少子・高齢化に伴う労働力人口の減少を受けて、人手不足が深刻さを増している。新型コロナウイルスの感染拡大が一服し、国内外が「アフターコロナ」の経済を模索する中、企業間の優秀な人材の獲得競争はさらに激しくなりそうだ。外国人人材のマッチング事業などを手掛ける全研本社は8月、企業の人事担当者などを対象に外国人の採用についてのアンケートを実施した。同社の岡田知子・管理本部経営企画部リーダーが内容を解説する。