本連載は、三井住友DSアセットマネジメント株式会社が提供するマーケットレポートを転載したものです。<今日のキーワード>今春から急速に円安が進み、ドル円相場は一時、約24年ぶりに1米ドル=136円台を付けました。この円安の主な要因には、日米の金融政策の方向性の違いや、日米金利差の拡大などが挙げられます。ただ、今回の円安には、拡大する『貿易赤字』による円売りドル買い圧力の影響も表れている模様です。今回は、『貿