以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com///blog-entry-58982.htmlより取得しました。


読者投稿:大学教授の本

目次 国際的な小咄 1~5000 国際的な小咄 5001~

4677 : TNTNマン ◆OtntnG/UXY : 2022/01/23(日) 00:57:34 ID:XBUQ.xXY




                /                     ヘ
            /     ___..................___     ヘ
            l_,,.==ニ三三三三三三三三三三三三ニ==l
            |三三三三三三三三三三三三三三三三ヨ
           _ノ三三三二二ニニニニニニニニ二二三三三三ヨ
        _,,.-‐ニ二,,__                      `ヽ、_
      〈=ニ三ニ,illlllllliツ-、_               __,,,,,,,,,,...ニ=}
        \三 ,illlllllllll!" `゙゙゙ー‐--...,,,,...--‐‐'''キ'''"´゙!lllllllllllllニ=/
         \illlllllllll!_,,,ェェェェェュ、_    _,,ェェェェ||ェュ、_!llllllllllllllノ
          ゙!lllllll!!'   ̄ ̄ ̄``   ~´ ̄ ̄ \__llllllllllllll!
           ゞ!llli、-ィョョョョョェ、_     _,,,ィョョョョョェ、_!lllllll!〈"
             (  》llli,ヽ弋.:.!:.ノ ゝ     ヽ、弋.:.!:.ノ/,lllll!' )
           ヽ,jllllll! `゙゙゙゙""´    l、   `゙゙゙゙""´,ィil!"ll!/
            llllllll         l ',         《《 /
            `!lllllヘ      ー-.l,.-"       ゙ヒ'´              やあ、私だ。今回は先ほどの読者投稿で少し思うことがあったので
             ゙コlll,ヘ    、.._     _,,,.     /》、              それについて少しまとめてみた。
           ,,,,,,,,,/::l!"l \.    `二""´     /〈.li!i\             不確かな話も少しあるがそこは大目に見て欲しい。
         /::::::/i!i!il:::::l   \         /  ノ:li!i!i!iヽ,
    _,..-'''" ::::::::/i!i!i!il::::::::l  \ヽ、_   _,..-'"/  ./::li!i!i!i!i!:゙"''‐- .,_
 _,.-''":::::::::::::::::::::::;i!i!i!i!i!il::::::::ヽ   \.``´´  /  /:::::li!i!i!i!i!:::::::::::::::::::゙"''‐- .,_
'"::::::::::::::::::::::::::::::::/i!i!i!i!i!i!il:::::::::::\   ヽ      /:::::::::li!i!i!i!i|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::{i!i!i!i!i!i!i!i!l:::::::::::::::\_      _/::::::::::::::li!i!i!i!i!}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::|!i!i!i!i!i!i!i!i!il:::::::::::::::::::::`ーァ‐"´:::::::::::::::::::/i!i!i!i!iリ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::ハi!i!i!i!i!i!i!i!i!il::::::::::::::::::/ ̄`´ ̄|l:::::::::::::/i!i!i!i!i!ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ
::::::::::::::::::::::::::::::::::/i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!il::::::::::::::/:|      |::l:::::::::/i!i!i!i!i!i!i!i!ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ーナi!i!i!i!i!i!i!il:::::::::/::::|    |::::l::::::/i!i!i!i!i!iヽー‐'′::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::ヘ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/i!i!i!i!i!i!i!i!i!il:::::/:::::::!、___,/::::::l::/i!i!i!i!i!i!i!i!ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!lV::::::::::|` ̄´`l::::::レi!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::くi!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!l:::::::::::|     |::::::::li!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



