以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-29853.htmlより取得しました。


ワンナイト聖杯優勝者のヘンリーさん(ライダー)のOP?

目次

2679 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/11/02(金) 23:12:05 ID:iDqRrg2d



            {{             /′
            {{!            ./ミ′
            {{{            /ミ′
            ヤハ         ,/:ミ′
        {ハ   ヤ,'ム。r≦ニニニア≦:,Iト       /{{
        {{'ム .ィi〔\ノ_)ニニニニ乂_ノニ=‐〕iト / /}/{
        {{ 'ハ:\‐=ニ.ィi゛:`:`:`〕iト、ニニ=‐/ニニ〉/ }}/{    そういえば第一回ワンナイト聖杯優勝者のヘンリーさん(ライダー)のOP?を
     i   . {{ {: :}==:\/:i:i{r‐ O.ァ=ァ}:i:ハニ>゛=:=:=‐ァ:. }} {{    やってなかったのを思い出したので軽く書いて来ようと思う。
     {   . {{ ∨!: : : : :\ハ\_‐_ノノ:i:ノ゛: : : : : : :ィi〔: j}} {{
     {!  :{{  〉:、:、: : : : :≧:‐:‐:‐:≦: : : : : :ィi〔アア〔:.j}}\{
     {{  :{{ :/  \Iiト、: : : : : : : : : : : :ィi〔 : ア゛>'⌒j}}  :ヽ
     {ハ: : ‐=≦=‐''⌒ <ト: :_:_:_: :ィi〔: :_: >''゛  .. :j}}  ハ
     ∀⌒リ`        ¨¨¨¨¨ ´         j}}   ' ハ




2683 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/11/02(金) 23:33:24 ID:iDqRrg2d


