以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-27556.htmlより取得しました。


黄金の魔女ベアトリーチェの宝飾店 第四話おまけ

目次 現行スレ

240 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ 090c-c090) : 2018/11/18(日) 22:59:27 ID:/uLVD2hsSa



                          r'⌒'´ `ヽ、
            」L              ヽ     ノ
            7「             (、 ,   )
              んィ, -‐―‐-、-,、   //⌒ ー'
        ( ⌒ 、  そ〆-──-、 、`く)、 /
       (   ノ   / /    丶ヽ ヽ ト)          ぷんすぷんす!!
         ̄\ヽ  l i_{ _j___{_|__}_彡ヌ)
              `.l -‐  ‐‐- リイノ   )レ       妾は未だ未だ、おこなのである!!
               {    "" ∫ノ   ⌒
                ゝ、^_ , イ、              おこなので、憂さ晴らしにゲリラ投下だ!
               ,τ´'━'´ (⌒)
               ((;;;;卅;;;;;;ソ(;;;;;)
               ノ.|;l;;;|;;;;l;;/ ノ八


.




241 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ 090c-c090) : 2018/11/18(日) 23:00:54 ID:/uLVD2hsSa



               _,,..-‐-‐-、,,_
             , '"´::_:,,._:::::::::::::::::`ヽ.
          /´::::,::::'"::::::`:::::::::⌒`ヽ::':.,__
         ./:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::く
        ,'::::::/:::::::/:::‐/-:::i:::::::::,'::::::::::〈:::::}
         i:::::::i::::::::!/ア!-;!、ハ:::::::ハ-!、i:::::i:::i
        ノ:::::::ハ::::.! ! !__ri ' レ' レヘハi::::i:〈         ねぇ、レミリア。
        〉::::/:::レ' ! "    ,  -=、/レ'ハ,ノ  ⌒☆
     .  /:::::i::::::,'::ハ、   、..__   "/ヽ:_(           私をあのキンピカ宝石店に案内して頂戴?
      〈::::::,イ::::ハ:ノル>、._  _,,.. イト、イ::{`
       ハノ::ヽイ;:-rヘ'´/ヽ二ン`7ー、ノ::〉
         `Y/ .l,l#,#,ヽrヽノト./l#,#,ト、
         /   /#,#,#i 〉ーイ  i,#,#'; ヽ.
        〈   i,#,##| / ハ ヽ, |#,##i  〉
          `i   ヽ;##i〈  ハ  ',l#,#,イ r'


                  /`ァー、
                  .//:::::::::::\/>、
                 |::||::::::>'-r'-< ̄`゙' ー- 、
                 「`'ーく´  i    \_ノ`ヽ、_ `ヽ.
                 ,!  、>'´ ̄`ヽ、/____   「ヽ、__\
                く\/          \__ハ    `'ハ
                 `/  / /  ,  ,!      `ヽ.___/`ヽ.
                 !   |  ! 、/| / |    ,ハ   ! \  ノ、         はぁ!?
                 `ヽノ  !イ´i>;、 レ'! 、/__」_ 八   Y  〉
                 ノ! (,. へ.! ,!,_ソ  レ',!-‐',r、/\)  .|-‐'       いきなり来たと思ったら
               //   `ソ 7"   .     ! ,リ,ハ/     ',
             ./::::/!  / !,へ.      `''",,! | i   ', ヽ.       何を藪からスティックに……。
             ::::::::/ |  i |  /`>、 `   _,. イ ! ';   !   )
             ::/  '、  ソ|_/」_,,.イ`Tこ,ソヽ | ,'  !  ,ハノト、
             '  /  `ァ'´   、 !  ヽ,ハ  !`' ー-'、イ / /|::::ヽ.
              ,'    /     ∨ヽ、/八_/  、i   ヾ  / !:::::::::';
             ./  rン       |   ァ'_つ___ Y  __Y   !:::::';::::i
                 ,ゝ、__ 、_  _, 〉 /  _,,.. -ンr‐'´‐-`ヽ |:::::::i:::::|
              //  `ヘ/ ̄ `'、| V    _,,. イ `,ー=-  ||::::::::!:::::|

        ┏┓
        ┗╋━━━━━━━━━━━
        ┏╋───────────
        ┃|
        ┃|   「お嬢様。正しくは藪から棒に、です」
        ┃|
              と、窘めたのは、勿論、あの完全にして瀟洒なる従者だ。

              いとけなくも歴とした吸血鬼レミリアの住まう紅霧の館、紅魔館に黄金の魔女の

              領域を破壊せんとして一悶着を起こした花の大妖が、館の主を訪ね来ていた。

.

