DigiTimes Researchが、iPhone14シリーズの製造・出荷台数がiPhone13シリーズよりも減少する可能性が高いとの調査結果を報告しました。平均販売価格上昇も、製造・出荷台数は減少かDigiTimes Researchの調査では、年内のiPhone14シリーズの製造台数は、8,300万台〜8,800万台、出荷台数は7,800万台〜8,300万台で、iPhone13シリーズの同時期の製造・出荷台数には及ばない見通しです。 その原因としてDigiTimes Researchは