        /:::/:/::::/::::::/         }:::::::}\:::::::::}::}::::::}::\
        ノ:::::::::::::::}::::::}          }:::::/  }::::::/:::}::::::}:::::::}
       /´::::::::::::::::/:::::/___       /:/ ___,j:::/:: /:::::/ヽ::::
      {::/"ア::::/::/    ``丶  /:/"´  {::::::::/::::/{:::::::V
.       リ ./::::/::::::ハ ..,,,___      {:::{     _{:::::/}:::/ }:::{〉:}
.        {:::::{:::::/ r  \乂リヽ  )::) イ乂{:::{/{:::{ .∧::::〈
        \{:::∧.{ r,         /ノ      \V:::j/ }::::::}
        /::/::∧`ー        /:     /::::/ー /}:::/
.        {/´}::{ .{:\,_      ,、{/     /⌒_, イ./:/
         /:/,ノ::::/ハ    、 ______ ,   { /}:::::::} {:{    あらかじめ言っておくが私は大学を卒業して2年以上過ごしているし、院にも入っていない。
         {::{/::://{  ヽ   `¨こ¨´     .イ .|:/:/ リ    だが、大学教授の顔は親父の顔と同じくらい見ているとだけ言っておこう。
          V/´ .l \  \        /  ./{::{``ヽ、

.





4678 : TNTNマン ◆OtntnG/UXY : 2022/01/23(日) 00:58:19 ID:XBUQ.xXY




           /::::::::::/::::::::::{::\:::::::::::}/:::::`:::ヽ
           /イ::::::/{/:::::/>─- ::;;_::::-‐:::::::L_rへ
        /:/ /:::::/:/:::::/))       \::}::::::::r-ヘ:}
         {::{ {:::://:::::/ ((   ::..    ((r':::::}:::L
        >::::::::::{::::/ /´⌒ヾミ、、      {::::「 :::::: }
       /::/}:::::::{::::{  ,z=≠ミx`` } /z=一ヽ:::\:l}:|
           ノ::::__}\ヽ   ( |!)`     ,z==ミ、|\:::}/
         /::::/rヘ` }::} `¨¨¨¨´  |li,  (|!) |:::::リ
.         /:/{ 乂 /イ((       、 r `¨¨´:::〈:::(
            /\__  ,リ   r-   ..,,_     ∧::{ ⌒ さて、今回焦点が当たっている「本」だが、私のよく知る大学教授の本はあまり見たことがない。
          (⌒`}::∧    V ─-v'〉  /イ⌒   いや、中国語の解説本はそこそこ重版されてはいるが、本人が日頃研究している内容は
      /ニ二/ /イ        ヽニ二 /         あまりにもマイナー過ぎて新書にしても読む奴がいない。私にもわからん。
  -‐=ニ二ニこ/ニニ{   \    こ  /ヽ,
  ニニニニニ{二二∧))   _____─ァ /r〈{ニ-_
  ニニ二ヽ二jニニニニヽ 厂 `フ´   /圦 ヽニ-_
  \ニニニ\}ニニニニ〈  {   /ニニ{  }ニ{ ,ハ___
  =ニ\ニニ=/ニニニニニ}   \_/二ニ= '´  ノ_/´レ}ニニ=-,_
  ニニニニニ〈ニニニニニ/  { し      ,、<_/   /ニニニニ
  二ニニ∧こ=ヽニニニ「{  / r‐' ,、__, / ̄ ̄ __/}ニニニニ}
  ニニニニ}ニニニ\ニ/=} /./ ,/ ,、_r-= ニ/ ./ニニニニハ
  ニニニニ}l二}lニニ∨こ{ ( (   ''"   __   ___/}ニニニニ/ニ}
  ニニニニ}lニ}lニニへノ ノ厂 // rヘ,__, `'く,/ /ニニニニ/ニニ}
  ニニニニ}lこ}lニ/_{ノ _//  .{ { ., -=ニヽ、____/ニニニニ/ニニ}
  \二二}l_///ニニ∨´, イ'(( r<ニニニニニニニニ/二二/
  ニ=ヽニj__/{二ニニY  ,リ/ニニ{ニニニニニニニ/二二ニ/
  ニニ厂ニニ{ニニニ\__,/二二}ニニニニ>''" ̄ ̄``ヽ_}
  ¨¨ア=ニニ八ニニニニニ\_/ニニニニ/ニニニニニニ\
  /ニニニニニヽニニニニ/´ニニニニニ/ニニニニニニニニ}
  ニニニニニニニ\ニ「ニニニニニニ/ニ彡ニニニニニ二ニ}
  ニニニニニニニ/`'くニ-‐==''"ニ{ニニ{ニニニニニニニニ}
  ニニニニニニ/こニニ〉ニニニニ「.{ニ二\ニニニニrへニ/