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

          俺が生きていた時代の事? そうだな、色々なことがあったが、一言でいうならば――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                      ,.ィミ、
                     /彡巡}
                      ィ彡'  Y    イ _,,...,_ /}
                    '"rX二〉!  / jⅥ彡ミミヾ〈
                    _,. ィベ _ィヘ 入_!/'/' ̄マミヽ
                    /: Tヘ: ヽ':`イィ/;'/ // ̄ 、'イトマヽ
                  ノ: γfァ┴-/イ'/ /   、 .:!   ヤ`
                /; ィ´、_>=,イ// ル! ∧ 込 ヽ:.:i:/  }
                ノ: { ヽィヘ イ巛'{  /!.' ヘ  ∨, ┴-、f
               `ー,≦┤∧"{iリ ./:;:{、. ヘ / ,. -- 、}
               f:´メ /'" ‘,  / :;:;:;:ヽ、// !   !
             _r:'"〈/     ‘,/  :;:;:;:;:;:;>;ヘ /   ト
              _У⌒'         ‘,  :;/´ /,イ' 、.,.,ヽ',.ィ〉
             > ./     /  / `ー===イリ ヽ\"`` ノ        ト、 __ /}
            __}心{   : : : ヘ /   /   /  メ:廴 ̄       ィ彡>∠《ヾ,x'
           }ニニ〈 \ : : : ! ‘, /    入_メ; : : :ヽ,       彡f:;:;ハ,. ,ソヾハヽ
        _  ,仁ニ/\. \: : :  }/    / / ヘ: : : : >      ノ:;:;〉二ヾ’/.!i
       ,ィ‐'、 |ニ'/   \ `ヽ、_, -、_,. <  /   ,'{ : : 〈      /;:;:;:/  :ヘ/ / !
     xィ_,.ォ}=ヘ lニ' {     `ヽ、 //¨、∨_>"  ,.   i i: : : :〉   fr¬こi:{ヽ/レ メ  ト、
   イ'/ ヽヤニ、ヽレ ハ       LT二fチ/ 二/    }.マ: :f     ヾ´:;:;:;:;水才.: \ヾヽ)
    /二ヽハ∨ i.:ノ {ニ{   ヽ     |   !' /  /,.    .! マ;i;!      〈;:メ' / 、    /ヾ´
   .{ 、r K'イ ∨/仁、マ!   \;';  !  .!/  ,:;:'     !ミ マ;!    ,.入; /   ∨  / .!ヽ
   ≧彡 \__,ゞ三≧.i     `ヾ;.!  .!   ,:;:     /∠ミヽ  イ:;:;:;:イ' i    ! ,ノ  / .λ
   \圭' :.:. |   ヤ: ヾニ! ./      i   !   ;:;    λ'ニニ∨   {;:;:;:〉、\i    !    / 〉
  佳ア、_、ヽ / ,. ヘ:.:.:} Y   . . / ヘ ト、、 ヾ    ,i;i;「¨¨´    !:/'i \ `  .,_L_,/ /Y
  iア/`ヽニーr'",.∠ ヤ:!./  . : :/  ̄ ナ≧イ\    /;i;i;!       ノ《:;|   ` .,_ ∧_,. ィ   }
  ノ《;!   , i¨¨! / { }y!{  . : :   ィ圭/``!     ,ィミ!ヾ`    fイ-ヾ!   ┬、 ┐¨r  /  ′
 `¨¨i  ´ヽ.i ト,r  Y  !    /圭Ⅳ  .! i   ,佳ミ{      `┬'’i    i 、} j ,ィ"′ ′
    Y´/ メ=ヘ!   ノ! ./   /./ Y圭ミ{、  ヽ|  佳圭i、   、_,ィ !;:, ヘ   i; i_,/、 ヽ.:  !
    ノ ' ハ:;! ヽ. /;リ .\   ヽ. l圭ミ/    /  .{ Y圭/    メ;:;:;} !;:;\.ヘ  ;' ./=-"ノ:.:ヽ/
    /  Y j;f   { il'    ヽ  { !圭f    /   ヽ!圭!   `};:;:ム. i;:;:;:;:;≧  /--=/j:.: , ′
                 ヘ  \圭|,、  ハヽ:,  〉i;i;!   /:::::::::::. !;:;:;:;:;:/' 〈:i:i:iア f.: {
                    ヘ   ヾ ヽ   } ;:'  f     i.:.:.:.:.:.:.:. };:;:;r"ゝ,  Y:!  }: /
                 {   _ ,ノ.  ,′  .!           〈;:;:;:i、 .ハ  |: / /
                  `¨´ `                  ヾ:;:;ヽj:;j  ! '  i

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

        ――熱き時代だった。こうしてサーヴァントとなった今でも、掛け値なしにそう言える。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


2684 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/11/02(金) 23:37:09 ID:iDqRrg2d


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

             戦があり、騎士が居て、そしてその中で勲しは常に俺とともにあった。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

