以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com///blog-entry-45971.htmlより取得しました。


AAで学ぶ社会医学基礎 5 患者の自己決定権について

AAで学ぶ医学 AAで学ぶ農学 いきものがかりたち

1207 : 語り人 ◆AZXXjocihFix : 2020/10/10(土) 16:13:29.857669 ID:r15IqWjG


AAで学ぶ社会医学基礎5 患者の自己決定権について



       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::  __´__   :::::: \   さて、現在の医師患者関係はかつてとがらりと変わりました
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /









           ____
           /⌒  ⌒\
        /( ●)  (●)\      即ち、牧師モデルといわれる、医師が一方的に患者の全てを決めるパターンから
      /    ___'___    \
       |     |r┬-|     |
       \    `,. -'"´´ ̄`ヽ    互いの了承をとる契約モデルに変更されました
        /    (___   |
      /              |
   ( ̄                |   よって、現在の医療における医師と患者の関係は契約をもとにしてます
     ̄ ̄ ̄|               |




         ____
       /      \
      / ─    ─ \      故に、嘗てと比べて患者の責任が増えました
    /   (●)  (●)  \
    |     ___'___      |     即ち、契約であるがゆえに
     \    `ー'´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ       自分にとって重要なことを自ら決定するのは当然である
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |      現在の医療はこんなスタンスなのです




             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \     これは憲法13条の幸福追求権からも保証されているとされ
        |       __´ _     |
        \       ̄     ,/
 r、     r、/          ヘ      この問題が大きく騒がれたのは2000年に起きたエホバの証人輸血拒否事件です
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |     これは患者の宗教的な意思と、医師として患者を生存させるという倫理
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |     そのはざまで起きた事件です
        |                |  |




.               / ̄ ̄ ̄ \
    (        / ノ     ヽ \    ` 、   これが違法とされたことから、大きく医療業界は変わりました
   ( ゙''ー--  /   (ー)  (ー)    .___,,..)  )
    ゙''ー--   |      __´ _      | --‐''´
           \       ̄      /
.           ノ           \




       ____
      /     \
    /  \   / \
  /  (●)  (●)  \   さて、では、自己決定できない状態の患者に対して我々医師はどうするか
 |       __´___       |
 \      `ー'´    /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |     それを考えましょう
. \ “  /__|  |
   \ /___ /


            ____
           /     \
          / \   / \
        /  (●)  (●)  \   まず、可能な限り法定代理人の同意を求めます
      |         ´      |
      \      ⌒    /
    / ̄ ̄ヽ           \     ですが、大体間に合いません
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \   そんな時は緊急の医療措置に同意したと勝手にみなします
     |   |             「\   \




        ____
      /     \
    / ―   ― \
  /   (●)  (●)  \    これは自殺を図って昏倒した患者にも同様です
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /     基本助ける
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /      生きてたら自殺する気が失せるかもしれない、という考えです




          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
         ,r'        \      ちなみに、この患者が自己決定権できない場合は
        / ⌒         ヽ,
          ( ●)   `―    ..i    もう一つ法的無能力者も挙げられます
        i.      ( ●)    |
          \ _´___       /
           \`ー'´   __/




           ____
           /⌒  ⌒\
        /( ●)  (●)\
      /    ___'___    \     この場合も法定代理人の同意を求めますが
       |     |r┬-|     |
       \    `,. -'"´´ ̄`ヽ
        /    (___   |    無理なら無能力患者本人の判断も尊重します
      /              |
   ( ̄                |    今の医療と患者の関係はこんな感じです
     ̄ ̄ ̄|               |


おしまい


関連記事



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com///blog-entry-45971.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13