ついに4Gの楽天回線エリアが人口カバー率96%に到達!

楽天モバイルは4日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT VI」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )における楽天回線エリアの4G人口カバー率が2022年2月4日(金)に96%に到達したと発表しています。

同社では総務省より2018年4月に認定を受けた「第4世代移動通信システムの普及のための特定基地局の開設計画(1.7GHz帯周波数)」で予定していた「人口カバー率96%の到達」を2026年3月末(2025年度末)から約4年前倒しで達成しました。

02

楽天モバイルは世界初の完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワークによって実現したシンプルでコンパクトな基地局構成、AIによる基地局用地探索、ドローンを活用した基地局の現地調査・竣工検査等のIT技術を用いて、基地局開設効率を飛躍的に向上させています。

ゼロから携帯電話基地局の設置を開始し、サービス提供開始時は、東京都23区・大阪市・名古屋市に限られた楽天回線エリアを日本全国に広げ、サービス品質の向上に努めており、基地局設置にかかる工事会社との強固なパートナーシップを築くほか、楽天グループの総力を挙げた用地確保により、楽天回線エリアを急速に推し進めてきました。

なお、楽天回線エリア内ではデータ容量の制限なく、高速でデータを使い放題になります。楽天モバイルは今後も、全社を挙げて楽天回線エリアのさらなる拡大ならびに携帯電話基地局の高密度化を推し進め、サービス品質の向上をめざしていくとしています。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
楽天モバイル 関連記事一覧 - S-MAX
楽天モバイル、楽天回線エリアの4G人口カバー率が96%に到達 | プレスリリース | 楽天モバイル株式会社
通信・エリア | 楽天モバイル
楽天モバイル
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ :