以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-16204.htmlより取得しました。


目次 やる夫は猫の言葉がわかるようです






 ┏┓                                                                                      ┏┓
 ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
 ┏╋───────────────────────────────────────────╋┓
 ┃|   i^,\ _,,_ /^l                                            i^,\ _,,_ /^l  |┃
 ┃|   lノ  ⌒ i|l ⌒ヾノ                                          lノ / i|l \ ヾノ   |┃
 ┃|  シ " ( ●)  (● )ミ                                       シ ( ●)  (● ) ミ  |┃
 ┃| メ  = ⌒(__人__)⌒=ヽ      やる夫は猫の言葉がわかるようです         メ = ⌒(__人__)⌒= ヽ |┃
 ┃|彡     |r┬'|   ;ミ                                    彡           ;ミ |┃
 ┃|  ヾ    `ー '  .ン                                         ヾ         ン   |┃
 ┃|  /     ""  |                                             |   ``    ヽ  |┃
 ┗╋───────────────────────────────────────────╋┛
 ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
 ┗┛                                                                                      ┗┛



     舞台:とある新興工業国の山奥、猫と人間が入り混じって暮らしているため、「猫村」とあだ名される、
          谷沿いに走る線路の、さらにその線路沿いに細長く切り開かれた、小さな集落。
          古くは炭鉱の町として栄えましたが、今は見る影もなくさびれています。

          後には「愛猫家の聖地」として観光名所になってしまう「猫村」が、まだ、
          のどかな集落だったころのお話です。



     登場人物:猫の言葉がわかる少年、(「猫村」の観光地化を企む)父とともに都会からやってきた女の子、
             他にも、「猫殺し」「大統領」「台風」「呪われ」「鼠穴」などなど……



一話
二話
三話
四話
五話
六話
七話
八話
九話
十話
十一話
十二話
十三話
十四話
十五話
十六話
十七話
十八話
十九話
二十話
埋めネタ:砂の保育園
二十一話
二十二話
二十三話
二十四話
二十五話
二十六話
二十七話



関連記事
[ 2017/04/30 09:41 ] 目次 | TB(0) | CM(0)



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-16204.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13