死因究明制度―生者のために死者は語る(平成22年1月12日朝日新聞)日本では年間十数万人が、病院以外の場所で「変死」する。自死する人や高齢者の孤独死も増えている。 こうした死の真相は、状況をよく調べ、遺体にメスを入れて検査を尽くさないと正確に突き止められない。なのに変死体のうち解剖されるのは1割ほどで、先進国の中ではかなり少ない。 相撲部屋のリンチ、子どもの虐待、ガス器具の不具合による中毒……