敷地に野営しているホームレスを立ち退かせるだけでなく、自宅確保や再就職などの支援を行ってきたAppleですが、同社の資金力を持ってしても決して順調ではないようです。数百万の資金を投じたが2021年9月、Appleは敷地内に野営していたホームレス56人を立ち退かせ、9カ月の間モーテルに宿泊してもらうとともに、新たな住居を探すための支援を行ってきました。 ところが数百万ドル(約数億円)の資金を投じても、多くの