逮捕容疑があまりにも「微妙」だ山口県阿武町から新型コロナウイルス臨時特別給付金の4630万円が、間違ってひとりの町民の銀行口座に振り込まれた。無職・田口翔容疑者(24歳)は、その金を別の口座に振り替えたとして、電子計算機使用詐欺容疑で逮捕された。その後金額の約90%が弁護士の法的手続きにより「確保」された。これで一件落着──そうはいかない。いま、田口容疑者のを起訴することは難しいのではないか、できても有罪