242 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ 090c-c090) : 2018/11/18(日) 23:02:24 ID:/uLVD2hsSa



      ;;;;;;;;`丶'、                        ヽ
      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`丶'´ヽ、_     ___          ',
      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,.. -──`_, ´───`  ,、      !
      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/´‐-、/ /_,..-、   l,..-‐ 、 \ `ヽ、   /
      ∨;;;;;;;;;;;;;ゝ /:|   |/|: :l}'   |': : \l  ,.-、  \´ヽ、      案内も何も、そもそも幽香。
      . ∨;;;;;;;;,∠/: :l: :`ー'l{--l: :|`ー´ \: :、`ー'、:\!__/`ヽ/
      ;;; l;;;;;/.|:/: : :l:.ォ┯━;━、:|    ,ィ━;━┯ァ: : :|: : :l        アンタ、宝石に興味有ったと
      、; |;/`ヽ/:ハ: :.|:ミ人:::::i::::ノ      人::::i:::::ノ/: : : ハ: : :',\
      ∨'  /:/: :.ヽ:!: :、  ̄ ´       `  ̄´/: : : /: :l: : :l ヾ 、    思えないんだけど……?
      //  l:./l: : :l:\: :\     ´        /: /:./: : :|: : :ゝ ヽ',
      | |  .レ ヽ: :ハ、: : :ハ 、`   ∠ ヽ    ,.イ:./l:./:/l、: l:/.    | |
      | |    _ ヽ'/ \: :lヒ、 `>‐ - ‐<´lヲ.l/ |/ヽ  ヽ|     | |
      ヽ',   / ヽ/   リ ヒ、 ヽ >`-´<、 /ヲ   l ヽ-、     //
       ヾ  /  /   、、  ゙ `´ /;;;0;;;;', `´    /  〉 |   //



                        _.:::-─::──-...、
                      ..::::´:::::::::::´ ̄ ̄ ̄ヽ::`
                    ∠_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::`
                  ::´:::::::::`::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::`.、
                 /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::、::::::::::::::::ヽ:::ヽ
                 /:::::::::/:::::/::::/::::|::::|:::::::、:::::ヽ::::、:::::::::::::ヽ、';.__,
               ':::::::::::::!::::|::::{:::::}::::|:::::ヽヽ::::ハ::::ヽ:::::::个ー─'´
               /:::::::::::::.{::|::::{::::ハ::::ソ::::ト、::::ハノヽ::::}::::ハ:::::::::ヽ:::::ハ        以前と比べると、ほんのチョッピリだけど
               :::::::::::::::|!::ハ| ヽ:::ノ ヽァ==ミ、:::::::',:::::::}::!:::::::ヽ
 .             '::|::i:::::::::|ハノ jノ  乂 〃て::ら ア:::::::::}::::ハ::!:::::::::::ヽ       宝石に興味が出たわね。
              {::::|::::!:::::::::{,ィち::ハ ノ    弋ソ ハ:::::::|ノ::::リ:::::::::::ヽヽ
 .            !::ハ::::ヽ::::ハゝ弋ソ          } ノ:::::::::::::::::::::::::ヽ}     でも、宝石自体を見たいのではなくて。
             jノ__ヽ::::\ゝヽ    、        jノ::::::::::::::::/:::::ハ:::;}!
            r‐<ヽf´`、ヽヽ::ヘ    _ _,    イ::|:::::::::::::::イ:::::/ }ノ    彼処に咲く花、魔女の山茶花を見たいのよ。
          /´ヽ /´ ヽ ` ¨ヽ::` 、        ..イ |::::!:::::::::::/::!::./
 .        / ´ゝ {_ノヽ     ヽ:::::≧=- .._.. ´_ノ}::::!ハ:::::.{::::jノ
         {  }  /  ヽ    `ヽム-=イ{|!}´   ト、リ::}__!_
         |  !  ヽ__  ゝ、    ',   」⊥!     >####ヽ、
         ,'  ノ   _Y_,ィ`ヽ   ', /-‐-|!__〃´#/´  \#'、
 .       {   ィ‐'´   /   ハ   } 〉‐‐〈|   /##/      `j'
        人__/ {   ,イ  /##}_ /ヽ'  / |_/##/        |
       / /   |  / .} //´     .ヽ /,.イ}ヽ#/ -─'      |
 .      { /   ∧ / | ∧        人/###|#/          ,