             ___
          _/..................\__
       /...../ ̄ ̄_...... _.....\
       l|..../....../..........................._..l
       l|...l...../...../.... ̄....r ..............\
      /....|....l..../  ̄ ̄ "" ― 、............l
     l........ノ.ノ....l          l.............\
      )≦...........ノ_          |..........l\..}
     l (八....r "― ミ     _八...ノノ ノノ
    '八 丶l..ノ八  , }   / ̄ ノl )
      ≧     ` ―  l  、 ’イツ      ではその大学教授が評価されている「本」にあたるものというのを考えてみると……
    _/} \∧     、丿     /       あった。学者向けに少数出版された専門の「本」だ。
 /l----|  l ∧           ′      もしくは学会で発表された論文を集めた学会誌だ。
 --|----l   \丶     /、
 -ノ----{    \   ̄ / l--\_
 ------∧     ≧≦  |----l--\
 -------∧    /l---l}   l----|----\_
 --------∧   / 、--八 ノ----\--\---\

.


4680 : TNTNマン ◆OtntnG/UXY : 2022/01/23(日) 00:59:02 ID:XBUQ.xXY




   l............\          / /...........l\丶
  八...............l           l  ..............ノ  l...}
    ヽ...........|             、 |.............{   |...}
     }....... ノ           \....l、...{  ノノ
   /../l..(        _   ノ..ノ \ヽ
.   |..../ \)          ̄/../   )..)
    \\    _           /|...l   (((
     )丿     、――z " / \\
             ̄   /    ノノ
 >                 /
      >         /   いいか、、同じ様に本を出版すると言っても文系と理系では意味合いが全く違う。
        ≧ _  ′    理系では査読付きの論文を雑誌に載せ、その積み重ねを以て評価する。
           /_         では文系ではどうか?
        /\--\
.        /l  l----\_
       //|   |---------\



             ___
          _/..................\__
       /...../ ̄ ̄_...... _.....\
       l|..../....../..........................._..l
       l|...l...../...../.... ̄....r ..............\
      /....|....l..../  ̄ ̄ "" ― 、............l
     l........ノ.ノ....l          l.............\
      )≦...........ノ_          |..........l\..}
     l (八....r "― ミ     _八...ノノ ノノ
    '八 丶l..ノ八  , }   / ̄ ノl )
      ≧     ` ―  l  、 ’イツ
    _/} \∧     、丿     /
 /l----|  l ∧           ′      例えば、ある言語についての形容動詞についてまとめたものなら
 --|----l   \丶     /、        なるほど確かに査読付き論文として雑誌に載せられるだろう。
 -ノ----{    \   ̄ / l--\_      だが、その言語の文法について包括的にまとめたものは……?
 ------∧     ≧≦  |----l--\
 -------∧    /l---l}   l----|----\_
 --------∧   / 、--八 ノ----\--\---\

.


4681 : TNTNマン ◆OtntnG/UXY : 2022/01/23(日) 00:59:55 ID:XBUQ.xXY




         /:::::`¨¨´::/:::::::::::\::::/::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::\:::::::::\
.             j::/⌒ヽ/::::::::::::::::::::::У::::::::\:::::::::::::::::::::::::::\::::::::\::::::::::.
         {/  ___,/::::::::::/ ̄:::::ヽ/:::::/::::/:::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
          /:::::::::::::::::/:/) ̄""``´"'`ー--‐ァ:::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          j::::::::::::::/:/((         /:::::::::::::/:::}:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /::::::::::/´::::/  ))        /::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::
.              {:::/::::/:::::::,' \        {::::::::/::/{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}\
          V::::::::::/:::   ト,       ,,z≠{:::::::{:::{  {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: }
          }::::::::::::::zzzx、,`ミ,   〃   \_:::::::.  \::::::::::::::::::__::::::::::::::::::/
          }::::::::::::;'|   `ヾ,、}l } l{  ,z竓芋\:\  ヽ:::::::/  ヽ::::::::/
.              /::::/::::/ | (:l{;) ヾ ノ   〃 (:l{:)  }:::::}  }::::::{ /⌒l  }::::::{
         {:::r-- 'lf |ヽ,_____,/ r ≦   ___/}:::/  /:::::/ ┐ l  }::::::}
         j::::)  l{L|   /           /:/  /:::::/    ./ /::::/
         /イ  八_|   ヽ  、          {/ ./::/   __ /:: イ
           ⌒小                   }::/     /:::::/ {丶       或る大学生氏の読者投稿ともろ被りになるが、そう!紙面が足りないのである!
            ⌒´_   マ¨¨二二二ニ77ア   }/     / }::::::{  {  \      研究分野の違う人にもわかるレベルで包括的に書く必要があるから文量が増える?
            、丶`    ∨ , -─ /イ/          /:::/      \__  違うねッ!こいつはそんな生易しい文量で収まるモンじゃあねーッ!
         /        V{、__,ノV./       /  /:イ(    \ /´   同じ地域のある言語の2つ隣にある言語の文法が全く違うなんて当然のことよッ!
    _____ /        ヽ \______/         イ     } }    /
 /´    ./          ∧           } }     //   /
.   /       /      `` 、    `ー-     <:::{   } }    ( (    /