ーヽ、_      |:.:.:.ヽ\!ililノi  \ヽ    ヽー_-_-;_ 〉     イ〃/⌒ヾY、イ:ヽ_:\
ィー-;ゞT:ヽ  λ:.:.:.:.:\!il{;∧ ;  ヽ _ ー_7∧/.:.|  `´     //  入_,. ,ヘハ:ソゞヾ=y  ,
-─‐、|」xヽ f:.:.:._; ィ/;i;i|l/〈ミ!: , :.:.:ヽ  7¨/.:.:.:{、     // ,._∧ヘヾ-'才 ノ ./}べ>イ<ノヘ
:;:7ノ .!ト、ヽ}li、/ rイ;i;i;iLィ〉ヾ,:' .i:.斗-‐ '"`ヾニ、 〉    イ';Y{.(ニ-≧← " ヽ/' スイ´  〉ノ   ,
:;:; ,ヽ i.! ヾ;lil!  .};i;「´   〈  ;:/       i,.┴z彡,   ̄ ∧_!ノ/7、メ゙ .{{  イパ,  ヤi、  . ´゙''''ー ..,,_.
'"f'’i !/,i  i',ヽ>、ヾハ    ./ /      /´ ̄,./'⌒ヽ-、 .!:.:i. { 7¬;', : ヘ、' / ヽ;'⌒Yilト         ´゙'''~
>' ヘ!k   , } }㌢ l. ! _,.zx、、         '  /八i。 _λili-、ヤ:i. У/iヽ:'ノ'チ、ヽ=,ォ=ハヽ'∧i! }i  . ,,,_
ヾ;  r)  .// ,!   .| | 彡'´>'"ヽ     r/´ト、:、:ヾ:`:>=彳/_:`ヽ:.、L': :!レーァィ彡ヘ !トx`¨  '//!    `゙'''ー ..,,,
ー-`イ`/ヽ/ イ    | |   r',、_,.才=, ト-ソX㌢ヽ: ミi-‐i'"巡ぇl-':.:._z彡/彡' ' \ v/ヾ /ヾイ.:!          .`"
`` ー‐'=≠;:;:{    ! !_/Xゝ='、リ:/ヽ从∨、   \:.、-=ノ \、-彡'           /ヘ. \ .}:.:.i   . ..,,,
`ヾ:.:.:.:.:k';:;:;:;/    ∠!ヘY∨-‐''"i才-ヘ1 ヽ寸、i - ㍉マヾ゙ ; 7ー-   _/__/ヘ_≠=;、Y:.:.;     `゙''ー ,,,
.\、 ヾ:!./:イ   〈: fゝイ才¨ ̄./イ/┴!`  ヽz⇒、≧ /: ヽ  ' ,/    ̄/¨7/ ヾ  ̄ゝィ 〉:.{             `"
  ヽヽ 、∨ ハ    才/〉':≧メ  ||./ ;    /イ;i>イ 、:/ヘ メ     /'" .:/i   \、 i  >:ノ
   ヽヽ_,∨リ,,. -、ニ:Y :/!゚:ヽ:,'; ; ' '入 !  /べ;i;{:.λ; ヾ_ヽY_   /'   / ,ハ   ヘ、_〉 }:.:{ : . .
  ≧三彡<、ヘ: !i;りヾ:-ヽ/ゝr '゙八`ー≠'"   :;ik/:.:.:T゙´ヾヘY ヽ、 ヽ \ /'.ノ! : . : :';.:.ヤ : : . : . .
,. -‐_ォ八 _,. Y:∨´`〈λ:iノメ゙ ∧ ヽ :.、 :..  / ハ:.:.:.!    l lヾ`ー 二/ヾ´.イ、 : . :.i:.:.ヤ : . : :   `'ー ,,,
./ /:}=;へ-イ:/ ;!`// i.|il!.!- '" ヽ\  、 - 、 / /.λ:.:.:v, / .l l ヾ    7/¨,.. ハ. . : .: : : . . : . .       .`''ー、.
-`∨λ:L:_:ヾ才メ´,i.!ヾL!il_!、∨  \ ー--,'べ / iー-ミヘ | !     .//'"_ _ |  : : : . : . :   、
 ノ:/:トヾr: ┐!メ ;' .!| 爻ヽツヘ∨  ヾ` ーイ=イ , 八   ヾ:i ,′  :,/イ:..´     !            ゙゙'-、、
//:i: /:>ハ/_:_:{; ィ .|| `ミミx ヽ>、  f ヽ` 、 } ,}/ .ハ    レ    .:/´   ` ヾ、. .:ヽ  . '-、             `''-、、
:_: : 才ヘλ: ; ヘ'  || ヾミミ  ',/ \ ゝ、 \∨ ヾ、:.:.:.:',     !: : : :{         }`.:.:}     `'-、
i : T: : /  У´ ヘ.\!! ,-ミ爻 i     ヽ ヽ. }、   ) .:.Y   ',:.:.:./   . .   /:.:./ . : .      .`''-、
ゞ:、!:_イヾヘ' \'; ヾ、ヾ:.:、 ミ爻,ハ     \::. :ヽ  ヾ:.:/ : . ノ:./ . : : . : . : : : . : . .        `'-,,
/ilililiア、_ノヘ\! ト'f _',、ヾ、才≠爻_,.       ー、:.:、  }:.:! : . : . .  : . : : . . : : . .             .`'-、.
ilil/、ヾ ! i ヾ`¬.\- ヾ, Y/ミ{ヾイ       }:.:.ヽヾィ  : . : . .   .  .     `'-、            `'-、
'"ヾ:.:. ヾ\ヽ ヾ:. ヽ\ 入ー_ 才`}  : . : . ノ:.:.:.:i : . : . .        .\      \
   ヾ:.. `f¨¨\ヽ  ヽ\ ヾゝ _ 〉{ : : : . . :` ー '  : . :    .       \      ゙'-、
    `!ーイ   ハ ';   ヽ\ ',   〈  : . : . . : .         \          \      `'-、
     ヽ \    ヽ :.{  `ー 辷_ソ    . ヽ    \       \        \       ゙'-、
      }, 入   廴 :.Y    .ヽ       ヽ    .\          \           \       \
      ヾ/    ヘ :.ヽ     ヽ          ヽ     ヽ,        \        \       ゙'-、


