「ソフトバンク7−0広島」(27日、ペイペイドーム)スコアボードに9個の「0」が並んだ。カープが得点圏に走者を進めたのは七回の一度だけ。連打はなく、単打3本に抑え込まれた。佐々岡監督はレイについて「球の強さがあったし、初回からああいう展開になったので、打っていくしかなくなった」と表情を曇らせた。手玉に取られた。150キロ超の直球やツーシームに押され、カットボールやカーブにも苦しんだ。二、三回