         ┏┓
         ┗╋━━━━━━━━━━━
         ┏╋───────────
         ┃|
         ┃|   花の妖かしは、黄金の魔女の領域を襲撃した事。その理由。魔女の美や芸術への
         ┃|
               スタンス、内部で何を見せられたか等を全て詳(つまび)らかに語り……。

               結果。いとけなき吸血鬼は固まり、完全にして瀟洒なる従者は視線を館の数少ない

               窓から外へと送った。

.

244 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ 090c-c090) : 2018/11/18(日) 23:04:40 ID:/uLVD2hsSa
               -‐
                , -、
                 /
      -‐-
        ,-、         l
        _/         i
              ┃        _,,.. -‐ --= ̄ ‐- .._
        l      ┃      .<               ヽ
         l      ・   r ´        ` 、  _,,.. -
          l         l    _        ̄
         l     rー―- 、ゝ ´   rー-、  ⌒ヽ
          l     ヽ::`丶( フ´::ヽ   ̄゛_ _ _、 lー-ヾ´ヽ        ……あぁああぁッ、アンタ! 幽香!!
          l      〉::::ム7::,:::::∠_   i ヾー-- ヽ   ヽ..--、
               f_::::::-7':::::,〃:ヽ T i  〃 ̄:ヾt--r'::::::::/       何してくれてんのよォ!! 今、ベアトには
                  X /:::::l '::::c  ヾ、  ':::::::::::C Vl:::::::::::ー
         ┃┃     ' ,イ:::::::lc=ー'     、::::_c=っN:::::::::::::::      紅魔館の皆へのクリスマスプレゼントを……!
          ┃┃     i l i::::: '///      ////// .|:::::::::::::::
          ・ ・     ` ヽ:::、  '_ 二_`ヽ      ノ::/:::::::      一歩間違ったら、それが! 木っ端微塵にぃ!
                    \:>、     `    / 7:::::::::::::::
                     ヾ   ‐-, -   ´</_.. -v  _
                        r彡' r-、<´   ´ ヾニ彡-
                  r ´ヽ  / フ::´l j::,L_r‐ ´    ヽ_
                 .'  _ ) ., '/:::::::,ー:::::::ヘ  .l ̄ ヽ、  ヽ
                 l   l  ヾ:::::::::::lハ:::::::::ヽ ヽ、   l  `


             __,,,,,,,_,,, --─ー─-----,,,   / `'7
     r---,,,,,- ,,/      ,,      ,    \_/r''~ ヽ
      i  .i' ,'    ;      ヽ,   / ,, ''    ,v-- , /
      ,彡~,,L - ...  i   __,----v__∠- ,ヽ,  `'ヽ, ヽ,
      !,,r'' _'i,,,  '',i _ノ    , ,ヽヽ   ヽ`Y''  f"'i  |
       >、 _,..,,,,,r ''''" /   /  i 'i ヽ   ', `''T".ノ ./
      / レ'' ,, ''   ''    /  ハ ;; '   ヽ`''''''’ .ノヽ      咲夜、レミィに気持ちが落ち着くココアを。
     ヽ,,, /   ,  /  , --─''/'! i 'i ''─-v,`''--T'"ヽ丿
      //, '',  //  //  ,/, !/ ' |   ! `iー .,ヽ `i        ……それで、要約すると。幽香、貴方はあの魔女が
     i ノ   ,/ ,' `'-''",ーt――r―   ‐r―t‐iヽi ヽi/
     .Y _,,-,r'i :/   /,;λ..:::::::|     |..::::i i ソ  ./        花も宝石も、どちらも尊く美しいって考えていたので
     i / ,;'  'i;  , '' ,/'i ;i,`ー"     、 ` " ,,!ヽ /
     リノ /   ,l/  〃 i  i""         人 ';ヽ,         矛を収めた。
     /..:  //   ./ // ノ,,      ,、 ,. '"iiヽ ' , \
    ./  / ,/  ./ //,-l::::::`''--, --r '";; ;; ノ; ;ヽ, ヽ,ヽ,      こんな理解で良いかしら?
    i i /  ,   / //ヽ ヽ,  /;;;;;lヽ,;;;;ヽ;;;;/; ; ヽ .i 'i,
    ! リ  /   ,' ,' /!, \ `'-ヘ,;;;;! i,;;;;;;ヽ// ; ; , ;  'i,
    ! i  /    i i i<',,  ヽ, ヽヽ,i 'i;;;//i  ; レ,',  ,i
    i  i i   ,i, i | <,ヽ,,  `''7 つ ,V ,;' i  :;  / /  i
    'i  V i   i i i i   '''7 r i'  / ,'  i ;  / /   i