             。s≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i~''~ ,,_
         。s≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ih、
       ,,ィi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨/
      〃:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨/
     /:i:i:i:i:i:_ - ⌒~^''~ ~''⌒寸:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:h、
     {:i:i:i:i:i:}            }:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:',
     〉:i:i:i:i:}γ ⌒ ヽ    γ ⌒ 寸:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i',
    _,,-ニ:i:i:ア .{:::::::・:::::}      {:::::・:::::::}ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}
  /:i:i:i:i:ア   乂:::::::ノ      乂::::::::ノ 丿:i:i:i:γ⌒Yイ
  {:i:i:i:i:(      ¨¨       ¨¨¨/:i:i:i:i:ア   }ノ
   `ヽ:i:}       乂_入__ノ   /:i:iア⌒ 八 ノ
    ノノ\              (:i:i(    /    そもそも文系研究者が書く「本」は一般的な読者を一切想定していない!
       ~'' ,,_           )ノ ,,ィi〔      理系を学ぶ者がイメージする「本」とは一切合切違うのだ!
  くヽ       >‐- ………  -‐<ニニニh、     理系の人間が書く「本」は一般大衆に向けて解説をするものなのに対し!
  く /''~ ,,_,,.、ィニニニニ>寸ハ  ハ√z<ニニハニ',    文系の人間が書く「本」は「どうあっても本にまとまってしまうもの」なのだ!
 と/ニニニニニニニニニニニ寸s。V⌒Vうノオニニニハニi}
  ~''~=ニニニ=-√ニニニニ寸h、 /s オニニニニニハフ
          √ニニニニニニ寸/_-ニニニニニニニハ
         √ニニニニニニニニ}ニニニニニニニニニニハ
         フ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
        /                    ∨/
         {     /  ̄  ̄ ̄~''~ ,,_     ∨/
        }    /           ⌒-_    ∨/
        〉s=ニ=〈                (ニニニニ)
        乂ニニヲ

.


4683 : TNTNマン ◆OtntnG/UXY : 2022/01/23(日) 01:00:40 ID:XBUQ.xXY




       -   ̄ ̄ ̄.............. ミ
  _/ ........................................\........\\
/........./../.......... __、((_.......... \........\ヽ
.................../......... ////∧//∧........... \........\_
/......................... //////////∧......\.....\...............\
........// ..|..........l ̄ ̄   ̄ ̄  \........ ̄....\\ ̄)ノ
..........l......l......|....\          \....._......|....}l ((
l{......ノ....ノ......l ̄ ̄\、       //\......ノ..ノ
l{.._/.......ノ_    |}      _ l.../-  }....l....|
l{......./ (( ̄ ̄  |   / ̄ 八\ ノ.....l.....\_
∧....\ _)__ \ |     __\ヽ\..\ ̄ ̄))
 '/,.......\ (米) 丶 \  / (米) /ノノ∥ ヽ...\
 '// 、.....ノ ̄ ̄   /     ̄ ̄ /´ ∥ノ 八......}
 /∧(...(       l      ((  .:   "  )丿
 //∧)ノ     {  |          //
   /∧         ‐ ‐       //         だが、確かにこの図式では査読者がいないまま本が出版されるように見える。
  / /∧      _ _       /|、_       これでは研究者の考えをそのまま出しているように見えるかもしれない。
_/ /∧      ̄    ̄       l  \-\
--.::  l  \     ̄    /   |   l|---\_
--|   l        __      ノ   l|--------\___
--|    \  ∨/////////  /     l|-----------------\、



