以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-28607.htmlより取得しました。


いきものがかりたちにき 第三話 遺伝子組み換え【ある生物学生の目線】

目次 現行スレ

192 : 生拳 ◆efmA0QBVQk : 2019/01/13(日) 19:31:05 ID:1k8Yxq..MM

第三話 遺伝子組み換え【ある生物学生の目線】



        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   /    (●)  (一) \
   |       (__人__)    |    さて、というわけで遺伝子組み換えの話を始めるお
    \      `_⌒ ´  /
.    ノ.,.,.,.,.,.,.,/ )ヽ.,.,.,く      あくまでもやる夫は「生物学部」の目線の一つを紹介するお
   (;:;:;:\;:;:/|_ノi );:;:;:;:)
.    |;:;:;:;:゙;:;:;:;:;:|;:;:;:|;:;:;:;:;:;:/
    \_;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:|;:;:;:;:::ノ




        ___
     , ´:::::::::::::::::::::::` 、
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
  //:::::::::::::::::::ハ::::::::ハ:::::::::::丶
∠___{:::::::::::::::|:ノ.ノ |从|ヽ|:::::::::ハl
   l::::::::::(| |( ●) .(●::ノレ´
   l:::::::::::ヘ| ,, .r-ァ リ:ノ    念を押すねぇ
   l:::::::::::::l.ヽ   ̄.ノ:::::}
   l:::::::::::::l .ヘ___い::::::}



        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |    「学問において恐れるべきことは、師の意見に従い己の意見を見失う事だ」
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |      やる夫の師の言葉だお
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    学問を以って身を立てる覚悟をした人間は、必ず「強い己」を持たねばならない
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |      己の意見を、他人の意見とすり合わせ、より真理に近い考えを求めるために学ぶ
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




               -―─- 、
           /         \
         ′  ⌒    ⌒   ,
          i  ( ―)  (― )  i
          |     (__人__)    |
          、           ノ     学問とは終わりなき修行だお
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ
       \ 丶′             7
        \ ノ           ト、_/    だからこそ、やる夫の意見のみ聞くのではなくこの後やらない夫とできる夫の意見も求める
.            ′           |
.          i           |
         乂         イ      それらをすり合わせて、自分なりに遺伝子組み換えというものについて考えてほしいお
            | /ー―一 、 |
           し′     、_j




193 : 生拳 ◆efmA0QBVQk : 2019/01/13(日) 19:31:20 ID:1k8Yxq..MM



          ___
       , ´:::::::::::::::::::::::` 、
      ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   /, ' :::::::::::::::::ハ:::::::ハ::::::::::`,\
  .∠ ヽル:::::::::::|ノノ.|从|ヽヽ|::::::::|  \   オッケー
    ̄ ̄.レ:::(|::|(○) (○)|::|)::l ̄ ̄
       .|::::ヘ|   ___   |/:::::|
       .|::::::::ゝ     .ノ:::::::::|
       .|:::::::::::>,ァ-ャ、<::::::::::|      まずは理解するので精いっぱいだけどな……
       .l:::ィ"´       ``、::l




        ____
      /      \
     /_ノ   ヽ、__   \
   / (= ) (= )   \   そういわれると耳が痛い……
   |         u   |
   \   `_     /
    /   (__`ヽ、   u \    僕たち医学生は先人から学んだことをとりあえず考えも含めて取り込むから
    \|  `\ \__ノ |
     |    \____/|
     |          {     どうしてもやる夫のいう「強い己」というのが持ちにくい




           / ̄ ̄\
          / _ノ  ヽ、_ \
            | ( ●)(● ) |
            |  (__人__)  │
          |   `⌒ ´   |
             |           |     それは謙遜しすぎだろ
             ヽ       /
           ヽ      人
    ⊂てヽ   /        ヽ    お前だって、研究に対しては真摯な目線を持ってるさ
  {三_ ィ `´  /|     ィ  |
        .\__/   |      |  |




        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \    まぁ、そこらあたりの「資質」の話は置いておいて
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      やる夫としては遺伝子を弄るのにもっと世界は慎重になるべきであると考えているお
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