        ┏┓
        ┗╋━━━━━━━━━━━
        ┏╋───────────
        ┃|
        ┃|   わたわたと、秘密にしておきたかったであろう事まで口走り始めたレミリアに代わり
        ┃|
              紅魔館の地下、広大無辺かと思える大図書館の司書、パチュリー・ノーレッジが

              花の妖かしの対応に当たる。

.

245 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ 090c-c090) : 2018/11/18(日) 23:06:11 ID:/uLVD2hsSa


                __,,..  -‐- 、..
              /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
            /:::l/:::::::::::::::_::::\l::::::ヽ
           //:::::.r:|:::ハ:::::::::ハ`:::::::| ::::l:::',
              ̄/::::::::::ハ_! レヘ:::::!|ヽ :::| ::::|:::::l     概ね、そんな所で良いわ。
           ,'.::::::l:::::|    V <ヽ| ::::ト:::|
            |/{:::::\|、>      i:::!:::i::::〈     私の愛する花達も、宝石も美しいって考えが無ければ
                〈r::::::ハ   ー'   .ハ::!:::ヽ::::〉
               ン^ヽ:ゝ .__n_  イ::::/::::::ハノ     芸術品クラスの花の宝石飾りは作れないもの。
                \lV\| Kr-} \イ
               `  / { ノ〈i`7/#>、
                 ト/ lくハ」## lハ
                 く∨ ノ#i゚!##λヘ_〉
                  レ{ /##.!o##_] ヒニ!



          ′                        } ∨∧ ∨
    .     i{        _,,.  -‐- ミ__   i 、____ ノ   }  , ,
          从    ,.。s≦       '゙⌒`' 、_乂       ノ   .} }
         _≫''" -‐‐- ミ      /     ゙'く ⌒``'*´,   ノ ,ノ
    .    ア゙  i::::::::::::::,:::::`' 、____,,. -‐==‐ミj}      `'くイ
        {⌒` 、|:::::::::::/:::::,゚ :::,゚::::/^i、:/ il:::,'{_____,.。s≦`,ニV
        人二ニi|::::::::::゚::::::li:::::li::/  Li\,jl/::::::::::;::::|_i::::::::il二}      ……そして、花も宝石も美しいと
        ⌒\ニi{:::::::::li::::::l|:::::l| ァ午劣ミ`{i:::::::::/'゙´j::|::::::::ll_ノ
           `i{:::::::::li::::::::゙⌒「  辷ン  ー=彡斧ミノ::::::,ノ         考えている証明として見せられた
           j{:::::::::li::::::::::::::l|            炒 小¨´
    .       j{::::::::::li::::::::::::::l|          ,  ,i{i:::i          宝石の山茶花を、また見たい。と。
            .:::::::::::::li::::::::::::::l{            斤:::|
          /:::::::::::::八::::::::::::::゚,ト     /`ヽ .イ::il::::|
    .     /:::::::::::::/7沁、:::::::::::゚,  〕rく ノ` , i八:|:::il::::|
        /:::::::::::::/jI斗く^\:::::::゚,\li i゙ /⌒Vム:::il::::|
    .   /:::::::::_ア゛     \ ヽ :::゚, li L/ / }ムjl::::|
       /:::::::: ア゙         \i}:_j},八  ¨´ー '゙/`'7、::ノjI斗┓
       ::::::::::/        「二)_)ニ沁、    {、〈ニ)_)ニニ|
       :::::::/          L/7::`ヽ 心,   {_{\´::`i 、_ノ
       ::::/            {::::::::::∨沁,  }_}  \ノ、
    .   /                乂::::::_j}_{_{ム ノノ   丶\

