【AFP=時事】ロシアのアンドレイ・ルデンコ(Andrei Rudenko)外務次官は25日、ロシア軍に投降したウクライナ兵について、訴追して裁判が終わるまでは、捕虜交換に関する検討を行うのは時期尚早との認識を示した。ロシアの通信社によると、次官は報道陣に対し、投降したウクライナ兵が「しかるべく起訴され、判決を下された」後に、捕虜交換を検討すると述べた。次官は「この前には、交換に関するすべての話し合いは時期尚早だ