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

            ”戦士”としての俺は俺の人生に満足しているし、未練はない。だが――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


2685 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/11/02(金) 23:49:11 ID:iDqRrg2d


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

                    ”騎士”としての俺の人生は、どうにも落第点だ。
               何しろ仕えた人間がどいつもこいつも俺を全うに評価しやがらない。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;: | .l
;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;:;:;:;:;  | .l
;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;;;;;;;;;:;:;:::::  |´
;;;;;;;;;;:;:;:;:;| ;:;:;:;:;::::::   |
;;;;;;;;:;:;:;:;:;| :;:;::::::::  l |
;;;;;:;:;:;;:::;:;|  ::::::   /l |
;;;;;:;:;:;:;: `‐´   // /                ,--、
;;;;:;:;:;:;:;:;:;:   ,./l/  /ト、         ,,ィ''^\   {  ヽ
;;;:;:、_‐┬┬‐' l/  //;:;:;ト、        _i´ ヽ,_丿、  ヽ:::‐´ヽ     /`ヽ
;;;:;:;: `.┴┴‐'´  //;:;:;:;|  ̄弋─-- {,ヽ-‐ヽ::  \__ヽ::::  ヽ   /  /
;;;;;:;:;::::::::::::::::::  //:;:;:;:;:;|    \   l¨ヽ:: ヽ::::  \ ヘ::::  '、--i::  |
;;;;\:::::::::::    //:;:;:;_:;:;:|      ヽ   l:: ヘ::: ヽ:::::  ヽ '、:::  ヘ |::::: |
;;;;\\__//;:;/ l;:;:|ヽ、     >  l:::: ヽ::: \:::::  ヽヽ::::  ∨:::: ト
.\ \__//   l;:;:|  ヽ、 /   i::::::\:::: ヽ、:::  `y:::::  ヽ::: | i
  \/^\/    l;:;:|  ::::: ``ヽ、    l::::::::ヽ::::::: i:::   ::      | ヽ
   く    ,>、    l;:;:|   :::::    `ヽ、 l:::::::::::ヽ:::::::  ::::::   ::    | |
 /;;;;ヽ  /;:;:;:\  .l:;:|   ::::::     / ヽ::::::::: :::::::::: ::::::   ::   ;;| |
/;;;;;;;;;;;;/|::|ヽ;;:;:;:;:;:;:;\l;:|  ::::::::    /:   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::     ;;;;|;;;;|
;;;;;;;;;;;;;;;| |:::| |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:Y  ::::::::::   / ::    \::::::::::::::::::::::::::     ;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;| |:: | |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:| :::::::::::::   i ::::     \:::::::::::::::::::::::    ;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;| |::..| |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:| ::::::::::::::   | ::::::      ヽ ::::::::::::::::::::   ;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;| |: | |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::  |:::::::::.       `ヽ、__:::::::::::::: ;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;|_!: | |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|:::::::::::::::::  |::::::::::::.        |;;;;;;;;;ヽ__;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;  |_|;:;:;:;:;:;:;:;:;;:|:::::::::::::::::: |:::::::::::::::.       {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;   ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|::::::::::::::::: |::::::::::::::::::.      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;.   ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::.      |;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