         ┏┓
         ┗╋━━━━━━━━━━━
         ┏╋───────────
         ┃|
         ┃|   紅魔館の動かない大図書館と渾名される、優美な紫色の髪も麗しいパチュリーが
         ┃|
               ちらりと瞳を左上へと動かし。

               情報を統合し推察の為に頭を回転させているのだろう。その顔、その表情は少女の

               ものであるのに冴え冴えとした怜悧さで、彼女もまた魔女である事が感じられた。

.

246 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ 090c-c090) : 2018/11/18(日) 23:07:17 ID:/uLVD2hsSa


              _,,, _
            , -'"__:::::__:::::::`ヽ、
          、__/:::::::::::::Y:::::::::::ヽ:::::ヽ
         ):::/:::,ィ::::ハ::::N\:::::}:::::::',       そうなの。
          i::::{::::! レ'  V `ヽヽ/::::::::i
         ∨ヽl●    ● 从l:::::::〈       あれから3日位経ったから、また行こうと思って
           〉ll⊃ 、_,、_, ⊂⊃::::i:::ハ
            ル;ヘ       iノ::::/⌒i:イ:      あの領域を捕捉しようとしたけれど、何故か
            /⌒l,、 __,  イァ/  /
 .         /  /#く__V__>##ヘ、_,∧       出来ないから、レミリアに案内させようと……。
          |  l #|くハ」|##ヾ::: 丿'



                       ,. -──=- 、_
                    r'´、    ___,.) i`ヽ、「7へ
                  ,.!>_,.へ-‐-rゝ、__ノ  く>'_,,..-〉
                  L>'r_,.-''`ー'ー-'ー、ヘ_イ____!ンiヽ
                   `Y´ /., ,  ハ 、 . ヽヽ、へ_レ'
                    i  i レ_Lィ/ Lハ、!__i、i ヽハ/
                    レ!ヘ_iT_;j`  ´T_;j'Lハ_.! |     ……宝飾店に行くのは
                      ! !"       "ハ. /| !
                  ______ ! iヽ、  ー _,..イ ! //      暫く諦めた方が良いわね。
                 くヽ.:::::::`ヽ、ヽ`:ニ:r=''7/  /イ
                  ヽヽ.::::::::::[>k7''⌒ヽイ<}、ン´
                   >、ヽ::::::::::/   ヽiム ト!
                   ! `フ、::::/     !ヽ./ i



            , -- -―- 、
           /  ´: : : : : : : `ヽ、
             : : :: : : : : : : : : : ヽ'
          /  ://!: : : : :i,.イ: : : : : ヽ
         /::/: |/ !∧: : / ! :i/: : }:!         ……。
         ∨: : | ┃ ヽ/┃ ∨: : : /:|
          ヽ/: l       l: : : : : :ヽ,      ……暫く? 暫くって
          /: 、ヽ、 ー  .i : : : : :::レル
          l/!: |ル`:`コ_.l´:|:ノレ:/l/ヽノ      どの位?
              ,'´/ム /``ゝ,
              ノ#/〃,'## | l
             i##l ll l### l/

.

247 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ 090c-c090) : 2018/11/18(日) 23:09:01 ID:/uLVD2hsSa

              __,,,,....,,,_    _
        ,.ヘ.__''"´  、    .ト`>)`ヽ
       く   \|-─< ̄ ̄八 ー'   ノ、 /\
        |\__./>-─''"´ ̄ ̄`' ー< ,ハ /]
      __ノ-‐へ/ /  /|__ .!  ,     \|‐ァ'
     . |__/| ,'  /´| __/| /! |__ |   ヽ|
       `!   | | /‐r‐‐r└' !、」__ !`|  |'
       |   | .!/|、弋_,リ    |_lj |/  ,'
       |   |  ⊂⊃     '  ⊂!__/      外の世界で言う3ヶ月程度かしら。
       |   |    |    ∠ ]   ,ハ ||
       |   |    ト 、.,  __,,.. イ ! !!.
       |   |    |ヽ-、\_|`ヽ、|  ||
       |   ∧   !7\__/ム   /|   ,'|
       |   |/ ヽ..レヘ.__く_八)」`! / .!
       ', | .,' [>l]く]ハ  }| ll |{ [>l]く]
        ヽ| .!  \」 |   {|  |}  | ハヽ!
          `|,     |、  }| ll |{  |__」 ヽ