194 : 生拳 ◆efmA0QBVQk : 2019/01/13(日) 19:31:35 ID:1k8Yxq..MM



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 / ─   ─    ヽ    生物基礎学を学ぶにつれ
 | (●)  (●)    |
 \;ヘヘヘ人__.)∩  /    生き物の精密な造りを知った
.  ,ヘヽヽヽ __ノ ) \




     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   地球が誕生してから何十億年という長い時をかけて、生命という芸術は完成した
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     微細精緻の極みともいえる、生命という存在
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




            ____
          /      \
         / ─    ─ \
       /   (●)  (●)  \    それを高々ワトソン&クリックが二重螺旋を見つけて100年足らずで弄るというのは
       |      (__人__)     |
       \     ` ⌒´    ,/
r、     r、/          ヘ     生物学の基礎に関わる身としては疑問を呈さざるを得ないお
ヽヾ 三 |:l1             ヽ
 \>ヽ/ |` }            | |
  ヘ lノ `'ソ             | |
   /´  /             |. |
   \. ィ                |  |
       |                |  |




     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    品種改良は「あり得たかもしれない未来」を作り出すから、まだ自然の摂理の範疇に入っているといえば入っているお
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |      でも、遺伝子組み換えは違う
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

195 : 生拳 ◆efmA0QBVQk : 2019/01/13(日) 19:32:05 ID:1k8Yxq..MM



        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \   全く別の生き物の遺伝子を他の生物に組み込む
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |    これが本当に人間自身を滅ぼすことにならないか
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \
      |    ` ⌒´      |
      \           /    それがやる夫の懸念だお
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ




        ___
     ,..:´:::::::::::::::::::::`:.、
   ,r'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::\_
  ,:':::::::::::::ハ:::::::ハ::::::::::::::::ヘ\
  lハ:::::::::|ノ|从|ヽ、マ|:::::::::::::|  \
    レヘ::●) (● )|::|)::::::::| ̄ ̄
     |:::i  _ .,,.u.|/:::::::::::|
      |::ゝ.     オ:::::::::::::|     いきなり重い話だなぁ……
      |::::::`i___{´:::::::::::::::::|
     /"` ̄7,.へ「 ̄.ヘ:::::::::|
    ,'  ソ      ヾ l:::::::|
    l (::::::.....  ...:::::::)lルヘj
    l  .|       | .l




        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/    仕方がないお
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |     それが、生物学を学んだものとしてのやる夫の意見だお
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

196 : 生拳 ◆efmA0QBVQk : 2019/01/13(日) 19:33:02 ID:1k8Yxq..MM



            / ̄ ̄\
          /_ノ  `⌒ \
    _     .| (● ) (⌒ ) .|
    | !    | (__人___)   |
    | !    |  ` ⌒ ´    .|    ふむ、確かにやる夫らしい意見だな
    | !   ,.-,|          |
  ._,ノ ┴、/ ,/ .|        /
  .r `二ヽ ) i ヽ        /
  .|  ー、〉 /   〉      <      では、次は俺の意見を言おう
  .|  r_,j j / ̄   '' ̄  ⌒ヽ
  .|   ) ノ/ {       ィ,  }
  ノ   ,/   |         |{  |




               / ̄ ̄\
            /_ノ  ヽ、 \
          | (●)(●)  |
          |  (__人__)   |
           ヽ  `⌒´   |
.           |       // ̄ ̄`ー‐┐    食による平和
       / ̄ ̄}ヽ     (      r‐一'
        (/__ノ  }     Λ   }    \
.      /       /       | \   \\ \    其れには、絶対にあの技術が必要であるという俺の意見を――
.     (_// / /|      |   \ \\\_)
    (_,(_/ /                \)\)、_)
        ̄




         ____
         /:::::::::::::::::::::::>:.、
      _,/:::::::::::::辷三/二\:ヽ
     //::::::::l:ノ-‐レ⊂三乂__ヽl
   /  |::::::::::|( ●) (●|::|ヽ ヽ
    ̄ ̄|:::::(|::| ,,  r‐ァ  .,|::| ヽ ヽ
      |:::::::ヘ|、   ̄ ノ:iヘ|/   /   おい、話が壮大になってきてるぞ!
      |:::::::::::::ヘ___Y゙:::少   /
      |:::, -─ヽ/ヽ|‐'゙  /
      |:/        v'´



おしまい

関連記事



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-28607.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13