     戦場での勲しは得られても、主に認められる栄誉はついぞ得られなかった。これではどうにも片手落ちだ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


2686 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/11/02(金) 23:55:23 ID:iDqRrg2d


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

          何の因果か、こうして俺はサーヴァントとして二度目の生を得ることが出来た。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                                r 、__
                                 { (  芭ミ、 ___
                               __ ノ >--ノヽ-----/〉
                         ≦ -------ヽヽ≧- -V 二//、
                        \≧―――} j _ l}ニl}  ̄_l} }、
                            λ   ̄√ ≧='二 ー‐ '  ∨
                            / ` ⌒l丶   /ー|‐l}   ! / ヽ
                         /  /   ノ丶  l /† ̄"八 / ̄∨
                           l ――≦ \ ̄ ̄  †  ∥ ヽ  ̄-∨
                           l ―― }   l ___† _∥    \―l
                       八――|   !    lXl l!      ノ´|
                         ヽ― !  '/      lXl  V    乙丿
                            \´ ̄≧、  ヽ {Xl/ /≧、
                            \_j} ̄ ヽ }::::/  V,  V
                              '/ ∥   //´ハ   V/ ∨
                             | l{   / ゜  ',  ≧-1
                            /  ≧ツ       \  -!
                           〃 丶 ..イ       }、  ノ、
                           ∥    /        {   ̄ ∨
                          ∥ \ /           、 ―‐|
                         ∥  /            ∧    l
                        ∥  ∥             ∧'   |
                       ∥  ∥                  ∧  l
                         '∥  l{               l  、
                       j{   ヽ                  j{   \
                         ̄ ̄´                 ̄ ̄´


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

         ならば、生前取り落としたものを得てみたいと思うのはおかしい事ではないだろう?

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


2687 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/11/03(土) 00:00:58 ID:I7lb74tZ



    /|V
.  /  .|. V
/    l  V
 '"´ ̄ ̄ ̄¨  、
       >─< \          ……という訳で、今生の主であるマスター殿に勝利を捧げる事。
    /´_____`__<        そして、それをもってマスター殿に認められる栄誉を得る事。
     `ー‐゚ 彡、`゚ー'| ̄
\       / |\ .!          生前にやり残したことをやり遂げるのが俺の願いという訳だ。
.   丶、__/ t''7 ! lミヽ|
       t''7 | lミ、 厂`ヾ´      何か困ったことがあるなら戦いの事以外でも何でも言うといい、
、        t''7 l lミ /::::::::::::V      マスター殿に認められるためなら喜んで力を貸そう。
::|\        / /:::::::::::::::::::
:‘,  >   .,,__/ヽ::::::::::::::::::      もっと俺を頼ってくれて良いのだぞ?
ト、\     / ハ   V:::::::::::::::
lハ    /     |  i:::::::::::::::::
  |─ 、  / ̄|  |::::::::::::::::
  |        |  |::::::::::::::::
  |     i     !   ̄ ̄ ̄








               /        \         `丶、
                 /      ハ   \     、 \ ̄
.               ,′     /∧丶 {      } |   ヽ
             !  |    /二、ミヘ厶, │ / ハ   ∧
               |  八   ∧_・ヾ ヽ|\j斗-く i/  ト、|     お、おう……
               │ {. ハ. /  ̄ ̄`    ー’=' |  |
               │ '. ノ Ⅵ  ヽヽヽ    、 ヽヽイ. ∧|
                jハ ヘ(__  u                jV
               |  }ハ              ′
               レl. |      `ー-=ニ二フ   /
                  レ'|    丶、       , '´
                   N      >  ...__/
             「 ̄ ̄ ̄二ニ=‐┐  厶 _
             |         |   Ⅵ   }
          _∠⌒ニ=‐-   __|   Y   |
  x-───¬¨    \      `>ー┴─'⌒\
 /                    | (⌒)       ̄ ̄二ニ=-、
./                       |                 ∧


