保育現場で最重要なのは“子どもの安全”だ。保育士たちは日頃から、事故やケガのないよう細心の注意を払いながら保育をしているが、そんな保育士自身が危険にさらされるケースもある。元保育士のたぷりくさん(@taprikoo)は、新人保育士だった時に「不審者に園内をのぞかれる」という恐怖体験をした。また、ほかの保育士からは「保護者がストーカーになった」話が寄せられたという。「保育園で起きたトラブル」を描くたぷりく