   l............\          / /...........l\丶
  八...............l           l  ..............ノ  l...}
    ヽ...........|             、 |.............{   |...}
     }....... ノ           \....l、...{  ノノ
   /../l..(        _   ノ..ノ \ヽ
.   |..../ \)          ̄/../   )..)
    \\    _           /|...l   (((
     )丿     、――z " / \\
             ̄   /    ノノ
 >                 /
     >         /
        ≧ _  ′         ――本当にそうか……?考えてみるといい。
         /_              研究者の書いた文章に対して中立的な視点でその意味を修正しつつ、
        /\--\           一定のレベルを保証する人物……
.        /l  l----\_
       //|   |---------\

.


4685 : TNTNマン ◆OtntnG/UXY : 2022/01/23(日) 01:01:24 ID:XBUQ.xXY




















































      ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ               ,ヘ
    N│ ヽ. `                 ヽ        /ヽ /  ∨
   N.ヽ.ヽ、           ,         }.    l\/  `′
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ        |   _|
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |.  \
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   >     ――そう、編集者である。
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    /
       l   `___,.、     u ./│    /_
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」 ))
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../





                      ,ィ, (fー--─‐- 、、
.                     ,イ/〃        ヾ= 、
         _,,r-‐''"´ ^ `N /l/               `ヽ
        彡        N! l                   `、
   ,, -‐- ,,-彡       l ヽ                     l` ´ ``‐ 、
 彡´      |    ,,w,,wヽヽ              ,,      |      `ヽ
_彡          |  //レ/ハl/ハ\ヾー        _,, ,,r,,/lヾ    |         }
ハl/   ,/ハlヾヾ,l、 /三f、,,_   _,ヾニ_ ____彡ノノノノノ_ヾヾ   | ,l、 、     l___      出版社が信用できない?
/レ  /l,,_/__ヽ lヾ ヽモ-ヽl ´fモチ7ヽ={ r‐ィッヾ ヽ-r'´〒fデF`lェr‐、ハlヽヽヽ       \     どっかの【furryな友達】を潰した出版社とは違うのだ!
 l`=l fモチ)_{´ヽl!l     :l     l ll !l  `┴ー/ソl⌒ッ`┴┴' }//l l、 ,,、ァtッヒヽ、rゥ  /  \   学術出版の伝統と実績の重みを舐めるものではない。
 ヾ}弋_シl弋 ヽl    ヽ-    ヽl lゝ__,ノ |  ゞ___ノl/l / l  `~゙´  lァノ  (●)  \ その出版社が自社の利益のため文章に手を加える方向に舵を切ったら?
  ヾl   `'  `''´lヽ  ──   /l\l        l、,      l_ノ 〈 _     l!ノ_人__)     | その程度のことが文章からわからないなら大学教授などやっていけんよ。
   }\  ̄ ̄ ,ィl \   ̄  / l  l    ___    /  ──   丿 ⌒´    ,/
  ,/\ \__// \ \___/ ,,-''\|\    _       /|\  -   / |、     / ,|、
-‐'   \_,,-‐'\  `ヽ、  ,,r'   /|  \       / .|  \__/  ,,rヽ‐-‐ '' / l`ヽ
   ,,-‐''       \  /\/\  / \.  \____/  /\    ,,-‐''  /\ ,/  l  ヽ
-‐''´         \/  }゙ _,,,‐''\   \        /   /l\‐''    /  `ヽ、_ l
              _,,-‐''    ヽ   \      /    / l  ''‐-、,/       `‐-、_
          _,,-‐''´        ヽ    /V<´     / l      `‐- 、,,_

.


