「ソフトバンク−広島」(28日、ペイペイドーム)広島・森下暢仁投手が、まさかの炎上。六回途中105球を投げ、8安打プロワーストの9失点で降板となった。初回は柳田からを含む2三振で三者凡退。だが、二回に一変した。先頭グラシアルのフェンス直撃の安打をきっかけに1死二、三塁とされ、柳町の打席で暴投により先制点を献上した。さらに、柳町の適時打で2点目を失い、死球で1死一、二塁。渡辺には左翼席へ3ラ