以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-27544.htmlより取得しました。


国際的な小咄 オマケ あんまりにもあんまりだったから本人たちの許可をもらったのでネタにする 他

目次

9376 : 語り人 ◆rnuK5PIvTM : 2018/12/05(水) 08:07:13 ID:Fmun.mHI0

 あんまりにもあんまりだったから本人たちの許可をもらったのでネタにする




   この間のサークルOBOG会で、サークルの後輩たちに国際的な小咄を見せてみた反応




             __ /ヽ、-/'\-.、__
            ,.イ´  '´/  Y:   \ヽ ̄`ー-.、_
        /´\/        /::ヽ、/:ヘ  \       ̄`ニ=‐-、
     /  / /      /゛`゛゛`|"´\  ヘ::  \ ヽ、 \
      〈   / .j    /  /     |   ∨  }、:::  \ ヘ. \
      ,〉 j  :|    |   /     |     ∨ | V:::. ハ ヘ.  ヘ
    ∠_  |  :|  i |  /`ー- 、   |   ,斗:l-‐∨:::. |:  ト、  |
      \| /| ,| .:|  |____`ヽ, |  ∠__j,/__ ,ハ:::::. |:: | \|
      ◯V::::j,/::| ::|  | ̄ ̄・`゛    "_・ ̄ ̄ハ::∨:::|:: |
       / ヽ/ ,/| :::ヽ、|" ̄ ̄        ̄ ̄"l:::ト、j;/::: |
      \ //( | :|::|` ゛             {::|,ノ |:::: j     ヤッル(実際にはイッチのPNが入る)……
        〉'   `| ::|::|             ,イ::|  |::: /
       〈_ __ ..| :;j|:|:ヽ、  r'ニニニニニユ  ,/ |:::|  |::/
        ヽ、:::::::|/::|:|::,ノ ` ーr- -r‐‐'"´   |:::|  j/       お前……血が流れて陰謀渦巻く作品以外書けたんやな……
           ̄  ̄|j´    j    |       |/
                 ,ノ    λ、
            ,.-‐r‐'T'"´        `T`ー.r‐-、
          /  |  ヽ、‐-、  ,-‐ ノ  |  }




9377 : 語り人 ◆rnuK5PIvTM : 2018/12/05(水) 08:07:26 ID:Fmun.mHI0



                  , -…   ¨¨¨   …‐-ミ
            /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : .`ヽ
           , ´. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .ヽ
.           / . : |\: : : : :. .\ : : : : : : : : : : : : : . ‘,
          / . : : |: : :\: : : : :. .\ : : :. .\: : : : : : .人
.         /..: .: .:人 : : : : : : ト、: : .|: : : : : : :\.:. :. :. :. .≧=‐
.         ,′. : : i  \ \: : :\\|\: :\_: :ヽ: ヽ: . |
       |. : : : : |   \|\: : :\   \: :\ ヽ|: : |: . |
       |. : : : : | Y´ ̄``ヽ、\:. :.! ,ィ'´ ̄`ヽ. |: : |: . ト、    血の匂いと硝煙の匂いとテロの香りがしない……だと……
       |. : : : : | __=‐-  \| -‐= ___ |: : |: . トミ=‐
       |. : : i : l.‘,  ̄lj ̄ヾ    f ̄lj ̄ ア |/Y:. . |
.         }. .: :ヘ: .ヽ`ー =''´      `ー‐=''  j ノ} : . |
       /.∧!: : :!ヽミ=‐      !          f {: :. .!
     ー=彡'  |:. .∧rハ       `´        /-イ: /      正直に吐くんだ!
            |: ∧:` 人.   ┌───┐   イ:.jハ|: /
            |/  \. .:|\.  V    ─ヲ /! l/ jl/
              ヽ|l  \.  ̄ ̄ ̄ /  |ノ
               rくノ     `ー---‐´   八ミz、        僕らが愛した先輩をどこにやった!
              _/} \          , -‐''´ハヽ
          , z≦三〈    `ー--、    r'    ノ 〉込_
   . -=≦三三三丞       ハ   /       /三三≧=-