2691 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/11/03(土) 00:08:20 ID:I7lb74tZ



                          ___________ _
                  -----------------
               ------------------------
              ----------------------------
              -------------------------------
               ---------------------------------
             -----/l/l/!、------------------------
            ---_-l|l||-------------------------
           ‐‐‐、`     l-------------------------
             ---_ヽ_ 丿------------------------
               ‐/― /-------------------------
              /_ ̄丶' -------------------------
            /― 、\∥-----------------------ノl}
          1    } ノ ---------------------/ /
              l    v/, - -----------------≦_/
            ∥     v/,   ̄ _‐‐‐‐‐‐‐ ‐ " /二|     む! マスター殿よ、荷物が重そうではないか!
           ∥       l l 、〃― 、!        '/―  !
          l{       ハ|/{ ≧ zl     _ /― 、|     どれ、このライダーが持って進ぜよう。
         八    /. : | |/∧ 彡l ノー≦//´     lノ      さあ俺の働きに感謝するといい!
          〉≦二二 ≧_l丶イ l::::::::// _ ノ    ノ
            l´ ___l l、   }l{≧二_/ヽ    ,
            l´  ̄ ̄ ̄ 、\_j_{ニ   } l |   /
           ∧       ―‐丶 ―‐ ノ l ≦
            '∧ __ l ―‐ |_- ノ ̄ /
             ∧     ̄ ̄ 三丶 _/
             l ____ 三  了
           /       ><≧メ、
          〃           ><     \






           _  -―ュ-
      ,   < ´         ` >
    /                   `>ー-
   /                        ヽ ̄
  ./                           ヽ
 /                     :.      ヘ\
                        ::. ハ ヘ    ト  \
                      :::メヘ     ムヘ、
                     ト .:l  \    トー      おいバカそれは俺が地上から持ち込んだ退魔礼装だ!
|              :.    .:.   | ヘ| ェュ_ミ込ヘハ        ぶちまけたらえらい事になるんだから乱雑に扱うな!
 :.          >-::.     :::.  :l   {k ヘケ l
|:.         / ム  ヘ     从|   `¨≠ ヘ、_
. l :::. :.    :.  .l /  へ .ヘ    l            |
  ヘ: ::::.   :::.. ∧   ≦ .ヘハ リ  U         l
 レ  、::::::.. :::::::. :>ュ_  _  乂           〉
     |\::::::::::::::::::::::::::::ヘ`¨´ヘ         /ヌーア/
   ヘ  ヽ:::::::::::::::::::::::::::::ヘ  .ヘ       ム-‐ ´ l
       ヽハ::::::::::::::ハ::| ヘ    ヽ  _____ |
        /|:::::ルⅤ   、      `ヌア|トー-    _ _
      / l ヘハレ    \       ./:::||      ヌ  ̄/ヌ´ヽ、_
     /  .∧ `ー-  _   -―ヘ/:::::||      /   ´_   ', ヽ ヽ__
     /    | .ム             ∧.ヘl |     l、   : ヽ  マ   ヽ l
     /.    l  \          ∧/ ∧    |_ヘ   | /_ヘ _」ヽ. l l /
    /        >ー- -―   ´ ', レ ',‐-七_ ノ\ ヘ _    匕_ムメ
  /           <ー- _       .∧   `´  ヘ 「 )
  /              `ヽ、` ̄      ∧       ̄`
. /                  ヽ        ',
/ _ --  _                     ヘ .',
        `   _                lシ ',
             ヘ                  ∧


2694 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/11/03(土) 00:18:38 ID:I7lb74tZ