                       _,,..::‐─:::-...、.,_
                 、__,,..,..::'"´::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,_
                  >::/::,:::::::::!:::::::::::,::::::::::::::::::::ヽ.
                  ./:::::/::::::ハ:::∧::‐- ハ:::,ハ:::::::::::::,ハ.
                 |:::::::!::_/_ |/ ァ'テ‐t、 !::::::!:::::::::::::::::i
                 |:::;/.|/|ァ!、'   | _rソ'|::::::ト、:::::::::::;'      そんなに?
                 ∨ヽ/.| jリ    ´ ̄⊂⊃:|ノ::::::::::〈
               。   /::7 ´       /:::::::ハ:::::::::::::ヽ.     山茶花も勿論だけれど、話に出た人間達の世の
                   ,'::八  l7 ̄'ヽ /:::::::/::::|:::::|:::::::,ハ
              ⊂   !::::/|\  -‐' ,':::::/イ、;」;;;,ハ::::/ノ.      青いアイリスのブローチも教えてもらいたくて……。
                ι ∨ ヽ∧`ー‐ァ !//  |#;#`7'<
                       `' _/|/   ,';#;#;/  /ヽ.
                        /!:| ,ム、 ./;#;#;/ ./  ',
                /)    //#レFユヘ/;#;##' ´(\   |
               //)/´!  ,i/;#;/ | | |;#;#;#| r(\\ヘ
               | /`i /   / !#く__ノ .i |;#;#;#| `(\ヽ∨|
               /| /´!イヽr/ ハ;#;#!`Y ∨##;ハ /(ヽ、 |,ハ


.

248 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ 090c-c090) : 2018/11/18(日) 23:10:25 ID:/uLVD2hsSa


              __,,,.. -──- 、.,_
        く \ァ'"´  ,-─-、__  `ヽ lヽ
        l二\ |ア´ ̄]-──ヽ.,__ `ヽト _ン  }/`∧
        i´ ̄__ト─'"´::::/::::::::::::::::::`ヽゝ,__,..イ./ }
        r'ヽ/:::::::::/:::::::::;'|;;;;;;/ |::::::::::::::::::::::`ヽ`「 ̄
        { 7::::::: |!:::::::::|.|、::/ _|:::::::,|.|ヽ:::::::|::::∨、
        ソ .|:::::::::::|l:::::::::f斤アT !;;;;;/|」-| |::::ハ:::}._」
         ヽ|:::::::::::||:::::::::| 弋_リ     fテr|/::::|./            あの性格の良くない黄金の魔女。
         |:::::::::::||:::::::::|""     . 弋j };;;;;」
         |:::::::::::||:::::::::|        "| | |            宝石の山茶花で貴方を納得させたと同時に、
         |.:::::::::八:::::::ト、    ´   人! |       /)
          |!::::::::::::,ハ:::::∨> 、.,__,,. イ::::::|| |      / /、     今の状況を見越して飢餓感も煽らせているのよ。
          |l::::: ,イ |:::::::}\  「r ヽ |:::::::|!.|   r/  `つハ
          ||::ア´ ̄`!:::::リト-、ヽレヘ 」:::::::| |  rヘ  ノ-イ
         !/    |::::/\  }ム ハ. |:::::::| |  /\{\_||
         ;    /{]、  ∨ .}l{  /ア三ミヽ、 \_/
        r'   く__/_」_r-、|   {l}//    \X´,三三ヽ
        ヽr‐ヘ ̄ ̄   ∨  //     //   /
         | ̄ |        ヽく∠_/´! /´ハ    /
     .    '  '、    -─/ | {  `'  //ト-- '
           ヽ. /\    r'   ヽヽ    イ}


