以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com//blog-entry-23497.htmlより取得しました。


目次 やる夫は魔導を極めるようです





                      や る 夫 は 魔 導 を 極 め る よ う で す
                                                 |〉,
                                                 | 〉,
                                            /}    |  〉,
                                         __  / L斗=‐<⌒>=ミ
                                       <⌒ヽ{  / __/⌒ ̄    ーク
                                         ア  /__/´ {     |、   ⌒\
                                _____ 〃  , / {    |  /  ー=、 \j
                                ⌒‐ _        /}厶==ミ、   人V    ´ ̄V\}
              ,'                     ⌒‐ _   {/―《   >  {ノ /´    r㍉Ⅵ
             (:'                         { ‐ _\_ヽ/  }/ ,  __   Ⅵ}',⌒ア
           ',  ))                         ', ⌒Ⅵil∧ヘヘ  f笊^     `, V  ̄⌒ヽ
           }  /(                          V    Y⌒ 7ハ^ヽ jヒり   _   l      、
         ,' ノし': :ヽ                          /⌒\__L/⌒V∧  \   V⌒} 从⌒V⌒\}
        ((,イ: :  :: :V)                       ,__  Ⅵ, }/ }   ア/|  ー 〃⌒
        、ゝ: :   : :(ノ}         _____       / ̄ ̄⌒\\ーく_り、 ___/ {\=≦__
         ヽ: :: :  : :: :/        / ヽ   /  \      { //   / 厂⌒ア⌒ \{'  {>―<⌒
         /ゝ;:; :;从;ノ        // ,.-、ヽ  ' /,..-、 ヽ    八{  レ⌒ ̄ ̄ \/^^\v厂}     Y_|\
        /,. ⌒/ 丿      /  ヽゞ-' ノ   ヽゞ-' ノ ヽ    \j⌒‐ _ ノ\{__,、_} , j/ ̄ ̄ ̄}   、
     _,.  '´  /  /     ./:::::::⌒ i´  人  `i ⌒::::::::::ヽ         |{  /}⌒    V/ ̄ ̄ ̄」    }
    |  _,. ‐'´  ,.イ      |      `‐‐'  `--'       |        |{/ {    { 〃 /二二二ヽ  /、
    |  | /  / ,r'─、     |       |-‐┬‐-|         |        , ', }    [{ //⌒ヽ ̄\{⌒|
    |  ノ'  / '´   /  ̄}  \     ヽ___/       /        /   、ノ      V〃⌒\_} _Ⅵ/ }
    j    /    /   j、   .__\              /        /     \  /⌒{ {⌒\ } く__ ノ  ノ
   /            ハ〉、:.:.:.:.:.:.ヽ`ー―‐.、    .,..-‐‐ト、       /       /^ {  Ⅵ_   ⌒> イ⌒<
   、               {`ヽ}}.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  /:.:.:.:.:.:l:.:.\    __/     /   \  \  ̄_)^⌒Y  }
    `¨⌒丶、_         ノj.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ':.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.ヽ  / /      / { ̄⌒\j      ̄/   /  ノ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   ・魔法の存在する現代を舞台に、やる夫君と愉快な仲間達がgdgdするオリジナル話です。

   ・人生初スレなので、拙い所があるかもしれません。

   ・ご意見、ご感想、合いの手はご自由にお願いします。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



予告編
第一話
第二話
第三話
第四話
小ネタ「教えて! アインズ様!!」
第五話
小ネタ「教えて! アインズ様!! ②」
第六話
第七話
第八話
第九話
第十話
小ネタ「普通の魔法使いと普通の弟子の話」
第十一話
第十二話
第十三話
第十四話
第十五話
第十六話
小ネタ「教えて、パチュリー先生」
小ネタ「秩序の剣の良くある定例会議」
第十七話
第十八話
第十九話
第二十話
第二十一話
第二十二話
小ネタ「シャルティアの憂鬱」
「ガンダムビルドダイバーズ」が面白すぎるのでステマせざるを得ない!
第二十三話
第二十四話
小ネタ「幸福なシンデレラ」
第二十五話
小ネタ「一般? の魔法使いから見たやる夫①」
小ネタ「一般? の魔法使いから見たやる夫②」
唐突に始まる六賢人シロエの解説コーナー
第二十六話
第二十七話
小ネタ「教えて、パチュリー先生②」
小ネタ「教えて、パチュリー先生③」
第二十八話
第二十九話
小ネタ「教えて、パチュリー先生④」



関連記事
[ 2018/05/30 20:16 ] 目次 | TB(0) | CM(0)



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com//blog-entry-23497.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13