9378 : 語り人 ◆rnuK5PIvTM : 2018/12/05(水) 08:07:43 ID:Fmun.mHI0



                      _
                      (≦`
                 .:.:.:.:≦:.:.:.:.:.:.:.:.:≧.
               /.:.:.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:}.':.:.:.:.:.:.:.:ヽ
               .‐イ:.:./:.:.:{:.:/{:.:.:.:.:.:,:.,}:.:.∨:.:.:.:.:.:.:ゝ、
               /:.:.:.:.:.:.:.:∧{ .》:.:.:.:.>ノ:≠ヾ:.:.::.:.:.:.:rヽ
             /⌒):.:.:.:.:.:.ノ  乂}:./'''´ ノ ヾイ:.:.:、:.ハ
                ソ:.,:.:.:.:.:.}' ̄ ̄`  ´ ̄ ̄ /:.:.:.:.:`ヾ}
            ,イ:.:.:.:.:从、__,,   ミ=彡::.:.:.:.:.:.{
                  {:.:.人:.ム` ̄´.:; ,    {:.ハ:.:.ト:.ハ
             {/}:ヽ_`y         ':!_ノ}:.:} ヾ
              ' r⌒i:λ   x--‐‐、.   // iィ:.}
                      ' ヾ、      ィ./  '´                  すげぇ……是だけの分量があって
                   斗:}>. __ ィ {v_
                  x< /' }....ヽ..'... {⌒ヽ`≧i
               {{  ∧ /   ....   !. ∧ {r{.}                  主要登場人物が誰一人として死んでない……
           x=---- マ /::::∨...     ∨ヽ .{{_}
.          / }}=====≧.......{ ..      /  Yマ`――--x
       /.   }}''''''''《  i ._∧    ../ ヽ,  i ヾ====//\           ぶっちゃけこの路線で小説書いてくださいよー
       /i      }}   '';,  i \.∨`  /  /  }  `i==.//  .\
     / .}}     .}}   '';, ',  >`‐-/  /   }   }// .{{,:....   .ゝ--、_
    ./  }}    }}    '';, }     }:.:./ ノ    ',  }/  {{::::::::::...  //  \    普段の奴重すぎるんですって!
.    /  }}    }}     ''}     }:.//      ', .}}  {{ ̄ ̄rx-、{{    ≧o
.   l   }}≧s、 ソ      }-i   .}《    r――i .}}  {{:::..... ヽヽヽ      >

9380 : 語り人 ◆rnuK5PIvTM : 2018/12/05(水) 08:07:58 ID:Fmun.mHI0


 で、あんこくさいを見せると

































           , -へ,,へー-- 、
            // ヘムヽ  ヽ、 ヽ.
         / / |/i⌒'"| !ヽ   ヾ  }
          レ! {_{ノ |   レ`ヽリ| l i! i|
         レ!レ! ●    ● ハ! !|、i|   あー、いつものいつもの
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノレノノ
.      /⌒ヽ_|ヘ.  ゝ._)   | i/⌒「:ヽ
       \ / レ' >,、 __, イレ/  /::〈   この実家のような安心感よ
.         ∨ /   〈∧ ∧{ヘ、__∧「´
         ヽ<   丶∨/ ヾ.__ ノ|