                       --――--  __
                     , <:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.`. .
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
            .      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:..:..:.:ハ
                ,':.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
                l:.:.:.:./:.:.:l:.:.:.l:.:.:l:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:j       飢餓感……。
                l:.:.:.:.i:.:.:.:ヽl∧ハ\:.:.l:.:/∨ハ:.:/l:.:.:.:l:.:.l
                 |:.:.:.:.l:.:.:.:l斗―ミ、 ヽ!/ ,. -―ミ、 !:.:./:.:.:l         3ヶ月と言っても、他の花達を眺めて
                iト、:.:.|:.:.:.| ( ・)`     '´(・ )` l:.ノ:.:.:.:.:l
                 ノ:.:ハ:.:.:l ` 一'   ,   ー一'´ノ:.:.:|:.:.:.:人      いれば、あっという間だけれども……。
                /:.:.:.У:人ι         ムイ:.:.l.:.:.:.:./ヽ
               (/i:.:{::.イ:.:.:ハ.丶   -―-   /:.:l:.:.:.l:.:.:.:八     ちょっと怒らせてしまったわね。
            .    レ'´}:.:.:./:.:.}リ}>  __  .イ人:.:ハ:.:.:|:.:リ}
                  __)ノ トソ/ \_  _/ \ リ 乂へ
               イ   /##{  _/∨\_  }### i   \
              /     /###レイ. ヽ人/  ヽ/###.l    ヽ
            .  l    /####l    /  ヽ   /####i       }


         ┏┓
         ┗╋━━━━━━━━━━━
         ┏╋───────────
         ┃|
         ┃|   パチュリーの推測は、黄金の魔女が耳にしていたなら唇の片端を吊り上げて
         ┃|
               居たであろう。

               全て、的を射ていた。

.

249 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ 090c-c090) : 2018/11/18(日) 23:11:42 ID:/uLVD2hsSa


              _,..- ‐ -.._
           iγ‐ソ   ,..、    ヽiシヽ
         ,.i ̄ミミi´ ,、/ フヽ_    >コ
        i.└</~ il :: / ::/>ァ'´ ヽ )ーァ
        ヽ_/ノ / :::: | ̄ニ=/ レ| :::: iヽ‐'     ちょっとより、もうほんの僅か怒っていると思うわ。
         ̄フ / :::: ⊂)  ̄ ̄ ,. ニァi
         / :: i':::::::::::|ヽ、 ./ ̄ミミヽ.っ'-ァ      でも、妖怪の性質は自然現象と同じ様に感情を
           l :::: >_:::::::::レ'    `''/''´.;'
           ! :::: <_ ~~i=-ッ、    / / ;'       荒立てても徒労だと分かっているだろうから、
        ヽ:::::::i::::i=<~ /-ァ'   / /_ノ
         ヽ,-'´'  ヾ'iノ`ヽ、,.../_ソ''i        3ヶ月位経ったらレミィと行けるでしょう。
          <     l><l i i il><l  |
           ー、   i__i_i_i_i_>_,./
            `~~ヽ-'∨  ∨


                      -‐…・…‐-ミ
                .  ´ ̄ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. `' ̄: : .
                / .: //.: .:/ .:.:.:.:. :..\:.:.:.:.:.\ : .:.
     .          / .: //.:.:.:.:.:{:.:.:{ :.:.:.:.:.:.:.‘,.:.:.:.:.‘,: :.
              / :/ {:.:.:/.:.∧ :.',:. }i{ .:.:.: | :.:.:.:.:.:.‘ : :.:.
     .        /イ .:. ∧/」L| .:.\V八__」::|:.:.:.:.:.:.:| : .:.:.
              | :.:.:|:.: {|八{\:.:.:.|′ \/:.:| : | .: /.:.:.:.: }
     .          \∧:.:.VT㍉ \| '卞㍉、、| : | :/.: :{.:.:/     ……。
               /.:.:.\{、Vツ    Vツノ/.:.:.|/ :/: ∨
                 ∨.:.: 八 ''''' 、    ''''' /ア´ | :/.:.:.:.:ヽ      3ヶ月後を楽しみにして置くわ。
     .          /^\/.:.: \  ー一  ィ^':,: .:|/.:.:∧ノノ
                 }/\ノ`'ー┬ ´ |∧}/^V
                    /⌒\‐┬r/^'、 /ヽ_
                 / \ ‘,┼l|_∠コ、 //7⌒> 、
     .            /    \j┼| 〉、_,ノV/7,//⌒',
                 /      \|// /  | ./7//    ′
     .          \       V / / │|./      |

        ┏┓
        ┗╋━━━━━━━━━━━
        ┏╋───────────
        ┃|
        ┃|   ……かくして。花の妖かしは黄金の魔女の領域へと勇む気持ちを抑え
        ┃|
              自らの愛する季節の花々と、心豊かに時を待つ事にしたのであった。

                                              fine.
.

