投手としての価値は7年総額280億円、打者としては7年274億円エンゼルスの大谷翔平投手が、今後結ぶ「新契約」はいったいどこまで巨額になるのだろうか。米国で各スポーツの選手契約情報を伝えるサイト「スポットラック」は、投手と野手それぞれの価値を算出。投打二刀流をいつまで続けられるかによって、いくつかのシナリオを提示している。最大で596億円にも及ぶ巨大契約が想定されるという。大谷は昨季、打者として46本塁打