4686 : TNTNマン ◆OtntnG/UXY : 2022/01/23(日) 01:02:20 ID:XBUQ.xXY




/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ    /
              l/l/|     当    半
              | / /|    た    分
  痛   耳     | / /|    っ   は
  い  が     | / /|     て
              |  ̄ l    る
          /   \
\__  __/        \      __/     思うに件の先生は過去相当酷い編集者に当たったのではないか、
/--/l/              ̄ ̄)/-----     そしてその後ハイレベルな編集者に巡り合うことも無かったのではないか?
---l{                     丶 -----     こればかりは時の運と人の縁だ、残念な話である。
---l{    _   、\ l l /ノ   _    }l-----
---l{   _ ━━ ̄三 ̄━━ _   }l-----
--- \ (  ―― (...............) ―― )/ -----
------\ ― (‐   了  ‐) ― /--------
------ - \  丶≦+++≧"  /-------/-
\---------- ――――  ------- /---



                       __      __
  キ バ ヤ シ           ,r//    ̄ ̄ ̄´     `ゝ i',   __
    ビ ~~~~ ム   i, / /               、    ̄ =ニ、
 \____  __    l ',    / !   /i , ‐´ヽ'ゝ‐'´ l, -ヽ    \
         \|     |、l    _i, !, '´  , _ , ‐、,r',´ `' 、 V`ヽ,    ',
               ', `! /   ',   ,イ/    ! `丶, `丶. _ ,‐ニ!'´ ` ‐ 、
                ,ン ´  / ,!/'          `丶、 `丶.   `|  l  i  ヽ  なんちゃって…
         _ -、/⌒ヽ'   / /       /i ! i リ l`丶 _ `丶 |   |   `ヽ | __  ___/
       /    i    l / /     _ ,i'彡彡ニ 、ヒ__ミ `ヽ`ー> _j `-- ゝヶ-┘ l    |/
       ,i _|  │   l'  ,/ ~゙ツ´ ̄ `l二イ      `l`〃 ̄`ーl _   |    l
       / ( _ __ノ  ,ノヽ /´ヽ〃    ,广 i       l| `ヽ 、   `'  ',     `v‐、
      l     l ` ´  ,'  /  l   /  ヽ     l!   u `‐、    `'ー     ゝ\
      l     l     /   ヽ- く  _    `'── ´         ヽ、 _       /   `─-
 _ ‐´/    - '     /     i   ヽ `     、   i     ン  l`ヽ_ , ‐'     l
´   |         /      |      _ , ‐i      し   _ , ‐ く ゝ       ,l
、   ヽ      , ─‐'´       '、 `i ̄      ノ              ',-、 \  __ , ‐'    だが確かに全ての編集者が研究者の文章に手を入れられるほど
ヽ     `' ─ イ           ヽ  ` ─-‐'´        /l     } 个- l´        専門知識を備えているとは限らない。
  \,_   _ , ‐'´             ヽ   ー        , '   l    /  i   ヽ、       その場合は誰が査読の役割を担うのか……
'" / T´               __  ヽ          /    l   /   l l   ` 、
 ´ , ‐ ^ - 、__ノ´ヽ へ __  _/´   ` ^ - 、_____ , - '       l /   /  l     ヽ,
, イ       ',       ` ´           ツ !         /    /  l l     ヽ、
 l    、   ヽ    ‐、 .、            〃 / ヽ       /     /   l l     ,   冫
./     l    ヽ     ヽ.ヽ       〃 ,'   `、   /      /    l l    ,'   /
       l     ヽ     i ヽ      ´  /   'ヽ∨'ソ^'‐、    ./    l l    l  /

.


4688 : TNTNマン ◆OtntnG/UXY : 2022/01/23(日) 01:03:03 ID:XBUQ.xXY




                       _
                          /............ヽ
                      l.....l...}....l..l
                     ___((、..|......//____     例えば共著の場合は、研究者が編者としてその本に記載される。
             ___/ - - - -}≧/----------\  編者はその本の文章を見渡し、その内容のレベルを保証する。
          /. : : \ - - - - ノ〃--〃 ̄ ̄ ̄ ̄\}l   編者が査読の役割を担うわけだ。
         < : : : : : :|rr、- - r " ∥--∥-----------}l
            ̄ ̄(  l- - ノ  ∥--∥-----------∥
          _   く \/   ∥--∥-----------∥
        /、---\_l  l    ∥--∥-----------∥
          l---\----- \   ノ∥--∥-----------∥