250 : ◆l3wbotqtLQ (アウアウ bcdd-c090) : 2018/11/18(日) 23:25:15 ID:zo8Nt1yASa


                        (⌒'⌒)
                        (  # `)
            んィ, -‐―‐-、     乂___,ノ
           そ〆-──-、  `、
           / /    丶ヽ   |
           l i_{ _j___{_|__}  j          ぷーんすっ!
           `.l ‐-  -‐‐ リ ハ
            ,{"     " ((   ノ           しかしゲリラ投下を行わせたので
             )ゝ、^_ , イ)、 (
            (τ´'━'´ (⌒) )         ちと、溜飲が下がったぞ。
            ((;;;;卅;;;;;;ソ(;;;;;)八
            ノ.|;l;;;|;;;;l;;/ ノ八  )






          」 ー  / , く:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:/:.:.:. |:.:.:.|:.}:.:. i:.:.ハ
            { `ー-‐< /  〉:.:/:. |.:.:.: |.:.:.:.:i:.:.:.:.:.|:.:.:.|.:.:.:.:.|:.:.:.::i   サテ トウシンヲモドシテ……
          \___ イ{  /:.:./ i:.:|.:.:.:.:|.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|:.:.:.|:.:.:.:.:|.:.:.:.:|
            }:.:.:|.:.:.:. ̄.:.:.:.:.:{ |_」:.:.:.:」:.:.:._j.:.:.:. ノ.:.:.:}. i:.:.:|.:.:.:.:|.
             /:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:_:.:.:.ノ リ _ ̄`丶、  ̄ ‐-':.:」:.: }:.:.:.::}
            \:.:|:.:.:.:.:/ Y:|    { Tぅ㍉、ヽ   _ -‐` Tt:/
            /:.:.{:.:.:.:.{ i |:.{    弋_ツ′     rt=ミ、 ,′        今回も多くの労いと感想の書き込みを
            \:.∨:.::, 八:ヘ            弋_ツ /
              i:.:.\:.:.ヽ_.i\ヽ           {   ,ハ           有り難く受け取ろうぞ!
             └-=:_∧:.八 .|:|        ノ   八:\
                  \l \:j     r = - ァ  /  .ヽ:ハ        個別の返信は、また明日に。
                   _|_彡\   `¨こ´ . /      i:.:|
                   くL.__    、     /       |:.:}       では、今日の投下は以上だ。
                   /ニ==‐- _>:-イ          ノ:.ノ
       ___           /ニニニニニニニ≧r ´        //        暖かくして良く休み、疲れを癒して欲しい。
    r<    `   、__   _〈ニニニニニニニニニニ|       {:(
    ニニフ  ̄     | i ´   `¨ ー-=ニニニニj_        `
    ニく   __ -‐= .| |           ̄ ̄  >: _    _
    ニニ\jニヽ/  | |          __      `¨ くハ T  ̄ ¨}_
    ニニニニ〔 ̄ -‐ \\        /   \    ___  } |   / ∨\
    ニニニニニ>ハ  / \ >‐-   _ {     ヽ__/  ∨ j       Lニ\
    ニニニニニニニ弋__ //¨T =‐- 」      }い{    }/       r'ニニニヽ
    ニニニニニニニニニニラ く   } /   人     /∧    ノ\     ノニニニニハ


.

251 : 小さな名無しさん@この板は300レスまで (バックシ 4981-c8b0) : 2018/11/18(日) 23:37:48 ID:GtPJ5qbYMM
投下乙でした!

252 : 小さな名無しさん@この板は300レスまで (ワッチョイ 9b64-9bd8) : 2018/11/19(月) 16:56:51 ID:BhKT2QII00
乙っしたー
オアズケの刑ってやる事かわいいなw

関連記事



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-27556.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13