                     __
                __., ィ´ ̄ \:.:.:.:.:>:..、
                 ノl.:.:.:.:.\`ヽ、\:.:.:.:.:.:.:.ヽ.、
                 /.;.:.';.:.:.:.:.:.:.\:.`ヽ \:.:.:.:.:.\〉、
              .;:.:.'.:.:.:;:.:.:.:.:.:.:.:.:\::.:.\\:.:.:.:.:.:ヽ
             .,'.:.l:.:.|.:.';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:..\:.:.:.:.:.:.、:!、
               .i:.:.|:.:.|:.:.:';.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.\:.:.:ヽ:.:.:.:ハ}
              l:.:.:l:.::l:.:.l:.';.:.:.:.::.:.、:.:.'.;:.:.:.::\:.:.'.;:.:.:.、ハ
               |::::::|:!::::::|';:ト、\::::ト、::.\::::::::{\:.'.;:ハヽ〉
             .{:l:::::';';:::├―-.、\'., _メ--、::.ヽ::\iハ
              Ⅵ::::';ヽl弋tッミ 〉. ヾ彡tッ ナ、:.\ト〉、ヽ、
             Ⅵ:.:.ト、:ハ`¨"     `¨´ ,ノミ\〉.  ̄
               ヽメ〉}\ト、   、}    .イ/ヽ .> 、      やべぇ、懐かしいぞこの雰囲気!
             ./ .,'./ //,l`:..、 t=ッ /l:|///,\. \
              .〈 ,' . //,'ハ  `::.. ィ′/〈lトミr‐.、ヽ ./、
            /入  ハ//ヘ∧   ,- 、_,-V〉- 、``ーく:::.\
             /.:::〃`l/   .ヘV⌒/  ,′ ',  \  〉ヽ::.ヽ、
             ,イ::::/   \` ー./  .l   {   ';:.   ', .|  ヽハ、
         ,イ::::У    〈::>,'  |  }    }!   .}|   `V
         〃::/  ヽ     ̄人  `            /.ヽ/




                      _
                      (≦`
                 .:.:.:.:≦:.:.:.:.:.:.:.:.:≧.
               /.:.:.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:}.':.:.:.:.:.:.:.:ヽ
        x _   ‐イ:.:./:.:.:{:.:/{:.:.:.:.:.:,:.,}:.:.∨:.:.:.:.:.:.:ゝ、
        }.Y Y /:.:.:.:.:.:.:.:∧{ .》:.:.:.:.>ノ:≠ヾ:.:.::.:.:.:.:rヽ
        // ./ /⌒):.:.:.:.:.:.ノ⌒乂}:./'''´ ノ ヾイ:.:.:、:.ハ
         //   ソ:.,:.:.:.:.:.}>-、   イ´rxヽ/:.:.:.:.:`ヾ}
     .>' <   ィ-,イ:.:.:.:.:从 炒    、__゙‐ソ:.:.:.:.:.:.:.{    そうだ、これが部長と編集組が下手に世界観構成しっかりしているから口出しにくいけど
    / 、 ヽ`7´/ {:.:.人:.ム`‐ ´.::; ,    {:.ハ:.:.ト:.ハ
    ./ 攵γ ソ/   {/}:ヽ_`y     ._      ':!_ノ}:.:} ヾ    いろいろやばくて部誌には出せないいつもの先輩のスタイルだぜ!
   /   {ヽ'´イ    ' r⌒i:λ    i:::::Y   // iィ:.}
  ./   ./  i          ' ヾ、   ゞ'′ ィ./  '´
.-/    '  ノ          斗:}>. __ ィ {v_




 尚、上記のメンバー今後ネタ提供要因にジョブチェンジです

9381 : 語り人 ◆rnuK5PIvTM : 2018/12/05(水) 08:08:13 ID:Fmun.mHI0



      ____
    /       \
  /   -‐´ `ー\
/     (●)  (●)\
|        (__人__)  |
\      ` ⌒´  /
  >     ー‐  <      皆ひどくね?
. /      / ̄彡ミヽ、
/    ヽ /  / ヽ  ヽ
ヽ.    Y  /   |  |
 ヽ     ノ    ヽ ノ




