高校主要大会3冠の目標は、道半ばにして終わりを迎えた。8月18日に行われた甲子園準々決勝第3試合。下関国際(山口県)と対戦した大阪桐蔭は4―5で敗れた。昨秋の明治神宮大会、今春のセンバツを圧倒的な強さで優勝し、1998年の横浜高校以来、史上2校目となる高校主要大会3冠は間違いないと言われた大阪桐蔭だが、夏の甲子園はベスト8で涙をのんだ。今年の大阪桐蔭は「投手王国」と呼ばれるほどハイレベルなピッチャーが揃