                                                                  =||= ll ll
                                                                  =||=
                                                                    ||. _||_
       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ               ̄|ヤ/ __
       |  なんと、そんな危険物であったか……!                                         ||´   ̄ ̄
       |  安心するといいマスター殿、この危険物は俺が丁重に管理してやろう!
       ヽ______________________________  乂_




                                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                    |   丁重って言ってる割に扱いが雑なんだよお前!
        =||= ll ll                        |   ああもう良いから一旦下ろしてくれ……!
        =||=                          ヽ______________________ 乂_
          ||. _||_
             ̄|ヤ/ __
              ||´   ̄ ̄









           ┌────────────────────────────────┐
           │                                                    │
           │                                                    │
           │      ┌────────────────────────┐      │
           │      │                                    │      │
           └───┼────────────────────────┼───┘
                   │                                    │
                   │      ┌────────────────┐      │
                   └───┼────────────────┼───┘
                           │                          │
                           └────────────────┘


2695 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/11/03(土) 00:21:11 ID:I7lb74tZ



            {{             /′
            {{!            ./ミ′
            {{{            /ミ′
            ヤハ         ,/:ミ′
        {ハ   ヤ,'ム。r≦ニニニア≦:,Iト       /{{
        {{'ム .ィi〔\ノ_)ニニニニ乂_ノニ=‐〕iト / /}/{
        {{ 'ハ:\‐=ニ.ィi゛:`:`:`〕iト、ニニ=‐/ニニ〉/ }}/{     なんか書いてるうちにゴツい雷みたいな感じになった。
     i   . {{ {: :}==:\/:i:i{r‐ O.ァ=ァ}:i:ハニ>゛=:=:=‐ァ:. }} {{
     {   . {{ ∨!: : : : :\ハ\_‐_ノノ:i:ノ゛: : : : : : :ィi〔: j}} {{
     {!  :{{  〉:、:、: : : : :≧:‐:‐:‐:≦: : : : : :ィi〔アア〔:.j}}\{
     {{  :{{ :/  \Iiト、: : : : : : : : : : : :ィi〔 : ア゛>'⌒j}}  :ヽ
     {ハ: : ‐=≦=‐''⌒ <ト: :_:_:_: :ィi〔: :_: >''゛  .. :j}}  ハ
     ∀⌒リ`        ¨¨¨¨¨ ´         j}}   ' ハ


2689 : 梱包済みのやる夫 : 2018/11/03(土) 00:05:06 ID:jJj5f1/M
黒子の無いディルっぽい某

2693 : 梱包済みのやる夫 : 2018/11/03(土) 00:14:53 ID:cr39/eU9
>>2689
ディルはそういうこと一切説明せず
あなたに仕えることは望外の喜びとか絆0の時から言う割とアレなヤツぞ

2696 : 梱包済みのやる夫 : 2018/11/03(土) 00:21:43 ID:m8X8onPj
>>2693
早い話が誰でも良い、だからけっこうあれなのよね、ディル


2697 : 計算機 ◆DJLgSd.eO2vY : 2018/11/03(土) 00:23:33 ID:I7lb74tZ
         j}    j}
         }}    }}
         }}    }ハ -‐…・・・‐ミ
          ,ィ、'ム ィi〔ニニニニ∧ニ〕iト
       /∧ムi〔=/ニ/}}}ニニ {}}}ニニニ\      .ノ′   >>2696
      , /〈ムハ‐,'ニ/}}jハニニ {{{!ニニ≧=‐≧=-- '゛ノ    誰でも良いなら良いで、初めからそれ言っておけば
      ∥ `、∨ ̄ 7j′ム: ̄: マ{:゛: : : : : : /````゛      もうちょっと扱いも違ったのかねえ……
     ∥   \、: :,jjj: : : ム: : : マ!: : :_>' }}
      .∥     ` :jj′''' ‐}}!‐‐‐マ⌒!:   リ
     .jj       jj    ``   :マ '   '


関連記事



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-29853.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13