             , ':::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''‐.、
         ,':::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/ゞ/i::::::::::::::ヽ.
           /::::::::::::::;:::':::::::::::::::::::::::::::::::/   l:::::::::::::::::::'
          ,::::::::::::::::{:::::::イ:::::::::::::;:::::::::/    l::/l:::::::;::::::::}
         ,'::::::::::::::::::ヽ/:!:::,/::::; 'l::::::/,,_   !/./::::/、:::::ノ
         /::::::::::::::::::::::':::j//:/ //==‐`、 ' /:/= 、ソ
        ,':::::::::::::::::::::::::::;!_,'´-- '´ , r:1j、ilニイli,rf1、il ヽ
      /::::::::::::::::r 7:::::/ ̄  ̄ |l 〈_ ピツ リ  li_tソ, il  ,'
     /::::::::::::::::::::l/:::::/      ゙ ‐---‐゙   ゞ‐-. ゙ /
    /:::::::::::::::::::::/::::::/ゝ.         _      } ./       スレとまとめの反応を見ろ
  /:::::::::::::::::::; ':::::::/ゝ.__       (  `. 7  , ' 〈
/::::::::::::::::::::/:::::::; '::::::::::l           ヽ,_ ' /   ヽ,
:::::::::::::::::::/:::::::/::::::::::::/           /:::::ヽ  / ヽ
::::::::::::/::::::::/::::::::::::::/` 、      ` ー -'::::::; '〈` ´     ヽ__   あれが一般人の反応だからあの書き込みから学ばせてもらえ
::::::/::::::::/::::::::::::::/:.ヽ  ` 、  /: :/::::/: :| ヽ    /  ヽ
/::::::::/::::::::::::::/: : : : : ヽ   /‐ー/::::/: : : |  ヽ        ヽ
:::::::/::::::::::::::/: : : : : : : : : ヽ /ヽ/::::/: : : : :.|   l          ヽ
:/::::::::::::::/: : : : : : : : : : : : :.\/::::/l、\: : : :|   ヽ          ヽ
::::::::::::::/: : : : : : : : : : : : : : : /:::::/ l: : :ヽ\: :ヽ.   ヽ            ヽ


おしまい

9383 : 尋常な名無しさん : 2018/12/05(水) 08:18:32 ID:TLjg/5c20
こいつはひでえwずっとあんこくさいのノリだったらそりゃあ部誌とかに載せられませんわw

9384 : 尋常な名無しさん : 2018/12/05(水) 08:27:23 ID:Q7nNZOtY0
国際的な小咄からもイッチの狂気はそこはかとなく滲み出てるけど、枷にもなるだろう「実在人物」が居なくなって創作の翼を得たら
とりあえず血と硝煙と金の地獄の国際機関とテロリストや反社会的勢力による一大スペクタクルが始まるんやな…って

9385 : 尋常な名無しさん : 2018/12/05(水) 08:29:32 ID:Er4H4QcY0
個人視線ってのが抜けてるんだろうな

9387 : 語り人 ◆rnuK5PIvTM : 2018/12/05(水) 08:34:09 ID:Fmun.mHI0
尚こんな作風だけど大半の人らが言うのが「なんやかんやで最後は正義が勝つ作風、というかそういうの好きだよな」というセリフ。

実際イッチはバッドエンドはあんまり書かない。

大抵敵の信念も報われるようなエンドとか書く。







のだが個の評価である。解せぬ

9386 : 尋常な名無しさん : 2018/12/05(水) 08:33:12 ID:rg43ypPw0
ところで一番最初の人は本編で出てた人なような気がするが気のせいでせうか

9388 : 語り人 ◆rnuK5PIvTM : 2018/12/05(水) 08:35:22 ID:Fmun.mHI0
>>9386



本人希望AAがこれだったし、今後この役で出ることはないから今回だけこれにしたんや……この人セルビア人じゃないで


注釈忘れてたのを上の書き込みで気が付いたorz

9389 : 尋常な名無しさん : 2018/12/05(水) 08:38:53 ID:rg43ypPw0
・・・まあ普段の語り人さんの作風からするとやっぱり小咄は異端だよなぁww
最初の頃オリジナルでホノボノっぽいの色々やろうとしてたけどどれも長くは続かなかった記憶だし

9390 : 尋常な名無しさん : 2018/12/05(水) 08:41:49 ID:TLjg/5c20
そりゃああれだ、お話は結末も重要だけどメインは途中経過だから

