以下の内容はhttps://s-max.jp/tag/Android12より取得しました。


ワイモバイル向けスタンダードスマホ「Libero 5G II A103ZT」のAndroid 12へのOSバージョンアップが再開!更新済みも不具合解消を実施


Y!mobileスマホ「Libero 5G II A103ZT」のAndroid 12へのOSバージョンアップが再開!

ソフトバンクは10日、携帯電話サービス「Y!mobile」向けスタンダードスマートフォン(スマホ)「Libero 5G II(型番:A103ZT)」に対してより新しいプラットフォーム「Android 12」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2023年1月10日(火)より再開したとお知らせしています。

Libero 5G IIのAndroid 12へのOSバージョンアップは昨年11月21日に提供開始され、その後に「確認すべき項目が検知された」として翌11月22日よりソフトウェア更新の提供を停止していました。今回、Android 12へのOSバージョンアップが再開されたほか、すでにAndroid 12へのOSバージョンアップを実施した場合についても不具合を修正するソフトウェア更新が提供開始されています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)や携帯電話回線(5G・4G・3G)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新にかかる時間は約20分で、更新ファイルサイズは明らかにされていませんが、Wi-Fiでのダウンロードが推奨されています。更新後のビルド番号は「2.1.0_U」となり、主な更新内容は以下通り。

<ビルド番号が1.6.0_Uの場合>
・Android 12へのOSバージョンアップ
・セキュリティの向上
・3.5GHz帯の通信における特定条件下での通信性能の改善

<ビルド番号が2.0.0_Uの場合>
・LINEアプリで画像の送受信ができない場合がある事象の改善
・Google Payアプリでクレジットカードの登録ができない場合がある事象の改善
・セキュリティの向上

※ 上記以外にもより快適にご利用いただくための更新が含まれております。
※ ご利用中の端末の更新後のソフトウェアバージョンを確認する際は<操作手順>をご覧ください。


続きを読む

au&UQ mobile向け5G対応スタンダードスマホ「OPPO Reno7 A」にAndroid 12へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が提供開始


auとUQ mobileの5G対応スタンダードスマホ「OPPO Reno7 A OPG04」がAndroid 12(ColorOS 12)に!

KDDIは5日、携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」向け5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno7 A(型番:OPG04)」(OPPO Mobile Telecommunications製)に対してより新しいプラットフォーム「Android 12」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2022年12月6日(火)10時に提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話ネットワーク(4G・5G)によるネットワーク経由(OTA)で実施する方法が用意されており、アップデートファイルサイズが約4.3GBと大きくなっているため、Wi-Fiでの更新が推奨されており、更新時間がWi-Fiでも携帯電話ネットワークでも約40分となっています。

更新後のビルド番号はメーカー版と同じ「OPG04_11_C.15」となっており、ビルド番号は「設定」から「デバイスについて」→「バージョン」→「ビルド番号」で確認できます。主な更新内容は以下のように案内されてとおり、合わせて独自ユーザーインターフェース「ColorOS 12」となっています。

<アップデート内容>
・海外でのVoLTE利用の対応
・Android 12による機能・操作性の向上

○主な機能追加・変更内容
(1)Wi-Fiの「ネットワークを追加」に「プライバシー」が追加されます。
(2)パーソナルカスタマイズの「カラー」に「壁紙の色の選択」が追加されます。
(3)パーソナルカスタマイズの「壁紙」に「オンライン壁紙」が追加されます。
(4)ステータスアイコンでのバッテリー残量表示の設定方法が変更されます。
(5)留守番電話の設定において「ステータスバーに表示する」が「サイレント通知」に統合されます。
(6)カメラの設定において「透かし」をONにした時に表示される項目に「透かしの追加」が追加されます。

○その他OSアップデートにおける機能追加・変更/初期化項目の詳細は以下よりご確認ください。
 OSアップデートにおける機能追加・変更/初期化項目について(1.1MB)[PDF]
 ※更新されるソフトウエアには、上記以外により快適にOPPO Reno7 A OPG04をご利用いただくための改善内容が含まれております。

○Android 12共通の特長について、詳細は下記よりご確認ください。
 OSアップデートとは?