                 。s≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i~''~ ,,_
             。s≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ih、
           ,,ィi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨/
          〃:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨/
         /:i:i:i:i:i:_ - ⌒~^''~ ~''⌒寸:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:h、
         {:i:i:i:i:i:}            }:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:',
         〉:i:i:i:i:}γ ⌒ ヽ    γ ⌒ 寸:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i',
        _,,-ニ:i:i:ア .{:::::::・:::::}      {:::::・:::::::}ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}
      /:i:i:i:i:ア   乂:::::::ノ      乂::::::::ノ 丿:i:i:i:γ⌒Yイ
      {:i:i:i:i:(      ¨¨       ¨¨¨/:i:i:i:i:ア   }ノ
       `ヽ:i:}       乂_入__ノ   /:i:iア⌒ 八 ノ     さて、おおよそこのようなものだな。
        ノノ\              (:i:i(    /      これ以上は勘弁してくれ、私は研究者ではないのだ。
           ~'' ,,_           )ノ ,,ィi〔
      くヽ       >‐- ………  -‐<ニニニh、
      く /''~ ,,_,,.、ィニニニニ>寸ハ  ハ√z<ニニハニ',
     と/ニニニニニニニニニニニ寸s。V⌒Vうノオニニニハニi}
      ~''~=ニニニ=-√ニニニニ寸h、 /s オニニニニニハフ
              √ニニニニニニ寸/_-ニニニニニニニハ
             √ニニニニニニニニ}ニニニニニニニニニニハ
             フ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
            /                    ∨/
             {     /  ̄  ̄ ̄~''~ ,,_     ∨/
            }    /           ⌒-_    ∨/
            〉s=ニ=〈                (ニニニニ)
            乂ニニヲ

.


4695 : 尋常な名無しさん : 2022/01/23(日) 01:08:26 ID:ks5ZT/Ww

おっつおっつ
慣れると出版社見るだけで信頼度はわかるものよね


4696 : 雅虎 ◆u6y9ZKjy5A : 2022/01/23(日) 01:08:56 ID:aXZKKuNc

投稿乙でした
真面目な話なのにMMR勢の中にやる夫が混じってるのに吹いたww


4697 : 尋常な名無しさん : 2022/01/23(日) 01:09:25 ID:VNre7ceg

投稿乙
理系にとって著書は解説マニュアルであり、文系にとって著書はちょっと大きなメモ書きなのかも知れない


4700 : 尋常な名無しさん : 2022/01/23(日) 01:11:54 ID:XP/AmfNw

TNTNマンさん乙
概ね納得の行く内容なんですが、ひとつだけ反論したいところがあるとすれば、
”理系の人間が書く「本」は一般大衆に向けて解説をするもの”の部分でしょうか
一番書くことが多い本は、教科書だと思います
名前が一般に知られてるほどの偉い先生なら一般向けに本を書くこともあると思うのですが、そういうひとはごく限られていますね


4706 : TNTNマン ◆OtntnG/UXY : 2022/01/23(日) 01:20:30 ID:XBUQ.xXY

>>4700
おっと、その辺りは少し乱暴にまとめてしまってましたね。
さて、教科書と言ってもその全てを一人で書く物では無いと思います。
多くの場合は共著で、その理系研究者の専門分野について一部分書くということになるかと。
するとその理系研究者の実績としては教科書の一部分についてが評価されます。
一方文系研究者は自分の研究を一冊の本にまとめ上げることを目標にしているわけですから、
研究実績として評価されるのは一冊書いたならその一冊が実績となります。

こういうところからも文系理系における評価システムの差が生まれるわけですね。
ということを私のよく知る大学教授に聞きました。


4699 : 尋常な名無しさん : 2022/01/23(日) 01:10:12 ID:PkA1yOsg

>>4677
なにTNTNマンさんが中年のおっさんじゃなかっただと?
ショックだ
寝よう


4708 : TNTNマン ◆OtntnG/UXY : 2022/01/23(日) 01:27:24 ID:XBUQ.xXY

>>4699
私はいつ大学に入ったとは言ってないのですよ。
(尚過去のエヴァについての読者投稿で生年を明かしていた模様)


4702 : 尋常な名無しさん : 2022/01/23(日) 01:13:57 ID:5xlVQdyU

乙ー


関連記事
[ 2022/01/24 01:58 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(4)



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com///blog-entry-58982.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.14