9391 : 尋常な名無しさん : 2018/12/05(水) 08:46:55 ID:tk6KQqik0
残当残当&残当

9393 : 尋常な名無しさん : 2018/12/05(水) 08:56:36 ID:KLcR2l8o0
バッドエンドはないけれど終始ハードじゃよなーって


9429 : 語り人 ◆rnuK5PIvTM : 2018/12/05(水) 17:19:49 ID:N7AIUJew0

9403: 尋常な名無しさん :2018/12/05(水) 12:22:40 ID:TowkFD0Y0
語り人さんはカップルがカフェでケーキセット食べるだけの描写でも
国際情勢ぶち込んだ波瀾含みの茶会にするんだろうなあ



を書いてみた



 東京青山、その名前からわかるように徳川家累代の臣である青山一族所縁の土地だ。
 その由来からもわかるように、江戸開府の頃より開けていたこの土地は、江戸の外れとして嘗ては庶民の街であった。
 耳をすませば、民草の喧騒が聞こえてきたであろうこの街は、今では美の街となっている。
 戦後、灰燼と化した東京が復興する過程で、この地域は青山通りを中心として御洒落な街へと変貌した。
 道行く人々は着飾り、日々の喧騒をこの街で癒しているようであった。
 そんな青山の街に、一軒の喫茶店があった。
 昨今の喫茶店ではなく、激動の昭和を生きのこったようなレトロな喫茶店だ。
 寧ろ、純喫茶と呼ばれていたころの喫茶店と云えば、雰囲気がわかるだろうか?
 重厚な木の扉がこの店の古き良き雰囲気というものを醸し出してくれる。青山の少し外れにある、クラシカルな店である。
 この店の奥まったテーブルに、一組の男女がいた。
 女は二十半ばほどであろうか。肌が白い。髪は流れるような肌であり、眼を引くほど足が長い。眼はすっと、細い眼である。
 細筆ですぅ、と白磁に線を引いたような、上品な細目の女性である。
 男の方は三十前半であろう。木の断面のような、薄茶色の肌から健康的な印象を受ける。眼は普通の眼であるが、若干黒目が大きい印象を受ける。
 二人は、この店のおすすめと黒板に書かれてあるザッハトルテを前にしていた。
 日本では案外珍しい、間にジャムが塗られた甘さが目立つザッハトルテだ。
 しかも、中に塗られているのは杏子のジャム。ザッハーが考案したザッハトルテそのままである。

「甘いわね」

 女が、赤い唇を震わせて言う。

「うん、甘いね」

 男は答える。
 二人は添え付けの生クリームを上品に口に運び、ザッハトルテが持つ、強烈な甘さに対する箸休めとした。
 本来のザッハトルテは、少々日本人には甘い。しかしながら、上質なコーヒー、そして良き牛乳で作った、無糖の生クリームがあればそれは忽ち極上のデザートとなる。