続きを読む

高コスパスマホ「Redmi Note 11 Pro 5G」の日本向け製品にAndroid 12へのOSバージョンアップが提供開始!メーカー版に続いて楽天モバイル版も


高コスパスマホ「Redmi Note 11 Pro 5G」の日本向けメーカー版および楽天モバイル版がAndroid 12に!

楽天モバイルは30日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT VI」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応した5G対応ミッドレンジスマートフォン(スマホ)「Redmi Note 11 Pro 5G(型番:2201116SR)」(Xiaomi Communications製)に対してより新しいプラットフォーム「Android 12」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2022年11月30日(水)より順次提供開始したとお知らせしています。

なお、Redmi Note 11 Pro 5Gの日本向け製品であるRedmi Note 11 Pro 5G(型番:2201116SR)はオープン市場向けとして販売されており、楽天モバイル版にもメーカー版もありますが、メーカー版にもAndroid 12へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が11月下旬より順次提供開始されています。

更新はともにスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)およびモバイルネットワーク(4G・5G)によるネットワーク経由(OTA)で実施する方法が用意されており、更新のファイルサイズは明らかにされていませんが、メーカー版では約3.0GBとかなり大きくなっていますし、恐らく同じようなサイズとなると見られるため、Wi-Fiでの更新が推奨されます。

更新後のAndroidバージョンは共通で「Android 12 SKQ1.211006.001」となっていますが、ビルド番号は楽天モバイル版が「MIUI Global 13.0.2 安定版13.0.2.0(SKCJPRK)」、メーカー版が「MIUI Global 13.0.1 安定版13.0.1.0(SKCJPXM)」となるとのこと。ビルド番号は「設定」から「デバイス情報」にて確認可能。主な更新内容は以下の通りで、独自ユーザーインターフェース「MIUI 13」となっています。

・OSアップデート(Android 12)
・セキュリティの向上


続きを読む

ワイモバイル向け5G対応スタンダードスマホ「OPPO Reno7 A」にAndroid 12へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が提供開始


Y!mobileの5G対応スタンダードスマホ「OPPO Reno7 A A201OP」がAndroid 12(ColorOS 12)に!

ソフトバンクは28日、携帯電話サービス「Y!moible(ワイモバイル)」向け5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno7 A(型番:A201OP)」(OPPO Mobile Telecommunications製)に対してより新しいプラットフォーム「Android 12」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2022年11月28日(月)より順次提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)およびモバイルネットワーク(4G・5G)によるネットワーク経由(OTA)で実施する方法が用意されており、更新のファイルサイズは明らかにされていませんが、すでに提供されているOPPO Reno7 A CPH2353のメーカー版では約4.29GBとかなり大きくなっていますし、恐らく同じようなサイズとなると見られるため、Wi-Fiでの更新が推奨されます。

更新後のビルド番号はメーカー版と同じ「A201OP_11_C.15」となっており、ビルド番号は「設定」から「デバイスについて」→「バージョン」→「ビルド番号」で確認できます。主な更新内容は「Android 12へのOSバージョンアップ」となっており、合わせて独自ユーザーインターフェース「ColorOS 12」となっています。

続きを読む

楽天モバイルの5G対応スタンダードスマホ「OPPO Reno7 A」にAndroid 12へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が提供開始


5G対応スタンダードスマホ「OPPO Reno7 A CPH2353」の楽天モバイル版がAndroid 12(ColorOS 12)に!

楽天モバイルは24日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT VI」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応した5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno7 A(型番:CPH2353)」(OPPO Mobile Telecommunications製)に対してより新しいプラットフォーム「Android 12」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2022年11月24日(木)より順次提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)およびモバイルネットワーク(4G・5G)によるネットワーク経由(OTA)で実施する方法が用意されており、更新のファイルサイズは明らかにされていませんが、すでに提供されているOPPO Reno7 A CPH2353のメーカー版では約4.29GBとかなり大きくなっていますし、恐らく同じようなサイズとなると見られるため、Wi-Fiでの更新が推奨されます。

更新後のビルド番号はメーカー版と同じ「CPH2353_11_C.15」となっており、ビルド番号は「設定」から「デバイスについて」→「バージョン」→「ビルド番号」で確認できます。主な更新内容は「OSアップデート(Android 12)」および「セキュリティの向上」となっており、独自ユーザーインターフェース「ColorOS 12」となっています。

続きを読む



以上の内容はhttps://s-max.jp/tag/Android12より取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.14