【AFP=時事】米投資家ジョージ・ソロス(George Soros)氏は24日、ロシアのウクライナ侵攻は第3次世界大戦の始まりかもしれず、人類文明存続の危機かもしれないと警鐘を鳴らした。一方、天然ガスに関しては、欧州は思っている以上にロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領に対して有利な立場にある可能性があるとの見方を示した。ソロス氏はスイス・ダボス(Davos)で開かれている世界経済フォーラム(WEF)の