「……いいかしら?」

 口の中に、殴り掛かるような甘味と風味を一度コーヒーで流した後、女が口を開く。
 その眼は、潤んでいた。

「いいよ」

 男は、何かを覚悟して女をじっと見る。

「やっぱり、結婚をやめにしましょう」

 女は、そういった。
 男は、その一言を覚悟していたかのように、うなだれる。

「なんでだ?」

 男は泣きそうな声で、女に問いかける。

「……私も、貴方も、根無し草。根無し草が一緒になっても、不幸になるだけ……」

 女も、泣きそうな声でそういった。
 ここまで、どれだけの苦悩があったのだろうか。女は、拳をぎゅっと握る。

「……そんな君だから、僕は惹かれたんだ」

 男は絞り出すように言う。

「私もよ、愛しい人」

 女も、苦悶の表情を浮かべるのを耐えるように言う。

9430 : 語り人 ◆rnuK5PIvTM : 2018/12/05(水) 17:20:22 ID:N7AIUJew0


 この二人、確かに根無し草である。否、正確に言うと激流の如く流れる世界によって、根を薙ぎ払われた二人といってもいいだろう。
 女の生まれは平壌。即ち、脱北者だ。
 北朝鮮の中産階級に生まれた女は、ある日父からこれから脱北するといわれ、家族と共に脱北した。
 六人いた家族は、脱北の過程で彼女と弟だけになっていたが、それでも彼女は脱北に成功した。
 彼女が牢獄のような国と表現するその国から、南の資本主義で栄えた韓国に向かうと、
 朝鮮戦争以前の縁で日本にいる彼女の親戚が彼女と弟を引き取ることになった。
 そこからの彼女は、或る意味異端として生きていかざるを得なかった。
 周囲はの親戚は日本人としてのアイデンティティを得ている中、彼女と弟だけがそのアイデンティティを得ていないという苦痛。
 餓える苦痛がなくなった代わりに、自己矛盾の苦痛にさいなまれるようになったのだ。
 一方の男、彼の生まれは上野。父はイラク人、母は日本人だ。
 彼の父はサダム・フセインによって迫害され、命からがら逃げだした人間である。
 後、UAEで技術者としての腕を磨き、日本に流れ着いて、男の母と結ばれた。
 しかしながら、国際結婚の悲劇と云えようか。彼の母の親族は彼の父との結婚に反対し、絶縁。
 そして、父と母は日本の中で頼れる縁もなく生きるようになってしまった。そして、それは男も同じであった。
 そう、この男女は共に根無し草であった。
 一人は心理的に頼れる縁がなく、もう一人はその血筋ゆえに縋れる縁がない。
 群衆の中で孤独を感じていた男と女が惹かれあったのだ。

「だから、駄目なの」

 女は再び口を開く。

「このままだと、私たちは駄目になる」

 一言一言、自分に言い聞かせるように女は言う。

「互いに、互いしかいないことに溺れてしまう」

 そこまで言うと、もう一口ザッハトルテを口に含む。

「……でも、これが一番いいと僕は思うんだ」

 男も、一口ザッハトルテを口にして言う。

「……もう少し、考え直してくれ。お願いだ」

 男は、その眼を女に向ける。

「……」

 女は、唇をぎゅっと噛む。
 その眼には、深い迷いが漂う。

「そうね……じゃあ、もう一度考えてみましょう」

 女の眼が天井を見る。

「互いに、根無し草じゃないようにどうやればいいか、二人で考えてみて……出来なければ、わかれましょう」

 そう、歌うように言った。

「……ああ、そうしてくれ。僕には、君無しの人生はもう考えられないから……」
 古い木の柱にしみいるように、この二人の会話は少なくなっていく。
 彼らがどうなっていくか、どのような人生を歩んでいくか、それはこれからの彼ら次第である。





 だいたい三十分くらいでさっと書いてみた。誤字脱字は多分ある


 ざっとやったので疲労により本日の投稿は10時ごろとなります


 多分本当はここから周囲を巻き込んだ恋愛が始まると思う、そういった意味でプロローグっぽい

9432 : 尋常な名無しさん : 2018/12/05(水) 17:22:55 ID:zCKGVFjg0
情報が多い!!

9433 : 語り人 ◆rnuK5PIvTM : 2018/12/05(水) 17:23:34 ID:N7AIUJew0
>>9432

即興だから剪定する時間がなかったぜ(テヘッ)

9434 : 尋常な名無しさん : 2018/12/05(水) 17:25:12 ID:rg43ypPw0
情報量を5割引したらもっと惹きつけられる文章が生まれそう(小並感)
プロローグ終わった後の本編から更に明かすところとかあっても良い気がするww

9436 : 尋常な名無しさん : 2018/12/05(水) 17:27:41 ID:Kbvlr77M0
時代の犠牲者同士やんけww
バックボーンの選別が絶妙やなぁ・・・

9438 : 尋常な名無しさん : 2018/12/05(水) 17:38:50 ID:xV6uZiJU0
一行目から「名前からわかるように」とか当然をよそおってマニアックな出だしで吹き出した

9440 : 尋常な名無しさん : 2018/12/05(水) 17:49:11 ID:ytsuUSj20
とりあえず、イッチの中でザッハトルテがオサレアイテムなんだなってことはわかった

関連記事



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-27544.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.14