̄ ̄ \
       /       (・ .\
      / ________i
     l ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     l ,'::::::::::::::::::::::::::: /|:::l:::::::::::i    ゲームのバグ画面を初めて見たとき、
     ,':::::::::::::::::,'  / . ヽlー l::::l
     l:::::::::::/ ( ヒ_]   ヒ_〉) |^    ものによっては笑えるものもあったでしょう。
     ヽ〃 l    .,__,   i
      l::し .!    .丶_ン′ :      ですが大概の場合は……。
          ≧=‐---‐''.´


8590 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 16:32:04 ID:ULGHX6Yw



    /        ,  iii ゙!,ヽ,  ,ヽ, ゝ、.. ;;;, ゙ヽ,
    i゙       ,  ,! , ili l i., l;, i, l;;;;,`ミ゙ヾ';;;, ゙i i
    !i゙ ;'   ,i  ,! ,/!,i,iハト, i, !! |i', ゙i; i;;;';';,,_ミ:: ;;, リ
    lv',ィ' ,;;;i 〃;/ リ.リl| !l゙:,ト,゙:、li;'、 i:.゙i;..;;;;;;;,ヾ ;;:〈
   ,ィ,ィ/ ,,;;:;;イ,/シノン' ノ ゙l! ゙'いミ`ミゝミゝ、゙';;;;;;;;;;;;;'v;;;i
  '" / ,;;-''シr--=、∠,,__゙、 ゙ゝ,;≧-─ミーi;;;;;;;;;;;;;;;;;;l     『 怖 い 。 』
   i゙i゙  ;;ヘ | ーt‐:ァミ:`、` ' '<"t::ラー- |;;;ハ;;;;;;;;;;i゙
   ゙;゙、 ( ハ,!  `""´'  ゙:   `' ` ´   ノ;リ ,i;;;;;;ノ    そう思うのが、常でしょう。
    ゙:,゙:、.ヽ,ミト:       ,  :.      ケノ./;;ャ'′
      `:、`ー;      ,'.  :::,     '゙フー';;l゙      「機械が故障したのか、ソフトに問題があったのか。もしかしたら『失う』という恐怖感。」
       ノ,;;;;゙ト     `ー-‐'゙     /};;;;;;;l、
      ,ィ'ス、;;;|`、   -‐ - ─-   /,.};;;;;;;;;;「      【それと同時に来る『整合性の取れない画面』。】
      _」 ゝ、;;;l ;゙:、   '''''''   ,ィ゙ 'ク;;;:;:;;;;」
  _//   `:'、 ゙; ゙' 、      ,ィ'゙ ;'ク:::::::::::;`;、_   「【怖いと思うほかないときが、あったかと思います。】」
 '"/  l    r‐`i゙:,  `ー---‐''゙  「..:::::::::;ィ^!;;;;;;;;;;;;


8591 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 16:40:25 ID:ULGHX6Yw



         ./ ̄ ̄ ̄ \
       /       (・ .\
      / ________i
     l ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     l ,'::::::::::::::::::::::::::: /|:::l:::::::::::i
     ,':::::::::::::::::,'  / . ヽlー l::::l   まーでもこのスレの>>1がホラーなんてかけるわけないし!!
     l:::::::::::/ ( ヒ_]   ヒ_〉) |^
     ヽ〃 l    .,__,   i    大丈夫大丈夫!平気!平気だから!!
      l::し .!    .丶_ン′ :
          ≧=‐---‐''.´


        ......::::::¨ ̄ ̄ ̄¨::::::......
      ..::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::...
    /::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ./::::::/::/:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::\::::::::゚。   ⌒ヽ
   /::::::/::::/::::::::::::::::::/:::ハ:::::|:::::::::::::::::: |::::::::::\__ノノ
  ./::::::/::::/:::::::::::::::::/:::::::/ :::ハ:::::::::::::::::::|::::|:::::::゚。`ー‐ '
  i:::::: |::::::|::::::::::::::::/:::::::/  V::| ::::::::::: |::|::::|:::::::::i
  |::::::||::::::|/:::::::::::::|:::/  _N_::::::::::::」∧::|:::::::::|
  |::::::||:/::::::::::::::i::{/´ ̄    |:::::::::::::/ ̄`!:::::::::{
  |:-=彡イ::::::::/|:| ,ィ笊宀ミ. /イ:::/}:/ィ个v|:|:::\゚。
  |::::::::-=彡<::| .リ{'ん:::::::}  /イ /'{::::::} 》:!\{ `     「あッ……(急性【一族】リアリティショック)」
  |::::::::::::{ i^ヽ{∧  乂zン        廴ソ 从::::|\
  :::::::::八   \゚。             、    /::::::::        【ホラーじゃなくても恐怖心は出る、ハッキリわかんだね……(失禁)】
  |::::::::::::::\__  `\             }:::::::: |
  |:::::::::::::::::::::::|                  ノ:::::::: |
  |:::::::::::::::::::::::| `       '  `   /:::::::::::::|
  |:::::::::::::::::::::::|    >       .イ::::::::|::::::::::|
  |:::::::::::::::::::::::|         {≧=く//|::::::::ハ:::::::::{
  ::::::::: ト。:::::::::|         |  \'/∧:::::{、|:::::::::::
  .::: : |:::|∧:::::::|__    V   \∧:::|∧::::::::::


8592 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/02/25(月) 16:43:24 ID:ULGHX6Yw
サブリミナル潮チャン!で宣伝効果は倍増だな。

8593 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/25(月) 16:47:09 ID:yXh9xgKc
アイエエエ狂人×3!

8594 : 梱包済みのやる夫 : 2019/02/25(月) 17:21:55 ID:cba8Rfu7
サイコホラーはホラーの内なのではないか。ボブは訝しんだ

関連記事



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-29933.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13